FC2ブログ

ナイロンラインの方も巻き替えておこっと!


その日のコンディション、使用するルアーなどによってロッドの硬さのみならず
ラインも頻繁に使い分けるよ~になった今シーズン、おかげでいろんな攻め方
、戦術レパートリーが増えたよ~に思えます。

現在のところJCAはナイロンとPEの2種類のラインをメインに使い分けて
いるんですが、エリアトラウトではフロロカーボンやエステルまでシーンに
応じて愛用されており非常に奥が深いと感じております、、、なんせ投げ釣りで
言えば、ナイロン、PE、そしてフロロカーボンの道糸まではメジャーでも
エステルとなるとやっぱりハリス用?って印象になっちゃいません?(笑)

まぁ、エリアトラウトと投げ釣りでは投げる距離など根本から異なってる部分が
あるので比較する事自体が野暮ってゆ~もんなんですがっ。


少し前にPEラインを新しい物に巻き替えましたから、ついでにナイロンライン
の方も巻き替えてしまっておこうと早速ネットで検索&ポチッとして仕入れた
ラインがコチラ~ ♪





サンライン「トラウティスト・ワイルド」


よく見える!よく飛ぶ!強い!の三拍子が揃った売り文句のこのラインは、
ヤマメからサーモンまであらゆるターゲット、フィールドでも対応できるサイズ
バリエーションとトータルハイバランス製法を採用しましたと書いてあります
から特にエリアトラウト専用ラインってわけでもなさそう。

一応、わたくしめが現在使っている0.8号(3lb.)のラインナップがあった
のでチョイスしてみました。


前回に引き続きパッケージ裏面に掲載されてた商品説明には、





ロングキャストからショートレンジアプローチにも対応し、150m巻きで75m
マーキング入りですので目的に応じてムダなく巻き替えができます。高視認性
カラーによりライン軌道がよく分かりロングキャストや複雑な流れの中でも
ルアーを見失わず正確なキャストアプローチや絶妙なトレースが可能。

トリプルレンジプロセッシング加工によりスベリ性が良く、結束がスムーズで
安定し高強力なノットが可能、また、岩、石ズレに対して驚異的な耐摩耗性を
発揮します。そしてUV-R製法で紫外線による強度低下を最小限に抑えました。


す、素晴らしすぎる!?


再び説明を読んで感動しちゃいました。(爆)

あはは、感動はさておき、興味を惹かれた点の1つに最初に書いてあった
150m巻きで75m地点にマーキングがされているという特徴が挙げられます。
わたくしめのホームグラウンドでは75mもあれば十分過ぎますし、おそらく
他のエリアでも同様の事が言えるのでムダにたくさん巻くより下巻きを入れて
必要分だけ使えるのは非常にありがたい点ですよね~。

それによく考えてみるとエリアで使う超~軽量なスプーンやルアーでは75m
飛ばすのも至難の業!?わたくしめはよう飛ばしません。(笑)







色鮮やかなグリーンで視認性良さそうですねっ ♪




「75mは難しい!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

MEIHO「ランガンシステムBOX VW-2070」


梱包されてた段ボールから出し、パッケージを開封した時にはすでに今シーズン
の営業は終了してしまってたホームグラウンド、、、今年は当初、GW最終日の
5月6日まで営業予定だったみたいですが、緊急事態宣言のせいか?3日早い
5月3日で終了となったよう。

まっ、どのみち自粛期間なので自宅でおとなしくしてるつもりだった上、元々
毎年GWやお盆など人が急増する大型連休は出撃しない傾向にあるJCAなので
実釣導入は来シーズンからのつもりでした。







MEIHO「ランガンシステムBOX VW-2070」


こちらはエリアトラウト専用のタックルボックスとなりまして、これまで
ビビッドなオレンジが印象的なロデオクラフトのトートバッグを愛用して
参りましたが、雨天時など完全オープン型になる為、中に水が入って
大変なので雨予報が入ってる日なんかに使おうかと!

完全防水を求めるとEVA素材などがメインのバッカン形状の製品がベスト
だったんでしょ~けど、個人的にこちらの方がデザインから機能面に至るまで
惹かれるものがあったのでチョイス。まっ、しっかりとした上フタが装備されて
おりそれなりの防水性能もありそ~なんで良しとしましょう。


上段を開くとハンドルが脚代わりとなって、内側がトレースタンドに早変わり!
更にハンドルはバックルを閉め忘れたまま持ち上げても開かない簡易ロック
システムとしても機能するよ~です。

















■サイズ: 434×233×271mm
■素材: 耐衝撃性コーポリマー、特殊ブレンドポリマー



コンパクトサイズながらもご覧のよ~に収納スペースはかなり豊富で、
わたくしめが使用しているスプーンワレットからルアーケース他、全て
入れても余裕でまだ空きスペースがある感じです ♪

どこへ行くにも気軽に持ち運べるのを売りにしている為、最低限の強度を
保ちつつ徹底的に軽量化が図られているみたいですからさすがにドカットの
よ~にこの上に座るって事までは厳しそうですねぇ。(笑)

座りたくなれば常にクーラーも持参してますし、あくまで現在愛用中のトート
バッグと併用 気象条件によって使い分けるつもりで探してましたから
サイズ&容量も似た物が絶対条件。


また、トートバッグと同じ機能を持ち合わせてないと使い勝手が悪いので必要な
オプションパーツも同時購入しました。







MEIHO「ロッドスタンド BM-230N」、「ハードドリンクホルダーBM」


ロッドはいつも2本持ち込みますから当然、ロッドスタンドも2つ必要。あと
他のオプション類も見てるとドリンクホルダーも魅力的だったのでこちらも
ポチッと、、、以上で機能面は十分かな?

本体VW-2070のみならずMEIHOのバケットマウスシリーズの多くの
側面部に多目的ホルダーなるマウントが設けられておりオプション類は
全てここに取り付ける形になります。

説明書を読んでるとアタッチメントがど~だの、スタンドカバーがど~だのと
ややこしく書かれていたものの、実際にやってみると超~簡単!

あっという間でした。(爆)


うん、満足 ♪









出番は10月半ば以降になりそ~です。それまでに新型コロナウイルス騒動も
ある程度終息に近付いててくれればいいんですが、、、




「武漢ウイルスめ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

来シーズンに向けて


自粛という言葉、、、日常生活において出て来ない日はまず無いってくらい毎日
、毎日自粛に縛られております。まぁ、わたくしめのみならず日本、いや世界中
が同じ状況にあるので仕方ないんですが、ここまで外出がままならないと
ほんと心身共に疲れ果ててきますよね、、、


マイナスな事ばかり考えててもストレスが溜まる一方なので、とりあえず楽しい
事をやろうと先日ポチッとして早速送られてきたエリアトラウト用のPEライン
を綺麗に洗ってからメンテナンスまでしたリールに巻いてみよ~と。

できればいつもの釣具量販店に行ってあれこれ見比べて決めたかったものの、
31日までは自粛!と自分自身に言い聞かせて自宅でできるネットショッピング
で購入。そんなわけで最も高価でハイクオリティっぽいのをセレクト!





モーリス「VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド」


あはは、メーカー問わずリミテッド系のネーミングはとにかく長い!に尽きる
んでしょうか!?いや~、実はこの商品名、、、まだ続きがありまして、正式
にはマスターリミテッドの後にスーパープレミアムPE ×4と続きます。

シマノのリミプロ製品同様あまりにも長すぎるネーミングでしたので1行に
書ききれませんでしたが商品名にスーパーが2回も登場するとは、、、
スーパーマンの如く飛び抜けて凄いのかもしれません。(爆)


今シーズン使用してたPEは0.3号(7lb.)だったんですけど、よく考えて
みるとナイロンの方は3lb.を使っており、それに合わせたショックリーダー
をチョイスしてるので号数の観点から見てもPEの方は少々アンバランス?
そう思い、今回は1サイズ落として0.2号(6.5lb.)にしてみましたっ。

さすがにまだ3lb.というガイドラインを意識してそれ以下の0.175号やら
0.15号まで落とす勇気&自信も無くほんの少しだけ背伸びしたって感じ!?


大物投げ釣りにネイティブトラウト、そしてエリアトラウトまでいつもなら
シーズンが終わってタックル類をメンテナンスした後は翌シーズン開幕直前まで
リールには何も巻かずに保管してる傾向にあるんですが、さすがに自粛期間が
長くなると次第にする事が無くなってきますから今やっちゃおうとね。(爆)





パッケージ裏面に掲載されてた商品説明には、

超極細で超好感度のスーパープレミアムPEは軽量ルアーでも衝撃の飛距離を
可能にし、僅かに触れた小さなバイトもしっかり捉え、ハイプレッシャーの
エリアフィッシングで威力を発揮します。ミノーやバイブレーションなどの
プラグ系ルアーやスプーンの誘い釣りに最適。低伸度PEだからできるトリッキー
な動きやしぇいキングによる絶妙な動きを演出します。VARIVAS独自の
スーパーフッ素コーティング加工を施し抜群の滑りの良さと耐久性を保持。
トラブルが少なく使い易いトーナメントPEラインです。


す、素晴らしすぎる!(感動)


ここでもスーパーの文字が2回も登場してますし、カラーにおいても水面に
映える抜群の視認性でトーナメントを制する!とあります。

ラインカラーも2種類ラインナップされてるうちトーナメントピンクなる方を
チョイス、、、これでトーナメントは制する事が可能なはずなんですが、、、
あはは、わたくしめ今のところトーナメントに出場する予定も無ければ
出場できるまでの腕も持ち合わせておりません!(爆)


あとはリーダーさえ結べばいつでも出撃可能状態になりましたので、今度こそ
10月頃までしばらく眠ってもらうことにしましょう。









「スーパー自粛!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

54cm ニジマス撃沈! 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場





午前6時57分、あと3分もすれば入る釣り開始オッケーの放送を待つ釣り人達
、、、あれれっ、いつの間にタックル一式からランディングネット他全て揃えた
の!?というSurFreyja“O本先生”がお隣でスタンバっておりますねぇ ♪

ここ数回、わたくしめの予備タックルをレンタルしてエリアトラウトに触れて
もらったんですが、あはは、一気に魅了されてしまったらしく即行ぜ~んぶ
自前の物で揃えられ気合い満々でいらっしゃいます。(笑)


午前7時キッカリに一斉に攻撃開始!


いよいよ明日から緊急事態宣言が出される事が決定したのもあってみなさん
ラストスパートなのか?今朝もトーナメンターっぽい方からファミリー客まで
大勢が押し寄せているホームグラウンド!バーベキューもオッケーなエリア
なので早朝から炭火の匂いがどこからともなく漂ってきてます。

連日超満員のよ~で魚にもおもいっきりプレッシャーが掛かりっぱなしと
思える中、放流前に数を稼ごうと思うと今の状況下で最も興味を示すルアーを
探し当てる事が先決!O本先生と手分けして様々なルアーを試していくうちに
スプーンやクランクベイトには一切見向きもしないのになぜかセニョール
トルネードにだけアタリが連発!?





まぁ、どんな状況においても通用するお手軽ルアーだけにコレを使うのをあえて
控える方もいらっしゃるよ~ですが、わたくしめらは釣りを楽しむのも当然、
同時にFISH DINNERネタを確保したいという側面も大事ですので
気にせず釣れるルアーをチョイスでございます。(笑)

それでも釣れる方がよっぽどマシで周りは全くと言っていいくらいアタリが
出てない中、ポツリポツリではあるけど数を稼ぎ待ちに待った放流タイムが
訪れると共に短時間ではあるけど入れ食い状態に突入 ♪


ジリリリ~~~ッ!


ゴンゴン、ゴツン!ジイイイッ









ただ、、、極度のプレッシャーが掛かっている時定番のショートバイトを
始めとするアプローチだけでフッキングにまで至らないケースややりとりしてる
間に即行バレてしまうなど今朝は放流魚であっても基本食いが非常に浅く
アタリの数に対してランディングできた数が少な過ぎる印象がありましたねぇ。

O本先生も相当数のアタリは捉えるもまだ慣れないバーブレスフックでの
やりとりに苦戦、、、テンションを緩めた瞬間にバラしてしまうなど難しいと
嘆いておられました。あはは、そんな事言いながらもちゃ~んと2桁は確保
されてましたから短期間でもの凄い上達ですよねぇ!


放流に伴う時合いが終了すると次に必ずやって来るのはマンダムタイム。


あれだけ積極的にスプーンを追い掛けてきてたはずの魚がピタリと止まって
しまい微動だにしなかったり、ルアーが傍を通過した際にチラッと興味を示すも
即知らんぷり的反応に、、、









「北田原ます釣り場」


ここからはまさに魚との根競べ、、、

一度マンダムタイムに陥ってしまうと様々な戦術を試してもなかなか魚の口を
使わす事ができない為、下手に集中し過ぎるより周囲の景色なども楽しみながら
釣るのが心が折れずに戦い持続できる秘訣!?

事務所前には桜が満開になってましたし、対岸の林に目をやると薄紫の綺麗な
花がたくさん咲いてます ♪ 春真っ盛りな今、新型コロナウイルスの脅威さえ
なければまだしばらく間楽しめるのに、、、あっ、あと蚊を始めとする虫も
居なければ更に最高なんだけどなぁ~。(爆)


だけどマンダムタイムの全てがダメなわけでもなく、これは海釣りなんかでも
たまに起きる事なんですけど、時合いが終わって今は微妙かも?なんてダレる
時間帯に突然アタってくる魚も居たりするんですよね~。

そしてそ~ゆ~魚に限って単発だけどデカイ!


ジリリリリリリッ!?


バシャバシャバシャ!


それは急に訪れた連発劇!







54cm、44cm ニジマスが立て続けにヒット ♪


こんなハプニングに近いよ~なドラマが起きたりするから釣りってやめられ
ませんよね~。何がトリガーになって口を使ったのか?詳しくまでは分かり
ませんけど、大きな個体はアベレージサイズとは別に食い気が立つ時が
あるって事だけは確実かなと。

北海道のカレイ作戦などでよくある朝イチにマガレイの時合いが訪れ、
ひたすらスナガレイが混じりつつ釣れ続け、それが止まってマンダムに突入
しばらくしたら突如良型のクロガシラが単発でアタり始めるみたいな
パターンに似てますよね。あはは、魚種は全然違いますけどっ!


その後は面白いくらいアタリはゼロ、、、


あの手この手と何をやっても一切ダメ!早くからバーベキューの準備をされてた
お隣さんらはオープンから魚が1匹も確保できず釣り自体を諦めて持参されてた
肉をメインに宴会中!?

一応、午前11時までは粘ろうと決めていた為、2人して延々とキャスト&
リトリーブを繰り返しましたが、本当にあれから一度もアタリも出ること無く
タイムアップ。2人共目標に掲げてた数は達成できませんでしたけど、O本先生
もおニュータックルの筆おろしは無事終えれたよ~ですし良しとしましょう!









使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62SUL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000S
■ ライン: サンヨー・アプロードGT-R トラウトエディション 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 3lb.
■ ルアー: スプーン 1.6~2.5g


「まだ4月頭なのに」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

もの凄い人、、、 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場


仮にオープン直後でもある現時点では大丈夫だったにしろ、放流が終わって
少しすると確実に激渋状態になりそ~な予感の今朝のホームグラウンド、、、

と、言いますのもいつもならオープン時刻までにある程度釣り人は入り終えて、
それ以降はポツリポツリ程度なのに、今朝は次から次とエンドレスで入って
来られ釣り場が人で埋め尽くされるのも時間の問題!?

と思えるくらいの賑わい様。


ジリリリ~!





魚に掛かるプレッシャーを懸念 今朝は何としても放流直後に数を稼いで
おかないとおそらくその後はフェードアウトする一方!そうSurFreyja
“O本先生”に伝え、とにかく寝不足であろうが何だろうが集中して攻めの
釣りをしよ~と気合いを入れて攻撃開始となりました。

幾つかのルアータイプ&カラーをこまめにローテーションさせながら魚に
飽きられないよ~にして1匹、1匹着実に撃沈&放流が入るともっとアピール
力のあるカラーに変えて数を伸ばしてゆきます。


今シーズンから結構積極的に通っているのもあってか?なんとな~くではある
けど、その日の気象コンディションや人の入りなどから今日の魚の活性はこんな
感じじゃないかぁ~?と予測できるよ~になってきました。

あはは、まっ、あくまで相手は自然界の生き物ですからハズれる時も
多々なんですがねぇ、、、(爆)


バシャバシャ、バシャッ


ジリリリリリリッ~!







放流直後は魚は固まってスローテンポで移動しており今までと何ら変わらない
のが、基本食い気が立ってる個体ばかりですから釣り人が多ければ多い程、
彼らの投げるルアーを見つけては追い掛けまくって広範囲に散り あちこち
でアタリが頻発し始めます。

このタイミング釣っておかないと!引き続き攻めのスタイルで釣ってゆきますが
、アベレージサイズばかりで本命に据えて狙っている大型の個体がなかなか
ヒットしてくれません、、、

ここに通っておられる常連さんらの中でも50cmを超える大型個体が釣れた時
のみスカリにキープしてそれ以下はリリースされてる方も結構多いんですよ。
わたくしめは関してはアベレージサイズもご近所さんや友人含めニジマスなら
幾らでも欲しいというリクエストが常にありますからキープしてますが、最近
密かに大型を意識しながら頑張るよ~な傾向にあるかな。


予想通り午前9時までには荒食いはストップして、スプーンを追い掛けてはくる
もののバイトまで至らずギリギリでそっぽ向いてどこかへ行ってしまうパターン
だらけになりマンダム、、、ほんと面白いくらいピタリと止まるので、周りの
みなさんも休憩しだす方、場所移動される方、撤収される方などいろいろ
出てくる時間帯がまさに今となります。(笑)







「北田原ます釣り場」


あはは、ちなみに場所移動するにしろ今朝みたくコンスタントに釣り人が
入って来られすでに超満員になってしまってると新たに移動できるよ~な
スペースさえ残ってないのが現実、、、

コロナウイルスの影響で学校も休校になってる所が多くお子様連れのファミリー
もめちゃくちゃ多い!?普段だと週末に訪れた時などに1~2組見かける程度で
それもほとんどがエサ釣り専用区画、、、お隣に来られたファミリーと話してる
とエサ釣りの方が満員で入れないから仕方なく一応持ってきてた数個のルアー
を使ってこちらに入っておられるとのこと!?うむむ、確かにここはルアー専用
区画の方が遥かに広いのでエサ釣りだと大変だなぁ、、、


今回がエリアトラウト2回目となるO本先生は早くもリトリーブスピードの調整
からレンジキープまでコツを覚えたよ~で渋い状況下でも魚の顔を見れて
おりまもなくどっぷりハマりそ~な感じ!?

なんせ今現在は魚持ち帰り用のクーラーだけ持参で来られ、あとはわたくしめの
予備タックルで戦っておられますが、すでにどのロッド、リールが使い易いか?
などメモされてましたしおそらく次回からは、、、(爆)





食い渋る時のダートマジックと言いながらスプーンから特異なアクション
をするルアーに変えたりしながら魚の食性に働きかけてポツリ、ポツリ
、、、ただ、アクションをガラッと変えたからスイッチが入るってわけでもなく
依然渋い状態まま、、、魚自体がダラけてしまって動かないっ!

また、驚く事に入れるスペースがどこにも無くて背後には結構な数の釣り人が
どこか空かないか?と何時間も前から待たれている状態が続いており、
午前11時前、O本先生と今朝はさっさと見切りを付けようとなりました。


数はそれなりに釣れましたが大型はゼロ。(泣)





今回は帰り際に現地で全ての魚を締めてから帰りましたが、ご覧のよ~に
一部マダラなツートンカラーに、、、やっぱりニジマスはウロコがほんの少し
しかないので容量の小さいクーラーの中で魚と魚が擦れ合っていると
ど~してもこ~なっちゃうんでしょうかねぇ。

まっ、見た目だけで鮮度については問題無いので良しとしましょう ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62SUL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000S
■ ライン: サンヨー・アプロードGT-R トラウトエディション 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 3lb.
■ ルアー: スプーン 1.6~2.5g


「大賑わいやね!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR