41cm ヒラメのみ、、、 鳥取県・鳥取市 / 賀露一文字


半夜の後、急いで帰還し自宅のガレージ内に置いてあったアジバケツを積んだら
いざ最寄りの海へ、、、そう、お昼に海水交換をしてから約12時間が経とうと
してましたので再度新鮮な海水に交換し、その後自宅でお風呂に入って温まって
から昨夜は再び出発となりました。

エアレーションはしっかり効かせてたものの、やはり狭く密閉されたアジバケツ
内に24時間以上閉じ込められていたアジは全体的に弱り気味で持って午前中
かな~?と話しながら高速を一路北上&途中わたくしめは完全に爆睡夢追人と
なっちゃいましたが運転席の“O本先生”はほぼノンストップで目的地まで
走り抜け、目が覚めた時にはすでに「鳥取県」に入っておりました!?

いつものコンビニで買い出しを済ませ渡船乗り場へ行ってみると乗船手続をする
釣り人の行列がっ!?せっかく土曜日だった昨日があれだけ荒れてしまったのも
あり、みなさん我慢の限界に来てたんでしょ~ねぇ。(笑)


1番船から余裕で定員オーバーとなり各降り場に分けてピストン出船
ほとんどの方が一文字の西側へ行かれたのでわたくしめらはのんびりできそ~な
東側へ、、、それでも結構な数がいらっしゃり灯台付近はダッシュでの争奪戦に
なってました!ちなみに投げ釣りはわたくしめら含め3人程度かな?







「賀露一文字」


出船した時点ですでにキャップライトは不要となってたので、上陸して攻撃準備
を整え終えた頃には青空広がる清々しい朝を迎えておりました ♪

海の色も若干濁っているよ~に?感じるもののそこまで気になる度合ではなく
コンディション的にはいい感じちゃうん!って喜んだわけですが、それも束の間
、、、アジバケツにほ~り込んでから2回目の朝を迎えたアジたちは弱りに
弱ってすでにアウトになってるのも底に数匹、、、まっ、本来の予定では昨日の
朝から投げていたはずのエサですからしゃ~ないんですけどね。

とりあえずまだ生きている個体を優先的にファイヤ~&集中してアタリを待つも
反応無し、、、たまにイカに目や後頭部をかじられて戻って来るくらいです。


しばらくこんな感じの繰り返しでサッパリやぁ~と話してるといきなりO本先生
の竿先が大きく叩かれたと思えばドラグが急回転!?もの凄い音を立てながら
走りまくるので、もしかして青物?と2人期待しながら水面に浮いてくるのを
待ちわびましたが、正体はメーターを軽く超えるサメ、、、それも群れで回って
きてたのか?次々と他の竿にもアタってきてまさに同時多発テロ状態に。

不思議な事に?いや、JCA的にはラッキ~にもサメの猛攻はなぜかO本先生の
竿のみに集中してくれ彼がトータル10回くらい?掛けたうちわたくしめに
アタってきたのは2回程度、、、さすがのO本先生も疲れて果ててしまいしばし
寝ますわ~、、、とバタンQ~。(爆)






午前10時を過ぎるとサメの猛攻も治まり、何1つアタらないマンダムタイム。


ぼ~っとしてると睡魔に襲われてくるものの、気合いを入れてわたくしめは
引き続き打ち返しをしてましたがさすがにダウンしてしまい波止の上で仰向けに
寝転びながらウトウト、、、そんな中、一瞬どこかでドラグ音が聞こえたよ~な
、、、気のせいかな?と思いつつも起き上って陣地を観察してるとやはり一番
向こうのプロサーフが竿先をノックさせながらサメじゃないドラグ音を、


ジ~~~~~~ッ!


短く鳴ってまた竿先ノック → またドラグが回転とひょっとして?







そのもしかで、41cm ヒラメ撃沈。


サイズは小さめですけど超~肉厚な個体で重量があった為か?リーリング最中の
締め込みは結構強く久しぶりにドキドキさせてくれましたよん ♪

もしかするとこれから時合いに入る可能性もある、、、のかもしれませんが、
肝心なエサのアジが底を尽きてき、また残ってる個体もほとんどアウト状態に
なってしまったので今回は午前中のみで撤収する事に。

なんせ1時間おきにある渡船も迎えも午前11時と午後13時の便が無い為、
正午の便を逃してしまうと次は午後14時まで帰れなくなるんですわ~、、、
そんなわけで当然正午の迎えに乗って終了となりました。


そして空になったアジバケツには撃沈したヒラメちゃんがっ ♪





元気な個体でしたからこのまま活かして持ち帰ってみよ~とねっ!あっ、今夜は
昨夜釣ったタチウオ尽くしになるみたいだしいけそ~だったらこのまま明日まで
活かしてみるのも面白いかも?(爆)




「サメはごめんや」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アカアマダイ、マダイ、キダイとピンク三昧! 島根県・隠岐 / 西郷港 (2日目)







「西郷港」


メガフロート自体が黄色っぽいブライトカラーに加え、夜間は常に常夜灯が煌々
と灯っている状態なのでエサ交換から他、キャップライト無しで作業が可能
という超~楽チン環境ってのがJCAのお気に入りの1つだったんですが、なんと
たまたまか?先端部の常夜灯のみ球切れ中のよ~で今夜はキャップライトが
必需品となっております。

それでもやっぱり明るいっ ♪ な~んて“O本先生”と話しながら一生懸命
打ち返してると、だいたい2時間おきくらいのサイクルでキダイの群れが回って
きて昼間同様、スリリングなドラグ音は聞かせてくれませんが、


クックッ、ク~~~ッ


微妙ながらもアタリを楽しませてくれます。





潮の動きと照らし合わせながら戦っていたものの、ほんと面白い事に今夜は
それらには一切左右されずほぼ2時間おきのペースでのアタリ、、、う~ん、
これもたまたまなのか?謎ですねぇ。(笑)

こんな感じでキダイ時々、ギリギリチャリコから卒業したばかりのマダイを
ポロポロ拾いながら日付が変わる頃にはテントの中で爆睡夢追人に、、、途中、
おそらく午前2時くらいだったと思いますが、冷え込みが更に厳しくなって一度
目覚めたものの近くにあったウェアなど被り再び丸くなって夢の中へ、、、


次に目覚めた時には夜明け間近の午前4時になってました。


O本先生はテントの中にはおらず必死に打ち返し中で、昨夜もず~っと定期的に
打ち返しをされていたそ~な!?もの凄い熱意でごじゃいます。





太陽が昇り始めると一気に気温は上昇し、ミドラーを脱ぎ捨てたかと思えば
その下の長袖ウェアもポイ!数時間の間に半袖TシャツでOKなまでに。

ここからは予定通り小針仕掛けにチェンジして例のレア魚調査となりますが、
チェンジして1投目から即行忌々しい特大ウミケムシが水揚げされてきたので、
心が折れないよ~に2本のみ夜戦に使っていた1本針仕掛けのままにして
お土産狙い兼ねての両刀作戦に ♪


ウミケムシが多いこの手の戦場においては普段より早めに仕掛けを動かしてやる
などして、積極的な攻めの釣りをしないとウミケムシ掃除になってしまうので
とにかく動かして、動かして必死に対策を講じますが、やはり本命の居る気配
すら感じられません、、、とゆ~より昨夜2匹のみでしたが掛かったヌタウナギ
を見てても分かるよ~に海底にヘドロが沈殿しすぎてるよ~にも思え、この
コンディションではちょこっと厳しいようにも思えますねぇ。

まっ、たかが2日間調査しただけで何が分かる?と言われたらそこまでですけど
、とりあえず実際にこの目で確かめてみたかったので良しとしましょう!


みるみる太陽は昇り午前9時になれば真夏と変わらない程の灼熱地獄、、、
今からこんなんじゃ本当の真夏はどうなるんだろう!?少々恐ろしくなっちゃい
ますが、今回唯一ラッキーな事はマムシやタイムシなど比較的太めのエサには
あまりウミケムシが付いて来ないのが挙げられ、しばらく放置プレイしてても
大丈夫な感じ!おまけにエサ取りも少なくたま~に仕掛けを上げてみると、







おおっ、知らない間にマダイちゃんが掛かってたりしてます。(爆)


決して特大サイズではないけど食べ頃サイズって感じかな?一応、本命以外は
完全にFISH DINNERネタでしか考えないJCAにとってはありがた~い
魚たち、、、でも、欲を言えば昨夜O本先生がゲットしてたアマダイも欲しい
なぁ~、、、1匹見てしまうとど~しても気になっちゃいますよね~、あはは。

そのスケベ心丸出しの願いが今朝は神様に通じたのか?小針仕掛けをひたすら
サビきながら再び放置状態にあったタイムシの残りをタップリ付けてた竿から
ようやく?いや、今回初めて!けたたましいドラグ音が鳴り響きましたっ。


ジイイイ~~~ッ!


1回のみでしたが、JCAもO本先生もビクッとなって駆け寄りますと、







グイグイ締め込みながら水面に浮いてきたのは38cm アカアマダイ


ラッキ~~~ ♪


ぶり抜きでもいけそ~な気もしましたが、これでスッポ抜けてドボン!なんて
事になったら超~悲しいのでO本先生にタモ入れして頂きましたっ。

きっとこやつが同サイズのマダイやキダイだったらわたくしめの事ですし迷わず
、大丈夫、大丈夫!と言ってぶり抜いてたんでしょ~けど、さすがにアマダイは
結構レアかつ高級魚なんでねぇ。(爆)


帰りのフェリーが午後15時10分発だったので余裕を持って午後14時までには
片付けてフェリーターミナルに行っておこうと話しており、それまで2人して
悔いの残らないよ~に必死で打ち返し、それぞれが狙う本命ターゲットを
追い掛け続けましたが結局その願い空しく目立った収穫も無く終了、、、

それでも気付けば十分過ぎるくらいお土産は確保できてましたよん。





O本先生は分かりませんが、少なくとも今年は徹底的にレア魚作戦に集中すると
決めているJCAに関しては隠岐上陸はこれが最初で最後になりそ~な予感?




「ピンクの魚だらけっ」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

おそらく居ないでしょうけど、、、 島根県・隠岐 / 西郷港 (1日目)


もうあの朝食写真を載せてた時点でピンと来られた方も多かったはず!はいっ、
今年もお隣の国と領土問題で揉めている国境にある竹島が望める「隠岐」まで
やって参りましたよん。何だかんだ毎年来てるよ~な気がしますねぇ。(爆)

いつも通り午前9時出船のフェリーに乗り込んでガラガラの2等客室でしばし
寝溜め!?民謡らしき祭りBGMと共に間もなく本船は、、、のアナウンスで
目覚めれば窓の外には見慣れた「西郷港」が迫っておりました。


今回がお初の上陸となるSurf Étoile“O本先生”と再びこの地に立った
JCAの目的とは一体、、、?気になる所ですよね。


実は例のレア魚を真剣に追いかけ始めて以来、密かにこの西郷湾で釣れる
魚の顔ぶれ&水深など考慮するともしかして居たりするかも?な~んて
ず~っと気になってたんですわ~。

ただ、みなさんもご存じのよ~にここは投げ釣り師の間では相当昔からメジャー
過ぎる!?程の定番エリアですし、それでいて未だ実績を聞かないとなると
やっぱ居ないのかも?そう考えるのが妥当、、、だけどここで小針仕掛けに
イシゴカイやアオイソメをメインに攻める方は冬場のカレイ除けばそこまで
いないのも確かだし、、、いろんな事を考えてるうちに一度自分自身で試して
みようとなり今回の出撃計画に至ったわけでごじゃいます。









広い湾内ではありますが、個人的にお気に入り&このメガフロートで検証して
みたかったので迷わず先端部に陣取り攻撃開始!

一般には早い方でも5月末くらいからチラホラってイメージがあり、ちょこっと
早いよ~な気もしましたが、まっ、それはマゴチやマダイなど異なるターゲット
を考えた場合ですし、夏にかけて他にも攻めたい戦場が結構たくさんある
わたくしめにとってはスケジュール的にも今しか無かったのもあったりします。


到着時から予報にあった通り、断続的に強風が吹き付けている状況で、それを
遮るよ~に湾内側に停泊中の海洋実習船は非常にありがたい存在!キャスト時
だけ先端部に出ないといけないものの、陣地に戻れば風も弱く超~楽チン ♪
このまま風が止むまで停泊しててくれれば最高なのに、、、なんて思ってると
午後17時には海に出て行っちゃいました。(泣)

そんな状況下、O本先生は塩イワシを投げつつ、サビキでアジを釣ってマゴヒラ
狙い&わたくしめはひたすら小針仕掛けオンリーに徹しておりましたが、、、
未だろくな釣果にも恵まれずO本先生の仕掛けは果てしなくそのまま&JCAの
にはほぼ百発百中で特大ウミケムシ!ヘドロが沈殿している海底なのでたくさん
居るだろうなぁ~と予想はしてたものの、正直ここまでとは思いませんでした。


それでもあきらめてしまうと検証の意味がありませんし、長時間しっかり
打ち返し続けてないと満足のいく検証データーを得ることはできませんから
修行と思って頑張りましょう。


ク~~~ッ、クックックッ


やっとアタリが見れたのは少し前からお土産狙いにと交ぜていた1本針仕掛け、





レンコダイの呼び名で知られるキダイちゃん ♪


水深がかなり深い海域でしか見かけないキダイはJCAの知る限り、この西郷湾と
あとは対馬の舟志湾くらいしか釣った事ないかも?同じ海域を好むイトヨリダイ
やアマダイに関しては他にも幾つか戦場が思い浮かぶもこやつだけはなかなか
見かけませんねぇ、、、

あとお味の方も飽きてきてるってのもあるかもしれませんが、個人的にはマダイ
より美味しいと感じてますので、ありがたいお土産かつウミケムシ地獄の中、
超~癒されますわ~!ちなみにこちらのエサはマムシでしたっ。


事前に立てていた戦術に沿って、夕マズメに掛けて徐々に大物狙いの1本針
仕掛けにチェンジしてゆき太陽が沈む頃には全て夜戦セッティングに。


ククッ、、、クッ


ど~も控えめ?イマイチ迫力の無いアタリばかりですが、





夜戦用に持参したマムシやユムシといったエサを投げればキダイちゃんが
遊んでくれます。何でここまでエサによって大きな差が生まれるんだろう?って
不思議になっちゃうくらいこれらのエサには滅多にウミケムシもアタックして
来ず、非常に戦い易い感じ!逆にイシゴカイやアオイソメとなると即アウト。


常夜灯が点いたタイミングで手際良くテントを設営し、いざ夜戦に突入!


ここからは2人共狙うターゲットは同じでマダイにキダイといった鯛系の魚。

ある意味名物とも言えるヌタウナギまで出てくる戦場なのでタイムシもちゃんと
持参し準備万端!早速竿先ライトを取り付けて真っ暗な海へファイヤ~してると
、日暮れ直後にO本先生の竿に35cmの良型アカアマダイがっ、





マズメ前後なら暗くても結構掛かってくると言われますよね。

同じピンク色した鯛系の魚でもこのアカアマダイを密かに期待していたJCA、
いいな、いいな~ ♪ ってO本先生に言いながらやる気もMAX&久しぶりの
夜戦にどこか心が躍っていますわ~。(笑)


しかし、そんなやる気も午後20時になると一気に下がった気温に削がれダウン
モード、、、さっきまでせかせか積極的に打ち返してたよ~に思えたO本先生も
いつの間にかテントに逃げ込んで寒いと悲鳴を上げておられましたので、まずは
温かい何かを食べて身体を温めようとなり最寄りのお店へGO~。

お茶漬け感覚で食べれる郷土料理、隠岐そばをすすって、





温まって参りましたよぉ ♪


さてと、陣地に戻ったら真っ先にバッグに忍ばしていた防寒ミドラー上下を着て
攻撃再開です!あはは、睡魔に襲われながらどこまでやれるか分かりませんけど
、今のところ大丈夫そ~なんで夜間のうちにお土産確保頑張りますわ~。

夜が明けたらまたウミケムシとの仁義なき戦いになりますのでねぇ。(笑)




「今のところ激渋?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

荒んだ一文字、、、 鳥取県・岩美町 / 網代一文字





午前6時出船に合わせてしばし仮眠を取っていたファミマ駐車場を出発&
あっという間に渡船乗り場に到着した3人、、、

その面子とは、ちょ~ど1週間前にこの岩美町大谷店と書かれた駐車場まで
やって来るも、電話を掛けてくれと言われていた時間に何度かけても船頭が出て
くれず渋々場所変更を余儀なくされたあの時の3人!

北神サーフ会長の“パワーエアロさん”神戸投魂会“六さん”にわたくしめ
でしたぁ~!今朝は難なく出船30分前までには船頭も到着しご覧の通り海へ。


実はこの戦場、一昨日に六さんがお仲間たちとリベンジしてきたばかりだった
んですけど、生体反応は非常に薄くカレイ類は皆無&たまにアイナメが遊んで
くれただけという、、、そんなのもあり他の戦場へ?と話し合うも残りの2人、
パワーエアロさんとJCAは過去に一度も渡った事が無かったので渋くてもいい
からぜひ行ってみたい ♪ となり決行。







「網代一文字」



根魚を始めババガレイが上がる事で有名な戦場です。

船頭さん曰く、釣り人は週末の度に結構来てはいるものの、今年はババガレイ
のみならずマコガレイ、イシガレイといったカレイ類を釣った人はまだ誰1人
見てないわ~、、、賀露が釣れ始めてるらしいからそろそろ入ってくる頃と
思うんだけどねぇ、、、

あはは、そんな事を聞いてても今日くらいから釣れてくれるんとちゃう?そう
前向きに思ってしまう所が誰しもが持つ釣り人心情なんですよね~。(爆)


最もババガレイの実績がある東端にパワーエアロさんと六さんが並ばれて、
マコガレイでも何でも食べれたらオッケー的なわたくしめは2番目に人気が高い
という中央部のケーソンが出っ張った位置で竿出し。

西端にはウキで大型アジを狙っている2人組がおられます。


1方向、60m前後ラインに根掛かりするシモリがあると六さんから教えて
もらってたので、まずはその位置を確認すべくキャストしてサビいてみると、
ゴツン!っと早速見事に根掛かり&ブレイク、、、戦術に関してはこのシモリ際
周辺、および他方向への遠投がメインになりそ~ですねぇ。


ジジッ、ジッ、、、ジイイイッ!?


ドキっとさせられるドラグ音が鳴ったのは午前8時過ぎのこと、





ありゃりゃっ、、、


ここらの海域じゃ定番のサメ!ひたすら走るだけの奴もいれば、カレイのよ~に
手前に来てからグイグイ底の方へ潜ろうとする連中もいるので紛らわしくて
困りますわ~。超~期待しちゃいますもんねぇ。(笑)

何が釣れた~?と見に来られたお二人に釣果を聞いても全く同じよ~な感じで
遠投したらサメ、東端のメイン戦術となる波止際からちょこっと先までの範囲
ではチビちゃんのアイナメ、クジメが時々顔を見せる程度とのこと。

遠投をすると完全フラットな底となっており手前に寄せてくる程、なだらかに
落ち込んでいってるよ~な海底ストラクチャーで水深が深くなってきます。
その間をじっくりサビいたりしてると、時々ナマコが掛かってみたり、謎のエサ
取りにエサだけボロボロにされたりしますが、

肝心な本命は一向に姿を見せてくれません。


こんな感じで海の中は激渋なものの、お天気については最高で肌寒かったのは
早朝のみ&太陽が昇ると共に気温も急上昇で正午頃になると、むしろ暑くなって
みなさん防寒着を脱ぎ捨て日向ぼっこタイム。





どれだけ積極的に打ち返したり、誘いを掛けても基本はエサすら取られない状況
ですのでみなさん成す術が無いってな感じに陥ってますね~。

JCAも波止の上に大の字になってお昼寝をしてみたり、ハッといきなり起きて
きて仕掛けを動かしてみたりといろいろするもサッパリ、、、特にマコガレイ
狙いで距離を投げている仕掛けは不毛過ぎてサビいたりしないと下手すると
1時間でも2時間でもエサがそのまんまって感じかも!?


そればかりじゃつまらないので、一部波止際から30m以内程度の近投帯も
探ってみますが、あいかわらず遊んでくれるのは25cm前後までのリリース
対象アイナメばかり。ほんまに魚っ気がありません、、、







その後もドラマは起こらず、あいかわらずサメ、ヒトデ、アイナメの繰り返しで
お迎え時刻に、、、日によってムラがあるではなく、魚自体が全く居ないってな
印象の方が強いかも?

今年に入ってまだ1匹もカレイ類が上がってないとゆ~情報を裏付けるよ~な
完全丸ボウズ釣果に終わりましたぁ!


でも、仲良しメンバーで終始アホの1つ覚えの如く、荒んだサメに荒んだナマコ
、荒んだアイナメに荒んだ一文字、、、と何でもかんでも荒んだを付けて
ワイワイガヤガヤ!?帰りはご当地グルメ?まで堪能してこれましたので
充実した1日でしたよん ♪




「荒んだ釣果!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

賀露で過労!? 鳥取県・鳥取市 / 賀露一文字


あれは確か、、、午前1時頃だったかな?自宅前で男性2名&こっそり女性1名が
隠れてたハイエースに乗り込み、中国自動車道に乗って、、、はい、そこから
ほとんど覚えていないJCAなんですけど、午前5時にとあるファミマの駐車場で
目覚めた時には車内にはわたくしめ含め男性3名だけになってました。(爆)

このファミマは予定していた戦場の最寄り店らしく、今日は昨日雨の影響も
あって風&波共にやや強め予報なので一度午前6時頃に掛けて欲しい、、、
そう船頭さんから言われてたよ~で早速電話確認されてるよ~ですが
音信不通との事!?





結局何度掛けても寝ているのか?電話すら出ない為、見切りを付けて今朝、
確実に出船すると分かってて最悪の場合はこっちかな、、、となってた第2候補
へ渋々向かう羽目に。お初戦場だったのでかなり期待してたんですが。(泣)


第2候補地へは同じ「鳥取県」内でかつ双方はバイパスで繋がっているので、
あっという間に市内へ戻ってきて渡船乗り場着&乗船手続を済ませて荷物を
運ぶと午前7時とちょ~ど出船時刻となりました。

釣り座は一文字から内向きメインとなるので釣りが成立するだけで、さすがに
外海は大荒れ!強い北風に煽られた大きなウネリを伴った波がテトラに
ぶつかってドバ~~~ッともの凄い音を立てております。







「賀露一文字」


まさに1週間前!?午前中だけで良型マコガレイを5匹も撃沈できた記憶に
新しい戦場ですよね~。

もう戻りカレイ・シーズンも本格化しているであろう日本海側ですし、ほんとは
今朝はこことは違う一文字に上がって、、、と計画してたんですが、やっぱ
これだけ荒れが残ってたら高さのある波止じゃないと少々危険だったかも?


今日ご一緒させて頂いているのは北神サーフ会長の“パワーエアロさん”
神戸投魂会“六さん”で、前回と同じく一文字西側に上がって並んで竿を
出しております。他に釣り人は3人のみと今朝はガラガラ、、、


お昼に掛けて穏やかになる予報で、すでに空は青空が戻ってきてて超~清々しい
朝を迎えてるって感じ?まもなく満潮潮止まりとなるタイミングで早速戦闘準備
が整った竿からファイヤ~していきましょう ♪


シ~~~ン、、、


攻撃開始から2時間経とうが3時間経とうが誰の竿にもアタリが出ず、たま~に
回収時に重いなぁ~と思えばナマコか巨大フグ。

JCAは渡船が着く掘り階段上がってちょこっとの位置におり、そこから前回
いい思いをした一帯に掛けて六さん、パワーエアロさんという順で並んでますが
潮の問題か?気持ち悪い程海は沈黙を保ったままです。

ほんま魚自体何かおるんかぁ~!?って疑いたくなるくらいで隅から隅まで
探っても、こまめに動かしてアピールしてもサッパリ、、、そんな中、六さんが
仕掛けを回収している途中にエソの如くアタックしてきた本日初めて見る
フグ以外の魚がサワラでしたっ。





塩焼き決定ですね~ ♪ って言いながらマンダム過ぎるので3人集まって
雑談会となっちゃいました。(爆)

それでも最初のうちは定期的に何か変化は無いか?と竿を持ってみたりエサ・
チェックをしてみたりとやる気満々でしたが、正午を回っても音沙汰無し
となるとだんだんダレてきてみんな波止に寝転がってお昼寝モードに、、、

いや~、午前11時前にはあれだけ強かった風も波も一気に治まって気温上昇の
ポカポカ陽気 ♪ そ~いえば前回は正反対で時間の経過と共に黒い雲が
広がってきて挙句の果てには大雨になってたよ~な、、、


魚はおるんやろ~けど潮の加減か?食い気が立ってないんちゃう?から始まって
、ここまで粘って一切誰にもアタリが出ないなんて魚は移動した?少なくとも
目の前の海域にはおらんのちゃう?みたいに考え方まで変わってしまう程の
マンダム、、、でもお天気だけは最高~みたいな、、、(爆)





1週間前と同じアングルでカシャっと撮ってみてますが、今日は青空が広がって
絵になりますねぇ~!六さんも簡易チェアーでスマホいじりながらのダラダラ
モードでパワーエアロさんはさっきからず~っと気持ち良さそうにお昼寝中。

JCAもお湯を沸かして温かいココアを飲んだら眠た~くなってきてしばし
爆睡夢追人に、、、実質寝てた時間は数十分だけですがこれを何度か繰り返して
気付けば午後14時になってました。


このままじゃ全員見事に丸ボウズやん!?


さすがに六さんのサワラ以来何も見てない状況下、今の位置で粘り続けるのは
微妙と判断してかなり億劫ですが頑張って場所移動してみることに!

竿と三脚を持って掘り階段より東側の角、いわゆるおもいっきり底が荒くて
根掛かり頻発で有名な位置で一か八か賭けてみよ~とねっ。おそらくこの一文字
に精通されてらっしゃる方ならあまり投げ釣りでは好んで入られない位置ですし
、ど~せ撃沈するなら何もなければまずやってない位置で、、、

意味不明な自虐的考え?まっ、ここらなら少しくらい魚が残ってるんちゃうん?
ってな浅はかな考えがひらめいたからだけなんですがねぇ。(爆)


フルスイングした1投目から即根掛かり、、、2投目の中投も潮が動いてる中、
右へ流されすぐ根掛かり、、、ポッチャ~ンと軽く投げた仕掛けだけ辛うじて
回収できそ~なんでそれに徹しているとグ~~~っと重くなった!?





ナマコでした。


このナマコだけは朝から全員掛けてますから海底に相当数散らばっているん
でしょうねぇ!能登島を思い出しながらナマコおるんやしカレイもおるやろ~
って信じて再びキャスト。様子を見に来て下さった六さんと撤収時刻を決めて
あとちょこっとだしラストスパート!ってはりきってると、


グイグイグイグイ


アタリは見てませんが、リーリング開始と共に生体反応があって、






ギリギリ30cm?の小ぶりでしたがようやく本命、マコガレイちゃん。

下げに入って潮流が速くなってる今、もしかして時合い?な~んて喜んだのは
束の間、今度は近投した仕掛けまで流されて根掛かり頻発状態となってしまい
あっけなく撤収時刻を迎えちゃいました、、、まっ、何とかボウズ逃れはできた
ものの改めて日ムラが多い戦場だなぁ~と実感させられましたわ~。

またお刺身が食べたいっ!ってはりきって来てたので、小ぶりとはいえ大切な
1匹ですから丁寧に下処理してクーラーにキープ。(笑)


長い1日でした。


帰りは早速リベンジの話についてどうしよう?と盛り上がりながらワイワイ
あっという間のドライブでしたよん ♪

あっ、ちなみにリベンジと言っても今日渡った賀露ではなく、本来第1候補と
予定してた戦場!渡船が出なかった?いや、船頭が電話に出なかったとゆ~方の
事ですよん。次回は渡れたらいいのですが、、、




「難しいねぇ~」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR