fc2ブログ

50cm ヒラメ撃沈で納竿! 和歌山県・串本町 / 串本湾





午前3時のオープンと共に活アジを20匹仕入れ。

ほんとはもう少し多く仕入れるつもりだったんですが、お店の人から今在庫
してるアジは全て若干小さめで痩せてる個体ばかりと聞き、それなら20匹で
お願いします、、、今時期ならおそらくサビキでアジも釣れるかと思いますし
とりあえず攻撃開始からの数投分があれば何とかなるかなぁ~と。


アジを仕入れたら戦場まで車を走らせ、ちゃちゃっとセッティングを済まして
早速アジ釣り開始でございます。


が、しかし、アミエビを撒いて底から様々なタナを探ってみるも釣れてくるのは
ネンブツダイのみ、、、常夜灯もありますから絶対どこかに居るはずなん
でしょ~けどどれだけ頑張ってもアジの姿は無し、、、1時間近く粘って
みるもサッパリなので嫌になって車に戻ってしばし仮眠。(笑)

まだ真っ暗な午前6時半に起床して仕入れてきたアジを次々と投入してゆきます
が、、、シ~~~ン、、、静かなものです。


次第に明るくなってきた午前7時に突如1本のプロサーフの竿先がゆ~っくり
押さえ込まれて、再びポンっと戻り、また押さえ込まれてゆき、


ジ~~~~~~イイイッ!


多くを語る必要はありませんよね、、、


この底を這うよ~なドラグ音とアワセを入れた途端に手に伝わってくる重量感&
へばり付くよ~な抵抗、、、前回の宇和海遠征でも連発して腕がパンパンに
なったので忘れもしませんわ。

正体が分かってても一応、姿を見るまでは!と水面まで浮かせますが案の定
茶色のでっかい座布団みたいなシルエットが浮かび上がってきて、、、あはは、
茶色の座布団だけなら超~嬉しい場合もあるものの、


見事に長い尻尾が付いてます。(爆)


はいっ、さよ~なら~。


また今朝も連発してくるのかな、、、まぁ、泳がせ釣りでは税金みたいなのだし
仕方ないんだけど、、、暇潰しをするかのよ~に再びサビキを始めると、おっ
、ラッキー ♪ やっと今になってポロポロとアジが釣れ始めました。

サイズもエサにするにはちょ~どいい感じでしばし夢中に。









「串本湾」


明るくなった途端、頭上には美しいまでの青空が広がり気温もみるみる上昇!
年末とは思えない陽気でございます。

例年なら今頃は防寒ウェアフル装備で熱いお湯を沸かしてコーヒーやカップ
ラーメンをすすりながら凍えてる事が多いのに、、、年々温暖化で変わって
きてるのが目に見えて分かるのがちょこっと怖くありません?

今日1日だけで言えば最高の釣り日和ですし納竿釣行としては無風ベタ凪で
完璧過ぎるコンディション、、、だけど、肝心な魚が釣れてくれないと!?


夜明け直後にエイが1匹アタってきて以来、延々と沈黙。


定期的にアジがちゃんと生きてるか?仕掛けが絡んでないか?などチェック
してはいるものの、アジも元気にいつまでも生きてますしほんとに近くに外敵が
居ないよう。この状態ならアジも十分ですし先にサビキタックルを片付けて
ぼ~~~っと日向ぼっこ、、、ルアーを投げてるお兄ちゃんと話しても
今朝は全くフィッシュイーター的魚は居ない気がするとの事、、、





足下に目をやるとご覧の通りどこもかしこもベイトとなる小魚でビッシリですし
、大型魚に追われてバシャバシャというナブラも一切ありません。

午前11時半を回りあと30分で正午って時間帯になっても沈黙で、今年の
納竿釣行はボウズか、、、覚悟が決まってきた頃、

それは突然でした!


ジィ~~~~~~ッ!


最初はエイみたいにゆっくり竿先を押さえ込んでドラグを鳴らすも即ストップ。

しばらく待ってみるも、それっきりドラグ音は鳴りません、、、でも竿先は
押さえ込まれたままの状態ですし、


待てないわたくしめは竿を持ってアワセを!







50cm ヒラメ撃沈 ♪


フッキング後の締め込み方からエイとは全く違ったのでひょっとして!?
期待しながら寄せてくると茶色いシルエット。

ありがたくも本命が姿を見せてくれましたぁ ♪


サイズは、、、決して大きくもありませんけど、釣れてくれただけでも感謝
しないといけませんわ。1匹でも本命がいるのとボウズじゃ全然違いますしね。

毎度の如く、1匹釣れたからまだ絶対他の個体も居るはずとやる気モードに
なって必死に打ち返し、、、をしてもさすがに今朝の雰囲気だともう1匹追加は
夢のまた夢、、、そんな気がしてあと1時間だけと決めて攻撃続投し終了。
その後もシ~~~ンと沈黙のままでした。(笑)





これにて2023年は納竿でございます。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 5号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: オーナー・鰯ヒラメ 18号
■ エサ: 活アジ


「1年間お疲れ様でした」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

パッとしないまま終了、、、 兵庫県・明石市 / 東二見


時間が時間だけに戦場に到着すると、、、


あれっ!?誰も居ないやん。(笑)


終盤に差し掛かっているからか?それとも釣れてないからか?見渡す限り
人っ子一人おりません、、、ラッキー ♪

相方のSurFreyja“マダイ師匠”と話しながら釣り座をチョイス。彼は
カレイ作戦と並行して泳がせもしたら青物が来るかも?みたいなノリで
活アジも少々持参されていたので潮通しの良い部分に入られ、わたくしめは
少し手前で陣を構えます。


グウウウッ?


1投目から弱々しいけど何やら締め込みがっ、、、





イイダコ!(爆)


近年あまり見かけなかったマダコ、イイダコですが、特にイイダコは
今シーズンはしょっちゅうカレイの仕掛けに掛かってきて大量発生中?
と思えるくらい。まぁ、タコは明石を代表する海産物の1つになりますから、
数が増えてきているのはいい事ですよねっ。

こやつはマダコと異なり火を通してもあまり身が硬くならないのでいろんな
料理に使えますし、当然美味しいのでキープ。


マダイ師匠はなんと1投目から30cm半ばの良型マコガレイを撃沈されたみたく
1匹お土産が確保できたから、これで泳がせ釣りに専念できるわ~とおっしゃり
ながらせっせと打ち返しをされております。


グゥ~~~ッ!


これはおそらく本命のはず。








36cm マコガレイ撃沈 ♪


わたくしめも負けじとアオイソメをマシンガンキャストしてると、それに応えて
くれたのか?超~肉厚なメスが釣れましたぁ。


グイッ、グイッ、グイ


更にラッキーな事に撃沈した魚を締めてクーラーに入れたりしてる間に
、もう1匹居食いしてたみたく仕掛けを回収しようと持った竿から魚信がっ。





ジャスト30cm マコガレイ撃沈 ♪


あっという間に本命を2匹キープできて無事ボウズ逃れもできました。


あとはエサが無くなるまで打ち返し続けるのみ!朝から青空が広がって
最終戦を飾るには最高のコンディションと喜んでいたんですが、、、

午前8時を回った頃からだんだんグレーの雲が空一面に蔓延り始め1時間も
しないうちに暗くどんよりしたお天気に!?確かに事前にチェックしていた
天気予報では終日曇りでお昼前からまとまった雨が入ってたので逆に
考えれば早朝の青空が異例だった!?


ここで不思議な事がっ!


朝イチから毎度の如くエサ盗りがおもいっきり湧いてて投げても投げても
即瞬殺されてしまう状況だったのが、ちょ~ど曇り始めたくらいから
ピタッと止まってエサが残るよ~になってきました。

空も今となっては完全な曇り空!朝イチのあの青空は一体、、、







「東二見」


おっかしいなぁ、、、最初のうちは一方向のみエサ盗りが消えたと思ってた
のがどの方向へ投げても、どの距離帯に投げてもそのまんま残ってきます、、、
仕掛けを回収した際にシンカーを触ってみるも全然冷たくありませんし、
ちょこちょこサビいたりして誘いを掛けてても反応無し、、、

おまけに潮はまだ全然動いていないのに急にラインにヘドロが絡むよ~に
なってきてみるみるうちにラインが汚れてきました。

このリール、PAスピンパワーに巻いてあったのは初夏のマゴチ作戦時に終盤の
方で巻き替えてまだあと1~2回くらいは出撃できる状態だった物ですが、
あはは、ここまで汚れると確実に即巻き替えですね。


また潮の動きに変化が起きたらエサ盗りの活性を上がってくるかも?もちろん
望まれない活性なのでこのままの方がいいんですが、ほんと厳寒期を越えて
水温が底まで落ちた戻りシーズンの海みたい、、、、

一気に暇を持て余すよ~になってしまったので、マダイ師匠の所に行って
状況を伺ってみるもあれからカレイもアタらなければ泳がせ釣りもうんとも
すんとも言わないよう!水温もまだ温かいのでアジはず~~~っと元気に
海底でいつまでも泳いでいるとのこと。(笑)


グッ、グッ、グッ、、、


しばらくして陣地に戻ってみると何か付いてるかも!?





28cm マコガレイが居食いしてました。


更にお隣竿にも何やら付いてる感じで回収してみると26cmのキスがこれまた
居食い、、、いや、アタリは竿先に出てたのかもしれませんけど、わたくしめが
陣地から離れていたので気付かないまま。(笑)

午前11時になってもエサ盗りの活性は上がる事なく長時間放置してた
アオイソメもそのまま、、、この感じじゃまず持参したエサを全て使い切れない
ので持ち帰って塩イソメにでもしよ~かなぁ~と思ってるとマダイ師匠から
正午になったら片付けようと提案があり、賛成~!


一応、今回で地元における乗っ込みカレイ作戦は終了にするつもりですから
最後まで気を抜かず攻めのスタイルで打ち返して、、、そう自分自身に
言い聞かせながら広範囲を探って、かつ誘いも頻繁に掛けたりしましたが、
結局その後反応は無いまま終了。

釣れただけ良しとしないといけないけど、もう1匹くらい大判が欲しかった!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「不完全燃焼?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2匹でも釣れたので良しと、、、 兵庫県・明石市 / 東二見


先週、宇和海遠征の帰りに残ったアオイソメを使い果たすべく明石に寄り道して
戦った朝の数時間、、、そこでまさかの50cmのマコガレイが釣れてビックリ!

仲間内で場所や仕掛け、エサ、アタってきた状況など詳細情報をシェアしながら
ひょっとして今になって大型の個体が多く接岸してきてるのかも、、、そんな
予想を立ててるうちに居ても立っても居られなくなった相方!

あはは、早速今朝コラボする事になりました。(爆)


逸る気持ちを抑えれない相方ことSurFreyja“クラックさん”は昨夜の
午後21時は戦場に到着してたそ~で気合いの入り方が違います。

そして、わたくしめが戦場に到着した午前5時半過ぎにはまだ真っ暗なのに
すでにタックルを組み始めて即ファイヤ~!逆にわたくしめは極細のアナゴや
ゴンズイなどお呼びでない夜の外道を避けるべくある程度明るくなってきてから
しか攻撃開始となりませんので、ゆっくりセッティング。(笑)


グゥ~~~ッ!


おっ、この締め込みは?







39cm マコガレイ撃沈 ♪


夜明け早々、心地良い重量感と締め込みと共に良型が顔を見せてくれましたぁ。

驚くほどに超~肉厚な個体だった為、ランディングした直後は余裕で40cm
オーバーだろうと思ってたら、実際には1cm足りませんでした。(笑)

ここまで身がパンパンに膨れ上がった体高のある肉厚個体はまさに明石ならでは
で、こ~ゆ~よ~な個体が釣れる時期が毎年乗っ込みカレイシーズンのピーク
タイム!最盛期だとわたくしめは考えております。


何はともあれボウズ逃れできたのと、またお寿司が食べたいなぁ~と思ってた
のでベストサイズが釣れてくれました。


その後、時合いかと思いながら必死に打ち返すも後には続かず、ひたすら
エサ盗りの猛攻、、、まぁ、このエサ盗りに関してはいつもの事なので2人共
慣れっ子ですから気にせずガンガン打ち返し。

クラックさんにも早いうちに1匹釣れてくれたら気が楽になるのになぁ、、、
そんな話しをしている最中、何やら強く締め込みますわ!?となり、あっさり
42cmの立派なマコガレイを撃沈されました ♪







「東二見」


ご覧下さい、この笑顔。(爆)

良かったや~ん、おめでとう ♪ と2人して喜びながら今朝は魚の活性が高い
かもしれないし、まだまだデカいのが出るかも?

めちゃくちゃやる気モードになって次々とアオイソメ、ニヤニヤが止まらない
クラックさんはアカイソメを投入してゆきます。


あっ、そうそう!の写真をご覧になってもお分かりになるかと思うんですが、
クリアーカラーのラインがヘドロでめちゃくちゃ汚れてるんです、、、一昨年は
かなり酷ったものの、不思議にも昨シーズンはシーズン通して皆無、そして
今シーズンも前回の出撃時までは一切付着してこなかったのに今朝は
仕掛け回収時に結構な量が絡んできます。

これって付着するとラインの色も変色すれば、ラインと接しているライン
ローラーを始めリールの至る所に飛び散って汚れるのでうっとうしいんです
よね~。帰還して入念に洗ってやれば綺麗になるもののナイロンラインに
関しては乾くと艶消しっぽくなって即コーティングはアウト、、、近場出撃
とはいえ即行巻き替えたくなります、、、


さっきのクラックさんの撃沈劇から1時間後の午前9時に再び彼の竿が
曲がって今度は良型のイシガレイ。

わたくしめも何年か前にココでイシガレイを撃沈した事はあるものの、大半は
マコガレイで滅多に釣れないイメージがあるんですが、やや細長い典型的な
シルエットと黄土色のボディに、あれ?っと思いました。(笑)


グッ、グッ、、、グ~~~ッ


本命っぽいけどあまり締め込まないなぁ、、、





26cm マコガレイでした。(爆)


そりゃこのサイズなら重さも締め込みも弱いわけですわ。

ただ驚きなのが、やっぱり明石産とゆ~だけあって30cm未満の小ぶり
ながらも体高だけはかなりあるんです!まさにずんぐりむっくりという
表現がベストマッチする個体。


サイズはともかく今朝は超~いい感じちゃうん ♪


本命が1匹釣れるごとに2人して盛り上がりながら時間も忘れてせっせと
打ち返すも、気付けば、えっ、、、エサが終了!?

あはは、釣りに夢中になれてたのは素晴らしい事なんだけど、終わって
みれば2匹のみと盛り上がってたわりにはちょこっと寂しい釣果、、、おまけに
今朝はお持ち帰りできるよ~な外道すら釣れませんでしたし、ひたすら
エサ盗りにエサを与え続けただけ!?(爆)

まぁ、2匹でも釣れたので良しとしないとねっ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・サーフストリングEX 2号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「ついにヘドロがっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50cm マコガレイ撃沈! 兵庫県・明石市 / 東二見


特朝定食でお腹が満たされ、いざ戦場に行ってみると、今朝は見渡す限り
キャップライトの1つも点いておらずガラガラだったので入りたいと思ってた
場所へGO。今朝もそこまで冷え込んでおらず夜明け前からのセッティングでも
全然余裕~ ♪ ってゆ~かいつになれば本格的に寒くなってくるんでしょう?

まぁ、冷え込んでくると車から外に出る事すら億劫になってきますから、
むしろ今のよ~な気温がしばらく続いてくれた方がいいんですけどねっ。





虫エサの中では一二を争うくらい長い間生きているアオイソメ、、、だけど、
やっぱり木箱に入れた状態では日に日に弱っていきますし塩イソメなどに
しないのならさっさと使ってしまうのが得策!

個人的には1kg程度残っていれば塩締めにしたりするんですけど、さすがに
500g前後でヒル石まみれとなると、、、あはは、ちょこっと面倒臭いかなと。


それに今は地元明石界隈では乗っ込みカレイの最盛期ですし、それなりの
量のエサがあるなら行っとくしかないでしょう!(笑)


午前6時40分になるとキャップライトも不要になってきてたのでそろそろ
攻撃開始。全ての仕掛けを投入した後、早速エサ盗りの活性をチェックすべく
一番最初に投げた仕掛けを回収してみますが、、、


言うまでも無く素バリ!


当然ながら驚きも、嘆きも一切ございません、、、なんせこれがいつもの
乗っ込みシーズンの状況ですしこれに耐えながらひたすらキャストし
続けてるうちにどこかでアタってくる、、、いや、そのアタってくる可能性を
信じて打ち返し続けるだけ。


バタン!?


投げた順に仕掛けを回収してる最中、それもまだ攻撃開始から10分程度しか
経ってない時にいきなり真横のスピンパワーの竿尻が一瞬浮いてズレて戻ると
共に竿先が深く押さえ込まれてます。

気になってすぐにアワセを入れてみると、


グウウウ~~~ッ!


重量感溢れる強い締め込み。







50cm マコガレイ撃沈 ♪


えっ、えええ~!?

まさか1投目から本命、それも超~特大サイズが釣れるなんて夢にも思って
ませんから、最初のうちは結構適当にリールを巻いてたんです、、、それが
手前に寄れば寄るほど底へ向けて激しく突進し始めてもしかして!と。

一応、今朝は昨日までの宇和海遠征に持参したタックルのままですからタモも
普段近場仕様で使ってる60cmより一回り大きい70cm枠なので余裕で掬え
ましたが、それでもこのサイズ感、、、そして何よりおもいっきり肉厚で
はち切れんばかりにパンパンのボディをしております ♪


こんな早いうちからビッグワンが登場してくれたので、気持ちは一瞬で楽に
、、、呪縛から解放された気分でございます。(爆)





もう満足も満足!今シーズン最大となると1匹を撃沈できちゃた為、あとは
エサが無くなるまで気楽に消化試合と思ってると、教科書通りに朝マズメに
時合いが訪れていたのか?この後すぐにもう1匹、29cmと小ぶりですが
顔を見せてくれます ♪


今朝は型物のみならず数も狙えるんちゃうん!?


そう期待したのも束の間、2匹目撃沈後はひたすら、







エサ盗りに素バリされてゆくだけで、たま~に針掛かりしてくるもどれも小さい
、、、チャリコだけは手まり寿司用にキープしてます ♪

唯一、サイズは20cmだけど超~肝パンなカワハギがあはは、スレ掛かり
してきたのでこやつだけは美味しそうでキープ ♪ スレ掛かりしてくる
程って相当湧いてるのかもしれないのに実際にはなかなか掛かってきません
ねぇ、、、でも今年の関西圏はどこもかしこもカワハギが湧いてるよ~ですし。


こんな感じで完全に明るくなってから投げても投げても延々にエサが瞬殺されて
ゆくだけ、、、きっと午前9時までもこの調子じゃ持たないなぁ~。







「東二見」


元々遠征専用リールとして考えていたリールなので、ココ、明石でおニューの
パワーエアロTDで投げているのってわたくしめ的にはちょこっと違和感!?

まぁ、今朝は急遽残ったアオイソメを消費すべく帰り道に立ち寄った感じに
なってますから仕方がないんですけど。

でも、、、実際に使ってみて今後このリールをどのよ~に導入していくべきか?
よく考えないといけないなぁ~と思ってるのが現状。とりあえずナイロン3号を
巻いた標準スプールのみで戦える作戦専用で導入していくのは確定かな。


時計を見るとまだ午前8時を回ったとこ、、、だけどエサはあと僅か、、、
ノンストップでひたすら打ち返しをしてるとやっぱりこの量じゃ全然
足りませんね。特にわたくしめの場合、常にごっそり房掛けって感じ
なのでなおさらかも。(笑)

残ったアオイソメの残量を見ながらそろそろ終わりかなぁ~ってヒル石に
埋もれた何匹かを集め、

再び打ち返しをしよ~と近投してた仕掛けを回収し始めると、


グイッ、グイッ、グイ





34cm マコガレイが付いてました ♪


この竿は投げてからそんなに経ってないはずなので、着底と同時に食ってきた
って感じかな?エンドレスなエサ盗り状況を考えるとラッキーにも本命の目の前
にエサが落ちてくれればアタってくる可能性があり、離れた所に落ちると即
エサ盗りの餌食って感じっぽい、、、全ては運次第!?(笑)

それが現実なら今朝は超~ラッキーな朝になりますよね ♪


予想通り午前9時までエサは持たず無くなってしまい終了。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'23パワーエアロTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「デカいマコやぁ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

開幕戦からボウズは無いけど、、、 兵庫県・明石市 / 東二見


地元明石でのカレイ作戦となれば毎年乗っ込みも戻りも頻繁にご一緒している
あの方!SurFreyja“クラックさん”と今朝はコラボでございます。

予想通り夜明け時刻の1時間前、午前5時20分に待ち合わせ場所に到着すると
ちょ~ど外に出て突入準備をされておられ、わたくしめも超特急で準備してGO。


まだ暗い中、キャップライトで手元を照らしながらゆっくりセッティングに
取り掛かり、ど~せ暗いうちから投げてもまともな魚はアタってこなさそう
なのでエサの節約を兼て東の空が白んでくるまでしばし雑談タイム。

午前6時過ぎに一斉放火となりました。


1投目からエサ盗りは凄まじく毎度の如く5分も持たずして綺麗に素バリにされて
しまいます、、、まぁ、地元の乗っ込みシーズンはひたすら打ち返し続ける事が
当然になってるので2人共話しをしながらもず~っと動きっぱなしで打ち返し。


グイグイグイッ


攻撃開始から30分くらい経った頃でしょうか?





27cm マコガレイ撃沈 ♪


30cm満たないアベレージサイズにはなるものの、1匹でも釣れてくれると
めちゃくちゃ嬉しいのが地元でのカレイ作戦!とりあえずボウズ逃れできて
ホッと、、、長寸はイマイチでも明石界隈ならではの超~分厚くて筋肉質な
個体で美味しそう。


やる気になったで~!と更に打ち返しの頻度が高くなったクラックさんにも
続けて30cmオーバーの個体が釣れて2人して大喜び ♪ ほんと価値ある
1匹と思えちゃいますわ~。

これが朝マズメの時合いだったよ~で、太陽が昇って明るくなると共に止まって
しまいエサ盗りの嵐、、、今朝は定番のミニサイズのカワハギ、ベラに加え、
ヒトデもちょくちょく掛かってきますねぇ。潮は結構勢いよく動いてるのに
ヒトデがアタってくるなんで底潮は緩やかなのかな?でも、、、水深自体も
大してありませんしヒトデがイケイケモードなのか!?(爆)





あと、最初のうちはポイしてたんですけど、イイダコも明るくなるとやたら
掛かってくるよ~になり、途中から煮付けにしようと食材用にキープ開始。


午前7時前になると潮流が更に速くなり仕掛けが一方向へみるみる流されて
いくよ~になり、それと同時にエサ盗りが少しおとなしくなってきました!

これはチャンスかもと潮の動きを考えながらオマツリなど無駄なトラブルが
発生しないよ~に仕掛けを投入してゆき、これまでより若干長めに
仕掛けをステイさせてると、


グウウウ~ッ!


竿先にアタリは出てませんが、エサ交換の為に竿を持ち上げると締め込みがっ。





27cm マコガレイ撃沈 ♪


あはは、1匹目と全く同じサイズでした、、、締め込み方や重量感から
もうちょこっと大きいかなと期待したんですけど、残念ながら30cmには
達してませんでした。

だけどこの時間帯で2匹撃沈できて、かつエサ盗りがおとなしくなった
今にまた時合いが訪れているのなら今朝は結構数釣りが楽しめるのでは!?
そんなのは完全に夢物語でこやつが釣れた直後から再びエサ盗りが
うるさくなり始めて瞬殺されるよ~に、、、(泣)


打ち返しても、打ち返しても次々と素バリにされ、たま~に何か付いてる
重量感があり期待してハンドルを巻いても締め込みなどは一切無いまま
イイダコ or ヒトデ、時々チャリコ、、、みたいな。







「東二見」


時間の経過と共にエサ盗りの猛攻だけが激しさを増してもの凄いスピードで
アオイソメが無くなってゆきます、、、

ずっとこんな状態が続くのなら、この先本命の顔を見るのはかなり厳しいん
ちゃう?まだエサがあるうちに前回わたくしめがたまたま逃げ場として
入って46cmを撃沈できた場所に移動してみるのも手かも?などクラックさんと
話し合うも、結局ココからそんなに離れてない場所になりますし同じ繋がってる
海ですからエサ盗りは一緒ちゃう?

ってな結論に至りエサ切れになるまでココで粘る事に。


午前10時前になるとエサもあと僅かになって終わりが見えてきました、、、


そ~なんです!わたくしめが2匹目を撃沈してから約3時間近く延々とエサだけが
瞬殺されてゆくだけの状況でございます。


グッ、グッ、、、グググ


締め込み方が何とな~く本命とは違うよ~な?





水面に浮いてきた時は茶色っぽかったので一瞬もしや!?と思いましたが、
すぐ横走りしてやっぱり、、、エサ盗りのカワハギでした。

ただ、おもいっきり肝パンで22cmあったのでこれはお土産にキープ&
その後すぐ横の竿にも似たよ~な締め込み方で小ぶりながらもカワハギ。

針掛かりしてくるまで活性がアップしてるならカワハギでもいいし~なんて
思ってると、あはは、これっきり水揚げされてくる事はなくなり先にあっけなく
エサが尽きてしまいました。


クラックさんもエサはほぼ無くなってきてるものの、あと数回は打ち返しが
できそうなので最後の最後まで粘られるとなり、わたくしめだけお先においとま
させて頂きましたぁ。もし奇跡が起こって1匹釣れたらLINEしますわ~と
おっしゃってましたが、連絡が無かったので、、、(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'98スピンパワー405AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・サーフストリングEX 2号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「今年は接岸少なめ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア