FC2ブログ

40cm マコガレイ頭に数釣り! 兵庫県・明石市 / 東二見


おはよ~ございますの次に出てきた言葉は、ほんと今朝はめちゃくちゃ
暖かいねぇ~、、、前回は確か車内で暖房を付けて厚着で仮眠されていた
SurFreyja“クラックさん”も今朝は薄着。

わたくしめも今着てるフリースで十分かな?と思いつつも念の為にミドラー上下
を着用して攻撃準備に取り掛かりましたが、結局完了する頃には蒸し暑く
なってきて脱いでしまう始末、、、

そんな感じで攻撃が始まるも、2人して即、


今朝はエサ盗り半端じゃないよね!?


シーズンイン以来、同じ界隈ではあるものの、戦場自体は2~3ヶ所変えて
きてるけど、どこもかしこもエサ盗りのチビカワハギやベラ、フグが湧いてて
閉口させられる状況が続いてきてましたが、今朝は更に酷いかも、、、


グウウッ!





普通に投げて届く範囲内はエサ盗り地獄なので、早速1本をデルナー天秤に
交換&ショート仕掛けでおもいっきり遠投してみると着底後すぐアタリが出て
1投目から27cm マコガレイが登場!?

ひょっとすると遠投域はエサ盗りが少ないのかも?な~んて期待したのも
束の間、、、再度打ち返すと他と同様ほぼ瞬殺の勢いでエサが掠め取られて
しまいます、、、ど~やらさっきのはたまたま仕掛けが落ちた所に魚が居た
だけの偶然っぽい、、、


なんか今シーズンは毎回似たよ~なパターンで、本命が食ってくるのが先か?
エサが無くなるのが先か?の状況。

これはやはり水温がまだ高い事が大きく関係していると思われますねぇ。台風
なんて誰も来て欲しくないと思いますが、台風の直撃が一度も無ければ
今年みたく海をかき回される事がなく高水温がず~っと続いてしまう、、、
むむむ、投げ釣り師にとっては修行のコンディションやぁ、、、









「東二見」


やっとこさヘドロも消えた?ほとんど付着してこなくなりましたっ。

今思えば今シーズンの乗っ込みカレイ作戦はまだ一度も雨に遭ってないかも?
まっ、これも偶然なんでしょ~けど快晴の日が多くエサ盗りを除けば最高の
コンディション続きです ♪


午前8時にもなれば太陽が照り付けて予報通りかなり暖かい陽気に。


最初はミドラーを抜いでフリース着用で戦ってたのがそれでも蒸し暑くなって
きて最終的には半袖Tシャツになっちゃいました。(爆)

今朝はまだ時合いと思われるタイミングが一度も訪れていない為、休憩する
余裕も無く必死で打ち返す2人、、、投げても投げても即素バリにされてしまい
ますからほんと辛い。


グッ、グッ、グゥ~~~ッ!


久しぶりに竿先が押さえ込まれたので特大のフグか?と思ってると、







40cm マコガレイ登場 ♪


初めの重量感だけでは本命かヒガンフグか分からなかったけど、リーリングを
続けていくうちに底へ潜りつつ足下付近に来るまで浮いて来なかったので
もしや!?と喜んだ感じ。


午前9時過ぎ、緩んでた潮が徐々に反転&動き出し、それに呼応するかのよ~に
エサ盗りが一瞬静かに!?それでも完全にストップしたわけではなく、たまに
エサが残ってくるよ~になレベルに。

1匹本命が飛び出したわけですし、ここが今朝の最初で最後の時合いかも?
そう思いとにかくエサが少しでも残ってくる位置に集中して仕掛けを投入して
いくと、竿先にアタリは出なかったものの、

居食いに近いパターンで立て続けに2匹撃沈 ♪







サイズ的にはどちらも30cmに満たない小ぶりな個体でしたが、それでも
地元神明間では身が分厚くて嬉しい本命!そして何よりも食べて美味しいから
ありがたや ♪ こやつらは唐揚げに決定です。(笑)


おそらくこの時合いも長続きしないんだろうなぁ~と思っていると、見事この2匹
撃沈しただけで再びどこもかしこもエサ盗り三昧と化してしまい終了、、、
いや、終了というか、もしかするとまだ食いが立ってる状況なのかもしれません
が、本命が食ってくるより先にエサ盗りにやられてしまう為に釣りが成立しない
と言った方が早い感じ?

攻撃開始からちょくちょく針掛かり&水揚げされてきてたフグは比較的小ぶりな
奴ばかりだったのがここに来て巨大化!?

竿先をガンガン叩くアタリと共にローリングしながら水面に浮いてくる特大の
ヒガンフグが連発しだしてエサのみならず最悪な場合はチモトからスパッと
噛み切られてトラブルが増えてきました、、、





まぁ、予想しうる状況ではあるので耐えるしかないか、、、


時間が経つにつれて潮流が速くなり、特大ヒガンフグに加えてミニサイズの
カワハギまで出てきてエサ切れ納竿まっしぐら!


クラックさんに1匹釣れたら何とか2人揃ってボウズ逃れと最後まであきらめず
に打ち返すも、みるみるエサが無くなってゆき終了。もうエサが残ってません
から今投げてある竿を回収したら順次片付けていこうと話していると、

投げたばかりでまだ5分も経ってない竿先がググッと押さえ込まれたので、一気に
大アワセを入れてみると結構な重量感!

最後の最後でもう1匹40cmオーバーが来たか!?と慎重に回収したら、





33、25cm マコガレイのダブルでした ♪


あはは、できればダブルではなく大判1匹だった方が嬉しかったんだけど、、、
いやいやそれは贅沢な望みですねっ。(笑)


ここに来て2回目の時合い到来?


だったのかもしれませんけど、すでにエサ切れになってますから強制的に終了
となり帰路へ。エサをもっとたくさん持参してればそれを検証できてたものの、
決して少量しか持参してないわけでもなく今シーズンは非常に効率の悪い釣りに
なってるよね~とクラックさんと話しておりました。

他と比べて食味が大して変わらないのなら可能な限り効率の悪い釣りはしたく
ないけど、ここで撃沈する魚の美味しさを知ってしまうとやめられませんねぇ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「エサ盗り凄いよね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

40cm イシガレイ!? 兵庫県・明石市 / 東二見


満腹になったところで早速戦場へ向かうと、確かに釣り人はめちゃくちゃ
少ないものの、超~運が悪く入りたいと考えた場所には先客がっ!?

それもまだ入られたばかりか?今現在セッティング中みたいな感じでしたから
ほんの少しの差だったのかも、、、まぁ、吉野家でゆっくり朝定食を食べていた
わたくしめがアホだったのであきらめて違う場所を求めてGO。


何ヶ所か回った後、今朝は久しぶりに外海に近い位置で竿を出してみようと
ようやく落ち着いた頃には時刻はもう午前6時20分!すでに朝マズメに
突入しておりましたっ。


超特急で攻撃準備に取り掛かり、出来次第即遠近投げ分けていくと全ての竿を
出し終える前に2本目に投げた超~近投仕掛けにアタリが出て、







38cm マコガレイ撃沈 ♪


あっさり1投目から釣れちゃうとどこか安堵すると共にひょっとしたら今日は
結構釣れるかも!?な~んて妄想しちゃいがち、、、朝イチからハイテンション
になりながら肉厚なマコガレイを締めて同じ場所へ打ち返し。


するとお次は遠投してた方の竿先に何度もノックすると~なアタリが出てアワセ
を入れてみると、極細のアナゴ、、、こちらは美味しいのかもしれないけど
捌くのが億劫なのでポイ&再び気を取り直して遠投をかけると、

着底とほぼ同時にまたまたコンコンとノックするアタリが出たと思えば急に
鋭く竿先を押さえ込んだので慌てて上げてみると、





そこそこ肝パンな良型カワハギ


サイズ的には25cmまではありませんでしたが、体高があって超~美味しそう
だったのでこやつはもちろんキープでございます。


攻撃開始前は巻き替えたばかりの新品ラインも即、1投目からヘドロでベトベト
になってしまうんだろうなぁ~、、、やら今朝もエサ盗り半端じゃないかも!?
などマイナスな事ばかり考えていたのに、この2匹の連発劇のおかげでそんなのも
一切気にならなくなって夢中で打ち返しモードのJCA。(爆)





でも、この数日間で海の状況は少し変わったのか?潮が動いてる時間帯でも
ご覧の通りヘドロもそんなに付着して来ず以前に比べるとかなりマシに。

これでより快適に戦いができるようなったしあとはカレイを釣るだけ~ ♪
頭の中ではすでに今朝は食いがいいはずと思い込んでしまってた為、2匹目も
すぐ釣れるだろうと考えてました、、、


が、しかし!


しばらく放置してても一向に反応が出なくなったので気になって回収してみると
全ての仕掛けが素バリ状態!?

チモト付近のハリスがボロボロになっているのでおそらくフグの仕業と思って
るとすぐ、でっかいのからチビちゃんまで次々とフグが針掛かりしてきて
チ~~~ン、、、

明るくなるにつれてエサ盗りもお目覚めになったみたく高活性。


結局、毎回一緒のパターンでマシンガンキャストが求められ → みるみる
エサが無くなっていく状況、、、ちなみに今朝は後日の遠征用に残して
おかないといけなく、一応アオイソメは500gくらいまででやめようと考えて
おります。うむむ、果たしてあとどれくらい持つか?







「東二見」


ここんとこず~っとお天気がいいですねぇ ♪

夜明け直後はミドラー上下を着用してないと肌寒く感じておりましたが、太陽が
完全に昇ると一気に気温も上昇して20℃近くのポカポカ陽気。打ち返しなど
体を動かしていると蒸し暑くなってきて半袖でいけちゃいます。


午前9時を回ると潮もほとんど止まってこのタイミングでフグの活性も一旦マシ
になったのに、今度はチモト付近はザラザラにはならないものの、エサが
掠め取られるのと引き換えに白くネットリとした繊維状の物が付着してくる?

はいっ、針掛かりはしてこなくても何の仕業かすぐ見当が付きますけど、
念の為に確認をと仕掛けが着底したらすぐおもいっきり大アワセを入れて
みると見事にフッキング!(爆)





予想通りのカワハギ、、、


フグと入れ替わってチビちゃんのカワハギが湧き始めたよう。

これが朝イチで釣れたよ~な良型ばかりだったらぜひとも数釣りしたいん
だけどこのサイズじゃねぇ、、、それに針も大きめの物をセレクトしているのも
あってなかなか針掛かりもしてきません。


仕掛けを投入して5分も持ってないうちに素バリになっているよ~だから相当
湧いているっぽい!?こんなペースで打ち返しているとまもなくエサ切れに
なるのでカワハギの群れが居なさそう or 見つかりにくそうな部分を探して
遠投&片方は足元直下に近いくらいのド近投と極端な距離帯に絞って
ラストスパートを掛けてみましょう。


全て遊動式L型天秤で戦っていた一部をデルナー天秤にチェンジして飛距離
重視のショート仕掛けでおもいっきりフルスイング → 止まっていた潮も
トロトロ動き始めたタイミングでした。


グググッ、グッ、グッ!


竿先に明確なアタリがっ。







40cm イシガレイ撃沈。


タモも準備はしてあったものの、ついついいつものクセでポ~~~ンと
抜き上げると、あれっ!?マコガレイにしてはどこか違うよ~なイメージ
、、、そう思って近くで見てみるとなんとイシガレイでビックリ。

外海に隣接したロケーションというものあってかな?この界隈じゃ久しぶりに
顔を見たよ~な気がします。(笑)

明石海峡に面したこの海域で釣れるイシガレイはさぞかしマコガレイ同様身が
締まってて美味しいんちゃうん!?火を通してしまうとゴロンゴロンの石みたい
になっちゃうこやつも新鮮な状態でお造りにすると絶品なんですよね~ ♪
下手するとある意味マコガレイより美味しく感じる事も、、、


そろそろアオイソメ500g分が終わりそうになってきたので、回収した竿から
片付けモードに入り一番最後の竿を上げようと持った瞬間、


何やら生体反応がっ!


今度は超~近投の仕掛けでございます。





27cm マコガレイとよくいるサイズの個体。(笑)


はいっ、以上で全ての竿を片付け終えましたので撤収で~っす。

やっぱりエサの残量を気にしながら戦うのって個人的にやりにくいので
次回からは1kg持ち込んだら、気にせず納得がいくまで使って、その上でもし
残ったら次の出撃に回すというスタンスでいきたいと思います。

ほんとお世辞抜きで明石界隈で獲れるマコガレイってめちゃウマなので時間が
あればすぐ釣りに行きたいって思っちゃうんですよね~。今朝も午前11時までの
短時間勝負となりましたが、カレイは3匹確保できましたから満足かな。


さて、帰還したら遠征の準備に取り掛かりますか~!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「アオイソメで十分」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヘドロも少しマシになった? 兵庫県・明石市 / 東二見


今朝も夜明けと共にエサ盗りのオンパレードで、おそらく前回コラボした時より
酷いんちゃう!?そんな事を相方でもあるSurFreyja“クラックさん”
話しながら本日の攻撃が始まりました。

このままじゃどれだけエサがあっても持たないと思える程、仕掛け投入後数分
すれば全て素バリ状態 or 小さいフグが針掛かりしてきて閉口させられる中
、唯一今までとは違う?よ~な感じがした仕掛けに、





27cm ネズミゴチが付いてました。(笑)


前回も同じ方向へ投げてた仕掛けに1匹釣れてきましたし、おそらく綺麗な海底
を好み彼らにとってまだ生息可能な部分が残ってるんでしょうねぇ。イシゴカイ
を付けてもっと小針で専門に狙ったら釣れたりして~!?そう話しながらも、
それ以前にフグの猛攻が酷いので何とか治まってくれる事を祈ります。


午前8時まで延々とエサ盗りに悩まされ、緩んでいた潮が本格的に動き出した
タイミングで少しマシになり早速クラックさんに良型の本命がっ!


そろそろ時合い到来か?


期待しながら一生懸命打ち返してると、わたくしめの竿にも30cm弱の個体が
水揚げ~ ♪ ラインの感度も限りなくゼロに等しいくらいまで劣化して落ちて
いる上、潮流もあって一切アタリも見る事なく居食いパターン。(爆)





この頃になると確かにフグの活性は落ち着いてきたよ~に思えるも、それと
入れ替わる形でチビちゃんのカワハギが出てきたみたく結局のところエサ盗りの
状況自体は今までと変わらずといったとこでしょうか?

とりあえずはボウズ逃れしましたし気分的には余裕があるよね、、、クラック
さんと話してるとまたしても彼の竿にズッシリ重量感が伝わってきたらしく
肉厚な本命をゲット!今シーズンはめちゃくちゃ好調な彼、開幕戦から数釣り
されてますし今朝は型物も出て羨ましい限りでございます。


まだまだ時合いは続くものと思っていたのに、早々に終了しちゃったのか?
後には続かず再びフグの猛攻が始まってしまいます、、、







「東二見」


でも今朝は快晴&無風でのんびり釣りを楽しむには持ってこいの陽気 ♪

ど~せもう全部が素バリと思うし下手にマシンガンキャストしててもとこの酷さ
だと午前10時まで持たないと判断し、こだわり派のクラックさんが入れてくれた
特製コーヒーを頂きながらしばし雑談、、、

前回はクラックさんとミックスに近い状態で並んで釣り座を構えてたんですが、
今回はちょこっと気になる部分があってほんの少しだけど離れた位置で竿を
出しております。魚探みたく魚の寄り場が見れたら最高なんですがねぇ!


長めのコーヒーブレイクが終わって陣地に戻って仕掛けを回収すると案の定
素バリ、、、ただ、今気付いたんですけど、海中のヘドロは若干マシになって
きてるかも!?大潮を迎える度に徐々にどこかへ流されていってるのか
自然淘汰されてるよ~にも思えますねぇ。


時刻は午前9時半になり、予想してた通りエサの残量が僅かになる中で今朝は
1匹だけとあきらめていたわたくしめに超~ラッキーな連発劇がっ!









一時的に食いが立ったのか?仕掛け投入後すぐバイトの如く、急にパタパタパタ
っと釣れて一気に数釣り。残念ながらサイズについては30cm前後と大型は
混じらなかったものの、本命とは違うけどでっかいマダコも釣れて満足~。

マコガレイもサイズのわりにはどれも肉厚で美味しそう ♪


はいっ、今朝もエサ盗りのせいで短時間勝負になってしまいましたが、2人共
本命確保で満足のいく出撃となりました。エサもほぼ同じペースで消費してた
よ~でクラックさんも一緒に片付けて撤収!次もそう遠くないうちにコラボ予定
をしてますが、、、戦場だけは、、、違うかも。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「座布団が欲し~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの数釣り! 兵庫県・明石市 / 東二見


わたくしめ的にはまだ真っ暗だしあと30分程は車内でゆっくりしたかった
ものの、相方のSurFreyja“クラックさん”は午前5時キッカリには
もう持ちきれず戦場入りされるとゆ~ことで、それならせっかく誘って頂いた
コラボですし一緒に行きますわ~と行動開始!

手際よくタックルを組み、10~15分くらいでキャップライト無しで手元が
見えるよ~になるかな?って頃合いにこれまた待ちきれずに1本だけ投げて
おられたクラックさんにいきなり良型のマコガレイがっ!?こんな暗い時間帯
からでも食いが立ってるんや~と驚きながら直ちに一斉放火となりました。


スルスルスルスル~、、、エサ盗りチェックを兼て全てを投げ終えたらすぐ
最初に投げた仕掛けを回収。





あちゃ~~~。


今朝も1投目からヘドロの洗礼を受けます。

表層を中心に細かく切れて糸状になったヘドロが浮遊してる状態で主に
水面から数メートルくらいまでの範囲に付着して水揚げされてくる感じ、、、

リールを巻き始める前に先に竿を一度大きく叩けばある程度飛ばす事は
できるんですけどそれでも全部を取り除くのは不可能であっという間にライン
ローラー付近から腕周り、更に服から顔にまで飛び散ってきます。


おまけにエサ盗りもめちゃくちゃ活発で小さなフグが次々と水揚げ、、、
攻撃開始と同時にヘドロとフグの猛攻って結構気持ち的にブルーになります
よね、、、そんな中、何気に回収した仕掛けに24cmもある良型ネズミゴチ
付いてました。(爆)





今思い出すと、過去にも25cmを超えるサイズを撃沈した経験があるんです
けど、この辺じゃこやつが好むよ~な綺麗な砂地帯はほとんど残ってないと
思うんですがねぇ、、、もしかするとそんな場所が密かにまだあるのかな?
食べるととても美味しい魚ですから当然クーラーへキープです ♪

エサ箱の上に置いて顔ドアップの写真を撮っていると、いつの間にかフタが
ヌメリでベトベトに!?再びあちゃ~~~、、、近年専門に狙う事も無くなり
こやつはベトベト&ネバネバってゆ~のを忘れてました。(泣)


気を取り直して打ち返し、どの仕掛けも1回だけサビいてみる機会を持ち、
その次は回収といったエサ盗りが多い時の戦術ローテーションで戦っていると
、さっきまでそこそこ流れていた潮が徐々に緩み始めた?

そんなタイミングで、


クククッ、ク~~~ッ


竿先を数回押さえ込む典型的前アタリが出て、





32cm マコガレイ撃沈 ♪


何度見ても惚れ惚れするくらい超~肉厚な個体ですわ~。

乗っ込みシーズンはサイズは大して無くても身の厚さだけはどれもピカイチで
時にビックリするよ~なぶっとくずんぐりむっくりな個体も居たりします。
FISH DINNER的観点からすると最高の状態と言えますね。


丁寧に締めてから血抜きまで済ませ再び打ち返し&続いて放置してあった
他の仕掛けも回収してみると、

立て続けに2本の竿から魚信が伝わってきて、







38、33cm マコガレイが連発 ♪


潮が止まる寸前、しかしながらまだ動いてるタイミングで食いが立ってます
からこのタイミングがやっぱりいいのかもしれません。

短い時合いを逃さないよ~にと2人して必死に打ち返すも、即行潮止まりを
迎えてしまい潮流はゼロ&水面は鏡のよ~に静かに、、、同時にアタリは
ピタリと途絶えてしまいました。

カレイ作戦って魚の活性が潮の動きに呼応してる戦場などでは時にとてもシビア
で、ほんと一瞬のタイミングにパタパタっと食ってきてすぐピタッと止まって
しまうパターンがあったりします。それなりに数が入っていれば例外も起きたり
しますが、基本時合いが過ぎると目の前にエサがあっても口を使わない
ケースが多くて難しい、、、


ここからは潮がまた動き始めるまでエサ盗り&ヘドロの猛攻に耐えながら
マシンガンキャストとなります。









「東二見」


潮が止まった途端、急にフグの活性がピークまで達したみたく2本針の
吹き流し仕掛けにパーフェクトで針掛かりしてくるよ~に、、、その上、
アベレージサイズもアップして特大な個体が次々と水揚げ&お腹を
パンパンに膨らませて怒っておられます、、、(爆)


前回の状況から今回のエサは球数が確保できるアオイソメをメインに補助的感覚
でマムシを少し持参してますが、こ~ゆ~時に限って読みが外れたりするもので
、アオイソメは即行素バリにされてしまうのにマムシは無傷で残ってきます。

まぁ、遠征と異なり近場出撃ですし、エサが無くなり次第終了というスタンスで
毎回出てきてますからそれはそれでオッケーなんですけど、せめて潮が
再び動きだすまでは持って欲しい、、、

あまりにもエサ盗りが酷すぎる為、アオイソメを浪費しないようマシンガン
キャストは止めてここぞとばかりにマムシを導入&しばしクラックさんが入れて
下さった本格派コーヒーをすすりながら雑談タイムを決め込む事に。


彼からのお誘いで11月中にある遠征計画が持ち上がり、その詳しい内容を
決めたりとあれこれ話してるうちに水面には幾筋もの潮目ができ始めいよいよ
ラストスパートの時間到来?あくまで予想が正しければの話にはなりますが、
ハニータイムが訪れる事を祈って真剣に打ち返しモードへ。


グイグイグイグイッ!


おおっ、まさしくこれは本命らしき締め込み。







早速、33cm マコガレイが食ってきましたわ~ ♪


必ず遠投域から足下直下付近までくまなく探るよ~にしているものの、
今朝はいずれも足下から20m以内の範囲でアタってきていますねぇ。

不思議な事にこの時間帯だけはあれほどうるさかったフグが鳴りを潜め、アタリ
が出れば本命の確率が高い状況に!?大物投げ釣りではよくあるパターン
だけど、一体海の中ではどんな風に魚が入れ替わっているのでしょう?

めちゃくちゃ気になりません?(笑)


その後もアタリは続いてサイズは徐々に小さくなっていく傾向でしたが、もう
2匹追加して時合い終了。緩やかだった潮流はスピードアップして下げに
向かってまっしぐらといった感じに、、、







そしてまたフグの猛攻が始まり、みるみるエサは無くなり正午を待たずして
今朝もエサ切れ納竿。


ヘドロに関しても水中に浮遊している物に加え、海底にもゴッソリ溜まっている
みたく潮流が強くなるにつれてこちらも激化!

足下のコンクリートは飛び散ったヘドロで斑点模様ができちゃってますし、服も
斑点模様になれば顔も腕も斑点だらけ、、、ヤバイんでないかいっ!(爆)

そのまま仕掛けを回収すると下の写真のよ~になってしまうので、竿を片付ける
時には仕掛けを外しシンカーのみでおもいっきり投げてタオルでラインを掴み
つつ回収。こうすればある程度ヘドロの巻取りを回避できるも帰還後はすぐ
メンテが必要になってきますね、、、





フグはともかくヘドロだけでも消えてくれればまだ楽なんですけど、、、


ほぼ同じタイミングでクラックさんもエサ切れとなり終了。

まだお昼前ですしゆっくり雑談しながら片付けて遠征の日程より前にもう一度
くらいはここらでコラボしたいね~と言いながら解散。わたくしめは即最寄りの
ICから高速道路に乗って帰りますが、クラックさんはオール下道で3時間
もかけて帰還されるとゆ~ことでビックリ!タフやなぁ~。(笑)





また新鮮な食材確保でございます ♪




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「上向いてきてるなぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

41cm マコガレイで開幕! 兵庫県・明石市 / 東二見


昨日はほぼ終日雨が降ったのもあって懸念されたのが水の濁りと風。

たとえ近くに大きな河川が無かったとしても全体的に水深が浅い海域ですから
まとまった雨が降れば翌日は必ず水の透明度が無くなる、、、また同時に
強い風が吹き出すのはこれからのシーズン、日本全国どこに居ても
同じよ~な傾向にあるかと。

SurFreyja“O本先生”と吉野家で朝食を頂いた後、空いてる場所を
探してしばし戦場界隈を徘徊&ちょ~ど2人並んで竿が出せそ~なスペース
を発見したので早速そこで三脚を並べて攻撃準備&完了した頃には東の空が
白んできて即ミックスで仕掛け投入となりました。


シュ~~~ンと今から20年以上も前にリリースされた初代スピンパワーを
振ると超~心地良く仕掛けが飛んでゆき、ああっ、やっぱり投げ釣りって
気持ちいいわ~ ♪ 実はこのスピンパワー、今回がお初導入となります。

全ての仕掛けを投げ終えた後、エサ取りが気になってしゃ~ないO本先生が
早速一番最初に投げた竿を回収されると素バリ!?マジっすかぁ、、、こんな
時間からエサ盗りが酷いのかと思いわたくしめも回収してみるとこちらは
綺麗に残ってます、、、それよりもっと気になったのが、


うわっ!?





ヘドロ?粒子が細かくなった藻?

ちょこっと謎ではございますが、臭いからしてもヘドロが少々混じっている物が
回収時のラインに絡んでエラい事になってますわ!

情報を頂いたクラックさんもヘドロみたいなのがおもいっきり絡んできて
往生しましたわ~と話してましたけど、ここでも同じ状況なんですね、、、
回収時に先にシュッと竿を煽ってラインを弾いてやると若干マシなものの、
毎回少なからずラインに絡んできて竿のガイドからスプールエッジ、ライン
ローラー周辺、挙句の果てには飛び散った物が服にまで付着。(泣)


違う意味で修行の釣りやな、、、O本先生と話しながら時々サビいたりしつつ、
アタリを待っていると1本の竿を持った途端にズッシリとした重量感!だけど
あまり引きもしないし一体何だろう?と回収してみると、





明石名物のマダコ様でしたぁ。(笑)

ある意味嬉しいお土産ですからビニール袋にほ~り込んで縛ったらクーラーへ。
そして同じタイミングでO本先生が30mに満たないものの本命のマコガレイを
水揚げされて、いいなぁ~ ♪

とりあえず目の前の海域に魚が入ってきてる事は確認できました。


あとは時合いが到来するのを待つのみ?


めちゃくちゃテンション上がりながら打ち返すも、時間の経過と共にエサ盗りの
活性だけがアップするのみで本命からのシグナルはありません、、、あっという
間に朝マズメが終了し、ここからは間もなく干底を迎える再び動き出す
タイミングなど潮の動きに期待?

しばらくマンダムタイムが続く中、またまたO本先生にさっきと似たよ~な
サイズが釣れて更にプレッシャーを感じていると、


クッ、クククッ、


グイイイッ!


たまたま見てた竿先が数回押さえ込まれたので、アワせてみると強い締め込み、







41cm マコガレイ撃沈 ♪


締め込み方からして間違いなく本命と分かるも、足元付近までなかなか浮いて
来なかったのでひょっとしたらそこそこのサイズ?と思ってO本先生に念の為に
タモをお願いしたらGOODサイズでした。

何はともあれ開幕戦から2人共本命ゲットで良かったぁ ♪


午前9時過ぎ、潮止まりを迎え、その30分後くらいにはすでに返しに入った
よ~で再び潮が動き始めます。

この頃になると針掛かりはして来ないけど、チモトがザラザラにあまりならない
のでおそらくフグ以外の小魚と思われるエサ盗りが高活性となりマシンガン
キャストが求められるよ~になってきました。メインはアオイソメに少しだけ
マムシを持参してる中、見事にアオイソメの方だけ狙い撃ちされるかの如く
即素バリにされてしまう為、もの凄いスピードで減ってゆきます、、、

またお天気もご覧のよ~に快晴ではあるものの、予報通り1時間程前から
西寄りの風が急に強くなって結構肌寒い感じ。









「東二見」


あいかわらずスプールにはヘドロがわんさか付着して気持ち悪い上、一向に
治まる事を知らないエサ盗りの猛攻、、、エサが底を尽きた時点で止めに
しようと話してたんですが、この調子だとお昼まで持たなさそうです。


午前10時半を回り、ほんの少しではあるけどエサ盗りがおとなしくなった?
よ~に思え、O本先生と買い出してきてあったコーヒーとパンを頬張りながら
しばし雑談タイム、、、今後の出撃計画を立てたり、遠征についてもあれこれ
話してるともう午前11時に!?

30分近く放置プレイしてあった竿たちですから、確実に全て素バリだろうと
回収してみるといつの間にか時合い到来?居食いしてたみたく立て続けに
O本先生がマコガレイ2匹撃沈。わたくしめも慌てて全て回収すると
30cm満たないながらも1匹撃沈です。

すぐさま打ち返してみるともう1匹似たよ~なサイズを追加 ♪







乗っ込みシーズンの個体は小ぶりとはいえ超~筋肉質で甘味タップリなので
お造りかなぁ~?でも、これくらいのサイズだと唐揚げにしても最高だし、、、
う~ん、悩むぅ~。FISH DINNERの話で盛り上がりながらひたすら
エサが尽きるまでマシンガンキャストを継続 正午を待たずに
わたくしめが先にエサ切れ、

そしてその15分後くらいにはO本先生もエサ切れとなり終了。


ちょ~どお昼ご飯の時間だけど途中でパンを食べてたのもあり、そこまで
お腹が空いてなく撤収後は真っすぐ帰路につき、阪神高速を下りたとこにある
地元じゃ有名&人気のタコ焼き屋さんでタコ焼きを頬張ってから帰還。

そ~いえば昨年も乗っ込みカレイ時期には毎回このお店でタコ焼きを食べて~
ってのが習慣になってましたねぇ ♪ 今シーズンは何回食べれるかな?(笑)





2020年も何とか初戦から開幕できましたぁ!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「無事開幕やねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR