FC2ブログ

えっ、ダートで釣れない、、、 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場







午前5時45分、釣り場到着&即釣り座を確保すべく荷物を運び込むも、、、
今朝も平日にも関わらずすでに先客が10人以上も!?主にエサ釣り専用区画の
方でしたので何とか入りたい位置は確保できるも常にここは繁盛してます。


今日こそオープンの午前7時ギリギリまで車内でゆっくりしようと決めていた
のに、あはは、ど~してもみなさん次々と突入していかれるのを見てると
なぜか焦ってしまい結局20分前には釣り座に入ってセッティング開始&
缶コーヒーを飲んでるうちにオープンとなりました。

天気予報でも表示されていたよ~に今日はめちゃくちゃ暖かい1日になるみたく
早朝の時点で薄手の防寒着でさえ必要無いかも!?とまで思えちゃう程の暖かさ
、、、このままじゃきっと大嫌いな蚊など虫がわんさか飛び交うよ~になる
可能性大なので少しでも風が吹いてくれる事を祈りましょう。(爆)

ここでは自分でバーベキューセットなどを持ち込んで釣った魚を焼いたり、
それこそ肉や他食材までわんさか持参して本格的なバーベキューパーティーを
しても全然オッケーな場所なのでエサ釣り専用区画では釣りよりも先に火を
起こすなどみなさん朝から頑張っておられますねぇ~。





太陽が差し込めるまではそこまで高活性でもなくポロポロ釣れる感じだった
ものの、放流が入ると毎度の如くアタリが連発し始めます!


ジリリリ~ッ


バシャバシャ、ジイイイッ










この時間帯はわたくしめのこだわりもありスプーンオンリーで戦う事にしており
、他のタイプのルアーは一切投げません。

自分自身で精密なレンジキープをおこなわないといけなく、リトリーブスピード
でもアクションが異なってくる、、、当然ながらそれらによって魚の食いも
違ってくるスプーンをマスターしようと思えばネイティブフィールドが皆無に
等しい関西圏では唯一エリアしか練習の場はありませんからねぇ。


ただ、今朝はオープンする頃にはルアー専用区画もルアーマンがビッシリとなり
魚もどこへ泳いでも常にルアーが飛んでくる状態&フッキング後のやりとりや
バラシも含め週末みたく相当なプレッシャーが掛かったのか?あっという間に
食いが渋くなってしまいました。


午前8時半頃には魚は見えてても全く食わない状況に、、、







「北田原ます釣り場」


ここでいよいよ沈黙を破る為の秘密兵器!ダートマジックの登場でございます。

ピンク色のPEラインを巻いたタックルに持ち替えてファイヤ~ 着底したら
ト~ン、ト~ンとリズミカルにトゥイッチを加えながら底を跳ねながらダート
させてくると突如、


ジリリリッ!


次の瞬間ふっと軽くなってバラシ、、、

1投目からアタリが出たのでこれはまた入れ食い!?な~んて喜んだのは束の間
、、、2投目以降全くアタリも出なければ見向きもしてくれません。この時は
わたくしめにはその理由がサッパリ分からない状態でひたすらキャスト&
トゥイッチを繰り返し魚の食性に働きかけましたが、どれだけ投げてもダメ。

後で帰宅後ネットでいろいろ調べてみると分かったんですが、ダートマジックは
魚が底にへばり付いてよ~な状況下において非常に反応がいいよ~で、
そ~いえば前回爆釣した時も魚は底であまり広範囲に移動せずじっとしてた
よ~な状況でした。それに対して今朝は魚は中層よりはやや深め?底まで
いかないレンジをウロウロ活発に動いておりました。


これが反応が悪かった主な原因なのかど~かは断定できませんけど、再び
スプーンにチェンジしてみるとあっさり食ってきたりとまた頭を悩まさないと
いけない難題にぶつかったよ~な気がします。(笑)





そして、撤収時刻と決めていた午前11時までスプーンでしつこく粘って
何とか数匹追加してタイムアップ、、、

終わって数えてみると2桁台にはいってたものの、もっと釣れる?釣るつもりで
今朝ははりきって来てたのもありどこか不完全燃焼?納得のいかない釣果と
なったかな。極めよ~と思えばエリアトラウトもとことん奥が深く難しいという
事を実感させられた朝でした、、、


中層付近に浮いてる魚を釣る為にはやっぱりスプーンで粘るかクランクベイト
など他のプラグを導入するしかないのかもなぁ~。あはは、そんな事言いながら
単にJCAのダートマジックの操り方が未熟なだけなのかもしれませんけど!







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62UL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000HGS
■ ライン: ヤマトヨ・ファメル トラウトPEエリア 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 4lb.
■ ルアー: ジャクソン・ダートマジック DM3


「練習あるのみ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ジャクソン「ダートマジック D3」


まずはお試しとゆ~ことで3個のみ、それも食い渋った時によく用いるペレット
カラーを主体に購入し実際にエリアで使ってみたところ、、、これがまさに
ビンゴ!スプーンじゃほとんどスルーされるよ~になった激渋コンディションの
中、再び狂ったよ~にアタリが連発し期待してた以上の釣果を叩き出してくれた
あのルアーを早速大量に仕入れてみましたっ ♪

ネットでポチッとしていくうちに前回気付かなかったカラーラインナップがある
のにも気付いてこれらも次々とポチッ!人気カラーはすでに在庫数があと1個
のみだったりするも、とりあえずロストした時の事を考えて最低各カラー2個
ずつショッピングカートに入れてゆきました。





ジャクソン「ダートマジック DM3」


届いてみると結構な数になってましたが、一応現時点で市場に流通している
カラーはこれでほぼ網羅できたかな?と。

ネイティブとエリア、、、フィールドは違えど狙うターゲットは同じトラウト
なのでカラーバリエーションも定番のアカキン、チャートヤマメ、ピンクグロー
、シルバーパールからエリアならではのカラシ、ライムペレット、オリーブ、
他にはストロベリーなど面白いカラーリングの物までどれも魚のみならず
人間まで誘惑してくるカラーばかり ♪

タダ巻き時は水平姿勢を保ちながらレンジキープリトリーブができ、トゥイッチ
を加えた途端に左右に逃げる切れ味の鋭いダートアクションを生み出す何とも
不思議なルアーでスプーンに反応しなくなってきた時に効果てきめんでした!


3gと5gの2種類がリリースされており、エリア用としては3g、43mmの
モデルがメインで5g、50mmモデルの方はネイティブトラウトやソルト用
に使われる事が多いよう。









初回購入時はどれも食い渋る時に有効とされるつや消しブラウン系カラーばかり
にしたんですが、それでもコンスタントに釣れ続けてくれましたから更にカラー
ローテーションができるよ~になればもっとアツくなるのでは!?

そう思い派手系から地味系まで揃えてみました。


ただ、JCAがエリアに通う最大の目的はスプーンの操作技術を向上させたい
にある為、できるところまでスプーンで頑張ってこれ以上太刀打ちできないと
判断した時にようやくこのダートマジックを登場させる、、、こ~いった感じで
いきたいと考えております。


がっ!


きっと食い渋ってきたら即行こちらにチェンジするよ~な気がします。(爆)

だって~、やっぱりアタリが多く、釣れてくれる方が絶対楽しいですからねぇ。
なのでダートマジックではトゥイッチおよび不規則な動きを演出させる練習?
みたいに新たに目標を付け加えてやっていこ~と。







全てを開封してワレットポーチに収納してしまうとどれが使いさしでどれが
未使用なのか分からなくなってしまうのでまずはすぐにでも使ってみたい
カラーを何種類かチョイスしてエリアに持ち出してみましょうか~。




「マジシャン?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

まさにマジック!? 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場


午前6時半を回ると車内で待機されていたみなさんが次々と外に出てきて防寒着
を着たりと突入準備が始まります。JCAも場所確保した後、少し休憩しようと
車内に入るも10分もしないうちに車も増え、そしてみなさん突入準備に
入られますから気持ち的に忙しなく、結局つられて戦場へ突入。(笑)

突入時はまだキャップライトが無いと手元が見えづらい状態でしたが、15分も
すれば明るくなって不要に。竿を継いでガイドにラインを通し、スナップ&
ルアーを付け終える頃には開始時刻、午前7時になりました。









今まで竿はいつも1本のみしか持参しておらず、ベテランの方々が常に複数本
持参しているのを見てていろんな面で使い分けをされてるんだなぁ~と思って
おりましたが、食い渋る状況になった際に導入しよ~としているルアーは機敏な
アクションを演出する為にできる限りティップが硬めな竿でラインは高感度の
PEがお勧めとあり今回から2本持参致しました。

ナイロンとPE、これまでエリアトラウトでも両方使い比べてみるもスプーンを
メインにやりたいわたくしめにとってはナイロンの方がトータル面において
やりやすいと感じており、PEを投入するのは久しぶり。

まっ、ほんとはその日の気象および戦場コンディションに応じても使い分け
するのがベストなんでしょ~けどねぇ。


朝マズメから放流後1~2時間は基本、魚の活性が高くなるはずなのでまずは
いつも通りのメインタックル、イエローカラーのナイロンライン&スプーンの
組み合わせで攻撃開始。


フワッ、ジリリリ~ッ!


数投目でリトリーブ中の一瞬ラインが弛んだと思えばフッキング。





放流前の活性はその日によって食う時とあまり食わない時があるものの、やはり
朝マズメとゆ~のはどんな魚にとっても捕食タイムなのかフッキングまで
至らなくても興味だけは高確率で示してきますねぇ。

何度か咥えた直後に離すといったバラシも起きるも退屈しない程度にヒットして
くれてお待ちかねの放流タイムとなりました ♪


毎朝一度だけ行われる放流、エリアの何ヶ所かでドバ~~~ッと魚が入れられ、
その動きを観察してると最初は群れを成したまま近くを警戒するかのよ~に
ウロウロしてますが、急にスイッチが入ったかの如く狂ったよ~にルアーを
追い掛け始めます!


ジイイイッ


ジリリリリリッ


ゴツン、、、ゴン、ジリリリ~~~ッ!









教科書通り放流直後はゴールドやシルバーといった派手系のアピールカラーに
次々とアタックしてきて、キャストして着水&フォール中にすでにアタって
きてるなど激アツタイムが続きます!

もちろんいつまでも続くわけがなく、徐々に魚がルアーを見切ったりして食いが
落ちてくるので飽きさせないよ~に頻繁にカラーローテーションをしながら
できるだけ長く魚の興味を惹いていかなくてはなりません。

今朝は結構長続きしてくれるも、やはり午前9時までには完全に一段落ついて
マンダムタイムに、、、


ほんと面白いくらいピタリと止まってしまい、さっきまでの活性がウソだった
かのよ~に思えてしまいます。シャローエリアでは魚が群れて泳いでいるのが
見える為、その周辺をレンジを変えたりしつつスプーンを通してみるも目の前を
通過しても一切見向きもしてくれないんですよね~、、、(泣)

お隣の方ともずっと話をしながらやってきてますが、急に止まってうんとも
すんとも言いませんねぇ~と。ミノーにクランクベイト他、様々なルアーを
投入されて探っておられますが、たま~に追い掛けては来るもののバイト
まで至らないよう。





そんな激渋コンディションと化した中、いよいよ例のルアーの出番です。


前回こんな感じでマンダムタイムに突入した後はスプーンをただリトリーブ
してるいわゆる横の釣りには全く反応が無くなってしまい、試行錯誤する中で
ピョンピョンと同じ位置で跳ねさせるなど縦釣りの要素をちょこっと加えて
やる事により魚が興味を示しだしたのがきっかけで購入してみたダートマジック
、、、果たして効果はあるのでしょうか?

ドキドキしながら初キャスト ボトムまで完全に沈めてからリズミカルに
トゥイッチを加えながら不規則に跳ねるダートを演出してゆきます。


ジリリリッ!?


なんと1投目からすぐ魚の白いお腹のシルエットが見えたと思えばヒット!





こんな簡単に釣れちゃっていいの~?と思いつつも、まぐれという可能性も
ありますから引き続き集中しながらトゥイッチ、トゥイッチ、、、一連の動作の
中で生まれる糸フケを少しずつ取りながらリズミカルに、、、そして時々
そのリズムをわざと崩してみたりすると、

魚が何度がゴツン、ゴツンと頭突きでしょうか?とにかく興味を示して
アタックしてきている振動が手に伝わってきます。


だんだん手首の動かし方にも慣れてくるとそれに呼応するかのよ~に、アタリが
一気に増えて放流直後と変わらないくらい頻繁に魚がヒット!









ピョン、ピョンと小刻みに跳ねさせながら時折ピタッと止めて、少し間合いを
置いてから再び動かすなど不規則な動きに非常に反応が良く、跳ねてから
フォールしてる間、またはボトムから跳ね上がる瞬間にアタックしてるパターン
がほとんどですねぇ ♪

発売からもう何年も経っておりある意味メジャーなルアーなのかもしれませんが
、実績ルアーだけあって今もなお食い渋る状況下においては効果抜群!しっかり
魚の興味を惹いてくれましたっ。

アクションが少し異なるだけなのにここまで魚の反応が顕著に違うなんて、、、
改めてルアーフィッシングもめちゃくちゃ奥が深いと感じさせられました。
あはは、ってゆ~か置き竿スタイルの大物投げ釣りと比べると確実に個々の
技術が求められるルアーの方が奥が深く難しいんでしょうけどねっ。(爆)


午前11時、そろそろ撤収しようかと考えながら辺りを見回してみるといつの間
にか閑散と、、、早朝は平日にも関わらずビッシリ釣り人が並んでましたが、
マンダムタイムに突入して以来、1人、また1人と撤収されてゆかれました。







「北田原ます釣り場」


週末になると遠方からもたくさん来られ、関西圏以外のナンバーも含め2ヶ所
ある広い駐車場はビッシリ状態になるココ、、、ラッキーにもわたくしめの家
からだと早朝なら30分前後、昼間でもどれだけ混雑してても1時間掛かり
ませんから非常にアクセスが良いエリア。

今もなお中国からの輸入規制だの何だので大物投げ釣りのメインエサの1つでも
あるマムシが無い状況下、ネイティブトラウト作戦開幕に向けてのちょ~どいい
練習になっております ♪

昨シーズンより今シーズンは更にいい釣果を出したいっ!と望む限り、技術面も
少しずつ高めていかないと進展はありませんからねぇ。


正午キッカリに終了し、午後13時にはすでに近所の方々がお裾分けを取りに
来られている感じとなりました。ニジマスも超~美味しい魚で人気があるので
、毎回即行無くなってしまいます。





釣果の半分以上が激渋タイムになってから撃沈したもの ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62UL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000HGS
■ ライン: ヤマトヨ・ファメル トラウトPEエリア 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 4lb.
■ ルアー: ジャクソン・ダートマジック DM3


「ダートマジック!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

感度を最優先するならPEライン


1つ前のモデル用となる為、新品在庫としては入手困難かも?な~んて
思いながらネットで検索してみると、即!欲しかった物が出てきまして、
即!ポチッとしたJCA。(笑)

さすが人気シリーズだけあって、とっくにモデルチェンジしたとはいえ
まだまだ需要があるみたく市場流通量も投げ釣り用と比べると遥かに
たくさんあるんでしょうねぇ。

これまた即!自宅に送られてきましたっ。







シマノ「'14ステラ C2000S スプール」


久しぶりに替スプールを購入したよ~な気がしますわ~。

投げ釣りの方でも一通り揃っている事もあり、替スプールはあまり購入する
機会が無く、今考えてみれば近年替スプールを買ったとなると、そのほとんどは
トラウトルアー用の物ばかりかも?(笑)

今回仕入れたのは前モデル、2014年リリースされたステラの替スプール
でしてこのリールは主にエリアトラウトこと管理釣り場で使用している物に
なります。斜めに入るゴールドのスリットなどデザインは現行のステラより
スタイリッシュかつ高級感があって個人的には未だこっちの方が好きかな。


でも何で今さら替スプールが必要?


実はわたくしめがエリアトラウトを始めた時はアタリが感じやすいからと当時
使ってたリール、アルテグラにはPEラインを巻いていたんですが、そこから
少しずつやっていくうちにナイロンラインの良さにも気付き現在愛用している
2台のステラ2000番にはいずれもナイロンラインが巻かれている状況。

もちろんこの仕様で全く支障無く楽しめてはいるものの、経験を積むと共に
少しずつでも技術面も向上させていかないと通っている意味がありません。
そんなわけである技術を新たに習得しようと思い、それに適したタイプのルアー
を購入 同時にそのルアーを思い通りに操る為にはナイロンより伸びの
少ないフロロカーボンやエステル、PEなんかがお勧めとあり今回替スプール
を追加する運びとなりました。

あくまで今後もメインはナイロンラインでと考えており、この替スプールが
登場するのは魚がだんだんスレてきて食わなくなった状況下!





早速、一緒に購入した0.3号のPEを巻いてみましたっ。

ど~してもエリアトラウトではラインの動きや弛みからアタリを読み取る技術
が求められるので視認性の良いカラーをチョイスしました。


あっ、このPEのラインシステムを使って操ろうとしているルアーも手元に
ありますからアップしておきましょう!

ノーアクションと足の長いダートで捕食本能とリアクションバイトの両面から
ターゲットを刺激してバイトに持ち込み、タダ巻きで水平姿勢を保ちレンジ
キープも容易にこなすワームのよ~なノーアクションプラグ。


えっ、ノーアクション!?


アクションしないの?というのはあくまでタダ巻き時のみで、トゥイッチを
加えると左右に逃げる切れ味の鋭いダートを見せる魔法のプラグと
あるルアーがこちらになります。





ジャクソン「ダートマジック」


管理釣り場専用モデルなのでサイズは小型の43mm&ウエイト3gの
シンキングタイプ。3g!?って思っちゃいますけど、フレッシュウォーター
ですしこれだけあれば十分すぐに沈んでくれますねぇ。

先日、ホームグラウンドへ行った際に食い渋る時間が延々と続く中、一体
ど~やったら食性に働きかけれるのか?と試行錯誤 ボトム付近を小刻みに
ピョンピョン跳ねるよ~な動きを演出していると一部の魚が興味を示しだした
のと、最終的には60cm近い個体が食ってきたりでこの動きをマスターすれば
マンダムタイムの突破口が開けるかも?と思い揃えてみたってわけです。


それにしてもヘンテコな形をしているルアーですよね~。(笑)







「魔法のプラグ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

59cm ニジマス撃沈! 兵庫県・猪名川町 / 北田原ます釣り場


今朝は一番乗りできた~ ♪ ルンルン気分でクーラーを持って場所取りに入って
みると、な、なんとすでにランディングネット&スカリを1セットとして人気の
場所からずら~~~っと7セット並んでいるではあ~りませんかぁ!


WHY!?


駐車場にはわたくしめの車のみしか無かったはずなのに、、、

仕方ないので最後の1セットの隣に陣取って駐車場に戻りしばし車内で暖を
取っていると、オープン直前の午前6時50分頃に次々と車がやってきて挨拶を
しているとど~やら彼らが持ち主のよう。聞けばすでに昨夜の仕事帰りから
立ち寄って場所をキープされてたよ~で、こりゃ敵わないわ~と断念。(笑)

まっ、そのピンポイントしか釣れないってわけではありませんしわたくしめ的
にはそれなりに楽しめたらオッケーなので彼らとワイワイ話しをしながら
攻撃開始でございます。


ゴゴンッ、ジリリリ~ッ


1.6gのスプーンでゆ~っくりリトリーブしてるとアタック!





35cm ニジマスがモーニングコール ♪


今朝は1匹目からアベレージサイズの中でも少し大きめな方の個体からスタート
で幸先良いんちゃう!?すぐに同じ位置に打ち返すとスプーンの後を数匹追って
来る魚影が見え、2~3投してるともう1匹ヒット。

超~いい感じなのでまたまた同じ投点&リトリーブスピードで誘いを掛けるも、
あはは、あっという間に見切られてしまったよ~で追っては来る事はあっても
すぐプイっとそっぽを向いてどこかへ行ってしまうよ~に、、、


ここでタイミング良く朝の放流が入り、最初の10分くらいの間は状況はあまり
変わらず反応もイマイチだったのが突如スイッチが入ったよ~で入れ食い
タイムにっ!ただ、今朝はよく反応するカラーとそ~でないカラーとの差が
激しく、かつリトリーブするレンジもボトム付近でないと食ってきません。


ジリリリッ!


バシャバシャ、ジイイイ~ッ









見切られたと感じると即、カラーをチェンジして食性を駆り立てるカラーを模索
しつつ数を伸ばしてゆきます。やはり食い気が立っている時合いなだけに
ビビッド系に非常に反応がいいですねぇ。

それと珍しく放流後には鉄板カラーとされるアカキンを始めとするゴールド基調
のカラーには今朝はイマイチ反応が良くないみたい、、、エリアのトラウトの方
がネイティブより遥かにスレてますからその日によって当たりカラーが大きく
異なったりと見つけるのが結構難しかったりします。

この時合いは長続きはしないはずですから、とにかく今のうちにたくさん釣って
おかないと!と集中しながら打ち返しますが、お隣さんが急にアタリが止まった
とおっしゃったのを機にわたくしめの方もピタリとアタリがストップしてしまい
魚は見えてるのに全くスプーンに興味を示さなくなってしまいました、、、


毎回そ~ですが、ここからが試行錯誤の時間となり、みなさんクランクベイトや
ミノーなど他のルアーにチェンジしたりしながらどれかにまだ反応を示すはず!
と探ります。今朝は魚は完全に底に付いてしまってるよ~で周りを見ている限り
フェザージグ?を使われてる方のみたま~に魚を掛けられている感じかな。







「北田原ます釣り場」


JCA、、、そもそも管理釣り場に通うよ~になったのは今まで全くと言って
いい程やってこなかったルアーフィッシングの基礎知識と技術を向上させる為で
、最終的にネイティブトラウトをメインに狙っていきたい思いからトラウト
という魚に普段から慣れ親しんでおきたいという思いもあったりします。

特にトラウトルアーのメインの1つとも言えるスプーンは単なる金属プレートで
、そのまま何もしないと底に落ちてしまうだけ、、、これをいかに自分の
思い通りに操れるかも重要なテクニックとなります。

そう考えると、レンジを変え、それをキープしながらリトリーブ&スプーン
そのものが持つアクションだけでは一切反応を示さない今の状況下においては
プラスαを加えるといった小細工が必要なのかも?


時間のある時にちょこちょこ見て勉強してたエリアトラウトのテクニック動画
なんかを思い出しつつ、手首を使って不規則なアクションを付けてみますが、
未熟で慣れないだけになかなか、、、





そうこうするうちに見切りを付けられた方々が、頑張って下さ~い!と次々と
撤収してゆかれ、朝イチに居た人数の半分になってしまいました。


時計を見るとあれまぁ!?もう午前10時50分。


わたくしめも午後から予定を入れてしまってるのもあり正午までには撤収しよう
と考えていたので時間があまりありません。朝の時合いが終わって以来、
ず~っと激渋タイムが続いており1匹しか魚を追加できてませんし今日は潔く
この辺で終わりにしようか?

心が折れ始めてきた矢先にチョンチョンと底付近でスプーンを遊ばせてると、
動きによっては時々魚が様子を窺いに来てるよ~に見え、ひたすらその動き
ばかりを意識してやっていると、

どこからともなく大きな黒い影が突進してきたと思えば、


ジリリリ~~~ッ!


ズッシリした重量感と共に強い締め込み!





59cm ニジマス撃沈 ♪


ヒットしてやりとりを開始した途端からもの凄い勢いでドラグを鳴らしてライン
がどんどん出ていったのでこれはデカイ!と確信。バラさないよ~にテンション
を保ちながら、無理はせずにゆっくり弱らせて上げるとGOODサイズ。

エリアトラウトでは3lb.クラスの道糸、号数に換算すると0.8号くらいで
やりとりする為、大物が掛かると超~ヒヤヒヤしますが、このドラグを駆使して
弱らせながらランディングする所にエキサイティングな魅力がありますよねっ。

こ~ゆ~経験のおかげでサーフからネイティブトラウトとやりとりする際も
気分的にかなり余裕が持てるよ~になりました。(笑)


はいっ、ラストにこの1匹で十分満足致しましたぁ ♪









使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ エリアリミテッド S62SUL-F
■ リール: シマノ・'14ステラ C2000S
■ ライン: サンヨー・アプロードGT-R トラウトエディション 3lb.
■ リーダー: ヤマトヨ・ファメル フロロショックリーダー 3lb.
■ ルアー: スプーン 1.6~2.5g


「デカイのいいね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR