FC2ブログ

人は、同じ過ちを繰り返す、、、


フォウ・ムラサメが堕ちた時にアムロが言った名言の如く、


人は、同じ過ちを繰り返す、、、まったく。


あはは、あんまり記事とは関係無いネタで始まっちゃいましたが、人はどんな
シーンにおいても同じ過ちを繰り返すもの、、、わたくしめもしまったぁ~!と
すごく後悔した事でも月日が経つうちにまた忘れてしまい同じ事を繰り返したり
してきております。(爆)

最近のしまったぁ~!はちょこっと前にも書いてましたが、カラフトマス作戦用
のPEラインのチョイス、、、ステラ3000MHGのラインキャパでは使用する
1.2号が150mとあるのに対し、それに気付かず?いや、思い出さずに
200m巻きを購入しちゃっておりました。





が、しかし後でよ~くメーカーのHPを見てみると、同じVARIVAS
スーパートラウトアドバンス マックスパワーPEなるネーミングのライン
にも種類があり今回購入してあった最後にGT-RのV-specみたく
S-specと付く製品は元々200mのみの規格で150mバージョンは
存在しない事に気付いたんです!?

そんなわけで結局の話、この究極の滑りとしなやかさを実現!と謳うS-spec
モデルを使いたいとなると3000MHGのスプールでは1.2号を200mは
巻けないわけですわ。まっ、巻こうと思えば細糸PEですし根性で巻く事は
できるんでしょ~けどライントラブルが発生する原因にもなりますし
やはりラインキャパは守って使うのがベスト。


今シーズンのカラフトマス作戦が終わり、アキアジ作戦にシフトして、それも
終わって再び大物投げ釣りメインとなって年越しを迎える、、、おそらく今年も
毎年恒例の流れで釣りを楽しんでいくと思われる中、約1年後となる来シーズン
のカラフトマス作戦が訪れる頃には必ず忘れてしまいまたPE1.2号200mを
仕入れてしまいそ~な可能性がっ!?


人は、同じ過ちを繰り返す、、、まったく。


何事も覚えているうちに!





お馴染みのネットショッピングでポチッと 即行発送のお知らせメールが
入ってきて自宅に送られてきました。


ついでにモーリスのHPを見てると新製品?見覚えの無いショックリーダーが
掲載されてあったのでこちらも一緒のポチッ。ほんとルアーフィッシング
って投げ釣りに比べると全然お金が掛からなくてビックリです。

ネイティブトラウト天国でもある北海道の釣具店ならこれらはどこでも店頭に
並んでいる製品なのかもしれませんけど、とりあえずわたくしめの地元関西圏
ではなかなか取り扱いが無い物ばかりですから今すぐ欲しい!となっても
入手困難な点があり、今回みたく事前に仕入れておくのが得策なんですよね~。





モーリス「VARIVAS S.T.A. マックスパワーPE X8」

モーリス「VARIVAS S.T.A. エクストリームショックリーダー」


シマノのリミプロ・シリーズみたくモーリスの製品もほとんど超長~い
ネーミングが付いておりますねぇ。(爆)

さすがに狭く小さいスペースに全てを表記するのはメーガー側も不可能
だったのか?パッケージにもスーパートラウトアドバンスという部分が
“S.T.A.”と省略されて記載されてました。


さて、今回仕入れたPE1.2号は150m規格で同じスーパートラウト
アドバンス マックスパワーPEという種類にはなるものの、200m巻きの
S-specではなくX8という製品。このX8は8本撚りを意味し、S-spec
も同じく8本撚りにはなりますが、Smooth Shieldという独自の
フリクションガード表面構造を形成させているアップグレードバージョン
って感じでしょうか?

要するにこのX8のパワーアップバージョンがS-spec。









ご覧のよ~にパッケージは異なるものの、ライン自体は一見S-specと何も
変わらないよ~な感じ、、、


説明にもラインカラーは高視認性とカモフラージュ性能を併せ持つステルス
フラッシュマーキングを採用し、正確なトレースを可能にしてルアーを
ターゲットに忍び寄らせてヒット率を向上させるとS-specと一緒のよ~に
書かれておりますが、

よ~く読んでみると1ヶ所異なる部分を発見!





カラー自体はS-specと丸っきり一緒のシャンパンゴールドとホワイトの
繰り返しとなっていますが、S-specでは1mおきにカラーが変わっている
のに対し、このX8はシャンパンゴールド15cm毎に+5cm幅のホワイト
マーキングの繰り返しとなっており、メインカラーはシャンパンゴールドで
継ぎ目、継ぎ目にホワイトが施されている仕様。

うむむ、これってパターンを読んでるだけじゃシャンパンゴールドメインと
思えるも、実際に先の写真を見てるとホワイト含有率もそれなりにあって
やはりS-specと何も変わらないよ~に見えちゃいます。(笑)


まっ、細かい事は今は置いておきましょう!


これで来シーズンに新しいラインを巻こうと思っても、間違って200m巻きを
仕入れてしまう心配も無くなりましたし同じ過ちも繰り返しません。(爆)


続いてもう1つのショックリーダーの方はしなやかさと強度を追求したナイロン
ラインと売り文句にはあり、最もわたくしめの興味を惹いたのはラインカラーに
ステルス性の高いブラウンを採用している事!

雪代の多い時期も魚に警戒心を与えませんと書かれてありますし、本当か
どうか?わたくしめ自身も深く検証した事は一度もありませんけど、大物
投げ釣り用のハリスでもパステルブラウンなどステルス効果を信じて愛用
している事から何とな~く良さそうに思えてゲット ♪







こちらは今シーズンから実戦投入して、使い勝手が良ければ引き続きアキアジ
やサクラマス作戦なんかにも導入していこ~かなぁ~とねっ。




「フォウ~~~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

1.2号200mの落とし穴!?





ラインを外すリールもあれば、これからラインを巻くリールもある、、、

今年は短期間で終わった海サクラ作戦に使用したPEラインはご存知の通り
まだ全然劣化が見られなかった為、作戦終了後即リールから外して、塩抜き&
コーティング剤を散布とメンテナンスをおこなってから片付けておきました。

そして今日、海サクラ作戦ではステラ4000番でしたが、今度は3000番を
出してきてラインを巻こうと目の前に置くと、


し、しまったぁ~~~!?


背負子が壊れたぁ~、、、ではなく!ある事に気付かずラインを仕入れて
しまっておりました。







この2つの写真をご覧になればすぐ気付くかと思いますが、3000MHGの
スプールに記載されているキャパはPE1.2号が150mとあるのに対し、
ラインの方は200mなんです。

まぁ、投げ釣りの25m4色分けPEのよ~に飛距離をしっかり管理する必要
がある場合はやはりこの辺はシビアにいかないといけないものの、このトラウト
用PEは1m区切りでホワイト シャンパンゴールドの2色をひたすら
繰り返してるだけなのであまり気にする必要は無いかなぁ~と。

実際、ルアーで出せる飛距離では着水地点がほとんど目で確認できる範囲内に
あるのと、キスの引き釣りみたく今投げた正確な飛距離を割り出す必要も
そこまで無いと言えば無いのでねぇ。(笑)


ってなわけであまり気にしないよ~にして巻いていきましょう!













スプールの溝に対してバランス良く見える範囲でできるだけ多めに巻くよ~に
してカット。なぜキャパの150mを超えてキャスト時などにライントラブルが
起きない範囲で巻いておいたか?と言いますと、

1日で数えきれない程のキャストを繰り返すルアーフィッシング、、、特に
これからのカラフトマスやアキアジ作戦では大小大きさが異なるゴロタ浜が
メインフィールドとなり砂浜と違って知らない間にラインが劣化している事が
多々!またそんなコンディションでなくても、キャスト時に指をかける位置周辺
が徐々に劣化してくるのも必然で、わたくしめの場合、基本毎日作戦終了後に
リーダーを新しい物に結び替えると同時にメインのPEラインの方もリーダー
との結び目から最低2m前後はカットするよ~にしているからなんです。

太いPEならまだしも、1.2号クラスとなると細い部類に入りますから
ちょっとした劣化もラインブレイクの原因に繋がります。せっかく掛けた魚を
劣化によるラインブレイクなんぞでバラしたくは絶対ありませんしねぇ!


ラインキャパより若干少なめなのはあまり気にならないものの、多めに巻いて
しまうとナイロンなどに比べて遥かにライントラブルが増える傾向にある
PEライン、、、そのほとんどがキャスト時に起きるので最初のうちは
意識しながら使っていった方が良さそうですね。

あはは、とはいえそこまで多めに巻いてるわけでもないし大丈夫かな?(笑)





早く出番が訪れないかなぁ~ ♪




「そろそろちゃうん?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

塩抜きして来シーズンも





6月に遠征に出たと思えば帰って来るともう7月!?

あはは、そりゃ月末から出ればそ~なるのは当然なんですが、7月となると
さすがにいくら日本の最北端で最も気温が低い北海道とはいえ海サクラ
作戦は微妙になりますね、、、

帰り道も新千歳空港経由となり、着陸直前に広がった苫小牧港を眺めながら、
あ~~~、一昔前は大型クロガシラを追い求めてここでも頑張ったなぁ~
、、、と。今となっては春先の北海道と聞けばカレイ作戦より海サクラ作戦の
方に夢中なりつつあるJCAでございます。(笑)


雑誌などで見てると唯一南十勝方面だけはこれから盛り上がりを見せると
ありましたけど、正直、あのエリアへは昔住んでた頃に何度か観光目的で行った
事があるだけで釣りでとなると2年前?くらいに一度だけ行ってみただけかも?
その時はアメマスだけで虚しく終了だったよ~な、、、それに、これからの季節
南風が吹けば濃霧になるわ、シケるわで結構海のコンディションが急変する為、
事前に読むのが非常に難しいとも聞きます。

まだまだ気持ち的には消化不良!?もっとやりたい一言に尽きますが、
JCAの中では南十勝方面のデーターが乏し過ぎるので博打遠征をかける
勇気も無く、そろそろ開幕を迎えるカラフトマスに切り換えることに。


お味が他のトラウトに比べここまで群を抜いてなければ後ろ髪を引かれず
即行気持ちを切り替えれるのに、、、釣り味も含めなぜかサクラマスには
虜になってしまう魅力があります。





5匹分のアラはフレークとダシ取り用に使いましょう。


今シーズン2回出れた遠征のうち、初回が1日半、2回目は2日半でトータル
4日間しかタックルを使っておらずPEラインもまだ一切劣化を感じられない
状態、、、また高切れも起きてませんからこのままポイして新しい物に
巻き替えるのはさすがにもったいなく感じ、


逆巻きして来シーズンも使おうと!


ってなわけで、


早速、こんなちょこっと小細工がしてある空スプールを出してきて次回リールに
巻く際に逆になるよ~に外してから時間をかけてじっくり塩抜き。















よ~く乾燥させた後はフッ素コーディング剤を吹き付けてからこの状態のまま
保管しておきましょう!再びリールへ戻すのはシーズン開幕直前にしたいので、
ステラの方も綺麗に洗って自身で出来る範囲までのメンテナンスをおこなったら
こちらも同じくしばらく眠らせておくことに~。

今現在のわたくしめのスタイルでは大物投げ釣りがメインとゆ~のもあって
このタックルを使用する期間は1年の間で春先のたった2~3ヵ月のみ!?
ちょこっともったいないよ~な気もしますから、来シーズンからはもう少し長い
期間使えるよ~に出撃回数&戦場候補を増やしたスケジュールを組むか?
はたまた同じタックルで狙える他のターゲットにも手を広げていくか?

やはり南十勝方面への出撃も視野に入れていった方がいいかな~。




「ヒラメとかは?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

お花見の戦利品!?


いつも道東方面へ来る時は本州から直接 or 新千歳空港で乗り換えて女満別
空港か根室中標津空港に入るJCA、今回の遠征では久しぶりに網走市から
車で札幌市まで戻って、更に千歳市のホテルで1泊してから帰還と長旅に。

と、言いますのも先にも書いてたかもしれませんけど、未だ国内線はどの路線も
間引き運航されており昨日札幌まで戻った時点ですでにその日の大阪ゆきの
便は終わってしまってる状態、、、1日2往復しかされておらず今のところ
伊丹のみで関空と神戸へは飛んでおりません。

でもご一緒して頂いたシロクマさんとず~っと盛り上がっててあっという間
でしたねぇ。途中の遠軽町で超~ボリューム満点のお勧め食堂に寄ってみたり
高速道路上のPAで隠れてスピード違反を取り締まる謎のパトカーだのと
ネタはたくさんでした。(爆)


また昨夜は昔住んでた千歳市内泊とゆ~こともあって地元の友人と夕食に
出たりと釣り以外でも北海道を満喫する事ができ、翌日、今日の午前11時
新千歳空港発の便で帰って参りました。





次、訪れるのはいつになるのかなぁ?

かなり先のよ~な気もすれば、またすぐのよ~な気も、、、とりあえずこれから
晩秋にかけての作戦の大半はこちら北海道がメインフィールドになりますので
1日も早く便数が増えてアクセスが楽になる事を祈りましょう。


あっ、そうそう!毎度の事なんですけど帰り道にちょこっと立ち寄ってみた
地元の釣具店で欲しかったルアーを幾つか発見したので早速ゲットして
きましたぁ。ネットショッピングでも運が良ければ見つけられる物から
北海道内でもなかなか入手し辛い物までラスト1個とゆ~のもありましたが
、店頭に並んでて超ラッキー ♪

こ~ゆ~地域限定でしか売ってないレア物探しもある意味遠征の楽しみの
1つかも~。特に関西に住むわたくしめにとっては現地の釣具屋巡りは
毎回欠かせない流れになっております。







ロストした時の事を想定してもっと欲しかったものの、残念ながら欲しいカラー
やウエイトなど売り切れの物も多数でゲットできたのはこれらのみ。

でもまぁ、少量でもゲットできたのはほんとラッキー ♪


さてさて、今から作戦で使用したルアーからフックを取り外してウェーダーと
共にしっかり洗いましょうかねぇ。海水の付いた金属は錆びや汚れの原因に
なりますし、ウェーダーも次履く時に綺麗な状態になってないと気持ち悪い
ですから、、、ルアーフィッシングも後片付けがめちゃくちゃ重要!


持ち帰ってきたサクラマス3匹を見て、

ハァ、、、1年分とは言わずとも少なくとも半年以上は楽しめるだけのストック
を確保したかったのに、、、今年は好きな時に好きなだけ食べれるとゆ~
自宅環境を作る事はかなり厳しそうですわ~。




「もっと釣りたいよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ぐるぐるサーモンをアワビチューン ♪


当初、6日までとされてた緊急事態宣言も予想通り31日まで延長となり、
本格始動は6月からだなぁ~とあきらめつつある中、まだ1週間程度しか経過
していないものの昨日39県で緊急事態宣言が解除されました、、、

まっ、どのみち大阪府に隣接しているわたくしめの住む兵庫県はその対象に
入る事も無く31日までアウト、、、何やらまた1週間後の21日に再検討する
だのしないだのと報道されてましたがもう5月の作戦に関しては期待しないで
おくことにしましょう。


さて、今日はどのよ~な自粛生活をしよ~か?と考えてると、先日届いた
タミヤRCカーグランプリ、、、ではなく!タミヤのホビー用スプレーを
思い出し早速それを使って作業をする事に。









はいっ、再びアキアジ作戦用ルアーでございます。


ぐるぐるサーモンは毎年愛用している定番ルアーで、塗装が剥げたなど軽い
ダメージ程度の物は全てホログラムシートを貼り直したりウレタンコートを再度
するなりすでに補修済みなんですが、この2つだけはもう3年近く補修を
繰り返して使っており特に状態が悪くそろそろポイ or まだいけるかな?と
悩みながら放置されてありました。

少し前に同じくアキアジ用のサーモンゴブリンを補修した際、想像してた以上に
簡単かつGOODな感じで復活しましたので、いっちょ時間を持て余している
今のうちにこれらも補修してみよ~かと!


まずはお決まりのサンドペーパーを使って細かい凸凹が無数に付いた面を
できる限りフラットにしてゆきます。

カラーリングがされてた面を表とするなら裏面の方は1つがミラー調、もう1つ
は写真にもあるよ~に複雑なダイヤカット調になっており、こちらの方は
デザイン的にもキラキラしたそのままの状態で使いたかったので下手に削ったり
せず重曹を使って綺麗に磨いて輝きを再生するだけに。

ここで例のスプレーの出番でございます ♪







ブラックでも1種類のみならずつや消しだったりメタリックが入ってたりと
数種類ありましたが、釣り人の感覚的にキラキラしたラメ?メタリック仕様が
良さそうと興味を惹かれてしまい早速、ダイヤカットが入っていない方に
シュ~~~っと、、、重ね塗りしなくても1回で綺麗に仕上がりましたっ。

ここの塗装に関しては気合い入れて何重に塗っててもど~せ使ってるうちに
即行剥げてきますし、何重かにするとすればむしろ最後のウレタンコートで
やる方がベターかなと。


しっかり乾燥させたら片面に前回初めて使ってみてその美しさにちょこっと
感動を覚えたアワビシートを貼ります。













スプレーで塗装した方にはもちろんブラックのアワビシート、ダイヤカット調の
方にはブルーとピンクを半分半分にしてブルピンにしてみました ♪

ブルピンは市販されている物でも少しデザインは異なるもラインナップされて
いますが、こ~いったブラック基調の物はぐるぐるサーモンには無かったよ~な
、、、微妙にグラデーションの掛かったホログラムシートで似た感じになってる
のはあったよ~にも覚えてますけど、ど~だったかなぁ???

アワビシートってホログラムシートを使うより何て言いますか、、、ちょこっと
高級感ある仕上がりになりますよねぇ。(笑)


最後はコーティングすると同時に表面に艶を与えてくれるウレタンコート
フィニッシュ!この作業だけは3回繰り替えておきましたよぉ。







うん、いい感じ~ ♪


次回から傷付いたルアーを補修する時はアワビシートをメインに使うよ~に
しようかなぁ~。何かより釣れそう感じがしません!?(爆)




「気のせいやろ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR