fc2ブログ

廃番になったジグミノー


海サクラ作戦ではミノーを始め、ジグミノー、メタルジグ、更にはスプーン
などのルアーがメインで使われておりますが、わたくしめに関して言えば
今のところジグミノーとメタルジグの2種類が主力ルアーとなっており特に
ジグミノーを愛用する傾向にあります。

もちろん最終的にはその日の海の状況に応じてのチョイスにはなるものの、
やはり自分自身にとって扱い易いルアーを持ってくるのが最も釣果に繋がり
やすいよ~な、、、そんな気がしております。


所有しているジグミノーを見てみるとシマノなど大手メーカーの物から北海道の
ハンドメイドルアーメーカーまで様々な種類があり、あっ、コレはまだ一度も
フィールドで使ってないわ~、、、って物からコレは実際に使ってみたけど
アクション的にう~~~ん、、、など当然、それぞれシェイプが異なるがゆえ
アクションも好みの物からイマイチピンと来ない物もあったりします。

まぁ、人間側が良さげに感じたアクションが必ずしも魚にとって興味を
惹くものであるかど~かは分からない部分もあるんですが、できる限り多くの
ジグミノーを使って比較してみたいなぁ~って最近思うよ~に。


そんなわけですでに廃番になってはいるけど、まだ北海道の釣具量販店やネット
などに在庫が残っていたジグミノーを2種類仕入れてみましたっ ♪





ダイワ「ワイズミノーJ 95S」


1つ目がこちら、シマノと並ぶ大手釣具メーカーのダイワからかつて発売されて
いたウッド製ジグミノーで、サーフからの遠投を余儀なくされる海アメ・
海サクラゲームにおいてメタルジグではスローに引けない、バイトに持ち込む
事ができない、また樹脂製のジグミノーではアクションレスポンスが
どうしても鈍く上手く誘いきれない状況下で有効なジグミノーと説明には
書かれておりますねぇ。

ウッドベースのスリムボディにより細身ながら樹脂ルアーでは不可能な
ハイレスポンス、ハイピッチアクションを実現しスローリトリーブでは
超タイトなハイピッチローリングアクションによる波動で刺激し、ミディアム
リトリーブでは振り幅を増幅した魅惑的なウォブンロールアクションで
視覚を刺激。ウッドボディ+低重心化により風の影響でも浮き上がること
なく荒れた海の中でも安定した泳ぎをキープ、リトリーブスピードに
より水面下約10~20cm前後をトレース可能!と、

素晴らしい性能ばかり書かれてます。(爆)









なんで“桜鱒&海アメSPECIAL”とまで名付けられたこのタイプは廃番に
なっちゃったんでしょう!?長い間売られていてそろそろリニューアル
となったのか?ウッド製ハンドメイトルアーになる為採算が取れないのか?

95mm、21gの95Sタイプは大きさ的にもとても扱い易そうですし、カラー
も海サクラ作戦では定番と言えるアルミグリーンバック、ホロピンクバック
、ホロマイワシの3種類が揃ったのでラッキーでしたっ ♪


そしてもう1種類がまだ北海道の釣具量販店ではチラホラ在庫が残っての
を見かけたりするこちらのジグミノー、





D-3 Custom Lure's「福女子(フクナゴ)」


高密度高浮力EPSボディ素材を使用したジグミノー(シンキングペンシル)
で、後部超低重心設計のボディは逆風をものともしない抜群の遠投性能を
誇り低速~高速リトリーブまで安定したスイングアクションでターゲットを
誘います。サーフからのサクラマス、アメマス、シーバス、ヒラメは
もちろんのこと、オフショアからのマグロ、ブリ、カンパチなど青物の
小型ベイト捕食時のフォローに。

あはは、やっぱりどれもジグミノーになりますから書いてある内容的に
似たよ~なものになっておりますよね。

D-3 Custom Lure'sの製品は同じくジグミノーのフルベイトや
ベルスプーンなどこれまでも愛用してきており、わたくしめ的には
フラッシングを伴い超~ビビットに仕上げられたカラーリング、そして
カラーセンスがとてもお気に入り!


フルベイトもそ~ですが、他に比べてちょこっと塗装が剥げ易いという
デメリットがあるもアクションも魅力的で釣果を叩き出してくれてます。







こちらも90mm、28gと扱い易そうな上、ウェイトがしっかりある分
遠投に向いてそ~に思えます。

福女子はフルベイトと入れ替わるよ~にして廃番になったのか?経緯については
わたくしめは知りませんけど、、、いや、HPには現在受注停止中となってますし
将来的にまた再生産される可能性も無きにしも非ずなのかもしれませんが、
とりあえず市場からは消えつつあるモデルっぽい、、、

もし使ってみて良さげだったら、また北海道へ遠征時に釣具店をハシゴして
探さないといけませんねぇ。(笑)


ワイズミノーJと福女子、どちらも使うのが楽しみなジグミノーです!




「どちらも釣れるで~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

遠征出発前日となりましたので





もっと早くにやっておけば良かったのに、いつもそ~ですけどギリギリに
なって焦ってラインを巻く、、、あはは、投げ釣りでもルアーフィッシング
でもこれだけは一緒ですね。(爆)

それに今回に関しては、以前に何個かまとめ買いしてあったはずのラインを
どこに仕舞ったか?思い出せず必死になって探したりしてましたし、今後は
しっかり管理できるよう更に整理整頓を綿密におこなっていかないと、、、

はいっ、とりあえず遠征を明日からに控え全て準備は整いましたっ!


おニューの'22ステラ4000MHGにPE1.5号を200m。















密巻きでございます。


昨シーズンくらいからもう少し号数を落として1.2号とかにしても強度的
にも問題無さそうな上、飛距離もアップできるのでいいかなぁ~?って
考え始めてましたが、1.2号を巻くとなれば若干下巻きが必要?

まぁ、そこまでこだわらなくてもいいのかもしれませんけど、4000MHGは
スプールキャパ的にPE1.5号がちょ~ど200m巻ける仕様ですから
最終的にこれまで通り1.5号でいっか~と。(笑)


ラインを巻き終えたリールを竿にセットしてみると、エリアトラウトばかり
してたのもあってか?やけに全てが大きく感じてしまう!?







「例年より早くない!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

'22ステラ4000MHGにも夢屋パーツを ♪





今シーズン開幕までに間に合わないかなぁ~と思ってた'22ステラ
4000MHGも無事入手でき、同様に予約してたこちらも何とか間に合って
入荷して参りましたっ ♪

そのブツが上の写真の左側、夢屋のアルミラウンド型パワーハンドルノブで
ちょ~ど欲しかったグレーのMサイズのみがメーカー欠品中と言われてダメ元で
予約&待ってましたが、ど~やらいつもの釣具量販店の馴染みの店員さんが
グループ店以外の所で在庫を発見したみたく取り寄せてくれました。


まぁ、ハンドルノブに関しては別に替えなくても全然そのまま使えますし
釣り自体に支障は一切無いものの、より使い慣れてる物の方がいいなぁ~と。













早速、説明書を見ながら純正ハンドルノブを取り外して夢屋のノブにチェンジ!
取り付けてみると若干?め~~~っちゃ微妙なレベルですけどノブ自体の
回転が重たいよ~に感じて、ワッシャーを1個取り外してみると今度は微妙に
ガタつきが目立つ、、、結局、付属のワッシャーの厚みが少し薄めの物に
取り替えて納得のいくフィーリングになりました。

こ~ゆ~のってほんと微妙な感覚になってくるんですけど、気になり始めると
やたら気になってしまう部分じゃありません?(笑)

せっかくシマノのスピニングリールの最高峰でもあるステラですから限りなく
妥協の無い状態で使っていきたいのでちょこっといじくっちゃいました。


後はリールスタンドで、こちらは先に購入した2000番用に仕入れた際に
2個購入しておいたのでパッケージを開けてクルクル~っとネジ式で
取り付けるだけ~ ♪







2種類の夢屋パーツを取り付けてフィールド導入準備完了!


あっ、肝心なラインをまだ巻いておりませんでしたからさっさと巻いておかない
とねっ。ラインもすでに自宅に数個ストックがありますから完璧。


リールに関しては今日はとりあえずここまでにして、先にストックBOXから
初戦に持ち出すルアーを選定しておかないとっ、、、

コレは定番!こちらも使ってみたい!あっ、あれも使ってみないといけない
なぁ~!など誘惑だらけのルアーたちを目の前にかなり悩んでしまいそう、、、
どれも魅力的に見えちゃうんですよね。(笑)







「悩んじゃうよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ティムコ「ライトニングウォブラー」


以前、同じクラブのよっしーからコレ、いいらしいですよ~ ♪ と教えて
もらったカラフトマス作戦用のスプーンがありました。

あはは、でも彼自身もまだ使った事が無くあくまで他から入手した情報との事で
気にはなってたものの、シーズンも終わってるしすぐには要らないかなぁ~と
、、、そんな中、たまたまエリアトラウト用のスプーンをネットで物色してると
目に留まったのがまさしくそれでしたっ!


商品名も印象的!?少なくともわたくしめには頭のどこかに残りそ~な響きの
ネーミングで、ついででしたから一緒に仕入れてみました。





ティムコ「ライトニングウォブラー」


聖闘士星矢世代のJCAにとってライトニングと聞けば、獅子座の黄金聖闘士
・アイオリアの必殺技、ライトニングボルトを思い出してしまいます。(爆)

腕に小宇宙を収束し、雷撃型の気功弾として撃ち出すアイオリアの技の中でも
最も威力が高く、これを更に広範囲に分散するとライトニングプラズマに!


コレを設計した人は獅子座か!?(爆)


な、懐かしい、、、ネットであれこれ検索してると子供の頃を思い出して
スプーンの事なんか一瞬忘れてしまってましたが、


はいっ!今回仕入れたライトニングウォブラーは、

スプーンの肉厚がヘッドからテールにかけて厚くなる独自のテーパーデザイン
で従来のスプーンより飛距離を伸ばし、流れの速い河川や湖のボトムなどで
浮き上がりにくくなる特徴の設計。

ブレードスライドアクションなるアクションが特徴みたく、通常のリトリーブで
キビキビとしたウォブリングアクション、スローからデッドスローリトリーブ
では独自のスライドアクションをするそ~な、、、







ちなみにスライドアクションとは左右に回転しながら横方向にアクションする
事で、通常のスプーンではアクションしないスピードでもよく動き浮き上がり
にくく一定層を長くトレースできるよう。

ってゆ~か、この説明が本当ならめちゃくちゃカラフトマス作戦には持って来い
のベストスプーンじゃないですかぁ!?(笑)


まずはお試し購入なので、今現在カラフトマス作戦で愛用しているスプーン
らの大きさとほぼ一緒の47mmを中心に5gと7.2gの2種類をチョイス。
カラーはパッと見て直感的に良さげかなと思えた物をランダムにポチッと。







仕上げも工業的にも上級レベルで施してあり美しい輝きで魅了する
ハイクオリティーと書いてありますが、これに関しては他の製品と比べるも
その差はイマイチよく分かりませんねぇ~。なんせどのメーカーのスプーンも
めちゃくちゃ美しい仕上がりになってますからねぇ。

名前がライトニングから始まるがゆえ、思い出して購入に至ったこれらの
スプーン、、、できれば今すぐにでも使ってみたいのですが、あはは、肝心な
カラフトマスはまだ遠い海の向こう!もちろんやろうと思えば他のトラウト
にも有効なんでしょ~けど、

まぁ、来シーズンが訪れるまで楽しみに取っておきますわ~。(笑)




「ライトニングボルト~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

スミス「スーパーウルム」


あ~~~、サクラマス釣りがしたいなぁ、、、この2年間、見事に緊急事態宣言
のせいで海サクラ作戦が妨げられてきたせいもあってか?オフシーズンの間でも
無性のそう思う時が多々、、、その度にネットであれこれ検索しながら知識&
技術向上の為のお勉強&ルアーを物色したりしております。(笑)

トラウトルアーのみならずルアーフィッシング自体まだまだ経験が浅いので
ルアーマンなら誰でも知ってるよ~な定番ルアーを知らなかったりと、これから
もっともっと知識を増やしていかないといけない中、

今回興味が湧いて試しに2個仕入れてみたのがコレ。





スミス「スーパーウルム」


現時点では海サクラ作戦によく使われるジグ、ジグミノー、ミノーの中では最も
ジグミノーが使い易く、かつロッドを使って積極的にアクションを加えるなど
どのタイプのルアーでもチャレンジできるもののとりあえず今一番楽しく
感じているのはジグミノー!

そんなのもあってか?物色する際もついついジグミノーばかりに目が行って
しまう、、、更にカラーにビビッドなピンク色が入ってる物を見つけると
イチコロの如く魅了されてしまい、、、

あはは、ポチッとしちゃうんですよね~。


このスーパーウルムは海サクラ、海アメをメインターゲットに開発されたミノー
ジグで、これまでありそ~で無かったベリーフックを備えた2フック設定。







特徴としては、完璧な水平フォール姿勢、フォール時のフォーリングバイブ
レーション。リトリーブにより水面を割る事が少ない安定した水掴みを実現し、
スローでもしっかりアピールするウォブリングアクション、ロッドワークによる
イレギュラーアクションの演出もし易く固定低重心によりイレギュラー
アクションからの立ち上がりも抜群と書かれてますねぇ。

また、2フックなのでフッキング率&キャッチ率はテールフック1本のみの
ミノージグの追従を許さず、これらのポテンシャルは海サクラ、海アメといった
トラウト・サーモン系のみならずシーバスや回遊魚系のソルトウォーター
ゲームフィッシュにも効果抜群!


スミスのHPでチェックしてみると、今回ゲットしたピンクゴールドという
カラーは現行ラインナップには掲載されていないので、もしかすると
以前リリースされてたカラーになるのかもしれません。結構昔に一世を
風靡したルアーのよ~な印象がある!?(笑)

どちらにしてもこのカラーがあったからこそ興味を持ったわけで、全長115mm
、ウエイト26gと現在最も愛用中のコジマクラフトのサムライにどことなく
似てる仕様で以前仕入れたフルベイトと共に早く実釣で投げてみたいですわ~。







あっ、ジグミノーではなくミノージグなんですねっ。




「ミノージグ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア