FC2ブログ

ウネリで磯に上がれないっ! 和歌山県・串本町 / 紀伊大島





渡船受付開始時刻が大体午前5時頃と聞いており、それより遥かに早く到着
してしまったSurFreyja“マダイ師匠”とJCAは車内でしばしと言いながら
爆睡モードに、、、何度もしつこく鳴り響いてたはずのアラームも全く気にせず
爆睡を続け、ようやく目覚めた頃にはすでにみなさん受付を済ませウェアに
着替えたりされておりましたっ。(汗)

超特急で準備を整え我らも渡船乗り場へ向かうと今日は平日なのに想像以上に
釣り人が多い!?そしてそのほとんどの人がルアーマンで青物をメインに
狙われるとのこと。やはり全国的に今年は青物の当たり年なんでしょうねぇ。


我らに関して言えば、そろそろ乗っ込みカレイも厳しくなる今、これから良く
なってゆくカワハギでも狙うのが得策?と考え、数より型!一発大物狙いで
訪れたわけなんですが、、、

リクエストしていた磯の前までやってきた途端、


船頭さんよりウネリが入って波が這い上がってきてるから危険!


との判断が下されてしまい第2候補の磯をお願いするもそっちも同様に危険
、、、それならばと一番奥まった場所を聞くとルアーマンらがすでに入って
しまってるから厳しいと、、、今までこんな事一度も無かったのに、、、

ガックリしながら、じゃあどこが空いてます?と伺うと、出てきた磯候補は
一発大物場とゆ~より小ぶりな個体が数釣りできるイメージが強い磯
、、、でも確かに真っ白な大波が磯に這い上がってきてるのを2人共
目の当たりにしてますし、しゃ~ないかぁ~とそこに上がる事に。


コンコンコン、、、コン







攻撃開始早々からエサをツンツンしてるよ~な典型的なアタリが連続して本命の
カワハギちゃんが釣れてはくるんですが、、、アベレージサイズが小さいっ!

針を飲み込んでグロッキーになってる個体を除き、基本チビちゃんは全て
リリースしながら少しでも大きな個体が回って来るのを待つも、ど~やら
近くに居るのはチビちゃんの群ればかりみたい、、、こやつは一応キープかな?
と思えるよ~な個体はたまにしか釣れません。(泣)


しばらくすると突然マダイ師匠の投げてらっしゃる方向から次々とけたたましい
ドラグ音が鳴り響きだし、一体何の仕業!?とちょこっと期待するものの、
水揚げされてくるのは全部イラ、、、

ここまで連発するとさすがのマダイ師匠もかなりご機嫌斜めです。


その間、わたくしめの方は定番のキタマクラやトラギスといった小物外道に
弄ばれるだけで特にドキッとさせられるよ~なアタリは無かったのですが、
ついにこちらにももの凄い勢いで疾走するドラグ音がっ!


ジャアアア~!





ハァ、、、ため息しか出ません。


リーリング最中に伝わってくる重量感と締め込みはひょっとすると良型のマダイ
か何かかも!?な~んて期待したわたくしめが馬鹿でした、、、さっきから
そこまで大きくないイラばかり見てたせいで大型が潜んでいるなんて夢にも
思いませんでしたわ。(悲)

気を取り直してファイヤ~&もうこれ以上イラん魚は来ませんよ~にと
強く祈りながらドラグを設定 クーラーに腰掛けてアタリを待っていると、
今度はわたくしめの投げてる方向から次々とドラグ音が鳴り響いて、





なぜかメイチダイが連発してきます。

まぁ~、こやつは一般的に美味しい魚としてカテゴライズされてますから
個人的に気になる所があってもとりあえずはキープしときましょう。


個人的に気になる所?


あはは、もうメイチダイと聞いてピンと来られた方もいらっしゃるかと
思いますが、こやつ、、、結構な確率で捌くとカルキ臭がするんですよね~
、、、これまでたまたまわたくしめだけ当たりが悪かったのかもしれませんけど
、ど~してもこの魚だけは警戒してしまいます。

そんなわけで念の為に別のビニール袋に分けてキープ&攻撃を続投するも
少し向こうの養殖イケス群でエサやりが始まった途端まともな魚のアタリは
ピタッと止まってしまい、ちょっかいを掛けてくるのはキタマクラとトラギス
のみになってしまいました、、、







「紀伊大島」


お天気は雲間から太陽が顔を覗かすと一気にポカポカ青空になるのに、毎回
長続きはせずすぐにまた雲に覆われて薄暗く、、、更にはダークグレーの
雲の塊が流れてきたと思えば急に雨が降りだし、その後強い北西からの爆風に
、、、ここまで短時間でお天気がコロコロ変わると結構辛いっす!

マダイ師匠と今日は思ってた磯に入れなかったとこから運が無かったとゆ~事
で潔くあきらめてお土産釣りに徹しましょうとなり、2人共打ち返しはするも
かなりダラけモード、、、朝イチからもの凄い量のビールを飲まれているマダイ
師匠はエサ取りを相手にするのがうっとおしいからと仕舞いにお昼寝タイムに
入られてしまいました。(笑)


引き続きわたくしめだけでエサがある限り!と打ち返しをしますが、やっぱり
本命のアタリは止まったまま、、、


正午を回って養殖イケスのエサやりが終了し、漁船が港へ戻っていくと
やっとこさチビちゃんメインでカワハギが掛かり始めます。朝イチみたく魚影は
濃くありませんけど根気よくチビちゃんをキャッチ&リリースしながら粘って
いると時々キープできそ~な個体も混じってきますねぇ。







結局、渡船のお迎え時刻までみっちり打ち返すも納得できるサイズは1匹も
釣れず、マダイ師匠と話してた通りのお土産釣りになってしまいました。

冬型の気圧配置になって北西風が強く吹いてもやれる戦場なのでどこか
安心しきってたところがあり、南寄りのウネリを伴った波予報を見落としてた
のが今回の失敗要因かな?それでも過去に一度も上がれないってケースが
無かったので正直、今朝のあの荒れ方にはかなり驚かされましたわ~!


またシーズン中にリベンジできたらいいなぁ~。





お持ち帰りでキープしたのはこれだけ、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗Z 8号
■ エダス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ 針: がまかつ・カレイ専用 12号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「ウネリは危険やぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

74cm メジロ撃沈! 兵庫県・明石市 / 東二見


ジイイイッ





戦場入りしてすぐ1セットタックル組んだらファイヤ~!まさに魚の目の前に
仕掛けが落ちたかの如く即行アタリが出てキスが釣れました。

エサは、、、あはは、いつぞやの宇和海遠征で残った極太マムシで塩締めしよう
と思いつつ、木箱に入れたのを完全に忘れ去ってた物、、、当然、あれから
日数が経ってますから全て死んでおりほのかに嫌~な臭いが、、、それでも
食ってきたからもしかすると今になって落ちギスフィーバー!?な~んて
勘違いしちゃいましたわ~。(爆)

はいっ、その後はうんともすんとも言わずひたすら沈黙を保ったまま
あっという間に夜明け時刻が近付いて参りました。


午前5時40分に戦場に到着するとすでにSurFreyja“高ちゃん”
“ぎっしーさん”の車が止まっており2人共おやすみモード、、、

そこから20分後、午前6時になるとお二人とも起床され息が真っ白になる
極寒の中、ちゃちゃっと挨拶を交わしたらいざ戦場突入となりました。


まだ暗いうちからキスが1匹釣れたのもあり、みなさん超特急でタックルを組み
戦闘準備を整えるも後が続かないので再びゆっくりペースに、、、この界隈の
カレイは朝マズメの時合いと言ってもキャップライトが完全に不要になるくらい
まではイマイチな印象がありますので、下手に集中砲火して極細アナゴの
猛攻に遭うよりはタイミングを見計らってといった感じでしょうか。

ただ、わたくしめが今回メインでやろうと考えてる作戦はキャップライトの灯り
がまだ必要な時間帯にハニータイムが訪れる事が多いので、早速泳がせ用
仕掛けにアジを付けて投入。


ジャアアア~~~ッ!!!


3人で凍えながら雑談してるといきなりドラグが高速回転!?





74cm メジロ撃沈 ♪


普段から投げ釣りメインがゆえ最初はついついアカエイ!?なんて思ってしまう
も、アワセを入れてからの走り方で即行もしやと、、、泳ぐスピード自体も
あからさまに違っていれば粘り強いのも特徴の1つ!でも、ここんとこ頻繁に
やりとりをしてたのもありちょこっと慣れてきてたのか?ドラグを駆使しながら
あっさり弱らせて水面に浮かせ、ぎっしーさんにタモ入れして頂きました。

ってゆ~か、遠征時もそ~ですけど今年はわたくしめ、、、やたら青物と相性が
良いとゆ~か、、、青物自体が多い年ってのもあるんでしょ~けど本命にフラれ
ても必ず1匹はこの手の魚はゲットしてるよ~に思えます。(笑)


実はJCAの中で今シーズンの乗っ込みカレイは一段落ついており、もし再び
近場フィールドに出る機会があればその時は違った作戦を試してみよ~と
思ってたんですわ。そんなわけで今朝は活アジを投げております ♪

すぐさま打ち返してから魚を血抜き&内臓などの処理をしてるうちに明るく
なってカレイ狙いのお二人も必死で虫エサを打ち返されております。





エサのアジはどこかで釣れてるのならサビキで釣ってくる手もあったんですけど
、この寒い中事前に海に出て、、、とゆ~のが億劫になり釣具量販店で購入。
近くにも店舗があるのにあまり利用する事が無いお店で知らなかったのですが
、今って活アジ1匹200円もするんですね~!?ちょこっと驚いちゃいました。

以前購入した時は100円台だったよ~に覚えてるものの、正直あれから結構
経ってますから値上げされててもおかしくないでねぇ。宇和海みたくエソの魚影
もそこまで濃くないでしょ~し、15匹だけにしときましたぁ~。(笑)


エサ購入時は15匹じゃ即行無くなってしまうかも!?という不安も
実際ありましたが午前中だけなら持つやろ~という最終決断は正解でしたっ。


明るくなってから一切反応が無くなってしまい1時間以上放置してから仕掛けを
回収してもアジがピンピン元気に生きている始末、、、そしてそのまま投げ返し
更に1時間以上放置してもまだ生きてる、、、要するに外敵が近くに全く
居ないとゆ~ことになります。







「東二見」


カレイの方も午前10時の時点ではぎっしーさんに1匹釣れたのみでアタリは
非常に遠い状態が続いているよう。

あっ、ちなみにクサフグにヒガンフグなどフグちゃんだけはそれなりに
ちょっかいを掛けてくるみたくお二人共閉口させられております、、、
ほらっ、水面を覗いてみてもその姿があちこちで確認できるくらいですから
相当湧いてるのかもしれません!?

幸いにもお天気だけは快晴で太陽が昇ってからは気温も上昇してポカポカ陽気
になってくれましたから3人でのんびり楽しむ事はできましたよぉ ♪


お二人の虫エサがまだ残っているとゆ~こともあり、ほんの少しだけ延長戦に
なるも今夜は忘年会なので適当な時間に見切りを付けて終了。まさに終了間際
にぎっしーさんが超~肉厚な良型マコガレイを仕留められ大喜び!その様子は
またクラブブログの方でアップされるかと!

わたくしめの泳がせ釣りも探れる範囲は虱潰しに探ったつもりですが、2回目の
青物の回遊も無ければ本命に据えてた魚からのシグナルも皆無で結局アジが
5匹も残っちゃう結末に、、、(爆)





いつぞやも似たよ~な状況があったよ~な?もしこのメジロが釣れてなければ
ド貧果!?いや、今日に関しては丸ボウズで終わるとこでしたわ~。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: 活アジ


「青物多いよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

落ちギスは? 兵庫県・播磨町 / 播磨新島


道が混雑してていつもより長くかかっちゃったのもありますが、他にも
コンビニで買い出ししたり釣り座まで歩いたりしてると結局、攻撃開始
時刻は午後22時前になってしまいました。







「播磨新島」


最も潮位が上がる満潮周りを攻める事ができればベストだったものの、
残念ながら今夜は午後17時36分満潮で翌午前0時44分が干潮という潮回り。
すなわち、わたくしめらが戦場に突入した頃はすでに下げも進んで潮位も
かなり低くなってしまっておりました、、、

だからと言って次の満潮まで粘ると朝になってしまいますし、わたくしめ、、、
明日は普通に仕事が入っております為、睡眠時間の事も考えるとどれだけ
遅くても午前2時までには撤収しなくてはなりません。

ご一緒して頂いてるSurFreyja“マダイ師匠”もある程度頑張って
ダメな感じだったらさっさと見切りを付けて帰ろうとおっしゃってますし、
とにかく短時間集中攻撃になるので最初から積極的に誘いを入れながら
攻めのモードでいきましょう!


攻撃開始から40分程はらしきアタリも無く、竿を持つと少し重たくなってた
パターンでお決まりの極細アナゴやチャリコがパラパラと、、、

カレイの時と同じでもう少し大きめなチャリコだったら数さえあれば鯛めしの
ネタになるものの、ほんとマイクロサイズの個体ばかりで全てリリース&
エサだけが徐々に減っていく中、


ジイイイ~ッ!


突然1回だけですが、スピーディーなドラグ音がっ、





26cm キス撃沈 ♪


まもなくアタリが無いまま1時間が経過しようとしてたのでこやつが水面に
見えた瞬間めちゃくちゃホッとしましたわ~。(笑)


一瞬だけ群れが回遊したのか?続けて微弱ながらもドラグが鳴ったり、竿先が
何度か押さえ込まれたりしながら落ちの個体と思える20cmオーバーの
キスが3匹連続ヒット!

それでも過去に爆釣した時のよ~な丸々肥えた個体ではなく若干細い?
まぁ、長寸だけは20cm前後ある為、シルエット的に余計そう見えてしまう
のかもしれませんがっ。







まだもう少しは続くはずと思ってたのですが、これにてストップ、、、


水面を見ると潮位も更に下がって足下付近の底は干上がり、数メートル先まで
底が見えている感じに。いつの間にここまで下がったんだろう!?と驚きながら
時計を見るともう日付が変わるところでした。

干底までカウントダウン?いや、すでに達してるとも言えるよ~な時間帯で
さっきまでかすかに波の動く音が聞こえてたのも止まって潮は超~ゆるやかに
流れている程度、、、これでおしまいになっちゃうかな?


水路の中央部一帯だけはまだ潮目がうっすら残っていますからおもいっきり
フルスイングしてできるだけ沖目を狙ってみると、群れが残っていたっぽく、







アナゴも掛かってくるけど本命も時々顔を見せてくれます!

ただ、サイズは20cmに満たない個体ばかり、、、それならば数が釣れない
かなぁ~?と期待するものの、潮が完全に止まった途端にアタリは遠退き、
代わりにどこへ投げても特大のウミケムシが次々と!?

このタイミングでマダイ師匠からもこっちもダメやしそろそろ見切りを付けよう
かと提案もあり午前1時までには片付けて戦場を後に、、、


まっ、考えてみれば今夜はたった3時間程度しかやれてませんから
何とも言えませんが、みっちりやればそれなりに結果は出るのかも?





時間が取れればもう1回くらいは行くんですけどねぇ、、、なかなか。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 8号
■ エダス: サンライン・パワード 3号
■ ハリス: サンライン・パワード 3号
■ 針: もりげん・超人カレイ 15号
■ エサ: アオイソメ、マムシ


「今年も渋い?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

41cm マコガレイ撃沈! 兵庫県・姫路市 / 播磨灘





1投目から小ぶりながらも本命撃沈とは幸先良いかも~ ♪


11月も後半になってくるとわたくしめの中では地元の乗っ込みシーズンも
終盤とゆ~イメージがあり、おそらく今回がラストになるかな?しかしながら
終盤に釣れる個体は卵、白子共パンパンになったのが多く煮付けなど
FISH DINNER的観点からすればまた魅力があったりします。(笑)


戦場到着後しばし仮眠をしよ~と思ってたんですが、スマホでいろいろ検索
してるうちにあっという間に時間が過ぎて突入時刻に、、、あはは、どっちに
しろ目が冴えてたので寝ようとしても寝れてなかったと思いますわ~。

まだ暗いうちから戦場に入り、タックルを組んで戦闘準備を整えてゆきます。
前回の感じでは遠投に分があったのでシンカーケースにはデルナー天秤と
専用仕掛けも持参し気合い満々でございます。





薄明るくなってきた頃に攻撃開始となり、ラッキーにも1投目から本命の顔を
見る事ができるも、こやつ1匹のみで後は続かず沈黙、、、15分以上仕掛けを
放置し回収してもエサもそのまま残ってる状態ですからエサ取りも今のところ
居なさそう、、、もしかして終わったかな?


そんな事を考えながら積極的に誘いを掛けながら戦うこと約1時間、急に竿先を
小刻みにノックするアタリが連発しだした!?と思えばチャリコの嵐、、、

まぁ~、フグよりは気持ち的にマシなものの、ここまで頻繁にアタってくると
エサ取り以外の何者でも無くそこそこ大きめな個体が釣れれば鯛めしのネタにも
できるのに、どれもこれも食べる所無いんちゃうん!?って思えるくらい
ほんとのチビちゃんばっか。(泣)





ひらすらリリースを繰り返しながら、こやつらは群れで広範囲を回遊してます
から早く通り過ぎてくれるのを祈ります。


今朝の戦場では風は出しになっているのでキャスト時など支障は全く無いものの
、とにかくめちゃくちゃ寒いっ!すでに太陽も昇って美しい青空が広がっている
にも関わらずいつまで経っても吐く息は白く、ミドラーだけでは若干肌寒く
感じるくらいまで気温が下がっております。

そろそろ本格的な防寒着に切り換えないとなぁ~とは前回思っておりましたけど
、今朝みたいな寒さになると防寒着は必須な上、ニット帽から防寒グローブまで
小物類もフル装備で来るのがベスト。

考えてもみればもう冬ですからねぇ、、、







「播磨灘」


予想通り、チャリコのラッシュは30分もしないうちにアタリの数が減りだして
1時間以内にどこかへ行ってくれました。

午前9時を回り、潮は満潮の止まりへ向かって上がりつつ沖には綺麗な潮目が
幾筋も形成されております。雰囲気的には今こそ釣れそうな感じがするんです
けど、未だ反応は無いまま、、、チャリコがおとなしくなって以来、しばらくの
間は沈黙してたんですが、やっぱり避けては通れない外道!?フグの
ちょっかいが始まりました、、、

でも今朝はまだそこまで酷くはなく、たま~にチモト付近がザラザラになって
返ってくる程度でエサも時々残っていたりもします。


だからと言ってあまり放置し過ぎるとヒトデが掛かっちゃいますし、フグに
発見されないよ~に願いつつ定期的に仕掛けを動かしていると、ついに
待ちわびた本命の時合いに突入!


ク~~~ッ、クックックッ!


グゥ~~~ッ







1匹撃沈後、針を外そうとしているとすぐ隣の竿にもアタリが出ていずれも
26mとこの界隈のアベレージサイズが連発。

こ~ゆ~パターンにハマった時は毎回書いてるよ~に、何かのスイッチが
入ったかの如く急にアタリが出始めるんです!その後も似たよ~なサイズから
手のひらくらいの小ぶりな個体までがコンスタントに釣れてきます。


手のひらサイズの個体でもお腹付近は驚くほどパンパンに膨らんで卵 or 白子
がギッシリ詰まっている事が見てるだけでも分かります。また一部の個体は針を
外そうと暴れているのを押さえると白い液体をドピュッと、、、(爆)

まもなく産卵に入るという兆候ですよねっ。


グイグイッ、グイイイッ!


足下付近まで浮いて来ず横走りすると思えば、







39cm マコガレイ撃沈!


密かに目標にしてたサイズまであと1cmだったのに、、、惜しいっ。

長さは思ったより無くてもおもいっきり肉厚な個体が多い為、締め込みは常に
強くもっと大きな個体が掛かったのでは!?と期待しちゃうところがあるん
ですが、ランディングして計測してみると、あれっ!?みたいな、、、(爆)

時合いに突入しても、もしかすると超~短時間で終わってしまう可能性も
ありますから、このタイミングを絶対逃すまいとエサもタップリ付けてせっせと
打ち返してるとあっという間に木箱のアオイソメが半分くらいに。

一応、1kg仕入れて半分は塩イソメにしようと考えていたんですが、せっかく
アタリが出てる今、こんなとこでケチっても意味がありませんし塩イソメは
また今度にしてとにかくアタリが止まるまで打ち返しに専念です。


と、はりきった矢先にピタリとアタリは途絶えてしまい今まで通りに誘いを
掛けてもエサは残ってくる始末、、、まぁ、エサが残る状態なら放置してても
オッケーなので午前11時頃まで粘ってみよ~と!

潮止まりを迎え、あと少しで下げに切り替わるだろうという時に、


ゴンゴンゴン!?


竿先が数回押さえ込まれた竿にアワセを入れてみると重たいっ。







41cm マコガレイ撃沈 ♪


こやつだけは水面に浮いた姿を見てひょっとして!と思えたので、念の為に
タモ入れ 思った通り40cmオーバー、これで目標達成 ♪

スッキリしましたぁ。


今思えば今シーズン初めてのタモ入れとなりましたわ~。昨年は何度か活躍する
機会があったんですけど、今シーズンは仕事やら旅行やら遠征やらでそこまで
近場の回数が行けておりませんでしたしねぇ。

1匹出たって事はまだ近くに同じよ~なサイズが潜んでるはず!ついついそんな
風にテンションが上がってしまい30分延長して午前11時半まで頑張りましたが
、2匹目のドジョウは姿を現す事も無く再びフグがちらほら釣れ始めて終了
、、、ってゆ~かどこか満足した感があり気持ち良く撤収となりました。





さて、微妙な量が残ったアオイソメ、、、どうしましょうか?(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ エダス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「近場では大漁やん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイ13匹 ♪ 兵庫県・姫路市 / 播磨灘


今朝はいつもより遠い戦場、、、

できれば第二神明からそのまま加古川バイパスに接続していった方が早く着けた
んでしょ~けど、事故渋滞?まっ、夜間なのでどこまでの渋滞になってるかは
不明でしたが、回避して下見を走って戦場へ向かいました。

すでに相方、SurFreyja“クラックさん”が戦場入りしてくれているので
安心しながら走って、到着するや否や車内でしばし暖を取っておられた
彼と合流 即突入となりました。







午前6時過ぎ、だんだん薄明るくなってきた頃、一斉放火となり、遠投域を探る
仕掛けにはいつも愛用しているシンカー、中投域までには今朝もテストを依頼
されているシンカーを組み込んでファイヤ~!1投目からアタリが出て小ぶり
ではあるものの本命が顔を見せてくれました。

このお腹の白い部分に付着?いや、薄い黄土色に汚れたよ~に染まった個体って
一般的に居付きの個体と言われてますよね~。戻りの時は時々見かけるも
乗っ込みシーズンではお腹は真っ白なのが多いイメージなんだけど、ここら
じゃ居付きも混じったりしてるんでしょうかねぇ。


朝の時合いにビンゴだったのか?近投域を除いてどの距離帯でもポツリ、ポツリ
とさっきと似たよ~なサイズが退屈しない程度で釣れてきて早々から数釣りが
楽しめております ♪









タイワンガザミのダブルまで、、、(爆)

気付いた事なんですが、今朝は積極的にサビきを入れて頻繁に仕掛けを動かして
やった方が反応がいいみたい!?決してリールのハンドルを何回も回転させる
のではなく、ほんの少しずつでいいのでとにかくこまめに動かすと、静止した
直後にアタリが出るといったパターンが結構あったよ~に思えます。

海底ストラクチャーもほぼ何も障害物の見受けられないフラット底で、特に
目立ったカケアガリも無く投げて届く範囲内は水深は一定、、、ただ沖向きの
面は潮の当たりがいい方なので戦場の構造上、魚の寄りは良さそうな感じ。

もう何年も前になりますが、クラックさんと一度来た事がありその時は大きめの
キスは数匹釣れたものの、本命のカレイはペランペランなのが1匹釣れただけ
、、、その1~3年後に再び単独で入って数匹釣った覚えのある戦場なんですが
、いかんせん少々遠めなのでど~しても手前にある戦場に入りがちでした。


こまめにサビくのがいいですよ~とクラックさんに話していると、しばらく
すると急にググッと重くなってタコか?と思ったらこんなん釣れましたわ~!
と見てみるとなんと黒のブラジャー!?





一体何でこんな所の海底に?近くでもしや、、、などと大爆笑しながらリリース
される前に手でしっかりカップを計測しておられるクラックさん。(爆)


朝イチから忙しなく動きながら戦っていると身体は常にポカポカ&太陽も昇って
日差しがいつもより強いのか?半袖でもいけそ~なくらいの陽気に。これから
冬まっしぐらって時にこんな暖かさ、、、どこか嬉しくなっちゃいます ♪

午前8時半を回ると完全に本命からのアタリは消えてしまい、不思議と
エサ取りすら皆無のマンダムタイム。







「播磨灘」


コーヒー中毒!?のクラックさんが本格派のコーヒーを入れて下さり、
2人してアツアツのブラックをすすりながら雑談。

今時期だとこまめに仕掛けを動かしてると何かしらエサ取りが反応を示すのに
ここまでエサが残ってくるなんて珍しいよね~、、、なんて話してる矢先に
仕掛けを回収すると、あ、あれっ!?針が無いっ。

一定方向へ投げてた仕掛けのみに集中して同じよ~な現象が起き、針は付いて
てもチモトが齧られてボロボロになってたりと間違いなく犯人はフグと思われ
ます。そんな中、早速クラックさんが丸々肥えた特大ヒガンフグを水揚げされた
のを皮切りに猛攻が始まってしまいました、、、


二見界隈よりはチビちゃんも少なく数自体もそこまでとはいかないものの、
とにかくデカイ!竿を持った途端にズッシリとした重量感が伝わってきて底へ
潜るのでもなく、グルグルゆっくりローリングしながら寄ってきて少し向こう
から白くて丸いシルエットが浮かんでくる、、、

はいっ、最もガックリくるパターンですわ。





アップで顔を見てみると、目がクロガシラカレイっぽい!?あはは、そんな風に
思えてしまったのはきっとわたくしめだけですねっ。(爆)


でも、クロガシラと比べると雲泥の差ですわ!


ラッキーな事にフグの猛攻が始まったとはいえその一定方向以外に投げて
いれば、そこまで頻繁にはアタっては来ずエサも残る状態。それならばずっと
他へ投げてたらいいやん!となるんですが、これまた朝イチからアタリが連発
してた方向がまさにその今、ヒガンフグが蔓延ってる方向になるんですよね~。

現時点ではまだ実績の少ない方向でフグをかわしながら粘るか?それともエサが
尽きるまで根性でフグに真っ向勝負をかけるか?悩む術も無く基本、近場出撃
ではエサが無くなるまで全力投球しておしまい~的スタンスでこれまでも
戦ってきているわたくしめはヒガンフグ退治をチョイス!

これでもか~ってくらい手返しのスピードを上げ、ハリスからプッツンされた
仕掛けは即交換しつつ時間を無駄にしないよ~に戦っていると、

午前10時前、ついに!?


ククッ、バタンバタンッ!





34cm マコガレイ撃沈 ♪


ゆっくりと大きな弧を描くよ~に潮が動き出したタイミングでフグのちょっかい
の中、口を使ってくれて、それに続くかの如く次々とアタリがっ!


グイグイグイッ


グウウゥ~


群れだったのか?どれも30cmオーバーの個体が連発。









ずっと何で釣れないんだろう~?と嘆いておられたクラックさんの竿にもついに
アタリが出て1匹撃沈!おめでとう~ ♪ と言いながら時合いを逃さないよう
打ち返しを続けていくうちにわたくしめのエサが無くなってしまいました。

よりによってアタリが出だした今無くなるなんて、、、ついてませんわ~。


今日は遥々遠い戦場まで出向いて来てるのもあり、午後も粘れるとこまで
粘りますわ~というクラックさんは、1時間程前にエサの売ってるお店を探しに
出られアオイソメを追加されてますのでまだ十分!そんなわけで毎回の如く
わたくしめだけお先においとまさせて頂く感じに~。

だけど、クーラーから撃沈した魚を取り出して並べてみるといつの間にか2桁
超えしてましたし、午前中だけでしたが熱い時間を過ごす事ができましたっ!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「近場では大漁やん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR