FC2ブログ

大量にマコガレイのなめろうを作って


12匹撃沈したうちの小ぶりな個体は唐揚げや一夜干しにでも?と戦場から
帰還する時はそう考えていたものの、実際にまな板に並べてみると毎度の如く
その身の厚さに驚かされ やっぱり生で頂くのがベストだろうと全て
五枚おろしにしてサクに。

皮を引いた時点で1匹自体は小ぶりでも数がある為、結構な量になっている事に
気付き何かいいレシピはないかなぁ~?と考えた後、





みじん切りにしたみょうが、刻みネギと共に身も細かく刻んで&叩いていつもの
よ~になめろうを作る作業に~ ♪

写真に写ってるのは一部になりますが、なめろうとして頂く分には味噌、醤油
、お酒を加えて仕上げ&残りの大多数には醤油は入れず、味噌、お酒、
すりおろしショウガ、ごま油を混ぜて粘りっ気が増すまで更にコネコネ、、、


あはは、このなめろうをベースにして作られる郷土料理があるのを思い出し、
ハンバーグを作る要領でコレを楕円形に成型し、最後に1つ、1つを
サランラップに包んで下準備のできあがり。





えっ、でもなんでサランラップに包んじゃうの?


なんせ量がありますし、まず今夜のFISH DINNERはなめろう茶漬けと
なると、さすがに一度にそんなたくさん食べきれませんからコレは後日の
お楽しみにしとこ~と!ベースは一緒でもなめろうは生の状態で頂くのに
対し、この郷土料理は更に火を通してゆきますので下準備段階のまま
冷凍保存が可能なんですわ。

でも~~~、ここまで作っちゃうと一体どんな仕上がり&お味になるんだろう?
とめちゃくちゃ気になってしまうのも確かで、

試食と称して2個だけ作ってもらうことに!(笑)







「大葉?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの野菜巻き造り ♪


お造りはお造り、、、まさにそのままサクの状態からスライスした生の切り身を
醤油やポン酢などで頂く定義にあるわけですが、カルパッチョみたく洋風
アレンジにしたりと幾つかバリエーションは持たす事はできますよねぇ。

今回は自宅にあった魚料理のレシピ本にあった和風アレンジを試してみました。





マコガレイの野菜巻き造り ♪


と言っても、、、単に細ネギやカイワレに薄造りにしたマコガレイの切り身を
巻いただけになるんですけどねっ。(爆)

昨日姿造りにしたカレイのサクの一部を薄造りにして自宅の冷蔵庫内にあった
薬味で使う細ネギとカイワレに巻き付けただけでそれ以外の工夫はな~んも
してませんが、なんとなく和風!?かつお上品な雰囲気が漂うディッシュと
思いません?レシピ本の盛り付けてある写真を見て、おっ、こんな風な
アレンジも良さそうやんと気になっちゃいまして、、、


レシピ本では細ネギ、カイワレの他にしめじや長芋といった野菜も使われていた
んですけど、ちょ~ど自宅にあったのが2種類だけだったので、、、でも、
見栄え的に見ると薄い茶色&白のしめじに乳白色の長芋もあった方が遥かに
映えたよ~に思えてます。(笑)









長ネギとカイワレだけだとど~しても緑一色!ってな感じじゃないです?

あはは、次回もし作る際にはバラエティー豊かに野菜を揃えてやりたいなぁ~と
思いましたが、お味の方はシャキシャキ野菜のスッキリ味にマコガレイの甘味を
含んだまろやかさが絡んで非常に美味しく頂けましたっ。

こちらのディッシュには絶対にポン酢&もみじおろしのコンビーネーションが
マッチするかと思いますよぉ。


そんでもって付け合わせ?チックに写っているのが見てすぐお分かりのよ~に
マコガレイの卵の煮付けでございます。前回の卵に比べると徐々に大きくなって
きてますよね。もうすぐ産卵に入るって感じかな?

それでも1匹分だと少量になる為、同時に捌いた数匹分の卵をまとめて調理。











コラボしてる野菜巻き造りが超~サッパリ系ですから、こちらの味付けはいつも
煮付けにする時よりやや薄めかつ、甘い煮汁で作ってもらいました。

昨日のお造りの薬味、そして野菜巻き造りのメイン素材、更に煮付けの飾りにと
カイワレって魚の和風ディッシュには万能に使える野菜ですよねっ。基本、
薬味として使われる野菜って独自の強いアクセントを持ってて好きな人は好き、
だけど嫌いな人は嫌いと大きく分かれる特徴があるよ~に思えますが、

わたくしめは全部好きかな?




「薬味も大切よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

座布団マコガレイの姿造り ♪


この体高、、、何度見ても半端じゃないっす!





サイズ的には小ぶりなアベレージサイズが主体になるものの、合計12匹と
北日本の釣果を連想させるよ~な釣りができた昨日の朝、、、例年に比べると
気温が未だ下がらずに暖かい状態が続いているのも釣期が延びている理由の
1つと思えますねぇ。気温&水温が一定域で維持すれば当然その間に接岸して
くる群れも多く、食い気がある時期も長く取れるとゆ~メリットはあります。

ただ、カレイは良さげでもキスの方は夏場も含め今年自体イマイチな雰囲気の
よ~にも、、、まぁ、わたくしめ自身、キスの引き釣りは非常に流動的で結構
回数をこなす年もあれば、逆にほとんど行かない年もあったりと正直ダイレクト
な情報に乏しく何とも言えませんけど、脂の乗った落ちギスだけは釣りたい?
食べたいなぁ~と切望する今日この頃。


だけど地元で撃沈する落ちギスとマコガレイ、どちらがいい?と聞かれると
迷わずマコガレイと答えてしまうJCAでありますからFISH DINNER面
においては毎日大満足中でございます ♪





マコガレイの姿造り ♪


一番大きかった42cmの肉厚個体はやっぱりお造りに限ります!

地元では久しぶりに40cmオーバーを撃沈したのもありぜひとも身だけでは
なく頭から尾っぽまでも盛り付けた姿造りに~とお願いするも、わたくしめ
宅にある最も大きな魚盛り付け用の丸皿は30cmで、やや曲げて乗せても
デ~~~ンとはみ出ちゃいました。(笑)

大きなヒラメなどを姿造りにする時は頭から尾っぽにかけて反り返った曲線
を描かしてから盛り付けられることがほとんどで、こやつもそ~すれば良かった
のかもしれませんが、その辺はもっとやり方を勉強してからにしよ~と。


さすがにこのサイズにもなると尾っぽにかけても極太で遊泳力のある超~筋肉質
なイメージタップリ&顔もアップで見てみると可愛さを通り越してイカツイ!?
貫禄のある顔をしてますよねっ。(笑)







身も薄造りにはせず豪快にそぎ切りにすると1スライスがとても大きく
仕上がってプリップリな食感が見てるだけでも伝わってきて贅沢!

五枚おろしにしてみると、こりゃ1回のFISH DINNERじゃ食べきれない
量かも?と思い、サクの一部は明日用に取っておくことに。自宅にあった
レシピ本を見てるとちょこっとやってみたいなぁ~と興味を持ったディッシュが
ありまして、、、明日具材をゲットしてきて作ってもらおうかとねっ。


言うまでも無くポン酢&もみじおろしでサッパリと!って思い冷蔵庫を開けて
みると、もみじおろしが無くなっちゃってたので近くのスーパーまで買い出し
に~。ちょ~ど薬味のコーナーに新鮮な紅たでが入荷してあったので
今夜はわさび醤油でも頂きましょ。









歯応え抜群の身はいつものプリップリ食感を超えてモチモチ ♪


甘味も凄くポン酢もほんの少し付けるだけで十分まろやかなマコガレイの旨味が
堪能できます!そして甘味と言えば忘れてならないのがエンガワで、こちらは
超~コリコリな歯応えで噛んだ瞬間からトロけてしまいそ~な甘~いテイスト
、、、噛めば噛むほど更に甘さが増してゆき、あ~~~投げ釣りやってて
良かったなぁ~と至極のひとときに浸れます。(笑)

明日のFISH DINNERも楽しみですわ~ ♪




「至極のひととき ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アキアジの炊き込みご飯 ♪


新鮮な切り身と浜の味付けをした自家製イクラの醤油漬けが揃ったらまたやろう
と楽しみにしてたディッシュにやっとこさあり付く事ができましたぁ ♪

作り方もめちゃくちゃ簡単な上、1回でそこそこの量の切り身を消費する事が
できる為、アキアジのよ~に1匹から大量の切り身が取れる魚にはもってこいの
ディッシュ!あっという間にできてあっという間に完食できちゃい、余れば
おにぎりにしておけば小腹が空いた時に重宝する贅沢メニュー、、、過去に
アップした覚えがありますから今回は端的に説明&作ってみましょう。





んっ、この写真を見ただけでは一体何が入ってるの???



な~んて思われちゃうかもしれませんが、実は舞茸としめじをタップリ入れて
ますので底が見えないだけでレシピとしては超~シンプル ♪

炊飯器の釜にお米2合、醤油大さじ2、お酒大さじ2、ほんだし4g、粗塩
一つまみ、昆布2切れを入れてから釜の目盛りが2合になるまで水を注いで
約30分程置いておきます。この間に昆布が柔らかくなってジワリジワリとダシ
が出てくるわけなんですけど、出来上がった際に昆布も一緒に混ぜて頂きたい
ので上質の昆布を使うと更にお味が引き立つかと!JCAの場合、毎年大量に
取り寄せている利尻昆布がありますのでそれを使ってますよぉ。


その上に舞茸、しめじといったキノコ類をタップリ入れて、最後にアキアジの
切り身を2~3切れ乗せれば準備オッケー!

後は炊飯器でいつもと同じよ~に炊くだけで完成。







炊き上がったらしゃもじで混ぜ混ぜ~。


この段階で魚の骨が気になる方は身をほぐす前にアキアジから先に骨を
取り除いてから混ぜます。結構この魚は簡単に骨が取れますし、あと皮が
苦手な方もこの時点でど~ぞ。

昆布は蒸すと想像以上の大きさになりますから必ず混ぜ混ぜしてる時点で
食べやすいサイズに千切っておくのがベターですねっ。


はいっ、それじゃアツアツのうちに頂いちゃいましょう!







アキアジの炊き込みご飯 ♪


三つ葉を添えるとフレッシュな香りと味にアクセントを与えてくれて更に
美味しく感じられます。今回ご紹介しているレシピで作るとやや薄味の優しい
お味に仕上がるのでアキアジのとキノコ類の旨味がしっかり堪能できます。

もし、市販の塩をした切り身を使われる場合は粗塩は振らずに作られると
いいかと。それでも気になる方は最初の分量から調整してください!簡単に
書いておくと、味を薄くしたい場合はお酒と水の量を若干多めに、逆に味を濃く
したい場合は醤油を多めに、、、ただ、釜の規定目盛りをあまり超えてしまうと
ベチャっとした仕上がりになるので注意です。


まず最初の1杯はそのまま頂いて、2杯目はイクラの醤油漬けをかけて親子丼
として~ ♪ アキアジの親子丼でめ~っちゃ高級ですよねっ。







イクラは当然醤油ベーステイストなので優しいお味の炊き込みご飯と一緒に
食べるとバランス的にはちょ~どいい感じかも?また、クタクタになった
利尻昆布もとても美味しく北海道の海の幸って最高~ ♪

我が家ではこの炊き込みご飯が非常に人気ですので、2~3切れを1パックにした
真空パックをたくさん作って冷凍しておき、1年後のシーズン開幕までにいつも
食べ終えちゃうって感じのローテーションになってるかな?

やっぱり鮭は日本人が最も消費する魚だけあって最高ですわ!




「贅沢極まりないっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

はちみつと粉山椒で ♪ マコガレイの和風カルパッチョ





大物投げ釣りとトラウトルアー、どちらの知識&情報の方が頭の中にしっかり
根付いているか?と聞かれますと、そんな事言うまでも無く投げ釣りのJCA
、、、1年経ってもそれぞれのターゲットに合わせた仕掛けの長さ配分など他、
詳細までしっかり覚えている自信があるものの、やはりトラウトルアーに
関してはまだまだ手探り状態な所も多く、1年?いや、半年もすれば鮮明に
覚えてたはずの事も忘れてしまいそ~な気がしてなりません、、、

そんな不安もあり、終了したばかりのアキアジ作戦において覚えておきたい項目
や戦術など全てパソコンで書き出してファイル化&あと、酷使してボロボロ?
剥げ剥げになったルアーもさっさとホログラムシートを貼り付けてすぐにでも
使えるよう補修しておくことに。

シンナーっぽい臭いにオエ~~~っとなりながら仕上げ工程のウレタンコートを
し、部屋の換気扇を全開にして退室!数時間もすれば臭いは完全に消えるものの
毎回この臭いだけにはやられますわ~、、、


乾かしている間にお風呂に入って、上がってからリビングでゆっくりしてると
FISH DINNERの用意ができたよ~と!





マコガレイ尽くし (2日目) ♪


なめろう茶漬けは昨日頂いたのと丸っきり一緒ですから説明する必要は無い
ですよねっ。一度食べたら絶対虜になってしまうこのだし茶漬け、、、結構な
量があったはずなのにあっという間に完食でございます。


他の食材としっかり混ぜ合わせたメインディッシュのカルパッチョはオリーブ
オイル、はちみつ、粉山椒と塩で作ったオリジナルソースが絡めてあり、
見た目は洋風でもお味は和風 ♪ 非常にみずみずしく辛味が少ない事で
有名なアーリーレッドは、和洋どちらのディッシュとも相性が良い玉ねぎで、
和を演出する三つ葉と共にいい具合にスライスしたマコガレイの切り身を
引き立ててくれてます!

食感はコリコリのマコガレイにシャキシャキの玉ねぎが前面に出てとても
フレッシュな印象に満ち溢れているのに、口で頬張った瞬間山椒と三つ葉の
アクセントがほのかに香る甘~いまろやかテイストに驚かされます。









ほとんどが甘味を特徴に持った食材を使ってる上、更にソースにもはちみつが
入ってるのでめちゃくちゃ甘いのでは!?と文章だけでは思えちゃうかも
しれませんが、塩と粉山椒がしっかり働いてくれており絶妙なバランスが
保たれております。これは魚メインの創作料理のお店で人気なレシピみたく、
わたくしめも今回初めて頂きましたが本当に美味しいっす ♪

また食べたいと思えるソースの配合レシピはオリーブオイル大さじ2、はちみつ
20g、塩&粉山椒は少量で、あとは味見しながらご自身の好みに合った
バランスに仕上げたらいいかと。

ぜひお試しあれ~ ♪




「創作料理!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR