これでラストになるかも? 兵庫県・淡路市 / 野島蟇浦


左折すべきか?直進すべきか?


悩んでる暇も無く、即行分岐点に到達してしまい気付けばいつものよ~に
明石海峡大橋を渡っておりました。(笑)


事前に釣友から頂いていた情報では明石市内で日ムラはあるものの、好調に
キスが上がってるで~とありましたが、台風が去った後に行かれた方は濁りの
影響で丸ボウズだったそ~な、、、その上、JCAにとっても初めての戦場で
あるとなればど~も即決する事ができず安全策?へ、、、とはいえ「淡路島」
渡ったから釣れるってわけでもないので結局、コンディション的には一緒!?

まぁ、全くのお初の場所より勝手の分かる戦場の方が気持ち的にちょこっと
楽ってことで~ ♪ まずはお馴染み東浦ICに下りてすぐの戦場に入ってみます
が、情報通りサッパリ、、、実は9月の2週目、3週目の週末と連続でここへ
行かれた釣友からの情報でキスが全くおらんと!下手したら1匹も釣れない日も
ありえるくらい激渋と伺ってましたが、ほんとにアタリが皆無です、、、

ここで数投後、さっさと見切りを付けて少し南下した小さな砂浜を見に行って
みるも、そこで竿を出されておられた方にお話を聞いてみるとまだ1匹もキスを
釣ってないと!?日ムラ?早々不安になってきます。


このまま東浦の海岸線を転々としちゃうと時間を食ってしまいそ~なので
気持ちを切り替えるべく、山越えして反対面、西浦に移動!







「尾崎」


きっとここなら1匹くらい顔を見れるだろうと思い来てみると、駐車スペースの
キャンプ場?には早朝からテントを張ってイチャイチャする学生カップルが1組
お出迎えしてくれただけで浜には人っ子一人おりません、、、

とりあえず竿を出してみると、ご覧のよ~に1投目から単発ではあるものの
良型のキスちゃんがアタリを出してくれてホッと ♪

前回来た時より確実に個体がデカくなってるのが分かります。


そろそろ落ちシーズンに突入していくはずですし、数は少なくてもいいので
型揃いだと嬉しいなぁ~って2投目もちゃんとアタリが出てくれる海を
見ながらワクワク、、、がしかし!そんな状況は長続きしてくれず、
なんと4~5投しただけでピタリとアタリが途絶えてしまいました。(泣)

気付けば後から2人ほど投げ釣り師の方が入って来られてますが、がら空きの
戦場、、、キスは足で釣れ!と自分自身に言い聞かせてテクテク歩きながら
場所移動&キャストを繰り返すも、やはり渋い状態変わらず1時間足らずで
見切りを付ける事に、、、





「富島蟇浦」


尾崎から場所移動となると南へ下って慶野松原周辺もいいかも?と一瞬浮かぶも
、また似たよ~な感じだったら帰りが遠くなるし、それならここから北上した
どこかでやろうと決定し辿り着いたのがココ。

懐かしいですねぇ~、、、一昨年?来た時は大きなキスが数釣れていい思いが
できたのにそれを期待して昨年来てみるとピンギス・オンパレード!?
時期だけピッタリ合わせてもなかなかですわ~。(笑)


今朝もT字の突堤からやりたかったものの何かいい獲物が釣れているのか?
すでに数人のルアーマンが入っておられたので砂浜に下りて攻撃開始!

JCAが今居る位置からだと遠投できないのでフワッと投げてサビいてると、


ブルルッ!?


ブルブルブルッ


予想外にも2色に入った途端に大きなアタリ!







24cm頭にぶっといキスちゃんがポロポロと ♪


ここは夏は海水浴場となる為、沖合いすぐに小さな離岸堤が入っておりちょ~ど
その際に仕掛けを落としてサビいてくるとアタリが出るって感じです。

航空写真で見ても、また実際に目視しても黒~くなって見えるのですぐ
分かりますが所々ワカメや海藻が沈殿してる部分がありそこをサビいてしまうと
シンカーのアームや仕掛けに絡んできて少々うっとおしいんですけど、今朝の
印象ではこのシモリ部スレスレの位置で頻繁にアタってきたよ~に思えます。


ただ、そこまでたくさんは居ない?みたくポロポロと釣れるとしばらくアタリが
遠退き、それと入れ替わるかのよ~に超ミニサイズのフグが入れ食い、、、
ここでも波打ち際をテクテク歩いて移動しながらキスの群れを探し持っての
戦いとなりましたが、午前10時頃になるとフグのみしかアタらなくなったので
そろそろ帰ろ~と撤収となりました。(笑)

いや~、今朝はずっと靄掛かったみたくホワイトアウトの曇り空でしたけど、
常にそよ風が吹いてる状況でとても涼しく&おかげで大嫌いな蚊も見かける事も
なくのんびり引き釣りを楽しむ事ができましたよぉ ♪





今年のキス引き釣りはこれで終わりかな?




「落ちシーズンやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

数投で場所移動、 兵庫県・淡路市 / 明神


ブリーフィングの写真にあったコインパーキングはもうどこか?お気付きに
なってた方もいらっしゃるかと思いますが、SurFreyja“O本先生”
朝一番に訪れたのはいつもの宮前海岸でした。昨日、ラインで投げ練をしたい
から遠投有利になる事が多いここに行こうと思ってるけど、、、となりJCAも
それに便乗したって感じです。


車内で恒例の朝ざるそばをすすった後、空が薄明るくなってきたタイミングで
浜に下りて攻撃準備となるもの、数日後に迫り来る台風5号の影響がもう出て
おり、また大潮の満潮時と重なって大きなウネリを伴った波がザバ~~~ンと
浜の上の方まで這い上がって来てます、、、

でもまぁ、全くやれない状況ではないので早速おもいっきりフルスイングして
サビいてみるものの、アタリも超~少なければ掛かってもピンギスが多くて
微妙、、、数投しながら様子を見るもど~もイマイチ感が強かったのでさっさと
見切りを付けて場所移動しようとなりました。


この大きなウネリを見てると東浦はどこも似たよ~な感じと思われたのでまずは
山を越えて西浦方面へ。O本先生にまた前回と同じ尾崎にでも?と伺うも、
その選択肢はもう無いでしょ~!とバッサリ切られ、海水浴シーズンもまだまだ
終わらない事を考慮し今回は波止からやりましょ~や~となり海岸線を南下。


ブルルッ、ブルブルブルッ


1投目から4色帯で気持ちいい振動が連発 ♪





おるやん ♪ と2人で笑いながら次々と出るアタリを楽しみます。


比較的大きな港を幾つか通り過ぎ車を南へ走らせる中、時間が時間だけに
そろそろどこかで落ち着かないといつものポリシーでもある?朝の涼しいうちに
サクッと釣って帰ってくるのができなくなるので次に視界に入ってきた漁港に
しようと側道に逸れて向かおうとするも後ろにビッチリ付いてきてた同じく釣り
客?らしき車が猛スピードで進入してゆき先を越されちゃったのですぐ手前に
小さな浜が見えたしここでええやん!と。(笑)

過去に何度か漁港側からは釣った事はありますが、ここにこんなこじんまりと
した砂浜があったなんて記憶にも残っておりませんでした、、、ってゆ~か、
言われてみればそ~いえばあったかも?と覚えてるよ~な気もしますが、
淡路島自体、夏のキスの引き釣りシーズン以外滅多に来ない為、まだまだ
JCAにとっては未開の地ですわ~。

背後の山から次第に太陽が顔を出してきました。







「明神」


今まで気にも留めなかった小さな砂浜だけど実際に下りてみるとご覧のよ~に
粒子の細かい砂で水も透き通ってていい感じ~ ♪ 凄く小さい砂浜がゆえ
なんか独り占めできてるよ~な気分に浸れちゃいます。(笑)


せっかく投げ練も兼ねて来てるんだし広範囲を探ってみようと7色帯途中から
サビいてくると毎回5色に入った所でググッとシンカーが根掛かってしまい
何度か竿を大きく煽ってポンピングしてると抜けてくるもハリスがほとんど
取られてしまったりと、ど~やら6から5色の切り替わる地点で帯状に藻の塊?
が沈殿してるよう、、、その上、アタリもそこまで多くありません。

引っ掛からずにサビいて来れるならアタリが出なくても遠投練習になるものの、
これじゃストレスになるので5色に入ったくらいの距離へ投げて4色から手前を
引くという戦術に徹する事に。


ブルッ、、、ブルッ、、、ブルルルッ







うん、やっぱ4色帯が最も熱いかも?

ここでは馬鹿デカい個体も出ないけど、ピンギスも少なくどれも開きにできる
よ~なサイズばかりの粒ぞろい。


まだこの辺でアタってるわ~とO本先生とキスの群れてる位置を共有しながら
攻めてましたが、午前8時になると地元の?家族連れが小さな子供らと共に
浮き輪を持って入って来られ、少し離れてはいるもののいかんせん小さく狭い
砂浜ですし浮き輪に乗って流れる中でミスキャストでもしたら危険なので、

何匹釣った~? 何とか30匹は超えたかと、、、 こっちも同じくらい
で30匹は超えたしもう撤収しますかぁ? はい、ではこれを回収したら終了!
と言った流れとなって朝練終了。(笑)


お土産は34匹でした。





いくら朝の涼しいうち限定で~とはいえ、さすがに今朝に関してはもう少し長く
やりたかった?やっとくべきだった?と帰り道に2人でちょこっと後悔するも
あそこからまた場所移動してまでは厳しいしねぇ、、、と。

あっ!ちなみにわたくしめは海外出張が入っててアウトですけど、O本先生は
今朝余ったわたくしめのエサも一緒に明朝再びここへチャレンジされるよ~
ですからぜひ好釣果が出るのを祈りましょう ♪




「ここは候補外!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今朝は西浦へ、、、 兵庫県・淡路市 / 尾崎


狭~い路地を抜けて到着したこじんまりとした海水浴場の駐車場、、、

今思えばここに以前訪れたのってもうかれこれ10年は前の事!?かなり
懐かしいなぁ~な~んて思いながらもまだ真っ暗な午前4時20分な上、外は
大雨、、、おまけに相当近い所で何度もピカッと光っては雷がゴ~ン、ゴ~ン
、、、絶対外には出たくないのでまずは車内でSurFreyja“O本先生”
コンビニでゲットしてきたとろろそばを食べながら時間潰し。(笑)


最初はまた先週と同じ東浦へ行こうか?となるも、時期もあるんでしょ~けど
まともなサイズのキスは常に遠方で近~中投域で掛かってくるのはチビちゃんが
メイン、、、その数日後にJCA単独でアタックした際にも状況はほぼほぼ一緒
でしたので今朝は島の山を越えた反対側、西浦のどこかへ行ってみようと。

淡路島に詳しい釣友に電話を入れて状況を伺ってみるも今時期、良型が揃う場所
もあるものの、海水浴シーズン真っ盛りでどこも午前8時までには海水浴客が
ドッと押し寄せてきて釣りにならないで~と、、、それならまだこことここ、
あとあそこら辺くらいちゃうか~?とアドバイスを頂き結局昔に訪れた覚えが
あり、かつまずお土産は確実に取れるここをチョイスしました。


雨雲レーダーの予報通り、午前6時前には雷雲も去って完全に雨も止んだので
予定を照らし合わせると少々出遅れてますけど早速浜に下りて攻撃開始です!


ブルルルッ、ブルッ





1投目からおもいっきり投げてほぼズルズルに近い砂底をサビいて来ると4色に
入って少ししたらアタリがっ!一瞬チャリコかもと思えた節がありまずはそれが
本当にキスちゃんなのか?確かめるべく即回収してみると、

アタリは全て本命でした。(笑)


すぐ横で同じく1投目をされてたO本先生も3連掛けしておりどこでアタリが
よく出た~?と聞いてみるともっともっと手前の3~2色以内!?との返事で
早速その距離帯に合わせてキャストしサビいてみると、





次々と針掛かりしてきますねぇ ♪


超~手前!さすがに波打ち際まではいきませんが2~1色帯でも十分連掛けが
可能でこりゃい~わ~~~としばらく典型的なキスのブルブルを楽しみます。

そうこうしてるうちに空も明るくなってきて次々と駐車場の方からキス釣り師が
入って来られた~と思いながらふと南側を見ると、あれまっ!?いつの間にか
小さな石畳で隔たれた各ワンドに1人というよ~な間隔ですでに6~7人
ずら~~~っと並んでおりました。(爆)


ただ、明るくなると共にさっきまでアタリが出続けていたバンドを探っても
イマイチになってしまい再び群れを探すべく遠投してゆっくり引いてると今度は
6色帯でアタリが数回出てその後回収までシ~~~ン、、、


活性が超~高い時にはず~っとどこへ投げても釣れ続く or むしろ完全に
明るくなってからの方がいい場合があるとも伺っておりましたが、さすがに
早朝の涼しいうち限定で!と決めて来ている為、今何とかしないといけなく
とりあえずアタリの出た所を攻め続けるもこれまた数投したらアタリ消滅、、、

水深が非常に浅いからすぐ散ってしまうのか?と初めは思ってましたけど、
アタリの出方を見てるうち、またサビいてるうちにこの一帯って先週アタック
した戦場みたくハッキリ分かるカケアガリ?とまではいきませんけど、キスが
それに沿って回遊するよ~な目立った起伏部が極端に少なくほんとのフラット
なのが原因にあるかも?と、、、そんな特徴の底ならそりゃキスの群れも
あちこち自由にこちらが予期できない動きを見せてるでしょ~しねぇ。


ブルッ、ブルルルルッ、ブルブルッ


今まで5~4色でアタってたと思えば再び1~2色帯で連発!?









O本先生と数投したらまたアタリの出るポイントが変わっていくから結局は常に
長距離サビきながら群れを探しつつとなるね~とボヤきながらも外道のフグや
メゴチも少なく素バリもまず無いので良しとしましょうか~と。(笑)


午前7時半になるとガラガラだった駐車場は海水浴客でビッシリとなりこれまた
いつの間にかテントがわんさか設営されちゃってます!?

またファミリーフィッシングを兼ねて小さなお子さんを連れた家族がすぐ近くに
いらっしゃり釣りをされながら浮き輪に乗って泳ぎ始めて、、、更には
ビキニのおね~ちゃんを後部座席に乗せて風を切って突進&ジグザグ運転
をするジェットスキーも10台近く続々来襲、、、

バシャバシャ水遊び程度は全く影響無いものの、さすがにジェットスキーが
目の前で何度も行き来しだすと見事にアタリは激減&途絶えてしまってアウト
!それに伴い2~3人の釣り人も足早に撤収されていかれます。


あ~~~あ、、、







「尾崎」


はいっ、海水浴シーズン真っ盛りの晴れた週末の海水浴場近くのフィールド
ですから当たり前の光景!文句も言えません。(爆)

本来ならここで歩いて or 車で大きく場所移動するか?という選択肢に
なってくるんですが、日差しは急に強くなり風はほぼ無風、、、じっとしてても
汗が出てくる状況下、どうします~? もうお互い50匹は釣ってるやろ~し
帰ろ~や~ じゃあ片付けましょう!となりあっさり終了。


帰りはまたまたお決まりコースの!?ヤバいくらいギンギンにクーラーの
きいた車内でアイスクリームのち、ノンアルコールビールを飲みながら
1時間以内で帰還!平日じゃないから阪神高速は空いてました~ ♪


54匹+久しぶりに見たキュウセン1匹~。(爆)







「ジェットスキー」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今朝も涼しいうち限定で ♪ 兵庫県・淡路市 / 宮前海岸





戦場近くのICから出てきた頃はまだ真っ暗。(笑)

過去の投げ釣り戦記を見返しているといずれもベタな戦場ばかりではあるものの
、結構西浦、東浦と毎回異なる戦場へ足を運んでいましたねぇ。あ~、ここでは
こんな釣果やったんや~!みたく懐かしく思う中、とことんお手軽さを追求
しちゃうとやっぱりここがベストなんじゃないでしょうか?

なんせわたくしめの家からだと阪神高速に乗ってそのまま明石海峡大橋を渡って
東浦ICで下りたら即到着!変に下道をたくさん走る事も無くほぼほぼ信号の
無い有料道路で繋がってるので超~楽チン ♪ 最高のアクセスですわ。


午前5時前に一昨日訪れたばかりのコインパーキングに到着し、先日同様
空が薄明るくなってきたタイミングで即戦場入りです。


キャップライトがまだ必要か?必要でないか?が際どいこの時間帯って必ず
蚊がやって来ますよね!今朝も攻撃準備をしていると足元付近にまとわり付く
2匹を発見&即キンチョール攻撃しながらの幕開けとなりました。(爆)

前回は断続的に吹く風の中でしたから3本針仕掛けのみに徹して戦ってました
が、今朝、突入直後は完全に無風状態&もし前回同様6~5色帯でアタリが出る
のならもう少し針数増やしても大丈夫かな?と5本針仕掛けにて攻撃開始!


ブルブルブルッ、、、ブルルッ、ブルルッ


いやはや全く同じ距離帯でアタリが連発しますわ~!





「宮前海岸」


1投目からパーフェクトで気持ちいい~ ♪

撃沈したキスをクーラーに入れて新しいエサに交換 再びキャストという
ごくごく当たり前の流れに邪魔をしてくる蚊、、、神経質過ぎるだけ?かも
しれませんけどちょこっと気を抜くと近くをウロウロしだすのでエサを付け
終えた時点でシュ~~~っとキンチョール攻撃も忘れず行ってからファイヤ~!
朝マズメってほんと油断なりません。


先日の記事でも書いてましたが、やはりキススぺの方がタイプRに比べて遥かに
微弱なアタリすら明確に伝えてくれます!

ってゆ~のも、あっ、今1匹付いた、、、そして今もう1匹!とトーナメンター
の方々にとっては当然過ぎる事なんでしょ~けどほぼ夏オンリーかつそこまで
多く回数をやらないJCAにとってはアタリの出る距離帯や魚のサイズによって
何匹付いたってのが感じれる時もあれば微妙な時も多々、、、特に小さな個体が
混じる所ではあれっ?って確かに何かがアタックしたのは分かるものの果たして
それが新たに掛かってきた1匹なのか、それともすでに掛かっている個体が抵抗
して動いた物なのか判断できない時が多いんですよね~。うむむ、奥が深い!


ブルッ、ブルルッ、、、ブルルッ


ブルブルブルッ、プルルッ









全神経を竿を握る手に集中して何匹掛かっているかカウントしながらこれで
5匹パーフェクト!と思った時点で即回収、、、う~ん、パーフェクトも時々
あるものの1匹足らずの4匹でした~ってケースが多いですねぇ。遠方で出る
アタリを正確に把握するのって意識してやってみると超~難しいっす、、、

まだまだ修行が足りませんねぇ。(笑)


試しに3色以内をじっくりサビいてみると、スローペースがゆえにメゴチなど
外道が混じるもこちらは正確に5匹分のアタリを把握できる、、、距離が遠く
なればなる程難易度が上がると言いますか、今後の課題は遠方においての正確性
ですね。あはは、別に何をしたいという目的があるわけでもなく単にせっかく
持ってるキスの引き釣り専用タックルをもっともっと使いこなせたらなぁ~って
思っているだけなんですがっ。


今日も正午前には33℃近くまで気温が跳ね上がる予報で汗だくになるの覚悟で
来ましたが、早朝は全然暑さを感じずむしろ少々肌寒いくらい!?半袖Tシャツ
の上に長袖のモスシールドジャケットを羽織ってちょ~どいい具合です。


キスカウンターが50を超えた時点で時間をチェックしてみると午前6時48分
、、、この調子なら撤収のタイムリミットに設定してる午前9時までに3桁まで
いけるかも?な~んて思いながら頑張りますが、次第にずっとアタリが集中
していた6~5色の入ったくらいまでの位置でもあまりアタらないよ~に、、、

こ~ゆ~時はまさに足で釣れ!と言わんばかりに砂浜をテクテク移動しつつ
キスの群れを探すも、3色以内でアタってくる個体はどれもチビちゃんばかりで
どこから投げても今朝は4色帯ではアタリ皆無&場所によってはガツン!と
シンカーが引っ掛かってしまう段差状の部分があったり切れた藻が沈殿している
部分があったりと移動したらしたで何かと難アリ!?(笑)







総合的に見て6色帯でのアタリがダントツ多いので頑張ってキャスト&糸フケを
全て巻き取った時点で7色帯にまだあるよ~にし、おもいっきりスローで大切に
大切に6色帯をサビいて回収パターン、、、結構疲れてきました。わたくしめに
とっては遠投という点ではタイプRの方が楽かも?竿によって違うわ~。


ブルブルッ、ブルブルッ







足で釣れ~と移動しても状況は好転せず時にフグの仕業ではなく藻?か何かに
引っ掛かってしまってハリスが切れたりしながらも3連が限界でキスを拾い
午前8時前には500円分のイシゴカイを使い果たして強制終了~。(笑)

最後の方はキスを探し歩いたってイメージがあるものの、ありがたくも太陽は
雲にずっと隠れたままで涼しい環境下、一切汗もかかずに楽しめたのがラッキ~
でしたよぉ ♪ 蒸し暑い真夏は早朝オンリーが理想的ですわ~。





今朝の仕入れは82匹でしたっ。


いや~、ほんとありがたい事で先日釣れたキスの半分くらいをお裾分けで貰って
頂いたご近所のおばちゃん、ど~やら全部つみれにしたよ~でそれがとても
美味しかったからとどんな小さなキスでも余った時には欲しいと言っておられ
今回も50匹以上プレゼントさせてもらいました。助かったぁ~ ♪ (爆)




「涼しいのが一番!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

3時間少々の仕入れ? 兵庫県・淡路市 / 宮前海岸


道中あれこれ買い出しする時間を考慮して午前3時に出発したものの、お馴染み
SurFreyja“O本先生”のエクスプレスはあっという間に夜間の阪神高速を
走り抜けてしまい戦場近くのコインパーキングにはまさに出発から50分後には
到着しちゃってました。(爆)

一体何キロ出して走ってるんだぁ!?と思いますが、その辺は本物の元レーサー
の感覚ですのでJCAら一般人とは少々異なっているのと、ほぼ毎回助手席で
爆睡してる間の出来事ですからよく覚えておりません ♪


空が白んできた頃に突入予定だったのにまだ真っ暗な中の到着ですからしばし
車内でコンビニで買い出してきたざるそばをズルズル2人して頬張ってから
まさにブリーフィングにもありましたレッサーパンダの如くゆっくり&のんびり
準備に取り掛かって午前4時45分戦場突入~。


誰も居ない砂浜でキャップライトで手元を照らしながら並継ぎ竿を継ぐ、、、
そしてすぐ真下にはこれまた久しぶりに担いだこの作戦専用の小型フィクセル
、、、あはは、もう説明するまでもなく今朝は近場でのキス狙いです ♪
いや、どちらかと言うとここんとこバチバチバチ~っと極太ラインばかり投げて
いたのでたまには投げ練兼ねておもいっきり大海原に向けてフルスイングしたい
なぁ~という思いの方が強かったかも?


プルルッ、プルッ、プルプルッ


朝マズメはもしかすると近投範囲で群れてるかも?と軽く投げてみるも、







確かに3色帯でコンスタントにキスのアタリは出るけどどれも、


小さめ~!


まっ、マイクロピンと呼ばれるよ~なおもいっきり小さな個体は居ないものの、
昨年訪れた時のキスのイメージとは大きくかけ離れたサイズですから2~3投後
、即遠投に切り替えて沖目を狙ってみることに。


その昨年を思い出すと常に遠い所で良型のアタリが出てましたから今朝は変に
5本、7本と針数は増やさず3本針仕掛け一本で攻める事にします。また竿も
昨年は新しく導入したタイプRを使ってましたが今年はキススぺです。

慣れや個人差もあるんでしょ~けどJCAの場合、タイプRの方がより飛距離の
点においてはリラックスモードのままでも出せれてたよ~に思えますが、穂先の
鋭敏さ!いわゆるアタリの伝導性については比べ物にならない程キススぺが群を
抜いてます。微かなアタリ1つ1つを伝えてくる所はさすが最高峰のキス釣り竿
ですねぇ、、、改めて実感しました。(笑)


ブルブルッ、ブルブルッ


アタリが出るのは見事に6色内から5色に入って少しまでの間。









手前のキスより若干大きめな個体になりました ♪

また投げる方向にもよりますが、サビいていくと4色帯付近でガツンとシンカー
がハマってしまう石でできた溝?段差のよ~な部分が存在し、またそれを
取り巻くかの如く藻の塊が沈殿しているみたくそのルートをサビいてしまうと
シンカーまでは大丈夫なものの時に仕掛けが食われてしまったりとトラブルも
発生、、、昨年の記憶じゃこんなの無かったんだけどなぁ~。

まっ、1年も経てば海底の状況もそれなりに変わるでしょ~し、そ~いえば
波打ち際にワカメが大量に浮遊&打ち上げられてた記憶もあるけど今朝に
限っては皆無、、、あ~、そ~いえばまだ7月でしたねっ。(笑)


そんな事からおもいっきりフルスイングして6~5色帯を入念にサビいて4色に
入ったら迷わず即回収~というパターンで数を稼いでゆきます。





「宮前海岸」


もう午前7時半を回ってますけど未だ空はどんよりグレー味が掛かって直接的な
太陽は不在!おまけに真正面?やや右方向から心地良い風も吹いてる事もあり
絵的には曇ってスッキリしなくても実際に戦っている我らは楽チン ♪

これだったらやる気さえあれば午前中一杯は全然余裕で粘れるよね~と話しつつ
O本先生とのんびりキスと戯れ続けて約1時間、何だかんだでキスカウンター
もお互い50匹を超えエサも少なくなってきました、、、ここでそろそろ撤収時
~と言わんばかりに2時方向からの風が急に強くなって飛距離が思うよ~に
出せなくなると同時になぜかフグの活性が上がり始めたので終了!


空も色も所々ブルーが見えてきたかな~と思えばまた霧の掛かったよ~なライト
グレー一色なってしまったりと目まぐるしく変わっていました。ほんとにこんな
状態で予報通りお昼にかけて青空になってくれるんでしょうかねぇ!?(爆)


帰還してからキスカウンターの数と照合して数えると73匹 ♪







「のんびり~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR