朝のうちにマコガレイ ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見人工島


昼間とは大違いのガラガラ阪神高速を走ればあっという間の到着で午前5時には
戦場入りしたJCA、、、そこにはすでに起床されて戦場の様子を見に行かれてた
SurFreyja“クラックさん”がいらっしゃいましたっ!

辺りを見回せばちらほらとキャップライトの光が動いてるのが見え、平日なのに
大盛況ってのが窺えます。さすが人気ポイントと言えますねぇ。

仕入れてきたエサを渡して2人して陣地へGO&超高速!?ではなく、超スロー
ペースでセッティングに取り掛かります。クラックさんは仕掛けセット完了と
共に早速ファイヤ~開始されてますが、わたくしめは東の空から太陽が
見え始めるまで一切投げずにしばし休憩、、、





ブラックコーヒーは運転中に飲んだのでここではお気に入りの北海道限定
とうきび茶で一服、、、あはは、大キスの群れが頻繁に回ってきているなら
当然即攻撃開始となってたものの、この一帯では今シーズンは未だ微妙と
伺っているのと、早くから投げると必ず鉛筆サイズのアナゴの猛攻に遭って
しまうので少なくともアナゴの活性が落ちる夜明けまでは待つ事に。


現在クラブ内でカレイ、マダイ釣りのイベントを開催してるのもあり何として
ゲットして帰りたいよね~などあれこれ雑談しながらクラックさんの回収されて
来る仕掛けを一緒に見てると、、、あれっ!?もしかしてエサ取り居ない?

数日前に訪れた時には夜明けと共にアナゴの活性は落ちるも今度はチャリコに
フグの猛攻が始まり、釣っては全て寿司屋をやってるとゆ~地元のおじいちゃん
にあげてたよ~な、、、(爆)


更に水温が下がったのかもしれませんねぇ。


エサ取りが少ないなら超ラッキ~ ♪ 早速JCAもエサを付けてここぞと思う
位置目掛けてファイヤ~ 攻撃開始となりました。

午前8時頃に干底を迎える中潮の今日は正午の満潮に向けてず~っとアゲアゲ
モードで魚の活性的には期待できそうです。わたくしめの中では朝マズメは
イマイチってな印象がある戦場にも関わらず、


ククッ、、、グゥ~ッ!







予想に反して早々に38cm マコガレイのお出まし~ ♪


おもいっきりお腹が空いてたのか?写真をご覧のよ~にティンクルスペシャル
仕様の後付け毛鉤ごと丸呑みされてますわ~。(爆)

この界隈じゃ赤色の毛バリ、エッグボール、そして赤と白の平玉ビーズを並べて
最後にオレンジのソフト発光玉をセットした装飾がわたくしめの過去のデーター
では最も釣果を上げており、一般的にエサ取りが多い乗っ込みシーズンに
おいても気合いで導入&マシンガンキャストしております。

たまに装飾一切無しのオールブラック仕様の仕掛けもミックスして投げるも
データー的には装飾アリの方に軍配が上がってるのでいつの間にか定番に
なっちゃってますねぇ。まっ、装飾なんぞ思い込みの域と言えばそ~なっちゃう
んですけどねっ。いろいろ考えてチモトを飾るのが好きな性格なもんで。


1匹来たし時合いイン?と思っちゃうものの、やはり印象はあながち間違っては
おらずその後何もドラマは起こらないまま2時間が経過しました、、、


その間に釣れたのはマハゼにネズミゴチ、それぞれ1匹のみでエサ取りも
位置によっては健在みたく時々素バリにされたりを繰り返し午前9時、


コツコツコツ、ゴンゴン!?


小刻みなノックの後にいきなり竿先が叩かれ、





28cmのお出まし~、、、アベレージサイズ自体が幅広いよ~で最初の個体より
10cmもサイズダウンしちゃいましたわ~。(泣)

ただ、今度は時合い突入の合図だったみたく、それから1時間もしないうちに
立て続けにさっきと似たよ~な小刻みアタリが出て24cm、そして針を外してる
最中にもう1本の竿先にもアタリがあり23cm撃沈と立て続けにマコガレイ
ちゃんが食ってきました。ちなみにこれらはいずれもオスの個体でした。


今日も昨日と一緒の予報で太陽が昇ると共に気温は20℃超えまで急上昇!
もうこの時点でジャージパンツに長袖Tシャツ1枚で余裕で過ごせるくらいの
陽気、、、昨日に比べてラッキ~だったのはここではヤブ蚊の姿はどこにも
無く超~快適でございます ♪







「東二見人工島」


風は涼しくても太陽光は日焼けしちゃう程強いのでクラックさんもサングラスを
かけながら一生懸命打ち返しをされてます。(笑)

JCAのこだわり?いや、カレイ作戦の戦術として常に意識しているのに
複数個所から狙い撃ちできない部分を探してキャストするってのがあります。
これって戦場によってはなかなか難しく、時に不可能なケースもあったりします
けど可能な所では必ず実践している必須事項、、、もちろん航路筋を狙うやら
カケアガリなど海底に変化がある所に仕掛けをセットするってな教科書通りの
戦術もしかりですが、それに加え複数個所から狙い撃ちできない部分!

まさに今自分自身が戦っている位置からしか届かない部分を観察しながら
探してそこへ目掛けてファイヤ~って戦術がメインとなっております。


今朝もエサ取りの猛攻に遭うだろうとエサは球数が稼げるアオイソメ・オンリー
でクラックさんと1kg買いしてそれを半分ずつ500gで戦っておりますが、
この調子なら余裕で余っちゃいそう、、、まっ、余ればまた塩締めしておけば
いいので無駄は無いんですけど。

潮が活発に動きだし少々奥まっていてもうっすら潮目ができ始めた午前11時半
頃、ちょ~どクラックさんの陣地前に気になる部分があり、ちょこっと三脚に
竿1本置かせてね~とお願いして早速仕掛けを投入してみると、

まさにビンゴだったみたく3分も経たないうちから、


ゴツン、ゴツン!


元気に竿先を弾くアタリが出ましたっ。







33cm マコガレイ撃沈 ♪


狙い定めた部分に本命が居てくれるとめっちゃ嬉しいですよねっ!

もし今回肉厚な個体が釣れたらぜひやりたいディッシュがあったので目標達成で
大満足でございます。あはは、一応初物?ってゆ~か乗っ込みカレイの第1弾は
お造り&お寿司で堪能しましたからお次はちょこっと違うアプローチで。


正午を回り午後13時が近付いてきた頃、JCAは一足お先に撤収。


できれば夕方までご一緒したかったんですが午後15時から散髪の予約をしてた
のもあり午前中限定でとなっておりました、、、クラックさんはエサが無くなる
までは引き続き頑張られるとの事でやる気満々でしたよぉ ♪





肉厚な3匹を考えてたディッシュにして、小ぶりな2匹は唐揚げかな?
これくらいのサイズは甘酢あんかけで食べると最高ですからねぇ。




「何で食べても美味い」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヒラメを狙って秋の日本海、 兵庫県・香美町 / 香住


日本海のズワイガニ漁がまさに一昨日から解禁になったみたく、今朝も数隻の
大きな漁船が漁に出てゆきました、、、

午前5時半頃に戦場に到着するとすでに“マダイ師匠”は大量のアジを確保され
休憩中?早速攻撃準備に取り掛かり一斉放火となりましたが、最初は無駄に
たくさん投げず1~2本だけでイカやフグといったエサ取りの様子を窺います。







「香住」


あれっ!?とお気付きになられた方もいるかも?なんですが、、、あはは、
マダイ師匠ともあろう人がなんと三脚を入れ忘れちゃったらしく投げ竿を直置き
で攻撃されてます。数本持参されてるうち、さすがにNEWスピンパワーを
そのまま地ベタに、、、ってのは痛々しいので1台予備として持参してたJCAの
三脚を使って頂き、また他の三脚上にも気にせず置いて下さいよ~と。

だけどミックスってよりど~してもご自身の陣地で~ってスタイルを好まれる
マダイ師匠ですからバッカンやら他を三脚の代用としてやられてます。(笑)


今日はわたくしめの地元、兵庫県南部は終日雨の予報でここ北部に関しても
きっと似たよ~なもんだろうと雨覚悟でやって来ましたが、今のところ曇って
いるだけで雨は1滴も落ちて来てません ♪

何度か仕掛けを回収しエサのチェックを行うも、ど~やらエサ取りはほぼ皆無?
っぽく毎回アジが元気なまま返ってくる事から全ての仕掛けを投入しアタリを
待っていると今までアジが泳いでいるせいでコンコンと定期的に動いてた竿先が
超スローペースに押さえ込まれてゆき、


ジリジリジリジリッ


即止まってしまったのでもう1回鳴るまで?と思うも待てずにグイっと、







46cm ヒラメ撃沈。


ここでのアベレージサイズって感じでしょうか?

たま~に50cmオーバーも出たりしますが今時期は40cm台がメインといった
印象がありますねぇ。でもまぁ、日帰り圏の近場でお手軽にヒラメが釣れるのと
何より瀬戸内に比べて釣り人が少ないのがありがたいところ。


程なくしてマダイ師匠の竿にも大きなアタリが出るもサメ、、、そして再び
アタリが出て今度は水面に浮いてきた姿が黄土色でかつマゴチにそっくりだった
のでデカいマゴチ!?と一瞬思うもサカタザメ、、、期待させやがって~
バシバシ!という鈍い音が近くから聞こえてきておりました。(爆)

イカやフグといった大切なアジをガジガジ齧ってくるエサ取りはよりはサメ類の
方がまだマシ?とも思えるも、掛かってから上げるまでのやりとりが面倒に
なってきますよね~、、、馬力がありますから簡単には浮いてきませんし。


そうこうしてるとJCAの竿にももの凄い高速ドラグ音を鳴らす何かが掛かり、
青物?と期待して浮かすも、





チ~~~ン!


メーター近くあるサメ。

ど~やら近辺を結構な数がウロウロしているよ~ですねぇ、、、だから他の魚の
活性がイマイチなのかも?まっ、こやつらも回遊性のものですからしばらく
するとどこかへ行ってくれるでしょう!いや、行ってくれる事を祈りましょう。


サメのラッシュが落ち着いてやっとこさマンダムタイム?少し雑談などしながら
休憩できる時間が訪れた午前9時、地元のお天気はどんなものか?自宅に電話
して聞いてみると起きた時からず~っと激しく雨が降っているよう、、、

ついでに再度最新の天気予報をチェックするとこの一帯もお昼過ぎから崩れて
くる予報で、雨より先に正午を回ると急に南西の風が強くなってくるみたい。







でも今現在は?と言いますと、ご覧の通り、一面青空で背後の山はちらほら
紅葉し始めてオレンジ色になってる部分があったりと秋を感じさせるのどかな風
景が広がっております ♪ まもなくここらも真っ白になるんでしょうねぇ。


今朝はあまり寒くなく日が昇ると最高気温21℃まで上がる旨あったよ~に
確かに着込んでると蒸し暑い!ミドラー上下を脱いでちょ~どいいくらいの気温
なんですが、まだ居たのか!?って驚く事にヤブ蚊がプ~~~ンと、、、
気温上昇と共に出てきたのか知りませんけど超~不快ですわ。

わたくしめも釣り用のバッグには年中常にキンチョールを忍ばせてありますから
ここぞとばかりに取り出して徹底抗戦!その間に暇過ぎるからとマダイ師匠は
再びサビキ竿を片手にエサのアジ釣りを始めるも夜間はいいサイズがいたのに
明けてしまうとほらっ、





オキアミを入れなくても入れ食いなものの、どれも全て豆アジ以下!?の
マイクロサイズ、、、さすがにこれじゃエサとして使えませんわ~。

人によってはこやつらを2匹一度に掛けてほ~り込んでという裏技を使われてる
とも聞いた事がありますが、とりあえず昨夜のうちにキープして頂いてた
ストックが十分あるので大丈夫かな?それにマダイ師匠のご都合で今日は
午後13時には片付けて撤収しないといけないのであと数時間、、、エサ取りも
皆無な事ですから確実にエサは持ちます。


午前11時半を回り潮が徐々に動き出してたのか?目の前に幾筋もの潮目が形成
されそのぶつかり合ってる所目掛けてファイヤ~してみると、

着底後、糸フケを取り仕掛けを一直線にしてステイさせた直後に、


ジ~~~ッ!


いきなり飛び付いてきましたよぉ ♪





マダイ師匠にタモ入れして頂きフィニッシュ ♪

最初のよりドラグ音が鋭かったのでてっきりサイズアップ!と思えば少々
サイズダウンの41cm ヒラメ


最後に時合い到来か!?


アジも余しても放流して帰るだけですから全て元気な個体にチェンジして
マダイ師匠とラストの一斉放火をするも、後には続かずタイムアップ!

もっと個体数がたくさんいる海域ならこんなタイミングでは高確率で複数匹
出てくれるもんなんですけど、さすがにここらじゃそう簡単にはいきませんね。
初夏にかけてのマゴチの方は数も型も実績がある戦場なので毎年ヒラメも期待
して今時期にチャレンジするもいまだ弩級サイズは見た事ないかな?(笑)





でも美味しいお土産になりましたぁ~ ♪


帰りは北近畿豊岡自動車道も通行止めは無く豊岡市内を抜けたら八鹿ICより
乗ってス~イスイっと渋滞にも巻き込まれず帰還!




「明日はどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

乗っ込みカレイを ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見





やっぱ平日だけあって午前5時前に戦場入りするも人っ子一人おらずすんなり
思ってた場所を確保&まず先に1セットだけ組んで塩イソメのみでファイヤ~
いつも通り、即アタックしてくる極細アナゴの活性を見ながらセッティング
の続きをして夜明けを待ちました。

JCAの場合、ここでは暗いうちから一気に複数本投げるのではなく、まず
1~2本だけ投入して様子を見つつキスが混じるよ~ならそこから集中モード、
忌々しい外道の極細アナゴばかりならそのままスタイルを変えずに続投、、、
ってな戦術をとっております。


今シーズンはまだたくさん入ってきてないのか?それとも単に塩イソメなので
食いが悪いだけなのか?あまりぶっとい落ちギスの姿を見かけないらしく、
今朝も例外ではなくアナゴの猛攻に遭っただけで夜明けを迎える事に、、、





「東二見」


今日は寒暖の差が激しく、早朝はグッと冷え込むものの太陽が昇ってくると
一気に気温が上昇して20℃超えになるとの予報から薄着にミドラー上下を
まとって戦っておりますが、この時間帯は超~寒かったっす。(笑)

夜明けと共にアナゴは鳴りを潜めてゆくも、それと入れ替わるかのよ~に大きな
フグやチャリコのラッシュ、、、新鮮な生エサに切り換えてすぐこの状況に閉口
させられながらもいつか静かになるだろうとマシンガンキャストです。


しばらくすると食材確保~とやって来られた地元で寿司屋をしてるとゆ~
おじいちゃんと雑談をしながら頑張るもサビキでアジ 釣れません、、、
投げでカレイ 釣れません、、、状態。JCAが撃沈したフグやチャリコを
片っ端から欲しいをおっしゃるので撃沈したら彼のバケツにポイを繰り返し
ながら時合いを待ちます、、、聞けば、昨日はアジも入れ食いならカレイも
3枚くらい上がってるのを見たよ~と!


攻撃開始時点から潮はかなり急流になっており仕掛けを投入するとみるみる
流されてゆく状態でしたが、まもなく潮止まりを迎えるのでそれも緩むはず
、、、そして時合いが訪れるならきっとこの時間帯だろうなぁ~と思ってると、


ク~~~ッ、クックックッ


エサ取り連中とは少し異なる竿先の押さえ込み!?







36cm マコガレイの登場~ ♪


こやつ同様、今時期は抱卵した個体ばかりですから煮付けとかにしたら最高です
よねっ。いや~、これでとりあえずFISH DINNERネタは確保ですから満足!

あとはエサのある限り打ち返しまくって追加できれば良し、そのまま終了と
なってもまっ、そんなもんでしょう~と楽観的な気分であちこちでうっすら
形成されつつある潮目?微妙な反流点を徹底的にしらみ潰し、、、

そ~いえばいつの間にかあれだけうるさかったチャリコもアタらなくなってきて
ますし、フグもあからさまに数が減ってきてます。


タイミング同じにして隣のおじいちゃんにもアジがポロポロと釣れだし海の状況
に変化が表れてきてるのが分かる今、

さっきの1匹が時合いインの合図だったんでしょうねぇ~ ♪


コクン、コクン


クッ、クッ、グゥ~~~ッ


バトルサーフの竿先にも立て続けにアタリが出て、







似たよ~なサイズ34、33cmを撃沈。

一応、毎回枝針 or 先針のどちらかにマムシ、もう一方にアオイソメか
塩イソメを掛けてファイヤ~してた中、これら3匹共食ってきたのはアオイソメ
&塩イソメのコンビネーションだったのでこれはしめしめと!

と、言いますのもど~せ食う時は何でも食ってくるやろ~とマムシに関しては
1000円分しか持参しておらず少し前にエサ切れになっちゃってたんですわ。


時計を見ると時刻は午前8時15分。


もう十分お土産ができましたからそろそろ撤収準備でもしていこ~と身の回りの
整理整頓から始め、投げ返しの際にも塩イソメをゴッソリ房掛けにするなど
贅沢にするも、、、こ~ゆ~時に限って急にエサ取りが居なくなってしまい
数回エサのチェック回収するもエサはそのまんま残ってくる感じ、、、







予報通り気温も急上昇して半袖でも気持ちいいくらい!


この頃になると全員サビキでアジですが、地元のおじいちゃんチームがわんさか
やって来て大盛況!?お兄ちゃん釣れたか~?から始まって昨日はどこで
カレイが釣れてたやら、キスはこの一帯は今年はイマイチだけどあの辺なら
釣れてるで~などいろいろ情報を教えてくれます。(笑)

おそらく毎日来られているので釣具屋さんのネット情報よりある意味超~ホット
な情報ばかりかも?エサが無くなるまで粘り続けてもど~もこれ以上はパッと
しない気がしたので、仕掛けを回収した竿から徐々に片付け始めてると、

さっきまで張ってたはずの1本の竿の道糸がダラ~ンと糸フケ?


ス~~~ッ、、、ゴンゴン!


しばらく観察してると次第に張り気味になりアタリが出ましたっ、







ラストにもう1匹、35cm マコガレイ追加~ ♪


はいっ、もう大満足でごじゃいます!

こやつも塩イソメ・オンリーの針を丸呑みしてますし、数年前に何度か検証
兼ねて積極的に導入してた塩イソメ、、、改めて地元関西圏でも全然通用する
やん!って思いましたぁ。カレイ作戦で北日本方面へ遠征が多いわたくしめ
なので塩マムシは無くとも常に塩イソメのストックだけはフリーザーにたくさん
ありますからこれなら超~お手軽に来れますわ~。

まっ、とはいえ塩締めエサには全く反応を示さない時もあったりするので
もちろん生エサも少しは持参してますけどねぇ。(笑)


これで身の締まった明石産のマコガレイが食べれます ♪







「身の締まりが違う!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヒラメ釣れないかなぁ~? 兵庫県・香美町 / 香住





コウノトリ但馬空港近くに差し掛かると急に霧が出てきて視界も徐々に
見えづらくなってきております。以前は但馬豊岡空港って名前だったのに
いつの間にか日本の地方空港は親しみやすい愛称?ってのが導入されて
JCA個人の意見としてはちょこっと違和感あります。(爆)


台風21号接近による大雨はもうすぐそこまで迫りつつありますが、今回も断念
してしまうといつまでも本格的な実践ができないので午前中の短時間だけでも
行こうか?となり午前2時に集合&ここまでやって参りました。

実はこの週末、、、現在大物投げ釣り勉強中でタックル類だけは完璧に揃えた
のになかなかそれらを実戦投入できていないSurFreyjaのニューフェイス、
“ナカッハ・ナカノ少佐”と他県からのメンバーを加えプチ遠征を予定していた
んですが、台風のせいで残念ながらそれは叶わなくなってしまいました。

JCAもここんとこルアーフィッシングばかりでしたしそろそろ本職!?に
カムバックしないといけないなぁ~と思ってましたから近場でもいいので
行っておこうとねっ!(爆)


戦場に到着し、早速エサとなるアジを釣り始めるも入れ食いなのはいいんですが
、、、サイズが小さいっ!とにかく数釣って使えそうな個体をキープしていく
しかないと頑張ってるうちに午前6時、夜明け時刻を迎えました。









「香住」


時期的にもそろそろ近場圏では乗っ込みカレイや落ちギスが熱くなりつつある中
、どうしようか?迷ったもののFISH DINNERとして少し前から久しぶりに
食べたいなぁ~と思ってたターゲットがおりまして今回はそちらを優先。

週末ですけどさすがに午後から大雨予報が入っているので釣り人もまばらです。


わたくしめはハズレ覚悟の一発狙いですが、お土産も確保したいナカノ少佐は
虫エサ竿も交えて五目作戦!夏のうちに何度かキスの引き釣りはされている
ものの、こんな感じで置き竿で狙うのは今回がお初?になる為、最初のうちは
超~ぎこちなかったものの、2~3時間もすれば何の支障も無くバシバシ
戦って小ぶりながらもアコウをゲットされてます ♪

一部根掛かりがあるよ~でラインブレイクも何度か起き、再び力糸から結び直す
ナカト少佐、、、ルアーフィッシングやキスの引き釣りとはまた違いますね~と
少々苦戦も強いられておりますが一生懸命頑張ってます。


手前は所々ツブ根があるみたく掛かってしまう事はありますが、ある程度
投げれば完全な砂地が見受けらえるのでちょ~どその境目辺りを狙って?
アジを投入&アタリを待っていますと、


グググッ?


仕掛けを少し動かそうと竿を持つと何やら生体反応アリ!?





小ぶりだけど本命、42cm ヒラメのご登場 ♪


そう、久しぶりに獲れたてのヒラメのお造りが食べたかったんですわ~!この
サイズなら普通にぶり抜けそ~でしたが、調子乗ってバラシてしまうとアホ
なんで念には念を入れてタモでランディング。(笑)

あと僅かで干底って時にアタってきました。潮の変化がある時に食いが立つ
パターンが多い魚ですから今が時合い?と元気なアジに付け替えてファイヤ~
していくも、着底後すぐガンガンと竿先を叩くアタリが連発しだして回収して
みると後頭部をザックリ、、、あちゃ~!結構な数のイカが近くにやって
来てるみたく立て続けにエサをやられてしまいます、、、

更に悪い事に活アジですらお構いなしに攻撃を仕掛けてくるサバフグまで
水揚げされるよ~になってきてエサ取りオンパレード!





塩イワシをボロボロにしたり、弱った小魚まで襲い掛かってくるフグ系はどれも
極悪ですが、特にこのサバフグだけは群を抜いており酷い時なんて道糸まで
噛み切ってきますから超厄介。

同じタイミングでナカノ少佐の仕掛けもチモトから噛み切られるのが続出し、
相当湧いている事が窺えます、、、


投げても投げても即やられてしまう為、このペースじゃエサが持たないとゆ~
のもありしばらく様子見を決め込む事に、、、あはは、晴れてたらこんな事で
心折れてはいないんですけど、

ついさっきから空がダークグレーに変わり本降りの雨なんですわ。







ロッドケースには常に100均傘を忍ばせてあるのでそれを差しながら雨雲が
通り過ぎるのを待ちます。

昨夜からの予報を見る限り断続的な雨になるのは午後からですしこれは一過性の
もの、、、そう信じて雑談などしながら時間を潰していると30分もすれば
完全に止んで攻撃再開可能となりました。


しかしそこからもあいかわらずフグの猛攻は止まず少し放置しちゃうと元気に
泳いでたはずのアジは頭を残して皆無 or 胴体のあちこちをギザギザに
齧られて痛々しい姿で戻ってきます。

これじゃいくらあってもお昼まで持たんなぁ~とエサの残数を数えながら、
また定期的に雨雲レーダーもチェックしてると少し早まったのか?午後13時
にはここらも大雨!?いえいえ、激雨なる予報に変わってしまいあと1時間、
正午を回ったら片付けていこ~かと決定。

まぁ、本命も1匹確保できてボウズ逃れはできたことですしあとは残りのエサを
消費しきって終了~と打ち返してると、


ジイイイイッ


全く違う逆方向へ投げて糸フケを取った途端の出来事!





まさか?と思いましたが、そのまさかで1匹目とほぼ同寸のヒラメちゃん
ゲット ♪ サイズのわりにはかなり肉厚で美味しそ~。

これで今日はもう思い残す事はありません!と同時にアジも無くなってしまい
午後13時前、撤収となりましたっ。


空を見上げると西の方からかなり怪しげな大きな雲の塊がこちらに接近してくる
のを発見&超特急で片付けて車に入った途端、ザアアア~と激雨来襲!
間一髪でございましたっ。(汗)





お造りとできればムニエルも食べたいなぁ~ ♪

帰り道に豊岡市内中心部を通ることもあり同じクラブのAKBさんにコンタクト
してみると暇してますよ~と返ってきたので合流して3人でランチ&雑談を
してからゆっくり帰って参りましたっ。




「お造り美味いしね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

これでラストになるかも? 兵庫県・淡路市 / 野島蟇浦


左折すべきか?直進すべきか?


悩んでる暇も無く、即行分岐点に到達してしまい気付けばいつものよ~に
明石海峡大橋を渡っておりました。(笑)


事前に釣友から頂いていた情報では明石市内で日ムラはあるものの、好調に
キスが上がってるで~とありましたが、台風が去った後に行かれた方は濁りの
影響で丸ボウズだったそ~な、、、その上、JCAにとっても初めての戦場で
あるとなればど~も即決する事ができず安全策?へ、、、とはいえ「淡路島」
渡ったから釣れるってわけでもないので結局、コンディション的には一緒!?

まぁ、全くのお初の場所より勝手の分かる戦場の方が気持ち的にちょこっと
楽ってことで~ ♪ まずはお馴染み東浦ICに下りてすぐの戦場に入ってみます
が、情報通りサッパリ、、、実は9月の2週目、3週目の週末と連続でここへ
行かれた釣友からの情報でキスが全くおらんと!下手したら1匹も釣れない日も
ありえるくらい激渋と伺ってましたが、ほんとにアタリが皆無です、、、

ここで数投後、さっさと見切りを付けて少し南下した小さな砂浜を見に行って
みるも、そこで竿を出されておられた方にお話を聞いてみるとまだ1匹もキスを
釣ってないと!?日ムラ?早々不安になってきます。


このまま東浦の海岸線を転々としちゃうと時間を食ってしまいそ~なので
気持ちを切り替えるべく、山越えして反対面、西浦に移動!







「尾崎」


きっとここなら1匹くらい顔を見れるだろうと思い来てみると、駐車スペースの
キャンプ場?には早朝からテントを張ってイチャイチャする学生カップルが1組
お出迎えしてくれただけで浜には人っ子一人おりません、、、

とりあえず竿を出してみると、ご覧のよ~に1投目から単発ではあるものの
良型のキスちゃんがアタリを出してくれてホッと ♪

前回来た時より確実に個体がデカくなってるのが分かります。


そろそろ落ちシーズンに突入していくはずですし、数は少なくてもいいので
型揃いだと嬉しいなぁ~って2投目もちゃんとアタリが出てくれる海を
見ながらワクワク、、、がしかし!そんな状況は長続きしてくれず、
なんと4~5投しただけでピタリとアタリが途絶えてしまいました。(泣)

気付けば後から2人ほど投げ釣り師の方が入って来られてますが、がら空きの
戦場、、、キスは足で釣れ!と自分自身に言い聞かせてテクテク歩きながら
場所移動&キャストを繰り返すも、やはり渋い状態変わらず1時間足らずで
見切りを付ける事に、、、





「富島蟇浦」


尾崎から場所移動となると南へ下って慶野松原周辺もいいかも?と一瞬浮かぶも
、また似たよ~な感じだったら帰りが遠くなるし、それならここから北上した
どこかでやろうと決定し辿り着いたのがココ。

懐かしいですねぇ~、、、一昨年?来た時は大きなキスが数釣れていい思いが
できたのにそれを期待して昨年来てみるとピンギス・オンパレード!?
時期だけピッタリ合わせてもなかなかですわ~。(笑)


今朝もT字の突堤からやりたかったものの何かいい獲物が釣れているのか?
すでに数人のルアーマンが入っておられたので砂浜に下りて攻撃開始!

JCAが今居る位置からだと遠投できないのでフワッと投げてサビいてると、


ブルルッ!?


ブルブルブルッ


予想外にも2色に入った途端に大きなアタリ!







24cm頭にぶっといキスちゃんがポロポロと ♪


ここは夏は海水浴場となる為、沖合いすぐに小さな離岸堤が入っておりちょ~ど
その際に仕掛けを落としてサビいてくるとアタリが出るって感じです。

航空写真で見ても、また実際に目視しても黒~くなって見えるのですぐ
分かりますが所々ワカメや海藻が沈殿してる部分がありそこをサビいてしまうと
シンカーのアームや仕掛けに絡んできて少々うっとおしいんですけど、今朝の
印象ではこのシモリ部スレスレの位置で頻繁にアタってきたよ~に思えます。


ただ、そこまでたくさんは居ない?みたくポロポロと釣れるとしばらくアタリが
遠退き、それと入れ替わるかのよ~に超ミニサイズのフグが入れ食い、、、
ここでも波打ち際をテクテク歩いて移動しながらキスの群れを探し持っての
戦いとなりましたが、午前10時頃になるとフグのみしかアタらなくなったので
そろそろ帰ろ~と撤収となりました。(笑)

いや~、今朝はずっと靄掛かったみたくホワイトアウトの曇り空でしたけど、
常にそよ風が吹いてる状況でとても涼しく&おかげで大嫌いな蚊も見かける事も
なくのんびり引き釣りを楽しむ事ができましたよぉ ♪





今年のキス引き釣りはこれで終わりかな?




「落ちシーズンやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR