FC2ブログ

為す術が無い! 富山県・富山市 / 常願寺川河口 (2日目)





魚が居ないとなればもう気持ちを切り替えてバカンスを楽しもう ♪

昨日はチェックイン開始時刻一番乗りでホテルに入って温泉で癒されてから
お昼寝 午後18時45分にロビーに集合して前回見つけた地元の美味しい
海の幸が楽しめる居酒屋へGO&身も心も癒されて就寝となりました。


2日目最終日の今朝は事前に綿密に練ってあったプランでは、


①午前5時に戦場入り → 午前8時半撤収。

②午前9時、ホテルで朝食バイキング。

③温泉で朝風呂に入ってから午前11時チェックアウト → 帰路へ。



釣りのみならず夏のバカンスを兼ている為、2日目は早朝の数時間だけ竿を
出して再びホテルに戻ってゆっくり朝食を頂き温泉で癒されてからゆっくり
帰ろうとなっておりました。

もちろんこれは初日に満足がいくくらいまで釣れているであろう事を前提に
作ってたプランで、実際には大の予想外の展開になっちゃいましたが、おそらく
1日やそこらじゃ状況は変わらないだろうと判断し従来のプランで決行する事に。


ここでの戦場というのは当然昨日と同じ道が空いてればホテルから20分程度
で着けるこちら。





「常願寺川河口」


昨日は根性で大移動を繰り返し探ったつもりが、ド貧果に終わってしまい
ましたし正直、どこへ入ってもこの状態なら一緒とあくまでホテルからの
所要時間を気にして場所変更は行わずにやって参りました。


今朝は弱いながらも出し風となっており心地良くキャストできる環境。

薄暗いうちから攻撃開始するも、明るくなってきてようやく何かが掛かったと
思えば依然状況変わらずピンギス、、、唇に掛かってる個体は即リリースし
、完全に飲み込んでしまってるのは仕方ないのでキープです。


“O本先生”が昨夜飲みながら見せてくれたデーターではわたくしめが前回
訪れてから今日まで、特に大荒れした形跡は無いものの、気圧がここ数日間で
著しく変動しており、それに伴い雨も少々降っていた事が原因?いや、原因を
追究するならこれくらいしか考えられないなぁ~と話しておりましたが、ほんと
魚自体が居ないという雰囲気、、、

7色から6色に入ったすぐの辺りでたまたま魚が通っていたのか?ほんの
数回だけキスのアタリとしっかり感じられる振動があり単発でゲット、、、
が、しかしアタリはすぐに途絶えてしまいその後はどの距離帯をめちゃくちゃ
丁寧にサビいてきても音信不通。


昨日に引き続きお天気だけは最高なんですけどねっ。(笑)







今朝は出し風ではあるけどつい先日の台風9号に続いて只今九州方面を通過中の
巨大台風10号の影響が出ているよ~で、ウネリが入って時間の経過と共に波打ち
際は白い波で覆われいつからか少し向こうではサーファーがわんさか波に
乗って戯れておられます。


はいっ、どれだけ打ち返してもあまりにもアタリが無さすぎる為、撤収時刻の
午前8時半を待たずして午前7時45分には撤収!

ホテルに戻ってからは富山名物のますのすしに昆布締め、ホタルイカの沖漬け
にタラ汁他超~豪華な朝食バイキングを堪能し、朝風呂に癒されて帰還と
なりました。今からが旬の呉羽山の梨もしっかり買い込んできましたよぉ ♪


あれだけ居たキスはどこへ消えたのでしょう?(笑)





どちらにしても本遠征を持ちまして今シーズンのキスの引き釣りは一区切りに
したいと思いま~っす。帰還したら竿からリール、専用クーラーまで綺麗に
洗って片付けないといけませんねっ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 8号
■ エサ: イシゴカイ


「群れはいずこへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

こ、こんなはずじゃ、、、 富山県・富山市 / 常願寺川河口 (1日目)


3週間 21日間という期間を短期間と思うか?長期間と思うか?状況に
よっても都度異なってくるかとは思いますが、今回はまだ9月になったばかり
とゆ~こともあってたかが3週間!と前向きな考えでおそらくそこまで変わっては
いないだろう、、、そう信じて再び出向いて参りました。


お盆明けにバカンス兼て訪れた母方の田舎でもある「富山県」

あの時は最初に入った氷見市の島尾海岸では数は釣れるものの、サイズが小ぶり
ってのもあり途中で切り上げ場所移動したのがビンゴとなり、移動先で良型が
爆釣!翌日も短時間ながらも大満足の釣果を得れて帰還となりました。

その大満足を再び夢見て、SurFreyja“O本先生”と今シーズンの
引き釣りラストを飾るべく選んだのがココ、







「常願寺川河口」


以前にも書きましたが、この戦場はわたくしめの母方のじ~ちゃん&ば~ちゃん
が住んでた家から徒歩で10分程度の場所で、それこそ幼稚園の頃から慣れ
親しんできたエリアでもあります。

そんな馴染み深い場所に前回たまたま入って爆釣したわけですから、ある意味
忘れられないいい思い出となりました。

あれからまだ3週間しか経っていない上にこれまでの天気予報を辿っても特に
大シケになるなど荒れた形跡も無く、気温、水温共に大した変化も無いので
あの時までの爆釣はできなくてもそれなりに良型の魚は拾えるだろうと
半分余裕をかましてやって来たわけですが、


どの距離帯を探ってもアタリが出ないんです!?


前回は逆にどの距離帯に投げても必ずアタリが出るよ~な状況だったのが
サッパリ、、、まだ夜が明けて間もないうちには差し込める日光の加減も影響
してるのかも?な~んて前向き思考だったのが、完全に太陽が昇った
午前7時の段階でもご覧の通り、





やっとこさ超~微弱なアタリが出たと思えば良型とは遥かにかけ離れたサイズの
キス、、、完全に針を飲み込んでしまってる個体以外はリリースするも、その
ピンギスでさえたま~にしかアタっては来ず延々とノーシグナルの時間が
続きます、、、あれだけ居た群れは一体いずこへ!?


時間が経てばもしかすると、、、それでも望みは捨てずに粘り続けましたが、
結局午前8時になっても一向に状況は変わらずアタリはゼロなのでここで
キスは足で釣れという名言に従って場所移動を決行!

下手にご近所の戦場を探っても魚っ気自体が無い為、ここは大きく移動と
おもいきってあの島尾海岸まで行くも、ここでもキス自体がほとんど釣れない
状況になっており1時間程度で見切り。その後は万葉埠頭エリア 経田
漁港 石田浜とわたくしめが知る限りキスの魚影が濃そうな戦場を回るも
どこも激渋&釣れても朝と一緒くらいのサイズのピンギス、、、

ちょこっと言い過ぎかもしれませんけど、この戦場にキスが居ないとゆ~より
富山湾自体にキスが居ないって思えるくらいどこもアウトでまさに万事休す。


一体この3週間で何が起きたんでしょう?


当初の計画では午前中のうちに満足いくくらい釣って昼食を食べてゆっくり
ホテルにチェックインとなってたはずが、、、幾つもの戦場を徘徊してるうちに
気付けば正午を回っておりました!





午後13時、ここでダメならもうあきらめようと最後に訪れたこの界隈では
キスの魚影が濃い事で知られるココでも見事にフラれ終了。

O本先生もデルナー天秤のシンカー部より小さなピンギスを釣ったのなんて
初めてかも!?と嘆いておられました。(爆)


富山県のみならずキスの引き釣りポイントとなると、ベタなポイントしか
レパートリーが無いJCAですので以上で全てを出し尽くした感と、ホテルの
チェックイン時刻も近付いてきてた為、あっけなく心が折れました!





なんとまぁ、、、

今シーズン、ラストにして最大のド貧果でございます!(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 8号
■ エサ: イシゴカイ


「ワカサギ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2日目も好調! 富山県・富山市 / 常願寺川河口 (2日目)







「富山県」まで来たからには地元で獲れた海の幸を堪能しておかないとっ、、、

魚釣り、お墓参り問わず訪れた時は毎回そう思うんですけど、結局のところ
有名な物となるとホタルイカ、白エビ、ミギス、サスと呼ばれる昆布締め、
ブリや他ノドグロ、ゲンゲといった深海魚類になってきてどれも幼少の頃から
遊びに来る中で食べてきた物ばかりとなり改まって何が食べたいんだろう?
と最終的に悩んでしまいます。(笑)

昨夜はとりあえずホテルから最寄りの海鮮居酒屋に行って新鮮なお造りや白エビ
の唐揚げなどで一杯やって参りました ♪


普段から市内中心部とはいえ、夜になるとそこまで人通りも多くないのが
コロナの影響もあってか?更に閑散としてて何軒か覗いた居酒屋もどこも
ガラガラで少々寂しい気持ちになりました、、、また第2波が訪れていると
言われてる今、1日でも早くワクチンが開発されて終息して欲しいものです。

今朝はホテルの超~豪華な朝食バイキングを楽しみにしてたのもあり、ゆっくり
起床&地元の料理を中心としたバイキングを堪能してから戦場へ向かう事に。





「常願寺川河口」


今日は終日曇り予報で所々雨マークまで付いており、一見気温も低め?と
想像してしまいがちですが、ところがどっこい日中の最高気温は38℃予想と
危険レベル、、、

ただ、戦場に到着した午前9時の段階ではご覧のよ~に空は分厚い雲に覆われて
南からやや強めの風が吹いてる感じで気温は高くてもまだ心地良く戦えそ~な
コンディション ♪ 南風となればここでは出し風になりますから飛距離も
出し易くなりますし良さげでしょ。(笑)


どれだけ湿度が高くても風さえ吹いていればそこそこ涼しく感じられるので
風が止んでしまうまで&雨が降りだすまでに頑張って釣ってしまおうと、
戦場入りしたら即タックルを組んで仕掛けを投入してゆきます。


ブルブルブルッ!


ブルッ、ブルルルッ、ブルルルッ


5色付近からサビき始めるも、着底からすぐアタリが連発 ♪







今朝は時々ヒイラギも混じってきますが、ほぼキスが主体で入れ食い状態。
気のせいかもしれませんけど、昨日より全体的にサイズが大きめかも!?


万が一、アタリが遠退いた時の事を考えて遠投から波打ち際までしっかり
群れの位置を把握すべくいろいろ投げ分けてみますが、基本どこの
距離帯でもアタリが出てる感じ。

これって考えてもみればもの凄い魚影の濃さじゃないです!?


無駄な体力消耗をしないよう一番楽に探れる4色帯以下をメインにサビき続け
数を稼いでゆく中、急に空がダークグレーの雲に覆われ始め、今にも降って
きそうな雲行きに、、、氷見から能登半島にかけてでしょうか?遠くの方では
確実にゲリラ豪雨並みの雨が降っている事が確認できます。





この風向き、また山間部から離れた今の立地ならまず大丈夫とは思えるも、
もしあの豪雨をもたらしている雨雲同様の物が来ると土砂降りになるかも、、、
念の為に身の回りを整頓してから攻撃を続投してると、なんと30分もしない
うちに雰囲気の悪い雲たちは全て流されてゆき青空になっちゃったんです!?












これにはほんとにビックリ!?


最新の天気予報でも未だ曇り時々雨のまま変わらずなのに実際には青空が広がり
太陽の光が燦燦と降り注いできてます ♪ おまけに風もいつからか無風状態
になってしまい体感気温はみるみる上昇中、、、

晴れて嬉しいけど、めちゃくちゃ暑い、、、


一気に汗が噴き出してくるのでバスタオルを首に巻いて打ち返しに集中!本日分
のイシゴカイを昨日少し開封して使っちゃったので今朝はエサが無くなり次第
終了と決めており、おそらく持ってあと1時間程度かな?

そう思えば灼熱地獄でも頑張ろうという気になれるものです!(爆)


ブルブルブルッ





最大25cmで20cmオーバーも個体も多数 ♪


キスの引き釣りも毎回こ~ゆ~釣果なら言う事無しなんですが、あはは、
なかなかそんな風にはいきませんよねっ。正午頃にはエサが終了し、暑さも
これからピークに達していく時間帯になるので超特急で片付けて撤収!

キスカウンターは78匹と短時間でしたが満足のいく釣果です!


2日間で合計200匹超えですから帰ってからが大変になりそうですよねっ。
お裾分け先も何軒かあるものの、せっかくぶっとい大型個体も釣れてますし
わたくしめ自身もおもいっきり堪能したい、、、

幸せな悩み?とゆ~ことにしておきましょう。(爆)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「この場所いいねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夏の北陸 ♪ 富山県・氷見市 / 島尾海岸 (1日目)


夜明け直後ならまだ暑さも幾分マシ?そう願いながら車内でモスシールドウェア
に着替えていざ外に出てみると、、、チ~~~ン!表示されてた通り朝から
余裕で外気温は30℃を超えており、超~ムシムシ。

何か1つの動作をする度に汗が至る所から滲み出てきて気持ち悪い!おそらく
風が少しでも吹いていればまた違ったんでしょ~けど、今朝は見事無風で
ただただ蒸し暑いだけ。これは気温がピークに達する前にさっさと釣って
終了ってのが理想的ですね。(笑)


ブルブルブル、ブルブルッ、ブルブルッ


1投目からやや弱め?ながらもコンスタントにアタリが出て、





朝から高活性で連掛けされてきます ♪

ただ欲を言えばもう少しアベレージサイズが大きかったらいいのになぁ~っ
、、、な~んて思いつつも、とりあえず4色から手前どこへ投げても必ずすぐ
アタリが出る感じでみるみる数を稼いでゆきます。

魚を外してクーラーに入れると同時にキスカウンターのボタンをポチッ、
ポチッ やっぱりサイズに不満を感じてしまい針数を減らしておもいっきり
フルスイング&遠投域を探ってみますが、今度は魚影自体が薄いのか?
アタリも散発かつたま~にヒットしてもサイズは変わらず似たよ~な個体ばかり
、、、これなら気合い入れて遠投する必要もないかも?


今から2年前?いや、もっと前になるでしょうか?毎年夏になると同じクラブの
O本先生とバカンスと称してこちら北陸方面へキス釣りに来ておりました。
その時にここだけは他がどれだけ渋くても不思議にも良く釣れて、また
アベレージサイズもそこそこ大きめな印象があり必ず戦場候補リストに
入ってたんですが、、、

まっ、サイズだけは年回りにとってムラがあって当然ですね。







「島尾海岸」


今朝も両サイド、どちらもそんなに近くはないけどキス釣りの方が5~6人
入っておられるのが見え、定番ポイントである事が窺えます。


高活性なコンディション下、効率良く釣りたいなら自分自身が操れる範囲内で
針数を増やしてワンキャストで掛けれるだけ掛けるってのが基本。

まだ太陽は低い位置にあるとはいえ、時間の経過と共に気温はうなぎ登りで
上昇してますしキャスト回数が増えてしまうとその分汗でドボドボになります
から、無駄を省いたエコな釣りスタイル!?にこだわっちゃいます。(爆)


着水後、サビき始めた途端にブルブルッの典型的なアタリが連発し始め、
次第に震えが増幅&竿に伝わってくる重量感も増してくるのが分かります。
サビくスピードもスローペースにしてしまうと1匹が複数本の針を飲み込んで
しまう為、そこそこ速めにハンドルを回しつつカウント。







その時の魚の活性に応じて微調整をしながらトラブルレスで数を稼いでゆく
、、、おそらく引き釣りをメインでされてる方々はこ~ゆ~技術に長けて
おられるからこそ非常に効率がいいんでしょうねぇ。わたくしめなんて、
ある程度大きさのある個体ならまだしも小型メインになってくると今何匹
掛かっているか?など未だ正確に把握できないので、何とな~く仕掛け
全体が重たくなってきたからそろそろかな?ってなノリ。(爆)

こ~ゆ~場面において毎回思っちゃうのが、せっかくキス釣りに特化した
タックルを持っているのにその性能を十二分に発揮させれてないのがもどかしい
、、、技術向上を望むならそれだけの場数踏んでいかないといけませんし、、、
わたくしめの年間出撃パターンでは永遠に習得不可能かも!?


キスカウンターが60を超えた時点でまだ釣り開始から2時間程度で、このまま
釣り続けてても数は増えるでしょ~けどサイズアップは望めないと判断し一旦
ここで終了。汗ダクになったTシャツを着替えて車を発進させます。


1週間前くらいにクラブイベントで出撃した時の方が数は出なかったけどサイズ
的には良型ばかりで、今回の遠征ではそんなサイズの数釣りを!って目論んで
いたんですが、、、あはは、そう上手くはいきませんねぇ。

富山市内中心部を目指して走り、途中でカフェに立ち寄ってモーニング&
クーラーのギンギンにきいた店内で癒されてから再び移動開始です。







「常願寺川河口」


なぜここに来たのか?

それは過去にも何度か書いてきてますけど、わたくしめの母方の田舎がまさに
この水橋というエリアで小さい頃から毎年夏休みになると遊びに来ていた
おもいっきり慣れ親しんだ場所。当時から釣りが好きでこの界隈へは徒歩で
来れた為、しょっちゅう来てたのを覚えております。

最初は近くの海水浴場として有名な岩瀬浜を見に行ってみるも、釣り人は
ちらほら居てもそこまで釣れてる様子でも無かったのでこちらへ。


群れの回遊の有無、距離など一切分からないのでとりあえず遠投域から手前に
手前にと探ってゆきましょう。


ブルブルッ、ブルルルッ!


鋭いアタリが6色~5色帯にかけて連発して、







25cm前後のぶっとい個体も混じりながら良型の数釣りがっ ♪

これはビンゴ ♪ 場所移動して正解でしたぁ。さっきの島尾海岸でメインだった
よ~な小ぶりな個体はほとんど皆無でどれも満足のいくサイズばかり!特に
大型は遠投域で真っ先にアタってくる印象があるのでそればかりを撃沈
しようと思い、調子に乗っておもいっきりフルスイングを繰り返していると、

いきなり、


バシッ!?


変な音がしたと思えばまさかのラインブレイク、、、ってゆ~か横着気味に
力任せで振ってたのがダメだったのか?どこかで弛みが生じてしまったのか?
ガイドの所で見事パーマしてしまい高切れですわ。(泣)

幸い、替えスプールも持参してたのでサッとスプール交換するだけで難なく
戦線復帰できたものの、暑過ぎるからといってダレて横着スタイルになるのは
ブ~~~ですね。それにまた同じトラブルを引き起こしてしまうと今度は確実に
釣りに影響が出てきますから以後慎重かつ集中して戦う事に。









遠くには蜃気楼が出てそ~な美しい大海原へ向かってファイヤ~!


ゆ~っくりサビき始めるとガツンといった強いアタックと共にブルブルと振動が
伝わってきて、それがサビけばサビくほど増幅されてゆく ♪ これこそ
引き釣りの醍醐味の1つと言えますねぇ。超~気持ちいい~!

いつの間にか空は快晴となりめちゃくちゃ強力な日差しが照り付けてジリジリ
焼けるよ~な暑さ、、、ちなみに天気予報では今日の富山県の最高気温は39℃
、昨夜やってたニュースでは市内で40℃を記録した旨あり相当な猛暑日が
続いてると言えます。

夏は猛暑で冬は豪雪地帯となる北陸エリアですけど、一昔前まではここまで
暑くはなってなかったよ~な、、、ほんと異常でございますわ。


あはは、それでも釣り人っておかしなもので、魚が順調に釣れていると
暑さなんて忘れて夢中になってしまう ♪









正午が近付くにつれ魚影は更に濃くなってきたみたく波打ち際ギリギリの所まで
エサを追い掛けて食い付いてくるまでに!ふわっと軽く投げてテンポ良く
サビいてきても食い気満々で入れ食い状態。


こりゃ明朝の戦場もここに決定ですわ。


キスカウンターが3桁を超えるとホッとしたのか?急に我に返って満足な
気持ちとなり、そして息もしにくいくらいの猛暑を実感するよ~に。
うん、もう十分楽しんだかな?(笑)

気付けば1日700円分計算で2パック持参してたイシゴカイも2パック目を
開封しており、残りは500円分程度でしょうか?まぁ、イシゴカイ
だけはどこでも簡単に入手できますので全然心配はいらないんですけど、
場所移動含めた午前中だけで132匹 ♪ 今日はこれくらいで~。











これからどこかで昼食を食べて、ホテルにチェックインしましょうかねぇ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「40℃超えは異常!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

終日、雨、、、 石川県・能登島 / 鴫島入江 (2日目)





宿にチェックイン後、一旦それぞれの部屋に入り30分後にロビーで待ち合わせ
例年の如くどこか美味しい地元の郷土料理が楽しめる居酒屋にでも?と
話していると、“高ちゃん”はほとんどお酒が飲めないそ~な!?あれれっ、
そ~いえば忘年会の時も1杯だけビールを飲んだ後はひたすら食べていたのを
思い出しましたわ~。(笑)

ってわけで昨夜は急遽行き先変更してドリンクバーでダラダラできるファミレス
で夕食を頂き、早めに就寝となりました。


朝は手作りの郷土料理を中心とした朝食が付いているのでマズメは逃すけど
これだけは頂いておくべし!と午前6時15分のオープンと同時に会場へ入って
食べたら即チェックアウト 戦場へ向かいます。

これまた予報通り、


未明から雨が降り出したみたく今もなお降り続いております、、、


気温も昨日に比べると若干肌寒く感じるけど防寒着を着てせっせと動いていると
すぐにポカポカしてきて不要に感じられる温度、、、雨だけが唯一、釣りの支障
と感じられる要素でしょうか。


グッ、グッ、、、グウウウッ





何とも微弱で一瞬他の魚かと思っちゃう締め込みと共に水揚げされてきたのは
20cmちょこっとしかないイシガレイ、、、本遠征の釣果の大半は友人に
お裾分けする約束をしていたJCA、しかしながら想像してたより昨日は
全然数が出なかった為、とりあえずこやつもリリースせずキープしておく
ことにしましょう。これだと一夜干しのネタかな?(笑)


昨日と同じ入江で戦っているのもあり、食いが立つ時間帯が今朝も同じなら
午前8時現在、おそらくすでに一段落ついているよ~に思えます、、、

当初の予定では初日にここ鴫島入江で数釣りを楽しみ、2日目はボウズ覚悟で
一か八か一発大物場に入ってみようとなってたんですが、朝から東寄りの風が
非常に強く戦場候補として考えてた3ヶ所の戦場は全て強風&波も高めで
微妙なコンディション、、、結局しばらく島内を徘徊した後、最もベタ凪かつ
キャスト時も常に出し風になる今の位置に落ち着いたって感じ、

正午を知らせる音楽がどこかの集落から聞こえてきて、あ~~~もうお昼や~ん
、、、今のところわたくしめが攻撃開始直後に撃沈したチビちゃんのイシガレイ
のみでそれ以降何か針に付いてると思えば全部ウミケムシ!?昨日は丸1日
やって1~2匹しか見なかったのに今日はビックリするくらい入れ食い状態
で2本針仕掛けの両方の針にもれなく掛かってくる始末、、、







「鴫島入江」


今思い出せば昨年も2日間ここで戦ったよ~な覚えがっ。

まっ、昨年はゆっくり朝食を食べてから行くとすでに予定してた戦場には
先客がおり、渋々ここ、鴫島入江に戻ってくるも前日戦ってた位置にも
投げ竿が並んでて場所が無くて逃げ込んだという感じになりましたが、
今回に関しては荒れが原因と自然現象なので仕方ありませんねぇ。

高ちゃんともうすぐ午後13時になるし、午前中はほぼ何も釣れなかったに
等しい事からこの辺でそろそろ見切りを付けて撤収しようか?など話し合ってる
中、1時間近く放置してあった仕掛けを回収してみると、







いつの間にか38cm イシガレイが居食いしてましたっ。

続いて高ちゃんの方にもこれまた居食いで同サイズのイシガレイが釣れて、
一体何が口を使うきっかけなんだろう?とますます謎は深まるばかり、、、
例年ならいくら潮の干満における潮位差が非常に少ない日本海側とはいえ
要所要所で呼応して時合いに突入したりと、ある程度読める?納得できる
パターンもあったりしたんですけど今年はサッパリ分かりません!


しかしこの2匹のイシガレイの登場で高ちゃんのやる気が再び燃え上がった
みたく明日は有休を取ってるので夕方まで粘りましょう!と。

それに対してほぼ心が折れ気味なわたくしめは百発百中で掛かってくるよ~に
なったウミケムシに閉口させられながら徐々に片付けれるところから片付け
モードに、、、と言いますのも、最新の雨雲レーダーを見ていると午後15時
を過ぎた頃からヤバいくらいの豪雨予報が入ってるんですわ。


念の為に高ちゃんにもしかすると半端じゃないレベルの雨が来るかもしれない
から夕マズメまで粘るのはちと厳しいかもしれないで~と伝え、すぐに撤収
できる準備だけはしといて~と、、、久しぶりに見る真っ赤に染まった雨雲
レーダー予報に警戒しつつ打ち返しの手も止めずに頑張っていると、

また微弱な竿先ノックが出て、





ジャスト30cm マコガレイ撃沈。


粘りに粘った末のこの1匹でもう十分かなぁ~って気持ちになってしまった
JCAは先に片付けて車内でゆっくりしておくことに。

逐次更新された雨雲レーダーをチェックしながらあとどれだけなら持つ?
計算してるうちに急に予報が変わって20分以内に豪雨がやって来る!?
こりゃヤバイ!即行高ちゃんにその旨伝え、ちょ~ど彼も全く反応が無いので
撤収準備に取り掛かっており2人で超特急にで荷物を積み込み車内に
逃げ込んだ途端にザアアア~~~!!!間一髪でした。(汗)


帰りも叩き付ける雨で視界が見えなくなるくらいの状態が福井県に入るまで
延々と続き、その後も大雨のまま自宅までとなりました、、、今回はスタッド
レスの出番も無くラッキーでしたが、明日からまた寒波がやって来るみたい
ですし戦場付近も雪が降るかもしれませんねぇ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「また雪降るのかな?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR