FC2ブログ

今シーズンラストか? 兵庫県・豊岡市 / 小島岸壁





車内で目覚めるともうすでに夜も明けて目の前には釣りをするお二人。

あちゃ~~~、めちゃくちゃ寝過ごしてしまったわ~、、、後悔するよりも
そもそもアラームすらセットせず爆睡してたのでそりゃ無理ですよねっ。
明るさからしてもう午前7時前とか!?って思うも、そこだけはラッキーにも
まだ午前5時43分と夜明け時刻から30分程経過した時間帯でした。


急いでモスシールドウェアを身にまとい車外に出てみると、起床されたのに
気付かれたSurFreyja“AKBさん”がおはよ~ございます!今朝は
まだ全然釣れてませんよ~と。

えっ!?マジで、、、そう話してると一睡もせずそのまま作戦開始されてた
“O本先生”もいらっしゃって夜明け前からイシゴカイも塩イワシも投げてる
けどサッパリと、、、少し前にクラブのBBQイベントで訪れた際には面白い程
アタリが多く、帰りの寄り道だったのにも関わらず短時間で数釣りができて
超~好印象だったのに、、、一体どうしたんでしょう。


今朝はなぜかとても涼しく、車内の外気温計は24℃と釣りをする人間にとっては
おそらくこの夏お初とも言える最高のコンディション。更にJCAの大嫌いな
蚊もほとんど居ないみたくこれならモスシールドジャケットも脱いで
半袖Tシャツ1枚で戦えそうです。(笑)









前回アタリが連発した3色帯から手前にかけては生体反応は皆無に近く、たまに
微弱なアタリが出たと思えばミニサイズのマハゼ、、、天ぷらにできるくらいの
サイズなら喜んで即キープなんですが、ピンギスより更に小さいと泳がせ釣りの
エサにすらなりません、、、

とにかくどこか群れが居る場所を探すしかないとフルスイングで7色帯から
サビき始めると6色に突入する直前くらいから数回アタリが出て何とか本命の
キスを確保。ただ、群れは決して大きくはなさそうな感じです。


いつまで同じ位置で拾えるか分からないものの、ひたすら同じ距離帯に集中攻撃
を掛けポツリ、ポツリといったペースで数を稼ぎますが、案の定10匹も拾えない
うちに音信不通、、、

再び群れを探して各距離帯を入念に探っていると、突如もの凄い衝撃と共に
ラインが右へ走りだします!?実は前回、O本先生も引き釣りに掛かっていた
マハゼにヒラメが飛び付いてきて撃沈ってなドラマもありまして、これは
間違いなくフィッシュイーターだと慎重にやりとり&ランディングしてみると、





カンパチの子!?


全然大型ではありませんけど、引き釣り用の細仕掛けでは結構締め込みも
鋭くヒヤヒヤさせられましたわ~。(汗)

せっかく掛けたからには水面まで浮かせて姿を見るまでは何としてもバラしたく
ありませんよね。正体不明のままだと人ってあれはこんな魚だったのでは?など
ついつい夢のよ~な憶測をしちゃうものですから水面まで浮かせるのは非常に
重要とわたくしめはいつも考えております。

小ぶりとはいえお造りにできそ~なサイズでしたからしっかり血抜きをして
クーラーイン ♪ 今朝撃沈できてるキスではお造りはちょこっと厳しそうな
感じですのである意味いいお土産が釣れてくれましたぁ。


ここをホームグラウンドにされてるAKBさんがおっしゃってたよ~に朝マズメ
より完全に太陽が昇ってしまってからの方がアタリは多くなるのか?午前8時頃
になると今まで無の世界だった近投域でも単発ではあるものの、ポロポロと
キスが釣れ始めます。







「小島岸壁」


アタリが出始めたのは嬉しいんですけど、この時間になるとご覧のよ~に太陽が
本格的に照り始め早朝の涼しさが嘘だったかのよ~に気温も急上昇!あっという
間に30℃超えとなり一気に汗が噴き出してきます。

ここら辺でアタリが出た旨、3人で群れの位置を共有しながら効率良く叩いて
いくも、群れ自体が小さいのか?すぐにどこかへ行ってしまうみたく
コンスタントに釣る事ができません、、、塩イワシかハゼが釣れたら投げて
ヒラメ or マゴチでも?と二刀流で戦うO本先生の置き竿にはドラグ音が
鳴ったと思えば特大サイズのフグかアカエイ、、、どのよ~に戦っても
あまり芳しくない状況が続きます。


午前10時を回ると猛暑もいいとこ37℃まで上がって、おまけにファミリー
フィッシングの方々が次々と入って混雑してきた為、O本先生がアタリも散発だし
ここらで終了しませんか?と提案され、わたくしめも即答でイエス!(爆)

ちゃちゃっと片付けて途中、お気に入りのラーメン屋に立ち寄って昼食を取り
午後13時過ぎには帰還となりました。





毎年、9月になれば徐々にやりたい大物作戦が増えてきますから、できれば
今日でキスの引き釣りはシーズンラストにしようとO本先生と話してたんですが
、、、何だか不完全燃焼のままですねぇ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「釣れたしいいやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夏のキス釣りイベント&BBQ ♪ 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜







「気比の浜」


毎年恒例の夏のイベント、キス釣り&BBQは昨年に引き続き車が砂浜近くまで
進入可能&キャンプなどもオッケーなこの場所に決まりました、、、がっ!
ご覧のよ~にウネリを伴った白波&水は黄土色に濁って木の枝などゴミが
浮遊しているという最悪なコンディション。

それでも一応イベントとゆ~のもあって、午前5時にキス釣り開始となり集まった
SurFreyja“O本先生”“サーノルドくん”“AKBさん”“マダイ師匠”
とわたくしめはそれぞれ思う位置に立って仕掛けをファイヤ~!


一切アタリがありません、、、


とゆ~より2色帯に入ってくると急にズッシリ重くなってシンカーや針に
ドッサリと流れ藻や流木が掛かって釣りにならない状態、、、みなさん同じ
状況のよ~で数回キャストした後早々に見切りを付けられたのか?
めちゃくちゃやる気喪失モード。(爆)

まだ流れ藻がマシで釣りが成立しそ~な位置を探してサーフを探り歩いていくと
結局全員同じ場所の終結!?一ヶ所だけ目で見てもすぐ分かるくらい強い
離岸流が形成し始めてる部分があり、その周辺だけ若干ではありますが、
波が穏やかなんです。







まずはO本先生が小型を1匹撃沈し、続いてサーノルドくんも1匹、そして
全然ブルブル言わないけど重みを感じながらJCAにも何か掛かった!?と
思えば魚は魚でもゴールドに輝くプレミアフィッシュ!?誰かがロストして
流れ藻に引っ掛かって水揚げされてきたんですね~。(泣)

その後は誰もキスの姿を見る事はできず、ここをホームグラウンドに知り尽くす
AKBさんが頑張って3匹確保された時点で通常ならトーナメント形式で2回戦
がおこなわれるものの、現状ではまずこの先も釣りが成立する可能性が
低いので今年のイベント優勝者は全会一致で彼に決定&早々にキス釣りは
終了して次なるイベントへ。


そう、ある意味こちらがメインイベントとも言えるのが朝イチに設営してた
タープの下でおこなわれるBBQ ♪











サーノルドくんが買い出してきてくれた肉類にAKBさんの家庭菜園で穫れた
野菜、マダイ師匠は贅沢マグロ刺身にわたくしめはカラフトマスに冷汁、
O本先生のスイカなどなどみんなで持ち寄った食材で朝からBBQ開始。
まだ時間は午前8時前と朝食感覚になっちゃいました!?(爆)


それでもみなさん腹ペコだったのか?焼けば焼いただけあっという間に
無くなってゆきます ♪ これだけじゃ少し足りないかも?な~んて思ってた
のに実際にはみなさん持ち寄った物が大量で食べきれないくらいの量、、、
朝からおもいっきり満腹になりました。

一段落ついたらキス釣りイベントで最下位になった人は罰ゲームとして試食!
と話していた今流行りの?ペヤングやきそば獄激辛を全員で、、、コレ、マジで
辛すぎですわ!冗談抜きで麺1本食べただけでも口の中が痛いっ。ほぼ全員
悲鳴を上げる中、残りをペロリと食べてしまったAKBさんはほんま驚きの
激辛ファイターですわ。(爆)







朝から盛り上がったBBQは午前11時頃まで続いてお片付けタイム。


まだ午前中だしこのままお土産釣果も無しに流れ解散ってゆ~のも寂しい、、、
とはいえ目の前の浜は未だ濁ったまま波も高い状態、、、相談した結果、近くの
護岸ならおそらく釣りになるだろうとなり一旦全て片付けてから大移動です。

浜から5分も走らないうちに到着したのは車横付けの超~楽チン護岸!こちらも
AKBさんのホームグラウンドみたく狙う方向や投点などレクチャーを受けて
から一斉放火開始。







透明度は決して高いとは言えないものの、こちらは濁りは入ってなく
グリーン、、、さっきまで居た浜は目と鼻の先にあるよ~な立地なのに
これなら釣りが成立しそう!そう思って仕掛けをほ~り込んでみると、
なんと1投目から即アタリが出てキスの連掛け ♪

最初の数投だけアタリが続いてもすぐ群れが散ってしまってマンダムになる
可能性も!?な~んて心配をよそに何回投げてもアタリが途絶えません!


こりゃラッキーや~ ♪ O本先生と万が一群れが散ったらアウトだからと
投点や方向、また少し立ち位置を変えてみたりしながら着水音他プレッシャー
を与えないように数を稼ぎます。


ブルブルッ、ブルルッ


グングン、ブルルルッ


気持ちいい~!









ピンギスはほとんど皆無でどれも美味しそうな食べ頃サイズな上、超~嬉しい
ことに良型のマハゼも混じってこりゃ天ぷら決定ですわ ♪

サーノルドくんはAKBさんと一緒にこまめに護岸を移動しながら釣り歩き、
マダイ師匠は、、、あれっ!?早々に引き釣りは飽きちゃったのか?
竿も置きっぱでお昼寝中。(爆)


どれだけ魚影が濃い場所でもやはり連続して叩き過ぎると群れが散り始め、
そこからは少しだけ投げれるスペースがあるよ~な小場所を転々としながら
釣り歩くも、いかんせん朝からこの暑さ!

午後になると曇り空なのに気温は更にヒートアップして立ってるだけでも汗が
ダラダラ流れ落ちてくる状態となり、何だかんだ言ってある程度お土産も確保
できたことですし適当なところで終了となりました。(笑)





来年は穏やかな日になってくれますよ~に!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「暑さがマジヤバ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

1週間じゃ状況変わらず、、、 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜


たとえ海開きがされない海水浴場とはいえキャンプもできる場所がゆえ、前回に
引き続き週末の今日は絶対キャッパーで賑わってるはず!?そう思いきや
先週の大半が雨で今週末も雨予報が入ってたのが原因か?ほんの数台しか
車は止まってませんでした。





そろそろキャップライト無しで手元が見える明るさになってきたし、外に出よう
かと着替えているとちょ~どお隣の車も釣りのよ~で何やら三脚を立てて
セッティングされておられます。

念の為に邪魔にならないよう少し離れた位置に車を移動させてから目の前の浜に
下りてわたくしめも攻撃準備に取り掛かりる事に。


攻撃準備とはいえ大物投げ釣りとは異なり、竿を継いですでにスイベルを結んで
あるラインをガイドに通せばあとはシンカー&仕掛けをセットして終了!
あっという間でございますわ。(笑)


ブルルルッ、ブルルルッ?


先週アタリが頻繁に出た3色帯前後から攻めてみるも、何やらキスではない
ブルブル感が強めのアタリが連発してヒイラギが連なって水揚げ、、、気のせい
かもしれませんが、まとまった雨が降った後の塩分濃度が薄くなった時に
こやつの活性がやたら上がるよ~な、、、

数投してもキスは1匹も混じらず3色より手前はどこもかしこもヒイラギの巣窟
となってたので、今度はおもいっきり遠投してみるも6色帯でもヒイラギ!?
ヤバいなぁ~と思いきや、5色帯に入ると、


ブルブルブルブルッ ♪


確実に今までとは異なる心地良いアタリが連発して、





やっと本命が顔を見せてくれましたぁ。

毎回キスの引き釣りをしてて思うんですが、見事に距離によって群れてる魚が
違ったり、同じ一帯限定でキスが釣れたりとこんな広い海なのにちょこっと
不思議!もちろん魚影がすこぶる濃い時はどこへ投げても常にキスが釣れる
ケースもありますが、やっぱりこの釣りはアタリの出る距離帯をしっかり把握
して釣るのが最も効率が良いと改めて思い知らされます。


サイズはやっぱり前回と同じく小ぶりな個体がメインですね、、、ひょっと
したら日によってアベレージサイズが大きめな群れも接岸してるかも?
な~んて密かに期待してたんですが、あはは、たった1週間ちょっとくらいじゃ
変わるわけないか~。(爆)

5本針仕掛けに2~3匹のペースですが、5色帯を徹底的に攻めながら釣って
いると急にここでもヒイラギがうるさくなり始めて、、、





どこへ投げてもヒイラギのみに。(泣)


まだキスカウンターは20を超えた直後くらいでおまけにサイズも小型となれば
FISH DINNERネタとしては全然足りない状態、、、少し向こうで置き竿
2本体制で釣っておられるおじさんも銀色の平べったく楕円形の魚が数匹
付いてるのが見えますしあちらもヒイラギの猛攻に苦しまされているよう。


シンカーをタングステンにチェンジしておもいっきり遠投して探ってみるも
遠投域ではアタリは皆無で6色帯に入ってアタリが出たと思えばヒイラギ
、、、こんな状況がしばらく続き、これ以上この位置で粘ってても同じよ~な
気がした為、少し歩いて移動してみることにします。

おじさんに挨拶がてらど~ですか~?と聞いてみるも、やはりヒイラギばかり
という答え、、、ある程度歩いてから一旦立ち止まって浜全体を見渡してみると
、もう少し先にあからさまに波の立ち方が異なってる部分を発見。そこより
向こうはほんの少しだけ深くなっているのか?

気になったので竿を出してみると、


プルプルプルプル~


ブルルッ、ブルブルブル~ッ









こちらに溜まってましたぁ ♪


面白い事にヒイラギの姿は全く無く本命のキスのみ。

移動と言っても海サクラ作戦時みたく何キロ単位の移動ではなく、ちょちょっと
歩いて行ける範囲内での移動ですからそこまで状況の変化は無さそうに思えるん
ですが、、、とりあえずはエサ盗りに邪魔されずに釣りができてラッキ~ ♪

みるみるうちにキスカウンターの数字が進むも、時間が経過しても一向に
良型も混じらない為、500円分のエサが無くなるまでと打ち返し続けるも
早朝のヒイラギ祭りでエサの消耗が激しかったのか?カウンターが90に
なったとこでエサが尽きてしまい終了~。


午前8時過ぎ、撤収前に戦場をカシャっと撮ってみましたけど、雨予報は消えても
さすがに太陽までは拝む事はできずどんよりとした空模様。







「気比の浜」


ただ太陽がカンカン照りになってしまうと気温も上昇して今時期灼熱地獄にすぐ
なっちゃうので、そ~ゆ~面では曇りの23℃と先週に引き続き快適に楽しめて
良かったのかも?あと数日?1週間以内に梅雨明け宣言がされそ~ですし
今年も熱中症に注意が必要な暑さになるんでしょうねぇ、、、


帰宅後、改めて数を数えてみるもカウンター通りジャスト90匹。

もう少しアベレージサイズが大きければ食べ応えもあるんですけど、まぁ、
南蛮漬けなどには小ぶりな方が美味しく頂けるので良しとしましょう ♪
だけど、ここ気比の浜に関してはこれ以上のサイズアップは今のところ
望めないよ~に思えますから次回は他の戦場に行ってみよ~かなぁ~と。

あはは、とはいえその次回ってのが果たしていつになるかが自体が不明!(爆)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「また遠征に出るの?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

キスのアタリを堪能 ♪ 兵庫県・豊岡市 / 気比の浜





案の定、夜明け時刻より2時間以上早くに戦場に到着してしまいました。

さすが週末だけあって浜にはキャンプの車が数台止まっており、おまけに
ジェットスキーまで波打ち際に係留してあったりと大雨予報が続いてる日々
なのにみなさん凄いなぁ~、、、と感心&適当な空きスペースに車を止めて
とりあえず夜明け頃まで後部座席に寝転がってダラダラします。

いつの間にか寝てしまう事も想定して念の為に午前5時にアラームをセットして
おいたのが正解!まさにその通りになってしまい、目が覚めるとすでに辺りは
キャップライト無しでも見える明るさに。


大物投げ釣りと異なり、いい意味で!?そこまで朝マズメに固執しない作戦
がゆえ、ゆっくり車内でモスシールドウェアに着替えてから浜に下りて
セッティングに取り掛かります。


まずは情報を頂いていたAKBさんが攻めているであろう距離帯から探ってみると
、サビき始めた途端に、


ブルブルッ、ブルブルッ


心地良いアタリが連発&波打ち際寸前まで続いて回収~。









聞いてた通り小ぶりな個体がメインとなりますが、本命のキスちゃんが
1投目から連なって水揚げされてきます ♪

遠投をしないで簡単に釣れるならこれ以上楽チンなことは無いと思いつつ、
フワッと4色帯にほ~り投げてそこから波打ち際までゆ~っくりサビいてくる
、、、毎回すぐにブルブルッとアタリが連発して面白いくらいに釣れては
くるんですが、想像以上にアベレージサイズが小さいかも!?

まっ、JCAにとってのキスの引き釣りはあの典型的な心地良いアタリと
FISH DINNER用の食材確保というのが二大目的となりますから、正直
サイズはあまり気にしてはいないもののもう少し大きめだったらなぁ~とも
ちょこっとばかし欲が出てきます。(笑)


ただ、食材確保に関して言えば、むしろピンギスを使った方がより美味しく
思えるディッシュがございまして~、

まず先にそれ用に数をキープしてしまおうと!


ブルブルブルブル~ッ


ブルッ、ブルブルブルッ ♪







初っ端から7本針で始めるも、慣れないスタイルなのもあってなかなか
パーフェクトができませんねぇ!(笑)

一応、竿を通して手に伝わってくるアタリを数えつつ、これなら絶対7匹掛かって
いるだろうと自信を持って回収してみたら1匹足りない!?パターンが多くて、
若干ムキになりながら、そして悲しくなりながら打ち返してるうちにあっという
間にキスカウンターは50を突破。

そんな回数は打ち返してないはずなのに、、、そりゃ7匹パーフェクトは
叶わなくても毎回6匹とか釣れてくる状況なら即行ですよねっ。


攻撃開始直後くらいに浜の端から延びる長い突堤に数人の釣り人が入って
行かれるのが見えたものの、砂浜にはわたくしめのみで好きな方向へ投げ放題!
あはは、そうは言っても同じ位置から真正面に投げて普通に釣れてくるので
移動する必要が無いんですがっ。







「気比の浜」


午前6時になろうとしてる今も1時間前とほとんど変わらないどんより曇った
空模様、、、でもおかげで気温も涼しく雨も今のところ降ってくる気配も
ありませんからある意味非常に釣り易いコンディションかも。


昨年の今頃に来た時はまあまあ良型揃いで数釣りができた覚えがあるんですけど
ねぇ。どんな魚でもそ~ですが、年回りによって釣れ具合いも違えば当然ながら
アベレージサイズも変わってきますからしゃ~ないかな?

こ~ゆ~状況下で型物を求めるのならやっぱり足で釣るべき → 移動も必要に
なってくるのかも?な~んて思い始め、まずは距離を変えて探ってみよ~と
針数を3本に落としておもいっきりフルスイング!

7色出し切った辺りからズルズルサビいてくると、突如鋭いアタリが連発し始め
、ひょっとして大キスの群れに当たった!?超~期待しながら慎重に回収。


チ~~~ン、全てヒイラギでした。(泣)


正月なんかに飛ばされる連凧の如くピカピカとシルバーに輝くひし形に近い魚が
3連、、、そんなはずはない!たまたまだ!など自分に言い聞かせて再び渾身の
力を振り絞ってファイヤ~するも、またまた同じ6色帯に入った辺りでアタリが
連発してヒイラギ、、、こんな流れが4回も続いたとこでや~んぺ。

気を取り直して少し歩いて場所移動しましょ。


今度は遠投域からスタートさせると、また同じ6色帯に入ったとこでブルブル
しだすも、確実にヒイラギではないアタリ!ペースはそのままにサビき続け、
回収 う~~~ん、お次は全て本命でしたが、何度か打ち返して入念に
探るもやっぱりどの距離帯でもアベレージサイズはそこまで変わらず小ぶり。

それならむやみに遠投してるだけ無駄に思えてきて、、、5本針に増やしたら
気持ち良~く投げれる範囲からサビいてアタリを楽しむ事に ♪


ブルブルブルッ、ブルルッ


ブルッ、ブルルッ







魚の活性だけで言えばほぼ入れ食いモードですから1投ごとにキスカウンターの
数は大きく更新され、途中でクーラーの魚用仕切りバッカンが満タンになり
ビニール袋を交換して攻撃続投しますが、だんだんお腹がいっぱいになってきて
、、、まぐれか!?2色の終わりで突然25cmの個体が掛かったのを機に
もう十分と終了する事にしました。


ず~っとやってればず~っと釣れ続くよ~な活性でしたが、気付けば2時間
足らずでキスカウンターも106匹表示!釣る分には幾ら釣っても嬉しいけど、
捌くとなると、、、(爆)

次回出撃計画を立てるなら型をメインに考えてみたいと思います。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「置き竿で狙ったら?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

32、31cm カワハギをなんとか、 和歌山県・串本町 / 紀伊大島





今回は月がある夜でしたのでまだ真っ暗な時間帯でもご覧の通り明るく照らして
くれててどこか心強い。午前5時過ぎに受付を済ませた時点ではまだそこまで
混雑してなかったのに、30分以内に続々と駐車場で仮眠されてたみなさんが
出て来られ出船時刻には乗り場は大混雑!?

大半の方が上物でその次に青物狙いのルアーマン、そしてカセ、、、あれっ!
投げ釣りはわたくしめら2人のみでした。(笑)

最近はあまり釣れてないのかな?と思うも、アシスタント?のおっちゃんが
先日いいサイズのカワハギが上がってたで~と教えてくれ、ちょこっとホッと
しました。あはは、今時期の投げ釣り対象魚としてはある意味人気の高い魚種
になりますからたまたま今日は投げ釣りのお客さんが居なかっただけっぽい。


年末にマダイ師匠と訪れた時と違って今朝は無風&ベタ凪状態でどこの磯でも
上がれる状態 前回希望したもののウネリで上がれなかった磯に無事上陸
でき、早速暗い中、一通りレクチャーしてからセッティング開始です。

上陸前から闘志メラメラだったSurFreyjaの走り屋!?自称、豊岡の
アイルトン・セナこと“AKBさん”、カワハギを狙うのは今回が初めてな上、
水深の深い場所で戦った事が無かったよ~で、最初のうちは着水した後の
ラインの出ていく量にちょこっと戸惑ってらっしゃいましたが、すぐに慣れて
いつものペースに戻りつつあります。


全く魚っ気がありません!


攻撃開始から約1時間はエサも一切取られないままの無の世界が続きず~っと
エサも残ったままでしたが、太陽の光が差し込め始めた頃にようやく竿先だけを
押さえ込むアタリが出てダブル、、、でも、20cm前後と小さい。







しばらくしてもう1匹似たよ~なサイズの個体が釣れてアタリは遠退いてしまい
マンダム、、、いいえ!実はこの時点で他のエサ取りの活性がおもいっきり高く
なってたみたいなんですが、竿先には一切アタリが出ない為に全く気付かず
放置プレイをした後に気付いてビックリ!?

さすがにそろそろエサを新しい物に交換した方がいいんちゃう?と思い、
何気に1本の仕掛けを回収してみるとあれまぁ!?続いて隣の仕掛けを
上げてもあちゃ~!2本針仕掛けのほとんどがダブル状態、、、


インディアンことトラギスが入れ食いでございます。(泣)





その猛攻は凄まじくどこへ投げてもアタリも出ないままいつの間にかこやつらが
付いている感じで、この調子じゃエサがどれだけあっても足らないわ~と
2人して閉口させられます。

この界隈では毎回じゃないけど時々、トラギスが湧いてるかの如く次から次へと
掛かってくる日がありますよね。まぁ、水深がタップリあって海底が砂地 or
若干泥のある砂泥底なんかを好む魚ですからこの辺はこやつらにとっては
最も心地良い海域になるんでしょうねぇ、、、

釣り人にとっては少々迷惑な魚なんですがっ。(爆)


AKBさんも早く1匹本命を上げたいと必死で打ち返しをされていますが、
今のところ反応が無いよう。朝食を食べたり雑談をしてるうちに背後から
少しずつ風が吹き始めて、次第に強くなってきたので風に乗せて
おもいっきりフルスイングしてみると、


ジイイイッ!


仕掛けをステイさせて1分もしないうちに短いドラグ音。







31cm カワハギ撃沈 ♪


たまたま近くを泳いでいたんでしょうか?いずれにしてもこの激渋&トラギス
猛攻の中、よく食ってくれたものです。


単発なのか?まだ近くに群れが回遊してるのか?気になるところですから、
魚を外したら即同じ投点付近へ2本の仕掛けを投入しアタリを待ちますが
やっぱりちょこっとでも放置しちゃうとトラギスの餌食に、、、

まだ午前10時やそこらだろうと余裕をかましてのんびり戦っていると、
気付けばもう正午を回って午後13時になろうとしてるじゃないですかぁ!?
渡船の迎えが午後14時なので片付ける時間を考えるとやれても
あと30分ちょこっとくらい。

再び闘志が燃え上り元気玉を作るセナと共にラストスパートを掛けることに!







「紀伊大島」


もったいぶってエサを残してしまってもポイするだけですから、攻めのスタイル
で頻繁に仕掛けをサビいたりしていく中、あれれっ!?あんなにうるさかった
はずのトラギスが1匹も掛からなくなってしまいました、、、

ひょっとして常に仕掛けを動かしていると奴らにとっては食べ辛い?そんな事も
過り、検証も兼ねて頻繁にサビく竿と放置する竿に分けて様子を見てみますが、
やっぱりどちらにもトラギスは掛かってきません。うむむ、海底には絶対相当数
が潜んでいるはずなんですがねぇ~。きっと潮や時間など複雑な要因が
絡み合ってるんでしょう。


何にせよエサが残るってくるのはこの作戦において非常にありがたい事ですので
、最後にもう1匹!数は要らないので型物が出てくれないかぁ~と切望。
手前までサビき過ぎて根掛かり&ラインブレイクした竿を片付けていると、
念願のドラグ音が聞こえてきましたぁ!


ジ~~~ッ、ジイイイ!


鋭く底へ突き刺さろうとするこの抵抗は間違いなく、







本命の32cm カワハギちゃんでした ♪


さっきのとは真逆と言ってもいい方向からこやつは飛び出しましたし
デカい個体は単発な傾向がある事から、今日は1日、この磯から届く範囲内
でのカワハギの回遊はいつもより確実に少なかったよ~に思えます。

これ以上はおそらく釣れない感じがした為、わたくしめは先に片付けて
ギリギリまで粘られたAKBさんが片付け終わった直後のタイミングで
渡船が到着 撤収となりました。


大小問わずどの個体も肝パンで超~美味しそうですわ ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗Z 8号
■ エダス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ 針: がまかつ・カレイ専用 12号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「肝醤油で決まりやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR