そこはミニガシラ・ヘブン!? 兵庫県・新温泉町 / 三尾


午後3時45分頃突然鳴り響いた電話で叩き起こされたJCA、それは待ち合わせ
をしていた“マダイ師匠”からで今、豊岡市に入ったとこやから少し遅れるわ~
、、、と!?ええっ、出船時刻は午前5時ですからそれって間に合うん!?と
不安になりつつも待っていると午前4時25分には到着されましたっ。(驚)

一体どんな運転をして来られたのか?果たして電話を頂いた時の位置が本当に
豊岡市に入ったとこだったのか?全ては謎ですがとりあえず無事間に合って
渡船乗り場に到着&準備をしたら即出船となりました。


もう5月ですし着実に水温も上昇傾向にあるので、もしかしたら微妙かも?と
思いながらも、2人でのんびりやれる戦場 沖磯へ渡ろうという案を最優先
してやって来た今日、船頭さんからも毎年5月になると一気に釣果が聞こえなく
なるよ~と初っ端からジャブを食らいながらの渡礁~!(笑)

さすがの連休中で、いつも週末とはいえそこまでたくさん釣り人を見かけない
のに今朝ばかりは人、人、人!で3番船にまでなっている状況、、、だけど
そのほとんどは上物&ルアーのお客さんで投げ釣りは我ら2人のみでしたっ。







「三尾」


ラッキ~にも1番船に乗せてもらえ海に出た我ら、戦場知識を増やす為にも毎回
異なる初めての磯に渡してもらうよ~にしているJCA、、、船頭さんから今回は
底は結構荒いけど水深もあって魚影が濃い場所と逆に底は砂地がメインだけど
水深は5m以下でかなり奥まってて魚自体が薄い場所ならどっちにする?と
聞かれ、それなら、、、やっぱ魚影が濃い方がいいでしょと選択!

が、しかし、、、これが地獄への入口だったとはこの時点では2人とも
気付きませんでした、、、


足場は低くかつフラットで投げ釣り師にとっては超~やり易いコンディション!
早速三脚を等間隔に並べたらミックスで遠近投げ分けてゆきましょう。

投点によって送り込みがかなりあり水深15m前後まである部分もあれば、
いくら遠投してたとはいえ送り込みがほぼ皆無な激浅部分もある不思議な感覚
、、、とりあえずエサ取りの有無もチェックしたいので全ての竿を投げ終えたら
最初に投げた仕掛けを回収してみることに、、、


すると、


!?


ひやぁ~~~、全ての仕掛けが根掛かり!


冗談抜きでどこへ投げても回収時になると根掛かりで竿を引っ張ってる状況
、、、マダイ師匠もこりゃちょっと酷いなぁ~と閉口されてますが、磯変わりと
言っても大所帯の大物投げ釣り!再び片付けてというのも少々面倒臭く&
おまけに船頭さんに電話をしたくてもドコモ、au共に圏外、、、やれるだけ
やって無理ならあきらめようとなりました。(笑)

ひたすら根掛かりを切っては仕掛けを修理して投げ返しを繰り返す中、ようやく
一部分だけ根掛かりはあるもののまだマシ?無事回収できる事もある位置を発見
し2人してそこに集中砲火してると、


・・・。


アタリは出てないけど少々重い!?





チビちゃんカサゴのオンパレード!


相当数が溜まっているのか?ほぼ入れ食い状態で掛かってきます。

水揚げしてはポイをしてると普段小物はまずお持ち帰りにならないマダイ師匠が
何やら今回は誰かに渡す当てがあるらしく小さすぎる個体を除いて背後の
水溜まりに浮かしてあるスカリにほ~り込んでくれとの指令がっ!(爆)

それにしてもこんなにど~しますのん?な~んて言いながらJCAも釣れたら
即スカリへほ~り込み攻撃続投しますが、はっきり言ってこやつ以外は根掛かり
があるくらいでまともな魚は皆無、、、もしかすると近くに他の魚は居るのかも
しれませんが、先にこやつらがエサ取りとなってアタックしてくるのでそれらの
口へ届かすとなると至難の業!







午後になっても一向に猛攻が止む気配はなく、、、ってゆ~より一体どれだけの
数がいるねん!と叫びたくなるよ~な数。あまりに小さすぎるのはポイしてます
けどそれでもアベレージサイズ自体が小さくエサ取りという感覚。

今、思い返してみれば昨年も通ってる最後の方はミニ・ガシラばかりになって
フェードアウトみたいな、、、やはり水温の上昇と共にこやつらの活性が格段に
アップし本命らを釣るのが非常に難しくなるパターンにあるんでしょうねぇ。

要するに、


今がまさに冬魚から夏魚へシフトする時期。


上物や他の釣り含め、一般的にGWが終わって次の大潮の後くらいからは海は
完全に夏魚モードになると言われたりしますし微妙な時期と言えば微妙なの
かな?戦場の水温によって差が顕著に見られる時期ですから更に難しい。

もうあきらめてらっしゃるのか?平たい部分に寝転がってお昼寝中のマダイ師匠
の横で機械のよ~に打ち返してるJCA、あと1時間すればそろそろ片付けて
いかないとってゆ~頃に突如アタリ連発劇が訪れましたっ!?


ジイイイッ!


もの凄い勢いでドラグが鳴ってドキッとさせられるも、正体は、





チビちゃんのコブダイ、、、ギリギリ40cm満たないサイズのコブダイが3匹
くらい連発し再びカサゴ天国、、、これ以上は見たくないってほど釣れて釣れて
釣れまくってきますのでさすがのマダイ師匠も、もうええわ!とキープするのを
ストップされましたよん。(爆)

最後のコブダイらだけは他の赤い連中に比べたら大きさもあるのでせっかく
なんでこれらはほ~り込んでおきますわ~とスカリに入れて終了、、、バカンス
気分のはずのGW日帰り作戦はチビちゃんカサゴと根掛かりの修行となって
しまいました。だけど久しぶりにマダイ師匠と楽しめましたぁ~ ♪

撤収間際に引き上げたスカリの中身を出してみると、





あちゃ~~~、真っ赤ってゆ~かよくもまぁ、同じ場所からこんなに釣れた
ものだぁ~、、、そこには感心の言葉しかありませんでした。(笑)

まともな獲物と言うと1匹だけ混じったこれまたコブダイと一緒でギリギリ
40cm満たないアイナメくらい?いやはや、頭の中では密かにババガレイが
ど~だのと想像してたのは見事真っ赤に染められ散ってゆきましたとさ。


今日のデーターも当然来シーズンからの戦場選びの参考になるので上がってから
船頭さんに磯の名前から周辺の海底のストラクチャーなど詳しく情報を教えて
もらい帰還して参りましたっ。あはは、もちろんここはもう二度と渡りたくない
リストに追加された感じなんですけどね~っ。(爆)

帰り道は予想に反して終始至ってスムーズに流れて帰って来れましたよぉ。


次回から本州ではターゲットを夏魚にシフトしたいと思います!




「となるどんな魚?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

46cm アイナメにババガレイ ♪ 兵庫県・新温泉町 / 三尾 (2日目)


ホテルにチェックインしたのが午後20時過ぎ、そこからお風呂だけ入って
即バタンキュ~になってますから7時間は寝れているはずなのになぜか
今回だけは2人して眠い眠い~状態のまま集合&出発となりました。

それでも途中コンビニの食べ物より温かくまだマシな物が食べたいね~と
立ち寄った牛丼屋で朝定食を頬張ってるうちに“O本先生”もわたくしめも目が
パッチリに その後待ち合わせ時間通りにコンビニの駐車場に行くとすでに
スタンバイオッケーの“高ちゃん”が待っておりすぐバイパスを経由して
海沿いに東へ、、、早朝なので1時間掛からず「新温泉町」に入るのでした。


本当は2日間共磯に渡りたかったものの、昨日は風とウネリが非常に強く出船
できない旨伺っていたのでよほど荒れない限り上陸可能な賀露一文字をチョイス
したってのがありました。今朝もややウネリが残っているものの大丈夫と聞いて
おり、また昨日は3人揃って見事な惨敗を飾ってしまったのもあり何としても
今日は1匹くらいまともな魚を撃沈しないと格好付かないなぁ~とプレッシャー
掛かりまくりで午前6時出船。(笑)







「三尾」


最初は前回と同じく浜坂の磯にしようか?と考えてましたが、船頭さんに電話
してみるとここんとこ急に投げ釣りのお客さんが増えて、今日だけでも結構な数
の予約が入ってると!?それならのんびりできる三尾の方がいいやろ~となり
直前でこちらにスイッチ&それが吉と出たよ~で人もまばらで超~快適空間 ♪


やはり想像以上にウネリが取れてないらしく渡せる磯に制限があると伺うも、
とりあえず3人一緒に上がれる広い磯に上げてもらうことができ早速攻撃開始
1投目よりチビちゃんのコブダイ、イソベラ、チャリコとここらの磯じゃ
見慣れた外道がおっはよ~とちょっかいを掛けてきます。

写真をご覧になればお分かりのよ~に目の前にはすぐ離れにある島との海溝が
あり、この部分は非常に水深が浅いものの魚っ気があり、他の大海原へキャスト
すると水深はタップリあるものの生体反応は少なめ、、、当然海溝を狙うと
なると根掛かり覚悟にはなりますが、

幸先良くO本先生が30cm後半のババガレイをゲットしましたよん ♪





こやつを撃沈するのは北海道に住んでいた頃以来と大喜びで顔はプライドと栄光
に満ち溢れております、、、超~内輪ネタでしたっ。(爆)

上陸早々にババガレイ登場で3人共ハ~イテンションになりつつ打ち返しますが
、なかなか思い通りの魚は食ってきてくれずあいかわらずコブダイ、イソベラの
連続、、、そんな中、1本だけ沖の岩礁と砂地の境目辺りへ投げていたJCAの
竿からドキッとするよ~なドラグ音が1回だけっ!?


ジイイッ!







46cm アイナメ撃沈 ♪


回収してくる時点でゴンゴンと頭を振っているよ~な抵抗を見せてたのできっと
アイナメやな~と予想が付きそしてまさにビンゴでした。

お初でイモムシみたいな?ロックオモリなる物を使ってみてますけど胴付き
スタイルのよ~にオモリが一番下の位置に来る仕掛けになら根掛かり防止効果を
抜群に発揮してくれそ~なもののこのよ~に改良名古屋天秤など用いて誘導式
L型天秤に近い吹き流しスタイルでやると効果は半減しちゃう感じがしますねぇ
、、、まっ、根掛かり多発ゾーンで誘導式L型天秤を用いる事自体がちょこっと
ばかし無理があるので当然の成り行きと言えば当然かな?

ど~してもこ~いった場所で胴付きスタイルを使うとなると捨てオモリにして
安価な六角オモリで手返しを増やして攻める方が慣れているので。(笑)


ってな感じでいろんな戦術を織り交ぜながら頑張るもやはり海溝付近にアタリが
集中する上、時間が経つに連れウネリが大きく西面は荒れてきたのでさすがに
狭い範囲に3人で攻めるのは大変とわたくめだけ高台になっているやや東寄りの
部分に移動することに。実際に移動してみると険しい岩山を登る感覚で大変っ!







足元にフラットな面が多い高台はちょ~ど背後に岩の壁が存在してて風裏に
なって超~快適、、、なんですが、直下からドン深でかつ少し投げるとすぐ砂地
になってる絶壁ストラクチャーは壁面に沿って潮が非常に速く流れており投げる
位置によってはみるみる流されオーバーハングしている細い海溝に仕掛けが
食われてしまいます、、、お初に入る場所ってこんな事ありますよね~。


とりあえずどうやったら高確率で仕掛けを回収する事ができるのかあれこれ
試す事から始めてる間に向こうではO本先生がもう1匹さっきと似たよ~な
ババガレイを、そして高ちゃんもアイナメを撃沈されてます!

い~な~~~と大声で聞こえるよ~に言いながら必死に根掛かり&プッツンと
格闘してるとようやく投げる方向、位置によって流れに乗っても上手く仕掛けを
食う海溝を避けれる事を発見したJCA、

すでに時刻は午後に突入し撤収時刻まであと2時間も無い感じでした。


ゴンゴン、、、ク~~~ッ


竿先を数回ノック後、押さえ込む鈍いアタリ?







38cm ババガレイでしたっ。


サイズはともかく久しぶりにババガレイの煮付けが食べたいね~と昨日から
話してたのでラッキ~ ♪ この界隈じゃアイナメをメインに狙う中、時々外道で
アタってくるのは有名で毎回釣れてくれないかなぁ~と密かに期待している所は
あったので今日は合計3匹と良い方じゃないでしょうか?


この頃からエサ取りの外道連中一切アタックして来なくなりどこへ投げても
エサが綺麗に残ってくるよ~に、、、

潮が切り替わったタイミングでしたからしばらくこんな感じが続くのでは?と
話してるうちに撤収時刻は近付いてきて午後14時半、その後目立った釣果は
出ないまま片付けモードに入るのでした。





今度は海が全く荒れておらずどこの磯へも上陸できる日を狙ってまたチャレンジ
したいなぁ~と思います。まずは全員ボウズ逃れで良しとしましょうか。(笑)

何より2日間、3人でワイワイできたのが一番楽しかったですし次は何しよう?
次はあれやろ~など今後もこ~いったスタンスで趣味の投げ釣りを楽しんで
いけたら最高ですねっ。まずはみなさん、お疲れ様でしたぁ~ ♪

あっ、ちなみに帰りは当然、O本先生とお気に入りのラーメン屋に寄り道
してから帰還しましたよん。(爆)




「どこのラーメン屋?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

美味しいアイナメを求めて、 兵庫県・新温泉町 / 浜坂


どんな事でもそ~ですが頭の中で構想、計画を思い描くのは容易でも実際に
実行に移してみると相当無理があったり大変だったりするもの!まっ、今回に
関しては事前にしっかり準備&予想外の電話が無ければそれなりにちょこっとは
睡眠が取れてたはずなんだけど、、、改めてスケジュール管理の難しさってのを
痛感している今日この頃でごじゃいます。(笑)


午前3時に迎えに来て頂いたSurFreyja“O本先生”の車に乗り込んで、
高速に乗る直前に寄ったコンビニ辺りまでは記憶にあるものの、その後、寝てて
下さいよ~という神の声を聞いたと同時に爆睡夢追人に、、、気付けばもう
待ち合わせ場所の「新温泉町」のローソン駐車場でした。

ここでもう1人の相方、同じくクラブ員の“AKBさん”と合流&買い出しを
済ませたら車で5分程度の渡船乗り場までGO!





「浜坂」


今朝はやや波が高いよ~で上がれる磯に制限がある旨、船頭さんから伺っており
提案された磯が微妙なら一文字の方がいいかも?と、、、

わたくしめら、本命ターゲットに今時期美味しくなるアイナメを据えているのも
あり最初から磯目当て!さすがに一文字は、、、となり外向きはウネリで厳しく
内向きメインにはなりそ~だけどとりあえずやれそうな磯に上陸することに。

コンディションがイマイチだからか?週末なのに上物釣り師の数も少なく
ビックリさせられたくらい、、、


まずは荷物を高台にまとめて置き3人で手分けして三脚を立てるといういわゆる
陣地の設営から開始&満潮になっても大丈夫かな?と思えるギリギリラインで
セッティングが完了すれば一斉放火です!


ジャアアア~~~


ウィ~~~ン!!!


1投目から全員の竿にひっきりなしに出るけたたましいアタリは、







全てコブダイのお子ちゃまたち、、、


O本先生とJCAで釣っては即ポイ、ポイしてるとAKBさんが大切そうに
クーラーにキープされてるのを発見し、それなら我らのもど~ぞと全て贈呈
、、、過去に食べられた事が無いらしく一度試してみたかったんです~と ♪

いやいや、漁師の娘さんを奥様に持つAKBさんですからきっとゴージャスな
料理に様変わりするんでしょ~ねぇ~、い~~~な~~~ ♪


ミニ・コブダイ以外にアタってくるとすれば定番のイソベラやカサゴくらいで
本命に関してはチビちゃんすら釣れません!





どこの磯に上げられるか分からなかったのもあり、今回は久しぶりに3号以外
にも5~8号のラインを巻いたスプールを持参し、実際に起用したのは5号!

上がる直前に内側は岩礁帯が多くてあまり砂地は無いと伺っていた通り、
やはり下手にサビきす過ぎると根掛かりが頻発しL型天秤ならショート1本針、
他には胴付きスタイルも用いて攻めることに。

5号ならそれなりに飛距離も出せる上、ある程度の引っ張りに対しても粘り強度
があるので心地良く戦えてますねぇ。これ以上ガチガチになってしまうと8号
なんかの登場になるのかもしれませんけど、内側とはいえ対岸までそれなりの
距離がある沖磯ですから広範囲を探るならこれくらいがベストかな?


上がってすぐ、北東方面からやや強めの風が吹き始め糸フケ管理が面倒に
なりますが、こ~いった磯なら必ず風裏になる部分があるのでアタリ待ちの時
はそこに3人固まってあ~だこ~だ雑談タイム!スマホでBGM代わりに音楽まで
流しちゃって超~リラックスできる環境を構築する事ができましたよん ♪


ゴンゴンゴン、ジイイイッ!


いきなりわたくしめのスピンパワーの竿先がノック&ドラグ音に、







午前10時前、ようやく本命の43cm アイナメ撃沈!


遅すぎるって突っ込まれちゃうかもしれませんが、東北~北海道で撃沈して
くるアイナメよりこちら山陰方面の個体の方が遥かに身が引き締まってかつ、
脂も乗って超~まいう~って事に気付いたJCA、それ以来今時期になると
専門に狙うよ~になってます。(笑)

北海道の個体も煮付けや味噌漬けなどにしたら美味しく頂けるものの、結構
身にアニサキスが入っている事が多く基本は火を通したディッシュ!それに
対して瀬戸内や山陰で撃沈してくる個体にはアニサキスはまず入っておらず
お造りにしても絶品なんです ♪

大阪の北新地の料亭などでは旬のアイナメはアマダイほどではないけど高額で
取引されてますしお造り、お寿司も時価となり驚くよ~な値が付くのは有名。


この時間帯が時合いだったのか?急にアタリが増えてきて、







O本先生、AKBさんにもアタリがっ!


全員本命を1匹は確保できたのでまずは良しとして、あとはお迎えの時刻までに
どれだけ数を稼げるか?になる中、ラッキ~にもたまたま投げた方角に溜まって
いたのか?立て続けにJCAの竿にアタリが出て、

両方共同サイズとなる33cm アイナメを2匹ゲット。







アイナメってつがいで居る魚として知られているので1匹アタってくるとそれに
呼応するかのよ~に同じ場所でもう1匹来るパターンがよくあります。それを
狙ってとにかくアタリが出た付近へ打ち返すという戦術がビンゴでしたぁ。

また先日青森で外道で掛かってきたのより遥かに大きい30cm マゾイ
飛び出したりしてクーラーの中はバラエティー豊かな根魚釣果に、、、


更にアタリは続くかなぁ~と期待するも午前中だけで終了となってしまい午後に
なると再びイソベラ、カサゴ、、、その上フグも回ってきたのか?ハリスから
プッツンされたりするケースも出てきて結局本命を追加することはできず
午後13時15分、片付けてかないといけない時間になっちゃいました。





お迎えがもっと遅くまであれば、、、とは思うも、今日は全員午後14時上がり
だったのでしゃ~ないですねぇ。でもまぁ、3人共ボウズは無かったので楽しく
やれたと思います ♪ またリベンジしたいね~と言いながら帰りは再び
ローソンに行ってお楽しみの試食会までしちゃいましたよん!?




「アイナメいいね ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

やっぱり運を使い果たした!? 和歌山県・南紀 / 串本


目が覚めた頃には道の駅・すさみ前の交差点。


あれからず~っと助手席で爆睡してたと思うと少々驚いちゃいますが、再び
南紀エリアまでやって参りました。海沿いを走る国道に入ってすぐのコンビニで
さっと買い出しを済ませて列を成して走る遅い車についてくとあっという間に
いい時間になり渡船乗り場到着後即乗船手続きを済ませたら船へ、、、

今日は久しぶりに快晴予報なものの明けてから風が非常に強くなる予報が
入ってるせいか?日曜日にも関わらず釣り人はまばら、、、当然ながら風裏に
なる釣り場をチョイスしないと特に投げ釣りでは投げ辛くかつ糸フケ管理も大変
になるので船頭さんと相談の上、いつか入った事のある平たい定番磯へ上がる事
にします。最近の情報では日によってかなりムラがあるけど、数は出なくても
まあまあ型のいい個体があがってるそ~な、、、ワクワク ♪

いや、実はですね~、、、ちょこっと前にマダイ師匠と訪れた際に上がった磯
一帯は記事にも書いてましたが、エサ取りが半端じゃなく正午で強制撤収せざる
を得なくなってしまいましたし、本命のカワハギも数は出てもアベレージサイズ
が小さい!まぁ、相手は一応回遊魚ですから日によっても回遊している群れが
異なっているんでしょ~けどねぇ、、、

そんな事から今回はあちら側は避けたかったんですわ。(笑)


グッ!?グググッ


竿先に出てた微弱なアタリに対してアワセを入れてみると、





やっとこさ1匹、27cm カワハギ撃沈。

攻撃開始から約2時間はまともなアタリも無いままひたすら沈黙、、、エサも
全く取られないからある意味こっちの方がありがたいで~と隣で竿を振る
SurFreyja“O本先生”と最初のうちはそんな事話してたんですが、次第に
ほんまに魚おるんかぁ~!?って不安になり始めて、、、まさにそんな最中の
事でしたのでちょこっとホッとしましたぁ。(笑)


1匹出たから群れが近くにいるはずと必死にサビいたりアピールするも同時に
エサ取りまで目覚めちゃったよ~でさっきまでがウソと思えるくらいの頻繁で
素バリ発生!?何度かエサをかすめ取られる中、タイミング合わせてフッキング
させてみると名前は何て言うのか調べてませんが、超~小さい艶やかな赤みを
帯びたカサゴ系の魚ばっかり、、、ガシラかな?まっ、即リリースなんで
ど~でもいいんですけど一気にエサの消耗スピードがアップします。

そんなこんなで忙しなく打ち返しをするうちに太陽は完全に昇り防寒着無し
でも十分戦えるくらいの陽気に ♪

ただ、、、予報通り北西風ももの凄い勢いで吹き始め、ちょ~どJCAらの
戦場は鼻の裏になって風はギリギリ遮られてるものの少しでも投げればシンカー
が強い風力に押し戻される状態、、、横風になってて結構釣り辛い感じ。







「串本」


お互い夕方から用事が入ってるので今日は午後14時の迎えで撤収と見回りに
来た船頭さんに伝え、引き続き頑張るもど~やらカワハギの群れは薄いようで
素バリ or 謎のガシラ?はたまたたま~にキタマクラ程度でパッとしません。

だいたいカワハギにしゃぶられた時には針に虫エサの白い繊維が残ってる事が
多くそれが目安になるものの、それも皆無で群れが回って来てないと言った方
が適切な環境下、時間だけが流れてゆきます、、、


正午を回ってあと1時間ちょっとしかないで~と焦りが出始めた頃、ようやく
わたくしめの竿から超~短いドラグ音が1回のみ鳴って、





2匹目の登場~、、、だけど小ぶりです。(笑)

この手は群れでいるかな?と思うもこやつも単発組みたく後が続きません。


潮が切り替わって潮流が若干速くなると素バリに加え部分によっては根掛かりが
頻発し焦りに拍車を掛けてきます!それに悩まされながらまだ1匹も撃沈されて
ないO本先生は今日はもうダメでしょ~と潔くあきらめモードになって休憩を
入れられながら戦っておられます。(笑)

あっ、うまそうなクリームパンを食べてるなぁ~、、、ってゆ~か毎回
クリームパンを食べてるよ~な、、、と思ってるとドキッとするよ~な鋭い
ドラグ音が一瞬ですがO本先生の竿から鳴り響いてこれでボウズ逃れ~と
2人して喜びながら水面に浮いてきた個体を見てビックリ!?





こやつは結構デカいんちゃう?の予想は当たりで31cmの分厚いカワハギを
最後の最後でゲットされたO本先生、顔には一気に笑顔が戻ってニタ~っ ♪
おめでとうございまぁ~す!


結成されたばかりのSurFreyjaではまだまだ大物記録も少なく今はみんなで
ドンドン釣りに行って魚を釣ってこないといけない時期ですのでまともなサイズ
のカワハギが出てくれてほんとに良かったっす ♪ みんなで作り上げる記録と
思うと頑張ろう~ってやる気が出てきますしねぇ~。(笑)

これで満足して帰れるやん!と話してるうちにお迎えの時刻も近付いてきました
ので打ち返しは止めて片付けモードに。


本日は見事にド貧果、、、やはり1月で運を使い果たしたかな!?







午後14時の上がりはわたくしめら2人ともう1人の3人のみ、、、他の
みなさんは最終の午後16時まで粘られるよ~で今日ばかしはもう少し
やりたかったのもあって2人して、い~~~な~~~。(爆)




「次回頑張りましょう」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

無風、ベタ凪の下で ♪ 和歌山県・南紀 / 串本


自宅から200km少々の距離も最近高速無料区間が延長された事で非常に
アクセスが楽になりましたっ ♪ 一昔前まで南紀エリアまで行こうとなると
途中からグネグネが多くなる国道42号線をひたすら南下して、、、睡魔に
襲われて、、、の繰り返しだったのを覚えておりますねぇ。(笑)

待ち合わせのコンビニに到着したのがちょ~ど日付が変わっての午前0時15分
頃、すでに到着されて車内でくつろいでらっしゃった“マダイ師匠”に挨拶を
してすぐ夜戦場へと向かいますが、北西風がモロに当たって超~極寒な上、
近くで竿を出されてた方に伺っても今夜はサッパリと聞いて竿出しする前より
萎えてしまった2人、、、結局な~んもせずそのまま引き返して先にコンビニで
買い出しをしてから朝まで仮眠タイムとなりました。


そして、起きろ~!というスマホのアラームが鳴り響いた午前5時前、外気温は
マイナス1度と表示されております、、、ここらも地名を聞いただけでは冬でも
温暖なイメージがあるんですけど、実際には冷え込みますよね~。ポカポカな
車内でゴソゴソ身支度を整えているうちにマダイ師匠も起床されたよ~で
早速渡船乗り場へGO~。

平日かつ大会でもなさそうなのに駐車場が車で溢れかえってる中、早くから列に
並んで乗船手続きをするのが億劫に感じてしまった我らは適当に空き始めてから
船頭の所へ、、、すると、な、なんと入りたかった2ヶ所の磯候補はすでに
先客アリ!?普段からグレの人はあまり入ってるイメージが無いのでやっぱ
ターゲットは一緒?珍しいっ、、、

仕方ないのでまだ空いてるという磯へ上げてもらう事になりました。


ジイイイッ!?





1投目から即、短いけど鋭いドラグ音が鳴ったと思えば良型メイチダイ

もとからそこまでデカくならない魚ですしこのくらいあれば大きい方!また、
食べても非常に美味しいので生かしておこうと持参してたメッシュスカリに
ほ~り込んで海へドボンです。(笑)

もう1匹来ないかなぁ~と思いながら2投目、、、3投目、、、そして竿4本全て
投げ終えた時点で最初の竿を一応回収してエサ取り状況をチェックしてみると、


ありゃっ!?まだほんの少ししか経ってないのに素バリ、、、


気になって他の3本も上げてみると同様にいつのまにかエサをかすめ取られて
しまってるんじゃないですかぁ。(驚)

そう、、、実は以前来た時もエサ取りが酷すぎて途中で磯替わりをしたくらいで
まさか今回も?と思いましたが、そのまさかとなってしまいました、、、でも
過去でここでも超~いい思いをしているJCAですのからど~しても心のどこかで
期待しちゃってる部分もあるんですよね~。

攻撃開始早々、マシンガンキャストを強いられる事になりましたが、背後の山
から太陽が顔を覗かせる時間帯になってくると本命からのシグナルも出るよ~に
なってきましたよん ♪


コツコツコツ?


コンコンッ







ご覧のよ~に最大でも25cm前後と決して大きいとは言えない個体がほとんど
ですが、JCA的にはFISH DINNERネタ目当てですからアホみたいに小さい
個体以外は全てスカリに入れてキープ。マダイ師匠もクソっ!エサだけ取って
いきやがった、、、やら、おっ!釣れた釣れた~ ♪ と、それなりに楽しんで
おられるよ~でホッとしました。(爆)

同じ界隈でも場所によっては北西風が酷く荒れまくりモードにあったりする中、
今朝の戦場はほぼ無風でのんびり楽しむ事ができてます。







「串本」


確か昨年は一度もカワハギ作戦はしなかったので、久しぶりのチャレンジに
なってますがたまには面白いですよねっ。

ベタ凪の澄んだ海へ向かってファイヤ~! コツコツと出る微弱なアタリを
取りながら戦う作戦、、、と、ここまで?いや、この通りになってくれるなら
非常にありがたいんだけど、

あいからずエサ取りも全開でみるみるエサが減ってゆきます。


なんとかお昼までは持たせようと竿数を1本減らし、またもう1本と最終的に
2本体制で戦うも超~マイクロサイズのカワハギ、キタマクラ、トラギスの
オンパレードの前歯が叩かない状態で渡船が午前10時の見回りに来た時点で
当初の上がり予定時刻午後14時を早めて正午に変更してもらうまでに、、、

午前11時になる頃には定期的にあったカワハギのアタリだけが遠退いて
エサ取りのみ!しつこくしつこく打ち返してるとたま~に単発でアタってくる
程度でしょうか?あいかわらずサイズも似たよ~なのばかり、





先程干底を迎えてたのでここから次第に潮位が上がってくるコンディションには
なるものの、残念ながらエサの方が先に底を尽きてしまい予定通り正午の便で
終了となりました。まっ、お土産としては十分な量です ♪

渡船乗り場に戻ってもまだまだ早い時間ですからしばしマダイ師匠と今後の
遠征計画、また近いうちにご一緒させて頂こうと思ってます作戦についてしばし
話し合った後、解散となりました、、、帰りの高速では金魚のフンの如く
マダイ師匠の車の後ろにくっ付いていくとあっという間でした。(爆)


全てまだ元気に生きてますよん ♪







「今夜は活き造り?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR