FC2ブログ

撤退も勇気だったかも!? 山形県・酒田市 / 酒田離岸堤 (2日目)


午前5時に初日の夜戦を終えて帰還 そのまま“ちょい投男さん”のご自宅
に招待して頂きお風呂に仮眠までさせてもらい正午過ぎに2日目の行動開始
となりました。今夜は最近SurFreyjaに入会されたばかりの秋田県在住の
“ぎっしーさん”が急遽仕事をお休みになり参加されるとゆ~ことで2人共
ワクワクドキドキです ♪

地元で人気のラーメン屋さんでお昼を食べた後、待ち合わせ時間までちょこっと
あったのでスタバに寄って茶~タイム。その間に船頭さんから電話が入って
午後16時出船と話してたのが1時間遅くの午後17時となり、ぎっしーさんに
こちらへ来て頂いて3人でコーヒーブレイクをしてから渡船乗り場へ。

実はですねぇ、、、今日は数日前まで深夜からになってた雨予報が変わって
離岸堤上陸前からすでに大雨!ザアアア~っと叩き付けてくる豪雨に近い雨で
ございます。ただ、風は弱いので渡しは可能となりあとは我らの気合い次第!?

いやいや、もうここまで来ると突入するしかないでしょ!のノリでGO~。(爆)







「酒田離岸堤」


さすがに今日は先端部付近はウネリが強めなのもあり渡せないとなり、
より安全な波止自体に高さがある部分に上陸。

どしゃ降りの中、攻撃準備を整えいざファイヤーしましょう!ってタイミングで
雨が更に激しくなったかと思えば同時に沖から強烈な風がっ、、、予報では
弱いはずだった風は一気に変わって今調べてみると、


風速10m近くに豹変しております。(泣)


とはいえ、もうお迎えは明日の午前5時まで来ませんし、ここはあきらめてと
腹を括ってファイヤー 白波があちこちで立ち始めて荒れ気味の大海原へ
沈めてゆきます、、、ちなみに出し風になる内向きにも仕掛けを投入してみると
こちらは巨大なウミケムシ地獄でちょこっと微妙っぽい、、、

一瞬も止む事無い大雨に打たれながら日暮れ時刻を迎え暗くなってもどしゃ降り
、、、レインウェアを着用しつつ作業をしない時以外はテント内に逃げ込んで
いるもやはりこうも延々に降られると萎えてきます。


昨夜悩まされた小型コガネムシも飛ぶことすらままならなかったのか?
今夜は姿を現さず、そ~いった意味では平和な夜の午後23時、


ジ~~~ッ


今まで一切反応が無かった竿から短いドラグ音が聞こえてきて、





40cm マダイ撃沈。


あ~~~、これで一応ボウズ逃れ。(笑)

もうすでに大雨によって心が折れてしまってるJCA、テントに入って寝ようかと
考えてると群れが回ってきたのか?ちょい投男さんからさっき50cmが
釣れましたよ~と報告があり再び寝てる場合じゃない!と気合い入って
打ち返し~。だけどその後続かず沈黙、、、







午前2時になるとこれまでで最大級の雨雲がやって来たみたくゲリラ豪雨並みの
叩き付ける痛い雨!テントに避難しても地面のあちこちに大きな水溜まりが
でき始めてみるみる浸水してきます。雨雲レーダーではわたくしめらが戦って
いる付近が真っ赤に染まっているのでおそらく直撃を受けているよう。(泣)

一度は気合いが入ってたJCAもこの豪雨で完全に心が折れてしまい、テントの
底に大型ビニール袋を何枚も並べて水をシャットアウト&おやすみ、、、
お二人はそれでも外で戦っておられ凄いなぁ~と思いつつ夢の中へ。


どれだけ寝てたのか分かりませんが、ついにぎっしーさんもやりましたよ ♪
というちょい投男さんの声で目が覚めて早速彼の陣地へ行ってみると
ぎっしーさんの手には43cmの綺麗な個体がっ!





単発なのか?それとも群れが回ったのか?雨風共に激化している今では竿先で
アタリを見る事は不可能な上、ドラグ音もよほど大きい音が鳴らない限り
気付けそ~にない感じ、、、

仕掛けを回収してもエサ取りすら居ないよ~なので、おそらくこれが最後の
エサ交換になるかな?と思いつつ打ち返し1本の糸フケを取った途端に
グイイッとソフトに引っ張るアタリ!?





そ~いえば数時間前にちょい投男さんも1匹撃沈されてましたが、日本海側の
ここらの海域となるとコショウダイの幼魚でしょうか?確かコショウダイだけは
コロダイと異なり北陸近くの海域まで分布があると書いてあるのを以前見た事が
あるよ~な、、、興味本位でキープでございます。(笑)


気付けば大シケ状態になりつつある海、、、


まっ、こんな悪条件下でもなんとか全員が本命を確保できたので良しとするべき
でしょうかねぇ。船頭さんから電話があり更にシケが酷くなるらしく早めの迎え
となったのでそのまま片付け始める事に。





いつも大体、事雨予報が入るとキャンセル or 延期などして可能な限り
雨天は避けるよ~にしてきてるわたくしめ、、、

いや~何年ぶりかに一時も止まぬ大雨の中で釣りをしたよ~に思います。やっぱ
精神的に心が折れそうになるBADコンディション下ではなかなか全力で臨む事
がなかなかできないし、魚そのものの活性もイマイチに思えますよね。撤退も
勇気!と言われるよ~に、今後は更にこ~いった悪天候下での戦いはたとえ
戦場まで遠征してきていたとしてもよく考えたいと思います。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイワ・ディーフロン 船ハリス真鯛 8号
■ 針: がまかつ・ユムシコウジ 18号
■ エサ: ユムシ、アオイソメ


「よ~やるわ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50cm マダイ頭に数釣り、 山形県・酒田市 / 酒田離岸堤 (1日目)


食べる事は物理的に不可能ですが、おいしいという愛称が付けられた庄内空港に
午後12時15分に到着したJCA。

機内で爆睡してる間に入ってきてた相方からのラインによるとど~やらさっき
まで局地的な大雨に見舞われてたそ~で地面は水浸し!だけど一気に涼しく
なってこれから戦場へ向かう身としてはちょこっとラッキーかも?(笑)


まずは戦場近くにあるクロネコセンターに行き事前に送っておいた荷物の
受け取り&昨年訪れた際に食べた銀ガレイの味が忘れられず今回もそこで
昼食を頂き午後15時にはSurFreyja“ちょい投男さん”と合流。

ちゃちゃっと買い出しを済ませた後、午後16時出船の渡船で戦場へ。







「酒田離岸堤」


昨年はめちゃくちゃ暑くて死にそ~だったのを覚えておりますわ。

午前中にまとまった雨が降った上、その後も一帯はずっと薄グレーの雲に
覆われて太陽が顔を覗かせなかった事もあり現時点で23℃と非常に快適な
コンディションでございます ♪


先端付近で攻撃準備を整え、日暮れまでの数時間はマゴチなどフィッシュ
イーターでも釣れないかなぁ~と少量だけ持参した塩イワシを投げてみるも、
これがまた見事という確率!?ほぼ100%の確率で大型エイが掛かってきて
3匹水揚げした段階で戦意喪失 や~んぺ!となりました。(爆)

ここで釣れるエイはどれも巨大なのばかりで80cm枠のタモでも入りきらない
大きさ、、、こんな連中を深い海底から何匹も引っ張り上げてると即行腕が
パンパンになってきます。


そんなわけで全ての竿にユムシ、アオイソメをセットしてファイヤ~&明るい
うちにテントの設営や身の回りの整理整頓をしながら日暮れ時刻を迎えました。


コンコン、ジッ、ジッ、、、


何とも中途半端なアタリが竿先に出てるのでアワせてみると、







48cm マダイの登場。


潮回りが大きい上、先端部で戦ってるのもあり常に仕掛けが左へ、左へと
流されていく中、エサを食べると共にある程度勢い良く走ってくれないと
ダイレクトなドラグ音に繋がってくれませんねぇ、、、

ちょい投男さんにも41cmの個体が来て、続いてわたくしめに31cm、34cm
と小ぶりなマダイがアタック、、、このエリアでは投げ釣りをされる方が少ない
のもあり他に比べると情報が乏しいらしくひょっとしたらド貧果に終わる可能性
も無きにしも非ずですので、とりあえずよっぽどチビちゃんでない限り本命は
キープすることにします。


まだ午後20時にもなってないし、現時点で本命が釣れているのもあり今夜は
熱い夜になりそう!と超~やる気になって打ち返し。たまたまテント内に
置いてあったキンチョールを取り出すべく一旦中に入って整頓をしてると、


ブ~ン、パチッ、パチッ、パン!


ブ~~~ン、ブ~~~ン、パン、パン!?





ぎょえええ~~~!!!


テントにひっきりなしに黒い何かがぶつかり、へばり付いてるなぁ~と思い
中からキャップライトで外を照らしてみると、1~2cm程の小型コガネムシ?
がもの凄い数周囲を飛び回り集まってきてます!

ど~やら明かりと温度の高い物に集まる習性があるよ~でキャップライトの光が
照らしてる範囲に一気に群がってきます!また遠くでは、うわっ!うわっ!と
言うちょい投男さんの声がっ、、、こちらはエサ交換中に急に来襲したみたく
キャップライトに群がると共に服の中にまで入ってきてるとのこと。

こうなってしまうとテントの外へなんて当然出る気にはならず、とにかく居なく
なるまでじっと待つことに、、、


それから約1時間はアタックされ続け、ようやくどこかへ消えてゆきました。


途中、しばしテント内に避難されるも早いうちから再び外に出て戦っておられた
ちょい投男さんの、もう大丈夫!という合図でわたくしめも外へ。後で船頭さん
から聞いた話なんですが毎年7月の今頃は大量発生するらしいんですわ。





今夜は月が無いのでキャップライトが無いと真っ暗、、、


そしてキャップライトを付けと小型コガネムシが襲い掛かってくるとなると
、、、こりゃまさに地獄の一言でございます。蚊とは違うので蚊取り線香は全く
効き目がありませんでしたが、キンチョールは効果絶大でテント内からメッシュ
越しにファイヤーしてると即行くたばっておりましたわ~。

午後22時頃にはどこを照らしても姿が見当たらなくなったので、ずっと放置
してあった仕掛け全てを新しいエサに交換しよ~と回収してみると、


グッ、グッ、ゴンゴンゴン!?


テンションが掛かったと同時に生体反応がっ、





47cm マダイが居食いしておりました。(笑)


いや、居食いとゆ~よりは放置し過ぎてた?って感じかな。

もしかするとドラグ音が鳴ってたのかもしれませんけど、避難中にテント内で
爆睡しちゃってたのもあり気付かないままでした、、、


水揚げしてみるとまだ元気にバタバタ暴れてますし針掛かりしてからそんなに
経って無いはず!、、、となると、潮が満ち込みに切り替わって1時間が経過
した今、時合いが訪れているのかもしれません。

超特急で新しいエサに交換&ファイヤーし、ちょい投男さんと明日の予定や他、
日程調整などの雑談をしてるとどこかでかすかにドラグ音が鳴ったよ~な、、、
鳴らなかったよ~な、、、マダイなら一度きりでは終わらず少しの間合いを
空けてから再び走り出す特徴がありますし速くなりつつある潮流に流されたか、
気のせいだろうと放置。そこから10分くらい経った後、

微妙に竿先が曲がってる感じがしたので竿を持ってあおってみた途端、


グイイイッ!


重量感が伝わりながら頭を振っているよ~な生体反応アリ!







50cm マダイ撃沈。


こやつもドラグ音が鳴ってから釣れた!とゆ~よりは、いつの間にか掛かってた
感じですね。むむむ、釣れてる変わりありませんからワガママは言えないん
ですけど、やっぱりマダイ作戦となると闇を切り裂くスリリングなドラグ音で
ドキッとさせられたいものですよねっ。(笑)


次こそはドラグ音を!そう思いながら打ち返し、片付け作業に取り掛かった
午前4時過ぎまでにポツリ、ポツリのペースで30cm台のマダイが3匹。

残念ながら期待してたドキッとさせられるよ~なドラグ音は聞く事ができない
まま初日の夜は明けてゆくのでした、、、





お土産はたくさん確保できたんですけどね、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイワ・ディーフロン 船ハリス真鯛 8号
■ 針: がまかつ・ユムシコウジ 18号
■ エサ: ユムシ、アオイソメ


「大型来ないねぇ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

45、44、41cm マコガレイ撃沈 ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


近くで粒子の細かい土砂を扱う作業をされててもありがたくもいまだ無風状態が
続いている為、恒例の砂塵も一切飛んで来ないで非常に快適な2日目を
迎えられているJCAでございます。

午前8時に初日の釣果写真を撮りそのまま撃沈したマコガレイとアイナメを
捌いてサクに~ ♪前回より遥かに数が少なかったのもありあっという間に終了
その間放置してあった仕掛けを順に回収してエサ交換と思っていると、


あれまっ!?









45cm マコガレイを頭に4匹も居食いしてましたわ~、、、


ちょ~ど朝イチに幾つか針先が鈍っているのに気付き交換したばかりの
新作仕掛けにアタってきてましたよぉ!

昨年末くらいから記事でもちょこちょこ書いてましたよ~に、今シーズンから
また新しいカレイ仕掛けの創造にも力を入れていこうと考えており、
その出来上がって間もない試作品を本遠征からテストを兼ねて導入して
おります。やはりどんな物でもこれで完璧!とならず常に改良を加えたり、
発展させたりする事が大事ですよね。

とりあえずキャスト時をはじめ諸々の動作上での絡みトラブルという点では
難なくクリアーしてそ~ですわ ♪


昨日の戦場到着後、午後からは結局いつも通りアタリの遠いデイタイムを過ごす
事になりましたが、今朝は活性が高そうなので予定してた午前10時キッカリの
日帰り温泉は止めてアタリが遠退くまで攻撃続投してみましょう。


クッ、クッ、クゥ~~~ッ!?


たまたま見てた竿先に鮮明なアタリが出て、







44cm マコガレイ撃沈!


一晩中必死で戦っても40cmオーバー1匹にすら巡り合えなかったのに、
2日目の今日は午前中から大型が連発して超~いい感じ ♪

このままず~っと釣れ続いてくれないかなぁ~?と“ちょい投男さん”と期待
しながら積極的に打ち返しをするも、あはは、あっさり?1時間もしないうちに
アタリはピタリと止まってしまいマンダム、、、おまけにエサ取りの小さいハゼ
やカニが目立ち始めたのでここで一旦中断、

交代で日帰り温泉&買い出しに向かう事にしました。


JCAがお先に行かせてもらい、続いてちょい投男さんが、、、そしてお戻りに
なってから朝に捌いたマコガレイを使って昼食でございます。今回はまた少し
違ったメニューにチャレンジしてみましたが、それはまた後日に置いといて、
仮眠を取りながらも引き続き仕掛けは海に投入&スローペースで打ち返しを
するも午後からはほんとに渋くなっちゃいました、、、それこそあれだけ居た
ヌマガレイも1匹も見かけません。(笑)

最高気温も17℃まで上がってポカポカ気持ちいい昼下がり、、、どれだけ
頑張ってもアタリすら無いのでわたくしめも途中、戻った車内でいつの間にか
爆睡モードに入ってしまいました。







「むつ小川原港」


すっかり日が陰ってきたなぁ~って中、目覚めるともう午後17時前!?

実際のところ1時間ちょこっとでしたけど十分睡眠が取れた~と思える程、
心地良い時間を過ごせてたみたい ♪ 短時間でもスッキリですわ。


朝からすぐ近くの護岸に入港し作業を行ってでっかいクレーンを搭載した台船が
1日の作業を終えて再びどこかへ戻って行ったのを機にちょい投男さんは台船が
停泊してた部分が気になると移動され今夜は2ヶ所に分かれての戦いに。


夕マズメは期待できないと思い込んでたJCAですが、ところがどっこい!
太陽が西の空にもう少しで消えるってタイミングで一気に時合い突入となり
アタリが連発 ♪ 再び重量感溢れる締め込みと共に、









41cm マコガレイ混じりで3匹撃沈です!


離れた所のちょい投男さんもさっきから急に忙しなく動いてらっしゃるので
おそらく同様にアタリが続いているものと思われます。

まずは自分自身の仕掛けを全て打ち返してからちょい投男さんの所へ様子を
見に行ってみると、ちょ~ど40cmの個体を水揚げされたとこで炎の血が
流れるおニューのライフジャケットと共にカシャっと記念撮影!





聞けばさっきから忙しなくされてたのは陣地から左斜め方向に投げると
相当エサ取りのハゼが湧いてるみたく竿先にすぐ超~微弱なアタリが出て
素バリになっちゃってしまうそ~な、、、だからと言って針の号数を下げるのも
微妙だしウミケムシの嵐よりはよっぽどマシですわ~とおっしゃりながら
機械の如くテキパキ打ち返されてます。


そして日は完全に暮れて真っ暗に、、、


でもこの護岸ではオレンジの常夜灯が夕方から午後22時まで点いてくれるので
まだ戦い易い方かも?せっかくなら夜中じゅう点灯させてて欲しいものの、
時間が来ると情け容赦無しに一斉に消えちゃいます。(爆)







昨夜と同じか約1時間程遅れて食いが立つはず!と予想は的中で暮れてしばらく
止まってたアタリがほぼ同じ時間帯になると再び活性化 ♪

また今夜はエサ取りのカニがお盛んなよ~で頻繁にエサチェックをしないと
知らないうちにエサがほとんど無くなってしまってたり、アオイソメが真ん中で
真っ二つにちょん切られてたりと邪魔をしてきます。

そうこうしてる間に2匹もハリスが足に絡まって水揚げされてきたりと
シオマネキの如く相当数が海底に居るんでしょうねぇ。


だけどエサ取りが多かろうが少なかろうが最後の夜になるので悔いを残さない
よう1時間おきだったアラームを40分おきに変更してとにかく攻めの釣りを!
その甲斐あってここでは珍しく竿先ライトでアタリを取って数匹を撃沈。


コンコン、、、バタン、バタン


グイイイ~ッ!







時にダブルで掛かったりと嬉しい思いもさせてくれるんですが、デイタイム
みたくな大きな個体は全く混じってこないんですわ~、、、

全体的に少々小ぶりな個体が多く昨日同様20cm台の元気な個体はリリース
しながらアベレージに近いサイズのみクーラーにキープしてゆきます。今思えば
昨夜も似たよ~な感じだったのかも!?となると今回は型物はデイタイムの方が
良かったという実績データーになりますねぇ。


午後23時頃まではポツリポツリとコンスタントに釣れ続いてたのに日付が
変わるとアタリは激減&あれだけうるさかったはずのカニたちもコラボするかの
よ~に鳴りを潜めてしまったのでアラームを再び1時間間隔に戻して攻撃。

車内で20分単位程度で数回仮眠?いや、睡魔に負けて落ちてしまってたものの
夜明けまで頑張れたつもりではいますが、結局丑三つ時から夜明けにかけては
リリース対象としていた20cm台の個体が圧倒的に多くなりキープ数は
それほど伸びる事もせずフェードアウト終了。





今回も最大45cm止まり、、、


今シーズンこそは数年ぶりにゴーマル・マコを~と夢見ておりましたが、また
来シーズンまでおあずけとなりましたぁ。(爆)




「癒しのカレイ場」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

やっと?45cm マコガレイ、 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)


路肩にはそれなりに雪が残ってても走行車線に至っては山間部を含め全行程
ドライなアスファルト状態でめちゃくちゃスムーズに戦場のある太平洋側、
「六ヶ所村」までやって来れました。

午後13時半過ぎに到着するとそこには庄内ナンバーの車がっ、、、横に
車を止めて車内を覗いてみるとSurFreyja“ちょい投男さん”が気持ち
良さそうに爆睡中!?昨夜はお仕事が終わられてその足でこちらへ向かわれた
みたく一通りタックルを並べられた後は仮眠を取っておられたようです。

いや~、JCAの中では山形県も同じ東北エリアでそこまで遠くないよ~な
イメージがあったんですが、聞けば何だかんだでここまで休憩時間を入れて
5時間少々掛かったそ~な、、、ちょ~どわたくしめの地元から宇和海へ
行くのと同じくらい距離があるみたいですわ。







「むつ小川原港」


一面雪に覆われて真っ白&極寒だった3週間前とは一転し、完全に雪も
解けてごくごく普通な護岸に戻っております。(笑)

フラットコンクリートに見えて微妙に段差があったりするここはまとまった雨が
降るとすぐ大きな水溜まりができてしまいエサ交換時や投げる際に邪魔になるん
ですが、ここんとこは晴天続きだったのか?水溜まりも皆無なら例年今時期の
定番でもある突風混じりの断続的北西風も無く無風状態!まさに訪れた
タイミングとしては過去に無い程ベストと言えます ♪


タックルを組み終え、ちょい投男さんに状況を伺ってみると少し前に塩イソメ
を付けてほ~り込んでたら2匹釣れたとの事で通常微妙なデイタイムも食って
くるのであればいい感じちゃうん!?と早速2本だけ仕掛けを投入してみます。


放置したまま久しぶりの再会でワイワイ盛り上がること2時間、、、1時間前に
仕掛けをサビいてみたりと一度反応を確かめて今度はエサが残っているか?
2本共回収してチェックしてみますがそのまま、、、お隣で同様の作業を
されてたちょい投男さんの方も異常無し、、、

やはり渋いね~となり、ここでお互い食料の買い出しに行く事に。


その後も引き続き仕掛けは投入しておくも結局アタリはゼロでした。







何がスイッチなんでしょうか???

夕マズメですら何もアタらなかったのに真っ暗になった午後19時頃から急に
食いが立ち始めたんです。

もう何年間も通ってますが、潮の干満や他一般的に時合いを読む為の要素と
照らし合わせてみてもここだけはあまり関係無さそ~で、唯一トリガーと思える
のは暗さのみ、、、なんせ他の戦場でカレイ作戦となるとまず朝マズメから
デイタイムをメインに夕マズメまでって印象が強いのですのでねぇ。


ググググ、グゥ~ッ


ブルッ、ブルッ、ガンガンガン!


完全無風状態なので竿先に出る微弱なアタリもしっかり確認できます。









アタリは午後21時過ぎまでコンスタントに続きこの調子なら前回同様数釣りが
楽しめるのでは?と期待するも午後22時にはピタリと止まってしまいマンダム
、、、まっ、今回は今年2回目とゆ~ことでどちらかと言うと数釣りより一発
デカいのを夢見てやってきてますから全然釣れ続かなくてもいいんですが
今のところサイズも35cm前後のアベレージばかりでど~もイマイチ、、、

あと3週間経っても変わらずここの戦場においては小さめな20cm台の個体も
多く、今回は針を飲み込んでしまいアウトな個体除いて基本全てリリースし
アベレージサイズ以上をキープするよ~にしていこ~と考えております。


いつも通り1時間おきに携帯アラームをセットし、それを目安にエサチェックを
行う特有の夜戦パターン、、、ちょい投男さんが車内で爆睡モードになられてる
間もひたすらアラームに準じて打ち返しをするも翌午前2時までに撃沈できた
のは2匹のみ。想像してたよりかなり渋いかも?

明るいうちに戦場周辺を歩いてみるとおそらく三脚の重石用?に持ち込まれて
そのまま放置してある大きな石が複数個あったり、まだかなり新しい仕掛けや
ラインの切れっ端が至る所に落ちてたりと直近で釣り人が入っていた事が
分かりますしもしかしたら若干釣り荒れ気味?かもしれませんねぇ~と話して
おりました。でもまぁ、それでも魚影の濃い場所ですからポテンシャルを
信じて攻撃続投していると午前3時のアラーム後のチェックで、


グググググッ!


プルプルッ、ブルルッ?







あはは、外道のドンコの群れが回ってきてたのか?複数本の竿に掛かっていた
のと共に本命も数匹水揚げ~ ♪ ちょい投男さんは一度もドンコを召し上がった
事が無くキープされるとのことで、わたくしめのドンコも全部プレゼント。(爆)


そうそう!これは購入してからあまり使う機会が無く、ようやく今回から仕掛け
に組み込んできた物になるんですけど紫外線発光、UV GLOW・ケイムラ仕様
のエッグボール、、、なぜかめちゃくちゃ反応がいいです ♪ 夜戦なので
ケイムラはど~なんだろう?と一瞬考えてしまう所はあるものの、今夜はやたら
このピンクバージョンにアタリが連発!偶然という言葉では片付けられない程、
こればかり選って釣れてきてます。

ど~やらプチ時合いに突入してくれたみたくそれから3時間は仕掛けチェック時
に必ず何匹か付いてるペース!朝マズメに向けてラストスパートをかけながら
結果的には2桁超えとなりましたが、サイズが出ないんですわ~、、、
ここまでの段階で40cmオーバーはゼロ!

厳しいなぁ~と思いつつ朝マズメを迎えそろそろ初日の釣果として一区切り
しよ~かなぁ~と思ってる矢先にバタバタと釣れて、









45cm アイナメ、同サイズの45cm マコガレイも撃沈!


下手すると時々根掛かりしちゃう1ヶ所の大きなシモリ付近からは前回は2匹の
ギスカジカでしたが、今回は40cmオーバーのアイナメが2匹。どっちが
欲しかったってわけじゃありませんけど水温上昇と共にアタってくる
外道の種類も変化してきてるのが窺えます。

午前8時、周囲の土砂積載&搬入作業も開始され1日の始まりを感じさせる
雰囲気になったとこで初日は一区切り、終了となりました。


一番最後に回収した長時間放置竿には特大のミズタコがっ!?







午前10時には日帰り温泉&買い出しに行く予定ですのでそれまでに撃沈した魚
を気合い入れて捌いてしまいたいと思いま~っす ♪




「エイリアン!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

46、43、42cm マコガレイ ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (3日目)





3日目最終日にしてやっと空一面にブルーが広がってくれました ♪

だけど今時期においては、晴れてはいるけど微妙にどこかグレー味掛かってる
なぁ、、、といった印象を受けるお天気の方が多いので今日はこのままスッキリ
と続いて欲しいもの!ちょ~ど越冬しにやって来てる白鳥たちが群れを成して
飛んできて雰囲気も最高です ♪


今日お帰りになったマダイ師匠が午前11時頃に戦場を出発されたのでタックル
を片付けられている間に竿を見ててもらい超特急で日帰り温泉&買い出しを
済ませてきたJCA、これで明日まで何も必要ありませんわ!(笑)

ここ2日間の傾向を見てるとデイタイムはやたらヌマガレイが邪魔しに来る
イメージが強いのであまり本腰を入れずダラダラついでに?的戦術で戦い
ましょう。それに今仮眠を取っておかないとさすがに最終日ですから睡魔が
襲い掛かる中、ちょこっと気を緩めると落ちてしまいそ~ですしねっ。

夜間はエサ・チェックの目安としてアラームを1時間おきにセットしながら
戦ってきてますが、今はとりあえず2時間おきにセットして様子見、、、
マダイ師匠がお帰りになり、その後1回目のアラームではエサもそのまま
何もちょっかい掛けた形跡無し、、、そして2回目のアラームで目覚めた
午後15時半にようやく1本の竿にだけ反応があり、





この方角に俺の切れたPEラインが沈んでるから絡むかもしれんから、、、

そう言い残されてたマダイ師匠のラインを即行回収できました ♪ あはは、
でも意図的ではなく偶然アタリの出た仕掛け回収時に絡んできただけなんです
けどねっ。だけどPEジャングルになる前に回収できて良かったぁ~。

撃沈されてきたカレイも本命のマコガレイと嬉しい限りでございます。


例年より早めに訪れているのもあり、それほどアタリも無ければエサ取りも
おらんやろ~と3日間で余さず使い切ってこれる分量を計算して持参した
アオイソメ、、、エサ取りはヌマガレイくらいしか居ないものの想像以上に
数が釣れて2日間で結構消費しちゃいました。なので遊び感覚で戦っている
デイタイムは遠投用&予備エサとして持参してる塩イソメをメインに投げて
生の方は夜に取っておきましょう。

基本、ここでは北海道と似た所があって生の方が食いがダントツ良いって感じ
でもなく時合いが訪れれば生でも塩でも気にせず食ってくる感じがしますねぇ。
まぁ、ここまで海水温も冷え切っちゃってますからたとえ元気なアオイソメを
投入しても回収時にはダラ~ンと伸びきってほとんど動かない仮死状態に
近くなって返ってきますのでねぇ。(爆)







「むつ小川原港」


あ~~~あ、消えてくれたと喜んでいたはずのヌマガレイは健在でございました
、、、でも何で昼間だけに集中してアタックしてくるんだろう?

一瞬疑問になるも、よく考えてみると日本全国一部の少数戦場を除きカレイ作戦
は一般的にデイタイムがメイン!逆に夜間はたまに釣れたりするけど本州なら
アナゴやゴンズイ、東北以北ではドンゴにギスカジカといった他のうるさい外道
が蔓延っててイマイチな印象があるので、ここは特別!異例な戦場と言えます。

ヌマガレイが明るい時間帯にたくさん釣れてくるのはごくごく普通の傾向となる
のかも?北海道でもよく言われるよ~に極寒時期のヌマガレイは臭みも無くて
美味しいみたいなので1匹興味本位で持ち帰ってみるのも!?

そう思ったりもしましたが、あはは、やっぱ今回はいいかな。(爆)


3回目のアラームが鳴り響いたのは午後17時半。


まさに日暮れ時刻キッカリで外も薄暗くなり再び夜の冷え込みが感じられます
、、、今夜は最後の夜になるのでエサが尽きるまで打って打って、打ち返す
つもりで気合い入れていきましょう。だけどいくら暗くなったとはいえ案の定、
夕マズメはもちろんの事、午後20時過ぎまで全く生体反応が無い無の世界が
続いており、時合いはいつ到来するのか?ひたすら時間の経過待ち、、、









午後21時を回ると風が吹けば100%北西方角からだったのが真逆の南東に
変わり、風速も一気にアップして強風状態に!?天気予報ではすでに風速10m
となってますけどわたくしめの陣地から言えば南東風は出しの風になるので
軽く投げても飛距離が出てありがたい風?

予想以上に急ピッチで風の強さが増してくる為、時折混じる突風でなぎ倒され
ないよ~にまずは三脚から全て北西方向へ向けてしっかり固定&同時に潮が
盛んに動き出したみたく月明りに照らされてうっすらですが、湾奥部にかけて
ぶっとい潮目が形成され始めたのでそこに目掛けてファイヤ~です!


風が激化して車がたまにグラグラ揺れるレベルにまでなり外に出るのが億劫に
感じられる午後22時40分、、、だからといって朝まで放置しておくわけには
いかない!と重い腰を上げてチェックに出ると、


グイイイッ


ゴン、ゴンゴンゴン!









おっ、この1時間の間に時合い突入か!?


42cm マコガレイを頭に2つの仕掛けはダブルと超いい感じ~ ♪ 初日と
似たよ~な雰囲気で一定方角へ投げてる竿には高確率でアタリが出るものの、
その方角を少しでも外してしまうと未だ無の世界継続中、、、

新しい群れが入って来ているのか?再び散ってた群れが徐々に集まって
移動しだしたのか?今夜は分散していないよう。


おそらくカレイは潮の加減に左右される魚ですから少し前からザワつき始めて
いる海のコンディションに呼応しての事かな?改めて潮の干満と照らし
合わせてみると時合い到来時期も潮の動く時間帯と合致してますしねぇ。

打ち返しを終えて車内へ?と思うもふと最初に打ち返した竿が気になって
ちょこっとサビいて誘いでも掛けておこうと持ってみると、

すでに生体反応アリ ♪


グウウッ、グッ、グッ







46、43cm マコガレイ撃沈!


リーリング中に同じ三脚上に置いてあったもう一方のスピンパワーの竿先も
グイグイ叩かれているのが見えたので続いて上げてみると大型連発でした。

最終日の夜にしてやっとこさ大型の群れに遭遇でしょうか!?


食いが立っている時に集中砲火しておかないと後で後悔しますから、
ここぞとばかりに生のアオイソメを房掛けにして積極手に打ち返していると
アタリが遠退いた午前0時までにエサ切れに、、、タイミング良く終了?と
思えばそ~なりますけどもう少しあった方が良かったかも?(笑)

後は予備エサの塩イソメオンリーで戦う事にしますが、この時点で南東風は
ますます激化していつ三脚がなぎ倒されてもおかしくないレベルまで!つくづく
車横付けで助かったぁ~と思いつつ塩イソメをタップリ付けてファイヤ~。


午前1時半のアラームでは疲れと眠気がMAXでパス~となっちゃいまして
、、、あれだけ最後の夜と気合い入れてたつもりが約2時間も爆睡 次に
車外に出たのは打ち返しから3時間近くも経った午前4時前。(爆)









ど~やら止まってたはずのアタリがcome backしてたみたい!


数時間前までみたく大型は混じっておらずサイズはアベレージに戻ってしまった
けど、撃沈 足下の雪の上にほ~り投げていくとこんなにも釣れてました!

似たよ~なサイズの群れの中に大きな個体が数匹で大キスみたく大型から先に
食ってくるという習性が少なからずカレイにもあるとすればこんな感じになる
のかもしれませんねっ。この3日間の遠征は数釣りになっちゃってます ♪


ここからは目も冴えてきたので夜明けまでしっかり打ち返しをしましたが、夜と
共にフェードアウトするかの如くアタリも徐々に少なくなっていって終了。
今回の最大サイズ、46cmを超える大物が姿を現すよ~なドラマも当然無く
ありませんでしたぁ~。(爆)

通い始めた頃には今はもう幻の戦場となっちゃいましたが、八戸港沖の数本ある
沖堤含め実寸でゴーマルってのも見る事ができたのに近年はサッパリですわ
、、、まっ、遠征数日間自体、数日間と限られた時間なので巡り合わせも大きな
要因にはなるんでしょ~けどやはり難しくなってきてるのは確か!

いつの日かまたゴーマルに巡り合える事を夢見て頑張るしかありません。





作戦を終えて片付けに入ると、立っているのも辛いくらい風が強くなってきた
ので、適当に車内にほ~り込んで風の当たらない道の駅?チックな所で
ゆっくり片付け&釣果写真を撮って帰還となりました。




「ゴーマルの壁」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR