FC2ブログ

カラフトマスで網走バーガー!?


以前、、、それも数年前から気にはなっていたものの、わざわざ立ち寄ってまで
して食べる事も無くず~っと名前だけ知ってた網走バーガー

網走市内にある道の駅・流氷街道網走で販売されているご当地バーガーで
なんとメインのカラフトマスの唐揚げがサンドされているという超~珍しい
フィッシュバーガー。


きっとオホーツク海のオヒョウを使ってます、、、みたく投げ釣りやルアーでは
なかなか釣れないターゲットがメイン食材ならぜひとも食べに行ってるん
でしょ~けど、カラフトマスとなると、、、あはは、自分で釣ったので作れる
やん!な~んて思ってしまいあまりプレミア感?を感じられないのが今まで
試食できてない最大の理由かも?(爆)





ただ、時々その存在を思い出しちゃう為、撃沈してきたカラフトマスを捌いて
もらってる間にハンバーガー用のバンズの買ってきて一度試食してみよ~と!

ネットなどに網走バーガーのレシピに近い情報が掲載されているので、それを
参考にして作ることにします。本家のは全て網走産の食材を使用している
そ~ですが、さすがにそこまでこだわるのは不可能な為、最寄りのスーパーに
売っていた長芋、レタスで対応。


まずはカラフトマスの切り身を唐揚げに~。


そのまま揚げるより竜田揚げにした方がより美味しいんじゃない?という意見
から醤油、お酒、みりん、すりおろしショウガを混ぜ合わせた調味料の中に
切り身を入れてよ~く揉んでから約15分放置&片栗粉をまぶして更に
5分程度置いて170℃の油で揚げてゆきます。







こんがり揚がったらバットの上に取り出してキッチンペーパーで表面の
余分な油を拭き取り完成。








お次は味付けの要となるソースですが、

説明では網走産山わさび入りマヨネーズが使われている旨、書いてあったものの
、幾つか実際の写真を見てみると確かにマヨネーズベースのソースが塗られて
いる物もあれば、単にケチャップを混ぜ合わせたよ~なウスターソースっぽい
のだけのもあったりと正直よく分からない、、、

まぁ、どんなお店でもソースだけは企業秘密!って所がほとんどですし、
とりあえず美味しく頂ければオッケーなわけですから、、、山わさびという
キーワードでハッと思い出して 以前現地でゲットしてきた山わさびを
使った醤油糀漬けを出してきてそれにマヨネーズと少量のケチャップを混ぜて
特製ソースのできあがり~ ♪


あとはバンズに乗せていくだけで、一番下からレタス、カラフトマスの竜田揚げ
、表面を軽く焼いた薄切り山芋、ソース、とろけるチーズ、ソース、薄く刻んだ
タマネギという順でソースだけ2層に分けて塗って仕上げてみましたっ。





カラフトマスバーガー ♪


網走バーガーって書きたいけど、果たしてこのレシピで合っているのか?
同じよ~なお味になっているのか?実物をまだ食べた事が無いので比較も
できなく無難にカラフトマスバーガーとゆ~ことで。(笑)

なかなか輪切りの長芋が入ってるバーガーなんて食べる事もないので一体
どんなお味なんだろう?興味津々で一口頬張ってみると、、、おっ、コレいける
やん ♪ カラフトマスの竜田揚げは思ってた以上にジューシーかつお味が
しっかり付いていて単品でも十分楽しめる美味しさ。

長芋も表面が焼いてあるのでヌルヌル感は無くシャキシャキ食感でフレッシュな
印象。何と言ってもオリジナルソースが非常によく合いますねぇ!マヨネーズと
ケチャップの中に山わさびのアクセントがきいてて適当に混ぜ合わせて作った
わりには驚きの仕上がり。(爆)


マクドのフィレオフィッシュなどをイメージしてましたが、実際には全然異なり
もっとゴージャスでどこか和風な感じがします。おそらく食材の組み合わせから
なんでしょ~けど、バーガーに欠かせないチーズも全体的なお味をまとめて
いい仕事をしてますし、これは結構お勧めの食べ方かも!?







ここまでくるとなおさら本家本元の網走バーガーが食べてみたくなりましたっ!




「フィレオフィッシュ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

朱色の宝石 ♪ カラフトマスの鱒子を醤油と味噌で





ドッサリ!?


ドッサリというフレーズを聞くと違った物を想像しちゃうのはわたくしめだけ
でしょうか?あはは、ドッサリをキャッチフレーズに宣伝している物が
あるからこそそんな想像をしちゃうわけで、たくさん!やらてんこ盛り!と
書けばまた印象が違ってくる、、、(爆)


はいっ、しょ~もないネタは置いといて~、

先日の遠征で撃沈したカラフトマスのうち、できるだけ銀ピカな個体を
よっしーに選定してもらい自宅用に発送するとオス、メス同じ数くらいと
思ってたのが実はメスの方が多かったみたくご覧のよ~にドッサリと
鱒子が取れちゃいましたぁ ♪

初回の遠征時にはまだ最盛期に突入してなかったのもあり、そこまでたくさん
撃沈はできず、鱒子も当然たくさんは取れませんでした、、、それが今回ので
一気に十分過ぎる量を確保できたとなればアキアジの時同様バリエーションを
楽しまなくてはもったいない!

そう思い早速、鱒子を同量で2つに分けて片方を定番の醤油漬けに。













前回と一緒で漬けダレにはさっと漬けて&すぐに水切り。

我が家ではこの作り方が絶対で、アキアジのイクラもそ~ですけど漬け込み時間
が少し変わるだけで味の仕上がりが大きく異なってくる、、、まぁ、どれくらい
の濃さがベストなのかは個人の好みによりますので何分漬け込むのがベスト?
などは一概に言えませんが、イクラより更に小粒で皮が非常に柔らかいカラフト
マスではほんの15~20分程度でも十分だとJCAは思っております。

一晩かけてよ~く水切りしたら1粒、1粒がプリンプリンかつ頬張るとプチッと
弾けて口の中で旨味が広がる最高の醤油漬けの完成!あとはタッパーに
小分けにしてすぐに食べない分は冷凍すれば来シーズンまで好きな時に
堪能できます ♪ 今年はほんとにたくさんできましたよぉ。


醤油漬けは筋子、鱒子共に真っ先に作る王道レシピとなり、もう1つの方は
醤油漬けが十分確保できた暁に作ってもらうアレンジになるかな?

もちろん今回はドッサリありますから、2つに分けた残りの鱒子を使って
もう一方のアレンジも~ ♪ 昨シーズンは膜に包まれたまさに魚のお腹から
取り出した状態のまま作りましたが、手間は掛かるけどやっぱりほぐした方が
断然美味しいのでこちらも先にほぐしてから味付けしていきましょう。









北海道清里町にあるお気に入りの道の駅でゲットしてきた味噌を使って
漬けダレを作ってゆきます。

味噌250gに対してみりん大3、酒大1、昆布ダシ10gを混ぜ合わせたら
バットの底に約半分の量を薄く延ばして食品用ガーゼを上から敷いてから
ほぐした卵を乗せて再びガーゼでサンドイッチ。その上から残りの味噌を
延ばしてやれば完成。西京漬けを作る時と全く一緒の要領ですねっ。


醤油漬けにして一晩寝かせる時もそ~ですが、バットにもしっかりサランラップ
をして外気が中に入らないよ~にしてやらないと上手く仕上がりません。















味噌漬けは醤油漬けよりみなさん好みがあるよ~で、1日熟成すればオッケー
の人もいれば、最低2日間、はたまた1週間程寝かせた方が美味しいという
人もいるそ~な、、、

我が家ではご飯にタップリ乗せて食べたい時は醤油漬けで、味噌漬けはおにぎり
の具やお酒のアテとしてなど一度に少量の消費となりますからやや濃いめの
味付けに。ただし、味噌なので漬け過ぎるとかなり塩辛くなっちゃう為、2日間
くらいがちょ~どいいかな?と今のところ考えております。


どちらも贅沢の極みと言わんばかりのお味で当分食卓が今まで以上に
賑わいそ~ですねっ ♪ アキアジもまもなく始まるし秋にかけては
美味しいターゲットがわんさか!




「まさに朱色の宝石」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カンパチのお造り ♪





キスの引き釣りをしてるとなぜか?外道で釣れてきたカンパチの子。

小アジなら時々掛かってきたりするものの、カンパチをこの仕掛けで釣ったのは
初めてかな?まぁ、サーフからルアーを投げてたら結構掛かってきたりする
みたいですし専門に狙えば狙って釣る事も可能なのかもしれませんねぇ。
ただ、投げ釣りにおいては泳がせを除いて滅多に釣れる事の無いカンパチですし
、お造りにできるサイズとなればそれはありがたいお土産 ♪


早速帰還早々捌いてもらって頂いてみることに~。











カンパチのお造り ♪


マアジと比べると更に艶やかで透き通るよ~な身は弾力に富んでこれぞ生食で
頂く魚の典型!といった印象を受けます。

今回撃沈してきたキスはピンギスはほとんどいないものの、お造りにして、、、
とまで思えるよ~な大きさの個体も無かったので帰還早々、欲しいという友人に
全て贈呈&お返しに佐賀県土産のママレードを頂きありがたく物々交換。(爆)

あはは、トーストにはジャムよりママレードの方が好きなわたくしめとしては
キスがママレードに化けた!?と密かに大喜び、、、


そんなわけで、昨夜のお造りはカンパチのみ。









ほらっ、すごく透き通ってて超~新鮮なのが見て分かります!


サイズからしてそんなたくさんの身は取れないだろうと思ってましたが、
できあがってみるとそこそこあって大満足 ♪

シルバーに輝く皮はマアジと似てそ~で似てなく、またお味の面でも遥かに
甘み豊かで脂も乗っててシコシコ!これはマアジとは完全に別物ですわ。
狙って釣れるならぜひとも今後やってみたいと思えるターゲットかも!?





カンパチ、、、毎日でも食べたいわぁ ♪




「美味しいよねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シロギスのカルパッチョ ♪


数日間連続して出されても全然飽きの来ない魚ってありそ~で密かに無かったり
するものです。確かに毎日、毎日全く同じディッシュが出てくるといくら大好物
な魚といえどちょこっと休憩期間が欲しくなりますが、アレンジが異なれば
不思議なものでそれはそれは新鮮に思えちゃう ♪

キスの生食も今夜が3日目となり、だんだん飽きてきた、、、いやいや!
そんなわけはなく、お造りでもお寿司でも何でももっと食べたい気持ちで
一杯のJCAでございます。(笑)

同じ白身魚でもマダイのよ~に肉厚な魚であれば熟成させて引き続き生のまま
、、、でもお味の変化を楽しむ事ができるんでしょ~けど、さすがにキスは3日
くらいが限度でしょうか?もしかするとまだまだいけるのかもしれませんが
、わたくしめはまだ試した事が無いので分かりません。


冷蔵庫に残っていた最後の生食用切り身をお皿に並べて準備完了。





あはは、並べるだけで今夜のディッシュは完成したよ~なものなんでレシピ
としては芸がないんですけど、、、とりあえずベビーリーフ、ミニトマト、
ブロッコリースプラウトといったフレッシュ野菜をトッピングしてあとは
ドレッシングをかけるだけ。

このディッシュはサッパリ系ドレッシングがベストですので、醤油大1、わさび
少々、岩塩少々、オリーブオイル大3、白ワイン小1にレモンを1絞りした
のを混ぜ合わせて作ります。


作ってもらってる最中は昨夜同様、三ツ判山吹で作った酢飯とコラボさせて
お寿司が良かったなぁ~、、、なんて思ってましたが、

完成して食卓に出てくると、おっ!(笑)





シロギスのカルパッチョ ♪


カルパッチョも久しぶりに食べたいと話してたので、実際に目の前に登場すると
お寿司の気分はすぐに切り替わって、コレもうまそ~!

彩り豊かなフレッシュな野菜たちを見てると食欲が湧いてきますねぇ。


醤油とわさびが優しく香る和風なドレッシングはオリーブオイルと混ぜて
あっても決して油っぽくないスッキリテイストでキスの身とよく合います。
キス単体で食べれば身自体の甘さとまろやかさがドレッシング引き立てられて
洋風なお造りのイメージ、そして野菜と一緒に頂けばまさに海鮮サラダ感覚!
シンプルなお造りに少々飽きて来られた方にはカルパッチョはお勧めです。







見栄えがオシャレなのは断然カルパッチョですねっ ♪




「また食べたいっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

三ツ判山吹で作る、シロギスのお寿司 ♪


異常とも言える猛暑との戦いの後、数日間は癒しの期間、、、

撃沈してきた魚を使ったFISH DINNERがわたくしめの釣りスタイルに
おいて次なる楽しみとなっております。いや、魚を釣るだけでなく
FISH DINNERを堪能するまでが作戦と言えるかな?







昨夜は25cm前後の大きな個体で糸造りにしてもらいました。

そして残りの自宅キープ分からまず20cm前後の個体を抜いて、それより
小さいのは全部開いて1回分ずつに分けて真空パック冷凍に。こ~しておけば
いつでも食べたい時に天ぷらやフライにできますから非常に重宝します ♪


さてさて、今夜も富山湾のキスを堪能するわけですが、先に選っておいた20cm
前後の個体を昨夜同様三枚おろし 腹骨から他全ての小骨と皮を取って
お造り用のサクにしてスタンバイ。何だかんだで結構な数ができましたから
明日も頂けるよう一部はサランラップで包んで冷蔵庫へ。

キスの身も一晩寝かせる事によって旨味が更に増す傾向にありますから
お味の変化を楽しむ為にも2日間に分けて頂いてみるのもお勧め。





先日仕事で東京に行った際に、たまたま立ち寄った高級志向のスーパーで販売
されてるのを発見して仕入れてきた三ツ判山吹なる純酒粕酢。

実はコレ、かなり前から探していたんですけど関西ではなかなか見つから
なかったんですよね~。ど~しても必要ならいつものネットショッピングで
ポチッとしても良かったものの、そこまですぐ欲しいわけでもなく、、、
ネット情報では関東方面をメインに広く愛用されてると書かれていたので
ちょ~どいい機会でした。

これを使って今夜は酢飯を作ってもらいます。


はいっ、もう1品の方はわたくしめがリクエストしたわけではないけど、
めちゃくちゃ美味しかったからといつの間にかまた仕入れてきてあったヒイカ。
前回同様、ちゃちゃっと下処理をして甘辛く煮付けてゆきましょう!







種類にこだわらなければ、また冷凍物でいいならイカは年中市場に出回って
おりますが、ヒイカとなると夏限定ですし入手できる間に楽しんでおかないと
ねぇ。あはは、今までタマミのエサとしか見てなかったヒイカも今年からは
FISH DINNERの食材としても大活躍中でございます。(笑)

超~スピーディーに煮付けて、火を止めてからじっくり時間をかけて煮汁を
浸透させていく方がヒイカには合うのでお寿司を握る前に調理しておきます。


三ツ判山吹に砂糖と塩を加えて煮立たせないよ~に弱火を用いて火を通して
から炊き立てご飯に混ぜ合わせて酢飯を作ると、見事なまでにの黄金シャリの
できあがり~。すごく気品溢れる雰囲気の色合いで驚かされます!

あとはキスの片身1枚を乗せて握ってやればメインディッシュも完成。





シロギスのお寿司&ヒイカの煮付け ♪


キスの天ぷら&そうめんと並んでまた新たな夏の定番ディッシュ?コラボ?が
生まれたよ~な気がしますね。(笑)

シャリは三ツ判山吹のルーツとも言われているそ~なので、さすがに香り、色
、そしてお味全てが非常に上品な印象を受ける酢飯ができあがっており、
それに新鮮なキスの身が丸ごと乗ってるわけですからこんな贅沢なお寿司は
ありません!中にはほんの少しだけわさびを忍ばせてパクっと、、、


わぁ~~~っ、この酢飯のまろやかさはヤバイ ♪


お酢を始め調味料にこだわるだけでここまで酢飯のお味が見違えるなんて
、、、正直想像以上の変わりようでございます。美味さが溢れるシャリの上
には美しいキスの身がっ。

糸造りとはまた異なり噛むと繊細な柔らかさがあるものの、どこかコリコリ
食感もあってこれまた絶品!





パクパクいけちゃう?いや、美味しすぎて知らないうちにパクパク状態に
なっちゃってますから、これならサク取りした身全てをお寿司にして
もらったら良かったなぁ~と、、、

ってゆ~か今後の酢飯はこの純酒粕酢で決定ですねっ。


自分で釣ってきてないのもあって毎回サイドディッシュ的扱いでの登場となって
いるヒイカもメインとして出されても十分満足できる美味しさ ♪ エギで
狙えば釣れたりするのかな?そんな事を考えつつ、、、きっと実際には
やらないんだろうなぁ、、、(爆)





シロギスのお寿司を、

もっともっと食べたかったのが本音だけど、他にも久しぶりに食べたい
ディッシュがあったりするので今回はこれにてごちそ~さまぁ~。腹八分目
にしといたとゆ~ことでっ ♪




「癒されるよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR