FC2ブログ

地元でのお花見も終了~! 兵庫県・明石市 / 東二見


今日は久しぶり?いや、先月同じクラブのメンバーらと集まってプチ新年会を
した際にもお会いしましたから投げ釣りコラボは久しぶりって感じかな?
SurFreyja“クラックさん”と今シーズンラストのお花見でございます。


今回もありがたくも昨夜のうちに戦場入りされて場所を確保して下さってた為、
夜明け直前に現地入りしても大丈夫な運びに、、、まだ真っ暗な中、クラック
さんの車に近寄るとあれれっ!?誰も乗ってない、、、ひょっとするとすでに
釣りを始められてる?いや、、、でも釣り座には誰も居ないし、、、

とりあえず荷物を下ろしてキャップライトを付けた途端、ガチャっと車のドアが
開いてクラックさん登場!?ど~やら広い後部座席側で爆睡されていたよう。

おはよ~ございま~っす ♪ 挨拶をしたら東の空がだんだん白んできたので
超特急でタックルを組んで攻撃準備&組み終えた竿から順にエサをタップリ
付けてファイヤ~してゆきましょう。


沈黙、、、


今にもスティーブン・セガールが散歩してきそ~なくらい沈黙シリーズが続き
、あっけなく朝マズメ終了、、、カレイ作戦となるとなぜかマズメ時期は絶対
食いが立つだろうという固定観念がわたくしめの中にはあり超~気合いを
入れてたのに、、、はいっ、見事ハズしました。(爆)

思ってた以上に潮も動かず、2人してきっと潮目ができないから釣れないん
やで~!やら、アルポットを忘れてしまったらしく恒例のクラックさん特製
必勝モーニングコーヒーが無いから釣れないねんで~!などなど、
しょ~もない言い訳をしながら定期的にサビいたり、エサチェックをしたりと
あきらめずに動いていきますが、、、やっぱり、


沈黙、、、


本命のマコガレイの気配も無ければエサ盗りの気配も、スティーブン・セガール
の気配もありません、、、(爆)

あまりにもマンダム過ぎて昨夜の寝不足から即行睡魔に襲われて → クラック
さんに竿を見といてもらいながらわたくしめはしばらく地面に寝転がって
おやすみタイム ♪ 太陽が昇るとポカポカ暖かくて絶好の釣り?いや、
お昼寝日和でございますわ~。


どれくらい寝てたのでしょう?ふと目が覚めると、そこには投げ釣りは放置
プレイしながらワカメを取るクラックさんの姿がっ!?


なるほど、、、あれからも全然ダメなんや。一応、エサのチェックも兼ねて
1本ずつ仕掛けを回収&打ち返しをしていると、3本目を持った瞬間根掛かり?
ええっ、何でこんな所で根掛かりするん?どれだけ引っ張ってもガッチリ
掛かってしまってる感じなので仕方なしにラインブレイク覚悟で力を込めて
引っ張っていくと、海藻の塊からゆっくり抜けて来る感触で抜けました。

まだ重みは残ってるしシンカーだけは確実に回収できそう ♪ さっさと
リールを巻き始めると、あれっ?


グイグイグイッ、グウウッ


シンカーだけの重さだけでなく何やら締め込むんです!?







36cm マコガレイが付いてました。(笑)


足下に寄ってくるにつれて更に強く締め込んだのでこれは確実に本命!
それも40mくらいは超えてるかも?な~んて期待するも、ランディング
してみるとここら特有の超~肉厚な個体で長寸はそんなにでした。

それでもこれだけの体高があれば十分過ぎる程美味しいお造りが堪能できますし
、まずは最終戦までボウズ逃れで安堵、、、が、しかし今年は?いや、今年も
戻りシーズンではタモの出番は訪れなかったなぁ~と、、、当然毎回タモ自体は
組んでスタンバイさせてるんですけどねっ。(笑)


今日の最高気温は22℃とひょっとしたらデイタイムは少々蒸し暑く感じられる
かも?と思ってたんですが、風がそこそこ強めで動いてる間は気にならない
ものの、じ~っとしてるとちょこっと肌寒く感じます。







「東二見」


おそらくさっきの1匹は時合いでも何でもなくたまたまエサが目の前に落ちて
食ってくれただけのラッキー個体だろうと思ってましたけど、まさにビンゴの
よ~でその後はサッパリ、、、

どれだけ積極的にアプローチを掛けてもうんともすんとも言いません!


魚が投げて届く範囲にまだ残っている事を信じてひたすら打ち返すクラックさん
、、、そんな彼も午前11時頃になると心が折れてこられたのか?気分転換にと
ビニール袋と用具を片手にワカメ取りを開始!?わたくしめも興味本位に
横で取り方をレクチャーしてもらいながら少しだけキープしましたっ ♪





以前来た時に地元のおじいちゃんがくれたのはアオサでしたからメインは
味噌汁の具になってましたけど、ワカメならお造りに添えてなどいろんな
食べ方ができるので楽しみです。


正午を回って午後13時が近付いてきました。


潮はトロトロ動き出して薄っすら潮目が出始めてはいるけど一切反応は無し
、、、今日も午前中のみのつもりだったのでそろそろ見切りを付けて撤収
するわ~と話しながら回収した仕掛けから順に片付けてゆきます。

そんな中、回収した1本の仕掛けにはまだ元気ハツラツオロナミンC!と
言わんばかりにウニウニ動く房掛けのアオイソメが残っており、この
仕掛けだけもう1回打ち返しておこうとフワッと投げてから他の仕掛けの
回収&片付けを再開。

あっという間に片付けが終了し、やっぱり潔くやめようとさっき打ち返した
仕掛けを回収し始めると、


グイッ、グイッ?


んっ?何か付いてますわ~。





あはは、小ぶりながらも本命が付いてました。(爆)

ほんと打ち返したばかり!?まだ5分も経ってなかったのに、、、こんなのを
考えるといかに口を使う気分になってる魚の前にエサが落ちるかに懸かっており
、、、イコール、終盤に差し掛かって個体数も少なくなってきている今時期に
おいてはある意味運次第!そんな気がしますねぇ。


はいっ、以上で今シーズンの戻りカレイ作戦は終了でございます。


クラックさんはエサが尽きるまで引き続き粘るとの事で、もし釣れたら
ラインしますわ~ ♪ 逆にラインが無ければ何も釣れなかったと
思っててくださ~い ♪ と、、、(笑)





ラストを飾ってくれたこれら2匹はどちらも生食決定ですねっ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「沈黙シリーズ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

小ぶりだけどまだ好調! 兵庫県・明石市 / 東二見


夜明け時刻の45分前に到着という超~横着なプランで出撃し、目的の戦場が
空いてるなんて何てラッキーなんでしょう ♪

いや、たまたま今朝は空いてただけかも!?


とりあえず釣り座を確保できて一安心しながらゆっくりセッティング開始&全て
組み終えてから一斉放火となりました。

念の為に10分程経った頃に仕掛けを1本回収してみますが、前回同様エサ盗り
は皆無のよ~でエサは綺麗に残っております。これなら今朝ものんびり放置
プレイができると思い、早速コンビニで買い出してきたパンとコーヒーで
朝食タイム ♪ 日に日に気温も暖かくなってきてますしアツアツのカップ
ラーメンが無くても全然オッケー。(爆)

1投目を終えたまま30分くらい経過した頃に一番右のスピンパワーの竿先が
1回軽く押さえ込まれたのに気付き、引き続き観察してると再び、


クッ、ク~~~ッ


押さえ込まれてますねぇ。





心地良い締め込みを味わいながら34cm マコガレイ撃沈 ♪


今朝も今のところ潮は全然動いておらず雰囲気的にはダメっぽく感じてたのに
朝マズメの時合いでしょうか?幸先良く1投目から本命が釣れてくれて安堵。

時合いに入っているならもう1匹くらいは立て続けに出るかな?と期待するも
こやつのみで完全に夜は明けて朝マズメ終了。うむむ、魚の魚影自体が薄い
のか?それとも低水温がゆえに食い渋ってるのか?特にカレイ類は時合いの魚
の代表例でもありますからそれなりに粘ってみないとなかなか分かりません。


エサ盗りも皆無な中、魚に対してどうアピールすればいいか?

同じよ~にされてる方も多くいらっしゃるかと思いますが、わたくしめも戻り
シーズンはハイアピールな装飾類をチモトに入れて戦っておりますよん。

特にこの界隈では過去のデーターからしても赤色のぼんぼり!?エッグボール
と発光玉の組み合わせに実績が高く、続いて同じく赤系色の毛バリ、そして
淡水パールなどのビーズ類でしょうか?あはは、この辺はあくまで個人?
人間側の思い込みになりますけど、少なくともわたくしめはその効果を
信じております。(笑)







「東二見」


桜が満開になり徐々に散り始めてきている今、太陽が昇れば結構な暑さになって
きます、、、近年、夏場は40℃近くまでなる地元関西圏ですからまだ4月とは
いえ快晴だとポカポカ。日差しが強い今朝はポカポカを通り越して長袖を
着てると少々蒸し暑いのですぐさま半袖になって攻撃続投でございます。


午前9時過ぎ、めちゃくちゃソフトな締め込みと共に手のひらサイズの
マコガレイが1匹姿を見せ、これはリリースサイズと思うも、、、こ~ゆ~
個体に限って針を丸呑みしてエラから血を流してグロッキー、、、それでも
もしかして?と思って一旦海へリリースしてみましたが、やっぱり完全に
アウトで再びタモで掬ってキープ。

丸ごと唐揚げにでもして食べるかぁ、、、そう思いながら打ち返した後、同じ
三脚上のもう1本の竿を持ってみるとズッシリ重たい!?

おまけにリーリングを開始するとグイグイ強く締め込みますし、これはついに
、、、超~期待しながら回収してくると少し向こうの水面に白いシルエットが
浮かび上がり次の瞬間ボコッと浮きました、、、


あ~~~あ。





そんなつぶらな瞳で見つめられても、、、(爆)

少し向こうで水面にローリングしながらボコッと浮いてくる奴となればこやつ
しかおりません!乗っ込みシーズンでは定番の外道でしたが、戻りシーズン
にこんな特大サイズが釣れるのは珍しいかも。

針を外して即ポイして打ち返し、、、


おそらく今の状況からすればこやつは単発で、群れでエサを盗りに来てる感じ
はないので再びボ~~~っと放置プレイを決め込みます。

仕掛けを回収する度にエサの状況をよ~くチェックしてるものの、1投目に付けた
エサがまだ元気に動いてる状態ですからたった250g程度とはいえなかなか
減りませんわ、、、(辛)


午前10時半を回った頃、鏡のよ~に静かだった水面にやっとこさ潮目が浮かび
上がってきて少しやる気が出てきます!

今朝は朝イチからず~っと放置プレイをメインに戦ってきてますから、この辺で
ちょこっと気合いを入れて攻めの戦術に出ようと仕掛けを頻繁に動かし積極的に
アピール開始 自分でも動かし過ぎじゃないかな!?とまで思えるくらい
サビきまくってると、

動かした後、ステイさせたばかりの竿先にアタリが出て、


グイッ、グイッ、グイッ!





33cm マコガレイ撃沈 ♪


それもアオイソメではなく塩マムシに食ってきました。(笑)

こ~ゆ~のを見てると結局、魚の目の前にエサが落ちて、その魚に食い気さえ
あればどんなエサでも食ってくる?そんな風にも思えてしまいます。そんなのを
考えると積極的にサビきまくるのも渋い状況下では多少メリットがあるのかも。


その後も攻めのスタイルで通すものの、再びアタリは出ることなく午前11時、
見切りを付けて撤収、、、


またまたエサが残ってしまい少量ですから放流してこればいいのに持ち帰って
来てしまったJCA、、、普段、アオイソメの500gと言えば大した量でも
ない?むしろカレイ作戦においては1kgは欲しいと考えてしまいがちの中、
必死に使おうとしても残ってしまう今の状況、、、そこにマコガレイがまだ居る
のならめちゃくちゃ最高のコンディションと言えるのかも!?





集合写真を撮った後、最後の1本の竿に40cmちょこっとのセイゴ?ハネ?
が付いてて、銀色に輝く綺麗な個体だったのでとりあえずお持ち帰り
してきましたよん。(笑)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩マムシ


「まだいけそうかも?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

無事開花 ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見


関西圏の投げ釣りでは毎年人気の戻りカレイシーズンですし、平日とはいえ
ひょっとすると結構釣り人が居るのかも!?ちょこっと不安になりながら
阪神高速 第二神明と経て戦場へ、、、夜明け時刻から1時間前くらいの
午前5時に到着してみると人っ子一人おりません!

まずは良かったぁ~とホッとしながらも今度はスタートが例年より早かった
のを聞いてましたから、もう下火になってるのかも?そんな不安が過ったり
しながら戦場入りしてセッティング開始。


遠征用から近場出撃専用リールにチェンジさせて以来、今朝が初めてフィールド
となるPAスピンパワーをセット、、、と、今気付いたんですが、そ~いえば
新しい道糸だけ巻いて結構長期間放置してあり力糸もまだ巻いてない状態
だったのに気付いて超特急で作業!?

セッティングが完了した竿から順にファイヤ~してゆきましょう。


グイッグイッグイッ!


全ての竿を投げ終えてから一番最初に投げた竿を持ってみると、





そこそこの重量感と共に締め込んでくるのでいきなり大型の登場!?な~んて
ドキドキしてると、32cm、26cm マコガレイのダブル。

水面に浮いてきて大型ではないのを見た瞬間少々ガックリするも、地元では
なかなかダブルってのも起きませんからすぐにラッキーとゆ~気持ちにシフト。
あはは、ど~しても先月青森遠征での感覚のままだとそ~思ってしまう。

サイズは置いといて、2匹の個体を見るとその驚くべき肉厚さにビックリ!
やっぱり明石産のマコガレイは産卵後の個体とはいえ、超~筋肉質で
見事なまでの体高を誇っておりますよね。見るからに美味しそう ♪


朝マズメにドンピシャで食いが立ったのか?10分もしないうちに再びサビいて
みた仕掛けに生体反応がっ!


グウウウ~ッ


心地良い締め込みで足下付近まで横走りしながら、





33cm マコガレイ撃沈 ♪


攻撃開始から幸先良くパタパタ~っと3匹本命を撃沈できて幸せ~。

潮は戦場入りした頃からほぼ止まったままで水面はまるで鏡のよう、、、
この界隈では潮の止まる寸前 or 動き始めにアタリが出るイメージが
あったんですけど、戻りは違うのかな?最初はそんな風に状況を読んで
いたんですが、よ~く考えてみると初っ端のダブルから今さっき撃沈した
個体までほぼ同じ投点付近で釣れてたよ~な!?


気になってその投点周辺に仕掛けを数本集結させてみました。


すると、すぐにアタリが出て、、、

あはは、な~んて絵に描いたよ~な流れにはならず、しばらくエサも一切
盗られないマンダムタイム、、、戻りシーズンは基本、水温が1年で最も低く
なった後に再び上昇し始める時に訪れる為、大体どこもエサ盗りは皆無に
等しい感じとなります。

こ~ゆ~時は暇を持て余さないよ~に超~頻繁に仕掛けをサビいたり動かし
ながらこちらから魚にアピールを掛けていく戦術がベスト!少なくとも
わたくしめはそう思ってますので積極的に動かし広範囲を探り続けます。


グイッ、グイイッ


あきらめずにひたすら攻めの戦術を貫いてるとついに生体反応!





35cm マコガレイ撃沈 ♪


やっぱり潜んでいたねぇ~。

どれだけアピールを掛けても一向に反応が出ない中、信じ続けた甲斐が
ありました。リーリング最中に2回程強く底へ潜り込む抵抗を見せたので
40cmくらいは超えてるかな?って期待したんですけど、40cmはおろか
5cmも足りない個体でした。(泣)

だけど上の写真をご覧になって頂ければお分かりのよ~に朝から釣れてくる
魚は全てプリプリを超越してブリブリ!?にまで肥えた超~肉厚な個体ばかり
なんですわ。そんなのもあって一瞬大型じゃないかと間違えてしまう、、、


午前8時半になると高く昇ってきた太陽の光がめちゃくちゃ眩しく、そして
気温も20℃近くまで上昇して半袖のTシャツ1枚でもいけそ~なくらい
蒸し暑い、、、これでも少し風があれば涼しいのかもしれませんけど
朝からず~っと無風状態。







「東二見」


すでに釣果が出てるので今までの攻めのスタイルは一旦中断して、しばらく
ポカポカ陽気の下、日光浴でも決め込もうと、、、のんびりコーヒーを飲み
ながらスマホをいじいじ、、、時々竿先も忘れずチラ見しながらマンダムタイム
を過ごしていると水面に薄っすら潮目が浮かび上がってきました。

おおっ!?潮が本格的に動き出したのかな?この変化に再び気合いが入って
仕掛けをまた頻繁に動かしたりしてみますが反応は無し、、、


午前10時半を回る頃には潮目もクッキリ&目視でも潮が流れているのが
分かるまでになり、更に期待だけは膨らむもやっぱり反応無し、、、
返ってくるシンカーを触ってみるとヒンヤリ冷たく、まだまだ水温は低い状態に
あるのが窺えますし、乗っ込みシーズンは半端じゃない程エサ盗りが酷い界隈
なのにず~~~っと綺麗に残ってくるのが何よりの証拠。


この調子じゃ確実に仕入れてきたアオイソメ500gなんて丸1日粘っても
使いきれる状態じゃないですし、持ち帰ってまた次どこかへ出撃する時まで
保存しておこうと!そう決めると何だかこれ以上粘るのも疲れてきて
即行片付けモードに~。(爆)

1本1本仕掛けを回収して片付けていく中、3本目くらい?に回収し始めた
仕掛けに重量感がっ、


ググゥ~~~


もしかして!?





もしかしました。(笑)

でもサイズは似たよ~な感じの34cm、、、ここらでは目安として目測で
40cm近くありそ~ならタモを入れるよ~にはしているものの、残念ながら
今日は出番が無さそう、、、

ってゆ~か残りの仕掛けには何も付いておりませんでしたからこれにて
終了でございます。(笑)


アオイソメもまだ半分以上残ってますし、戻りシーズンって基本アタリが遠く
めちゃくちゃ退屈ではあるものの、個人的にはマシンガンキャストが求められる
乗っ込みシーズンよりは遥かにのんびり戦えて好きかも?

今回は急に思い立っての出撃にはなりましたが、無事花見カレイの顔も拝む事が
できて満足な朝になりました。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「桜満開 ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

40cm マコガレイ頭に数釣り! 兵庫県・明石市 / 東二見


おはよ~ございますの次に出てきた言葉は、ほんと今朝はめちゃくちゃ
暖かいねぇ~、、、前回は確か車内で暖房を付けて厚着で仮眠されていた
SurFreyja“クラックさん”も今朝は薄着。

わたくしめも今着てるフリースで十分かな?と思いつつも念の為にミドラー上下
を着用して攻撃準備に取り掛かりましたが、結局完了する頃には蒸し暑く
なってきて脱いでしまう始末、、、

そんな感じで攻撃が始まるも、2人して即、


今朝はエサ盗り半端じゃないよね!?


シーズンイン以来、同じ界隈ではあるものの、戦場自体は2~3ヶ所変えて
きてるけど、どこもかしこもエサ盗りのチビカワハギやベラ、フグが湧いてて
閉口させられる状況が続いてきてましたが、今朝は更に酷いかも、、、


グウウッ!





普通に投げて届く範囲内はエサ盗り地獄なので、早速1本をデルナー天秤に
交換&ショート仕掛けでおもいっきり遠投してみると着底後すぐアタリが出て
1投目から27cm マコガレイが登場!?

ひょっとすると遠投域はエサ盗りが少ないのかも?な~んて期待したのも
束の間、、、再度打ち返すと他と同様ほぼ瞬殺の勢いでエサが掠め取られて
しまいます、、、ど~やらさっきのはたまたま仕掛けが落ちた所に魚が居た
だけの偶然っぽい、、、


なんか今シーズンは毎回似たよ~なパターンで、本命が食ってくるのが先か?
エサが無くなるのが先か?の状況。

これはやはり水温がまだ高い事が大きく関係していると思われますねぇ。台風
なんて誰も来て欲しくないと思いますが、台風の直撃が一度も無ければ
今年みたく海をかき回される事がなく高水温がず~っと続いてしまう、、、
むむむ、投げ釣り師にとっては修行のコンディションやぁ、、、









「東二見」


やっとこさヘドロも消えた?ほとんど付着してこなくなりましたっ。

今思えば今シーズンの乗っ込みカレイ作戦はまだ一度も雨に遭ってないかも?
まっ、これも偶然なんでしょ~けど快晴の日が多くエサ盗りを除けば最高の
コンディション続きです ♪


午前8時にもなれば太陽が照り付けて予報通りかなり暖かい陽気に。


最初はミドラーを抜いでフリース着用で戦ってたのがそれでも蒸し暑くなって
きて最終的には半袖Tシャツになっちゃいました。(爆)

今朝はまだ時合いと思われるタイミングが一度も訪れていない為、休憩する
余裕も無く必死で打ち返す2人、、、投げても投げても即素バリにされてしまい
ますからほんと辛い。


グッ、グッ、グゥ~~~ッ!


久しぶりに竿先が押さえ込まれたので特大のフグか?と思ってると、







40cm マコガレイ登場 ♪


初めの重量感だけでは本命かヒガンフグか分からなかったけど、リーリングを
続けていくうちに底へ潜りつつ足下付近に来るまで浮いて来なかったので
もしや!?と喜んだ感じ。


午前9時過ぎ、緩んでた潮が徐々に反転&動き出し、それに呼応するかのよ~に
エサ盗りが一瞬静かに!?それでも完全にストップしたわけではなく、たまに
エサが残ってくるよ~になレベルに。

1匹本命が飛び出したわけですし、ここが今朝の最初で最後の時合いかも?
そう思いとにかくエサが少しでも残ってくる位置に集中して仕掛けを投入して
いくと、竿先にアタリは出なかったものの、

居食いに近いパターンで立て続けに2匹撃沈 ♪







サイズ的にはどちらも30cmに満たない小ぶりな個体でしたが、それでも
地元神明間では身が分厚くて嬉しい本命!そして何よりも食べて美味しいから
ありがたや ♪ こやつらは唐揚げに決定です。(笑)


おそらくこの時合いも長続きしないんだろうなぁ~と思っていると、見事この2匹
撃沈しただけで再びどこもかしこもエサ盗り三昧と化してしまい終了、、、
いや、終了というか、もしかするとまだ食いが立ってる状況なのかもしれません
が、本命が食ってくるより先にエサ盗りにやられてしまう為に釣りが成立しない
と言った方が早い感じ?

攻撃開始からちょくちょく針掛かり&水揚げされてきてたフグは比較的小ぶりな
奴ばかりだったのがここに来て巨大化!?

竿先をガンガン叩くアタリと共にローリングしながら水面に浮いてくる特大の
ヒガンフグが連発しだしてエサのみならず最悪な場合はチモトからスパッと
噛み切られてトラブルが増えてきました、、、





まぁ、予想しうる状況ではあるので耐えるしかないか、、、


時間が経つにつれて潮流が速くなり、特大ヒガンフグに加えてミニサイズの
カワハギまで出てきてエサ切れ納竿まっしぐら!


クラックさんに1匹釣れたら何とか2人揃ってボウズ逃れと最後まであきらめず
に打ち返すも、みるみるエサが無くなってゆき終了。もうエサが残ってません
から今投げてある竿を回収したら順次片付けていこうと話していると、

投げたばかりでまだ5分も経ってない竿先がググッと押さえ込まれたので、一気に
大アワセを入れてみると結構な重量感!

最後の最後でもう1匹40cmオーバーが来たか!?と慎重に回収したら、





33、25cm マコガレイのダブルでした ♪


あはは、できればダブルではなく大判1匹だった方が嬉しかったんだけど、、、
いやいやそれは贅沢な望みですねっ。(笑)


ここに来て2回目の時合い到来?


だったのかもしれませんけど、すでにエサ切れになってますから強制的に終了
となり帰路へ。エサをもっとたくさん持参してればそれを検証できてたものの、
決して少量しか持参してないわけでもなく今シーズンは非常に効率の悪い釣りに
なってるよね~とクラックさんと話しておりました。

他と比べて食味が大して変わらないのなら可能な限り効率の悪い釣りはしたく
ないけど、ここで撃沈する魚の美味しさを知ってしまうとやめられませんねぇ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「エサ盗り凄いよね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

40cm イシガレイ!? 兵庫県・明石市 / 東二見


満腹になったところで早速戦場へ向かうと、確かに釣り人はめちゃくちゃ
少ないものの、超~運が悪く入りたいと考えた場所には先客がっ!?

それもまだ入られたばかりか?今現在セッティング中みたいな感じでしたから
ほんの少しの差だったのかも、、、まぁ、吉野家でゆっくり朝定食を食べていた
わたくしめがアホだったのであきらめて違う場所を求めてGO。


何ヶ所か回った後、今朝は久しぶりに外海に近い位置で竿を出してみようと
ようやく落ち着いた頃には時刻はもう午前6時20分!すでに朝マズメに
突入しておりましたっ。


超特急で攻撃準備に取り掛かり、出来次第即遠近投げ分けていくと全ての竿を
出し終える前に2本目に投げた超~近投仕掛けにアタリが出て、







38cm マコガレイ撃沈 ♪


あっさり1投目から釣れちゃうとどこか安堵すると共にひょっとしたら今日は
結構釣れるかも!?な~んて妄想しちゃいがち、、、朝イチからハイテンション
になりながら肉厚なマコガレイを締めて同じ場所へ打ち返し。


するとお次は遠投してた方の竿先に何度もノックすると~なアタリが出てアワセ
を入れてみると、極細のアナゴ、、、こちらは美味しいのかもしれないけど
捌くのが億劫なのでポイ&再び気を取り直して遠投をかけると、

着底とほぼ同時にまたまたコンコンとノックするアタリが出たと思えば急に
鋭く竿先を押さえ込んだので慌てて上げてみると、





そこそこ肝パンな良型カワハギ


サイズ的には25cmまではありませんでしたが、体高があって超~美味しそう
だったのでこやつはもちろんキープでございます。


攻撃開始前は巻き替えたばかりの新品ラインも即、1投目からヘドロでベトベト
になってしまうんだろうなぁ~、、、やら今朝もエサ盗り半端じゃないかも!?
などマイナスな事ばかり考えていたのに、この2匹の連発劇のおかげでそんなのも
一切気にならなくなって夢中で打ち返しモードのJCA。(爆)





でも、この数日間で海の状況は少し変わったのか?潮が動いてる時間帯でも
ご覧の通りヘドロもそんなに付着して来ず以前に比べるとかなりマシに。

これでより快適に戦いができるようなったしあとはカレイを釣るだけ~ ♪
頭の中ではすでに今朝は食いがいいはずと思い込んでしまってた為、2匹目も
すぐ釣れるだろうと考えてました、、、


が、しかし!


しばらく放置してても一向に反応が出なくなったので気になって回収してみると
全ての仕掛けが素バリ状態!?

チモト付近のハリスがボロボロになっているのでおそらくフグの仕業と思って
るとすぐ、でっかいのからチビちゃんまで次々とフグが針掛かりしてきて
チ~~~ン、、、

明るくなるにつれてエサ盗りもお目覚めになったみたく高活性。


結局、毎回一緒のパターンでマシンガンキャストが求められ → みるみる
エサが無くなっていく状況、、、ちなみに今朝は後日の遠征用に残して
おかないといけなく、一応アオイソメは500gくらいまででやめようと考えて
おります。うむむ、果たしてあとどれくらい持つか?







「東二見」


ここんとこず~っとお天気がいいですねぇ ♪

夜明け直後はミドラー上下を着用してないと肌寒く感じておりましたが、太陽が
完全に昇ると一気に気温も上昇して20℃近くのポカポカ陽気。打ち返しなど
体を動かしていると蒸し暑くなってきて半袖でいけちゃいます。


午前9時を回ると潮もほとんど止まってこのタイミングでフグの活性も一旦マシ
になったのに、今度はチモト付近はザラザラにはならないものの、エサが
掠め取られるのと引き換えに白くネットリとした繊維状の物が付着してくる?

はいっ、針掛かりはしてこなくても何の仕業かすぐ見当が付きますけど、
念の為に確認をと仕掛けが着底したらすぐおもいっきり大アワセを入れて
みると見事にフッキング!(爆)





予想通りのカワハギ、、、


フグと入れ替わってチビちゃんのカワハギが湧き始めたよう。

これが朝イチで釣れたよ~な良型ばかりだったらぜひとも数釣りしたいん
だけどこのサイズじゃねぇ、、、それに針も大きめの物をセレクトしているのも
あってなかなか針掛かりもしてきません。


仕掛けを投入して5分も持ってないうちに素バリになっているよ~だから相当
湧いているっぽい!?こんなペースで打ち返しているとまもなくエサ切れに
なるのでカワハギの群れが居なさそう or 見つかりにくそうな部分を探して
遠投&片方は足元直下に近いくらいのド近投と極端な距離帯に絞って
ラストスパートを掛けてみましょう。


全て遊動式L型天秤で戦っていた一部をデルナー天秤にチェンジして飛距離
重視のショート仕掛けでおもいっきりフルスイング → 止まっていた潮も
トロトロ動き始めたタイミングでした。


グググッ、グッ、グッ!


竿先に明確なアタリがっ。







40cm イシガレイ撃沈。


タモも準備はしてあったものの、ついついいつものクセでポ~~~ンと
抜き上げると、あれっ!?マコガレイにしてはどこか違うよ~なイメージ
、、、そう思って近くで見てみるとなんとイシガレイでビックリ。

外海に隣接したロケーションというものあってかな?この界隈じゃ久しぶりに
顔を見たよ~な気がします。(笑)

明石海峡に面したこの海域で釣れるイシガレイはさぞかしマコガレイ同様身が
締まってて美味しいんちゃうん!?火を通してしまうとゴロンゴロンの石みたい
になっちゃうこやつも新鮮な状態でお造りにすると絶品なんですよね~ ♪
下手するとある意味マコガレイより美味しく感じる事も、、、


そろそろアオイソメ500g分が終わりそうになってきたので、回収した竿から
片付けモードに入り一番最後の竿を上げようと持った瞬間、


何やら生体反応がっ!


今度は超~近投の仕掛けでございます。





27cm マコガレイとよくいるサイズの個体。(笑)


はいっ、以上で全ての竿を片付け終えましたので撤収で~っす。

やっぱりエサの残量を気にしながら戦うのって個人的にやりにくいので
次回からは1kg持ち込んだら、気にせず納得がいくまで使って、その上でもし
残ったら次の出撃に回すというスタンスでいきたいと思います。

ほんとお世辞抜きで明石界隈で獲れるマコガレイってめちゃウマなので時間が
あればすぐ釣りに行きたいって思っちゃうんですよね~。今朝も午前11時までの
短時間勝負となりましたが、カレイは3匹確保できましたから満足かな。


さて、帰還したら遠征の準備に取り掛かりますか~!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「アオイソメで十分」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR