fc2ブログ

シュッとアポロ12号がっ!? 福井県・坂井市 / 福井新港





駐車スペースに着いたら即戦場へ突入&前回同様タックルを組み始める頃には
次々と地元の方々が入ってこられ30分もしないうちに満員御礼でございます。


今朝はみなさん、セッティングが終わるとすぐ攻撃開始されたよ~で真っ暗な
海に電気ウキがズラ~~~っと、、、誰かが1匹釣ったら我らも始めようとなり
、まずは相方でもあるSurFreyja“笑太くん”が浜を徘徊しながら
小枝をたくさん集めて焚火開始!

早春とはいえ北陸地方の日本海側ですし夜間はまだまだ冷え込みがキツく、
火があるのと無いのでは大違い。他でも何ヶ所かで焚火をされており、みなさん
暖を取っておられる中、我らはアルミホイルに包んだサツマイモまで投入して
焼き芋を作って試食 ♪ 小ぶりな芋ながらも糖度が高くて超~甘い。







“I need the fire, fire, fire~!”


スティービーワンダーの名曲を口ずさみながら焼き芋を頬張っていると、
少し離れた所で魚が1匹上がったみたく早速我らも仕掛けをファイヤ~!

竿2本体制のうち、まずはブルズアイから1投目。続いて先日ゲットしてきた
ブルーマーレ!?のBay Max磯でファイヤ~、、、んっ?胴から先に
かけてが異常に柔らかすぎてベロ~~~ンといった感覚と共に仕掛けが
飛んでゆきました、、、そして飛距離もどう頑張ってもブルズアイほど
出ない、、、まぁ、当然と言えば当然ですかねっ。(爆)


1匹釣れてたので急いで仕掛けを投入するも、やはり夜間は単発がメインみたく
何度か打ち返しながら1時間が経過するもアタリは出ません。常に周囲の状況も
観察していますが、あの1匹以来誰一人釣ってないし偶然!?


あれっ?


そんな中、自分のウキに目をやると2個共無い!?







偶然なんて言ってる矢先から2匹も釣れてビックリ、、、同じタイミングで
笑太くんのウキも沈んで1匹撃沈。群れが回って来るとこんな感じで
夜間でも釣れるんですが、あはは、これっきりアタリはまた途絶えてしまい
沈黙、、、常夜灯などがあればまた違うんでしょ~けどねぇ。


夜明け時刻が目前に迫る午前6時過ぎ、そろそろ集中して打ち返さないと
いけないのにこの頃って一番眠たくなる時間帯、、、ちょこっとでも気を
緩めると立ったままウトウトしてしまい、とにかくブラックコーヒーを飲み
ながら目を覚ます試み、、、ここで思い出したのが道中の賤ケ岳SAで
ゲットしてきたサラダパンの存在!

恐る恐る頬張ってみると、


うわぁ~~~、たくあんやぁ!


決してたくあんが嫌いなのでは無くむしろわたくしめ、好物なんですが、
マヨネーズと和えた上でコッペパンに挟まれると、、、はいっ、おかげさまで
一瞬にして目が覚めました。(爆)

でも、何度か食べてるうちに慣れてきてクセになりそ~な感じもしましたし、
また機会があれば買ってみよ~かな?


シュッ!?


プカプカ、、、スポン!


夜明けに反応するかのよ~に時合い到来。









たまたまウキが浮いてる風景の写真を撮ろうとシャッターを押すと、ベスト
タイミングでウキが勢い良く沈んだ瞬間が撮れてましたわ~。

小アジを釣ってる時と異なりもの凄い勢いで沈むので超~爽快 ♪


活性が最も上向くのはやはり夜明け直後のよ~で、1匹ずつながらも
コンスタントに釣れて面白い!フィーバーしてる時は撒き餌無しでも全然
食ってくるみたいだけど、残念ながら今朝はそこまでではないみたくちゃんと
カゴにオキアミを入れてやらないと釣れませんねぇ。


沈んだ!







大物投げ釣りみたくドラグがジ~~~って鳴るよ~なエキサイティングさは
無いものの、何度も首を振りながら暴れる抵抗は小さくても青物ならでは。


一応、ツ抜けはできたかな?次第にアタリが遠くなり、地元の方々も撤収されて
ゆく午前8時半過ぎ、、、笑太くんといつまでやるか話し合いながら、今回
彼が本命に据えているサバが回ってくるまで粘ってみよ~かとなりました。

釣り人が減ると撒き餌の量も薄くなる為、群れを足止めできずそれに比例して
魚の活性も落ちるよ~な気がする日もあれば、逆にプレッシャーが減って急に
活性が上向く事もあるそ~な、、、果たして今朝はどっちなんでしょうか?







「福井新港」


釣り師である以上にタックルコレクターでもある笑太くんはわたくしめの
Bay Max磯に興味津々!?投げ釣りの楽しさが感じられなくなったとゆ~
ことで、ここ数年間はルアーや他の釣りをしていた彼も今年からはキスの
引き釣りでもやってみよ~かなとおニューのタックルを予約したそ~ですし、
せっかくの単身赴任を少しでも楽しまないとね~ ♪


1時間近く沈黙の時間が流れ、釣り人も更に少なくなってきました。

笑太くんもお昼前から仕事があるよ~で、そろそろ見切りを付けて撤収
するかなぁ~と片付けモードに入った頃、お隣で良型のサバが水揚げ~。

ついに群れが回ってきたか!?期待しながらすぐさま打ち返してアタリを
待っていると、前アタリも無くいきなり2人のウキが水中へ


バシュッ!


舞い込んで、アワセを入れるとアジではない重量感。









サイズとしては前回みたく大型はおらず、40cm未満の個体がメインになるも
一時入れ食い状態になり一気に数をキープ ♪

笑太くんは以前我が家で作っていた焼きサバ寿司や味噌煮がど~しても
食べたかったみたくこれで今夜の食材は確保できたので気持ちよく撤収できます
とアタリが止まったところで終了。


わたくしめはまだエサが残っているしもう少し頑張ってみるわ~、、、そう
言って残ったものの、天気予報通り急に風が南から北寄りに変わって
みるみるシケたコンディションに!?

最初は宇和海に比べたらこんなの全然平気と気にせず戦っていたものの、
仕掛け自体がライトな上に抵抗の大きな遠投ウキが付いてるのもあって
飛距離が稼げなくなってきて笑太くんより40分程遅れてそそくさ撤収。

この頃になると釣り人はわたくしめ以外に1人となっており、その方も
超特急で片付けて撤収されてゆきました。





冬の海ってコロコロ天気が変わるのでほんと難しいですね。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・ブルズアイ遠投 3-520PK
■ リール: シマノ・ブルズアイ5050
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 5号
■ 仕掛け: 市販遠投サビキ仕掛け
■ モトス: ナイロン 8号
■ エダス: ナイロン 4号
■ 針: 新アジ 9号
■ エサ: アミエビ


「日本海はすぐ荒れる」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アポロ12号発射~! 福井県・坂井市 / 福井新港


午前3時に戦場近くのコンビニ駐車場で待ち合わせ、、、店名と住所を聞いてた
のでカーナビに目的地セットしてひたすら走って参りましたが、真っ暗な夜道
ながらも高速を下りてから時折車のライトで映し出される周りの景色が真っ白
な事に、あ~~~、また北陸エリアまで戻って来たんだぁ~と実感。

そう、先日O本先生と石川県に行ってきたばかりですからねぇ。(笑)


今回は日帰り出撃な上、一応仕掛けを投げはするものの投げ釣りとはまた異なる
釣法でターゲットも普段からメインで狙う事はない魚!?それでも、


尺狙いでございます ♪ (爆)


昨年からこっち方面へ単身赴任中のSurFreyja“笑太くん”から
クラブのグループラインで、日によってムラはあるけど釣れたら尺近いの
ばかりですよ~と情報が入り ここんとこ改めてその魚の美味しさに魅了
されつつあるJCA、、、それなら久しぶりのコラボも兼て行くわ~!と。













夜明けまで3時間はあるけど、戦場に到着したら即突入&笑太くん
お勧めの位置で陣地を設営してると次々と釣り人が入って来られ30分も
しないうちにこじんまりとした小さな砂浜は満員御礼に!?

大半の方が地元の常連さんのよ~で釣り場に入って来られてたと思えば即行
焚火をされながら井戸端会議が始まったり、、、そうこうするうちに徐々に
暗闇の中、仕掛けを投入される人も増えてきて夜明け時刻まで約1時間になった
午前5時半頃にはまさに北海道のアキアジをやってる時みたいに赤や緑の
電気ウキが海面にズラ~~~っと!

平日なのにもの凄い人やなぁ~、、、感心しながら我らも仕掛けを投入
しますが、暗いうちはアタリは皆無、、、それでもたまに釣れたら特大サイズ
だったりするみたい。


だんだん明るくなってきてまもなくキャップライト無しでも手元が見えるよ~
になった頃、ようやく水面を漂ってた長弾道遠投用ウキ・アポロ12号が、


ドボン!


一瞬にして海の中に消えて、







いきなり尺超えのアジ撃沈 ♪


時合いに突入したみたく続いて笑太くんのウキも沈んで同サイズを撃沈。
ここでは主にマアジとマルアジが混じって釣れるらしく両者を見比べて
みると確かに少し違ってるのが分かりますが、わたくしめに関してはどっちが
いいなどこだわりも無く釣れたらいいのでラッキー!

仕掛けはオーソドックスな遠投用サビキ仕掛けな為、撒き餌を切らせてしまうと
群れを寄せておくことができませんから手返し重視でホイホイ打ち返していくと
退屈しない程度にウキが沈んでアジが釣れてくれます。


午前7時を回ると食い気も更にアップして仕掛けが着水&設定したタナまで
沈んでウキが立った瞬間にドボンと入ったりと超~楽しい ♪ 足下直下で
サビキ仕掛けを垂らしてではなく砂浜からおもいっきり投げて釣るスタイル
ですから気分爽快な上、釣れればほとんどが尺オーバー。

ただ、周りを見てると釣れてる方と全く釣れてない方とで大きく分かれており、
笑太くん曰く、ここはタナが非常に重要なのとアミエビもそのまま吸い込み
バケツなどでカゴに入れるのではなく粘度を持たせないといけないよう
、、、その辺は日々通って地元の方々と仲良くなった賜物ですよね。


シュッ!


消えたっ。









このサイズにもなれば結構引くので楽しい ♪

笑太くんも投げタックルで戦っており、わたくしめも1本はキスの引き釣り用に
使ってるサーフランダーにスーパーエアロというコンビですが、ど~しても
キャスト時にある程度の力加減とスイングスピードを抑えないと調子に乗って
おもいっきり振ってしまうとウキの中心に入ってる棒ごと抜けて
ウキ自体が潰れてしまったり、仕掛けが切れてしまったり、、、

結論から言うと、やっぱりこ~ゆ~ライトな仕掛けで遠投しようと思えば
遠投カゴ釣り専用の竿などで臨む方がやり易いと思いますね。


完全に夜が明けると時々良型のサバも混じる旨、聞いていた通り、ウキの沈む
スピードも一瞬ならリーリング最中もグイグイ締め込んで確実にアジより
重量感のある魚と思えばサバ。







アジも好調でございます ♪


午前8時半を回ると地元の方々も十分釣れられたのか?撤収される方も
増えてきて午前9時には釣り人は半分以下に。

ってゆ~より、いつも朝マズメにバタバタっと釣れてそこからはアタリが
フェードアウトしていくよ~なパターンらしく確かに釣り人が減り始めると
アタリも遠くなってきました、、、撒き餌の関係もあるのかな?


せっかくなので笑太くんが準備してくれたアミエビが無くなるまで粘ろう
となり、雑談しながらたま~に回遊してきた群れから魚を拾います。







「福井新港」


それにしても何年ぶりになるのでしょうか?粒子の細かい砂浜から釣るってのを
聞いて自宅にあった立ち込み三脚を出してきました。(笑)

足場の悪い磯や能登島などのウェーダーポイントにおいてとても重宝する
三脚で、一旦三脚さえ立ててしまえば常に竿を一定の角度にセット&竿尻も
浮かせた状態で保てます。他には波が高い日に砂浜からやる時に竿先の位置を
高くホールドできるので道糸が波に叩かれにくく釣り易いメリットがあります。

自宅にはもっと本格的かつ便利な機能満載のステンレス製の特注立ち込み三脚
もありましたが、いかんせんオールステンで重量もあり釣り場まで少し歩かない
といけない今朝みたいな環境下では逆に疲れそ~だったので簡易バージョンの
方を持参しました。これはほんと便利ですわ~ ♪


カゴに入れたアミエビはご存知の通り、仕掛けを投入したら撒き餌となり
海中に散ってゆくので2人してせっせと打ち返しをしてると想像以上に早く
使い果たしてしまい午前10時までには片付けて終了としました。





こんな大きなアジが釣れるならまた来たいと思いましたっ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・サーフランダー365DX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーCI4+30
■ 道糸: ゴーセン・砂紋 0.8号
■ 仕掛け: 市販遠投サビキ仕掛け
■ モトス: ナイロン 8号
■ エダス: ナイロン 4号
■ 針: 新アジ 9号
■ エサ: アミエビ


「面白そうやねぇ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

40cm イシガレイを辛うじて、、、 石川県・能登島 / 鴫島入江 (2日目)


毎回冬の北陸遠征?バカンス!?の楽しみになっている和倉温泉街宿泊では
夜は郷土料理の頂けるお店で飲みながら、、、という流れになっているのに
、昨夜は時短営業などの関係でちゃちゃっと済ませないといけなくなって
しまい仕方無いよね~と、、、そ~いえばココへ来るのも2年ぶりですし、
あの頃はまだギリギリコロナ禍に陥ってなかったんですね。


2日目は朝からず~っと小雨&お昼前からみぞれになる予報。


場所が入江だけにそこまで天気予報を気にせずやって来たものの、朝イチ
から雨だと出発前から心がブルーになります、、、ってなわけで朝は
ゆっくり起床&地元の食材をふんだんに使った朝食バイキングでお腹いっぱい
になってから戦場へ向かう事に。

幾つか候補地を挙げてどこか空いてる場所に入ろうと行ってみるも、さすがに
ここまで悪天候だと週末とはいえ釣り人の姿なんて皆無!終日雨予報なので
みなさん断念されたのか?魚があまり釣れてないのか?それとも両方か!?


できる限りぬかるんでる所が少ない足場の事も考えつつ最初に向かった戦場
空いてたのでここでいいんちゃう?とあっさり決定。(爆)









「鴫島入江」


2日目はいつも午前中のみのプランな上、今回に至ってはお昼前から
雪マークと共にみぞれ、時に激しく降るとまで予報に出ていた為、更に
早くの撤収になるかもしれません。それでも朝マズメから入っていれば
ある程度みっちりやれたのかもしれませんけど、いかんせん朝はゆっくり
&朝食まで食べてきたのでもう午前8時過ぎでございます。

超特急で攻撃準備を整えファイヤーしていくも、昨日の狼煙漁港とは異なり
どこへ投げてもエサ盗りの気配は無し、、、年回りによって沸いて閉口
させられるウミケムシも居なければ恒例のナマコ船までやって来ません。


クゥ~~~ッ、クククッ


1投目から竿先に怪しいアタリが出て、





30cmちょこっとのイシガレイが顔を見せてくれました。

ちょ~ど今時期に群れが入っていればマコガレイの数釣りが楽しめる場所
なのでサイズからしてマコガレイかなと思ったんですが、黄土色に白い斑点が
イシガレイでした。まぁ、この界隈でカレイを狙うとなると多くの方が
こやつのゴーマルなど大型を夢見ておられるんですがねぇ。


朝マズメは逃したけど今になって時合いが訪れてる!?な~んて思った
のは完全に人間側の幸せな思い込みでして、こやつ撃沈後は一切何も
釣れず午前10時まで無の世界、、、

少し離れた位置で戦ってらっしゃる“O本先生”の陣地へ行ってみたり、向こうが
こっちに来られてみたりを繰り返しながらマンダムタイムを過ごすもアップ
するのは魚の活性ではなく雨!時間の経過と共に激しくなり、一旦小康状態
になって日差しが差し込めたと思えばまたすぐ本降りに、、、


そして午前10時半を回ると雨は雪に変わってきました。





一般的に雨より雪の方がサッと払う事ができるのでマシと思えるんですが、
なんせ雨から雪に変わった物で水分をタップリ含んでて落ちた途端ベチャ~
っと溶け始めます、、、要するに更に冷たいだけで雨と変わりません。(泣)


いつまで経っても食いが立つ気配すら感じられず、来年以降は厳寒期2月の
過ごし方を大きく見直して能登島は定番コースから外すのもありかな?そんな
話をしながら次の出撃についての打ち合わせをしてると、あれっ?

さっき一瞬竿尻が浮いた?


陣地から離れた位置にいたのでよくは分からないものの、そんな気がして戻って
みるとやっぱり護岸に立て掛けた1本のプロサーフがズレて揃えていたはずの
竿先の高さが低く傾いております。

どっちにしても結構長時間放置プレイしてありましたし、一度回収して
みよ~とリーリングを開始すると、


グ~~~ッ!


強く締め込みだして、







40cm イシガレイ撃沈。


サイズにしては身がやや薄っぺらい個体だけど、とりあえず2匹目が釣れた
ので良しとしましょう。(笑)

一向にアタリが出ないというO本先生は気付けばもう竿数が減って2本に
なっちゃってますし、そろそろ潮時か?








決定打となったのは、冷えてきたので一度車内に戻って温まりながら
話そうと乗り込んだ瞬間、ついに予報通りみぞれに、、、

こうなってしまうと外に出たくなくりますが、タックルを片付けないと
撤収できませんし気合いを入れて陣地に戻って高速で片付け 正午を
待たずに終了となりました。帰りは吹雪いて酷かった、、、







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「来年から見直しやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

おそらく最初で最後、、、 石川県・狼煙町 / 狼煙漁港 (1日目)





大波止の付け根に車を止めて、まだ真っ暗なのでもう少し明るくなってくる
まで仮眠でも?あはは、わたくしめに至っては助手席で爆睡させてもらいました
ので眠くもなく、、、そうこうするうちに1台車が入ってきて超特急で準備&
突入されていかれたのを見て我々も突入しますかぁ~と。(笑)

全く仮眠もせずぶっ通しでここまで運転されて、なお今から釣りをする元気の
あるSurFreyja“O本先生”と適当にこの辺でやりましょうとなり
竿を並べ終えた頃には完全に夜明け迎えました。


何を隠そうこの戦場、、、関西圏の投げ釣り師の間では本州で良型のホッケが
釣れるという事で超~有名な場所!先に入って行かれた方も聞けばホッケ狙い
みたいですし実績場なんでしょ~けど、我らに関してはターゲットは何とか
ではなく単に一度来てみたかったとゆ~興味本位。(笑)

カレイでも何でも釣れてくれたらいいやん ♪ な~んて軽いノリでやって
来たものの、考えてもみればまだ2月半ばの厳寒期真っ只中ですし、果たして
魚自体が釣れるのだろうか、、、途中からそんな不安混じりに。


三脚は共用でミックスでやろうとなり、O本先生は港内を、わたくしめはテトラ
越し外海をメインに探ってみることに。


バタンッ!?


ドラグはフルロックのままでしたので一瞬竿尻が浮きました。(笑)





40cm アイナメ撃沈。


外海側は投げる位置によって所々根掛かりするなぁ~と思ってる最中のアタリで
、やけに首を振ってる事からひょっとして?と思えばひょっとしてのアイナメ
、、、まぁ、お土産になるサイズでしたのでキープします。


回収したシンカーやエサを触ってみるとめちゃくちゃ冷たいので水温もかなり
低い事が分かりますが、なぜか外海側だけはフグの活性が高く結構な頻度で
素バリにされてしまったり、チモトをガジガジ齧られたり、更には針掛かり
までしてきたりします。

逆に内側の港内はエサ盗りは皆無に等しいみたくどれだけ放置しててもエサは
そのまんま、、、が、しかし居ないのはエサ盗りだけではなくまともな魚、
とゆ~より生命の息吹自体が感じられないそ~な、、、


どっちもどっちだけどまだ外海側の方が何かしら反応が見られていいんちゃう?
O本先生も投げ始められますが、根掛かりに苦戦中!









「狼煙漁港」


これまでも能登半島方面へ訪れる時期は大体2月で、海が荒れやすく釣り物も
少なくなる時期に高確率で凪になってくれる入江でのんびり釣りを楽しむ、、、
魚が釣れなくても和倉温泉街の宿に泊まって美味しい物を食べてリラックス
、、、魚釣りよりむしろ冬のバカンスみたいな感覚もあったりするんですが、
毎回2日間共同じ能登島エリアで釣るよりは最初で最後になるかもしれないけど
、ちょこっと足を延ばして行った事の無い場所に行ってみるのも面白いかも?

そんな興味本位でプラン初日に組み込まれたこの戦場、、、訪れる時期も
ありますが、想像してた感じとはちょこっと異なってて攻撃開始から3時間
くらいで2人共何時に撤収しましょうか~?みたいな流れに。(爆)


仕掛けを投入して糸フケを取ったらすぐ竿先に小刻みなアタリが出てそこそこ
サイズのキスが釣れたので、回遊があれば期待できるかなぁ~って思ってると
以後竿先に出る似たよ~なアタリは全てフグ!


グッ、グゥ~~~ッ


テトラ越しにひょいっと抜き上げたのは、







36cm マコガレイ


あと2~3ヵ月後だったらサイズや数釣りも期待できる旨、釣友から伺っては
いたものの、まさか今回釣れてくれるとは思いませんでした。


その後、超~ミニサイズのホッケが釣れてポイ → マンダムタイム突入。


さすがにO本先生も長距離運転の疲れが出てきたよ~で、気付けば波止の上で
寝転がっておやすみ中。


午前11時には2人共完全にダラけてしまいラインブレイクした竿から徐々に
片付け始めて、もう十分堪能したしそろそろ止めて宿に向かおうや~ ♪
どちらから言い出したって感じもなく自然にそんな雰囲気になり撤収。

なんせ同じ石川県内とはいえ、ここから宿のある七尾市中心部まで
100km以上もありますから所用時間もそれなりにかかりますしねぇ。

いい経験になりましたぁ~。





冒頭にも書いてましたよ~に、どんな所なのか?一度来てみたかっただけ
ですので、おそらくココは今回が人生最初にして最後になるね~とO本先生と
話しながら宿へ向かうのでした、、、(爆)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ


「遠い所まで行ったね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

落ちギスを少々、、、 石川県・小松市 / 安宅


ラニーニャ現象の影響でまさに明日!?から北日本を除く本州、特に西日本
を中心に強い寒気が流れ込むよ~で週末まで雨予報、、、当然ながら日本海側は
大シケになる模様で釣りができるのは間違いなく今日いっぱい、、、

一応、午前中は波も0.2m予報と凪状態で魚さえ居てくれたら釣れるはず?
そんなにポイントも知らない中、下手に冒険する勇気も無くとりあえず
北陸自動車道の片山津ICで下りてこの夏に数回訪れたすぐ裏の海岸へ。

時間がそれほど無いので夜明け直後からファイヤ~しますが、、、


えっ!?


微弱なアタリすらほとんど感じられないまま仕掛けを回収すると超~ミニチュア
サイズのピンギスが3匹、、、10cmにも満たないのそ~っと外してリリース
再び打ち返すもやはり水揚げされてくるのは似たよ~なピンギスのみ。

投点を変えたり、少し移動してみたりしながら探ってみるも全くアタリが出ない
ままか釣れても10cm未満と状況変わらず、、、


こりゃ、あかんわ。


ここで粘り続けるのは時間の無駄に思えてきた為、適当に見切りを付けて
少し車を走らせたこれまた夏に初めて入ってみた浜へ。


ブルブルブルッ!


1投目から鋭いアタリが連発して、





20cmオーバーの良型キスが2匹 ♪

これはひょっとしてひょっとするかも!?入れ食いモードを期待しながらすぐ
打ち返すもシ~~~ン、、、同じ投点から探ってもアタリが出ません。

でも2匹釣れたわけだし絶対どこかにまだ魚は居るはずと信じて波打ち際まで
入念にサビいて様子を見るも2色以内は切れた藻の塊があちこちに沈殿してる
みたく頻繁に針掛かりしてくる為、今度はおもいっきりフルスイングして、

沖目を探ってみると、


ブルルッ!





アタリが出ましたっ ♪


あっ、、、良型が1匹釣れたと思えばワカサギみたいな白っぽい魚ももう1匹
、、、よ~く見てみると最初に入った片山津海岸で釣れたのより更に小さい
赤ちゃんキス!?もしかするとワカサギより小さいかも。(爆)

キスって基本群れを成して行動している魚ですし同じ場所でこれら2匹が
掛かってたとすると、その群れってめちゃくちゃバラエティー豊かなのかも!
なんせ20cmオーバーの個体も居れば数センチのミニチュアサイズまで、、、
むむむ、この魚の生態をもっと勉強しないといけませんわ~。


ブルブルッ、ブルッ


グググッ!


少しずつ浜を移動しながら投点をズラして探ってゆくと時々アタリがっ。







決してアタリも多くはなく釣れても1匹 or さっきみたくピンギスとコラボ
して2匹ってな感じで良型を連掛けはできないけど、これ以上大きく場所移動
するのも時間が無いし一応キスの顔は見れてるのでここで粘る事にしましょう。

幸いフグやチャリコといったエサ盗りも少なくイシゴカイ500円分しか今回は
持参してませんが、全然余裕で午前中は戦えそ~な雰囲気 ♪


目の前には等間隔に消波ブロック帯が入っており、その途切れてる部分を
メインに探ってゆく感じで移動してはオープンスペースへ遠投 着底直後
から超~スローペースでサビき始めて5色帯が終わるまでにアタリが
出なかったら即回収 打ち返しといったパターン。









「安宅」


今朝は太陽が昇るとほんの少しポカポカして、たま~に心地良いそよ風も
吹いてきて最高のコンディション ♪ 海もベタ凪ですしこれでたくさん釣れて
くれたら言う事無しなんですけど、あはは、さすがにそう甘くはないですね。

釣り歩いていくうちに同じキススぺで投げている方がいらっしゃり、近況を
伺ってみるとタイミングさえあえば20cmオーバーの良型ばかりで束釣りが
できる日もあるそ~な、、、ただ、ほんとタイミング次第で昨日まで爆釣
してたのが翌日になると急に渋くなったりと結構読めないみたい。

まっ、魚の寄り具合もあるんでしょ~しシケた後に海が落ち着いてくると
爆釣したりするのかな?まぁ、さすがにこの辺りまでとなると今回みたく
富山県へ用事がある時のついでなどになってきますからなかなか
タイミング的にも難しいですねぇ、、、


さてさて、気付けばいつの間にか時間も経っており午前9時半。





ゴォ~~~っとあいかわらず朝から戦闘機が頭上を何回も通過中。

この界隈に来ると昔北海道に住んでた頃を思い出すんですよね~。ちょ~ど
新千歳空港のすぐ近くの千歳市に住んでたんですけど、こちらも航空自衛隊の
大きな基地があって毎日ゴォ~~~っと戦闘機が飛びまくってましたわ。
なんせ空港がすぐそこってのもありタッチ&ゴーばかりしてる時なんて常に
低空飛行で地響きを伴うもの凄い音!でも懐かしい、、、(笑)


アタリの出る頻度も一時に比べるとかなり少なくなってきたので、そろそろ
終わりにしよ~かな?と思いつつ打ち返していると、


ブルブルブルブルッ!


今朝一番のけたたましいアタリ!?





26cm の立派なサイズが釣れてラッキ~ ♪

きっと単発なんだろうなぁ~って思いながらも即同じ場所へ何度か打ち返す
も、あはは、やっぱり単発だったのか?沈黙のまま後には続かず。


時刻も午前10時を回りましたし、車内で人を待たせてるのもあって
これにて終了。撤収したら再び片山津ICから高速に乗って一路富山県を
目指しました。短時間だったけどアタリが大きめなので楽しめましたぁ ♪


これで引き釣りは今年最後になるかな?


帰ったら道具一式を綺麗に洗ってメンテナンスをしてまた来年~。(笑)





10cm以下の個体は全てリリースしてお持ち帰りはこれだけ ♪




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'20キス スペシャル405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: デュエル・H.D.カーボン船ハリス 2号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 1号
■ 針: オーナー・キスR 8号
■ エサ: イシゴカイ


「もう12月やもんなぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア