FC2ブログ

クラフト工房 檸檬の木「スターダストライダー」


もうずいぶん前にはなるんですが、ネットで海サクラ作戦の実績ルアーを検索
していると何やらJCAの心をくすぐる!?ネーミングのジグミノーを発見。

気になって詳しく調べていくと、このルアーも個人のクラフトメーカーによる
完全ハンドメイドで現地北海道だからと言ってどこでも取り扱いがあるわけ
ではなく限られた店舗のみ、、、また、それらの店舗に問い合わせてみても
入荷すると即売り切れてしまうよ~でレア物の臭いがプンプン。

そんな実績ジグミノーをこの度、直接クラフトメーカーに作って頂ける事になり
、注文 来シーズンまでに間に合えばいいのでゆっくり作って下さいと
お願いしてると予想以上に早く作って下さり手元にっ ♪





クラフト工房 檸檬の木「スターダストライダー」


このネーミング、、、聞いた途端に、

機動戦士ガンダム0083 ~スターダストメモリー~を思い出してしまった
のはわたくしめだけでしょうか?(爆)

星屑に乗るジグミノー、、、熱い、、、熱すぎる!私の心は、今の宇宙(そら)
のように震えている、、、アナベル・ガトー少佐のセリフをついつい口ずさんで
しまう中、早速それぞれを見比べていきましょう!


一見全て一緒のモデルのよ~に思えますが、実は2種類ありまして、メインで
カラーバリエーションも豊富な方がスターダストライダー35gで、もう1つは
サイズはスターダストライダーと変わらないものの5g減の30gスペシャル
ワークス“S-Works”と呼ばれるモデル。


まずは前者のメインモデルから、







【仕様】

■素材: バルサウッド製 35g(±1)
■全長: 95mm(アイ含まず)
■フレーム: 1.2mmステンレス軟線フレーム(貫通)
■塗装: アルミ貼ボディ、ウレタンクリア仕上げ



主な特徴としてはPEライン16lb.にて平均飛距離90m以上で、波に揉まれ
ても浮き上がりにくく安定したレンジキープが可能。またアクションは横回転
しつつの水平フォールとウォブリングをメインにロール混じりのスイミングで
スローからファストリトリーブまで全ての巻きに対応する仕様。巻き上げの
リールストップやトゥイッチで鋭くダートするとも説明に書かれておりました。

そして最大のセールスポイントとされているのが、製作者ご自身がアングラー
である事で、その釣行から得たデーターを基に何度も改良を加えこの
ジグミノーを完成させられているよう。

今回わたくしめがゲットしたカラーは、ピンクパール蛍グロー、ピンクパール
シェル仕様、鮭稚魚ピンク、鮭稚魚オリーブグリーン、パープル、ブラック
シェル仕様の6色。


お次は“S-Works”モデルで、







ただのスターダストライダーのスリムバージョンではなく水噛みの良い
ボディ形状によってレンジを上にあげてロール角度を増やしたフラッシング
仕様で、先にも書いてましたがサイズは変わらず95mmながら5g減の30g。

リア重心のルアーとは一線を画するややフロント重心バランスの妙味を
キャストにギリギリまでストレスのない程度に収められているよう。

S-Worksの方は現在のところシャインブルーとピンクオーロラ2色展開?
のよ~ですが、何と言ってもそのカラーリングが素晴らしく魚のみならず
人間まで釣られてしまいそ~な妖美な感じ ♪

わたくしめはシャインブルーの方にイワシドットなる黒点を追加して
もらいましたよん。めちゃくちゃいい感じでしょ?


スターダストライダーとS-Worksモデルを並べて比較してみると、









ご覧のよ~にS-Worksはボディがやや曲線を描いており、特にお腹部分を
見てみると大きくえぐれて全体的にスリムなスタイルなのが分かりますよねっ。

あと、よく見ると胸ビレの所に刻印がされており、スターダストライダーには
S, Rider、S-WorksにはそのままS, Worksとなってます。


いずれもまだ実釣では使った事が無い為、何ともインプレのしよ~がありません
けど愛用中のコジマクラフトのサムライ同様、そのボディスタイルと重さから
して相当飛距離が出せそうな印象なので来シーズンが楽しみですわ~!







「宇宙世紀0083」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

外すべきか?巻くべきか?





夜のご飯物はおにぎりにすると言ってたのを思い出し、なんでおにぎりなん
だろう?と不思議になりながら食べに行ってみると、あれまっ!?ちょこっと
ゴージャスなおにぎりが食卓に並んでおりましたっ。(笑)

このカラフトマスの鱒子味噌漬けは今回がお初とゆ~のもあり、お試し程度で
作ったので1匹分しかなくこれで最後になるみたい、、、炊き立てご飯から
始まりお酒のアテなどちょこちょこ頂いてるうちに即行無くなっちゃいました。

アキアジの筋子でも作れるんでしょ~けど、味噌漬けは卵を包む皮を付けたまま
漬け込んでるのもあり全てが柔らかい鱒子の方がベストのよ~に感じますねぇ。


おにぎりを食べながら、そろそろどうするか決めないといけないなぁ、、、
と頭の中で考えながら、とりあえずラインを入れて最新情報&アドバイス
を仕入れてみることに。

ちなみに、そのそろそろどうするか決めないといけない事とゆ~のは、


“外すべきか?巻くべきか?”


それだけじゃ何の事か分からないかもしれませんからもっと詳しく書きますと、
ステラ3000MHGに巻いてあるPE、ピットブルを外すか?それとも再び
新しいリーダーを結ぶべきか?とゆ~ことでございます。





先月の20日頃にカラフトマス作戦で使用し、持ち帰ってきてからリーダーを
カット&塩抜きした後、リール本体を水洗いしてず~っと乾かせてありました。

わたくしめが通う知床半島付近においても、例年通りなら若干ブナ率が高く
なってくるも9月の半ばまではまだ銀ピカなカラフトマスの群れが接岸して
作戦を楽しめるはずが、何度も書いてますよ~に今年は超が付く程不漁な年
みたく漁師の定置網も早々にアキアジ用に切り換えられてるとのこと。

また、陸っぱりの一部からは8月の後半頃からすでにアキアジが釣れだしてる
よ~で、わたくしめも早々に見切りを付けてアキアジ作戦にシフトした方が
いいのか?微妙な境界線時期でもある今、めちゃくちゃ悩んでしまうんです!


現地に住んでいる釣友からの返事を見ても、毎日状況が変わりつつあり
これだけはギリギリになるまで判断が難しい?いや、数日先の予想ですら
できないくらいいつカラフトマスが終わるのか?そしていつアキアジが本格化
するのか?が全く読めないよう、、、彼のホームグラウンドの現状ではまだ
カラフトマスの方が有望でアキアジは狙って釣るには厳しい感じと聞きます
からますます悩んでしまいます、、、


彼とよ~く話し合った結果、出した答えは、







リーダーと連結してあったPEの先から数メーター取り出してカット
再び新しいリーダーを連結しました。

あとは毎朝の戦場の状況および釣果報告を教えてもらいながら判断するしか
ないかな?あはは、みなさんがお考えのよ~にどちらでも対応できるようにして
おくのがベストなんでしょ~けど、気分的にど~もこれら2作戦間をフラフラ
するのが苦手?スッキリしないのでできれば当日までに答えが出て欲しいなぁ。




「カラフトは厳しいで」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

銀河系からやって来たスプーン!?


JCAがカラフトマス作戦で愛用しているアングラーズシステムのスプーン、
BUXシリーズ。食い渋る環境下においては頻繁にカラーローテーションなど
しながらどのカラー&ウエイトが当たりになるか探っていかなくてはなりません
が、基本これらのカラーがあればまず間違いない!とゆ~実績カラーも
これまでの経験を通して幾つかわたくしめの中にもできてきております。

それを少し補充しておこ~とネットでちょこちょこ検索してると一部のカラーに
おいて星屑を散りばめたよ~な塗装のモデルを発見!







アングラーズシステム「BUX 銀河カラーシリーズ」


GALAXYから取ったのでしょうか?全て“X”で始まるカラー名となっており
全部で16色あるみたく、今回わたくしめはストックが少なくなってきてた
“XPK”“XPL”の2種類、それぞれ裏面がゴールドとシルバー両方を
同数ずつゲットしましたっ。

エッジにレッドとオレンジが入ったXPLは昨シーズン、デイタイムの
アタリが遠い時間帯に周りは全く釣れてないのに不思議にもこれだけは爆釣!
ってくらいコンスタントに魚がアタックしてきてとてもいい思いを何度もさせて
もらった信頼カラーなので大量に~。そして、グリーンが基調のXPKに
関してはお初購入となるものの、同じパーマーク入りのデザインで
カラーだけが異なるパターンですからこちらも一度試してみよ~かなぁ~と。

朝夕マズメにおいてはこれとはまた違うカラーを愛用してるんですが、
それらのカラーは銀河カラーシリーズにはラインナップがありませんでした。


まぁ、実際のところ魚の食いさえ立てばあまりカラーなど関係無くアタってくる
よ~に感じる時もあったりしますけど、それは投げ釣りで言う装飾と一緒の
よ~なものですねっ。信じて釣る方が断然楽しい ♪





早く使ってみたいけど、、、今年はもう厳しいかな?




「GALAXY~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

セッパリのオスを捌いて、、、


川で生まれて海へ降り、そして成長して何年後かに生まれた川に産卵の為に
帰ってくる一部のネイティブトラウト。

その中でも特にアキアジやカラフトマスなんかは一度川へ入って淡水を吸うと
銀色だった色が黒、黄、茶色など地味カラーが混じり合う婚姻色に変わって
ブナ化してきます。両者ともオスは鼻が曲がってワニのよ~な顔付きとなり、
更にカラフトマスは背中が飛び出してきてセッパリと呼ばれる典型的な
シルエットになるのでどれがブナ個体か?なんて一目瞭然!





ブナ化の度合いにもよりますけど、あまり進行し過ぎた個体は市場では
全く価値が無いと見なされるのが一般的、、、だけど逆にブナ個体を使うから
こそ美味しく作れる!そんな物もあったりまして、、、

地元の漁師さんらの間ではアキアジよりカラフトマスの方が遥かに美味しいと
言われるアレを今年は作ろうと思い、ちょ~ど先日の遠征で60cmを超える
立派なブナオスが釣れましたので持って帰って参りましたっ。


本格的に作り始めるのは関西では寒くなってからになりますが、だからと言って
1匹そのまま冷凍保存してたのではスペースをおもいっきり取ってしまう為、
とりあえずヌメリ&ウロコ、頭から内臓に至るまで全て綺麗に処理してできる
所まで捌いた状態にしてから真空パックへ。





こだわればブナはブナでもメスではなくオスの方が旨味成分が多くベターらしい
ので、まさにこやつは条件を全て満たした完璧個体!?(爆)

カラフトマスはアキアジに比べるとアベレージサイズが小さめですから、あと
もう1~2匹あったら最高だったんですがねっ、、、残念ながら銀ピカ個体では
脂があり過ぎてイマイチのよ~ですし、今年は不漁年なのもあってカラフトマス
は例年より早くに終わっちゃうかも?とも現地じゃ言われてますからこれ以上の
仕入れが無理だった時はアキアジでかな?

ただ、魚がまだ海に居る限り、シーズンが終盤になればなる程ブナ個体は
増えてきますから捕獲は容易!?いや、だからと言ってわざわざブナを狙って
遠征、、、とゆ~のもさすがにねぇ。(笑)


魚の処理を終えると午前中にポスト投函されてあったレターパックを開封。


こんな状況下ではこのスプーンが非常に活躍した!やら、このカラーやウエイト
のモデルが無くなってきてるなぁ~など、1つの作戦が終わるとすぐ他の作戦へ
シフトする傾向にあるJCAにとっては細かい内容はその場で覚えてるうちに
対処をしておかないと即忘れてしまう事が多々。

スプーンの補充も帰宅してからだと億劫なので、遠征中のその日の作戦終了後に
日帰り温泉の休憩室やレストラン、車内でスマホを使ってクリック ♪ 自宅に
戻る頃には全て届いているよ~にしております。





こ~してみるとやはり定番カラーが一番消耗が激しいですね。




「ブナオスで何を?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

台風の日に届いたオリカラ


お盆休み期間に突入した2日目、ピークタイムの11日から即仕事に駆り出されて
、ようやく1日のみオフが貰えたのでクラブメンバーとキスの引き釣りにでも?
と話してると、当日の16日は大型台風10号が西日本に接近&上陸し大荒れの
お天気となり断念、、、結局今年のお盆も仕事だけで終わろうとしております。

予定してた出撃もできずつまんないので、地元の友人と茶~でもしに行こうと
なり車でお店へ向かうと、途中から急に暴風雨となり車がグラグラと揺れる
までに!?台風自体はもっと西の方を進行中なものの、台風の中心から南東側
にかけてが最も雨風が激しいコンディションにあり直撃したのと同様レベル。

デパートや他一部のお店は午前中いっぱいで閉店になってる所もあったよ~で
、その影響もあって?わたくしめが行ったカフェは通常営業中で超満員!こんな
天候だしきっと人も少なくゆっくりできる思ってたんですけどねぇ。(笑)


午前中のみの営業はお店のみならず郵便局やクロネコヤマトも一緒で、
コーヒーを飲んでる時に郵便局から電話があり、不在で午後からの再配達を
お願いしてた荷物が配達不可能となりました旨の連絡、、、台風が来ると
必ず多くの交通機関がマヒ状態になりますから仕方ないか~。


そして夕方までに帰宅すると、あれれっ!?


ど~やらわたくしめが外出した直後に到着したのか?ポストには茶封筒が投函
されておりました。早速ビリビリッと破いて中を確認してみると、







アングラーズシステム「BUX ショップオリジナルカラー」


いわゆる特定の取扱店限定オリカラってやつですわ~!

ネットで5.1gを探していると見たことの無いカラーを発見し、何だか良さげ
に思えたのでポチッとしてみましたっ。

“TMバッタ改”はその名の通り昆虫のバッタをモチーフにしてるんでしょうか?
ビビッドなグリーンが印象的です。“RSイワナ”“TMアマゴ”もそのままで
鮭稚魚みたく小魚のカラーリング。モチーフになってるラインナップからして
渓流や湖といった淡水域での活躍を見据えた仕様なのかもしれませんが、
とりあえずカラフトマス作戦で導入してみよ~と!あはは、結局のところ
人間がそのデザインに釣られてしまったって感じなんですけど~。(爆)

限定カラーやショップオリカラといった珍しいモデルってどこか惹かれる所が
ありますよね。今回仕入れたのは限定ではなく常にそのショップじゃ取り扱いが
あるよ~ですから実際に使ってみて良さげだったら大量購入しようかなと。

このBUXのスプーンって他に比べるとややお安くリーズナブルなものの、
シェルなど天然素材を使っている物は少なく塗装されたモデルが多い為、
色剥げは覚悟しないといけません。なのでいつもお気に入りカラーがあれば
まとめて購入しておくよ~にしてるんですわ~。ど~せわたくしめの地元、
関西じゃなかなか売ってない物ばかりでネット頼りになりますからね。





台風10号も明朝には完全に日本海へ抜けて2~3日以内に温帯低気圧に
変わりそ~ですし、そろそろ出撃準備に取り掛かっていきましょうかねぇ。




「綺麗なデザイン」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR