死角を狙え! 石川県・能登島 / 鴫島入江 (2日目)


おかげさまで昨夜はかなりグッスリ寝れましたぁ ♪ 途中までクラブの仲間ら
とチャット板でワイワイ盛り上がってたんですが、気付けば朝!?やっぱ部屋の
電気を消してベッドに横たわりながら~だと即行寝ちゃいますよね。(爆)

楽しみにしている超~豪華な朝食バイキングは午前6時15分からでしたので
2日目はもう焦らずゆっくり行きましょっと半に“秀さん”と集合し美味しい朝食
を頂いてからチェックアウト 再び大橋を渡って「能登島」へ上陸です。


長い時間できてないから断定するには乏しいデーターながらも昨日の雰囲気を
踏まえ今日はすぐお隣?の閨フィッシングパークにある小突堤からでもやって
みますかと入ってみました、、、何年ぶり!?超~久しぶりですわ。(笑)


と言いますのも、秀さんは今夜午後19時から緊急のお仕事が入っているようで
どれだけやれても午後13時まで、おまけにJCAも明日から海外出張を控えてて
早朝から成田に移動しないといけない事を考えると遅くまではできない状況で
素早く撤収できる戦場 駐車スペースからすぐでかつ食堂もあればトイレ
、自販機もある超~楽チンポイントのここが思い付いたわけですが、

昨日の戦場より更に生体反応が感じられない上、ナマコ船が捨てていった
石っころの山があちこちに点在しているみたく入念にサビいていると結構の頻度
で引っ掛かったりするんですわ~、、、気付けばもう攻撃開始から1時間半程
経とうとしてますし面倒臭いですが、一矢報いる為にも場所移動を決行!







「鴫島入江」


さっきまでの場所も同じ入江なんで魚の接岸状況は一緒のよ~にも思えますが、
釣り荒れ感が否めないとはいえ比較するとまだこちらの方が少なからず魚の顔は
見れてたのでベターかな?と。やっぱ今時期は下手に他の場所へ冒険するより
実績場に留まる方がいいよ~にも思えますからねぇ、、、

あはは、これだけは実際にわたくしめ自身過去にこ~いった作戦を実行して
何度もド貧果を食らってますので。(爆)


さてさて、、、ただ単に昨日と同じよ~な戦術で攻めても似たよ~な結果になり
そ~なのは目に見えてますし残り時間もそんなに無いので奥まで行くより
駐車スペースからすぐの位置で竿を出してみようとなりました。秀さんは
目の前が広く開いて釣り易い最初の角付近、JCAは最も手前の階段付近から
消波ブロックの隙間 or ブロック越しに無理矢理ぶり抜いて~作戦です。

しばらくはシ~~~ンと静まり返って生体反応の無い時間が流れておりましたが
、ようやく竿先にコンコンコンと小突くよ~なアタリが出始めて、

ペランペランだけど30cm イシガレイの水揚げ~ ♪







全く同じタイミングで秀さんも竿を曲げておられ、こちらはそこそこ肉厚な
35cmの個体を撃沈されましたっ!い~な~~~と言いつつもお互い2日間共
ボウズ逃れでホッと、、、ううっ、能登島まで来て悲しいっ。(笑)


ここで時合い到来か!?といつもなら期待するものの、今回ばかしはそれも期待
できないの丸見えですから一応1本はセオリー通りアタリが出た付近に再び投入
しといてここで昨日の午後から試して気になってた戦術に切り替えてみる事に。

その戦術とは昨日の写真をご覧になっててピンと来られた方もいらっしゃるかも
しれませんが、普段は誘導式L型天秤をメインに戦っているのをキスの引き釣り
用でよく使うデルナーなど遠投性に優れた固定式天秤に交換し仕掛けもショート
めかつ軽量化を図った物を導入 お察しのよ~にできる限りの遠投を駆使
して平均値より少し向こうのまだそんなに探られてないだろう?部分を攻めて
みよ~かと。やれる&考えられる策だけは全て試しておかないとね~ ♪


ク~ッ、クックッ


入江のど真ん中向けてファイヤ~した竿に早速アタリが出て、





30cmには満たないものの肉厚なマコガレイがっ。


入江と呼ばれる所は基本ワンド状になっている特徴があるので、仮にこの位置
から投げれる範囲内だとこの一帯、、、またあそこからだとこの辺り、、、あと
、心理的にここら辺はまず誰も投げんやろ~、、、など死角になっていそ~な
部分を考えながらそこへ投入していくと、

あれまっ、コンスタントまではいきませんけど退屈しない頻度でアタリが出る
ようになったんです!?たまたま食いが立ってる時にハマったのかもしれません
がこちらにとっては非常にラッキ~です ♪


グイグイグイ!


コンコン、、、ク~ッ、ククッ









割合としてはマコガレイが主体となってますねぇ。


そんな中、残念にも午後13時を迎えてしまいタイムアップとなった秀さんは
お先に撤収、、、もうちょこっとだけ時間に猶予があるわたくしめは引き続き
死角を探しつつ頑張りましたが、結局その1時間後にはアタリが止まって
しまったのと急に視界が真っ白になるくらいの雪が降り出してきたのもあり
午後14時20分、これにて撤収を決めました。

結局雪は30分もすれば止んでまた晴れ間が見え始めてましたけど時すでに遅し
で全て片付け終わって車に積み込んだ後!ここからはお馴染みの日帰り温泉に
行って温まってからゆっくり帰路につくのでした、、、





先日の串本同様に時間にもう少し余裕があれば夕マズメまでやりたかったかも?




「これも毎年恒例行事」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

外に出る気が失せる大雨、 石川県・能登島 / 鴫島入江 (1日目)





まもなく夜明け時刻になろうとしてますが土砂降り、、、


駐車スペースに2台並べて止めてあるのにも関わらずお隣のSurFreyja
“秀さん”と何時から始めるか?などちょこっとした会話をするにも窓さえ
開けれずスマホでのやり取り、、、予報通り到着してから数時間、時間が経過
すればする程状況はだんだん悪化していってます。

さすが北陸と言いますか、外は0度と極寒になってますし、まずは車内で暖房を
ギンギンにきかせて雨雲レーダーとの睨めっこから初日は幕開けとなりました。


一応午前8時頃に豪雨はピークを迎えそこから降水確率も減少傾向にあるので
午前9時になれば多少降ってても気合でやりましょうかとなりその心構えで
いるも、、、バチバチと痛いよ~な音を立てて叩き付ける雨は一向に止まず
結局傘をさして何とか外に出る事ができたのが午前10時過ぎ。

急いでセッティングをしてファイヤ~してゆきますが、やはり今日までに相当数
の釣り人が入ってるよ~であちこちに仕掛けの切れっぱしやまだ新しいエサの後
などが見受けられ果たして魚は残っているのだろうか?と2人して笑いながら
アタリを待つも生体反応無し、、、







「鴫島入江」


ちょ~ど昨年の今時期に型はイマイチでしたが数釣りが楽しめたので、釣り物が
少なくなる厳寒期の今ですし下手に冒険せず手堅い作戦でいっときましょ~と
なってました、、、が、しかし来るのがやはり少々遅かったよ~でエサも取られ
なければ散歩に来られた地元のおじいちゃんらも毎日のよ~に人が入ってるから
もう魚は残っとらんよ~、、、と。(笑)

でもまぁ、エサ取りが居ないのに関しては一年で最も水温が低くなる中、
ここに限らずどこも似たよ~なものですしカレイ類は特に時合いなるもので左右
されるのでとりあえずそれが訪れてくれる事を切望しながら打ち返し。

そうこうしてるとようやく仕掛けを動かしてみると生体反応があり、





34cm イシガレイのご登場。


まずはボウズ逃れでホッとするも、昨年みたくこれをきっかけにアタリが連発
して~という甘い予想は見事裏切られ再び沈黙、、、ウミケムシすら皆無。

秀さんの方も30cm満たない小さなマコが1匹釣れただけのよ~でパッとしない
まま正午に、、、攻撃開始となってからまだ1~2時間しか経ってませんがもう
半日終了しちゃった上、貧果のままですから気分は盛り上がりません、、、
そんな時は変に固執せず今日は早めに切り上げて宿に行きましょう ♪ となり
まずは雨が止んでる今のうちに!と秀さんが用意して下さった上州牛をたらふく
詰め込んだ特製のすき焼きランチを~ ♪

昔からアウトドアを積極的にエンジョイされてこられている秀さん、慣れた
手付きで調理されてゆきあっという間に超~美味そうなすき焼きができあがり
ましたぁ~!柔らかい上州牛は脂もこってりで最高~ ♪













いや~、カップラーメンとかもそ~ですけど普段滅多に食べない物もこ~やって
外の戦場で食べると特別な物に思えちゃう、、、ほんと最高~って感じれます
よね。アツアツのゴージャスランチで身も心も温かく&満腹になってごちそ~
さま~ ♪ 秀さん、いつもありがとうございます!

もう今日はこれで十分満足かな?と思いながらしばらく放置状態にしてた
仕掛けを回収してみると、2本の竿から両方共決して強くはありませんけど
グッ、グッと締め込むアタリが伝わってきて、







いつの間にかイシガレイマコガレイが付いてました。(笑)


サイズはいずれも25cm以上、30cm未満とここらじゃ最もよく見かける
大きさ、、、肉厚でもなければペランペランとまでもいかない、、、うむむ、
だからこそ数が釣れてくれたら帳尻が合うだけどなぁ~。

雨が入り水潮になっているのかも?と思い水面を観察しても透明度はそれなりに
確保されてますし、しっかり誘いも掛けながら遠近隅々まで探ってきてるはず
なのにこの沈黙感、、、今戦っている位置も関係しているのかもしれませんが、
やはり釣り荒れ感が多少あるよ~にも思えますねぇ。魚の群れ自体は潮の
サイクルに乗って定期的に接岸して来てるんでしょ~けど、頻繁に大幅移動
しないカレイなどはいわゆるfist come, first take的要素もあるので。


いつまで経っても朝から空はどんより曇ったまま&数時間小康状態が続いていた
はずの雨はまたパラパラ降り出しつつあります、、、冬場の雨天の日って結構
気温は暖かめなケースが多いんですけど今日に限っては最高気温も4度前後と
極寒ですわ~。まっ、今日は出鼻から挫かれているってのもあり午後16時を
回った頃には見切りを付けてお片付けモードになりました、、、







夜はもちろん予約しておいた地元で人気の居酒屋へGO ♪


ほんと日によっては予約しておかないと入れない時も多々の名店で地元の食材を
使った郷土料理を始めいろんなメニューが揃っててGOOD!撤収が早かったので
ゆ~っくりお酒を飲んで、その後は和倉温泉郷の湯に浸かったらフカフカ布団で
おやちゅみとなりましたぁ。

そうそう、ラストのイシガレイ撃沈の際もそ~でしたが午後からふと思いついて
試してみたところ若干反応が良かったよ~に感じたの事がありまして、明日は
それをメイン戦術にして戦ってみよ~かなと。




「大雨は萎えるよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

のんびりスタートと思いきや!? 石川県・能登島 / 鳥ヶ鼻 (2日目)





乾杯~ ♪


そ~いえば昨年の今頃、本当はこのお店に来たかったものの定休日?だったのか
営業しておらず渋々他の居酒屋へとなったのを覚えてますわ~。(笑)

郷土料理はもちろん、地元のお客さんらで賑わう居酒屋として次回こそは行って
みたいと話していただけに今回は“O本先生”が事前に定休日や営業時間など
入念に調べ&予約までして来ましたよん ♪ さすがに人気のお店だけに
ほとんどが予約席で、オープンと同時に次から次へとお客さんが入ってきます。

エンドレスでお酒を飲まれる“秀さん”と3人、昨夜はめちゃくちゃ熱いトーク
で盛り上がり釣りしてる時よりある意味充実してたよ~な、、、!?ホテルに
帰ってから当然即爆睡夢追人なったわけですが、2日目は早起きして夜明け前
には戦場へ~ってないつものパターンではなく、ゆっくり起床 豪華な朝食
バイキングを堪能してからゆっくり行動開始となりました。


午前8時前に本命と思っていた戦場に到着するも先客アリ、、、それならと
第2候補地へ向かうもこちらも竿がずら~~~っと、、、カーブの多い島の道路
を走りながらどこか空いてないかなぁ~と場所を探しつつキョロキョロしてると
ある部分が空いてる事に気付き迷わずそこに決定!

とゆ~よりウロウロしてても時間がもったいないので午前中はまずここで
やってみようと決まったって感じかな?(笑)







「鳥ヶ鼻」


ご存じのよ~にここは「無関入江」のちょ~ど入口付近に位置する鼻で、随分
前に訪れた時は下まで車で進入できた覚えがあるんですが、、、久しぶり来て
みるとアクセス路は倒れかけている木々や落ち葉、ぬかるんだ土壌で進入困難
状態になっており重い荷物担いで歩いて下ることに。

一番潮が当たる部分に秀さんに入って頂き、その両脇にO本先生とJCAって
感じで竿を並べすぐさま攻撃開始です!

昨日の戦場よりウミケムシの量は遥かに少ないもののやばいんでないかいっ!?
って叫びたくなるくらいの根掛かり、、、こんな所で以前は根掛かりは無かった
~と思うも、おそらくこれはシモリってゆ~より毎朝のよ~にやって来る
ナマ船が捨てて行った石が山状に堆積しているよう。


両サイドの我らは根掛かりで苦しめられるもそんな中、マコガレイを撃沈された
かと思うと続いて良型のネズミゴチそして重いホンダワラが引っ掛かった!?と
一生懸命水面まで引っ張って来られた藻の中には、





おおっ、43cmのイシガレイが隠れていてビックリ!


おめでとうございま~っす ♪ とみんなで喜びながらまずはミッション達成!

我らも負けてられないとO本先生と必死で打ち返すも根掛かり地獄で大体の位置
を把握してキャストしててもちょこっとサビいたら掛かってしまったりと
知らない間に力糸が無くなってゆきます、、、そしてようやくそれなりの
重量感に巡り会えた!と喜ぶとコレ、





マダコですわ、、、


それもミズダコなんかと比べちゃうと全然ですけどマダコにしては相当巨大な
エイリアン・サイズ!先週も確か地元で落ちギスを狙っている時に外道で釣れて
きましたしマダコもシーズンなのかな?自宅にはわんさか真空パック冷凍した
切り身があるのでこやつは秀さんに貰って頂きました。

結局午前11時半頃まで粘るもわたくしめ側は何とかできてもO本先生側は
まともに釣りが成立しないとゆ~ことで場所移動となりました。


クッ、クッ、ク~~~ッ?


移動して竿を出し終えたタイミングで竿先がお辞儀し始めましたよん。





30cm イシガレイ


昨日の帰り道にたまたまここで釣っている方がおられ状況など教えて頂きました
が、おっしゃってた通りこちら側はウミケムシだらけ、、、水深がある上、少々
奥まった所で潮があまり動かないとゆ~立地も少しは関係しているのか?まっ、
ウミケムシはここじゃ税金みたいな物ですからしゃ~ないんですけどね~。

2日目は夕マズメまでみっちりやろうと話してはいたものの、日暮れ時刻って
さすが冬だけあってもう午後16時半になると手元が見えにくくなってくる
くらい、、、午後も十分時間あると思いきやあっと言う間に日暮れ時刻を迎えて
しまい釣果はやや小ぶりなイシガレイ&キスを追加したのみでThe End、、、

それ以外はウミケムシのみで終わりました。(泣)





秀さんもわたくしめら同様、自宅まで結構距離があるとゆ~ことでまた次回の
コラボプランを立てて現地解散&そこからO本先生とJCAは恒例の日帰り温泉
に行って温まってから帰路に着くのでした、、、


まずはお疲れ様でしたぁ ♪




「来年は、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

年末恒例の? 石川県・能登島 / 百万石 (1日目)


のと里山海道を通る度に数年前まで長距離有料区間で君臨してた能登有料道路
時代を思い出します、、、そ~いやETCレーンが無かったり料金所だらけで
徹底的に通行料を徴収されてたなぁ~と。(笑)

あはは、懐かしむにはまだそんなに年月が経ってないよ~な気もしますが、
このバイパスを通って「七尾市」入り、、、JCAに関しては北陸自動車道を
下りてちょこっと下道 海道に乗って千里浜エリアを通過してたのは断片的
に覚えているもののパッチリ目が覚めた時にはすでに待ち合わせ場所だった
コンビニ駐車場に到着しておりましたっ!?

それにしても出発から約4時間、、、トイレ休憩を除きほぼノンストップ運転し
、なおもケロっとしている相方の“O本先生”の超人的集中力には毎度の如く
驚かされます!わたくしめの運転ならまだどっかのSAで仮眠中のはず、、、


ここで待ち合わせてたのがこの度お初コラボとなる“秀さん”で、日付が変わる
頃にはすでに到着し仮眠されてらっしゃったとのこと。以前からO本先生含め
毎日のよ~にやりとりして来てたのもあり、全く初対面って感じも無く超~自然
に溶け込みコンビニで買い出しを済ませたら即「能登島」へ突入となりました。


グイグイグイッ!?


まだ暗いうちから投げてた竿に早速生体反応アリ。





幸先良く34cm イシガレイキスが顔を見せてくれましたっ ♪

まさに1投目の仕掛けでしたので今回はいい感じちゃうん!?と全員やる気満々
になって一斉砲火となりますが、たまたま?だったのかその後はウミケムシに
ヒトデとど~でもいいような外道連中のオンパレード、、、

この界隈も教科書通りと言いますか、朝マズメは高確率で食いが立つよ~な
イメージがあるので絶対これっきりじゃないはずと必死で打ち返すもやっぱり
生体反応無し、、、結局追加は無いまま夜明けを迎えちゃいました。


明けて早々、通り雨のよ~に雨雲の動きに倣ってザァ~~~っと降ったり
止んだりを繰り返す雨に見舞われるものの、水面を観察してると事前に
向こうから雨がやって来るのが察知できるのでそれに合わせて車内に一時避難
小康状態になると再び陣地に戻って打ち返し、、、そんなサイクルで
戦っていると午前9時過ぎ、放置プレイしてあった竿に、





お次はジャスト30cm イシガレイネズミゴチのコンビ!

ここで釣れてくるネズミゴチもいつもそこそこ良型が多く、JCAのこやつが
25cm、そして並んで竿を出されているO本先生、秀さんにも似たよ~な
サイズが連発し、ウミケムシよりは断然マシな外道だけど複雑な気持ちに
させられる魚よなぁ~と苦笑い。(爆)


そんな中、ちょ~ど護岸の角部で竿を出しておられる秀さんの射程範囲にキスの
群れが回ってきたのか?ぶっとい落ちギスちゃんがっ、





今朝は一度サーフランダーもどんな感じの竿か?投げ比べてみたいとゆ~ことで
愛用されてるスピンパワーとO本先生の予備用サーフランダーで戦っておられる
秀さんですが、もの凄いパワーの持ち主がゆえスピンパワーAXでさえ弓なりに
曲がってて2人してスゲ~~~!

夏はキスの引き釣りなども積極的にやられているだけにビックリの遠投力で
O本先生もサーフランダーがかわいそうと、、、(爆)


午前11時を回ると朝からほぼ途切れる事なく空一面を覆っていたグレーの雲が
途切れ始め、青空が覗くと共に太陽の光も差し込めてきました。









「百万石」


近年、年末の納竿遠征?的行事となってる能登島巡業。


かなり昔はいわゆる座布団サイズと呼ばれる大型の数釣りが今時期にできた記憶
もあるんですけど、、、ここ最近はあまり聞かないですよねぇ~。よくここらは
約5年周期で爆釣年が回ってくるみたく言われてるのも聞きますがやはり釣果の
確実性を望むなら年が明けて厳寒期に突入してからの方がいいのかも?

マンダムタイムが果てしなく続く午前中、来年からは行き先を他に変更しても
いいかもなぁ~って3人で話しながら秀さんとも深く親睦を図ります!


どこまでも続く鏡のよ~に美しい水面を眺めながらのんびり気持ちいいなぁ~
、、、これで本命のカレイが釣れてくれたら最高なんだけど、、、と何度3人で
連呼したことでしょう!?(笑)


その後、午後14時過ぎに一瞬だけ時合いに入ったのか?パタパタっと手のひら
サイズのマコガレイが2匹わたくしめの竿先を揺らしてくれて終了。





夕マズメまでみっちり粘るのならあと1時間はできてたものの、初日は早めに
切り上げて宿にチェックイン&お風呂に入ってから飲みましょう ♪ と地元の
居酒屋まで予約してあったのでねぇ。




「渋いねぇ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

午前中にちょこっと寄り道、 福井県・あわら市 / 波松海岸


わたくしめの母方の田舎でもある富山県ですが、実は大学時代に仲が良かった
友人の出身もこちらでちょ~ど彼の結婚式など釣り以外でも今だ結構訪れる機会
が多いJCA、今回もメインは全く異なる用件があっての北陸ですが出発時間を
調整して午前中だけ竿を出せるよ~にしましたよん ♪

せっかくこっちまで長距離運転して来てる上、そこに海があるとなれば当然
投げ釣り師の血が騒ぎますよね?(爆)


最終目的地までの距離&所要時間を計算しながら寄り道したとして午前中の
うちにそれなりに竿が出せそうな場所、、、幾つか候補は挙がるも先月も訪れて
勝手が分かるこの砂浜をチョイスしました。





警戒中か?演習か?戦闘機が編隊を組んで低空飛行してますねぇ~。

毎年9月になると一気に釣果情報が激減する傾向にあるよ~に思えるここ、、、
投げ釣りに関して言えば次は秋口以降のイシガレイなどになるんでしょうか?

まっ、キスの引き釣りを専門にされてらっしゃる方々はまだまだ通われ好釣果を
叩き出されているのかもしれませんが、大物投げ釣りをメインにするわたくしめ
的にもど~しても9月になるとあまり引き釣りの釣果情報を意識しなくなる為、
正直今回も釣れてるのか?一切下調べもしないままやって来ちゃいました。


海岸への入口となる白髭神社前から右へ進んで先月最後の最後で数が拾えた
ワンドを目指し、到着と同時にキャストしてみますが、、、サッパリ、、、
どれだけ念入りに探ってもアタリは皆無で1色以内に入ってからチャリコが
入れ食いになってくるくらい、、、


いかんですねぇ~、、、と即行見切りを付けて場所移動。







「波松海岸」


今朝はイカや青物狙いでしょうか?等間隔で砂浜から突き出るテトラ突堤の上
からエギやルアーを投げる釣り人はポツリポツリ見受けられるものの投げ釣りを
してる人はゼロ!やはり釣れてないから地元の人すら居ないのか?不安になり
ながらも少々手前に戻ったワンドへ再チャレンジです。

ちょ~ど車で走ってるとこのワンドの沖目のみ目に見えて超~ぶっとい潮目の
バンドが形成されていたんですわ~。気になってその潮目より向こうに仕掛けを
投入&ズルズルサビいてみると、


ブルルッ、ブルルッ


ブルルルルッ!


まさにその真下付近で心地良いアタリが連発 ♪





いました、いましたっ ♪


1投目から3本針仕掛けにパーフェクトと幸先良い感じ~!

潮目があるのが5色帯の上くらいかな?これくらいの距離ならもう少し針数を
増やして、、、と一瞬考えるも、今朝は到着した時からず~っと北東かの風が
強くキャストした仕掛けも空中で押し流されるレベル!

調子乗って針数を増やして絡まったり届かなくなったりとトラブルを気にする
より心地良くフルスイングを楽しめてる今のままの3本針仕様で引き続き
戦う事にしましょう。これなら遠投もできますしね~ ♪


一応、手前にも群れがいるかもしれないのでズルズル波口までサビいてみました
が、やはりアタリが出るのは5色帯の間のみ!何か今年のJCAが引き釣りする
戦場はこんなパターンが多いなぁ~、、、と思いながらアタリをキャッチ
4色目に入ったとこで即回収~。









コンスタントに釣れてきます ♪


ただ、贅沢は言ったらダメなんでしょ~けど、例えば5色付近でアタリが出た後
、再び2~3色辺りでまた!みたくピンポイントのみでなくもうちょこっと
広範囲でアタリが楽しめたらもっと面白いんですけどね~っ、、、

もしかして単にわたくしめが他の距離帯に居る群れを見落としてるだけ?
あはは、分かりませんわ~。(爆)


しばらくルンルン気分で釣ってたのはいいものの、次第にエサ箱内の表層にいた
まだ辛うじて生きているイシゴカイが無くなってきて、、、後は薄グリーンの
体液まみれのアウトな個体ばっか、、、完全に溶けて固まりになっちゃってる
部分はポイ&何とか使えそ~なのを選りながらやってるうちに群れがどこかへ
行っちゃったのか?たま~にしかアタらなくなってしました。

そして少しした後、今度はエサが底を尽きてしまい終了~。





先日の残りではなく新鮮なエサを持参してればもっと?な~んてちょこっと
ばかし後ろ髪を引かれる思いもありましたが、まっ、元々今回は投げ釣りが
メインでない中、短時間でこれだけ釣れてくれれば満足かな?


十分楽しめましたよぉ ♪




「まだいけるかも?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR