FC2ブログ

遠投用フカセ棒ウキ





遠投用フカセ棒ウキ ♪


同じクラブのよっしーに作ってもらいましたっ。

昨年のアキアジ作戦時に午前中は普通に投げて届く距離帯でアタリが出てたのに
、昼からはサーモンロケットでおもいっきり遠投した所のみでたま~にアタリが
出るとゆ~感じになった時がありました。

わたくしめはウキルアーでしたからラッキーにも着水地点近くに魚が居れば
すぐに食ってくるもののリトリーブを開始し、少しでも仕掛けが手前に来ると
全くアタリが出ないという状態、、、要するに着水地点付近の距離帯を左右に
群れが行ったり来たり回遊してるパターンですわ。

それなら一応フロートが付いていることだしリトリーブはせず着水地点で
そのままフカセみたく放置しておけばいいのでは?と思いすぐ試してみるも
タコベイトだけでユラユラ漂わせてるフカセには頻繁にアタリが出るのに
それに対して金属のルアーが付いてるこちらはサッパリ、、、


そんな中、おもむろにバッグから棒ウキを取り出したよっしーは他のフカセの
人より遥かに遠くへ飛ばし次から次へとプレッシャーが掛かって岸から
遠ざかっているアキアジを撃沈!?でもなんでこのウキ、そんなに飛ぶん?と
聞くと市販のウキでは飛距離が出せないので遠投用に自作してるとの事。







こりゃ凄い!とJCAも欲しくなってしまいシーズンオフとなる冬の間にまた
作るという事でお願いしてわたくしめの分も作ってもらったんです ♪

クラブのグループラインで浮力テストと称して謎の白い発砲の棒が温泉や海で
浮いてる光景の写メがアップされてたなぁ~と思ってると手元に現れた時には
塗装まで施されてどこから見ても!?棒ウキになってました。(爆)


ただ、基本よっしーもウキルアーがメインで本当に群れが遠過ぎてど~しょ~も
ない時限定でこの棒ウキを出すスタンスみたく、今シーズンはサーモンロケット
などで遠投してリトリーブするやり方でアタってくれてますから今のところ
出番は無いまま、、、彼曰く、なぜウキフカセをメインでしないのか?に
ついては仕掛け投入後、ただただぼ~~~っとウキに変化が出るのを待つ
だけの釣法で超~つまらないからと!なるほど~、、、彼らしい。(笑)

でもどんな感じか?すごく知りたかったので戦場で実際に投げてみましたが、
オモリの配置など絶妙なバランスで本当に気持ち良くシュパ~~~ンと
吹っ飛んでいきます!これは絶対に手前で食い渋る時の秘密兵器になります
ので今後必ずバッグに忍ばせておこ~と思います。





わたくしめが使っているタックルに合わせた号数設定がなされており、唯一の
完全オリジナルバージョンでございますわ~ ♪

それにしても凄い重さの設定!(爆)




「シュパ~~~ン!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

SW 5000Sスプールへスペーサー3号





定期購読している雑誌の表紙にもいよいよこやつの姿がっ!


PE1~1.5号クラスの細いPEラインと強度的につり合いの取れたナイロン、
またはフロロカーボンのショックリーダーを連結した際に生じる太さの
アンバランス、、、これによってたま~に引き起こされるライントラブルを
軽減すべく遠投を意識したシャロースプール使用時においては必ず
スペーサーを導入しようと決めたJCA。

早速ではございますが、PE1号を巻いた'14ステラ4000番用の夢屋・
スーパーシャロースプールにスペーサーPE2号をかましました。


と、そこまでは良かったんですが、


実はこのラインシステムをすぐにでも試してみたいなぁ~と思うも、今後予定
している作戦では出番が無い!?いや、気にせず使えばいい話なんですけど
それぞれの作戦において専用のリールを準備しちゃってるもので早くても
12月頃?あはは、おそらくその頃になると雪も凄いかと思うので行かないと
思うんですよね~、、、大物投げ釣りが忙しい時期でもありますし、、、

とりあえず4000番に関してはしばらく置いとくとして、直近の作戦で導入が
決定している'13ステラSW 5000番用のシャロースプールならすぐにでも
試せますからこちらにも購入してあったハードコアなスペーサーを連結です。





夢屋のSW5000SスプールにはパワープロZ 1.5号を巻きましたので
スペーサーPEは3号を持ってくる事に。


4000番のスーパーシャロースプールを巻いた際に気になった巻き量についても
今回は予め調整しスペーサーを巻いて、かつショックリーダーを連結した状態で
スプールがベストバランスになるようにしましたっ ♪

いろいろなルアーフィッシングのサイトや雑誌などを参考にしPE同士の連結を
勉強してみたつもりですが、やはりどの結びもPE同士、特に細糸でとなると
強度100%というのは難しいみたいですねぇ、、、FG、PR、オルブライト
他実際に使い比べながら今後自分自身でベストと思える結びを模索して
いこ~かと考えております。







今から連結させるナイロンのショックリーダーとの結びはFGノットで!




「ノットは奥が深い」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夢屋スプールにはホワイトのPEを ♪





シマノ「パワープロZ 1.5号-200m」


純正スプールにはミッションコンプリート2号を巻いた'13ステラSW
5000PG、セットで用意してあった夢屋のシャロースプールにはどのライン
を巻こうか?ちょこっと悩みましたが、やはり一目でシャロースプールと
見分けが付くよ~にしたく定番のグリーン系やミッションコンプリートと同じ
ピンク系カラーは避けようと思い'14ステラ4000のシャロースプールに
巻いたのと一緒のパワープロZのホワイトをセレクトしてみましたっ。

まっ、夢屋のスプールデザイン自体も純正とは異なってるので一目ですぐ
見分けが付くと言えば付くんですけど、あからさまに普段使用していないカラー
を導入してる方が更に分かり易いのでねぇ!


ちなみにミッションコンプリートは8本編みでパワープロZは4本編み。


今回シャロースプールを購入した目的は、通常アキアジ作戦ではPE2号を愛用
している中、群れが遠く遠投が有利な際 or 2号では微妙に届かない距離帯
を攻めたい時にワンランク細くした1.5号を200m巻けるこのスプールに
チェンジして狙っていこうという考え。

飛距離の面だけで比較すると同じラインの太さでも細い原糸を8本用いて
編み込んである8本編みの方が原糸間の隙間が少ない高密度設計なのと、
4本編みと比べるとラインの断面がより完全な円に近くなっているのもあり
確実に飛距離は出せると言えます。







では遠投が有利な時に使う為のはずなのになんで4本編みを?


と思われるは当然ですよね。(笑)

JCAも正直、最初は遠投用スプールという考えから8本、または更に高密度な
12本編みPEをと考えていたんですが、PEラインの構造について勉強して
いくうちに考えが変わってきたんです。

それは強度面においての考えからで、各PEラインのパッケージ表記を見ても
お分かりのよ~に4本より8本の方が更に直線強度を上げる事が可能になっては
おりますが、これはあくまで直線強度の話で問題は同じ強度でも摩擦強度に
関しては4本編みの方が断然強いという事!

1本あたりが太い原糸を使用している4本編みの方が8本と比較すると擦れに
対する耐久性は確実に強いわけで、直線強度はたとえ8本より劣る場合がある
とはいえ最低限PE1.5号の持つ強度は出ているとなれば少しでも擦れに
強い方を選んでおこうと。やはりPEの最大の弱点は擦れに弱い!って事が
挙げられるからこそほんの少しの違いであったとしても摩擦強度の点については
こだわっておきたいなぁ~と。

ただ、、、太い号数のPEならまだしも今回は1.5号についてですから、
4本であろうが8本であろうが擦れたら即切れてしまいそ~な気がしますし
そこまでこだわる必要も無いのかもしれませんけどねっ。(爆)


PEの編み込みについて考えていると夜が明けてしまいそ~なので、冒頭で
書いておりました見分けが容易につくという点に戻して、





ミッションコンプリートにもピットブルにも無いホワイトカラーはこ~やって
純正スプールとシャロースプールを並べてみても一瞬で見分けが付きますし
GOODじゃないですかぁ ♪

あとはシャロースプールの方には以前、PE1号で発生したのと同じライン
トラブルを想定してPE3号のスペーサーをかましてからショックリーダーへ
連結というラインシステムを組んで臨みたいと考えております。




「1.5号は細いなぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ハードコアなスペーサーPE!?


PE1~1.5号クラスのキャスト時におけるライントラブルを回避すべく
ラインシステムのメインラインとショックリーダー間にスペーサーを導入
しようと考えているJCA、様々な情報ソースから情報をかき集めようやく
スペーサーとして用いるPEラインを決めましたっ!

基本、シーバスやフラットフィッシュ系におけるスペーサーなら安価なPEで
大丈夫と書かれているサイトが多かったものの青物や他更に大物をターゲット
に据えるケースにおいてはみなさん結構こだわりを持たれており、またJCA
自身の考え方でもスペーサーの先にはショックリーダーが来て、更にその先
にはルアーへと繋がっていってるわけですからある程度納得のいく製品を
使いたいという気持ちがありました。

最終的によつあみの磯ハンターとどちらにしよ~か?悩むも磯ハンターは
細い号数設定が乏しかったのもありこちらをセレクト。





デュエル「HARDCORE X8」


ウルトラPEを8ブレイテッド加工した強く、しなやかなPEラインで原糸には
高強度ポリエチレン繊維が使用されております。

シルキーエイトと書かれているだけに精密に製法された8本編みラインは非常に
滑らかでソフトな手触りな為、ラインシステムを組む際に結束強度が出し易く
なっているそ~な、、、このIZANASという高強度ポリエチレン繊維はシマノの
ピットブルなどと一緒ですよね。

なぜこのラインをチョイスしてかと言いますと、







ご覧のよ~にブラック グリーン オレンジ ブルー ピンク
という10m×5色パターンの色分けになっており1m毎に黒マーキング、
そして5m毎に黒・白・黒マーキングが施されておりスペーサーはシーンに
応じてだいたい5~10m前後で入れるのでマーキングを頼りにすれば容易に
長さ設定ができるのが魅力!まっ、こ~いったマーキングは船用のPEライン
では定番的なものでコレが特別仕様ってわけではないんですけどねっ。(笑)

お値段もそこそこリーズナブルな上、丈夫でかつしなやかとルアーマンの間では
使い易いスペーサー用PEとして評判みたくです。


わたくしめはPE1号を巻いた'14ステラ4000番用のシャロースプールに
2号、そしてPE1.5号を巻いた'13ステラSW 5000番用のシャロー
スプールに3号と2種類をゲットしスペーサーとしてかましていきたいと
思っていますが、、、あはは、なんせ2号は200m、3号は300mもあります
から1回で最大10mまでしか使わないスペーサー利用となるとおそらく
これで一生持ちそうですわ。(爆)





メインラインとスペーサーとの結束にはみなさん様々なノットを使われており、
FGノットやMIDノット、PRノットを始め幾つかのお勧めノットが挙げられて
いるもとりあえずわたくしめは摩擦系ノットでは最強と言われているFGノット
がベスト?一番安心かなと思いメインラインからスペーサー、そしてショック
リーダーに至るまで全てのノットはFGで結ぶ事に。


あれこれ頭の中で決めてるだけでは意味がありませんから、近くに置いてあった
'14ステラ4000HG用のスーパーシャロースプールに早速スペーサーPE
2号を連結してみましょう。

細いPEライン同士のFGノット連結って最初の編み込み段階が慣れるまで
少々手こずったりしますが要領さえつかんでしまえばスピーディー!







だけどねぇ、、、この4000番ってこの先あまり出番が無いよ~な気がするん
ですよね~。地元、関西圏でもショアジギングなどをやるとなればまた話は
変わってきますが、今のところトラウト&サーモンでいっぱい一杯ですし。

なのでスペーサーだけ連結し、1色分10mでカットした状態のまま置いて
おこ~かと思います。ご覧のよ~にスペーサーを巻いただけでもスプールが
満タン近くなってますから更にナイロンやフロロカーボンのショックリーダー
まで巻いて放置しちゃうと知らない間にバサバサバサ~!?とこぼれてしまう
可能性がありますのでねぇ。(笑)





ただでさえシャロースプールは溝が浅いのに今後その上からスペーサーが入ると
なるとやはりメインPEラインの巻き量から調整をした方がトラブルレスな気が
しますね。どちらにしてもまずは一度実釣で使ってみてみないと!




「でも出番が、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

'13ステラSW 5000PG + ミッションコンプリート


リールは今年に入ってすぐ、ラインは3月の時点で買い揃えてあったものの
、実際の作戦導入時期はまだ先だったこともありすぐにはラインを巻かずに
そのまましばらく眠らせてあったいずれもシマノの'13ステラSW 5000PG
とミッションコンプリート2号、、、そろそろ時期的にも糸巻きなど最低限の
準備はしておかないといけないなぁ~と思い、出してきましたっ。





昨シーズンは'14ステラ4000HGにラインは同じミッションコンプリート2号
を巻いて戦いましたが、作戦を通して個人的にこのPEは非常に使い易かった
ので今シーズンも迷わずセレクト!

カラーはおもいっきりビビッドなトレーサブルピンクにしましたよぉ ♪


4000番のスプールではちょ~ど2号が200mというピッタリのキャパだった
んですが、さすがに5000番になると下巻きが必要となるのでここは適当には
せず、しっかり巻き量を計算してできる限りベストバランスになるよ~に。







下糸のナイロンを巻き終えた時点で結構大きく盛りができてるよ~に思えて
ちょこっと不安になりましたが、計算は間違ってなかったよ~でミッション
コンプリートを巻き終えるとほぼ想像してた通りの巻き量に。

リーダーはもちろんの事、この作戦では毎遠征ごと?いや、下手すれば毎日
戦い終了後1.5~2m前後はダメージや撚れといった使用による劣化を考え
カットしていくよ~にわたくしめはしてますから必然的にシーズン後半に
なってくると巻き量が減ってきます、、、

あはは、とはいえそんなあからさまにラインが減った!と感じるまでには
なりませんけど、その辺も考慮して今回巻いてみたつもりでございます。


こ~いったグリーンより更に鮮やか系カラーのPEって色落ちが顕著!?
使ってくうちにすぐ色が薄くなってくるのが分かるのがデメリットですよねっ。
まっ、グリーンにしろ他のカラーにしろ同じよ~に色落ちはしていきますし、
ライン自体が消耗品ですから気にしない事ですね。(爆)





今シーズンもたくさん釣りたいなっ ♪




「もうすぐやね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR