FC2ブログ

終日、雨、、、 石川県・能登島 / 鴫島入江 (2日目)





宿にチェックイン後、一旦それぞれの部屋に入り30分後にロビーで待ち合わせ
例年の如くどこか美味しい地元の郷土料理が楽しめる居酒屋にでも?と
話していると、“高ちゃん”はほとんどお酒が飲めないそ~な!?あれれっ、
そ~いえば忘年会の時も1杯だけビールを飲んだ後はひたすら食べていたのを
思い出しましたわ~。(笑)

ってわけで昨夜は急遽行き先変更してドリンクバーでダラダラできるファミレス
で夕食を頂き、早めに就寝となりました。


朝は手作りの郷土料理を中心とした朝食が付いているのでマズメは逃すけど
これだけは頂いておくべし!と午前6時15分のオープンと同時に会場へ入って
食べたら即チェックアウト 戦場へ向かいます。

これまた予報通り、


未明から雨が降り出したみたく今もなお降り続いております、、、


気温も昨日に比べると若干肌寒く感じるけど防寒着を着てせっせと動いていると
すぐにポカポカしてきて不要に感じられる温度、、、雨だけが唯一、釣りの支障
と感じられる要素でしょうか。


グッ、グッ、、、グウウウッ





何とも微弱で一瞬他の魚かと思っちゃう締め込みと共に水揚げされてきたのは
20cmちょこっとしかないイシガレイ、、、本遠征の釣果の大半は友人に
お裾分けする約束をしていたJCA、しかしながら想像してたより昨日は
全然数が出なかった為、とりあえずこやつもリリースせずキープしておく
ことにしましょう。これだと一夜干しのネタかな?(笑)


昨日と同じ入江で戦っているのもあり、食いが立つ時間帯が今朝も同じなら
午前8時現在、おそらくすでに一段落ついているよ~に思えます、、、

当初の予定では初日にここ鴫島入江で数釣りを楽しみ、2日目はボウズ覚悟で
一か八か一発大物場に入ってみようとなってたんですが、朝から東寄りの風が
非常に強く戦場候補として考えてた3ヶ所の戦場は全て強風&波も高めで
微妙なコンディション、、、結局しばらく島内を徘徊した後、最もベタ凪かつ
キャスト時も常に出し風になる今の位置に落ち着いたって感じ、

正午を知らせる音楽がどこかの集落から聞こえてきて、あ~~~もうお昼や~ん
、、、今のところわたくしめが攻撃開始直後に撃沈したチビちゃんのイシガレイ
のみでそれ以降何か針に付いてると思えば全部ウミケムシ!?昨日は丸1日
やって1~2匹しか見なかったのに今日はビックリするくらい入れ食い状態
で2本針仕掛けの両方の針にもれなく掛かってくる始末、、、







「鴫島入江」


今思い出せば昨年も2日間ここで戦ったよ~な覚えがっ。

まっ、昨年はゆっくり朝食を食べてから行くとすでに予定してた戦場には
先客がおり、渋々ここ、鴫島入江に戻ってくるも前日戦ってた位置にも
投げ竿が並んでて場所が無くて逃げ込んだという感じになりましたが、
今回に関しては荒れが原因と自然現象なので仕方ありませんねぇ。

高ちゃんともうすぐ午後13時になるし、午前中はほぼ何も釣れなかったに
等しい事からこの辺でそろそろ見切りを付けて撤収しようか?など話し合ってる
中、1時間近く放置してあった仕掛けを回収してみると、







いつの間にか38cm イシガレイが居食いしてましたっ。

続いて高ちゃんの方にもこれまた居食いで同サイズのイシガレイが釣れて、
一体何が口を使うきっかけなんだろう?とますます謎は深まるばかり、、、
例年ならいくら潮の干満における潮位差が非常に少ない日本海側とはいえ
要所要所で呼応して時合いに突入したりと、ある程度読める?納得できる
パターンもあったりしたんですけど今年はサッパリ分かりません!


しかしこの2匹のイシガレイの登場で高ちゃんのやる気が再び燃え上がった
みたく明日は有休を取ってるので夕方まで粘りましょう!と。

それに対してほぼ心が折れ気味なわたくしめは百発百中で掛かってくるよ~に
なったウミケムシに閉口させられながら徐々に片付けれるところから片付け
モードに、、、と言いますのも、最新の雨雲レーダーを見ていると午後15時
を過ぎた頃からヤバいくらいの豪雨予報が入ってるんですわ。


念の為に高ちゃんにもしかすると半端じゃないレベルの雨が来るかもしれない
から夕マズメまで粘るのはちと厳しいかもしれないで~と伝え、すぐに撤収
できる準備だけはしといて~と、、、久しぶりに見る真っ赤に染まった雨雲
レーダー予報に警戒しつつ打ち返しの手も止めずに頑張っていると、

また微弱な竿先ノックが出て、





ジャスト30cm マコガレイ撃沈。


粘りに粘った末のこの1匹でもう十分かなぁ~って気持ちになってしまった
JCAは先に片付けて車内でゆっくりしておくことに。

逐次更新された雨雲レーダーをチェックしながらあとどれだけなら持つ?
計算してるうちに急に予報が変わって20分以内に豪雨がやって来る!?
こりゃヤバイ!即行高ちゃんにその旨伝え、ちょ~ど彼も全く反応が無いので
撤収準備に取り掛かっており2人で超特急にで荷物を積み込み車内に
逃げ込んだ途端にザアアア~~~!!!間一髪でした。(汗)


帰りも叩き付ける雨で視界が見えなくなるくらいの状態が福井県に入るまで
延々と続き、その後も大雨のまま自宅までとなりました、、、今回はスタッド
レスの出番も無くラッキーでしたが、明日からまた寒波がやって来るみたい
ですし戦場付近も雪が降るかもしれませんねぇ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「また雪降るのかな?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

冬の北陸バカンス ♪ 石川県・能登島 / 鴫島入江 (1日目)


毎年2月が近付いてくると、今年はどんな感じなんだろう?と自然に思い出し
&気になり始める島へ行って参りましたっ。

以前から一度は行ってみたいと話してたSurFreyja“高ちゃん”と日程
を合わせ、仕事が終わり次第即、岡山からわたくしめの自宅までいらっしゃり
そのまま出発となりました。出撃となるとどれだけ疲れてても全く眠く
ならないという高ちゃん!さすがほぼ毎週末出撃されてるだけあって
元気モリモリで道中いろんな投げ釣り談義に花を咲かせてるうちに
あっという間に到着しちゃったって感じ。





この幻想的な夜明けを見てると、あ~~~今年もやって来たなぁ、、、って
実感&いよいよ楽しみにしてた冬のバカンスが始まります。(笑)

そう、昔はこちら方面に行くとなると何としてもデカいイシガレイを釣って
帰りたいとはりきっておりましたが、近年は夜の宿泊も含め出撃とゆ~より
北陸方面へゆっくりバカンスを楽しみ行く?って感覚になりつつあります。
朝から目一杯投げ釣りを楽しんだ後は有名な和倉温泉に浸かって、快適な宿で
グッスリ、翌朝は手作りの郷土料理がメインの朝食を楽しみ、2日目も釣りを
堪能して帰還、、、釣り物の少ない2月のメインイベントって感じかな?


いつ来ても変わらない静かな入江とのどかな田舎風景は見てるだけでも
癒されますし、更に魚もたくさん釣れたらもう言う事無し!そんな気持ちで
夜明けと共に攻撃開始です。


ク~ッ、クククッ、クククッ


攻撃開始から10分もしないうちに竿先ノックなアタリ!





30cm イシガレイのお出まし~。


サイズ的には物足りないけどとりあえずイシガレイの顔を見るとホッとします
ねぇ。ちょ~ど同じタイミングで高ちゃんにも丸っきり一緒のサイズが釣れて
これで2人共ボウズ逃れ&あとはサイズアップを狙いつつ、可能なら数も
欲しいなぁ~と。

しかし、朝マズメにアタってきたのはこやつら2匹のみでその後はどれだけ
丹念に探っても、エサさえ取られない状況が続きます、、、


午前9時を回った頃、暇なので高ちゃんと雑談してたら少し離れた所にある
わたくしめの竿先がバタンバタンしてるのにたまたま気付き、急いで戻って
回収してみると、





37cm マコガレイ!?


サイズアップしたので絶対イシだと思ってるとマコでした。(笑)

陣地の真正面辺りはず~っと入っている消波ブロックが一部途切れているものの
、そこを通すよ~にだけ投げていると探れる範囲がかなり狭いので、今日は自宅
で全く使わないまま眠ってた懐かしのフロート天秤をわんさか持ってきて最悪
ブロックに食われてもオッケーなつもりで消波ブロック越しにもキャスト。

こやつはその仕掛けにアタってきましたから仕掛けロストを恐れず積極的に
広範囲を攻めていきましょう!それになぜかシンカー部が天秤のアームより上に
位置するフロート天秤って突起物に引っ掛かりにくいのか?毎回回収時は一切
問題なくポ~~~ンと抜けてくるので不思議。ただ、、、飛距離だけは普通の
L型天秤に比べると確実に落ちちゃいますけどねっ。

このマコガレイ、お腹にはまだパンパンに卵が入ってる状態で暖冬の影響か?
産卵含め例年とは少し異なるサイクルになっちゃってるのかもしれません。


そんな中、向こうから釣れましたぁ~!と叫ぶ声がっ。





おおっ、彼の手にぶら下がってたのは46cmのイシガレイでゴーマルには
届かないけど、まずは目標達成と大喜びされております!

おめでとうございます ♪


再び食いが立ち始めたのかも?気合いを入れながら陣地に戻ってこまめに
サビいたりと、こちらから誘いを掛ける戦術にチェンジ!しばらくの間は
それでも何の変化も出なかったものの、ようやく魚が応じてくれたよ~で
竿先を叩く典型的なアタリが連発!?


ククッ、クッ、ク~~~ッ


グイグイ、グゥ~







締め込みが強かったのでこれは間違いなく~と思ってたらまぁ~た
36cm程のマコガレイで、次のアタリこそ重量感満点だし絶対それなりの
大きさのあるイシガレイだろうと期待すると、回収時にホンダワラに突撃して
一緒に水揚げされてきただけの30cmちょこっとの個体、、、(泣)

今までの印象だとここでは良型の個体となればイシガレイで手のひらサイズ前後
の小ぶりな個体になるけど数が釣れてくるのがマコガレイといった気がするん
ですが、今年は何だか変な感じですねぇ。

まぁ、釣れてくれてるだけありがたいんですがっ。


写真では曇ってますけど、正午を回ると太陽の光もたくさん差してきて予報通り
2月とは思えないくらいのポカポカ陽気に ♪ 防寒着を着て動いていると
暑くてすぐ汗をかいてしまうくらいですから相当気温は暖かいはずです。







「鴫島入江」


ここから見える範囲でもお隣の入江、更に向こうにも釣り人が入っており
みなさん釣れてるのかなぁ~?

わたくしめらの入江に関しては突如スイッチがオフになったかの如く、午後に
なるとどれだけ一生懸命アピールしてもうんともすんとも言わなくなってしまい
ました、、、高ちゃんも必死で複雑な消波ブロック越しを狙ってあちこち
投げ分けてますがそれでも反応が無いよう。

2日間の遠征で丸1日みっちり戦えるのは初日のみですから悔いを残さない
よ~にと夕マズメ頃までは粘る予定ではいますが、2時間以上仕掛けを放置
しててもエサが綺麗に残ってくる始末ですから手の打ちようがありません、、、
カレイは時合いというものに非常に大きく左右される魚なので向こう側が
食い気を出してくれないとなかなかです。


放置して戦場一帯をウロウロ散歩してみたり、仕掛けを頻繁に動かしてアピール
してみたりを交互に繰り返しながら午後16時まで頑張るも、結局午後からは
2人共1匹追加しただけでフェードアウトしてゆきました。





終了間際にちょこっとサビいた途端に食ってきたこやつもズッシリ重いなぁ~
って感じで始まり、水面に浮いてきたのを見て、あ~~~あ、またホンダワラが
絡んでただけか、、、とガックリ。

もう何年も能登島に通ってきてはいるけど未だわたくしめはゴーマルの
イシガレイを釣った事がありません。一度でいいので5年周期とか言われてる
大型の出る年のピークタイムに当たってみたいものですねぇ。


あはは、そんな簡単には釣れないサイズを目標にしてますから冬のバカンス
兼て今後も気楽に狙っていきたいと思います。さてさて、今から和倉温泉街に
移動して宿にチェックインしましょ~か~ ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 8号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「ゴーマルかぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

豪雨のち快晴!? 福井県・あわら市 / 波松海岸


母方の田舎が富山県だったとゆ~のもあり、小さい頃より北陸方面へは何度も
来ているJCA。わたくしめの住む兵庫県からだと北陸の玄関口として最初に
入るのが「福井県」で、夏に訪れる機会がある時には時々キスの引き釣り用
タックルを車に忍ばせておき数時間投げたりしてきております。

今回もあくまで釣りはついでとなるものの、久しぶりにキスの南蛮漬けが
食べたかったのもあり密かにやる気満々だったはずが、、、

大雨に邪魔をされてしまいました。(泣)


天気予報が当たれば正午頃から夕方までは降水確率も10%以下の曇りと変わる
よ~だったので、大雨予報の入る午前中到着はやめて午前9時に出発&正午前に
戦場入りできればという計算でやって参りましたっ。

北陸自動車道を走ってる段階ではず~っとゲリラ豪雨並みの降雨量でこれって
釣りができるレベルじゃないかも、、、相当不安になってましたが、海に近付く
につれだんだん雨は小康状態となり最初の戦場に到着する頃には青空に!?







所々グレーな雨雲の欠片が流れて来てはいるものの、この空模様だとしばらくは
まとまった雨は降らないよ~な感じかな?

とりあえず時間にそこまで余裕も無い為、急いでタックルを組んで沖に入る
消波ブロック帯手前に仕掛けを落としてゆ~っくりサビいてみます。


ブルブルブルッ!


いつの事だったかもう忘れましたが、以前今時期にこちら方面へ訪れた際に
ここで数は出ないものの20cmオーバーの良型が数匹拾えたのを思い出して
ちょこっと寄り道してみよ~と。

1投目から22cmのキスが釣れて幸先良いや~ん!と再び打ち返すも
消波ブロックのギリギリ手前のみでしかアタリが出ないみたく手前はキスは皆無
&時々チビちゃんのフグが掛かってくる状況、、、それならピンポイントのみに
集中しようと狙いを定めてファイヤ~!


ブルルッ、ブルブルブルッ


着底後、ほんの少しだけサビいてステイさせてると2回大きなブルブル。







2匹ずつだけど立て続けに良型が4匹ヒット ♪

が、しかし、、、これっきりアタリが途絶えてしまい、少し移動しながら
あちこち探ってみるも沈黙、、、さっきまでのアタリがウソだったかのよ~に
どれだけスローで足下まで引いても何の反応も出なくなってしまいました。


おそらく群れで回遊してますから気長に粘っていればまたアタリが出たのかも
しれませんが、一応ここが本命ではなかったので長居はせず場所移動。


わたくしめの中では北陸方面でキス釣りとなれば1日は絶対入ってみたい思う
本命戦場、年によってもムラがある上、釣れる期間も限られてくるのかも
しれませんけど当たればアベレージ20cmオーバーの良型の数釣りができる
超~有名どころでございます。

キスの引き釣りってそんなしょっちゅうしないものの、それでも過去に何度か
いい思いをしてきてるのもあり今回ももしかすると!?な~んて期待を胸に
訪れたのが南風でベタ凪&青空が広がる、







「波松海岸」


夏はキスに冬はカレイと関西の投げ釣り師なら多くの方が知ってらっしゃる
ポイントですのでこれ以上の説明は不要ですねっ!

さすがに時間が時間だけに釣り人の姿はゼロで地元の潜り?のおっちゃんが
居たので近況を聞いてみると、あまりたくさん釣れたってのは最近は聞かん
なぁ~と。でもキスが居なくなったわけじゃないし、投げてたら何匹かは
釣れるんちゃう~?みたいな、、、(爆)


延々と似たよ~な海岸線が続いていてどのワンドが熱いのか?もな~んも
分かりませんから、まずは車を止めた目の前のワンドで投げてみる事にします。


過去の経験上、おもいっきり遠投した所でアタリが連発ってケースが多かった
のを思い出しフルスイングした後、丁寧に海底をトレースしてくると、5色帯で
プルプルプルッとらしきアタリがっ!

でも、、、


プルプルプル?


これってエルピー・プルじゃなくキスであっても小さいって事じゃ?







やっぱり、、、


遠投重視の3本針仕掛けにパーフェクトで掛かってきてはくれるけど、どれも
小さい!だけどクーラーの中には良型とはいえまだ4匹しか魚が入ってない
状況ですからとりあえずキープしつつ、サイズアップを目指して3つ向こうの
ワンドまでテクテク移動しながら探ってゆきますが、同じよ~なサイズか更に
小さなピンギスとゆ~よりワカサギサイズといった個体が混じるよ~に、、、


ここまでのワンド3つがダメなら更にその先の4つ目へ? or 車で真逆方向へ
大きく移動するのもあり?いろいろ考えながら投げてるうちにまあまあ数も
釣れましたし、この後予定がある事を完全に忘れてたので、

今日はここまで!と潔く撤収することに。


でも久しぶりに引き釣りをすると楽しいですよね~ ♪ これから2~3ヵ月は
暑い日々が続きますから短時間と決めてキスを狙うのもいいかも?





チビちゃんがメインですが、何とか食材は確保できましたっ。(笑)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'03キス スペシャル405BX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「よく晴れたなぁ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

冬の北陸バカンス ♪ 石川県・能登島 / 鴫島入江 (2日目)





2人共初日のうちに2桁超えの釣果を出せたとゆ~のもあり気分的に超~楽に
なり、昨夜は雰囲気抜群のちょこっと高級な居酒屋でもうこれ以上飲めません&
食べれません!ってとこまで地元のお酒や郷土料理を堪能し和倉温泉街の宿で
温まって爆睡 ♪ そして朝もゆっくり目覚めて 楽しみにしていた豪華な
朝食バイキングを堪能してから出発となりました。

当然、宿をチェックアウトした時にはすでに明るくなっており、そこから
コンビニで買い出して戦場へ向かうともう午前9時前になってました。(爆)


2日目の今日は帰る時間もあるので午前中のみと考えており、お土産は昨日中に
確保できてますから一発大物狙い!そう決めて候補に挙げていた戦場を回って
みるも、、、昨日とは打って変わって実績場はどこもかしこも投げ竿がビッシリ
並んでいます!?おそらく今日は晴れ予報でしたのでみなさん一気に押し寄せた
んでしょうねぇ。それにそもそも週末の午前9時過ぎから実績場に入るなんて
よほど運が良くないと叶いませんよねっ!(爆)

あそこもダメ、ここも先客アリ、、、といった感じで考えていた場所は全て
アウト。時間だけが過ぎてゆくのでもうどこでも空いてる所でいいやん!
となり、通り掛かった昨日の戦場にもすでに数人入っておられたので
対岸で竿を出すことに


グゥ~~~イイイッ!


1投目から間違いなくカレイではない強い締め込み。





45cm クロダイでした、、、


この辺の個体なら水質も綺麗なことだし久しぶりに持ち帰って~?とちょこっと
興味を持って話していると、“O本先生”が数年前にここでチヌ釣って持ち帰って
食べてみたけどやっぱりチヌはチヌ!俺はもういいですわ!と、、、

あはは、その言葉を聞いてわたくしめも針を外してそのままポイっ。(爆)


でも結構この界隈で釣れてくるクロダイって大型が多い傾向にありますよね。
お隣の富山湾などでは昔からクロダイ釣りが人気ですし食べるのかど~か?は
分かりませんけど釣り人の恰好のターゲットの1つである事は確か。

対岸で戦ってらっしゃる方々を見ててもマンダムタイムっぽく、時刻からしても
朝マズメはもちろん、その後時合いが再び訪れてたとしてももう終わって
しまっている感じ、、、じ~っと放置プレイしてても何の進展も無さそうだった
のでこまめにサビいたりしてこちらから誘いを掛けていると、





なんとか34cm イシガレイ撃沈。


ふぅ~~~、まずはボウズ逃れとゆ~ことで、、、ですが、時合いが到来した
わけではなくリアクションバイトに近いよ~な釣れ方。


こんな釣れ方でも魚に出会える確率をアップできるならと必死で誘いの釣りに
徹し たま~に竿先にアタリが出たりしてアベレージサイズのマコガレイを
ポツリ、ポツリと。時間があまり無いだけに超~集中モードですわ。(笑)

投点としては昨日と似たよ~な位置を探れているつもりではあるものの、
時合いがハッキリしている戦場ってこんなもんですよね~、、、とにかく
どうあがいても釣れない時間帯は釣れない、、、







アタリ・ナッシング、すること・ナッシングでO本先生と雑談をしようと歩いて
行ってみると二日酔い?いや、精神的にマンダムタイムに疲れた?それとも
専門でもある麻酔をご自身に打ったのか?力尽きておりました。(爆)

1匹だけ35cmのマコガレイが混じったのはここじゃ珍しいけど後が続かない
、、、何度も心が折れそうになりながらも最後まであきらめず打ち返し&誘い
を掛け続けるも正午になると完全に音信不通となってしまい代わりにフグが
ポツリ、ポツリ、、、同じポツリ、ポツリでも大きな違いでございますわ。


午前中のうちはどんより曇って雪までチラついておりましたが、正午を回ると
次第に回復して太陽の日差しが戻って参りましたっ。







「鴫島入江」


雰囲気的にこれから夕方にかけて食いが立つよ~な気がしません?(笑)

しつこく粘っていればもう少し数は稼げたのかもしれませんけど、残念ながら
撤収時刻を迎えてしまい潔く終了~。


2日目は朝食バイキングを楽しんでたのもあって午前9時半頃から午後13時半
までの実質4時間程度の戦いになっちゃいましたが、都会の喧騒から離れて
のんびり北陸の自然&温泉、海の幸をエンジョイできましたのでかなり
大満足な遠征となりましたっ ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「北陸の旅~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

46cm イシガレイ頭に14匹! 石川県・能登島 / 鴫島入江 (1日目)


群れが入っていれば朝マズメから時合いが到来するはずとまだ微妙にキャップ
ライトが無いと手元が見えにくい時間帯から攻撃開始となった初日。昨年は
エリアトラウトなどに夢中で来れず2年ぶりとなるので何だか新鮮ですねぇ。

ちょこっと離れた位置で竿を出されているSurFreyja“O本先生”とアタリ
出た~? いや、まだ何も反応無しですわ~、、、などと話してるうちに
キャップライトが不要な明るさになり、そのタイミングでようやくクッ、クッ
と小刻みに竿先を叩くアタリがっ。





33cm イシガレイが起きてきました。(爆)


お天気が悪いのもあって夜明けを迎えてもまだ大半はおやすみ中!?まさかねぇ
、、、だって戦場によっては夜間の方が遥かに活性が高かったり特にマコガレイ
なんかは夜行性な一面がありますからただ単にスイッチが入ってないだけかな?

この界隈に行くとなるとやはり本命はデカいイシガレイになりがちですが、今は
1年で最も釣り物が少なくなる厳寒期ですし贅沢言わず釣れるならイシガレイ
でもマコガレイでも何でもオッケースタンスでいきましょう。


ク~~~ッ、クククッ!





続けて35cm イシガレイが起床。


同じ島内でも入る入江、位置、時期によっても狙えるイシガレイのサイズが
大きく異なったり、逆にマコガレイの魚影の方が濃かったりと様々な特徴が
ある中、今日の戦場はアベレージは小さめだけどいい日に当たれば数釣りが
楽しめる場所といった感じでしょうか。

実は今日明日と2日間やる予定ではいるものの、ブリーフィングにも書いてた
通り半分投げ釣り、半分はゆっくりバカンス目的でもあったりする為、明日は
今朝みたく早朝から戦場入りできない上、帰りの時間も考えて午前中のみの戦い
、、、そんなわけで初日でもある今日中にある程度満足いく釣果を出して
おきたいとゆ~気持ちからここをチョイスしました ♪

さすがに半分バカンス感覚とはいえ2日間貧果で終わるのは辛いですしねぇ。


期待してた朝マズメは結局イシガレイ2匹のみでマコガレイの顔は一切見る事
無く終了、、、だけど、これら2種類のカレイって同じ場所に居ても時合いは
それぞれ別々にやって来るよ~なイメージがありますからきっとこれから
マコガレイが釣れ始める!いや、釣れて欲しい、、、群れが入ってますよ~に
と祈りながら攻撃開始から約3時間が経過した午前9時半頃、

やっとこさ1匹釣れましたわ~ ♪ とホッとされてるO本先生がぶら下げてる
カレイを見に行ってみるとイシガレイ、、、









今日はマコガレイはお留守なんかもしれんなぁ~、、、ってしばし雑談した後、
陣地に戻ってみると1本のスピンパワーは竿先が置いてあった位置より低く
ズレている上、その隣の竿先はブルンブルンと典型的なアタリを!

急いで回収してみると気になっていたマコガレイのご登場でございます ♪
サイズはここ定番の小ぶりメインにはなるけどちゃんと居てくれましたっ。


ここからパラパラと2人共似たよ~なサイズのマコガレイが撃沈しお土産だけは
何とか確保できたって頃合いで時合い終了、、、時刻は午前11時過ぎ。

終日雨予報とはいえ雨雲の塊が通過した時にパラパラ降る程度でラッキーにも
我らが戦っている位置は午前8時には止んで以来降っておりません。やはり
雨予報を嫌ってか?今日は全く釣り人が居ない、、、いや、近くの道路も車さえ
ほとんど走ってこない状態で週末とは思えない静けさ。

時合いがはっきりしているってこ~ゆ~事であれからアタリは一切出ないまま
正午を回ってもマンダム、、、じ~っとしてるとやたら寒くなってきますし
そろそろお腹も空いてきたからどっかドライブ行かない?とO本先生に言って
みると その言葉待ってました!かの如くYESと即答が返ってきて、





あはは、最寄りの閨フィッシングパークのお店が改装工事中だったので
もう1つの道の駅まで行ってアツアツのうどんでランチ ♪

近くで牡蠣の養殖もしているみたく名物カキフライ定食とかもありましたが、
入店される地元?と思われるお客さんは全員迷わずうどんを注文されてたので
牡蠣はまた次回とゆ~ことで、、、それより今になって知ったんですけど、
そ~いえば昔からあの戦場には無数にブイが並ぶ巨大な養殖棚があったわ~と。


温まって戦場へ戻ってみると当然人も皆無であればエサ取りも皆無!


年によっては放置してるとウミケムシがやたら掛かってくる事もありますが、
不思議にも今日は早朝に1、2匹見ただけでそれからは皆無。おまけに
エサ取りも居ないとなればめちゃくちゃ戦い易いコンディションですわ。

また放置してあった仕掛けにはマコガレイが居食いしてるのもあったので、
もしかすると再び時合いが到来してたのかもしれません。ランチ休憩に出てたと
言ってもそんな長くじゃないしまだ食い気が立ってるかも?と急いで打ち返し。









「鴫島入江」


何の変哲もないよ~な護岸から竿を出す感じのここは足元から少し先の
大部分に消波ブロックが並んでいるものの、数ヶ所途切れている部分があり
そこから釣りができます。

あはは、JCAはあまり気にせず消波ブロック越しに投げて一気にぶり抜いたり
もしてますがご覧のよ~にみなさんとっかえひっかえ入られてるみたく釣りが
できる部分には竿立て掛け用の細長い板や木が置かれてましたよぉ。(笑)


居食いしてたのはマコガレイでしたからきっと食いが立っているのはマコの方と
思い込んで打ち返してると、次々とアタリが出て水揚げされてくるのは全て
イシガレイ!?それも朝マズメ時みたく35cm前後あるよ~な個体はおらず
どれもマコガレイと似たよ~な小ぶりなのばかり、、、むむむ、謎~~~。







過去に数回訪れた時の印象ではイシガレイよりマコガレイの方が遥かに多い
よ~に思えてましたが、今日はあからさまにイシガレイが多いですねぇ。
わたくしめが投げている範囲内では小ぶりな個体がメインだったけどO本先生の
方は数はやや劣るも30cmオーバーが多かったしいろんなサイズの群れが
入江内で混在してるのかも。


同じ小ぶりサイズなら個人的にはマコガレイの方が好きなんだけど、今回は
お裾分け先がある?とゆ~よりカレイならいくらでも欲しいという注文が近所の
おばちゃんから入っているのでキープ。乗っ込みシーズンもお裾分けしたん
ですが、何やらお気に入りの食べ方があるみたいですよ~。

FISH DINNERバリエーションの多さで言えばマコガレイに軍配が上がる
けど、イシガレイもお造りやカルパッチョなど生で頂くとこれまた美味で肉厚な
個体が釣れたらぜひお造りで食べたいと密かに思ってる矢先に、


クククッ、クッ、、、


グイイイッ!?


3回目の大きな押さえ込みと同時に竿尻が一瞬浮いてバタン!







46cm イシガレイ撃沈 ♪


リーリング開始と共に鋭く下へ突き刺さりながら抵抗しだし、その重量感から
確実にこれまでのよりはデカイと確信!

更に手前に寄せて来ると今度はホンダワラ帯に向けて突進するも、竿の反発力を
活かしてゆ~っくり抜けばホンダワラは抜けてきますからラインブレイクしない
よ~に落ち着いてよいしょっと!(爆)

水面に浮いてきたのを見るとそこまで分厚くもなかったので40cmあるか
無いかやろ~ それならタモ入れするのも面倒だからぶり抜いちゃえ!的
ノリでランディングしましたが、想像以上に大きくてビックリ。


これが超~短い良型イシガレイの時合いだったみたく、ほぼ同じ頃にO本先生も
ジャスト40cmを撃沈されておられました。


熱中してるうちにホテルのチェックインができる午後15時を過ぎてしまった
ので適当な頃合いを見計らって終了。





今夜は和倉温泉街の宿に入って地元のお酒と料理を堪能したいと思います ♪


明日ちゃんと起きれるかな?(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「充実してるやん ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR