fc2ブログ

戻りカレイ&検証終了! 兵庫県・明石市 / 東二見


朝定食を頬張りながらギリギリまでど~しよ~か?葛藤するものの、
食べ終わってお店を出ると雨はいつの間にか小康状態に!?

これなら全然余裕やん ♪ 念の為に最新の天気予報をチェックすると再び
午前11時頃からまとまった降雨量がありそ~だけど今のところ雨雲レーダー
でも戦場付近には掛かっておらずいけると判断。

午前5時15分に戦場入りしてセッティング&順次仕掛けを投入してゆきます。





シュッ バチバチバチっと極太ナイロンライン特有の音を立てながら
22号ラインが放出、、、あっ、全く問題無いかも!?(笑)

そう、ハマフエフキ作戦用に新たに2台導入した大型スピニングリール、
'21ツインパワーSW 14000PGなんですが、ストロークなどスプールの
形状、溝の深さなどからしてナイロンでも10号くらいまでなら大丈夫そ~な
気がしてもそれ以上の号数となるとPEラインを巻いた方がトラブルレス?

そんな風に思えて仕方なかったんですが、個人的にあの作戦ではナイロンライン
で臨みたいのもあり、まずは一度、シーズン開幕前にどこかのフィールドで
実際に極太ナイロンラインで投げてみて一体どんな感じになるのか?検証を
してから最終的にどちらを巻くか?決めよ~と考えておりました。


あはは、でも何回かキャストと回収を繰り返してくうちにほとんど気にならない
事が分かりこれにて検証終了、、、さて、帰りますか~!?

とはならず、とりあえずカレイ作戦に移行でございます。(爆)







「東二見」


今にも降り出しそ~な色をした空ではありますけど、午前8時になっても1滴も
水滴は落ちてきてません ♪

ただ、前回同様今朝も夜明けからず~っとエサ盗りはおらずひたすらエサが
残って返ってくる始末、、、まぁ、戻ってきたシンカーを触ってみるとかなり
ヒンヤリ冷たいですし海の中は春を迎えてない状態ですね。


ぼ~~~っとコーヒーをすすりながらマンダムタイムを過ごしていると、
どこからともなくワカメ採りをされてるおじさんがやって来て雨降りやのに
頑張るなぁ~と声を掛けてこられました。

大量のワカメが入ったビニール袋を見せてもらいながら、こんなたくさん
ど~やって食べるの~?みたくしょ~もない話しをしてると突然竿先が
バタバタしだして、





特大フグのお出まし~。


ギリッギリッと歯ぎしりをしながらパンパンに膨らんでおります。(爆)

ど~やらおじさんはこのフグが欲しいみたく、これど~するんや?持って
帰らんの?などハイテンションになられたので要らないのでど~ぞと贈呈すると
お返しにと大量のワカメを、、、でも、こんなたくさんは食べきれないので
ととりあえず少しだけ頂きました。


朝から面白い物々交換をした後、再びフグが釣れる事もなくヒトデが長い間
放置してた仕掛けに時々掛かってくるくらい、、、

午前9時を回って再び雨雲レーダーをチェックしてみると、あれれっ!?
この予報が正しければあと1時間後にはどしゃ降りちゃうん!戦場突入前の
予報では午前11時頃からになってたのに1時間早まったよう。


ク~~~ッ、クッ、クッ


えっ、またフグのアタリか?





31cm マコガレイが浮いてきましたっ ♪


締め込み方がフグにしては強く、かつローリングもせず足下付近に来るまで
なかなか浮いて来なかった為、ひょっとしてと期待するとひょっとしました。

残念ながらツインパワーSWをセットした竿ではない他の竿でした。(爆)


時合い?カレイの場合、1匹釣れるとそう考えてしまいがちなわたくしめ
ではありますが、空を見るとさっきより更に黒味が掛かってダークグレーに
、、、これは確実に降ってきますわ。

せっかく朝イチから雨に打たれずやれてきてるのにここで下手に粘って
ドボドボになるのはごめんですし、本命のマコガレイも1匹撃沈できましたから
潔く撤収~!即行片付けて帰路につきました。(笑)

車を発進させてすぐに本降りになり、第二神明に乗って少し走った玉津IC
辺りからゲリラ豪雨の如くもの凄い降り方になって帰還するまで一度も
止む事はありませんでした。





これにて地元での戻りカレイ作戦も終了でございます。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: がまかつ・サーフサイド30-430
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・サーフストリングEX 2号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「たった2回で終了!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

40cm マコガレイ撃沈 ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見


今年は戻りカレイを求めてすでに2回も青森県まで遠征したのもあって、
地元ではもういいかと思いつつも、やっぱり他の追従を許さないあの
超~引き締まった美味しいマコガレイは地元でしか釣れないと思うと
1回は行きたいなぁ~と、、、

そんなわけで少し前から地元関西圏での釣果情報を仕入れてみるも、ある程度
安定している淡路島を除いて明石界隈はどこもムラが激しく昨年の乗っ込み
シーズンみたくどこでも好調とは言えない感じ?

ど~しよ~かなぁ~と考えてる中、SurFreyja“クラックさん”から
少しずつではあるけど明石界隈も上向きつつあるよ~ですし
ご一緒しませんか~?とお誘いがっ。


いつも仕事が終わったらその足で戦場へ向かわれて時に夜戦などもちょこっと
してから車内で仮眠されてるクラックさん。今回も先に戦場入りして下さって
おり、わたくしめは夜明け時刻に合わせて到着させて頂きましたっ。


午前5時過ぎに合流&すぐ攻撃準備を整えてファイヤ~です!


午前5時ジャストではまだ真っ暗だったのに30分以内に即行明けてきて、
全ての仕掛けを投げ終える頃には完全にキャップライトは不要に。

朝マズメに時合いが訪れる事を祈りつつ定期的に仕掛けを動かしたりして
積極的にアピールするも、どれだけ丹念に底を探ってきても反応無し、、、
おまけにエサはどれも綺麗にそのままの状態で残って返ってきます。すでに
今年に入ってから何度かこちらへ来られているクラックさん情報でもエサ盗りは
完全皆無で朝イチに投げたエサがいつまでも残る旨聞いておりましたが、
まさかここまで無の世界とは、、、


結局、朝イチは一切音沙汰無いままで太陽が昇るにつれて気温だけが
半端じゃない勢いで急上昇!?戦場入りした時はやや肌寒く軽く
羽織る物が必要に感じられたのに午前7時にもなれば2人してアチ~~~
と言いながら即行半袖に。(爆)







「東二見」


乗っ込みシーズンはあれだけエサ盗りの巣窟だったココも水温が落ちてしまうと
ここまで魚っ気が感じられないなんて、、、まぁ、毎年の事なんですけど
特に今年はまだ海の中はかなり冷たくたま~に重量感を感じてもヒトデ。

あ~でもない、こ~でもないとしょ~もない雑談をしながらダラダラ、、、
時間だけが流れてゆきますが、まぁ~一切反応が無い日って
時間が経つのが遅いっ!(爆)


今朝は超~久しぶりにがまかつのサーフサイドを持って参りました。

バトルサーフが発売されて以来、サーフサイドは北海道のサーフからアキアジの
ぶっ込み釣り専用っぽくなってしまい、その後ウキルアーにシフトしてからは
ず~~~っと自宅のロッドスタンドに置物状態に、、、

久しぶりにフィールドへ持ち出すと光の当たり具合によってマジョーラ
っぽくカラーが変化して見えるのはとても新鮮!古い竿なのにいつまでも
所有する満足感を感じさせてくれますね。





ただ、わたくしめのは30-430で普段愛用しているシマノの竿より長さも
番手も調子も異なり、またメーカー自体も違うのもあっていつもの感じで
フルスイングしてしまうと何とな~く違和感を覚えてしまいます。まぁ、
定期的に使っていれば気にならなくなるんでしょ~けどねぇ。


午前11時まで延々とアタリ皆無の無の世界、、、


今朝は丸ボウズかな?と話しているとクラックさん突如竿を曲げてヒトデでは
なく締め込む重量感がアリと!?横でやりとりを見てると水面に茶色い魚影
が浮かび上がり、彼のタモ~~~の一声に呼応して即タモ入れ。(爆)

40cmの立派な個体を水揚げされてダラけていた2人はテンションMAX!
もしかするとこれからが時合いかもしれないと必死で打ち返し&こまめに
サビいたりしながら攻めの戦術でいくも、あはは、やっぱり単発だったのか?
再び沈黙、、、人間側も再びダラけモードに。(爆)

1時間が経過して正午を回り、今日は何時くらいまで粘ります~?なんて
クーラーに腰掛けながら考えてると、


バタッ?


わたくしめはその瞬間を見てなかったんですが、クラックさんがサーフサイドの
竿尻が浮いたとおっしゃり、その竿を見てると、


グウウウ~ッ!


ドラグはフルロック状態なので竿が押さえ込まれたと思えばそのまま深く!







40cm マコガレイ撃沈 ♪


めちゃくちゃ肉厚や~ん。


アワセを入れた途端力強い締め込みと共にグイグイ底へ潜る抵抗を見せたので
これは間違いなく本命!そう確信しながら慎重に寄せてくるとビンゴでした。

青森ではこれくらいのサイズだと気にせずタモ無しでぶり抜いていたものの、
さすがに地元では超~大切な1匹になりますから絶対バラさないよ~に
即クラックさんにお願いしてランディング。(笑)


これで2人揃ってボウズ逃れ&同サイズの40cmを撃沈できたので大満足 ♪
もし時合いだったらもったいないので引き続き30分くらいは粘ってみるも
、再び沈黙と同じパターンに陥ったのでここで終了。


クラックさんはワカメもたくさん獲って気分良く今シーズンの戻りカレイは終了
できますわ~とおっしゃってました。(笑)

わたくしめに関してもあともう1回くらい行けたらいいなぁ~とは思うけど、
いかんせん4月以降は一気にやりたい作戦だらけなのでスケジュールと
照らし合わせてみてから考えたいと思います。





1匹でしたが、とりあえず地元でも開花させれましたぁ ♪




使用タックル&仕掛け

■ 竿: がまかつ・サーフサイド30-430
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・サーフストリングEX 2号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「エサ盗り皆無よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

残りエサで五目釣り!? 和歌山県・串本町 / 紀伊大島


まず船頭さんに相談して正午上がりが不可能であれば渡船の出る港にある
波止でお茶でも濁そうかと考えていたんですが、他にも正午上がりの人が
いらっしゃったよ~でラッキー ♪

磯に関しては渡りたい場所があったものの、先に受付された投げの方が
リクエストされてたよ~でとりあえず足場が良く、かつ広くてのんびりできる
定番磯へ、、、船頭さんからあそこは連日投げの人が入ってるからあまり
期待できないんちゃう?と言われるものの、残りエサが消費できて丸ボウズ
さえ逃れればいいのでよろしくお願いしま~す!と。(爆)


ジイイイッ!?


仕掛けを投入して竿を三脚に置いた瞬間、





40cm マダイがっ。


目がちょこっと変な感じで全体的にやや黒味を帯びた個体、、、こやつは
間違いなく養殖の逃げか見栄えが少々とゆ~ことで出荷選定に落ちて
意図的に逃がされた個体なのか?まぁ、食べるにはマダイそのもので
何も変わりませんからお土産としてキープしましょ。


先日の宇和海ではあれだけ活性が高かったカワハギでさえ水温低下の影響でか?
なかなか食わない状況に陥ておりましたが、黒潮の本流が近いこの海域なら
厳寒期の2月も気にせずカワハギ釣りが楽しめる、、、そう考えていたものの
、朝からカワハギのみならず他のエサ盗りですらおとなしい感じ、、、

きっと太陽が昇って明るくなってきたら徐々に活性も上がるだろうと思い、時々
誘いを掛けたりしながら戦っていると攻撃開始から約1時間程経過した頃、
ようやく竿先を押さえ込むアタリが出て、







20cm少々の本命が来て、続いてチビちゃんのメイチダイが3連発。

そ~~~っと針を外したメイチダイをクンクン臭ってみると、やっぱり
どこかカルキっぽい?臭いがした為、全てポイ。気のせいかもしれませんけど
、わたくしめ的には特にメイチダイだけはよ~く臭いを嗅いで吟味してから
キープするよ~にしております。(笑)


時刻はすでに午前8時になろうとしており、太陽もすでに昇っているん
だけどグレーの雲が多過ぎてそれらに隠され日光がなかなかMAXで
降り注いてきません、、、それでも魚っ気も少しずつは出てきてますし
あと3時間少々のタイムリミットだけど気合いを入れて戦いましょう!

残ったエサを消費すべくやって来てるのにエサ盗りが少なくてまた残って
しまったら意味が無いので、頻繁に誘いを掛けては回収&打ち返しと
ず~っと動きながら竿の面倒を見てると、

これまた三脚上に竿を置いた瞬間、今度は竿尻まで1回浮いて、


ジイイイ~ッ!





イシガキダイでした。


サイズは35cmと小ぶりなものの、さすが底物だけにパワフルな締め込みを
見せてくれて一体何が掛かったのかと思いましたわ~。

この後、同じ投点で同じく35cmのメイチダイが釣れて、こやつは入念に
クンクンするも全くカルキ臭がしなかったのと良型だったのでお持ち帰り決定!
ほんとこの界隈はメイチダイの魚影が濃いですよねっ。


午前10時半を回り、正午のお迎えなのであと1時間くらいしかありません。


朝イチから単発のアタリばかりではあるけど、いろんな美味しい魚が顔を見せて
くれクーラー内は賑わっています、、、が、本命のカワハギ自体はまだ1匹
、、、たまたま今朝は回遊が無いだけなのか?船頭さんが言ってたよ~に
連日投げ釣り師が入って釣り荒れしているのか?

いやいや!カワハギは回遊性の魚な上、エサ盗りの代名詞と言われるくらい
めちゃくちゃ貪欲な魚ですから連日エサを投入してても釣り荒れなんぞしない
でしょ~し、むしろエサが落ちてくる場所として覚えて回ってくる!?あはは、
全ては人間側の想像にはなりますが、前向き思考でいきましょ ♪







「紀伊大島」


この頃になるとようやく小魚たちも目覚めたのか?トラギスやイソベラなどが
時々アタリも出さずに居食いしてるパターン増えてきて、エサがみるみる
消費されてゆきます。

今朝のエサ盗りは強い臭いが特徴のマムシよりアオイソメの方がお好きなよ~で
、アオイソメは即行素バリにされちゃうのにマムシは結構な確率で残ってきます
ねぇ、、、その逆の時の方が個人的には多いような印象があるんですが自然が
相手だと分からないものです。


午前11時5分になりそろそろラスト1投&次に仕掛けを回収した竿から
片付けていかないとと思い始めた中、急に群れが回ってきた!?活性が
上向いたのか!?立て続けにアタリがっ、


グ~~~ッ、グ~~~ッ


ゴンゴンゴン!









最大でも28cmまでですが、良型のカワハギが連発 ♪


どれも肝パンでめちゃくちゃ美味しそうです。

宇和海で撃沈してきたカワハギは長寸自体は30cmなど大型な個体がたくさん
釣れたものの、肝の入りはイマイチ少なめだったのでこのお腹の膨らみに
ちょこっと感動!?(爆)


それにしても今になって上向いてくるなんて、、、


そ~いえば、以前来た時も午前中、特に早いうちはサッパリだったのに正午が
近付くにつれアタリが増えて最終的にはいい釣りができたって覚えもありますし
、上がりを午後14~15時にしとけばもう少し期待できたのかもしれません。

でもまぁ、今日は夕方からの予定に絶対に遅れるわけにはいきませんので
、ここで再び打ち返しはせず片付け、、、またこちらへ来る機会があれば
次はじっくり狙ってみたいなぁ~と思いました。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ショックハリス 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・パワード 4号
■ 針: がまかつ・カレイ専用 11号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「バラエティー豊かやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

51、40cm マコガレイ撃沈! 兵庫県・明石市 / 東二見


戦場に到着すると1ヶ所目も誰も入ってない、、、とりあえずもう1ヶ所見に
行ってみるもこちらも空いている! ど~します?お好きな方を選んで
くださ~い。最終的には相方のSurFreyja“O本先生”にチョイスして
頂きました。こ~ゆ~のって直感が大事ですからねぇ。(笑)

まだ真っ暗な中からセッティングを開始してると10分間隔くらいでキャップ
ライトを点けた釣り人が2人いらっしゃり、どちらも先客が居るって分かった
時点で少し離れた位置で陣取られました。やっぱり週末ですからどこも
かしこも夜明けまでにはビッシリかな?


攻撃開始直後から毎度の如くエサ盗り = ミニカワハギの猛攻か?


そのつもりで全ての竿を投げ終えたら一切一服もせず即一番最初にファイヤ~
した仕掛けを回収、、、あれっ、エサが残ってるやん!?アオイソメの方は
齧られた形跡があり短くなったりしてるものの、マムシは綺麗に残ってます。

日が経つにつれて徐々にエサ盗りの状況も変わりつつあるのかな?な~んて
思いながら念の為に他の仕掛けも回収してみると完全に素バリになってる物も
あったりと全く向こうの動きが読めない感じ、、、とりあえずエサが付いて
ないと本命は絶対釣れないし今まで通りのマシンガンキャストで攻めて
エサの残る頻度がもっと高くなってきたらまた考えようとなりました。


ズッシリ!?


少し仕掛けをサビこうと竿を持ち上げてみると底にへばり付くよ~な重量感。







40cm マコガレイ撃沈 ♪


リーリングを開始するや否や首を振るかのよ~に暴れ出してグイグイ底へ向けて
潜りだしたのでこれは本命っぽい!そう思い、O本先生にタモをスタンバイ
してもらいランディング。

こんな早い時間帯から満足のサイズが飛び出すなんて今朝はめちゃくちゃ
期待できるんとちゃいます~!?


まだ夜が明けて間もない頃ですし、ただでさえやる気モードなのにこやつの登場
で更に拍車を掛けられてガンガン打ち返しては誘いまくっての攻めスタイル!
そうこうしてるうちに今度はO本先生の竿が大きく曲がってタモ~~~ ♪
お見事、わたくしめのと同寸の40cmを撃沈されました。

雰囲気的には時合いっぽく思えたものの、この同寸の2匹が出て以来、ピタリと
アタリは遠退いてしまい面白い事にエサ盗りもフェードアウトするかのよ~に
居なくなってしまいました、、、ある程度の時間放置プレイしててもエサが
残ってくるので2人してのんびりクーラーに腰掛けて雑談マンダムタイム。


クッ、クッ、グゥ~~~ッ!


それでもたまにサビいてみると何かが付いてる重量感があって、





ギリギリ30cm満たない本命がちらほら顔を見せてくれます。

こんな感じで1日のんびりできたら最高よね~って話しながらも、
O本先生はここまでエサが盗られなかったら午後まで余裕で持つんちゃいます?
下手したらアオイソメが余ってしまう可能性も、、、まぁ、その時は次回まで
置いておくか塩締めしといたらいいんちゃう?

な~んて会話をしながら日向ぼっこ ♪


ぼ~~~っと海を眺めていると右の方から幾重もの潮目が複雑に形成され始め
、潮が変わったのが窺えます。こ~ゆ~タイミングでも食いが一気に立つ時
がよくありますから、ここは集中する時!と再びアピール開始。


ボトッ、ボトッ、ボトッ、、、


ドボドボドボッ









「東二見」


うわぁ~~~~!!!

潮が動き出した途端、もの凄い量のヘドロがラインに絡み始めもうラインの
色が何色か分からなくなってしまうまでにスプールが覆われてしまいます、、、
当然、手も顔も服も身の回りへも広範囲に飛び散ってバトルサーフももうすぐ
ホワイトサーフになっちゃうのでは!?そんな勢いで泥だらけに、、、

前回もヘドロはかなり酷く今シーズンワースト1と思ってましたが、こりゃ
余裕でワースト1更新ですわ!ってゆ~か前回なんて比べ物にならない程の
量ですし、まさにヘドロの洗礼を受けてる気分。(泣)


仕掛けを回収する前に竿を大きく揺さぶって落とせる範囲はヘドロを落として
から回収してるはずなのにどの方向へ投げてるラインもヘドロまみれで、
特に遠投してる竿は半端じゃないレベル!





や、ヤバいんでないかいっ!?


そんな中でもこの界隈でよく見かける25~27cmの一夜干しサイズが
たま~に顔を見せてくれますし、ヘドロを拭うのもあったりと退屈はしません。
O本先生もどれも肉厚なのばかりだから小ぶりでもいいお土産になるとキープ。


潮が変わってもエサ盗りが動き出す気配は無く、時々単発でヒガンフグが水揚げ
されてくるくらい、、、時刻も途中、マンダムタイムを挟んでの今ですからもう
午前11時を回っております。

いい感じに形成されていた潮目もいつの間にか消えて再びマンダムタイムに
なってしまいそ~な中、O本先生はそろそろ潮時かもね、、、エサは余るけど
これ以上やっても何とな~く微妙な気がするわ~。

時計を見ながらいつまでやるか考えてた時、


グイイイッ!!!


バンッ!


いきなり1本のバトルサーフの竿先が舞い込んで竿尻が浮きましたっ。


慌てて竿を持ってアワセを入れてみると根掛かり?いや、相当な重量感はある
けど確実に何か付いてる生体反応。

そしてリーリングを始めると左へ締め込みながら走り、途中で右に向きに変えて
ブルッブルッブルッと体をねじらせながら泳ぐ感覚が伝わってきます。慎重に
ゆっくり巻きつつ水面に浮いてきた姿を見た瞬間再び底へ突進!

なんとか弱らせてからタモに収めた獲物は、







51cm マコガレイ撃沈 ♪


ま、マジっすか~!?

横で見ていたO本先生もこんなデカいマコガレイ見た事が無いと驚かれて
おり、恐る恐る計測してみると念願のゴ~マル ♪ 過去にも東北で何匹か
撃沈してますが、まさか地元明石界隈でこのサイズが出るなんて夢にも
思いませんでした。

今シーズンは2戦目から46cmが釣れ、その後も最大47mまで結構高確率で
毎回40cmオーバーの個体を撃沈できてたので、もしかするともっとデカイの
が潜んでるかも!?密かにそう思いながら積極的に通って参りましたが、正直
このサイズが飛び出すとは、、、超~嬉しいっ ♪


こうなると午前中だけで見切りを付けて撤収~なんてできるはずもなく、2人共
エサが尽きるまで頑張ろうと、、、午後15時半にエサ切れになるまでみっちり
打ち返しましたが、あはは、残念ながら午後からは本当にサッパリで、釣れた
のってフグのみかも!?今日は午前中の潮が良かったのかもしれませんねぇ。

帰還する頃には暗くなってしまいましたが、久しぶり?いや、地元での
カレイ作戦においては初めて夕方近くまで竿を出してどこか新鮮な?
みっちり戦った感で満ち溢れていた2人でした。(爆)





感無量でございます。



使用タックル&仕掛け

■ 竿: がまかつ・バトルサーフ35-430
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流しショート仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 14号
■ エダス: クレハ・シーガーブラック 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーブラック 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「おったねぇ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

43cm マコガレイ撃沈! 兵庫県・明石市 / 東二見


ブルルッ、グッ、グッ!?


攻撃開始早々の朝マズメのうちから何やら首を小刻みに振ったり、下へ
向かって締め込んだりするアタリ!

その上のそこそこの重量感からマジで~~~ ♪ いきなり良型の本命
ゲットちゃうん?超~ハイテンションになりながら一発目から絶対バラシなんて
起こさないよ~に慎重にリーリングしてくるも水面に浮かんできたのを見て、





あっ、なるほどね~、、、


そ~ゆ~ことですかっ。(爆)

あはは、そんな世の中甘くは無いもので、エダスにチャリコとハリスに26cm
の本命がダブルで掛かってアタリがミックス状態になって伝わってきてただけ
でしたぁ。でもまぁ、攻撃開始から1~2投目で来ましたし幸先良いかも?


今朝の朝定食の鮭はちょこっと塩辛かったなぁ、、、と思いながら直行した
戦場。もちろん迷わず前回第2候補として入ったあの場所でございます。

2匹目のどじょう、、、ではなく3匹目の45cmオーバーのマコガレイを夢見て
前回2匹も出たこの場所をチョイスしました、、、がっ!地元明石じゃそんな
簡単に釣れるサイズじゃないってのも重々承知してるんですけど、それでも
今シーズンの釣果を見てると何とな~くまだ大型が潜んでそ~な気がする?
まっ、単なるわたくしめのカンに過ぎませんが、気になるととことんやらないと
気が済まないので性懲りも無くチャレンジです!(笑)

予想通り朝からエサ盗りの嵐で、仕掛けが着底後3分もおそらく持ってません
から常に打ち返し&回収の繰り返しの忙しい朝。





早速今朝もスレ掛かりしてきましたわ~。


こやつらも見る度にほんの少しずつではあるけど大きくなってきてるよ~な
、、、気のせい?だけど肝はまだイマイチって感じがしたのでリリース。

だけど、これくらいのサイズなら数がそれなりに確保できたら美味しい
FISH DINNERになってくれそ~な印象も受けましたが、いかんせん
普段からカレイ仕掛けの針に関してはとにかく大きい号数&フトコロが広い
形状を好む傾向にある為、なかなか針掛かりさせるのは至難の業。


朝イチのカレイも言うまでも無くデルナー天秤を用いた固定式ショート仕掛けで
気持ち良くフルスイングしてた竿にアタってきましたし今朝も遠投が有利
なのかもしれません。今シーズンは別の戦場においても同様の事が言えてます
から大半の仕掛けは固定式天秤仕様で戦っております。

それにメーカーHPでは最強の飛距離、ここに極まる PE、ナイロン
とラインを問わず一般的な投げ竿よりも半色~1色飛距離が向上します
とまで謳っているバトルサーフがゆえ今朝は遠投に一躍買ってもらいましょう!

平均値の観点からでも竿のみで容易く半色~1色も飛距離が伸びるって
改まって考えてみるめちゃくちゃ画期的な事じゃないです!?(爆)

それを信じて、、、(爆)







「東二見」


時間帯的にもまだ潮の動きはゆっくり穏やかな方なのに、竿が黒ベースの
カラーリングだからか?あっという間にヘドロが飛び散って白っぽい斑点模様に
なりつつあります、、、うわっ、スゲ~~~って思ったから早速カシャっと
写してはみましたが、なかなか写真では分かりにくいですねっ。


午前8時半を回るとこれまで凄まじいの一言に尽きたミニカワハギの猛攻が
徐々におとなしくなってきて、しばらく放置しててもエサが残ってくる仕掛けが
ちらほら、、、前回と一緒のパターンなら朝イチからのカワハギの猛攻が
止むとお次はヒガンフグの嵐がやってきて、、、それに耐えたら本命が。

心の準備をして引き続きマシンガンキャストを繰り返すも1時間経っても
フグの気配は無し。おまけにカワハギもほぼ皆無状態になりエサが高確率で
残るよ~になってきました ♪


んんっ?


放置してあった1本を持ち上げてみると軽い締め込みが伝わってきて
クイクイ動くので回収してみると、





予想通り一夜干しサイズの26cm。(笑)

やっぱりエサが残るよ~になってくると本命が近くなりますね。アタリらしき
アタリすら無く完全居食いでしたが、こ~やって釣れてくれると非常に嬉しい。


30分もしないうちにまた居食いで似たよ~なサイズをもう1匹追加。そろそろ
前回のよ~なビックリする大型が飛び出してくれないかなぁ~?と期待しながら
放置プレイもそこそこ、時々サビいて誘いを掛けたりとこちら側からも積極的に
アピールをしてみます。


ベトベトベトベトッ、、、





潮が反転し始めたタイミングで一気にヘドロが増えてきて、仕掛けを回収する
前に一度竿を煽ってラインに付着したのだけでも落としてからリーリング
しますが、それでもガイドからラインローラー、スプール、更には竿、自分の
手や顔、服とありとあらゆる所にまで飛び散ってきて最悪、、、(泣)

こりゃ今シーズンではワースト1でございますわ。


気持ちわりぃ~。


飛び散るヘドロを拭いながら、ヘドロのよ~に見えても鼻に着くよ~な独特の
臭いはしないし、もしかすると海藻類の切れたカスなんかが固まって浮遊
している物なのかもしれないし全くの別物かもしれません。でも、近年ほぼ
毎年今時期に発生してます、、、

って、自分で考えながら毎年今時期限定? ヘドロなら海底に堆積して
たりしますから季節によって少しの違いはあれど期間限定にはならない
はず、、、実際戻りシーズンでは皆無だし、、、

むむむ、正体はヘドロじゃないのかも。あはは、さすがにそこまで調べたいとも
思いませんので、地元のおっちゃんらもヘドロと言ってたしとりあえず
ヘドロって事にしときましょう!(爆)


グウウウッ、


グゥ~~~ッ!


この重量感溢れる強い締め込みはひょっとして!?


定期的に仕掛けをサビく中、何気に1本のバトルサーフを持ち上げてみると
さっきまでとは確実に異なる抵抗が伝わってきました。竿先には一切アタリ
らしきものは出てなかったはずだけど、、、







43cm マコガレイ撃沈 ♪


何だろう?何だろう?と気になりながら水面を凝視してた為、浮いてきた時
にタモが離れた位置にあり届かず水面に来て暴れ出したのもありモタモタしてる
よりは!と、ヒョイっと抜き揚げ。あとで口元を見てみると完全に飲み込んで
奥の方にガッチリ掛かってましたのでホッとしました ♪

めちゃくちゃ体高があって身がはち切れんばかりのブリブリでしたから
45cmは余裕で超えてくれたかなと期待しましたが、測ってみると
足りませんでした。かなりずんぐりむっくりというか尾っぽ部にかけて
短い感じの時々いる楕円形っぽい個体です。

ふぅ~~~、これでひとまず満足、、、


ボウズ逃れはできてるも撃沈した3匹はいずれも30cm未満と目標に掲げて
いた45cmオーバーからすると遥かにかけ離れてて、前回が偶然だったの
かな?と思い始めてた矢先の登場ですから超~嬉しい ♪

言うまでも無く、時合いに突入してる事を信じて必死に打ち返しましたが、
結局その後は生体反応が消えてしまいエサがず~~~っと残る状態のまま
、、、午後からは他の事で時間を使いたかったのもあり午前11時キッカリに
見切りを付けて終了。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: がまかつ・バトルサーフ35-430
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流しショート仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 14号
■ エダス: クレハ・シーガーブラック 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーブラック 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「確実に今年は当たり年」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア