FC2ブログ

46、45cmマコガレイ頭に数釣り! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


戦場から一番近い「六ヶ所村」中心部にある通い慣れたスーパーに行ってみると
、この春にダイソーがオープンするみたく結構大掛かりな改装準備作業が
行われてましたっ。これでもっと活気溢れるスーパーになりそう!


さてさて、“マダイ師匠”とここで買い出しをしてから午後13時頃戦場に
戻ってみると、そこそこ居たはずの釣り人のほとんどがもう帰ってしまった!?
お隣のおじいちゃんだけが引き続き粘って打ち返しをしてる感じでした。









「むつ小川原港」


おじいちゃん曰く、あれから何も釣れてないらしく、早速わたくしめもしばらく
放置してあった仕掛けを全て回収してみますが、、、あはは、ほんとに1匹も
掛かっていなければエサもそのまんま!昨日からず~~~っと悩まされている
トロ藻だけが仕掛けに絡んでいる状態で確実に沈黙の海と化しております。

このトロトロのトロ藻、、、潮の加減によって絡む量が増えたり減ったりしてる
のでおそらく海底に沈殿するより浮遊している量の方が遥かに多いよ~に
思えますねぇ。おかげで指先は取っても取っても常に極細の藻が付いてる
感じでちょこっと気持ち悪い、、、(泣)

それでも打ち返しを止めてしまうと釣れるものも釣れないので、エサに絡んだ
藻を丁寧に取り除き再びファイヤ~!


そんな中、たまたま一番最初に打ち返した竿先に目をやると、ピンと張ってた
はずのラインがダラ~~~ンと大きな糸フケに?


グウウウ~~~ッ!


アワセを入れた瞬間に動く感触が伝わるもとにかく重たいっ、、、







46cm マコガレイ撃沈 ♪


今時期はほとんどが産卵後の個体になる為、サイズのわりには身も薄い傾向に
あるのになんでこんなに重たい!?そう不思議に思ってると特大の流れ藻の塊が
魚に絡んでいたんですね。(笑)


ひょっとしてこんな中途半端な時間帯に時合いが訪れた?


あはは、期待は見事にハズレで他の竿も一応チェックしてみるも特に変わった
重量感や生体反応も無くすんなりサビける状態、、、おそらくこやつは
単発だったんでしょう。

この撃沈劇を見て様子を見に来られたマダイ師匠もご自分の竿をあおったり
されてますが、最終的にダメだこりゃと言いながらエネルギー源でもある
アルコールをエンドレスでグビグビ 車内へ。(爆)

せっかく昼下がりに超~の付く程のマンダムタイムが訪れていたんだし、
このタイミングで仮眠しとけば良かったのに何だかんだ雑談してるうちに
時間は経過してあっという間に夕マズメが近付いて参りましたっ。


まだ全然キャップライトが無くても見えるけど、暮れると一気に真っ暗に
なるのでちょこっと早いけど竿先ライトをセットしつつ、昨日も大体
これくらいの時間からアタリが出始めたよなぁ~、、、そんな事を考えながら
竿先の点灯確認をしてると、

んっ?結構激しく数回ノックしては止まり、またノックしては止まるを
繰り返してる竿を発見!


グイグイグイイイッ!


典型的な締め込みと共に身はあいかわらず薄めだけどそこそこ長寸はありそ~な
個体を撃沈&ランディングしたまま放置で、続いて次の竿を持ってみると
こちらからも似たよ~な締め込みが伝わってきます。

足下ギリギリまで強い抵抗を見せるも、姿を見て、あ~~~これくらいなら
ぶり抜きや~とひょいっと竿の反発力を利用してランディング。


グゥ~~~、グッ、グッ


あれまぁ!?更にその隣の竿も何か付いてますわ~。









44、43cm マコガレイの2匹が40cmオーバーであとは1~2cm
足りないよ~な惜しいサイズ?あはは、いわゆるアベレージサイズ含めて
4匹撃沈でございます。教科書通りの夕マズメの時合いってとこでしょうか?


すぐさま打ち返しをして引き続きアタリを期待しますが、日が暮れると共に
気温も急激に下がってきてじっと外で粘っているのもできず結局車内へ
逃げ込んでアタリ待ち、、、防寒着フル装備で頑張っておられたマダイ師匠も
さすがに寒さの限度が来たのか?車内へ戻って来られたので、ここでひと息 ♪
身体を温めるべく昨夜と同様鍋をしましょ~と。

今夜は更に豪華にするべくベースは身体温まるキムチ鍋スープにわたくしめが
昨夜撃沈したマダラの頬肉、陸奥湾産ホタテ、有頭エビ、鶏のすり身に鍋野菜
など溢れんばかりに詰め込んで作っちゃいます。





キムチの辛さと魚介類から出た旨みが最高のスープを作り上げ、食べれば食べる
程ポカポカ身体も温まって車内だけどちょっとした贅沢な気分に浸れましたぁ ♪

そして〆は中華麺を入れて中華そばに!昨夜はご飯に溶き卵を入れておじやに
したし2晩連チャンでおじやよりこ~やって少し変えてみると新鮮味があって
いいですよねっ。アルコール漬けになったマダイ師匠はいつの間にかスースー
寝息を立てておやすみモードで、わたくしめも次第にウトウト、、、


あかん、あかん!


このままウトウト寝入ってしまったら昨夜と全く同じ流れになってしまうし、
ここは気合いを入れて外へGO!

外に出た瞬間凍てつくよ~な寒さで一瞬で目が覚めて身が引き締まる!?
再びやる気が戻って参りました。ルームライトが煌々と点いてる車内にも
関わらず爆睡中のマダイ師匠、、、

こうなってしまうとおそらく数時間は起きて来られないでしょう。(爆)









夕マズメから暮れてしばらくまでは何回か積極的に打ち返しをし、時合いに
突入してたのもあってすぐ打ち返したらまたすぐ掛かるだろうという期待で
超~盛り上がってたのに、、、寒くなってきて車内に戻って鍋をしてしまうと
そんな事即行忘れてマッタリモードとなり、

結局3時間以上放置しちゃってた状態でした。


放置プレイしてあった仕掛けを1つずつ回収し始めると最初の竿からズッシリ
重いだけの謎の重量感があり、動きも一切伝わってきませんしきっと巨大な
流れ藻の塊!?なんて思いながら上げてみると、


ドンコ、、、エゾアイナメでした。





地元ではドンコ汁などで重宝される食材のよ~ですが、わたくしめにとっては
ポイ対象の外道!数年前に一度鍋に入れて食べてみるも、確かに身は白身で
クセの無いお味でしたが、とにかく小骨が多くて大変だったのを覚えてますわ。

お呼びでない外道がいきなり2匹連続して水揚げされてくるものですから、
ゲンナリして残りの仕掛けを回収してたら、あれれっ、次からは強い
締め込みが手に伝わってくるんです!?


グウウッ、グゥ~~~!


ググッ、グッ、グッ、グッ、、、















この後、午前1時頃までドンコも混じるものの、打ち返せば本命もコンスタント
にアタってきて退屈しないまま楽しめました ♪ サイズ的には35cm以下の
やや小ぶりな個体も顔を見せるも、最大45cm マコガレイまで出ました。

全体的に今回は遠投に分があったよ~に思え、本遠征からお初導入してみた
スピードデルナー天秤も早速大活躍!実際に使ってみると今までのデルナー天秤
同様に飛距離が出せてかつ、ほんと浮き上がりが早くて仕掛け回収時に海底付近
に浮遊しているトロ藻をあまり拾わず重宝しましたよぉ。

基本の設計コンセプトはおそらくキス引き釣りがメインになってるんでしょ~
けど、こ~やってカレイ作戦においても非常に有効なのでJCAは以前から
固定式L型天秤も積極的に取り入れております。


天気予報の気温変化を見てると、夜間もほぼ一定のよ~に見えるんですが、
日付が変わったまさに深夜と呼べる時間帯から特に夜明け頃にかけて更に
冷え込むのが通常パターン、、、一度午前2時過ぎにエサチェックをすべく
外に出ると芯まで冷える体感温度になっており、おまけにコンスタントに
出てたはずのマコガレイからのシグナルは皆無に、、、


はいっ、ここでついに睡魔が襲ってきて → あっさりそれに負けて夢の中へ。







バチバチバチバチ、、、


ん、一体何の音だろう?と目が覚めるともう午前5時前になっており、ご覧の
よ~に大雨、、、アラームの代わりに起こしてくれたバチバチ音は車の屋根に
叩き付ける大粒の雨音でした。

この頃になるファラオのよ~に長い眠りにつかれてたマダイ師匠もお目覚めに
なっており、これじゃ外に出れんなぁ~と、、、でも、最新の天気予報を改めて
チェックしてみるとあと1~2時間すれば現在上空を通過中の大きな雨雲は
抜けて晴れ間が見えるよう ♪

それを期待してもうしばらくおやすみタイムに浸ることに~。(笑)


予報通り、午前7時には青空が戻ってきて早速行動開始!と放置してあった
仕掛けを回収するもほとんどの仕掛けが素バリ or 何か掛かっていたら
ドンコ程度で本命の姿は無し!今日はあと数時間で撤収しないといけません
のでダラダラ粘る事はできません。

数回打ち返したらエサが無くなるよ~にアオイソメの房掛け量を増やして
超~ボリューミーエサでファイヤ~&ラストスパートをかけます。


グイグイグイッ!


ずっと沈黙を保ってた中、ようやくまともなアタリが出たと思えば、







43cm マコガレイ撃沈!


プチ時合い到来か!?続いてお隣の竿にも何かが居食いしてて、





42cm マコガレイ


その後は30cm台のアベレージサイズがポツリポツリと釣れて終了。

とりあえず40cmオーバーの個体だけカシャっとスケールを置いて撮って
きてますが、あからさまに初日より2日目の方が大きな個体が多かったですねぇ。
なんせ初日なんて翌朝まで粘ってやっとこさ40cmオーバーを1匹拝む事が
できた感じですし、アタってきてた群れが異なるのか?それとも偶然そ~ゆ~
流れになっただけなのか?自然相手の釣りはいつになっても分かりません。

毎年目標に据えている50cmオーバーの個体は残念ながら今年もお目にかかる
事ができませんでしたが、46cmを筆頭に40cmオーバーも結構確保&
数釣りと典型的なカレイのアタリも十分堪能できましたから満足でございます!


帰りは片付けた後、日帰り温泉で温まってからクロネコセンター経由で青森空港
へとなりますので時間に余裕を持っての行動!午前11時には片付けて戦場を
後にするのでした、、、







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: サンライン・トルネードVハード 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「50は難しいで!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

89cm マダラ撃沈! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)





外観は以前とほとんど変わってないのに中に入るとピカピカモダンデザイン!?
このギャップが何とも言えない青森空港に定刻より若干早く到着 まずは
レンタカーを受け取り、相方が到着するまでこのままレンタカー専用駐車場に
置かせてもらえる事となりほぼ手ぶら状態で再び空港館内へ戻ってカフェで
ダラ~~~っとお茶タイム。(爆)

朝が早く朝食を食べてなかったのでモーニングをしてるうちにあっという間に
時間が流れ、SurFreyja“マダイ師匠”を乗せたJAL便が定刻に
入ってきました。マスク姿がめちゃくちゃ違和感でわたくしめはニヤニヤ、、、


ここからは毎回一緒の道のりになり、市内中心部まで出たら高速に乗って&
山間部を抜けて荷物を送っておいたクロネコセンターへ。その後は再び
バイパスに乗ってしばらく走れば「六ヶ所村」でございます。


昨年みたく戦場に行ってみると投げ竿がずら~~~っと並んでいて入れる場所が
ほとんど無いってパターンにもなりかねないので、食料の買い出しは後回しで
まずは戦場へ直行、、、港に入るや否や、一番奥まった部分にも投げ竿が数本
並んでいるのが見え、ゲゲッ!?ここまで竿を出してる人が居るとなると
最も外洋に近いいつもの釣り座周辺はビッチリかも!?

不安感MAXになりながら先へ進むと、あれっ?角の部分にお一人いらっしゃる
だけで他はガラガラ、、、おまけにその角の方もご挨拶してみると釣れないから
もう止めるとこだったと片付けモード。







「むつ小川原港」


はいっ、そんなわけで今年はあっさり目的の釣り座を確保できました ♪

ラッキーな事に投げ釣りタックルを片付けられたおじちゃんが今度は日暮れ
までミズタコを狙って岸壁際を探ると違うタックルを組んでおり、荷物を
見といてあげるよ~と言って下さりそのままスーパーへ買い出しに~。

食料をゴッソリ買い溜めして戻って、全てのタックルを組み終えた頃には
午後17時前と結構いい時間帯になっておりました。


遊動式の吹き流し仕掛けには活きたアオイソメ、遠投重視のデルナー天秤を
用いた固定式仕掛けおよび先オモリ仕掛けには塩イソメを房掛けにして
ファイヤ~!航路筋の深く掘れている部分の奥、ど真ん中、そして手前と
まずは海底に変化が見受けられる部分周辺を丁寧に探ってゆきます。


全部投げ終えてから竿先ライトを付けて早速一番最初に投げた竿を持って
みると、おおっ、もうズッシリとした重量感が伝わってきますわ~!


グイグイグイグイッ!


カレイ特有の締め込みを楽しみながら1匹撃沈し、次にその隣の竿も持って
みるとこちらにもアタリがっ ♪ あはは、アタリがっ!ってゆ~よりは
いつの間にか掛かっていたってパターンなので実際にアタリ自体は見てない
事がほとんどなんですけどね。(爆)

まさに攻撃開始時刻が夕マズメと重なったのもあり時合いが到来してたのか?
3匹立て続けに撃沈でございます。


グウ~~~ッ







サイズ的にはここのアベレージと言える38~39cmのギリギリ40cmに
満たない惜しい個体ばかり、、、これがわたくしめの地元関西でなら大喜び
しているはずなんですけど、この界隈ではど~しても惜しい!とゆ~
言葉が出てきますねぇ。


真っ暗になりミズタコを狙ってらっしゃったおじちゃんも帰宅&戦場は
わたくしめらの車1台のみとなった午後19時。夕マズメからポツリ、ポツリと
似たよ~なサイズの個体が顔を見せてくれていたのが、ピタリと止まって
マンダム、、、仕掛け回収時に重たいと感じれば大半が魚ではなくトロトロの
流れ藻とゆ~パターンに陥ってしまいました。

潮が満ち込みに切り替わり潮位が上がってくるにつれトロ藻がわんさか
絡み始めて大往生!?シンカーから仕掛け、エサに至るまであちこちに
絡まって水揚げされてきます、、、(泣)

取ってはポイ、取ってはポイを繰り返してるうちに指から爪の中まで粒子の
細かいトロ藻が付着して超~気持ち悪い、、、過去の経験では港の一番奥で
戦った時に少々藻が絡んできたよ~に覚えてますけど、現在の釣り座に
おいてこの量の藻って、、、今回が初めてかも!?


約2時間、ひたすらトロ藻の除去作業に徹するも一向に魚っ気が無い為、外は
極寒だししばらく暖房のきいた車内で鍋でもしよ~となりましたぁ ♪





スーパーで買ってきた胡麻味噌スープに定番の豚肉&鶏肉、野菜、そして
地元は陸奥湾産の小ぶりなホタテとマダラの切り身をほ~り込んで沸々 ♪
できあがったアツアツの鍋を頂きながら一杯やればもう外に出たくありません。

マダイ師匠と今後の遠征計画を練ったり、釣りとは全く関係無いしょ~もない
ネタで盛り上がったりと、最初は疲れてたんですぐ眠くなっちゃうかも?と
思ってたのが実際には逆で、目はパッチリ&全然眠くならないので身体が
十分温まったら再び外に出てエサのチェックをしてみましょう。


最低でも2時間近くは放置してあったし、おそらくほとんどが小魚やカニなどに
ついばまれて素バリになってるか?トロ藻が絡んでめちゃくちゃになってるか?
のどちらかだろうと一切何も期待せずに仕掛け回収に入ると、

あれれっ、重い!?


グッ、グッ、グッ、グググッ


1匹アベレージサイズが居食いしてたと思えば、その次に回収を始めた仕掛け
にもズッシリと重たく底へ潜るよ~な抵抗が伝わってきて上げてみると良型の
ダブル ♪ 更に隣の竿にも1匹!


グウウウ~~~ッ!


グイグイ、グイグイッ









この放置プレイだった2時間の間に時合いが訪れていたんですねっ。


ただ、、、魚自体はまあまあ順調に撃沈できてはいるものの、未だに40cmの
壁ですらクリアできてないのがちょこっと不安で、、、ひょっとして今シーズン
は数は釣れても大型は少ない傾向なのかも!?

そんな話をしながらマダイ師匠と打ち返しをしてると、彼の竿に45cmの
マコガレイがお出まし~ ♪

言ってる矢先から40cmを優に超えるサイズが出てホッとすると同時に1秒でも
早くわたくしめの竿にも1匹くらいは似たよ~なサイズが掛かってくれないか?
と少々焦りが出てきます、、、なんせ毎年ここへ訪れてる理由の1つは、
個体数は非常に少ないかもしれないけど50cmオーバーも期待できるとゆ~
事。なので、40cm台ですらまだ確保できないとなるとどこか焦ってしまうん
ですよね、、、いいなぁ~って羨みながら打ち返し~。(笑)


しばらく外に居ると一気に身体が冷えて一段落ついたら即車内へ。







暖房をMAXの30℃設定にして再び暖を取りながらぼ~~~っと竿先ライト
を眺めて15分、、、その上、アルコールも入ったとなればぼ~~~っと
眺めてるのも疲れてきてウトウト、、、

時計を見るともう日付も変わって午前1時になろうとしています。


わたくしめと一緒に打ち返しをしながら更に30分以上外で仕掛けをサビいたり
他作業をされてたマダイ師匠もまたピタッと止まったなぁ~と戻って来られ、
またしばらく放置しておこうかと考えてた矢先に1本の竿先がかなり押さえ
込まれているのを発見!?

特大の流れ藻でも掛かったか?下手に放置して竿ごとひっくり返ってもアウト
なんで即回収に出てみると、


ズッシリ、、、


めちゃくちゃ重量感はあるけどそこまで引かない、、、もしかすると
ミズタコ!?そんな事も考えつつ一応水面まで浮かせて姿を見るまでは
慎重にとゆっくりリーリング すると途中から確実に魚類の抵抗と思える
締め込みが数回入り一体何者?

気になって出てきて下さったマダイ師匠がタモをスタンバイして上から
キャップライトで水面を照らしていると、次の瞬間、タラやぁ~。(爆)







89cm マダラ撃沈 ♪


痩せた細い個体やなぁ、、、わたくしめの中でマダラってもっとお腹が
ボテ~~~っと太ったイメージがあるんですがっ。

まさかここでマダラが釣れるなんて夢にも思わなかったのでかなりビックリ!
基本、大型は水深のある場所で釣れるイメージがある為、こんな浅い海域まで
入ってきてるとは予想外、、、過去に北海道で小ぶりな個体は撃沈した事は
あれど、このサイズは初めてですわ。

数回締め込みはあったものの、まさかそれが90cm近いサイズとは想像できない
ほどモサ~~~っとただただ重たいまま上がってきた印象でしたし釣り味的には
あまりエキサイティングじゃない魚ですね。(爆)

そ~いえば夕食で作った鍋にもマダラの切り身を入れてしましたし、これでまた
明日の晩も食べれるやん!な~んて笑いながらしっかり血抜きをしてキープ。


せっかく外に出てる事ですし他の竿も少しサビいておこうと竿を持ってみますが
、いずれも生命反応は無くエサも残ってそ~なのでそのまま三脚上に置いて
車内へ、、、そしてついに2人共睡魔に襲われ爆睡、、、


1時間おきにスマホのアラームはセットしてあったにも関わらず少なくとも
3回は鳴ってたのも一切気付かずようやく目が覚めた頃には午前5時半に
なろうとしておりました。(笑)

珍しく!?マダイ師匠は結構前から起きておられたみたく何度かエサのチェック
&打ち返しをされたよ~ですが、ドンコが数匹釣れたのみでカレイはあれ以来
1匹も掛かってないとの事。早速、わたくしめも放置してあった仕掛けを回収
しますが、付いていたのはやはりドンコだけで時合いが訪れてた形跡は無し。


ク~~~ッ、クッ、クッ、グググ!


気を取り直して打ち返して糸フケを取った途端にアタリ?









ビックリしたぁ~ ♪


ほんとわたくしめに至っては起きてすぐの出来事でしたから驚きが大きかった
のかもしれませんが、午前6時過ぎになんと時合いが到来したよう!

何かのスイッチが入ったかの如く立て続けにアタリが出て短時間にして4匹
撃沈 ♪ カレイってやっぱり時合いの魚の典型ですねぇ。

だけど未だ40cmにギリギリ満たないサイズばっか、、、(泣)


朝マズメが終わり太陽が昇ると青空が広がって気持ちいいまでの快晴 ♪
おまけにこの時期、ほぼ毎日吹いてるイメージのある北西風も無縁の
無風ベタ凪な朝を迎えました。

この頃になると数台車が入ってきて投げ竿がずら~~~っと並ぶ光景に。









まだ薄暗かった朝マズメから完全に明るくなるまでの時間はあっという間で、
あのバタバタ連発した朝の時合いも同じくあっという間だったのか?今はもう
沈黙の海に戻っております。


朝食を食べてしばしマッタリしてからお隣に入って来られたおじいちゃんと
マダイ師匠が何やら話をしてると思えば、昨シーズンもお会いした人だった
よう。ちなみに昨年わたくしめらが帰った後にいらっしゃった方々はここに
車中泊で1ヵ月近くおられたそ~で2人して凄いなぁ~と。

他いろいろ最近の状況など伺っているうちに、そろそろ近くの日帰り温泉や
スーパーがオープンする時間!ラッキーにもそのおじいちゃんが竿を見てて
下さるとなり、とりあえず全ての仕掛けを新しいエサに交換してから行こうと
回収 1本の竿先がグニャリと曲がります!


グゥ~ッ、グググッ!


締め込みからしてカレイだろうけど若干今までより重たい!?







42cm マコガレイ撃沈 ♪


ここに来てようやく40cmオーバーがわたくしめにも。

長かった、、、ではなく!一晩粘って1匹って、、、やっぱり今シーズンの
アベレージは例年より微妙に数センチ小さめ?あはは、たまたまなのかも
しれませんけど、こんなに苦戦するとは正直思いませんでした。


さてと、さっきからこの辺で遠征初日の釣果として一区切りしよ~と思ってた
とこですからこやつの撃沈までで一旦まとめて、次はお風呂から帰ってきて
から心機一転!2日目の作戦として頑張っていこ~かな。

まずはここまでの釣果をカシャっと ♪







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: サンライン・トルネードVハード 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「マダラいるんや~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

46、45cm マコガレイ撃沈! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


近くにある日帰り温泉でマッタリしてる間に予報通り雨が降り始めたみたく、
施設から出てきた頃には土砂降りに、、、せっかく温まったのにまた濡れて
しまうわ~と“マダイ師匠”と嘆きつつスーパー経由で戦場へBACK。

何度最新の天気予報に更新しても雨は明朝まで止む気配は無さそうだけど、
それでも午後21時くらいから降水量も少なくなって0mm近くをフラフラする
感じになるよ~ですからラストスパートを掛けるのはそれ以降!ず~っと
大雨予報の入ってるデイタイムは適当にファイヤー&放置プレイしつつ
車内で仮眠を取っておくことにします。


2時間以上放置した後、雨に濡れてもさすがにこの辺で一旦仕掛けを回収&
打ち返しをしておかないとエサもほとんど残ってないのでは?と気合いを入れて
車外へ、、、そして右から順に巻き上げていくと、


ゴンゴンッ、グゥ~~~!


もしかするとタモが必要かも?そんな重さを感じた獲物は、







46cm マコガレイ撃沈!?


水面に魚の姿が見えた瞬間、ひょっとしてゴ~マル!な~んてドキッとした
ものの、ランディングしてみると全然足りないっ。(爆)

あはは、それでもこやつが今のところ昨日からで最もデカい個体となりますし
素直に嬉しいですねぇ。というより昨夜みたくあれだけ渋い夜戦ってここでは
久しぶりかも?

わたくしめが通い始めた頃、もう何年も前にはなりますが、その頃も今やは
入れなくなった大波止からやるも1日の釣果は一桁台って事も時々ありました。
それがなぜかここ近年好調に思えてたのがまた微妙に、、、暖冬による異例の
水温変化の無さが主な理由とは思うんですけどね。


例年通りだと夜になると高確率でカレイのスイッチが入り、デイタイムは
投げていればたま~に食ってはくるけど同時にエサ取りが多い or 長時間
全く何も食わないマンダムタイムとなるかのどちらかのパターンがほとんどで
ダラダラ仮眠などを取りながらスタンスでした。

しかしもし今シーズンだけが違った異例のパターンにあって今の個体みたく
デカイのは明るいうちに単発でドカ~ン!?があるなら大物を狙う以上
今積極的に打ち返しておかないと!





「むつ小川原港」


寝不足&エンドレスの飲酒でややお疲れモードのマダイ師匠も頑張って
車外に出て打ち返しをされております。(笑)

こちら太平洋側はまだマシに思えるんですが、今日から明日にかけて東北エリア
には2個の大型低気圧が接近し青森県全域で荒れ模様、、、今夜未明からは
これら2つが重なり合い爆弾低気圧にまでなると報じられておりますから注意が
必要です!すでに濃霧が発生しつつあり視程が低くなってきてます。


んっ?


エサ交換をしよ~とリールを巻き始めると何かゴミが掛かったみたいに
ただ単に重い?最初はそれだけだったのが手前に寄って来るにつれ
グイグイ引き込み始め、







42cm マコガレイが居食いしてました ♪


ここで言う時合いのよ~にそんな連続してアタリは出ませんが、とりあえず
これまでに釣れた2匹はどれも40cmアップで型は良型揃い。

不思議と昨日に比べると遥かにエサ取りもおとなしいみたく放置プレイしてても
エサが残ってくるケースが多いですねぇ。って、そ~いえば昨日はここに到着
したのは明るいうちでしたけど、本格的に攻撃開始となったのは夕マズメ
ちょこっと過ぎ!デイタイムの状況は分からないんでしたっ。(笑)


食いの立つサイクルが読めないので24時間常に集中モードでやるのが得策
なんでしょ~が、眠い、、、おまけに時間の経過と共に雨も激化して霧も
どんどん立ち込めてきてますからできれば外に出たくない、、、しかしながら
そうこう言ってるうちに暗くなるので今のうちに一度全ての仕掛けを新しい
エサに交換しておこうと再び車外に出て回収を始めると、またっ、


グウウウ~~~ッ!





45cm マコガレイ居食い~。(爆)


アタリも出ず知らない間に食ってましたパターンが非常にここでは多い。

いや、もしかするとちゃ~んと竿先にアタリは出ていたのかもしれませんが
、いかんせん車内で待機してる時は雑談をしたりスマホを見てたり、寝てたり
する為、外の様子なんて全然見てないっ!あはは、実際今までもマダイ師匠と
鍋をしながら遅めの昼食を楽しんでましたしねっ。


午後18時を過ぎて暗くなるとすぐ近くも見えないレベルの濃霧となり、1時間
もしないうちに天井がバチバチ音がするくらいのもの凄い大雨に。


さすがにここまでなると酷すぎですから少し治まるまで車内で待機。


その間に今後の天気予報含めて情報検索をしてると、なんと今日の青森空港
、、、運航するほとんどの便が強風で降りれてませんやん!?ANAの大阪線も
1日3便あるのに2便が欠航、、、ヤバいんでないかいっ!?

そんでもってすでに現時点で明日の朝イチの便は使用機材が調達できない為に
欠航決定、、、嫌な予感がしますわ。







午後20時前に一瞬だけ雨雲が途切れたのか?小康状態になったので
このタイミングを逃したはいけないと外に出て超特急で打ち返し。

夕マズメからですから長時間放置してあったにも関わらず掛かってたのは
ミニサイズのマコガレイダブルと特大ドンコが3匹、、、更に今になってまた
エサがどれも残ってない感じですから暗くなってからエサ取りが動き出した
のかも。一部房掛けにしてあるアオイソメが長さ揃った状態でスパ~ンと
途中でちょん切られてますし間違いなくカニも混じってるよう。

魚を外してポイ&あれこれ作業をしてるうちにまぁ~たバチバチバチッと大粒の
雨が落ちてきてまもなく土砂降り、、、いや、ここまでだとゲリラ豪雨です。


ドボドボになりながら車内に逃げ込み3時間。


正直、昼間にちょくちょく仮眠も取ってましたから全然眠たくもなく目は
パッチリ冴えてるのに釣りをしたくてもできない状況、、、これくらいの雨なら
根性入れれば何とかいける!レベルをもうとっくに超えてしまってます。

雨雲レーダーと睨めっこしながら日付が変わり、よしっ、もうそろそろ大丈夫と
判断したのが午前1時前、すでにマダイ師匠は夢の中 ♪


ズッシリ!?


竿を持って少しサビいてみると重量感アリ!







42cm マコガレイ、これまた藻に絡みつつ居食い。(爆)


いやいや違う!居食いではなくただ単にわたくしめが放置してただけやん。

何はともあれドンコや他お呼びでない魚じゃなく本命が付いててくれただけ
感謝しなくてはなりませんねぇ。この打ち返し時に35cm前後の個体も3匹
付いてましたからここから真剣にラストスパートを掛けましょう。


マダイ師匠に今、打ち返しをしてたらマコガレイも数匹食ってきてましたし
雨も止んではいないけど一応峠は超えたよ~ですよ~とお声掛けするも
返答無し、、、グッスリおやすみ中でございます。

なのでわたくしめのみ30~40分インターバルでタイマーをセットしながら
朝まで攻めの釣り開始!







霧が凄い、、、


ほぼ無風に近い上、雨降りなのもあり気温は大阪とほぼ変わらず夜間でも
13℃もあります。こ~ゆ~環境下では霧が発生しやすいもののこの戦場恒例の
爆風は吹いてませんからまだマシな方?普段から爆風なら大雨の方がいいと
言ってるJCAではありますが、さすがに初日から延々と雨模様となると心が
折れそ~になりました。(泣)

下手にこまめにサビいてると即エサ取りの餌食になっている感があるので、
どれだけ積極的に竿を触りたくても我慢、我慢!一通り打ち返したら車内待機
&ロボットの如くタイマーと連動して戦ってゆきます。


早速30分が経過してアラームが鳴り響きましたので外に出て1本ずつ竿を
あおりながら生体反応の有無を確かめていくと、



ブルッ、ブルブルッ!


ガガガン!グイグイッ、グイッ









42cm マコガレイが2匹に、48cm アイナメ


ここにきて熱い時合い到来か!?


食いが立ってるうちが勝負とガンガン打ち返し&マダイ師匠も起きてこられ魚を
撃沈されております。こんなハニータイムが1日の間に何度か訪れる印象がある
戦場だけに今回の遠征は読めない所だらけ&渋い時間が非常に長く続いて
苦戦を強いられてましたが、最後の最後でそれなりに満足のいく釣れ具合いに
なってくれてホッと ♪


夜明けまで数時間だったものの、悔いの残らないよ~に集中しました。


帰りの飛行機は午後13時15分発ですから、片付けて日帰り温泉で綺麗キレイ
になってからクロネコセンター経由で青森空港へという流れを考えるとどれだけ
遅くても午前9時までには終了&片付け始めないといけません。エサも微妙に
残ってましたからギリギリまで頑張ろうと思うも、

まさかと目を疑ってた予報が現実に!?


最終日は早朝までに雨は完全に止むものの、それに代わって風速17mの北寄り
の西風予報が入ってたんです、、、でも、17mってなかなか見ない数値ですし
いつも通りの爆風程度やろ~と考えてると一瞬にして三脚ごとなぎ倒してゆき
、レンタカーの大型ミニバンもおもちゃの如くグラグラッ!立ってるのさえ危険
を感じるレベルになった為、マダイ師匠のもう止めようや~と言葉で即終了。

予定より3時間近く早めに終了してまずは全部適当に車にほ~り込んで風裏に
なってる場所を探してからゆっくり後片付け、、、あれはヤバかったですわ。





止まない雨と渋い状況下、頑張りました。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 16号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: 塩イソメ、アオイソメ


「地球が持たん時か?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

43、41、40cm マコガレイ撃沈! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)





着陸寸前に見えてきた一瞬富士山と見間違えてしまうよ~な八甲田山、ちょ~ど
山を回り込む形で「青森県」に降り立ったSurFreyja“マダイ師匠”
JCA。空港内がリニューアルされててかなりビックリしながらもそ~いえば
昨年来た時はターミナルのあちこちが工事中の壁になってましたねぇ~と
、、、早いものであれからもう1年が経つんですねっ。

カーナビ無しでも走れますからレンタカーを借りたらいつものクロネコセンター
に送っておいた荷物を引き取りに行って目指すは太平洋側!

一応、今日から平日なのでそんなに人も来ていないとは思うものの、念の為に
先に場所を確保してからスーパーへ買い出しに行こうとなり戦場に直行して
みると、な、なんと港の奥から投げ竿がずら~~~っと!


めちゃくちゃ釣り人で賑わってるじゃありませんかぁ!?


到着時は入れるスペースがほとんど無かったのでマダイ師匠が声を掛けて
話しておられた地元のお兄ちゃんらが午後18時には撤収されるとのことで
その後に交替で入らせて頂くことになり、明るいうちに後ろでタックルだけ
組んでおき&そのままスーパーへ買い出しに。

関西じゃ新型コロナウイルス騒動のせいでトイレットペーパーやティッシュ
など紙類がごっそり陳列棚から消え失せた状態になってるお店だらけなのに
こちらでは普通に売っててどこか気持ちが和みますねぇ。(笑)







「むつ小川原港」


大半の方が地元のよ~で完全に暗くなる前に撤収されてゆき、最終的に全ての
仕掛けを投入できた頃にはもう真っ暗になっておりました。

コーナー部には宮城県からいらっしゃったお二人のキャスターが入っておられ
今夜は彼らの車と2台だけ並んで夜戦に突入。毎年明るいうちもポツリポツリと
釣れる時はあるけど基本ここは夜の方が良く、マダイ師匠と初日から夕マズメを
逃してしまったけど今夜がメインやしそのうちアタリが連発しだすやろ~と
気楽に考えながら車内でゆっくり → スマホでタイマーをかけながら定期的に
サビいたりエサチェックしてみたりするんですが、、、


アタリが出ません!?


カニか小魚が居るのか?かなりエサ取りがうるさく仕掛け回収時には高確率で
エサが取られてしまってる or ほんの少ししな残ってない状態になって
返ってきます。そんなのもありエサの消費はいつもより激しいのに、肝心な
本命のカレイからのシグナルは非常に乏しい状態、、、


グイグイグイッ!


午後21時を回ってようやくそれらしき締め込みがっ、





35cm無いくらい?のマコガレイ撃沈。


先オモリ仕掛け&塩イソメのコンビネーションでおもいっきり遠投してた
竿にアタってきました。

もしかすると今年は暖冬の影響で水温も他地域同様、そこまで下がりきって
おらず早いうちから釣れていたのかもしれませんねぇ、、、今日の釣り人の数を
見ても毎日そこそこ人が入っているよ~な気がしますから、おそらく中投域から
手前にかけては魚が抜かれて魚影が薄い状態にあるのかも!?

そう思い、早速可能な限り遠投のできる仕様の仕掛けにチェンジ 常に
フルスイングでキャストしてゆきますが、いかんせん断続的に北東の霧雨が
降っており思うよ~に飛距離が出せない上、気付けばいつの間にかずぶ濡れ
、、、ある意味霧雨が一番立ち悪かったりしますよね。


遠投メインの戦術に変更してもやっぱりアタリは乏しく日付が変わって、
午前1時、、、午前2時、、、マダイ師匠がやっとこさアタリがポロポロ
出始めたで~と伺い、果てしなく沈黙を守り続けるわたくしめの陣地前から
2本だけ向こう側に入れさせてもらうと、


ブルルルッ、ブルッ


グイグイ、グウウッ







立て続けに1匹目のとほぼ同じサイズ、35cm前後の個体が2匹&これまた
似たよ~なサイズのアイナメがヒット。


以上でアタリはまた途絶えてしまいました、、、


初日から相当渋いコンディション下、何としても一矢報いようと夜通し
打ち返し続けるもその努力虚しくあっという間に夜明け、、、結局わたくしめが
竿を並べてた真正面のエリアでは1匹も魚の水揚げは無し!遠投のみならず
中投からちょい投げ範囲までしっかり誘いを掛けながら探りましたが、
生体反応が無い状態でした。(泣)

しばらくするとお隣で戦っておられたお二人が撤収されるとのことでコーナー部
に移動&マダイ師匠も今までわたくしめが戦ってた位置を外した所からこちらに
詰めて竿を出されることに。


クククッ、クッ、クッ


んんっ、竿先が何度か押さえ込まれてる?





43cm マコガレイ撃沈 ♪


場所移動して1投目からGOODサイズの登場ですわ。

投げてまだそんなに経ってない竿にアタってきましたからきっと着底した付近に
潜んでいたんでしょうねぇ。こりゃラッキーでございます。


再びアタリが出た投点へキャスト 糸フケを取って仕掛けをステイさせる
ものの、昨夜から吹いてる北東の風は今もなお止まずにむしろ激化中で
ラインを徐々に押して弛み、それによってできた糸フケをまた取ってると
次第に仕掛けが手前に寄ってきちゃう負の連鎖。

こうなりゃ糸フケ気にせず放置プレイを決め込むか?いろんな策を考えながら
とりあえず今投入してある仕掛けに関しては糸フケが出たら取っていこうと
せっせと陣地を見回りしてると、1本だけ大きく弛んでるラインを発見!?

気になってリールを巻いていくと徐々に重たくなってきて、


グウウウ~~~ッ!







41cm マコガレイ撃沈 ♪


ここ2~3年、これくらいの型がアベレージサイズとして数が釣れるケースが
多かった為、感覚がマヒしちゃってたのかも!?こやつは特に分厚かったので
改めて40cm台になると違うな~とヒシヒシ感じました。

曇ってはいるけど明るくなるにつれエサ取りの活性は更にアップしてきて、
デイタイムに使うエサの量をしっかり管理しないと明朝までエサが持たない
かも!?急に不安になってきてここからは塩イソメオンリーでファイヤー。

結構硬めに締めてある物を持参しましたし、これなら海水で柔らかくなるまで
少しは時間稼げができるはず!相手がもしカニとかだと気にせずパッツンと
されちゃいますが、小魚なら大丈夫かな?


まだ風は強く糸フケも気になるので引き続き見回りを怠らずちょこちょこ
サビいたりする中、たまたま大きく竿をあおってみると何も掛かってなければ
ス~~~っと抜けて来る感じの滑らか感があるのに、なぜか、


グイイイ~ッ!?


締め込み始めたんですわ~。







ジャスト、40cm マコガレイでしたっ ♪


さっきのと丸っきり一緒のサイズですけど、ややこちらの方が痩せてる感じが
します。アタってきた方向は全く違えど夜明けから共通して言えるのはどれも
遠投域でのみアタリが出てるって状況、、、強振に耐えれる塩イソメをもっと
たくさん持参すれば良かったなぁ。

その他の竿は現在のところ異常な~~~しっ!(笑)


さて、話は変わりますが、天気予報によると今日は午後から大雨予報が入って
おり雨の中、魚を並べて釣果写真を撮るのは億劫になりますから今のうちに
済ませて日帰り温泉や買い出しも一気に終わらせてしまおうとなり、

午前9時過ぎ、一旦ここで初日分としてまとめておきましょうか~。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ブラックファイター 16号
■ エダス: サンライン・エステル黒ハリス 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーかれい ブラックハリス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: 塩イソメ


「ここも暖冬の影響?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

49、47cm マコガレイ含め32匹! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)





初日の釣果写真を撮った後、竿は放置プレイしたままひたすら撃沈した魚を捌く
作業に、、、水産加工場の流れ作業の如くまずは全ての魚をウロコを取り
五枚おろし&一部は皮引きまでしてから最後に綺麗なペットボトルの水と塩で
作った塩水で洗って キッチンペーパーでサンドイッチ&放置 小分け
にサランラップで包んで大型タッパーに入れて終了、、、記事に書いてる
だけでも長い作業工程なのに実際に2桁以上もある魚を処理してると
超~腰が痛くなってきます。(笑)

それでも撃沈したからには美味しく食べてあげないといけませんし気合いを
入れて頑張ってると、午前9時過ぎにようやく“マダイ師匠”が深い眠りから
目覚められ、風呂にでも行こか~!と、、、

ちょ~ど同じタイミングで1台の車が隣にやってきて十和田から来られたという
おっちゃんが竿出し&わたくしめが捌いてるのを見ながら、1匹でもいいから
釣れないかなぁ~っておっしゃってたのでそれならど~ぞと数匹プレゼント →
ありがたくも竿を見ててもらう事となり午前10時、一番乗りで日帰り温泉に
チェックインしてフレッシュな湯に浸かるのでした ♪


温泉で温まった後はスーパーに寄って買い出し、ガソリンも満タンにしてから
戦場に戻ると、おっちゃんが1匹撃沈されてるところで竿が柔らかいので
なかなかぶり上げれないと困っており、タモ入れして良かったですね~と。


そ~いえばわたくしめの竿も午前7時過ぎからず~っと放置したまま!?


いかんですね~、、、と言いながら全て回収してみると1本の竿からグイグイと
底へ潜るよ~な締め込みが伝わってきて、







ジャスト40cm マコガレイが水揚げ~。


いつも思うんですが、ここって他の戦場と異なり下手にサビき過ぎるより
放置プレイしてた方が食いがいい時が結構あるんですよね~。まっ、時合いの
最中は積極的にサビいてアピールしまくってた方が効率良く数釣りができる
場合もあったりしますが、総合的に見れば放置プレイがベターかな?

他の仕掛けは素バリになっているものもあれば、綺麗にエサが残ってるものも
あったりと投げてた方角、距離によっても若干反応が異なってました。


どっちにしろ4時間以上も放置してあったのに1匹のみ or エサがそのまま
残ってるのもあるとはやはりデイタイムは渋い!ほんと夜明け前からフェード
アウトし始め、太陽が昇る頃には完全に沈黙の海と化す、、、ここのマコガレイ
って完全夜型で昼間はグッスリ寝ているのかも!?(爆)

青空の下、再び全ての仕掛けを打ち返し、暖房を付けなくてもポカポカ暖かい
車内で寝転がってると眠たくなってきたので夜に備えしばらく仮眠することに。
今のうちに少しでも寝ておかないと夜が持たないですからねぇ、、、

昨夜しっかり睡眠を取られていたマダイ師匠は全然眠たくないらしく外でビール
を飲みながら何やら魚を捌いているよ~に?見えたんですが、ここでわたくしめ
は夢の中に落ちてしまい記憶がありません、、、







「むつ小川原港」


明るい車内でこんな長時間爆睡してたのって久しぶりかも?

途中、喉が渇いて1回だけ目が覚めるたもののまた落ちて気付けばもう
午後17時半になってました!?すでに辺りは日が陰ってきてまもなく
夕マズメに突入しますムード、、、

陣地の後ろ側に広がる広大なサーフもよく見れば雰囲気タップリですよね。
ここらでもサーフからルアーでサクラマスが狙えるらしくたま~に釣り人が
入ってると昔から聞いてはおりますが、時期がまだ早いのか?これまで数回しか
見た事ないかも?果たしてそれがサクラマス狙いなのか?ヒラメ狙いなのかは
不明ですが、、、それなりの確率で釣れるならいつか狙ってみたいですねっ。


寝てる間に何度か車に戻られ休憩しつつもずっと戦われていたというマダイ師匠
にあれからどうでした~?と伺うも、サッパリや、、、の返答。(笑)

全ての竿に竿先ライトをセットして新しいエサに付け替えてファイヤ~し終えた
のが午後18時前。さすがにまだ早過ぎると分かっていながらもとりあえず
一番最初に打ち返した竿を持ってみると!?

むむむっ、これって昨日と似たパターン?









なんとまぁ、15分程でマコガレイの群れがアタックしてきたのか?ダブルが
2連チャンな上、41cmの良型まで飛び出します!

昨日は夕マズメは1匹のみで暗くなってからラッシュになりましたが、今日は
この時間帯から時合いインとは、、、もし、潮と密接な関係があるならば
同時刻か昨日より1時間程遅れて同じよ~な感じになる事が多いと思うんです
がねぇ、、、いつになってもスイッチの入り方が読めません。


気まぐれなマコガレイの時合いは午後20時頃までダラダラ続き、クーラーを
開けるともう2桁台になってました。(笑)







この時合いでの40cmオーバーは暮れる直前に来た40cmと、暗くなって
からの42、41cm マコガレイの3匹かな?どちらかと言うとアベレージ
サイズからやや小さめな個体が多かったものの数釣りができました。

また昨日みたく遠投が断然有利って傾向もなく、どの距離帯でもまんべんなく
アタリが出てたよ~に思えます。O本先生と来た際にアタリが連発し、すこぶる
魚影が濃いと思えた小さなカケアガリが連続するピンポイントは昨日から抜かり
なく攻め続けてはいるけどサッパリ、、、たぶん今回は1匹もこの位置じゃ魚を
撃沈してないかもしれません!?当然相手も生き物なので移動してますし、
絶対アタるという保証はないものの大部分がフラットな海底において変化のある
部分でアタらないってのもこれまた不思議な戦場ですよねっ。(笑)

一時入れ食いに近い状態までヒートアップした時合いも午後20時半になると
止まってしまい、それと入れ替わるかの如くまぁ~たお邪魔者のドンコの嵐
、、、エサ代払えや~!と叫びながら打ち返してそそくさ車内に入って
お待ちかねの夕食タイムとなりました ♪


実は昼間、わたくしめが寝ている間に昨夜撃沈したミズタコとマコガレイを
マダイ師匠がお造りにしてて下さったよ~で、あごだしベースの鍋の素を
具を入れず沸騰させたらまずはタコしゃぶ&マコしゃぶに~!





まあ飲めや~、、、とまたスーパーで大量に仕入れて来られた地元の日本酒を
頂きながらしゃぶしゃぶ~ ♪ カレイも期待を裏切らず超~美味しいものの、
特にミズタコは絶品中の絶品でこんなに美味しかったんだぁ~って改めて
驚かされましたわ~。

薄造りにしてあるのでそのままわさび醤油で頂くとコリコリと弾力のある歯応え
にクセの無いタコのお味が広がっていくらでもいけちゃいますし、しゃぶしゃぶ
してミディアムレアで頬張るとフワッと程良い弾力と共に噛み切れて最高!
撃沈した直後はスペースを取るしポイしようか?悩んでましたが、やっぱり
足を数本持って帰る事にしたいと思います。(爆)


美味しい日本酒と一緒にお造り&しゃぶしゃぶを堪能した後、野菜などの具材
を加えて鍋で温まれば睡魔がもう耳元で誘惑しまくりで少しでも気を緩めて
しまうと落ちてしまいそ~な勢い、、、

あはは、もちろんすでにマダイ師匠は目を閉じちゃっておられます。


このまま睡魔に負けてしまうと次は絶対朝になってるので無理矢理目を
覚ますべくあえてジャケットを羽織らずに外へ!気温は昨夜とは打って
変わってマイナス3℃まで落ちており、突き刺すよ~な寒さのおかげで
一気に酔いも目も覚めました。(爆)









震えながら仕掛けを2つ回収すると時合いが到来してたはずのドンコも
掛かっておりましたが、本命も1匹。最悪な事にまた一時的な底ウネリが発生
したのか?隣の仕掛けに絡まって一緒に水揚げされてきましたわ、、、

そしてその仕掛けにはなんと44cm マコガレイがっ!


大型が居食いしててくれたのは超ラッキーだけど他の仕掛けも同様に絡まってる
可能性がある為、まずは全て回収しなくてはいけません、、、ただ、さすがに
ジャケット無しじゃ寒過ぎて一旦車に戻って着込んでからいざ!(爆)


すると、お次の仕掛けは根掛かり?


あちゃ~まさか底ウネリの絡み+根掛かりの痛恨の一撃!?ラインブレイク
させない程度の力を加えながら竿を上下左右に数回煽っていると、

ス~~~っと抜けて、


グイグイッ、グウウウ~ッ!


チモトに特大の藻の塊が絡んでたものの、その先には、、、





49cm マコガレイ撃沈 ♪


ややスレンダーな個体だったのでそこまで大きくないだろうとぶり抜くも、
計測すると長寸があってビックリ!?ゴーマルまであと1cm、、、この1cm
の壁が相当難しいんですよね~。その昔、何かに取り付かれたかの如く
ゴーマル、ゴーマルと必死に追い求めて遠征してた頃を思い出します。(笑)

でも、その時のこだわりがあったからこそ今わたくしめが使っているカレイ
仕掛けがあるわけでして、、、いろんなパターンを試したなぁ~としみじみ。


あと10分で日付が変わろうとしています。


どうやら底ウネリにやられたのは中投域の航路筋ど真ん中に入ってた仕掛け
ばかりで近投&遠投域は無事。また、49cmがアタってきたのは港内の奥
目掛けて遠投してた仕掛けだったのでそこへ集中砲火して様子を見ることに。

豪快ないびきをかきながら爆睡されてるマダイ師匠にデカいサイズが
出ましたよ~と話しかけても反応無し、、、デカイというフレーズに反応しなく
なったらもう起こすのは不可能でしょ~からそっとしといて、わたくしめは
再び1時間おきにアラームを設定して車内スタンバイ。


スマホで来月以降の作戦についていろいろデーター収集してるうちに
午前1時半のアラームが鳴り、外へ。


グゥ~~~ッ!!!


グイイイイイイッ!


2本連続して竿を持ってリールを少し巻いた途端に鋭い締め込み!







47、46cm マコガレイ撃沈 ♪


大型のラッシュ!?今までず~っと港の入口付近をメインに攻めてましたが、
今夜は港内奥に最も熱いピンポイントがありました~。

いずれも先オモリ、デルナー仕様の遠投に特化させた仕掛けにアタってきており
、どれだけ魚影が濃い戦場でもこの手の仕掛けも必須だなぁ~と改めて実感
させれました。だって、、、これらが無ければ45cm以上の個体には出会えて
なかったわけですからねぇ。

午前1時半のチェックではこのピンポイントのみカレイが付いており他は
40cmのアイナメとドンコ、、、時合いってゆ~よりはピンポイントに
かたまっていた個体が目の前にエサが落ちて来て食ってくれたって感じ?


この後も午前4時半まで定期的にチェックするも40cmに満たないアベレージ
サイズがポロポロ単発で釣れただけでお決まりのフェードアウトパターン
っぽかったのでここで就寝、、、


午前7時過ぎにようやく目が覚めて魚を捌かないといけませんから、さっさと
全て回収&片付けてしまおうと上げてみると、

えっ、朝マズメに食いが立ったの?







45cm マコガレイ頭に合計4枚も付いてましたっ。

ちなみに昨夜の午後20時半からずっと爆睡&ずっと放置してあったマダイ師匠
の仕掛けは底ウネリの影響のみならずラインまでも潮の干満によってあちこち
フラフラ流されて絡みに絡みまくってました。(爆)

清々しい表情で起きてこられたマダイ師匠、、、解くのが面倒とPEライン
ですら途中からチョキン、チョキンと切ってまた新しい物巻くわ~と片付け
られる豪快さ、、、さすがでございます、、、あはは、それより2日目の夜は
ほとんど釣りをされてないよ~な、、、(爆)


2日目の釣果を並べてみると49cm頭に32匹!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け、先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: サンライン・トルネードSV-I 8号、東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 15号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「熱い夜やなぁ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR