45、44、41cm マコガレイ撃沈 ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


近くで粒子の細かい土砂を扱う作業をされててもありがたくもいまだ無風状態が
続いている為、恒例の砂塵も一切飛んで来ないで非常に快適な2日目を
迎えられているJCAでございます。

午前8時に初日の釣果写真を撮りそのまま撃沈したマコガレイとアイナメを
捌いてサクに~ ♪前回より遥かに数が少なかったのもありあっという間に終了
その間放置してあった仕掛けを順に回収してエサ交換と思っていると、


あれまっ!?









45cm マコガレイを頭に4匹も居食いしてましたわ~、、、


ちょ~ど朝イチに幾つか針先が鈍っているのに気付き交換したばかりの
新作仕掛けにアタってきてましたよぉ!

昨年末くらいから記事でもちょこちょこ書いてましたよ~に、今シーズンから
また新しいカレイ仕掛けの創造にも力を入れていこうと考えており、
その出来上がって間もない試作品を本遠征からテストを兼ねて導入して
おります。やはりどんな物でもこれで完璧!とならず常に改良を加えたり、
発展させたりする事が大事ですよね。

とりあえずキャスト時をはじめ諸々の動作上での絡みトラブルという点では
難なくクリアーしてそ~ですわ ♪


昨日の戦場到着後、午後からは結局いつも通りアタリの遠いデイタイムを過ごす
事になりましたが、今朝は活性が高そうなので予定してた午前10時キッカリの
日帰り温泉は止めてアタリが遠退くまで攻撃続投してみましょう。


クッ、クッ、クゥ~~~ッ!?


たまたま見てた竿先に鮮明なアタリが出て、







44cm マコガレイ撃沈!


一晩中必死で戦っても40cmオーバー1匹にすら巡り合えなかったのに、
2日目の今日は午前中から大型が連発して超~いい感じ ♪

このままず~っと釣れ続いてくれないかなぁ~?と“ちょい投男さん”と期待
しながら積極的に打ち返しをするも、あはは、あっさり?1時間もしないうちに
アタリはピタリと止まってしまいマンダム、、、おまけにエサ取りの小さいハゼ
やカニが目立ち始めたのでここで一旦中断、

交代で日帰り温泉&買い出しに向かう事にしました。


JCAがお先に行かせてもらい、続いてちょい投男さんが、、、そしてお戻りに
なってから朝に捌いたマコガレイを使って昼食でございます。今回はまた少し
違ったメニューにチャレンジしてみましたが、それはまた後日に置いといて、
仮眠を取りながらも引き続き仕掛けは海に投入&スローペースで打ち返しを
するも午後からはほんとに渋くなっちゃいました、、、それこそあれだけ居た
ヌマガレイも1匹も見かけません。(笑)

最高気温も17℃まで上がってポカポカ気持ちいい昼下がり、、、どれだけ
頑張ってもアタリすら無いのでわたくしめも途中、戻った車内でいつの間にか
爆睡モードに入ってしまいました。







「むつ小川原港」


すっかり日が陰ってきたなぁ~って中、目覚めるともう午後17時前!?

実際のところ1時間ちょこっとでしたけど十分睡眠が取れた~と思える程、
心地良い時間を過ごせてたみたい ♪ 短時間でもスッキリですわ。


朝からすぐ近くの護岸に入港し作業を行ってでっかいクレーンを搭載した台船が
1日の作業を終えて再びどこかへ戻って行ったのを機にちょい投男さんは台船が
停泊してた部分が気になると移動され今夜は2ヶ所に分かれての戦いに。


夕マズメは期待できないと思い込んでたJCAですが、ところがどっこい!
太陽が西の空にもう少しで消えるってタイミングで一気に時合い突入となり
アタリが連発 ♪ 再び重量感溢れる締め込みと共に、









41cm マコガレイ混じりで3匹撃沈です!


離れた所のちょい投男さんもさっきから急に忙しなく動いてらっしゃるので
おそらく同様にアタリが続いているものと思われます。

まずは自分自身の仕掛けを全て打ち返してからちょい投男さんの所へ様子を
見に行ってみると、ちょ~ど40cmの個体を水揚げされたとこで炎の血が
流れるおニューのライフジャケットと共にカシャっと記念撮影!





聞けばさっきから忙しなくされてたのは陣地から左斜め方向に投げると
相当エサ取りのハゼが湧いてるみたく竿先にすぐ超~微弱なアタリが出て
素バリになっちゃってしまうそ~な、、、だからと言って針の号数を下げるのも
微妙だしウミケムシの嵐よりはよっぽどマシですわ~とおっしゃりながら
機械の如くテキパキ打ち返されてます。


そして日は完全に暮れて真っ暗に、、、


でもこの護岸ではオレンジの常夜灯が夕方から午後22時まで点いてくれるので
まだ戦い易い方かも?せっかくなら夜中じゅう点灯させてて欲しいものの、
時間が来ると情け容赦無しに一斉に消えちゃいます。(爆)







昨夜と同じか約1時間程遅れて食いが立つはず!と予想は的中で暮れてしばらく
止まってたアタリがほぼ同じ時間帯になると再び活性化 ♪

また今夜はエサ取りのカニがお盛んなよ~で頻繁にエサチェックをしないと
知らないうちにエサがほとんど無くなってしまってたり、アオイソメが真ん中で
真っ二つにちょん切られてたりと邪魔をしてきます。

そうこうしてる間に2匹もハリスが足に絡まって水揚げされてきたりと
シオマネキの如く相当数が海底に居るんでしょうねぇ。


だけどエサ取りが多かろうが少なかろうが最後の夜になるので悔いを残さない
よう1時間おきだったアラームを40分おきに変更してとにかく攻めの釣りを!
その甲斐あってここでは珍しく竿先ライトでアタリを取って数匹を撃沈。


コンコン、、、バタン、バタン


グイイイ~ッ!







時にダブルで掛かったりと嬉しい思いもさせてくれるんですが、デイタイム
みたくな大きな個体は全く混じってこないんですわ~、、、

全体的に少々小ぶりな個体が多く昨日同様20cm台の元気な個体はリリース
しながらアベレージに近いサイズのみクーラーにキープしてゆきます。今思えば
昨夜も似たよ~な感じだったのかも!?となると今回は型物はデイタイムの方が
良かったという実績データーになりますねぇ。


午後23時頃まではポツリポツリとコンスタントに釣れ続いてたのに日付が
変わるとアタリは激減&あれだけうるさかったはずのカニたちもコラボするかの
よ~に鳴りを潜めてしまったのでアラームを再び1時間間隔に戻して攻撃。

車内で20分単位程度で数回仮眠?いや、睡魔に負けて落ちてしまってたものの
夜明けまで頑張れたつもりではいますが、結局丑三つ時から夜明けにかけては
リリース対象としていた20cm台の個体が圧倒的に多くなりキープ数は
それほど伸びる事もせずフェードアウト終了。





今回も最大45cm止まり、、、


今シーズンこそは数年ぶりにゴーマル・マコを~と夢見ておりましたが、また
来シーズンまでおあずけとなりましたぁ。(爆)




「癒しのカレイ場」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

やっと?45cm マコガレイ、 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)


路肩にはそれなりに雪が残ってても走行車線に至っては山間部を含め全行程
ドライなアスファルト状態でめちゃくちゃスムーズに戦場のある太平洋側、
「六ヶ所村」までやって来れました。

午後13時半過ぎに到着するとそこには庄内ナンバーの車がっ、、、横に
車を止めて車内を覗いてみるとSurFreyja“ちょい投男さん”が気持ち
良さそうに爆睡中!?昨夜はお仕事が終わられてその足でこちらへ向かわれた
みたく一通りタックルを並べられた後は仮眠を取っておられたようです。

いや~、JCAの中では山形県も同じ東北エリアでそこまで遠くないよ~な
イメージがあったんですが、聞けば何だかんだでここまで休憩時間を入れて
5時間少々掛かったそ~な、、、ちょ~どわたくしめの地元から宇和海へ
行くのと同じくらい距離があるみたいですわ。







「むつ小川原港」


一面雪に覆われて真っ白&極寒だった3週間前とは一転し、完全に雪も
解けてごくごく普通な護岸に戻っております。(笑)

フラットコンクリートに見えて微妙に段差があったりするここはまとまった雨が
降るとすぐ大きな水溜まりができてしまいエサ交換時や投げる際に邪魔になるん
ですが、ここんとこは晴天続きだったのか?水溜まりも皆無なら例年今時期の
定番でもある突風混じりの断続的北西風も無く無風状態!まさに訪れた
タイミングとしては過去に無い程ベストと言えます ♪


タックルを組み終え、ちょい投男さんに状況を伺ってみると少し前に塩イソメ
を付けてほ~り込んでたら2匹釣れたとの事で通常微妙なデイタイムも食って
くるのであればいい感じちゃうん!?と早速2本だけ仕掛けを投入してみます。


放置したまま久しぶりの再会でワイワイ盛り上がること2時間、、、1時間前に
仕掛けをサビいてみたりと一度反応を確かめて今度はエサが残っているか?
2本共回収してチェックしてみますがそのまま、、、お隣で同様の作業を
されてたちょい投男さんの方も異常無し、、、

やはり渋いね~となり、ここでお互い食料の買い出しに行く事に。


その後も引き続き仕掛けは投入しておくも結局アタリはゼロでした。







何がスイッチなんでしょうか???

夕マズメですら何もアタらなかったのに真っ暗になった午後19時頃から急に
食いが立ち始めたんです。

もう何年間も通ってますが、潮の干満や他一般的に時合いを読む為の要素と
照らし合わせてみてもここだけはあまり関係無さそ~で、唯一トリガーと思える
のは暗さのみ、、、なんせ他の戦場でカレイ作戦となるとまず朝マズメから
デイタイムをメインに夕マズメまでって印象が強いのですのでねぇ。


ググググ、グゥ~ッ


ブルッ、ブルッ、ガンガンガン!


完全無風状態なので竿先に出る微弱なアタリもしっかり確認できます。









アタリは午後21時過ぎまでコンスタントに続きこの調子なら前回同様数釣りが
楽しめるのでは?と期待するも午後22時にはピタリと止まってしまいマンダム
、、、まっ、今回は今年2回目とゆ~ことでどちらかと言うと数釣りより一発
デカいのを夢見てやってきてますから全然釣れ続かなくてもいいんですが
今のところサイズも35cm前後のアベレージばかりでど~もイマイチ、、、

あと3週間経っても変わらずここの戦場においては小さめな20cm台の個体も
多く、今回は針を飲み込んでしまいアウトな個体除いて基本全てリリースし
アベレージサイズ以上をキープするよ~にしていこ~と考えております。


いつも通り1時間おきに携帯アラームをセットし、それを目安にエサチェックを
行う特有の夜戦パターン、、、ちょい投男さんが車内で爆睡モードになられてる
間もひたすらアラームに準じて打ち返しをするも翌午前2時までに撃沈できた
のは2匹のみ。想像してたよりかなり渋いかも?

明るいうちに戦場周辺を歩いてみるとおそらく三脚の重石用?に持ち込まれて
そのまま放置してある大きな石が複数個あったり、まだかなり新しい仕掛けや
ラインの切れっ端が至る所に落ちてたりと直近で釣り人が入っていた事が
分かりますしもしかしたら若干釣り荒れ気味?かもしれませんねぇ~と話して
おりました。でもまぁ、それでも魚影の濃い場所ですからポテンシャルを
信じて攻撃続投していると午前3時のアラーム後のチェックで、


グググググッ!


プルプルッ、ブルルッ?







あはは、外道のドンコの群れが回ってきてたのか?複数本の竿に掛かっていた
のと共に本命も数匹水揚げ~ ♪ ちょい投男さんは一度もドンコを召し上がった
事が無くキープされるとのことで、わたくしめのドンコも全部プレゼント。(爆)


そうそう!これは購入してからあまり使う機会が無く、ようやく今回から仕掛け
に組み込んできた物になるんですけど紫外線発光、UV GLOW・ケイムラ仕様
のエッグボール、、、なぜかめちゃくちゃ反応がいいです ♪ 夜戦なので
ケイムラはど~なんだろう?と一瞬考えてしまう所はあるものの、今夜はやたら
このピンクバージョンにアタリが連発!偶然という言葉では片付けられない程、
こればかり選って釣れてきてます。

ど~やらプチ時合いに突入してくれたみたくそれから3時間は仕掛けチェック時
に必ず何匹か付いてるペース!朝マズメに向けてラストスパートをかけながら
結果的には2桁超えとなりましたが、サイズが出ないんですわ~、、、
ここまでの段階で40cmオーバーはゼロ!

厳しいなぁ~と思いつつ朝マズメを迎えそろそろ初日の釣果として一区切り
しよ~かなぁ~と思ってる矢先にバタバタと釣れて、









45cm アイナメ、同サイズの45cm マコガレイも撃沈!


下手すると時々根掛かりしちゃう1ヶ所の大きなシモリ付近からは前回は2匹の
ギスカジカでしたが、今回は40cmオーバーのアイナメが2匹。どっちが
欲しかったってわけじゃありませんけど水温上昇と共にアタってくる
外道の種類も変化してきてるのが窺えます。

午前8時、周囲の土砂積載&搬入作業も開始され1日の始まりを感じさせる
雰囲気になったとこで初日は一区切り、終了となりました。


一番最後に回収した長時間放置竿には特大のミズタコがっ!?







午前10時には日帰り温泉&買い出しに行く予定ですのでそれまでに撃沈した魚
を気合い入れて捌いてしまいたいと思いま~っす ♪




「エイリアン!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

46、43、42cm マコガレイ ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (3日目)





3日目最終日にしてやっと空一面にブルーが広がってくれました ♪

だけど今時期においては、晴れてはいるけど微妙にどこかグレー味掛かってる
なぁ、、、といった印象を受けるお天気の方が多いので今日はこのままスッキリ
と続いて欲しいもの!ちょ~ど越冬しにやって来てる白鳥たちが群れを成して
飛んできて雰囲気も最高です ♪


今日お帰りになったマダイ師匠が午前11時頃に戦場を出発されたのでタックル
を片付けられている間に竿を見ててもらい超特急で日帰り温泉&買い出しを
済ませてきたJCA、これで明日まで何も必要ありませんわ!(笑)

ここ2日間の傾向を見てるとデイタイムはやたらヌマガレイが邪魔しに来る
イメージが強いのであまり本腰を入れずダラダラついでに?的戦術で戦い
ましょう。それに今仮眠を取っておかないとさすがに最終日ですから睡魔が
襲い掛かる中、ちょこっと気を緩めると落ちてしまいそ~ですしねっ。

夜間はエサ・チェックの目安としてアラームを1時間おきにセットしながら
戦ってきてますが、今はとりあえず2時間おきにセットして様子見、、、
マダイ師匠がお帰りになり、その後1回目のアラームではエサもそのまま
何もちょっかい掛けた形跡無し、、、そして2回目のアラームで目覚めた
午後15時半にようやく1本の竿にだけ反応があり、





この方角に俺の切れたPEラインが沈んでるから絡むかもしれんから、、、

そう言い残されてたマダイ師匠のラインを即行回収できました ♪ あはは、
でも意図的ではなく偶然アタリの出た仕掛け回収時に絡んできただけなんです
けどねっ。だけどPEジャングルになる前に回収できて良かったぁ~。

撃沈されてきたカレイも本命のマコガレイと嬉しい限りでございます。


例年より早めに訪れているのもあり、それほどアタリも無ければエサ取りも
おらんやろ~と3日間で余さず使い切ってこれる分量を計算して持参した
アオイソメ、、、エサ取りはヌマガレイくらいしか居ないものの想像以上に
数が釣れて2日間で結構消費しちゃいました。なので遊び感覚で戦っている
デイタイムは遠投用&予備エサとして持参してる塩イソメをメインに投げて
生の方は夜に取っておきましょう。

基本、ここでは北海道と似た所があって生の方が食いがダントツ良いって感じ
でもなく時合いが訪れれば生でも塩でも気にせず食ってくる感じがしますねぇ。
まぁ、ここまで海水温も冷え切っちゃってますからたとえ元気なアオイソメを
投入しても回収時にはダラ~ンと伸びきってほとんど動かない仮死状態に
近くなって返ってきますのでねぇ。(爆)







「むつ小川原港」


あ~~~あ、消えてくれたと喜んでいたはずのヌマガレイは健在でございました
、、、でも何で昼間だけに集中してアタックしてくるんだろう?

一瞬疑問になるも、よく考えてみると日本全国一部の少数戦場を除きカレイ作戦
は一般的にデイタイムがメイン!逆に夜間はたまに釣れたりするけど本州なら
アナゴやゴンズイ、東北以北ではドンゴにギスカジカといった他のうるさい外道
が蔓延っててイマイチな印象があるので、ここは特別!異例な戦場と言えます。

ヌマガレイが明るい時間帯にたくさん釣れてくるのはごくごく普通の傾向となる
のかも?北海道でもよく言われるよ~に極寒時期のヌマガレイは臭みも無くて
美味しいみたいなので1匹興味本位で持ち帰ってみるのも!?

そう思ったりもしましたが、あはは、やっぱ今回はいいかな。(爆)


3回目のアラームが鳴り響いたのは午後17時半。


まさに日暮れ時刻キッカリで外も薄暗くなり再び夜の冷え込みが感じられます
、、、今夜は最後の夜になるのでエサが尽きるまで打って打って、打ち返す
つもりで気合い入れていきましょう。だけどいくら暗くなったとはいえ案の定、
夕マズメはもちろんの事、午後20時過ぎまで全く生体反応が無い無の世界が
続いており、時合いはいつ到来するのか?ひたすら時間の経過待ち、、、









午後21時を回ると風が吹けば100%北西方角からだったのが真逆の南東に
変わり、風速も一気にアップして強風状態に!?天気予報ではすでに風速10m
となってますけどわたくしめの陣地から言えば南東風は出しの風になるので
軽く投げても飛距離が出てありがたい風?

予想以上に急ピッチで風の強さが増してくる為、時折混じる突風でなぎ倒され
ないよ~にまずは三脚から全て北西方向へ向けてしっかり固定&同時に潮が
盛んに動き出したみたく月明りに照らされてうっすらですが、湾奥部にかけて
ぶっとい潮目が形成され始めたのでそこに目掛けてファイヤ~です!


風が激化して車がたまにグラグラ揺れるレベルにまでなり外に出るのが億劫に
感じられる午後22時40分、、、だからといって朝まで放置しておくわけには
いかない!と重い腰を上げてチェックに出ると、


グイイイッ


ゴン、ゴンゴンゴン!









おっ、この1時間の間に時合い突入か!?


42cm マコガレイを頭に2つの仕掛けはダブルと超いい感じ~ ♪ 初日と
似たよ~な雰囲気で一定方角へ投げてる竿には高確率でアタリが出るものの、
その方角を少しでも外してしまうと未だ無の世界継続中、、、

新しい群れが入って来ているのか?再び散ってた群れが徐々に集まって
移動しだしたのか?今夜は分散していないよう。


おそらくカレイは潮の加減に左右される魚ですから少し前からザワつき始めて
いる海のコンディションに呼応しての事かな?改めて潮の干満と照らし
合わせてみると時合い到来時期も潮の動く時間帯と合致してますしねぇ。

打ち返しを終えて車内へ?と思うもふと最初に打ち返した竿が気になって
ちょこっとサビいて誘いでも掛けておこうと持ってみると、

すでに生体反応アリ ♪


グウウッ、グッ、グッ







46、43cm マコガレイ撃沈!


リーリング中に同じ三脚上に置いてあったもう一方のスピンパワーの竿先も
グイグイ叩かれているのが見えたので続いて上げてみると大型連発でした。

最終日の夜にしてやっとこさ大型の群れに遭遇でしょうか!?


食いが立っている時に集中砲火しておかないと後で後悔しますから、
ここぞとばかりに生のアオイソメを房掛けにして積極手に打ち返していると
アタリが遠退いた午前0時までにエサ切れに、、、タイミング良く終了?と
思えばそ~なりますけどもう少しあった方が良かったかも?(笑)

後は予備エサの塩イソメオンリーで戦う事にしますが、この時点で南東風は
ますます激化していつ三脚がなぎ倒されてもおかしくないレベルまで!つくづく
車横付けで助かったぁ~と思いつつ塩イソメをタップリ付けてファイヤ~。


午前1時半のアラームでは疲れと眠気がMAXでパス~となっちゃいまして
、、、あれだけ最後の夜と気合い入れてたつもりが約2時間も爆睡 次に
車外に出たのは打ち返しから3時間近くも経った午前4時前。(爆)









ど~やら止まってたはずのアタリがcome backしてたみたい!


数時間前までみたく大型は混じっておらずサイズはアベレージに戻ってしまった
けど、撃沈 足下の雪の上にほ~り投げていくとこんなにも釣れてました!

似たよ~なサイズの群れの中に大きな個体が数匹で大キスみたく大型から先に
食ってくるという習性が少なからずカレイにもあるとすればこんな感じになる
のかもしれませんねっ。この3日間の遠征は数釣りになっちゃってます ♪


ここからは目も冴えてきたので夜明けまでしっかり打ち返しをしましたが、夜と
共にフェードアウトするかの如くアタリも徐々に少なくなっていって終了。
今回の最大サイズ、46cmを超える大物が姿を現すよ~なドラマも当然無く
ありませんでしたぁ~。(爆)

通い始めた頃には今はもう幻の戦場となっちゃいましたが、八戸港沖の数本ある
沖堤含め実寸でゴーマルってのも見る事ができたのに近年はサッパリですわ
、、、まっ、遠征数日間自体、数日間と限られた時間なので巡り合わせも大きな
要因にはなるんでしょ~けどやはり難しくなってきてるのは確か!

いつの日かまたゴーマルに巡り合える事を夢見て頑張るしかありません。





作戦を終えて片付けに入ると、立っているのも辛いくらい風が強くなってきた
ので、適当に車内にほ~り込んで風の当たらない道の駅?チックな所で
ゆっくり片付け&釣果写真を撮って帰還となりました。




「ゴーマルの壁」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

42、40cm マコガレイが最大、 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


太平洋側で潮回りが大きいとなれば干潮時と満潮時の潮位差が極端なものに
なってきます。夜間はず~っと底が剥き出しだったはずの足下付近もようやく
水に覆われて幾重にも連なる美しい砂紋が形成されていますねぇ ♪







今気付いたんですけど、今回の2人のタックルって新旧対決みたいになって
ます!?JCAはこの戦場仕様にしてる'05スピンパワー&'03パワーエアロ
で、“マダイ師匠”はいずれも現行のNEWスピンパワー&パワーエアロ
・スピンパワーのコンビネーション。わたくしめも両方所有しているものの
戦場で同時に並べた事はおそらく一度も無く?見ててやはり似てるなぁ~と
思う所もあれば、かなり変わったなぁ~とも。(笑)


いや~~~、ほんと日が昇ると全くアタリが出ませんわ~。


たま~に何か掛かってると喜べば高確率でイボイボが気持ち悪いヌマガレイ様で
、サイズは小型メインなものの結構頻繁に姿を見せます。最初にマダイ師匠が
ヌマガレイしか釣れんから少し休憩~と午前10時に合わせて買い出しに行かれ
、その間わたくしめはぼ~っと車内でリラックスタイム。

そして戻って来られたのと入れ替わるよ~にしてまずはお気に入りの日帰り温泉
へGO ポカポカ温まったとこでスーパーに行って買い出し 夜間は
車内でずっと暖房を付けているのもありガス欠にならないよ~に早いうちから
ガソリンを満タンにしてお昼過ぎに戻って参りました。

仕掛けの修理?をされていたマダイ師匠に何か釣れましたか~?と聞くも、
いや、何をやってもヌマしか釣れんからもう投げてもいない!と。(爆)


ほんとこの昼夜の差は一体何なんだろう、、、と思いつつ、投げて放置したまま
だった仕掛けを上げてみるとやはヌマガレイ、、、一気に萎えてしまったので
わたくしめも2本だけ投げておいてしばらく車内で仮眠する事に。







「むつ小川原港」


昨夜は睡魔と戦いながら気合いで戦ったのもあってか?珍しく車内なのに
一度も目覚めず3時間も爆睡しちゃいました。(笑)

時刻はすでに午後16時半を回っておりあと1時間もすれば日暮れ時刻。外では
マダイ師匠がすでに攻撃再開されておりわたくしめも倣ってファイヤ~!
ちなみに放置してあった2本の竿はエサも取られないままの状態でした。


午後17時半に状況をチェック 全て異常無し、、、ここで竿先ライトを
セットして再び車内に戻ってマッタリ、、、要するに2日目も夕マズメは1匹も
魚は釣れる事なく終了~って感じでしょうか?不思議な所ですよね。


完全に暗くなった午後18時45分、エサチェックをするべく一番右端に置いて
あったスピンパワーを持つと早速重量感アリ!


グッ、グッ、グッ、グッ!


小刻みに頭を振るよ~な抵抗をしながら上がってきたのは、







42cm マコガレイでしたぁ ♪


一応、2日目の釣果扱いとなるカレイとしてはこやつが第1号となるのかな?
いやいや、1匹目から40cmオーバーとは幸先いいかも。

時合いに突入したよ~で午後21時頃までコンスタントにマコガレイが釣れて
昨日同様数を稼いでゆけます。マダイ師匠も水揚げされてくるカレイがヌマで
なくなったのが嬉しいみたく、こいつでないとなぁ~と笑みがこぼれて上機嫌!
ただ、時期を選んで来ているにも関わらず予想に反してサイズがイマイチ
伸びないのがちょこっと不満分子かな?


昨日はカレイの群れがピンポイントに固まっている印象があったんですが、
今夜は分散したみたくどこへ投げてもアタリは出ます、、、まっ、それは
ありがたい事ではある半面、カレイ作戦では群れを狙い撃ちできる方が数釣り
的にも一発大物に巡り合える確率的にも効率が良いのでこの分散傾向が
吉と出るか?凶と出るか?やってみないと分かりませんねぇ~。


グゥ~~~ッ


ゴンゴンゴン、グイッ、グイッ!









むむむ、ギリギリ40cmに届かないアベレージサイズが次々と、、、来る前に
頭の中で描いてたシミュレーションでは、ううっ、ゴーマルまであと数センチ
足りない、、、ってな悔しさで40cmの壁は意識もせず簡単にクリアーしてる
予定だったんですが、ど~やらそれは単なる叶わぬ夢だったよう。(爆)

だけど諦めてしまったらそれで終わりなのでこの時合いを手抜きせずしっかり
やろうと積極的に打ち返し。

午後22時前になるとアタリの出る頻度が低くなってきて静寂の海に戻り始める
中、天気予報には無かったはずの雪がチラチラ、、、そうこうするうちに突風
混じりの強風が吹き出して瞬く間に猛吹雪に!?

即行車内に避難となりました。


いつまで続くのだろう?と再度最新の天気予報をチェックすると急変して
雪だるまが怒っているよ~な顔した吹雪マークに、、、ちなみに少なくとも
日付が変わる頃まで、今から約2時間はアウトみたいですからここで一旦休憩
と車内で調理したカジカ鍋をマダイ師匠と頬張りながらダラダラと ♪

お隣の車内では日本酒をゴクゴク飲み干されてる方が見えるも、わたくしめも
アルコールを同じよ~にやってしまうと確実に朝まで爆睡してしまいそ~なんで
あえてノンアルコールでやりましょう。(笑)





しばらく外には出れそ~にありません、、、


少し前、、、確か先月、2月16日辺りの記事だったと思うんですが、遠征時に
嵩張る荷物を詰め込んで先に戦場近くのクロネコセンターに送る為の
大型クーラーに穴を空けてブクブクをセットできるよ~にプチ改造したのを
覚えてらっしゃるでしょうか?

実はこの青森遠征用にいじってたものでして、大体いつも3~4日間計画がゆえ
初日や2日目に撃沈した魚をクーラーに入れて保管してるといくら極寒とはいえ
鮮度が落ちるので、空にしたこの大型クーラーに海水を入れ&エアレーションを
きかせながら活かしてキープしようと考えておりました。

最近までずっとスカリに入れて海に沈めてたんですけど、数を入れてしまうと
重なり合った一番下の魚たちは即死んでしまうのと何より戦場のケーソンの
下半分が空洞状態となっており潮の干満によってその中にスカリが入り込んで
しまって取れなくなったりと結構トラブルがあったんですわ。


そんなわけで結局絞めてクーラーに入れるか、このよ~にブクブクで活かすか
とゆ~選択肢に至ったわけですが、、、しかし、今回実際にブクブクを試して
みるも外気温が低すぎていくらクーラー内であれ水が凍り付いてしまい結果魚が
弱ってアウトになってしまう、、、おまけに電池の持ちも極寒下では超~短く
なってしまいよろしくない事ばかり そんなわけでやはり撃沈したら即
血抜きして保管しよ~と結論付けました。

またどこかの場面で魚を活かしたい時が訪れるかもしれませんし、そんな時
でも対応できますよ~んと思っておきましょうかねぇ。







午前1時40分になってようやく外に出れる状態になりました。


北西寄りの吹雪だった為、微妙に?左サイドに集中して雪が積もってます。

こんな急な吹雪&積雪は少なくとも2年に1回は確実に起きてるので
今更驚く事も無く、フカフカの柔らかい雪をサッサと払って仕掛け回収&
いつの間にか掛かってたマコガレイはどこに置いても雪の絨毯になってて
気持ち良さそう!?んなわけないかっ。(爆)

計算してみると3時間近く放置してあったのに掛かってたのはこの1匹のみ
となると間違いなく時合いは終了しちゃってますよね。もしかすると今、再び
時合いが訪れている可能性も無きにしも非ずですからまずは全ての仕掛けを
回収して新鮮なエサにチェンジして打ち返しです。


ここから1時間おきにエサ・チェックをするも結局3時間は何も釣れない
まま経過、、、あっ、マダイ師匠は大量の日本酒を飲まれてるのを目撃して
以来音沙汰ありませんからきっと昨夜同様車内でおやすみモードかと!


グググッ!?


超~近投してた竿にアタリが出たのは午前5時前のこと。







プチ時合いでしょうか?ダブル撃沈含め、パタパタパタ~っと4匹釣れて
その中には40cm マコガレイの姿が1匹確認されてまたピタリとアタリは
遠退いてしまいました、、、全くパターンが読めませんわ。


竿先ライトもまもなく不要になるので先に取り外して打ち返した後車内へ。

日本全国どこへ行ってもほぼ一緒の傾向にありますが、真夜中より明け方付近が
放射冷却など最も冷え込む時間帯となりどれだけ忙しなく動いてても一向に
暖かくならず寒い!の一言。今朝もマイナス5℃のよう、、、


わたくしめが車内に入って30分くらいするとお目覚めになったマダイ師匠が
車から出て来られ数匹カレイを水揚げされてるのを確認。更に打ち返しをされて
から何やらアタリがあったのか?すぐに回収してるのをじ~っと見物してると、
な、なんと現れたのはヌマガレイ!?

まさか、、、と思いJCAも外に出てさっき投げた仕掛けを回収してみると、





チ~~~ン。


嫌な予感的中。


こやつが掛かり始めるとマコガレイが一切来なくなるのは昨日の午前中で証明済
ですから、今日もおそらくデイタイムは似たよ~なパターンになるんだろうと
思い早々に竿数を減らしてマッタリモードに入る事にしましょう ♪

JCAより1日早く来られていたマダイ師匠は今日お帰りになるので明るく
なってから撃沈したマコガレイのお造りを頬張りながらしばらく外で雑談して
片付けるのを手伝いながら2日目の戦いは終了となりました。


2日目の釣果は数も型もやや控えめな感じですわ~。







「十分釣れてるやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

44、43、40cm マコガレイ! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)







午後14時20分、戦場到着~。


青森空港に到着したのが午前10時25分だったので結構時間掛かってしまい
ました!?途中、吹雪いており思ってたよりスピードが出せなかったのも
ありますが、それよりクロネコセンターや前々から気になってたドライブイン
での昼食、スーパーでの買い出しなどで時間を要してしまったのが最大の原因
かもしれません。まっ、何はともあれ無事辿り着けましたっ!(笑)

ブリーフィングでも待ち合わせの場所へと書いておりましたよ~に、実は
1日早い昨日から“マダイ師匠”が先に入られて戦っておられたんです ♪
なので場所も確保済ですからゆ~っくり焦らず来る事ができたってわけ。
時期が時期だけにめ~っちゃ寒いで~と伺っておりましたが、確かに日中も
マイナス2℃前後と氷点下のままで戦場一帯も真っ白でございます。


到着早々、まずはタックルを組んで攻撃態勢を整えてしまってから車内を
あれこれオーガナイズ、、、なんせ24時間ぶっ通しで釣るスタイルがゆえ
今日から数日間レンタカーが宿代わり!?それに案の定、わたくしめが到着した
時間帯はアタリが超~渋くどれだけ打ち返そ~が一切エサすら取られない
無の世界が続いております。

夜が明けると午前中はポツリポツリと釣れても午後になると一気に活性が下がる
、、、まぁ、例外も当然あったりしますが、ここの典型的パターンと言えます。


グイグイグイグイッ!


日が暮れた直後にようやく本命と確信できる重量感がっ。







おおっ、いきなり連チャンですわ~ ♪


写真でもご覧になれるよ~にここではMarufuji社とコラボプロデュースさせて
頂いた2種類の市販カレイ仕掛けがとても相性いいんです!

主に遊動式L型天秤にセットする吹き流し段差バリ仕掛けは近~中投範囲に、
そして華麗なる先オモリ遠投仕掛けはその名の通り完全遠投仕様でございます。
この2種類の仕掛けがあれば全てカバーできるので最強かな?ちなみに
吹き流しには生のアオイソメ、先オモリには塩イソメと仕掛けによってエサも
使い分けておりますよぉ。


普段はマダイ作戦一筋のマダイ師匠も数年前に一度お誘いして以来、
ここだけはお気に入りになられたよ~でまた行きたいなぁ~とおっしゃって
おりました。午後20時頃には時合いに入ったみたくコンスタントに釣れ始め
、2人して極寒環境なのも忘れて一生懸命回収&打ち返し。こ~やって止まらず
体を動かしているとたとえマイナスでもポカポカ暖かく感じられますよね。







「むつ小川原港」


JCAの中では、数は望めないけどゴーマルに迫るよ~な型物一発狙いができる
のは2月後半から3月頭まででそれ以降は数が釣れるものの、飛び抜けて
デカい個体は少なくなるイメージがあり今回は当然、数より型狙いで訪れて
いるつもり、、、でもさっきから数は出ててもまず最初の壁となる40cm
オーバーの個体すらまだ見ておりません。

年回りもあるでしょ~し、ここのみならず温暖化や異常気象の影響でパターン
化された釣期にも少しずつ変化?ズレが出始めてる可能性も否めません、、、
あはは、とはいえまだ攻撃開始から6~7時間しか経っておりませんから
何とも言えませんけどねっ。(笑)


カレイ作戦全般的によくあるパターンなんですが、今日は特定方向ばかりで
アタリが多く出て、そのピンポイントを外すとど~もイマイチっぽい、、、
群れがこの一方向に固まっているよ~な感じです。遠投というよりむしろ
中投から手前にかけてでアタリが集中している為、多少風が強くなっても
気にせず楽に戦えます ♪

足元直下は干潮に向かっているのもあり水が無いので境界線だけ気にしながら
軽く投げて放置プレイ!正直、ず~っと外でアタリを待ってれる気温ではなく
打ち返したら即車内で待機ってのがメインスタイルになります。

約1時間後に竿先が動いてるのが見えたので回収に出てみると、


グゥ~~~ッ!


ゴンゴンゴン、、、グイイイッ


心地良い締め込みと共に肉厚のカレイが水揚げされてきます ♪









ようやく43cm マコガレイが1匹混じってくれましたぁ。


1時間おきにセットした携帯アラームを目安にエサ交換タイムを設け、日付が
変わる頃までに結構な数を撃沈!しかしながらこれまでの釣果ではさっきの
43cmが唯一40cmオーバーとなり他はほとんど35cmは超えているものの
40cmには届かないんです、、、

まっ、いわゆるアベレージサイズになるんでしょうか。


海外出張帰り翌日から即という強行遠征もあり、午後21時を回ったくらいから
急に何度も睡魔に襲われるよ~になってきたJCA、、、体内時計における
時差の修正が最も大きな影響を与えているのでパタンと寝てしまえば次起きた時
にはスッキリなんですが、下手すると朝になってしまうのでそうもできません!
エナジードリンク片手に車内でDVDを見ながら頑張っていると、

さっきまでお隣の車内でビールを飲みながら何か食べてはるなぁ~と思ってた
マダイ師匠の姿が無い!?よ~く観察してみるとルームライトを点けたまま
すでに眠りに落ちてらっしゃいましたっ。(爆)





マダイ師匠にとっては2晩目となるので疲れが出て当然ですよね。

それを考えると明日、明後日の夜戦が思いやられますが、昼間のうちに
できるだけ仮眠を取って夜に備えれば何とかなるかな。


眠くなったらまだ定時のアラームが鳴っていなくても外に出て寒さに目を
覚ましてもらって打ち返し&あまりにも前の打ち返しからインターバルが
短すぎると何も掛かってませんし、運が良ければカレイちゃんが掛かってる
、、、ちょこっと運試しみたくてドキドキしちゃいます ♪

どれだけ外でゴソゴソしてよ~が全く起きてこられる気配すらないマダイ師匠
なので、彼の竿はそのままにして回収&打ち返し。


クククッ、ゴンゴンゴン!?


早い時にはキャスト後、糸フケを取った途端に竿先にアタリ!







40cm マコガレイが1匹混じってました。(笑)


そんなに引かないけどやたら重いと思ってると40cmに少し足りない
ギスカジカまで掛かっており、そ~いえばここは少し遠投した一部分に大きな
シモリがあってその周辺に仕掛けを投入すると高確率でカジカやソイなど
根魚が掛かってくるのを思い出しました。

昨年訪れた時にも似たよ~なサイズのカジカをゲットし鍋にして食べたので
お土産確保でもしよ~と先オモリ仕掛けの1本をおもいっきりフルスイングして
シモリ際へ投入&急に雪が降り出した為、撃沈した魚は血抜きをした後、
そのまま雪の上に放置して車内へ。時刻はもう午前3時半です、、、


そして1時間後の午前4時半過ぎに仕掛け回収に出ると、予想通りシモリ際に
投げてた竿を持つと大きなゴミでも掛かったかに思える重量感!全然引きは
しないもののリールを巻けばゆ~っくりこちらへ寄ってくるので、

おそらく奴だ!と期待して巻くと、









43cm ギスカジカ登場 ♪


狙って釣れてくれると嬉しいものですよね。

こ~やって記事を書きながらギスカジカって、、、あはは、北海道では
あの外道中の外道!小型の黄色いツマグロカジカをギスカジカって
呼ぶので何度書いてもやっぱり違和感があります。(爆)

1時間前に放置したままにしてた魚は凍ってはいないものの、いい具合に冷気で
硬直してますしここでまとめてクーラーにほ~り込んでキープ。これはまた
明日にでも詳しく書こうと思いますが、活かし用にと持参したブクブクは
結局メイン導入される事なく終わりそ~です。


夜明け時刻が午前6時過ぎ、、、それまでの数回根性で寝ずに過ごして
初日から数釣りを堪能して夜戦終了。







朝マズメに44cm マコガレイを撃沈!


一般的にカレイ作戦となるとマズメ時期は狙い目という感覚があるものの、
ここでは例年通りイマイチパッとしませんねぇ。

朝日を浴びてようやくマダイ師匠も長い眠りから目覚められ、早速ご自身の
仕掛けを回収されるも、不思議な事に全て素バリで魚は掛かっておりません
でした。昨夜の釣れ具合からすれば複数本竿を出しているのでどれかには
絶対付いているはずなのに、、、

もしかすると長時間放置状態だったので掛かって外れてしまったか?それとも
早いうちから素バリになってしまってたか?でもまぁ、グッスリおやすみになれ
気分爽快みたいですので良かったと思います ♪


ここで一旦一区切りにしましょう!初日の釣果は、







マコガレイが24匹、うち40cmオーバーが4匹&ギスカジカが2匹とシーズン
初期にも関わらず数が釣れてくれましたぁ。そ~いえば昨夜はちょくちょく
見かけるドンコは1匹も姿を見ませんでした、、、もう少し暖かくなって
こないと現れないのかも?基本、ドンコはキープしない外道なのでこのまま
最終日まで現れないで欲しいですねぇ。(爆)




「ドンコはいらん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR