fc2ブログ

アキアジとキノコのホイルライス ♪


ご飯をたくさん炊き過ぎてしまった時、またはそこそこ余ってしまった時、、、
ラップに包んで冷凍したり、早いうちにお茶漬けやチャーハンにして食べて
しまうなどみなさんいろんな方法を取ってらっしゃるかと思います。

我が家ではアキアジのストックがある時限定にはなりますが、ご飯が余った
時にちょくちょく作ってもらうディッシュがあります。





まずはアキアジの切り身2切れを皮を剥いてすりおろしたニンニク2片と醤油大
2を混ぜ合わせたタレに30分程漬け込みます。


ってゆ~か、以上で準備完了と言っても過言で無いくらい超~簡単に
作れちゃうディッシュ!?あとはアルミホイルにご飯200g前後を乗せて
その上にほぐしたしめじ、えのきを適当に散らして漬け込んでおいた
切り身を乗せるだけ~。

粗挽き黒コショウを軽く振ったらアルミホイルでフタをするよ~に全体を
包み込み水を1cm程度入れたフライパンの上に。













フライパンにもフタをしたら中火で10~15分加熱するだけ~。


アルミホイルごと器に乗せたら開いて有塩バターを20g乗せてパセリを
散らしたら、あれまぁ!?もうできちゃいました。(笑)

サケ科の魚とキノコ類を使ったホイル焼きはめちゃくちゃ定番なメニューの
1つでもありますが、こ~やって底にご飯を加えてやるだけでボリューム満点な
メインディッシュに様変わり!





アキアジとキノコのホイルライス ♪


アキアジも漢字で書いて秋鮭でキノコ類も秋を代表する味覚ですからやっぱり
我が家でも10~11月頃によく食卓に出てくるディッシュにはなるものの、
アキアジのストックが結構ある時は季節問わずご飯が余った際に作って
もらってるかな?

キノコ類も年中スーパーに並んでますし本当にお手軽なんです。


サケ科の魚&キノコの王道コンビネーションに醤油とバター、そしてニンニクの
風味が絡み合えばもう多くを語らなくてもめちゃウマなのはお分かりかと~ ♪
食べる前からめちゃくちゃ美味しそ~な香りが漂ってきてヤバイっ。







バターがここまでよく合う魚ってサケくらいしかないかも!?

濃厚でまろやかな醤油ベーステイストにニンニクのアクセントが際立ってて
アキアジが更に美味しく思えます。余り物のご飯もいつしか洋風なオシャレな
キノコライスになってGOOD ♪

ぜひぜひ一度試してもらいたい逸品ですねぇ。




「絶対ウマい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスとアスパラガスのホイル焼き ♪


みなさんダイエーってご存知ですよね?そう、あのかつては日本を完全制覇
したよ~な大型スーパーチェーンのダイエーの事でございます。(笑)

時代の流れと共にダイエーの看板は資本提携したイオングループと入れ替わる
よ~に少なくなっていったものの、今でもたま~にオレンジカラーのロゴが
印象的なダイエーの文字を見かけたりします。

今回はそんなダイエーで配布されていたダイドコロなるフリーペーパーに
掲載されてたレシピを参考に。


お天気のいい日には青空の下でキャンプごはん ♪ と書かれたページに鮭と
今が旬のアスパラガスを使った簡単レシピを発見し早速気になってリクエスト!





早速、新鮮なアスパラガスを仕入れて参りました ♪

他に必要な食材はタマネギとローズマリー、最後の付け合わせにレモンくらい
でしょうか?驚くくらいシンプルなレシピでビックリ。


アルミホイルの底にサラダ油を敷いて、スライスしたタマネギを散らして下処理
をした後半分にカットしておいたアスパラガスを並べ、塩と粗挽き黒コショウを
馴染ませておいたサクラマスの切り身を乗せます。







最後にバターとローズマリーを2枝乗せたらホイルで包んでバーベキュー
コンロの上で遠火でじっくり時間をかけて焼いてゆきます。


加熱し始めてしばらくするとかすかにジュ~~~ッという音が聞こえて
きて20~30分かけて蒸し焼きで全ての食材に火を通せば完成。

器に盛り付けてレモンを添えれば召し上がれ~。





サクラマスとアスパラガスのホイル焼き ♪


ソロキャップという言葉が流行っている昨今、こんな感じのホイル焼きなら
屋外でもお手軽に作れちゃいますし使えるレシピだなぁ~って思うも、あはは
、わたくしめの場合、暑い時期は何よりも先に蚊が寄って来る環境が嫌
ですからたとえ戦場でテントを張って夜戦をしてても、基本メッシュの扉を
閉めて絶対中に虫が入って来ないよ~にしている為、なかなか屋外で
ソロキャップなる調理までは厳しそう、、、(爆)

寒い季節限定ならぜひチャレンジしてみたいかなぁ~。


調味料と言ってもサクラマスにあらかじめ塩コショウをまぶしたくらいで、
他にはバターを乗せただけなのにこんなに甘く美味しいお味に仕上がる
なんて驚きの連続でございます。

ローズマリーの爽やかな香りもしっかり食材に移って食欲増進 ♪









ホクホクなサクラマスはバターを吸収して更にまろやかかつ蒸し焼きならでは
のコクが生まれてめちゃウマ。そしてアスパラガスとタマネギはとにかく甘い!
ここまで甘くなるなんて想像以上でした。

大好物なサクラマスですから様々なレシピでこれまでも楽しんできて
おりますが、今夜みたいな超~シンプルディッシュでもまた素直な食材の旨味が
感じられて非常にGOODですねっ。

ぜひまた作ってもらいたいと思います。




「ソロキャップはいいよ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

朝は和風に ♪ イトヨリダイの一夜干し朝食


あれぇ~?コレ、イトヨリダイやん。


魚専用ストッカーの右奥のサイドにへばり付くよ~に縦向きにフィットしていた
真空パックの中身はイトヨリダイ、、、それも結構小さめなサイズ!?(笑)

日付を見ると今年の早春に撃沈した物で特に一夜干しにしてあるわけでも
なく単に三枚おろしにしただけの身っぽい、、、







大きな干し網に小さい切り身が2切れ、、、(爆)

何でもっと早くに消費してしまわなかったのも謎ですけど、おそらく
いつの間にか存在すら忘れてしまってた!?あはは、ってなわけでとりあえず
解凍して塩水に浸け込んだらお手軽にできる一夜干しにしちゃいました。

サイズがサイズだけに短時間でいい感じに乾いて即完成 ♪


最初は夜のFISH DINNERでと考えてたよ~ですが、すでに他に
おかずなど献立が決まっていたみたく翌朝の朝食として登場。

魚焼きグリルでできるだけ焦げ目が付かないよ~にソフトに焼いていく?
炙っていくってのがベターな表現かな?

程良く焼き色が付いたら頂きましょう。





イトヨリダイの一夜干し朝食 ♪


身がほんとに小ぶりだったのもあり、ご覧の通り1人分の朝食にしかなりません
でしたねぇ。普段はこれくらいのサイズだとリリースしたりもしてますが、
おそらく撃沈した時点でグロッキーになってたか?そんな感じかと。(笑)


サイズはともかくさすがイトヨリダイだけあって一夜干しにすると身に
含まれている独特の旨味がギュッと引き立ってとても美味しい ♪
数ある白身魚の中でもしっかり旨味が感じられる魚種の1つですね。

すだちを絞ってからお箸で身を取ると、きめ細かい身の固まりがポコっと取れて
一夜干しにしてもなお柔らか食感が楽しめます。







我が家の朝食に出てくる魚で最も多いのは言うまでも無く大好物のサクラマス
を始めとするサケ科の魚にはなるものの、たまにこんな鯛系の白身魚も
素朴なお味でどこか新鮮かつ癒されてますよねっ。

ごち~さまでしたぁ~ ♪




「素朴な美味しさ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスのカマ焼き&スペイン風フレークオムレツ ♪





道東へ行ったはずなのに急遽道北まで走ってみたりと忙しなく過ぎ去った今回の
北海道遠征、、、何とか9匹本命を持ち帰ってくる事ができたので良しとしますが
、次回からはもう少し無理をせずに狙っていきたいとつくづく実感している
JCAでございます。あっ、1匹だけお裾分けしましたよん ♪


養殖ではなく天然のサクラマスがゆえアニサキスが寄生している場合もある為
、捌いたら身は全て一旦マイナス40℃で急速冷凍をかけて数日凍らせて
から生食で頂くよ~にしております。

捌いた際に出たカマは半分に割って身の残ってる部分を取り出し、また
中骨などの周りに残った身は先のギザギザなスプーンなどでこそげ取り
できる限り無駄の無いよ~に消費します。













カマには前夜のうちから軽く塩をしておき、こそげ取った身の方は小骨を
取り除いてフレークにしちゃうのが我が家では定番の流れ。

8匹分にもなれば中骨周りから取った身だけでもこんなたくさんの量の
フレークが作れますから、そのまま捨てるなんてもったいない!シンプルに
塩と少量の醤油&みりんで味付けしただけなのにさすがサクラマスだけ
あってめちゃくちゃ美味しい鱒フレークができあがりました。


フレークはもちろん白いご飯にかけて頂くも良しなんですが、今夜は卵と
一緒に入れて混ぜ合わせてオムレツを作ってもらいます。







作り方は超~簡単で、ボウルに卵とフレークを入れてよ~く混ぜ合わせてから
全て8mmの角切りにしたじゃがいも、タマネギ、赤パプリカ、さやいんげん
、ズッキーニなどの野菜類を加え、生クリームと塩コショウを入れたら
オリーブオイルを敷いたフライパンに流し込んで焼いてゆくだけ。

今回は今流行りのソロキャンプ?なんかで愛用されているスキレットがニトリで
特価セールしてたのでそれを使って作ってみました。


フタをして弱火でじっくり焼いてゆく為、時間もそこそこ掛かりますから
その間にカマを焼いてゆきましょう。





魚焼きグリルで8~10分程度で表面に軽く焦げ目が付けば完成。


焼き始めて5分くらいすると何とも言えない美味しそうな香りが漂ってきて
たまりませんわぁ~ ♪

そうこうしてるうちにオムレツもいい具合に焼けてきました。





サクラマスのカマ焼き&スペイン風フレークオムレツ ♪


ど~です?これら全てサクラマスを捌いた後に出たアラから作った
よ~なディッシュになりますが、アレンジ次第で十分豪華な
FISH DINNERとなってくれますねぇ。


カマ焼きと聞くとおもいっきり和風ディッシュの印象がありますけど、アキアジ
などのカマとは異なりサクラマスは1個当たりが小さく、レモンと桜カイワレと
一緒に盛り付けると何とな~く洋風な感じになりました。(笑)

特にカマ周辺の身は引き締まってる上に脂も凝縮されてますから、
焼き上がった身からはジューシーな脂が滴り落ちてます ♪







見ての通り決してカマ1個当たりに身がたくさん詰まってるわけではありません
が、数があるのでお箸で突きながらじっくり味わっていくといつの間にか
満腹になってきますわ。

塩焼き同様、塩のみでシンプルに味付けして焼いたカマは格別 ♪


続いてアツアツのスキレットと共に食卓に登場したスペイン風オムレツを
頂きましょう。こちらも以前作ってもらった事があり、とても美味しかった
ので再びリクエスト。フレークがたくさんできた時など一度にそれなりの量を
消費できるのでありがたいディッシュかな。

野菜もタップリ入った食べ応えのあるオムレツはじゃがいもが入ってる
のがスペイン風ならでは!







う~~~ん、ソロキャンプ!(爆)

あはは、蚊が気になって仕方がないわたくしめなので実際に屋外で
ソロキャンプなんぞ今時期は絶対できない!?やりたくないので
気分だけソロキャンプです。

卵とフレークのお味が絡み合ってとても美味しいです ♪




「捨てる所の無い魚!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスの昆布締め寿司&ハラスネギ塩ポン酢 ♪





次回は名物のオオナゴを使ったもう1つのディッシュを注文しようと固く心に
決めていたのに、いざメニューを目の前にするとあはは、再び前回と一緒の
オオナゴ蒲焼き丼を注文してしまってたJCA、、、次回こそは!(爆)

稚内空港のレストランで昼食を頂いてお店を出ると保安検査場前に行列がっ!?
そう、全ての規制が解除されて一気にツアーの観光客が増えたみたく
おじいちゃん&おばあちゃんの御一行様、、、おまけに小さな空港がゆえに
優先レーンも無ければ保安検査ゲートも1つのみ、、、急いで並んで
飛行機に乗り込んでみるとド満席でした。


今回の釣果はさすがに持ち帰るとなると重く嵩張りますからクール宅急便で
発送。北海道から関西までは2日間かかる為、ようやく今朝届いて超特急で
捌いてもらいました。





別にそこまで超特急に対応しなくてもいいのでは?

そう思われちゃうかもしれませんが、実は明日からまた遠征に出る予定でして、
ど~しても今回撃沈してきた新鮮なサクラマスをすぐに一口でいいので堪能
しておきたく今夜のFISH DINNERとしてリクエストしてたんですわ。


クールで送られてきたものの温度的にはもしアニサキスが寄生してると死滅
させれない温度ですから生食は、、、ちょこっと迷うも、捌いてる途中に何度も
身を入念にチェックしてこれは絶対大丈夫!

と思えたサクから必要分をスライスして、





昆布締めに ♪


前回、手まり寿司を作ってもらった際に想像以上に昆布締めが美味しかった
のでリピートでございます。(笑)

今夜頂くので数時間のみではありますが、ちょ~どいい具合に余分な水分
も抜けますし昆布風味も乗って一石二鳥!?


ハラスも7匹あれば合計14本取れますからめちゃくちゃ嬉しい ♪ とりあえず
今夜は2匹分 4本を頂こうとなり早速こちらにも塩をして数時間冷蔵庫内で
寝かせてから焼いてゆきます。





ハラスは身の中で最も脂がギッシリ凝縮されてる部位になりますから焼く際には
油は不要な上、失敗するとすぐ皮が引っ付いてしまったりしますから要注意!
今回は塩をした後に粗挽き白コショウを軽くして適当な大きさに切り分けてから
更に薄力粉も薄くまぶしてフライパンで焼きます。

皮の方からじっくり火を通し、ある程度焦げ目が付いたら裏返して身の方を
焼いてゆきます。そしてポン酢とレモン汁を加えて弱火でよ~く絡めてお皿に
盛り付けたら最後に刻みネギをトッピングしてできあがり。


ご飯が炊けて酢飯を作ったら昆布締めにした身と一緒に握ってメインディッシュ
の方もあっという間に完成しました。





サクラマスの昆布締め寿司&ハラスネギ塩ポン酢 ♪


再び我が家の食卓は美しいサーモンピンク色のディッシュが並びます。

なんか、、、釣ってる最中は必死で釣れたら大喜びと感動、、、そして遠征から
帰還してもまたFISH DINNERとして感動と満足が味わえるなんて
やっぱり幸せ~ ♪ わたくしめの場合、ご存知の通り、サクラマスは
特別扱いの魚ですから超~幸せでございます。(笑)


マイルド調に乗った昆布風味をクンクンと堪能しながら口の中へ入れると、
う~~~ん、最高!良質な脂がいっぱい乗ってとろけるよ~な身はいつ
食べても期待以上の満足感を味わわせてくれます。







このお味を覚えてしまうとど~しても他のサーモンのお寿司じゃ物足りなく
感じてしまう、、、回転寿司からお高めな寿司屋さんでもお馴染みの
養殖トラウトサーモンも脂タップリでとても美味しいものの、わたくしめは
サクラマスの方がダントツで好きかな ♪

ウマい!の一言しか出て参りません、、、


ちょこっと驚いたのがハラス焼きで、いつもと同じで簡単に言えば塩をして
焼いただけなんですけど仕上げにポン酢とレモン汁を絡めるとこんなに
雰囲気が違った感じになるんや~と!







ハラスを頬張ると中から超ジューシーな濃厚脂が滲み出てきて身のお味も
マッタリとゆ~のが第一印象なんですが、ポン酢とレモン汁によってサッパリ
系のアクセントが加わってパクパクいけちゃいます。

ハラスってたくさん食べると脂が多いのもあって胃がもたれてきたりする人も
居るよ~ですが、これなら全然幾らでも食べれてしまいますわ~。

これもめちゃウマなのでちょくちょく作ってもらおっと ♪


はいっ、希望通り撃沈してきたばかりのサクラマスも十分堪能できましたし
明日からまた気合いを入れて頑張ってきます!




「明日からどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア