NEWステラ 3000MHGにピットブル12を





シマノ「PITBULL12 1.2号」


写真には2個しか写してませんが、実際には150mを2個、200mを1個の
合計3個入手して参りましたっ。

ピットブル8を使ってみて使用感は想像してたよりパサパサでもなく特に気に
ならなかったものの色落ちが著しく思えたので今回は同じシマノのロングセラー
、ミッションコンプリートにしようといつもの釣具量販店に行ったもののまさか
廃盤?ではないとは思いますけど、ラインコーナーから消えちゃっており
代わりにピットブルが大々的に陳列されておりました、、、

おそらく注文をすればミッションコンプリートも入手可能なんでしょ~けど
そこまでするのも面倒だったので目の前にあったピットブル・シリーズでは最も
ハイクオリティーな12本編みをチョイスしてみたって感じでございます。


3個ゲットしたうち、1個だけ200m巻きを購入したのは別に使用する予定
がありまして、、、まっ、それはまた後日に置いといて、







2個の1.2号150mはご覧のよ~にNEWステラ用。


わたくしめの購入した3000番モデルはちょ~ど1.2号が150mジャストで
巻けるスプールになっているので楽チン ♪ 下地に少し工夫を施したとしても
全然無理無く巻けちゃいましたよぉ。


2014年モデルのステラはスプールにラインクリップが装備されてはいた
ものの、ラインを引っ掛けるのが本当に大変で一苦労&仕舞いにはクリップは
使わずライン止めバンドで止めてたくらいでしたが、NEWステラの新形状
ラインクリップは引っ掛け易く、取り外し易い!

そしてホールド力までアップしており非常に快適ですわ ♪ ちなみにエステル
0.2号からフロロカーボン40ポンドまで幅広く対応できるそ~な。





替スプール含め2個のスプールにピットブル12を巻いて今日は終了。




「200m巻きは何に?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

各メーカー、どこかで力を入れてますねぇ





おっ、フケたフケたぁ~!ではなく、キタ~~~って感じでしょうか。(爆)


投げ釣りのみならずまさに釣り天国とも言える北海道では各釣具メーカーが
それぞれの釣りジャンルへ競うかの如く特殊仕様?ご当地仕様の仕掛けなどを
発売して賑わいを見せております。

関西人のJCAにとっては北海道の釣具店って夢の玉手箱!?と言っちゃうと
大げさかもしれませんけど、それくらい本州じゃまず見かけないアイテムが
勢揃いしており何時間でも時間が潰せるくらい。よ~く見ていくとタックル類
から仕掛け、備品に至るまで様々な物が北海道仕様としてリリースされており
道内の釣りはもちろんの事、コレって本州で使ってもいいんちゃう?と思える
よ~な魅力溢れる物が多々発見できたりします。


わたくしめが受けてる印象としては、投げ釣りのタックル類においてはシマノ、
仕掛けにまつわる針、装飾類といったパーツはまるふじ、がまかつを始め他
関西でもメジャーなメーカーが数多くご当地仕様を出してアピールしてますが、
今回ウキルアーでアキアジ作戦をして感じたのはサケ&マスのルアー系分野は
ダイワが非常に力を入れてるみたいですね~。





こんな感じで北海道・アキアジ&カラフトマスってネーミングの専用カタログ
まで出してるくらい!これまで主にぶっ込みしかやらなかったわたくしめ
としては毎年同様のカタログが並んでいたのかもしれませんけど全く気にも
留めずにスルーしてました。(笑)

趣味においては人って自分が興味をある分野のみしか意識しない傾向があるもの
で、きっと今シーズンだからこそ気になったはずですし、カタログを開いたら
ず~っと見入ってしまった事だと思います。









竿、リールといったタックル類からライン、各仕掛けアイテムに至るまで徹底的
に凝縮掲載されており、おまけにアキアジ、カラフトマスのそれぞれの狙い方、
仕掛け図まで詳しく解説してありますねぇ~、、、

わたくしめは同じクラブのよっしーがスペシャリストで一から全てレクチャー
してもらったので難なく入って行けましたが、もしそれが無かったらかなり
これはありがたいカタログになっていたかと!


隅々までじっくり読んでいくとアキアジなるネーミングまで付けたPEライン
やら専用スプーン類も盛りだくさん!今期はよっしーからこれをゲットしといて
下さいと言われてたダイワ製品はフロートにタコベイト付き替え針、そして
スプーン系では遠投が必要な時の為にサーモンロケットのみでしたから

後でカタログを見て他にもこんなに種類がラインナップされてたのにビックリ。







わたくしめ同様?かなりこだわりが強いよっしーですのでコレはこう、、、
こっちの方がど~だのと物によっては辛口インプレも結構聞いてましたが、
全て実際に使って比較してのインプレですからそれを参考に来シーズンは
自分自身でも少しこだわりが持てるよ~頑張ってみたいなぁ~と ♪

きっとこのカタログも2018年バージョンがまたリリースされることで
しょ~し、それまではこれでも見て知識を広げておきましょう。(笑)




「いろいろあるね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ウェーダー着用時のアウター


これは昨シーズンから感じてた事なんですけど、アキアジ含めネイティブ
トラウトを狙う際のウェア、、、まっ、戦場によりけりなんですが、基本下は
ウェーダーを履く事がほとんどでウェアが必要になってくるのはジャケットなど
といった上着がメインになってきます。

また、時期によってもレインウェアであったり防寒ウェアであったりとニーズが
異なってくる中、とりあえず自宅にある投げ釣り用のリミプロ・ウェアを持参
してましたが、これがまたウェーダーには全然マッチしないんですよね~、、、
鮎釣りに使われるタイプのウェーダーなら同じリミプロ・シリーズから出ている
物がほとんどでデザイン的にも統一感があって全く違和感を無いもののルアー
フィッシングにとなると個人的にはど~も、、、


そんなのもあり今シーズンからは投げ釣りとルアーは全く別カテゴリーと
考えて揃えていこ~かと思い、早速シマノのHPでどんなのがいいかなぁ~?と
物色。やはりルアーフィッシングに特化したウェアとなるとXEFO・シリーズ
が主流になってきますねぇ。また、ウェーダーを四六時中履いている事が多い
のを考えると必要になって来るのは上着のみ!まずはこれからのシーズン用に
レインウェアをチョイスしてみましたっ。





シマノ「XEFO GORE-TEX® ベーシックジャケット RA-27JR」


XEFO以外のシリーズ、NEXUSなどではレインウェア、防寒ウェア問わず
上下セットの物がほとんどなのに対しXEFO・シリーズは上下別売りになってる
のが目立ちますねぇ。これは今回のわたくしめみたく下はウェーダーを履いてる
から上だけ欲しい!みたいな様々なスタイル&ニーズに対応する為の
ラインナップ設定なんでしょうかねぇ?

一見、ゴアテックス仕様なのにまあまあ低価格設定かも?と思えちゃいますが、
実はこれは上のみ or 下のみで結局上下揃えるとリミプロ・シリーズに近い
価格帯になってきちゃうカラクリでございました。(爆)


バッグや小物類は何度かあれどウェアに関しては滅多に購入する事が無かった
XEFO、もちろん毎年どんなデザインの物がリリースされているかはチェック
してきてますがチェックするだけでスルー、、、この度久しぶりにカタログを
見返してみると結構惹かれるデザインのモデルがありましたよぉ ♪







チョイスしたカラーはタングステン。


リミプロ・シリーズで頻繁に使われたりしている高級感アップのエンボス柄の
デザインで、アングラーの機動性にこだわったルアーフィッシング専用3次元
立体裁断の肘仕様と軽快なキャストフィールを可能にする設計。

メイン素材には軽さが魅力の2.5層ゴアテックスパックライトファブリクスが
採用されておりシンプルに見えるのに機能面はかなり充実しています。

これで初秋くらいまでは対応できそうかな?まっ、防寒ウェアを意識する頃に
なればまた来シーズンの新製品が発表されていると思われますのでそれらは
その時にでも、、、魅力的な製品があればいいなぁ~ ♪


今日は帰宅すると北の大地より茶封筒が届いておりましたっ!


あはは、前回訪れた際に一生懸命探すも残念ながら思ってるデザインが
発見できず後日ネットショッピングでまとめてクリックしてたルアーでした。





このジグ、、、まるでスプーン!?


とまで書かれているジグで、左右非対称の絶妙なバランスとスプーンのカップ
からヒントを得て設計されたというサイドカットによってジグでありながらも
まるでスプーンのように艶めかしく多彩な動きと多様なフォールを演出する
そ~な、、、またジグの強みでもある飛距離も超後方重心設計によって安定した
飛行姿勢&より遠くへキャストが可能となったとまで書かれてます。

いや、実は以前から雑誌やネットなどでもネイティブトラウト用として宣伝
されており知ってた上、前回釣り場で話した方もいいよ~と言ってましたので
興味津々だったんですわ~。いいと言われている物は何でもまず自らの手で
試してみないと気が済まない性格ですから即買いでございます。(笑)

さてさて、フックを取り付ける前の覚えているうちにウレタンコートでも
しときましょうかねっ ♪




「ハマってるなぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ゴールデンミーン「GMプライヤー タイプ3 Jr.」





来たるアキアジ作戦に備えてスプーンのウレタンコートを始めたJCA、ついでと
言っちゃ何ですが先日の北海道で仕入れてきた海サクラ、海アメ作戦用の
メタルジグも続いてディッピングしちゃいました。

ディッピング どぶ浸けの事なんですけど英語で書けばオシャレに
聞こえるのが不思議、、、ルアーフィッシングって投げ釣りより遥かにワールド
ワイドですので専門用語もやはり英語読みの所が非常に多いと感じますねぇ。
糸フケを取って~って文言も、ラインスラッグを取ってになりますし!(爆)


ウレタンコート剤は超~シンナー臭いので窓を開けて換気しながら他の部屋へ
行って乾いたアキアジルアーに再びスプリットリングを付ける作業を。


大物投げ釣りだけでルアーフィッシングを始めてなければまず使う機会が
無かった?あったとしても限りなくゼロに近いスプリットリング、ルアーと
フックなどの連結に用いられる金属リングの事でございますわ~。







ご存知のよ~に、このリングは極小の物から特大サイズまで種類があり
対象魚やその狙うサイズによって使い分けられます。例えば大体5gくらいまで
の軽量スプーンやミノーが主体になってくるエリアトラウトでは当然ルアー
そのものがミニチュアサイズですからスプリットリングも極小、そしてバス
フィッシングなどの一般的なルアーフィッシングに用いられるサイズとなり
更にはジギングなどで巨大カツオやマグロを仕留める特大強靭サイズまで!


このスプリットリングは一見そこら辺のハサミや爪で簡単に開いて装着できる
よ~な印象を受けるものの、結構これが曲者!専用のスプリットリング
オープナーがあればあっという間なのにその他で試みると時間を要して
しまったりします。一応、JCAもリングのサイズに応じて対応するオープナー
を3種類程使い分けてますが、

ちょ~どいつもの釣具量販店に行ったついでに前々から買わないと!と思ってた
戦場で使えるマルチ機能なオープナーをゲットして参りましたっ。





ゴールデンミーン「GMプライヤー タイプ3 Jr.」


お店には相当数のマルチフィッシングプライヤーが並んでいる中、ひときわ目を
引く存在だったのがこのゴールデンミーンから発売されてるモデル!

ゴールデンミーンと言えばあのハマフエフキ作戦で必要不可欠とも言える廃盤に
なってしまった最強三脚をリリースしていたメーカーで我ら投げ釣り師らに
とっても馴染み深い名前ですよねぇ。

こ~いった金属製品を扱うのに長けてるメーカーでかつデザインもかなり
スタイリッシュな物ばかりなので迷わずコレに決定 ♪







ステンレス+チタニウムコート軽量強化ボディ採用でPEもスパッと切れる
ラインカッターに#1~3のスプリットリングに対応するスプリットリング
オープナーを一体化した多機能ヘッド形状に握り易いグリップ形状、携帯に
便利なカラビナ&スパイラルロープなど様々なフィッシングシーンで必要と
されるマルチな機能を兼ね備えている優れもの!

サイズも複数あったものの、今ところ#3くらいまでのスプリットリングが
開けれたら十分なので155mmと少しでもコンパクトサイズのタイプ3Jr.
モデルをセレクト。これだとプライヤーのみで133gですから軽量。

カラーラインナップはガンメタ、ブラック、オーロラの3色展開で実際に手に
取って比較してみるも、やはり七色のよ~に美しい輝きを放って他のモデルを
圧倒していたオーロラカラーにしましたっ ♪


こんな感じで着実に準備だけは整いつつある今、それだけに集中できれば
いいのにあれやこれやと誘惑が多過ぎて、、、困ってます。(爆)




「やっぱ投げでしょ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ウレタンコート


来シーズンに向けて着実に準備が整いつつあるアキアジ作戦、、、えっ、相当
気が早いんじゃないって!?(爆)

あはは、そ~かもしれませんけど、春夏秋冬、やりたい作戦がたくさんあるJCA
がゆえ、時間のあるうち&思い立ってるうちにやっておかないと結局ギリギリに
なって焦るってケースも多々ありますのでこれも今のうちに~。

作戦に必要なルアーの予備ストックはほとんどが昨年のうちに仕入れてきて
ありましたし、少し前の記事で作業に必要な専用スペース?も自作したので
あとは作業に取り掛かるだけ!


まず初めに仕入れてあったルアーに付いてるスプリットリングを取り外して
無くさないよ~にまとめて保管&どれもパッケージを開けたばかりの新品
ですから汚れなどは無いはずですが一応目立つホコリなど異物が無いか
チェック&綺麗に拭いて準備完了。







スプーンによってはグラムが記載 or 刻印されている物もあれば全く何も
表記されてないモデルもある為、表記の無い物にはこの時点で極細油性マジック
で目立たないサイド面やスプリットリング近くに小さく書いておきましたっ。

結構アキアジ作戦の場合、海のコンディション変化に応じてこまめにカラーから
重さを変えますし、0.5g違えば使用感も相当異なるので見てすぐ分かるよ~に
しておくのは便利なんです。


そして作業の主役となりますウレタンコートも揃えましたっ、





釣具屋さんでメインで売ってるウレタンコートにはスタンダードのLR+と
メタルジグ専用と謳う撥水性に優れたMJ+があり、事前にネットでどちらが
いいか?よ~く調べるものの、みなさん、インプレには賛否両論あり確かに
その期待できる効果もそれぞれメリット&デメリットがあるみたい、、、

そんなわけで面倒臭いしとりあず両方共ゲットして比較してみよ~と。


あと、一応スプレータイプもゲットして参りましたが、こちらよりどぶ浸けの
方がより簡単かつスピーディーに思えたので今回は出番は無さそう。(笑)


そして早速メインの作業開始~ ♪



となりましたが、、、








作業と言ってもルアーをクリップに引っ掛けて ウレタンコートにス~~~
っと静かに浸け込み&取り出したら段ボール箱内の棒に横と重なり合わないよ~
に吊るしていくだけ!なんてまぁ、簡単すぎる作業、、、(爆)

注意点としてはウレタンコートに浸け込む際にどぶ浸けって聞いた感じからして
ドボン!と勢い良くやっちゃいそ~ですけど、それをしちゃうと一気にたくさん
の細かな気泡を形成してしまい良くないのであくまでス~~~っとサイレント
かつスムーズにってのがあるかな?


今回はLR+とMJ+、半分ずつくらいで試してみましたよぉ。強度的には
MJ+の方が上と書かれていましたが、これだけは使い比べてみないとね、、、
1回浸けただけではすぐ剥がれてくるらしくこの後、乾いたらもう1~2回
重ね浸けをやって完成にしようと考えております。

実践導入はまだ先になりますし、きっとそこ頃になるとどちらがLR+で
どちらがMJ+だったか?忘れちゃってそ~かも!?(爆)


それにしてもこのシンナー臭、、、強烈ですわ!




「換気をしっかりね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR