FC2ブログ

夏のキス釣りイベント! 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜


もう今回で3回目を迎えるSurFreyjaクラブ内親睦イベント、キスバトル
&BBQ!1ヵ月以上も前から開催日は決定していたものの、ご存知のよ~に
ここ1週間以上西日本の日本海側を中心に秋雨前線が停滞しており毎日雨 or
ぐずついたお天気で今年は最悪中止かも?とみんなで残念がってた中、
2日前になって天気予報が急変!なんと当日は兵庫県北部、日本海側だけ
晴れマークになったんです ♪

開催場所は実行委員長をして下さってる“AKBさん”と話し合った結果、
今年は彼のホームグラウンドでもあるここが好調なのと、海水浴場としての
運営が中止となり釣りとBBQの両方気兼ね無くできるとゆ~ことで決定。







「気比の浜」


午前4時に現地集合&ちょこっとみんなで雑談した後、それぞれ準備に
取り掛かり午前5時第1ラウンドが開始となりました。

本大会のルールは予選の第1ラウンドでは午前5時から午前8時までの3時間、
1匹長寸で競い、一番大きい個体を撃沈した上位2人がファイナルこと
第2ラウンドに進めます。そして、1時間インターバルを設けた後、午前9時
から第2ラウンド開始となり今度はサイズ関係無しの1時間数釣り勝負!
まっ、毎年一緒のルールですからみなさん熟知されておりますねぇ。


午前5時というとまだ暗くて投げても反応がありませんが、わたくしめも今年は
すでに2回訪れており、いずれも短時間で70匹超えと魚影が濃かったので
もう少し明るくなってきたら釣れだすだろうと余裕をかましてたんですが、、、


完全に夜が明けてもアタリは皆無!?


開始から1時間が経過した午前6時の時点でも誰1人キスをゲットできてない
状態、、、一体どうしたんだろう?地元でポイントを熟知しているAKBさんは
何度もサーフを歩いて場所移動を繰り返しながら探っておられますが、
こんな渋い日は初めてと。

過去の2回の出撃を思い出しながら5色帯から波打ち際まで丁寧にサビくも
アタリは皆無 or たまにヒイラギが掛かってくるだけ。

もしかして!?ふと疑問になって思いっきりフルスイングしてみると、


ブルブルブルッ!





やっとこさ本命を2匹撃沈。


現時点でど~やら群れは相当遠くに居るみたく同じ距離へ打ち返すと必ず
1~2匹掛かってきます。でも見落としてるだけでもっと手前でも居るのでは?
と思い、引き続きサビいてくるも5色帯くらいの所で一部シモリがあるよ~で
グ~~~っと重くなって根掛かりしそうになります。なのでこの位置を覚えて
着底からそこまでをサビいて即回収という戦術に。

こんなんだったら更に細い糸を巻いた替スプールを持参するんだった、、、と
ちょこっと後悔しながら常におもいっきりフルスイング。


ブルッ、ブルブルブルッ


ブルルルッ!


着底時点で7色出し切った状態からゆ~っくりサビいてくるとアタリ。







それもアタリが出る位置はピンポイントでそこでしばらく仕掛けをステイさせて
更にもう1匹食わせてがやっとで一度で2匹が限界、、、魚影自体もそこまで
濃くないのかもしれません。

この状況においては連掛けがど~こ~よりも魚をキャッチできてるだけでも
まだありがたいので、アタリが続く限り気合いで遠投し続けましょう。







午前7時過ぎ、14匹目でようやく20cmの個体が釣れて、それっきりアタリ
は途絶えてしまいました、、、群れが移動したって事は手前に来てる可能性も
アリ!そう信じて再び丁寧に波打ち際までサビくも外道含め生体反応自体無し。
気合いで出し風に乗せて8色帯の半分くらいまで出すもやはり魚の気配は無し
、、、もしこれ以上沖へ移動してたのならアウトです!わたくしめの実力じゃ
PE0.8号ではここまでが限界、、、届きません。

この時、わたくしめの左にAKBさん、そして右にかけて“ぎっしーさん”
“高ちゃん”“サーノルドくん”“いくむくん”“クラックさん”
並んでおり、実はこの頃、少し離れたサーノルドくんといくむくんの真正面
辺りピンポイントの3~4色付近でポロポロ釣れ始めてたらしいんですが、
知る由も無くまぐれでもう1匹、5色帯で拾って、

午前8時第1ラウンド終了となりました。


全員が自分が釣った中で一番大きな魚を持ち寄って検寸 サーノルドくん
の22cmが最大で、なんとその次はわたくしめの20cmの個体!?イコール
、第2ラウンド進出です ♪







1時間のインターバルを空けて午前10時、いよいよ1時間数釣りガチンコ
勝負!しばらく海を休ませたのできっとキスの群れも岸寄りしてるのでは?
な~んて密かに期待してましたが、状況は更に渋くなる一方のよ~で、
サーノルドくんが苦戦しながらも2匹ゲット&わたくしめは、、、あはは、
一度もアタリを感じる事無く、なぜか?ラインブレイクして沈んでた誰かの
天秤を引っ掛けて回収したのみ、、、(爆)

そんなわけで今年のキスバトル優勝者はサーノルドくんに決定!


他のみなさんはこの間にBBQの準備を始めて下さっており、我ら2人も終了と
同時に参加 ここからある意味?メインのイベントが始まりま~っす ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'03キス スペシャル405BX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「今朝は激渋やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今朝も70匹超え~ ♪ 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜


8月は暑過ぎるので釣りはしばしお休み、、、と言いつつ結局毎年我慢できずに
どこかへ繰り出してるJCAですから、それなら限られたオフを有意義かつ
可能な限り快適に釣ろうと思い、戦場には午前4時半入り。


まだ外は暗いので車内で突入準備を整えましょう。


あはは、突入準備と言いましても今回も引き釣りですからわたくしめ自身が
ウェアに着替えるだけでタックル類は持つだけ!(笑)

キャップライト無しでも手元が見えるよ~になった午前5時、突入&前回と
全く一緒の位置から攻撃開始でございます。


ブルブルッ、ブルブルッ


6色帯へキャストしサビいてくると5から4色に変わる所でアタリ ♪





手に伝わってきたアタリの回数からして2匹くらいだろうと思っていると、
なんと4匹も付いてましたわ~。

おそらく3色の途中で今まで伝わってたブルブル感が更に強くなったなぁ~と
感じた部分があったのでこの辺でも魚が掛かっていたのかもしれません。
まっ、言える事は今朝も比較的近い所をキスの群れは回遊しているっぽい、、、

おもいっきり大海原に向かってフルスイングして遠くから魚を掛けてくる
ってのも超~爽快なんですけど、今朝みたく短時間で数釣りをしたいとなると
近くでアタってくれる方が手返し良く戦えますよねっ。


前回と状況が変わってない事を信じ、針数も最初から7本針でファイヤ~。
1キャストで1匹でも多くキスを掛ける事ができれば非常に効率がいい戦いに
なりますから、とにかく常にパーフェクトを狙ってアタリが出る付近を
スローかつ丁寧にトレース。


ブルブルブルブルブルッ


ブルッ、ブルルッ、ブルブル、、、ブルッ







あきませんわ~。


前回同様6匹までが限界、、、いや、いずれも外道のヒイラギ混じりで6匹
ですから本命のキス自体は5匹ってことか。

不思議な事にヒイラギが掛かってくるのは高確率で先バリから3つ目の
針ばかり!?サビくスピードが問題なのか?はたまた偶然が重なっただけ
なのか?普段から引き釣りを専門でやってない為、こ~ゆ~時の対処法が
思い付かないもののとりあえずはキスの方が多く掛かってくれてるので
オッケ~としときましょ ♪


そう言いながらも密かにパーフェクトの夢は捨てきれず、ひたすら打ち返し&
サビき方を工夫するなどあれこれやってるうちに山の向こうから真っ白な光を
放つ太陽が姿を現しました。





「気比の浜」


自宅からだともう少し近い淡路島などでも好調に釣れてるよ~ですが、今時期は
どこもかしこも海水浴シーズン真っ盛りで使える戦場が限られてくる上、どこで
数が釣れてるのかなど詳しい情報も無かったのでこっちまで走った方が
確実かと思いやって参りました。

ここも海水浴場として賑わう浜ではありましたが、今年から?海水浴場としての
運営はされなくなったみたく前回も訪れてる人はまばらで主にキャンプついでの
水遊び?って感覚かな。まっ、平日とゆ~のもあるんでしょ~けどいつも閑散
としてて釣り人としてはのんびり戦える非常にありがたいコンディション ♪

場所によっては波止から釣れてる所も幾つかあるよ~ですが、出来る限り
キスの引き釣りに関してはサーフからやりたい!ってなしょ~もない
こだわりがありまして、、、(笑)


太陽の光は次第に明るく、そして強くなり急上昇する気温と共に額に汗が
たくさん吹き出してきます!そろそろタイムリミットか、、、

上半身については例の空調服のおかげで空気が勢いよく循環して快適~。
ただ、外気を取り込み循環させるファンユニットはいわゆる扇風機と同じ機能
ですから気温が高くなればなる程送り込まれてくる風はぬるく、、、って感じ。


この頃からさっきまでアタリが出ていたはずの5色より手前では反応が
無くなってしまい超スローにサビいて探るとチビちゃんのメゴチがたま~に
掛かってくるくらい、、、もしかすると明るくなるにつれ群れは遠くに移動
してしまったのかも?

そう思いながら再び遠投してみると、


ブルルル~ッ!


ブルブルブルブルブルッ


6色帯で群れを捕捉!







再びコンスタントにアタリが出始めるもこの位置でも一度に3匹までが
ほとんどで、1~2回だけ4匹掛けがあった感じかな。

トーナメンターのみなさんってたとえアタリが出る範囲が狭くても、しっかり
1キャストでたくさん掛けておられたりしますからほんと凄いなぁ~と!
まさに経験と技術がものを言う技ですよね。


水揚げされてきたキスを外してクーラーにポイッ → 続いてキスカウンターを
ポチっと押して打ち返しをする中、だんだん流れ落ちてくる汗の量も増え
ここらが限界!?そう判断した午前6時50分、さっきからと全く同じ方向&
投点へ仕掛けを落としサビいてくると今までより強いアタリが連発し
回収してみるとキス1匹にヒイラギ3匹、、、

気を取り直してもう一度投げると、





ひょえええ~~~っ!


やっと7本針仕掛けにパーフェクトと大喜びすれば掛かってる魚はなんと全て
ヒイラギ!?これで一気に心が折れてしまい終了、、、


でも、考えてみればある意味いいタイミングだったかもしれません。

渋くなりつつもキスのアタリが続いていれば、きっとわたくしめの事です!
蒸し暑くなってきたとしてもあと少しエサが残ってるから頑張ろう~みたく
なってた可能性も否定できませんしねっ。(爆)


午前7時半、撤収でございます!


それでもキスカウンターを見ると73匹と今朝も70匹は超えてましたっ ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'03キス スペシャル405BX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「短時間勝負いいね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

猛暑になる前の短時間勝負! 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜





「気比の浜」


戦場に到着した午前4時50分、外の明るさ的にはもうキャップライトが無くても
見えそ~なものの、窓の外には蚊が結構飛んでるのと外気温はすでに29℃!
車内でモスシールドウェア上下に着替えつつ、もう少し明るくなるまで待とう
かな?みたいな葛藤が始まり、ようやく腹を決めて外に出た頃にはもう
午前5時半を回っておりました。(爆)

でも、キスの引き釣りってルアーと同じ感覚で超~スピーディーに準備ができる
ので、ちゃちゃっと竿を継いで仕掛けにエサを付け即ファイヤ~でございます!

ここはあまり遠投し過ぎると沖に沈みテトラ帯があると聞いてたので
6色ちょこっとくらいからズルズルサビいてみることに。


サビき始めると同時にすぐブルルルッっと少し乱暴な?アタリが2回程出た後
沈黙となり、4色帯に入ると再び小刻みなブルブルアタリが連発。





あいや~!?ヒイラギが2匹。


一応本命のキスも2匹付いていたものの、間違いなく最初にアタックしてきた
のはこのヒイラギですわ!

今思い出したんですが、そ~いえば何年か前にここへ来た時も投点によって
ヒイラギが結構入れ食いになってたよ~な、、、こやつらもキス同様群れで
行動している魚ですから奴らがアタってきた位置は避けるべく2投目以降は
5色帯の途中くらいで着水するよ~にキャストです。


さっきと同じく5色帯ではアタリは出ず、4色に入った途端、


ブルブルブルブル~ッ


ブルルッ、ブルブルブルッ!









それでもたま~にヒイラギが混じったりするもほぼキスがメインで5本針
仕掛けにパーフェクトの時もあれば、毎投最低3匹は必ず付いてくるってな
ペースで釣れてきます ♪

結構活性が高いよ~で、パーフェクトを意識してアタリが出始めた地点から
超スローでサビいたりしてると1匹が2本の針を飲み込んで水揚げされてきたり
とリーリングするスピードには少々気を使わないといけない感じ、、、それでも
できる限り1投で1匹でも多くキスを掛けれるように努力します。


打ち返しをしてるうちにアタリが出る範囲が4~1色帯までと広くなってきた
ので、より効率良く数を稼ぐべく5本から7本針仕掛けにチェンジして
ファイヤ~。キスの引き釣りも頻繁にやってた頃は10本針以上とか投げてた
覚えがあるものの、久しぶりに?それもいきなり10本まで増やしてしまうと
どこかでトラブルを起こしそ~だったので今のわたくしめにとってまだ
トラブルレスで操れるであろう安全圏の7本針をMAXで~。(笑)


水揚げされてくるキスのサイズ的にはどれだけ大きくても20cmちょこっと
までですが、まあまあ粒揃いで事前に聞いてたよ~に極端に小さい個体は
居ないかも?典型的なアタリがとても心地良いですわ ♪


ブルブルブルブル


ブルッ、ブルルッ、ブルルルッ


キススぺを通して魚が1匹、2匹、、、と掛かっていってるのが分かります。







が、しかし!


残念ながら7本針にしてからは6匹までが最高でパーフェクトは一度も出せない
まま、、、何て言いますか~4匹くらいまでは確実に魚が掛かっていってる
のが把握できるんですけど、それ以降サビき続けてるとこれはすでに掛かってる
魚が暴れているブルブルなのか?新たに針掛かりした魚のブルブルなのか?
こんがらがってきてしまって、、、あはは、難しいですね。


午前7時が迫ってくると正面の山の向こうから徐々に太陽が顔を覗かせてきて
気温も一気に急上昇!?こんな早い時間から焼け付くよ~な日差しが
差し込めてくるなんて、、、今年の夏はヤバそう!?

なぜわたくしめが今朝はここまで効率性にこだわって釣りをしているか?と
言いますと、実は昨日のニュースで今日の豊岡の日中最高気温は37℃近くまで
上がるとなってたので早朝の涼しいうちに数釣りをして灼熱地獄になる前に
さっさと撤収しようという作戦だったんですわ。

あと、帰り道にもう1ヶ所、30cm近いサイズの大キスまで出るという小場所
を教えてもらってたのでそこも寄ってみたいと考えておりキスカウンターが
65匹を超えたところで終了&超特急で片付けて移動でございます。







撤収間際に撮ったショットですが、こんな感じで写真を見てるだけでは
まだそこまで暑くなさそうな雰囲でしょ?だけど現実は余裕で30℃を超え
湿度が高くム~~~ッと息苦しくなるよ~な熱気が立ち込めてます。

その後、次のポイントまで移動し大キスが溜まるカケアガリがあるという?
ピンポイントへ伺ってた位置から数投探ってみるもアタリは皆無、、、そこより
手前でようやくポロポロとアタリは出るもののさっきより更に小さな個体ばかり
だったので午前8時、暑さにも耐えきれなくなって終了。


朝の短時間で75匹確保できましたから今日は満足でございます ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'03キス スペシャル405BX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「35℃超えは無理!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

56、51cm マゴチ撃沈! 兵庫県・香美町 / 日本海


ジジジッ、、、ジ~~~





51cm マゴチ撃沈!


仕事の後で結構疲れてたはずなのに午前3時にセットしたアラームが鳴りだした
途端にパッと目が覚めたので、これは出撃すべき!と判断したJCA、超特急で
車に荷物を積み込んで出発でございます。

一応、カーナビでは3時間半近く掛かるよ~になってましたが、ガラ空きの
夜間高速でしたし午前5時過ぎには戦場入り&すでに明るくなってきてました
ので急いで攻撃準備を整えファイヤ~です!


今朝は大きな潮回りとゆ~のもあって先端部付近は勢い良く流れており、1ヶ所
だけ高確率で根掛かりする部分がある為、そこに仕掛けがもたれ掛からない
よ~に注意しながら狙います。


攻撃開始から約1時間程はエサも取られる事無くひたすら沈黙の海、、、


そこから更に40分くらい経った午前7時前にようやく一番左のプロサーフ
から本命らしきドラグ音が鳴り響きさっきの51cmを撃沈。その後また1時間
沈黙の海に戻って今朝はこれでおしまい!?

な~んてちょこっと不安になり始めた頃、


ジ~~~~~~ッ







はい、もういっちょ上がり~の56cm マゴチ


ず~っとエサ取りが居ないまま2匹共突然アタってきたのもあり、今朝は短時間
でもいい釣果が出せるかも?な~んて超~はりきりモードのJCA。(笑)

今こそまさに時合いと思い、一度全ての仕掛けを回収し新しいエサに交換して
投げ分けてゆきましょう。


そうすると10分もしないうちに再び短いもののドラグ音が鳴り、ルンルン気分
でリーリングしてると途中から強く締め込んだと思えばフワッと急に軽くなって
みたりと謎の重さ変化があり、、、こりゃもしかすると本命じゃないかも?と
思い始めてるうちに水面まで浮いてきて、ホタテウミヘビ、、、チ~~~ン。

午前7時台までは雲が多く日差しが弱かったのにいきなり太陽が顔を出したと
思えば、みるみる気温は急上昇してアチ~、、、打ち返しなど最低限の作業を
してるだけでも吹き出すよ~に汗が出てきます。







「日本海」


過去の経験上、ここは朝マズメからそんな頻繁にアタリが出るって印象が無く
、むしろ完全に明るくなってからの方が期待大。そんなのもあり蒸し暑いけど
今からが集中すべき時間!と気合い入れて攻めの釣りをしていると、


えっ、エサがもう無い!?


たまたま投入後、10分もしないうちにラインに絡む流れ藻が気になって
回収してみると塩イワシが綺麗サッパリ消え失せてます!?不安になって
他の竿も上げてみると無くなっているのもあればお腹の部分を中心にザックリ&
他の部分も幾つもガジガジ齧った形跡が、、、ど~やらフグが湧いているよう。

竿先をよ~く見ながら微弱なアタリでアワセを入れてみると案の定、フグが
水揚げされてきました、、、こうなるとエサが先に無くなるか or フグが
居なくなるか、どちらかになるまでマシンガンキャストしか道はありません。

元から短時間勝負と思いご存知の通り塩イワシもタップリは持参していない為
、あっという間にタッパーのストックが終了&袋を別にして持参してた3パック
分のイワシが使われるよ~になったタイミングでややフグの活性が落ちてきた?
齧られないまま残ってくる仕掛けもちらほら、、、


時間的にもここが最後のチャンスと遠近投げ分けアタリを待っていると、


チリチリチリチリ、、、ジジジジッ?





満潮の止まりをまもなく迎える中、一気に潮流が速くなり沖から流れてきた
大量の流れ藻が次々とラインに絡んでトラブル続出!

最初のうちは水揚げしては外してキャストを繰り返してましたが、アタリも
一向に出ない上、それよりも先に流れ藻が絡みつくという状況に嫌気がさして
きて午前9時、撤収時刻になったので即見切りを付けて終了~。


2匹目の撃沈がまだ早い時間帯だったので少なくともあと1~2匹は釣れる
だろうと思ってましたが、その後は見事、フグ&流れ藻に邪魔をされ
本命にも相手にしてもらえないままでした。でも、何とかエサ切れ納竿には
ならず戦い終える事ができて良かった!

10匹程塩イワシが残りましたが、さすがに持ち帰るには少な過ぎるし
面倒なんで海にエサ撒きしていざ待ち合わせの姫路市内へ。


戦場を後にしてのどかな風景を楽しみながら走っていると、所々にアジサイの
花が咲いてて、あ~~~、今年ももう梅雨時期やな~と、、、ってゆ~かまだ
現時点でわたくしめの地元関西圏は梅雨入りしてないし!(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: がまかつ・黒チヌ 8号
■ エサ: 塩イワシ


「梅雨はいらないっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

53、50cm マゴチ撃沈! 兵庫県・香美町 / 日本海


巨大高気圧が日本列島を包み込むかのよ~に居座っている今、昨日から
全国的に猛暑日となっております!

関西圏でも多くの場所で30℃超え、また北海道の帯広市では37℃を記録した
やら熱中症でたくさんの人が病院に運び込まれたなど5月とは思えないよ~な
恐ろしいニュースが飛び交う中、わざわざそんな日を選ばなくてもいいのに?
予想最高気温34℃と報じられているエリアへ来てしまいましたっ。

まっ、熱中症になりそ~になったら相方、SurFreyja“O本先生”
診てもらうとして~、、、早朝からコッテリ朝食を頬張り、午前4時には
戦場入り&セッティングまで終えて攻撃開始です。


朝マズメにはもしかすると良型のキスが回ってくるかも?と虫エサも少量のみ
持参し吹き流し仕掛けを投げてみますが反応無し、、、完全に夜が明けても
エサ取りすら居ない状況なのでエサを塩イワシにチェンジして本命狙いに。


ジ~~~ッ、ジッ、ジッ


午前6時前、初めてドラグ音が鳴ったと思えば、







53cm マゴチ撃沈!


時期的にそろそろいけるはずですし、走りの個体はデカイのが多いからと
期待してやって参りましたが、1匹目はアベレージサイズといった感じ
でしょうか?まっ、何はともあれまずは本命の顔が見えたのでホッとしました。

昨年だったら1匹釣れるとスイッチが入ったかの如く次々とアタリが連発してた
よ~な気がするんですけど、今朝は後が続きません、、、


たまたま居付きの個体が食ってきただけで産卵を控えた抱卵個体はまだ接岸して
きてないのかも?そんな不安もちょこっと抱きながらエサ取りも居ないので
積極的に仕掛けを動かしたりしてアピールしてると、いきなりO本先生の竿から
けたたましいドラグ音が鳴って、、、宇和海サイズの特大ワニエソ!?

この海域でこんなサイズを見たの、わたくしめは初めてでした。(爆)


午前7時にもなれば太陽の光が皮膚を焦がしてくるかの勢いで強烈になり、
おまけに無風とゆ~ことでじっとしてても汗がダラダラ出てきます。2人して
簡易チェアに座りながら口にする言葉はアチ~~~、、、





「日本海」


こりゃ絶対お昼まで持たんなぁ~とグッタリしながらも、ちゃんと定期的に
立ち上がってサビいて 打ち返し。ミックスで戦っている為、とにかく
2人でマゴチの群れが固まってそ~な場所を虱潰しにしてゆきます。

ここまで灼熱地獄になるとたとえ日曜日と言えども他の釣り人は皆無に等しく、
たま~~~に近くを通る漁船から漁師さんらが、よ~やるわ、、、的視線で
我らを見てるくらい、、、でも、やっぱりこの気温は異常ですよっ!?


午前9時半、急に風が吹き始めて若干体感温度がマシに ♪


ここぞとばかりにせっせと動いて誘いを掛けまくっていると、またまたO本先生
の竿が悲鳴を上げて特大ワニエソ、、、JCAも横でタモまでスタンバイしてた
のにWHY~!と落胆しながらちょこっと疲れたからしばし休憩でもしようと
チェアに腰掛けた途端、


ジイイイッ!ジイイイ~~~ッ!





40cm ホウボウ


ドキッとさせられるドラグ音といい、乱暴な締め込みといい、今度はJCAの
竿に特大ワニエソが掛かったとあきらめている中、赤色の個体が浮いてきて
ビックリ。でもまぁ、こやつは見た目は派手でも非常に美味しい魚ですから
とりあえずキープしておきましょう。(笑)


まだ本格的な夏には突入してない分、気温は暑くても湿度が低めなので、
こんな感じで風さえあれば何とか耐えれますから頑張って正午までやろう
or O本先生も1匹本命を撃沈するまで粘ろう、、、など、いつの間にか
どこで見切りを付けるか?の話題ばかりに、、、

干底に近付いてきたのでうっすらでも底が見えるかなぁ~?と海の中を
覗き込んでみると、ブリーフィングの時にも書いてたイワシの大群がっ!





ただ、、、おもいっきり小さいメダカサイズですけど。(汗)


あと、ひょっとするとイワシではなく何か他の魚の稚魚かもしれませんが、
一応フィッシュイーターのベイトとなる小魚はわんさか居るわけですから
それを追ってマゴチの群れが接岸しておかしくない? → じゃあなぜアタリが
出ない?あ~~~、また分析するのに頭を悩まされております。(爆)

結局のところ、自然が相手ですから魚に聞いてみないと分からない~。


午前10時半を回り、一向にまともなアタリも出ずマンダムタイムが続いていた
ので、そろそろ潔く見切りを付けようか?そう話してた矢先に、


グググッ、グゥ~~~!


これ以上打ち返さず回収したら片付けようかと思ってたプロサーフへ、







50cm マゴチが居食いしてましたっ。


一切アタリも出ませんでしたし、塩イワシをパクリと口に入れてから
ずっとその場で息を潜めていよう。サイズは朝イチのより少し小さめなものの、
こちらの方が卵がパンパンに入ってるみたくぶっといイメージです。


最後の最後に時合い到来か?


O本先生もそれに期待して必死で打ち返しをされますが、やはりこやつも単発
だったよ~で後には続かず午前11時過ぎ、再び風が止んで蒸し暑くなってきた
のを機に撤収しましょう!と。(笑)

まだ5月なのに半袖Tシャツは午前中だけで汗でビショビショ、、、真っ先に
着替えてからゆっくり帰路につくのでした。近年の気温変化を見ていると、
日本も確実に亜熱帯化してってますよね、、、









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: がまかつ・黒チヌ 8号
■ エサ: 塩イワシ


「もう一潮待ちか?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR