のんびりスタートと思いきや!? 石川県・能登島 / 鳥ヶ鼻 (2日目)





乾杯~ ♪


そ~いえば昨年の今頃、本当はこのお店に来たかったものの定休日?だったのか
営業しておらず渋々他の居酒屋へとなったのを覚えてますわ~。(笑)

郷土料理はもちろん、地元のお客さんらで賑わう居酒屋として次回こそは行って
みたいと話していただけに今回は“O本先生”が事前に定休日や営業時間など
入念に調べ&予約までして来ましたよん ♪ さすがに人気のお店だけに
ほとんどが予約席で、オープンと同時に次から次へとお客さんが入ってきます。

エンドレスでお酒を飲まれる“秀さん”と3人、昨夜はめちゃくちゃ熱いトーク
で盛り上がり釣りしてる時よりある意味充実してたよ~な、、、!?ホテルに
帰ってから当然即爆睡夢追人なったわけですが、2日目は早起きして夜明け前
には戦場へ~ってないつものパターンではなく、ゆっくり起床 豪華な朝食
バイキングを堪能してからゆっくり行動開始となりました。


午前8時前に本命と思っていた戦場に到着するも先客アリ、、、それならと
第2候補地へ向かうもこちらも竿がずら~~~っと、、、カーブの多い島の道路
を走りながらどこか空いてないかなぁ~と場所を探しつつキョロキョロしてると
ある部分が空いてる事に気付き迷わずそこに決定!

とゆ~よりウロウロしてても時間がもったいないので午前中はまずここで
やってみようと決まったって感じかな?(笑)







「鳥ヶ鼻」


ご存じのよ~にここは「無関入江」のちょ~ど入口付近に位置する鼻で、随分
前に訪れた時は下まで車で進入できた覚えがあるんですが、、、久しぶり来て
みるとアクセス路は倒れかけている木々や落ち葉、ぬかるんだ土壌で進入困難
状態になっており重い荷物担いで歩いて下ることに。

一番潮が当たる部分に秀さんに入って頂き、その両脇にO本先生とJCAって
感じで竿を並べすぐさま攻撃開始です!

昨日の戦場よりウミケムシの量は遥かに少ないもののやばいんでないかいっ!?
って叫びたくなるくらいの根掛かり、、、こんな所で以前は根掛かりは無かった
~と思うも、おそらくこれはシモリってゆ~より毎朝のよ~にやって来る
ナマ船が捨てて行った石が山状に堆積しているよう。


両サイドの我らは根掛かりで苦しめられるもそんな中、マコガレイを撃沈された
かと思うと続いて良型のネズミゴチそして重いホンダワラが引っ掛かった!?と
一生懸命水面まで引っ張って来られた藻の中には、





おおっ、43cmのイシガレイが隠れていてビックリ!


おめでとうございま~っす ♪ とみんなで喜びながらまずはミッション達成!

我らも負けてられないとO本先生と必死で打ち返すも根掛かり地獄で大体の位置
を把握してキャストしててもちょこっとサビいたら掛かってしまったりと
知らない間に力糸が無くなってゆきます、、、そしてようやくそれなりの
重量感に巡り会えた!と喜ぶとコレ、





マダコですわ、、、


それもミズダコなんかと比べちゃうと全然ですけどマダコにしては相当巨大な
エイリアン・サイズ!先週も確か地元で落ちギスを狙っている時に外道で釣れて
きましたしマダコもシーズンなのかな?自宅にはわんさか真空パック冷凍した
切り身があるのでこやつは秀さんに貰って頂きました。

結局午前11時半頃まで粘るもわたくしめ側は何とかできてもO本先生側は
まともに釣りが成立しないとゆ~ことで場所移動となりました。


クッ、クッ、ク~~~ッ?


移動して竿を出し終えたタイミングで竿先がお辞儀し始めましたよん。





30cm イシガレイ


昨日の帰り道にたまたまここで釣っている方がおられ状況など教えて頂きました
が、おっしゃってた通りこちら側はウミケムシだらけ、、、水深がある上、少々
奥まった所で潮があまり動かないとゆ~立地も少しは関係しているのか?まっ、
ウミケムシはここじゃ税金みたいな物ですからしゃ~ないんですけどね~。

2日目は夕マズメまでみっちりやろうと話してはいたものの、日暮れ時刻って
さすが冬だけあってもう午後16時半になると手元が見えにくくなってくる
くらい、、、午後も十分時間あると思いきやあっと言う間に日暮れ時刻を迎えて
しまい釣果はやや小ぶりなイシガレイ&キスを追加したのみでThe End、、、

それ以外はウミケムシのみで終わりました。(泣)





秀さんもわたくしめら同様、自宅まで結構距離があるとゆ~ことでまた次回の
コラボプランを立てて現地解散&そこからO本先生とJCAは恒例の日帰り温泉
に行って温まってから帰路に着くのでした、、、


まずはお疲れ様でしたぁ ♪




「来年は、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

年末恒例の? 石川県・能登島 / 百万石 (1日目)


のと里山海道を通る度に数年前まで長距離有料区間で君臨してた能登有料道路
時代を思い出します、、、そ~いやETCレーンが無かったり料金所だらけで
徹底的に通行料を徴収されてたなぁ~と。(笑)

あはは、懐かしむにはまだそんなに年月が経ってないよ~な気もしますが、
このバイパスを通って「七尾市」入り、、、JCAに関しては北陸自動車道を
下りてちょこっと下道 海道に乗って千里浜エリアを通過してたのは断片的
に覚えているもののパッチリ目が覚めた時にはすでに待ち合わせ場所だった
コンビニ駐車場に到着しておりましたっ!?

それにしても出発から約4時間、、、トイレ休憩を除きほぼノンストップ運転し
、なおもケロっとしている相方の“O本先生”の超人的集中力には毎度の如く
驚かされます!わたくしめの運転ならまだどっかのSAで仮眠中のはず、、、


ここで待ち合わせてたのがこの度お初コラボとなる“秀さん”で、日付が変わる
頃にはすでに到着し仮眠されてらっしゃったとのこと。以前からO本先生含め
毎日のよ~にやりとりして来てたのもあり、全く初対面って感じも無く超~自然
に溶け込みコンビニで買い出しを済ませたら即「能登島」へ突入となりました。


グイグイグイッ!?


まだ暗いうちから投げてた竿に早速生体反応アリ。





幸先良く34cm イシガレイキスが顔を見せてくれましたっ ♪

まさに1投目の仕掛けでしたので今回はいい感じちゃうん!?と全員やる気満々
になって一斉砲火となりますが、たまたま?だったのかその後はウミケムシに
ヒトデとど~でもいいような外道連中のオンパレード、、、

この界隈も教科書通りと言いますか、朝マズメは高確率で食いが立つよ~な
イメージがあるので絶対これっきりじゃないはずと必死で打ち返すもやっぱり
生体反応無し、、、結局追加は無いまま夜明けを迎えちゃいました。


明けて早々、通り雨のよ~に雨雲の動きに倣ってザァ~~~っと降ったり
止んだりを繰り返す雨に見舞われるものの、水面を観察してると事前に
向こうから雨がやって来るのが察知できるのでそれに合わせて車内に一時避難
小康状態になると再び陣地に戻って打ち返し、、、そんなサイクルで
戦っていると午前9時過ぎ、放置プレイしてあった竿に、





お次はジャスト30cm イシガレイネズミゴチのコンビ!

ここで釣れてくるネズミゴチもいつもそこそこ良型が多く、JCAのこやつが
25cm、そして並んで竿を出されているO本先生、秀さんにも似たよ~な
サイズが連発し、ウミケムシよりは断然マシな外道だけど複雑な気持ちに
させられる魚よなぁ~と苦笑い。(爆)


そんな中、ちょ~ど護岸の角部で竿を出しておられる秀さんの射程範囲にキスの
群れが回ってきたのか?ぶっとい落ちギスちゃんがっ、





今朝は一度サーフランダーもどんな感じの竿か?投げ比べてみたいとゆ~ことで
愛用されてるスピンパワーとO本先生の予備用サーフランダーで戦っておられる
秀さんですが、もの凄いパワーの持ち主がゆえスピンパワーAXでさえ弓なりに
曲がってて2人してスゲ~~~!

夏はキスの引き釣りなども積極的にやられているだけにビックリの遠投力で
O本先生もサーフランダーがかわいそうと、、、(爆)


午前11時を回ると朝からほぼ途切れる事なく空一面を覆っていたグレーの雲が
途切れ始め、青空が覗くと共に太陽の光も差し込めてきました。









「百万石」


近年、年末の納竿遠征?的行事となってる能登島巡業。


かなり昔はいわゆる座布団サイズと呼ばれる大型の数釣りが今時期にできた記憶
もあるんですけど、、、ここ最近はあまり聞かないですよねぇ~。よくここらは
約5年周期で爆釣年が回ってくるみたく言われてるのも聞きますがやはり釣果の
確実性を望むなら年が明けて厳寒期に突入してからの方がいいのかも?

マンダムタイムが果てしなく続く午前中、来年からは行き先を他に変更しても
いいかもなぁ~って3人で話しながら秀さんとも深く親睦を図ります!


どこまでも続く鏡のよ~に美しい水面を眺めながらのんびり気持ちいいなぁ~
、、、これで本命のカレイが釣れてくれたら最高なんだけど、、、と何度3人で
連呼したことでしょう!?(笑)


その後、午後14時過ぎに一瞬だけ時合いに入ったのか?パタパタっと手のひら
サイズのマコガレイが2匹わたくしめの竿先を揺らしてくれて終了。





夕マズメまでみっちり粘るのならあと1時間はできてたものの、初日は早めに
切り上げて宿にチェックイン&お風呂に入ってから飲みましょう ♪ と地元の
居酒屋まで予約してあったのでねぇ。




「渋いねぇ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

午前中にちょこっと寄り道、 福井県・あわら市 / 波松海岸


わたくしめの母方の田舎でもある富山県ですが、実は大学時代に仲が良かった
友人の出身もこちらでちょ~ど彼の結婚式など釣り以外でも今だ結構訪れる機会
が多いJCA、今回もメインは全く異なる用件があっての北陸ですが出発時間を
調整して午前中だけ竿を出せるよ~にしましたよん ♪

せっかくこっちまで長距離運転して来てる上、そこに海があるとなれば当然
投げ釣り師の血が騒ぎますよね?(爆)


最終目的地までの距離&所要時間を計算しながら寄り道したとして午前中の
うちにそれなりに竿が出せそうな場所、、、幾つか候補は挙がるも先月も訪れて
勝手が分かるこの砂浜をチョイスしました。





警戒中か?演習か?戦闘機が編隊を組んで低空飛行してますねぇ~。

毎年9月になると一気に釣果情報が激減する傾向にあるよ~に思えるここ、、、
投げ釣りに関して言えば次は秋口以降のイシガレイなどになるんでしょうか?

まっ、キスの引き釣りを専門にされてらっしゃる方々はまだまだ通われ好釣果を
叩き出されているのかもしれませんが、大物投げ釣りをメインにするわたくしめ
的にもど~しても9月になるとあまり引き釣りの釣果情報を意識しなくなる為、
正直今回も釣れてるのか?一切下調べもしないままやって来ちゃいました。


海岸への入口となる白髭神社前から右へ進んで先月最後の最後で数が拾えた
ワンドを目指し、到着と同時にキャストしてみますが、、、サッパリ、、、
どれだけ念入りに探ってもアタリは皆無で1色以内に入ってからチャリコが
入れ食いになってくるくらい、、、


いかんですねぇ~、、、と即行見切りを付けて場所移動。







「波松海岸」


今朝はイカや青物狙いでしょうか?等間隔で砂浜から突き出るテトラ突堤の上
からエギやルアーを投げる釣り人はポツリポツリ見受けられるものの投げ釣りを
してる人はゼロ!やはり釣れてないから地元の人すら居ないのか?不安になり
ながらも少々手前に戻ったワンドへ再チャレンジです。

ちょ~ど車で走ってるとこのワンドの沖目のみ目に見えて超~ぶっとい潮目の
バンドが形成されていたんですわ~。気になってその潮目より向こうに仕掛けを
投入&ズルズルサビいてみると、


ブルルッ、ブルルッ


ブルルルルッ!


まさにその真下付近で心地良いアタリが連発 ♪





いました、いましたっ ♪


1投目から3本針仕掛けにパーフェクトと幸先良い感じ~!

潮目があるのが5色帯の上くらいかな?これくらいの距離ならもう少し針数を
増やして、、、と一瞬考えるも、今朝は到着した時からず~っと北東かの風が
強くキャストした仕掛けも空中で押し流されるレベル!

調子乗って針数を増やして絡まったり届かなくなったりとトラブルを気にする
より心地良くフルスイングを楽しめてる今のままの3本針仕様で引き続き
戦う事にしましょう。これなら遠投もできますしね~ ♪


一応、手前にも群れがいるかもしれないのでズルズル波口までサビいてみました
が、やはりアタリが出るのは5色帯の間のみ!何か今年のJCAが引き釣りする
戦場はこんなパターンが多いなぁ~、、、と思いながらアタリをキャッチ
4色目に入ったとこで即回収~。









コンスタントに釣れてきます ♪


ただ、贅沢は言ったらダメなんでしょ~けど、例えば5色付近でアタリが出た後
、再び2~3色辺りでまた!みたくピンポイントのみでなくもうちょこっと
広範囲でアタリが楽しめたらもっと面白いんですけどね~っ、、、

もしかして単にわたくしめが他の距離帯に居る群れを見落としてるだけ?
あはは、分かりませんわ~。(爆)


しばらくルンルン気分で釣ってたのはいいものの、次第にエサ箱内の表層にいた
まだ辛うじて生きているイシゴカイが無くなってきて、、、後は薄グリーンの
体液まみれのアウトな個体ばっか、、、完全に溶けて固まりになっちゃってる
部分はポイ&何とか使えそ~なのを選りながらやってるうちに群れがどこかへ
行っちゃったのか?たま~にしかアタらなくなってしました。

そして少しした後、今度はエサが底を尽きてしまい終了~。





先日の残りではなく新鮮なエサを持参してればもっと?な~んてちょこっと
ばかし後ろ髪を引かれる思いもありましたが、まっ、元々今回は投げ釣りが
メインでない中、短時間でこれだけ釣れてくれれば満足かな?


十分楽しめましたよぉ ♪




「まだいけるかも?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

午後からの数時間のみ! 福井県・あわら市 / 波松海岸 (2日目)


ぐっすり寝て午前8時に下のレストランで待ち合わせ~ ♪ 長距離運転&
そのまま釣りをして疲れてるはずの“O本先生”なんですけど、、、ど~やら
午前6時には目が覚めてしまったらしく部屋でメールチェックしたりと野暮用を
済ませていたそ~な、、、やはり超人!(爆)

朝食バイキングを楽しんでから部屋に戻って再びリラックス、、、大物作戦時
にはまずあり得ないよ~なくつろぎ様で、結局ホテルを出発したは午前10時と
2日目は超~ゆっくりの行動開始となりましたっ。


市街地を抜ければ一気に一面黄緑色の田んぼが広がってのどかな風景、、、
これで涼しかったら最高なんやけどなぁ~って車内で話す2人、、、ちなみに
外気温は37℃となっております。昨夜のニュースでも見ましたがおそらく
今年一番の猛暑日になっているみたいですわ~。


コンビニ経由で浜への入口となる白髭神社前に到着してビックリ!?


物凄い数の他府県ナンバー車でビッシリ!入口付近から所狭しと車が並び
そのほとんどが海水浴 or キャンプ客のよう。

釣り客に関しては、、、あはは、おそらく早朝から入ってた第一陣はすでに撤収
したのか?それともこの猛暑で少ないのか?地元のじ~ちゃんが数人程度。
また、白髭神社から西に掛けてはキャンプの車数台がブロック&その先には
車両進入禁止ガードがあって容易に進入できそ~になかったのでとりあえず
東へ進んで空いてる適当なワンドで竿を出してみることに。







「波松海岸」


今年もやって参りましたよん!

昨年は非常に型の良い個体がバンバン釣れて超~楽しかったので、ぜひ今年も
一度は行っとかないとね~ってO本先生と話してたんですわ。(笑)

広大なサーフからのキス釣りとなるとやっぱり遠投メインで攻めたいって気持ち
になります!キャスティング練習も兼ねてここぞとばかりにフルスイングを
繰り出してると、最初は6色帯に入ったくらいで反応アリ。


ブルルッ、ブルルルルッ!





おりましたぁ~ ♪


が、しかし何度か同じ距離でアタリを楽しんでるうちにあっという間に居なく
なってしまい沈黙、、、そこまで活性が高くないのか?群れが大きくないのか?
いずれにしても昨年のよ~な雰囲気ではありませんねぇ~。

それに気合い入れて早朝から頑張ってるとまた違ったのかもしれませんけど、
超~バカンスモードな2人は午前8時まで寝てましたし朝の時合いというものが
存在してるなら余裕で逃しちゃってます。(爆)


横でとても真剣な顔してサビきながら穂先でアタリを取ってるO本先生にどんな
感じ~?と伺ってみると、アタリはかなり頻繁にありますよ~!と、、、

ええっ、マジかよ~と思いつつJCAも必死になって打ち返すも反応無し、、、
いや、もしかすると昨日ファーストインプレッションとして感じたタイプRの
遠方でのアタリが分かり辛いってなパターンに陥ってるせい?などと心配に
なってると、超~スローでサビいて水揚げされたO本先生の仕掛けには、





そりゃアタックの強いアタリが楽しめるわ~!(大爆)


キスの引き釣りは探り歩いて群れを探すのがセオリーとも言われますし、
両サイドのワンドへ移動したり車で大きく移動してみたりしながらまとまった
キスの群れを追いましょう!


転々と移動してるうちに近投でアタリがよく出る部分を見つけるもこれまた
ピンギスばかりで微妙だったりとなかなか想像している大きめサイズのキスは
居ないのでJCA、、、元気が残ってるうちにワンドを仕切る突堤状に突き出した
テトラ帯をピョンピョンと渡ってその先端部からファイヤ~してみることに。

シュ~~~ンと真正面に投げて着底と同時にアタリ!?


ブルルルルッ!





今日一番の極太サイズ撃沈 ♪


おるおる~ってウキウキしながら2投目をファイヤ~、、、あれれ?アタリが
全く出ません。もしかして単発?おっかしいなぁ~。

その後も少しずつ方向を変えつつ探ってみるもののたま~にプルプルしたら
超~ミニサイズのチャリコやらヒイラギ、、、そんな中、一瞬群れが通り掛かる
みたくラッキーにもその地点に仕掛けが来てた場合のみ、







ご覧のよ~に連掛かりして水揚げされてきます。

でも、、、サイズは群れよってまちまちみたく小ぶりな場合もあれば、そこそこ
満足いく型が連なったりとバラつきがあるよう、、、そ~いえば昨年も夜明け
から午前中は活性MAXだったのに午後になるとムラが出てきてたよ~な印象が
ありますねぇ。まっ、JCAの場合、年に1、2回のみしか来てませんので
戦場の特徴、傾向など全く掴めてないのが正直なとこですが。(笑)

想像したよりテトラ先端部がパッとしなかった為、戻って他のワンドへ移動と
頭の中ではあれこれ案が出てくるもこの37℃超えの炎天下、戻るのですら
少々辛くなってきてしばらくこのまま粘ってみることに、、、結局ここでは
15匹前後は拾ったよ~に思います。


気付けばO本先生は完全バテバテモードで車内に避難して休憩中!


力を振り絞って浜まで戻り一旦車内に入って近くの自動販売機までGO&冷たい
炭酸飲料をグビグビ飲み干します。ほんとここまで暑いと何かを食べたいって
より冷えた飲み物だけあったら十分って感じですわ~。(笑)

どうする?もう暑すぎるからやめとく?と話し合うも、ど~せなら最後に最奥部
に近いあの辺りをちょこっとやってみてあかんかったら即撤収しよや~となり
再度浜へ進入&竿を出してみます。

すると最後の最後に当たりを引いたよ~で、


ブルッ、ブルッ、ブルルッ!


ゴンゴンゴン、ブルルルルッ


おもいっきり投げてサビき始めると共にアタリが連発&途絶えたと思えば他の色
に入るとまたアタりだしたりと高活性!特に5&3色帯に集中してます。







あまり長居してしまうと帰りが辛くなるのとサンクードが出てくる時間帯に
なっても困る為、時間を決めて戦い軽かったクーラーがそれなりにズッシリ重く
なるまでキスのアタリを楽しませて頂きましたっ。


それからは近くの日帰り温泉に直行して汗を流してから高速に乗って夕食
爆音でTMを聴きながら帰路に着くのでしたぁ~ ♪





2日目のキスカウンターは65匹!




「Get wild!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北陸のサーフを転々と、、、 富山県・氷見市 / 島尾海岸 (1日目)


北陸自動車道に入ってから1回のみトイレ休憩を入れると、後はノンストップで
「富山県」まで駆け抜けた我ら、、、長距離運転が全く苦にならないという超人
Surf Étoile“O本先生”は車内に流れる懐かしのメロディーでまさに
Get wild and tough状態で横で時々うたた寝をしているJCAとは
異なり終始超~ハイテンション!物凄いの一言に尽きます。(爆)

今回は大物作戦は一切無しのキスの引き釣りオンリー。荷物も普段の我らでは
まずあり得ないよ~なライトなものでプレッシャーも全く無いので気分は真夏の
バカンス~ ♪ 初日は午前中をメインに戦って午後からは宿にチェックイン
してダラダラ過ごそうという魂胆でごじゃいます。

また、明日予定している戦場の位置関係からも宿は福井市内で押さえてある為
、今朝も動きに無駄が生じないよう戦場候補の東端から始めて徐々に西へ移動
して行くって感じのランガンスタイルでいきましょう!


立山連峰の袂となる黒部ICで下りてコンビニで適当に買い出しを済ませると
いざ向かったのがゴロタ混じりの砂浜、





「石田浜」


母方のじ~ちゃん&ば~ちゃんが住んでいたのもあってここ富山県には昔から
毎年訪れていたJCA、大学時代だったかな?もう随分昔の事にはなりますが、
友人らと一緒に遊びに来た際にここで海水浴を楽しみながら良型のキスを
バカスカ釣った記憶が残ってまして、、、


1投目から小ぶりなものの連掛けで釣れていいや~ん ♪ って言ってる矢先に
地元の中学生?からじ~ちゃん&ば~ちゃんまで幅広い年齢層の人たちが大勢で
浜に入って来れられ流木や藻、ゴミなどの清掃開始!

聞けば海水浴シーズン中は毎週土曜日の早朝に実施しているよ~で、釣れてる
かぁ~?いいよ、いいよ、全然気にせずに釣ってよ~とはみなさん親切に声を
掛けてはくれますが、さすがにこれだけの人数の中!邪魔になって申し訳ない
よ~な気持ちになる上、キャスト時にも背後にたくさん人がいらっしゃるので
ここは場所移動しようとなりほんの数投のみで撤収。


次に向かったのが石田浜から西へすぐの、







「経田漁港」


これまたかなり前の話になりますけど、冬場に漁港入口の波止からマコガレイを
釣った覚えがある戦場で波止の付け根から東に掛けて砂浜となってるので
キス釣りが楽しめるのでも有名。JCAはカレイ作戦のみでキスの引き釣りは
一度もした事が無かったので今回はぜひ!と戦場候補地に加えておりましたっ。

砂浜にはすでに数人竿を出されており、まだスペースがあった波止から沖向きに
投げて狙ってみますとポツリポツリではありますが、まあまあ良型のキスが顔を
見せてくれます。それにしてもクソ暑い!

波止先端部で同じくキス釣りをされてた方とお話をさせて頂きながら約1時間程
楽しんだ後、想像以上の猛暑に負けて一旦撤収&コンビニで冷たいアイス&
飲み物を補給しようとなりました、、、ちなみに外気温は午前8時過ぎですでに
35℃!?あ、ありえん、、、北陸の夏も超~暑いですからねぇ~。


クーラーギンギンの車内で2人してアイスを食べながら西へ。


30分もしないうちにおもいっきり見慣れた風景となり田舎の家があった地区を
通過 常願寺川を渡ってこれまた馴染み深い海水浴場へ向かいました。







「岩瀬浜」


家から最も近い浜ってのもあり、毎年遊びに来た際には必ず連れて来てもらった
覚えのあるこの場所、、、当時は大きな海の家がたくさん並んで超~賑わってた
記憶がありますが、今は海の家もほとんど無く、また遊泳可能エリアも狭まって
小さな区画のみとなってます、、、ちょこっと寂しい気持ちにはなりますけど
浜自体の風景は昔のままでどこか癒されますねぇ。

ここはキス釣り師の中でも有名な戦場で当時からどこへ投げてもキスがたくさん
釣れた粒子の細かいサラ砂海岸!ゴロタは皆無です。

早速、人の少ない部分に入ってファイヤ~してみると、


プルプルプルプルプル~ ♪


着底と同時に心地良いアタリが連発して、





やや小ぶりな個体ばかりですが、連掛けで水揚げされてきて楽しいっす ♪

これだけキスの活性が高いならもう移動する必要はないっしょ~とお昼前まで
このまま戦って初日は終了にするはずが、いきなり若い大学生?らのジェット
スキーが数台遊泳エリアに入ってブ~~~ン、バシャ~ン!ブ~ン、ブ~ン、
ブ~~~ンとエンジンをおもいっきり吹かしながらランダム走行&ターン
しまくり、、、あれだけあったアタリがピタリと止まってしまいました、、、

一応、東へもう少し歩くと消波テトラ帯が無くなり遊泳可能エリアにはなって
ない部分があるのでそこまで移動して続投するも、ジェットスキー連中は
お構いなしにあっちこっち行ったり来たりでアウト、、、それでもキスは
ポロポロ釣れては来ますが、あからさまに渋いので見切りを付ける事に。


神通川を渡ってど~せこっちも似たよ~なもんやろ~と思うも、動線的には
寄り道しても全然OKな位置になる小さな浜、





「八重津浜」


消波ブロックで守られた小さなワンドが連続するこじんまりした海水浴場で、
フルスイングしちゃうと確実に消波ブロック帯を越えてしまい近投オンリー
ですがわたくしめの中ではキスの魚影がすこぶる濃い印象のある戦場。

昨年もO本先生と来て海はかなり荒れてたものの、波口付近をメインにたくさん
釣った実績場ですから、遊ぶにはもってこい!今朝も海水浴客は少なくのんびり
竿を出しながらコンスタントに出るアタリを楽しんでいると、なんとここでも
ジェットスキー軍団がわんさか居て狭いワンド内でジグザグ運転中!


あ~あ、終わった、、、


やはり海水浴シーズンが一段落つくお盆明け以降に計画した方が賢明でしたね。
まっ、今年に至ってはスケジュール的になかなか合わなかったのもありますし、
真夏の大物作戦が食い渋る時期限定バカンスと考えればこれでいいかなぁ~と
納得できますが、、、やっぱこれじゃちょこっと不完全燃焼。(笑)

それなら海王丸パークでランチした後、その近辺の万葉埠頭など含め護岸で
遊んで終わるのもいいかな~とはなるも、移動中の車内で作戦が一転、二転して
ここまで来たらせっかくですしあそこに寄ってみよ~かとなりました ♪







「島尾海岸」


氷見市の海岸線に広大に広がるサーフは毎年ダイワのスーパーバトルカップ投の
富山大会会場になってて、O本先生も名前は聞いた事あるもどんな所か知らない
とゆ~ことで久しぶりにやって参りました。ど~してもわたくしめの田舎は
富山県の東寄りだった為、西寄りの氷見は少々遠いイメージがあったんですけど
、今回改まって走ってみるとあっという間でした。(爆)

海水浴はキャンプ場前がメインでその部分を外せば見渡す限り人っ子1人居ない
状態、、、それでも至る所に他府県ナンバーの車がたくさん止めてあって駐車
スペースを見つけるのが大変でしたが何とか見つけて浜へGO~ ♪


ブルルッ、ブルルッ、ブルブルブルッ


ブルルルルッ!


1投目から4色帯をメインにアタリが連発~ ♪









サイズもピンギスは少なく良型主体の超~高活性!


最初からここに来てたら良かったなぁ~、、、な~んて言ってもしゃ~ないです
よねぇ。でもまぁ、最終的に楽しめる戦場に落ち着く事ができたので良かった!


時間の経過と共にキスの群れも徐々に遠ざかっていっており、頑張って遠投して
いかないと~って今回デビューさせたタイプRを一生懸命振って群れを追い掛け
ますが、、、現段階のインプレではJCAがこれまで愛用してきた前作のキススペ
より遠投力の点では同じ? or 若干長けてるよ~に感じるものの、遠くでの
キスのアタリがモソっとした程度でなかなか鮮明に取る事ができません!

キススペに慣れているから余計ってのもあるんでしょ~けどほんとあれっ!?
みたく違和感があってアタリの伝導性と言いますし穂先に掛けての繊細さは全く
違ってますねぇ、、、あはは、もちろん3~2色以内に入ってきてからなら
ダイレクトに伝わってきますがっ。(爆)

まぁ、カラーリングが斬新でお気に入りかつJCAにとってのキスの引き釣りは
そこまで細かく求めるってよりは夏場の息抜き感覚ですから十分満足 ♪
今までず~っとキススペのみでしたから新鮮ですわ~。


ほどほどに束釣りを堪能した後、気持ち良~く初日終了。





キスカウンターの数は53匹とその半分以上が最後の島尾海岸で撃沈した感じと
なりました。来年は戦場候補に必ず加えよう思いま~っす ♪


撤収後は高速に乗って大阪方面へ戻るよ~な形で福井県へ、、、


ほんとは金沢辺りで宿があればと考えてたものの、お盆も近付いているからか?
目ぼしいホテルはどこも満室で、便利な立地&綺麗&そこそこゴージャスで
美味しい地元の食材を使った朝食が頂ける宿って条件で探すと該当した場所が
ここしか無かったんですわ~。

結構距離があったよ~に思えるもO本先生の高速運転で即行到着してしまい、
チェックインしてお風呂に入ってからのんびり街に繰り出しましたぁ。


地元の人々が通うお勧めの居酒屋を聞いてそこで晩餐~ ♪





最近この顔がお気に入りのよ~なO本先生。(謎)


バカンスでやって来てるからには贅沢に行っとかなぁ~ってなり、お酒に食べ物
と興味の湧いた物は全て注文して2人共かなり満腹に、、、もう1軒ハシゴ?と
思うもそ~いえば宿に自慢の温泉があったのを思い出して戻り、後はそれぞれ
リラックスしながら爆睡夢追人になるのでした、、、

明日もチェックアウト時間ギリギリまでゆっくりする予定で~っす ♪




「今日は暑かった!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR