FC2ブログ

至高の鱒フレークで作る3品目 ♪







“至高の鮭フレーク ♪”


いいえ!?今回もアキアジより美味しいサクラマスの切り身で作ってもらった
ので鮭ではなく鱒フレークでしょうか?(爆)

どっちも一緒やろ~と突っ込まれてしまいそ~ですが、以前雑誌の鮭特集に紹介
されていた至高の鮭フレークがまた食べたくなって懐石料亭のレシピに従って
甘酒、日本酒、薄口醤油、練りゴマ、発酵バターなど独特のコクと旨味を
生み出す調味料と共にしっとりとできあがりましたっ。


当然ながらフレークですのでそのまま炊き立てのご飯にかけて頂いても良し!
また、お茶漬けにしても非常にGOODでしたし、市販されている鮭フレーク
などとは全く別物かのよ~にしっかり芳醇な味付けがされている為、これを
味付け用の調味料代わりにして新たにディッシュを作るのも良しなんです。

そんなわけで今回はこの至高の鮭フレークのレシピが紹介されてあった雑誌に
同じく掲載されていた3品目を試してみよ~と!











どれも基本、フレークを調味料代わりに混ぜ込むだけという感じですから
すぐにできちゃいます。

まずはキノコとネギ炒めで、フライパンにこめ油をひいて中火にかけスライス
したシイタケとほぐした舞茸を炒めます。そして仕上げに同じくスライスした
長ネギとフレークを加えて少々炒めた後、白ゴマを混ぜてできあがり。


続いて2品目はほうれん草和えで、茹でたほうれん草に刻んだ無塩ミックス
ナッツとフレークを和えてできあがり!?あはは、ほんとこれこそフレーク
あってこその味付けになるディッシュじゃないでしょうか。













無塩ミックスナッツを使われているところとかオシャレですよねっ ♪


3品目はこれら3つの中ではメイン?最も食べ応えのあるディッシュになるのが
焼き餅で、フライパンにこめ油を多めにひいて中火にかけ、餅を焼くだけ~。

中が柔らかくなってきたらバターを少々加えて餅に絡めると焦がしバター風味に
なっていい感じになると書かれてあるのでその通りに焼いて最後にフレークを
トッピングして完成!?





いや~、いずれのディッシュも超~簡単&時短ディッシュになるものの、上から
順にどんどん簡単になっていってるよ~な、、、なんせ、この焼き餅なんて
餅を焼くだけですから。(爆)


こ~してあっという間に揃ったディッシュたち。


早速頂いてみましょう!

雑誌にはお酒の肴といった風に紹介されていましたが、もちろん惣菜感覚
としても十分ご飯の進むディッシュかと思いますし、ある意味焼き餅を
ご飯の代わりとして考えるとこれらだけでFISH DINNERが
成り立っているよ~な気がします。





至高の鱒フレークで作る3品目 ♪


どれもフレークがふんだんに使われたディッシュになるも、雰囲気も全く
異なればお味もそれぞれ他の素材と絡み合って1つ、1つが特徴のある
仕上がりになっております。


特にお酒の肴、惣菜どちらでもオールマイティーなのがキノコとネギ炒めと
ほうれん草和えの2品かな?フレークの持つバター風味が炒める事によって
際立つキノコとの炒め物はできたてはもちろん、冷えても美味しく頂く事が
できるディッシュでキノコ好きにはたまらない逸品!

また、ほうれん草和えも頬張った途端にナッツの香ばしい風味が広がって
シンプルなのにとても上品な印象を受けます。









濃厚極まりないキノコとのコラボディッシュにサッパリ感もしっかり味わえる
ほうれん草和え、、、どちらもフレークのみで味付けされているのにこんなに
違うなんて、、、さすがプロの料理人がアレンジするディッシュですねぇ。


最もお腹が膨れるメインディッシュの焼き餅は最初見た時はどんな感じのお味
なんだろう?と思いましたが、餅は米からできてますし合わないわけがない!
フライパンで焼いた餅はややハードめな仕上がりになっており、噛むとサクッ
とした食感がやみつきになりそうです ♪

少量のバターを加える事で餅自体にもコクが生まれ、フレークと一緒に食べると
超~濃厚な美味しさ!強いバター風味が食欲をそそりますが、その分白いご飯
みたく何杯でもいけるって感じではなく餅2個くらいがちょ~どいい量かも?

それを考えるとこのディッシュだけはお酒の肴向き?







料亭のお味3品目を堪能させて頂きましたっ ♪




「やっぱり和食だね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

赤い鯛の饗宴 ♪


性懲りも無くシロアマダイの生食を試みたものの、やっぱりわたくしめ的には
お造り系で頂くとこの魚に関しては素材の持つ旨味を引き出しきれない?
という結論に、、、そんなわけで今回の釣果の中でダントツお造りに適して
いるマダイの登場でございます!

お造り、お寿司に鯛しゃぶまで様々なディッシュに対応できるマダイ、最近
の宇和海遠征では毎回顔を見せてくれFISH DINNERにかなり貢献して
くれております。(笑)





カマは今回は割らずにそのまま、同サイズのアカアマダイのカマと一緒に
煮付けてもらうことに。レシピはいつも通りですが、ゴボウもコラボさせてる為
、甘さの目立つ煮汁よりややアクセントのきいた甘辛さの方がいいかも?と
若干ショウガを多めに入れて仕上げます。


マダイの身はほんとどんな食べ方、味付けにも自然に溶け込んでくれますから
お造りの調味料もその日の気分に応じてわさび醤油でももみじおろしとポン酢
コンビでも楽しめます。

ちょ~どスーパーに新鮮な穂紫蘇が並んでいたのでマダイは断然わさび醤油で
頂きたいわたくしめ、当然ゲットしてきて散らしてもらいましたっ。見た目も
美しく上品に仕上がる上、穂紫蘇の花はほんのりシソの香りが漂い特にわさび
醤油とは非常に相性が良いんです!





赤い鯛の饗宴 ♪


饗宴と言っても今夜のFISH DINNERはマダイの方が主体になっては
いますが、アカアマダイもカマだけながらもアマダイというだけで高級な
印象を与えてくれるのが不思議ですよねぇ。


1匹丸々お造りにしようと最初は話していたものの、実際には結構な量があった
ので半身分をお造りにして残りは後日他のディッシュで頂こうとなりました。
50cmを超える個体なら半身だけでも十分過ぎるくらいのお造りが作れます。

薄紫色の穂紫蘇の花が何とも言えない美しさを醸し出し、これがまた単なる飾り
ではなくお造りのお味を更に引き立ててくれるわけですから素晴らしい!









穂紫蘇と一緒に紅たでも仕入れてきましたので今夜はわさび醤油とコラボさせる
薬味も豊富でますます食欲が湧きます。醤油に飽きてきたらポン酢に切り換えて
サッパリ感を堪能しようと思ってましたが、ど~やらわたくしめに限っては
その必要はなさそう!?(笑)


兜煮も仕上げにさやいんげんと刻みネギを添えてサッパリアクセントを加えて
おり、身を煮汁がしっかり浸み込んだゴボウと食べればマッタリ濃厚テイスト、
そしてさやいんげんと食べればフレッシュな印象。

甘辛い味付けのディッシュってず~っと同じお味のまま食べ続けてると他より
早く飽きてきやすい為、こんな感じで添える素材をちょこっと工夫して
いつまでも新鮮な印象をキープできればと考えております。









アップで見るとやや不気味、、、(爆)

鯛系の魚のカマは身が凝縮されていて、旨味成分も更に詰まってますから
基本捨てずに頂くよ~にしております。兜煮なんかは超~簡単に作れちゃいます
しもったいないお化けが出てこないよ~に撃沈した魚はちゃんと残さず食べて
あげないとね~っ。(笑)


大変おいしゅ~ございました ♪









「まさに饗宴!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シロアマダイの贅沢みぞれ鍋 ♪


2020年になってからの宇和海遠征では紅白アマダイの釣果が多く、おかげで
魚ストック専用フリーザー内も高級魚の切り身で賑わい始めております ♪





そんなアマダイを捌いた際に出たアラ、、、他の魚ならあまり気にせずそのまま
ポイしたりするんですが、ど~しても魚がレア&高級魚だけにアラ煮やアラ汁、
また出汁取り用にまとめて何パックかにしてキープしてありました。

ただ、こちらもカマ同様結構スペースを取ってしまう為、さっさと消費していく
のが得策と思い、早速寒い時期なら何度で頂きたい鍋を作ってもらうことに~。

鍋に水、そして今回はシロアマダイのアラとだし昆布を入れて沸騰させ濃厚な
出汁を取ってゆきましょう。


沸騰してくるとアラからもの凄い量の脂が滲み出てきて見るからに美味しそうな
出汁がタップリ!?ここでアラ&だし昆布を取り出して調味料の醤油大4、お酒
100cc、塩小1を入れてから具材を投入します。











野菜は白菜、ニンジン、白ネギ、生しいたけ、えのきだけを用意し、先に入れて
ある程度火が通ったところで豆腐とぶつ切りにしたシロアマダイの切り身、更に
半分に割ったカマまで加えてグツグツと。


ここでの注意点はアマダイの身を入れるタイミング!


紅白問わずアマダイの身は非常に柔らかくすぐに火が通るので必ず先に野菜類
など他の具材を加熱してから最後に加えるという感じで~。そ~しないと火が
完全に通ったまま煮ていると身崩れを起こしやすくなりますからねぇ。

しっかり煮立ってそろそろオッケーかな?となると1/2本分の大根おろしを
全体に広げてできあがり~ ♪ 頂きましょう。





シロアマダイの贅沢みぞれ鍋 ♪


お酒をタップリ使う事により素材の旨味がより一層引き立ち、そのまま食べても
シロアマダイの美味しさ溢れてて絶品!

スーパーに野菜などを買い出しに行った際に特設鍋コーナーがあり、そこに
並んでたすだち果汁入りの板前手作りポン酢なるお勧めポン酢がちょこっと
気になりこれもゲットしてきましたので、早速試食でございます。


すだち、柚子、柚柑の柑橘系を合わせて作られているポン酢は爽やかな風味と
コクがあって鍋とめちゃくちゃ合いますわ~ ♪

大根おろしをタップリ絡めたシロアマダイの身を頬張ると、言うまでも無く皮と
身の間にある良質な脂分が甘~く感じられて最高!ポン酢とコラボさせると
いい具合にお味を引き締めてくれて全く飽きが来ません。

う~~~ん、醤油ベースのみぞれ鍋は白身魚と相性抜群ですね。









もちろん最後はご飯と溶き卵を加えておじやにしましたよぉ ♪




「贅沢過ぎる、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シロアマダイの焼き霜造り ♪


正直、過去に何回かこのディッシュもトライしてきてはいるものの、ど~も
個人的にはあまりピンと来ない?イマイチ強い印象も無くついつい他の食べ方に
目移りしてしまう生食、、、今シーズンはたまたま毎回釣果に恵まれてきてる
のもあり久しぶりにサイドチャレンジしてみよ~と。





新鮮なシロアマダイを捌いてから最初は半身丸々作ってしまおうと思うも、
わたくしめのみならず他の家族もお造りは基本大好物なはずなのになぜか
ネタがアマダイと聞くと少しだけでいいわ、、、そんなわけで半身を更に上下に
分けて背中の部分の切り身だけで作ることに。

炙ってから切り分けるとアマダイ系の魚は皮の部分で崩れてしまいがちな為、
先にスライスしてからバーナーで炙っていきましょう。塩を皮目にパラパラ
振ってから少し焦げ目が付く程度までを目安にまんべんなく火を当ててゆき、
いい具合になったとこで一旦冷蔵庫へ。


そのままのお造りで頂くよりは加熱する事によって旨味が増す皮下の脂分を
少しでも引き立ててやった状態の方が美味しく感じれるだろうと思い今夜は
炙りで、、、イトヨリダイには非常にこの調理法が合うのでねぇ。

しっかり冷えたらお皿に盛り付けて、大葉、ミョウガ、刻みネギなどを散らして
ポン酢でサッパリ頂いてみましょうか~。







シロアマダイの焼き霜造り ♪


一般的な焼き霜造りは皮目を強火で炙った後、すぐに氷水の中に浸して急激に
冷まして頂く方法が主流なんですが、特に身が柔らかいアマダイ系の魚は水分に
さらすよりは冷蔵庫内で冷やした方が旨味が逃げにくい?よ~に感じている為、
これら一部の魚に限ってはこのよ~にしております。


パクリ、、、うむむ、やっぱり以前食べた時と同様淡泊な白身魚のお造り~的
イメージしか湧いてきませんねぇ。炙った皮目からはほんのり脂が焼けた
ジューシーな香りが漂ってくるもそこまでお味としては反映されていない
ってのがインプレでしょうか。

ど~してもマダイやカワハギなど他の白身魚と比較してみると残念ながら
あちらの方に軍配が上がってしまいます。







焼き物など加熱ディッシュにすると右に出る者はいないくらい超~美味しい魚
だけに生食となるとここまで印象が違うのか?と毎回驚かされてしまいます。
まっ、あくまで個人的なインプレにはなりますけど、次回からはまたいつも通り
加熱するディッシュをメインに堪能していきたいと思います。(笑)




「なんでだろ~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

至高の鮭フレーク ♪


クラブ内のグループラインでよっしーがこの鮭フレークめちゃウマですよ~と
画像をアップしてくれたレシピがありました。

それはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、プレジデント社からリリース
されているdancyu(ダンチュウ)なる雑誌に掲載されていた物で、この雑誌は
美味しい食べ歩き、料理作り、素材探しなど食を楽しみたい人のための月刊誌。
よく空港のビジネスラウンジや他ラウンジ系で置いてある事が多い雑誌の部類
ですね。ちょ~どJCAの仕事関係のラウンジにも置いてある事を聞きつけて
早速時間がある時に訪ねて聞いてみるとまだ残っているとのこと ♪

基本、新刊が出たらバックナンバーは破棄してるみたく2019年12月号は
不要なのでど~ぞと貰っちゃいました。(笑)









“鮭とサーモン”と名付けられたメイントピックの号を開いてみるとなんと
北海道は斜里町ウトロ漁港の特集じゃないですかぁ!?ここはまさによっしー
が住んでいる町、そして毎年わたくしめもカレイ、カラフトマス、アキアジと
楽しみに通っている場所!日本一の鮭の町と書いてありますねぇ。

内容は大物投げ釣り同様に年中トラウト&サーモンを追い求めたいと思う
わたくしめにとっては永久保存版のバイブルになるくらいの充実さ ♪
鮭を使った全国の郷土料理からオシャレな洋風ディッシュまで様々な
サーモンレシピが完全網羅&紹介されています。


相当数のレシピが掲載されている中、よっしーが教えてくれたのがこちらの
都内の懐石料亭の料理長に教わる超~贅沢鮭フレーク。





まずはこのフレークをすぐにでも食べてみたく魚ストック専用フリーザー内に
あったサクラマスの切り身を使って作ってもらうことに。サクラマスはご存知の
よ~に鮭 アキアジより遥かに旨みがあるトラウトですからもっと美味しく
仕上がるかも!?期待に胸が膨らみます。







甘塩の鮭を用意と書かれてあるので、先に切り身に軽く塩をして馴染ませて
おいてから魚焼きグリルでパサパサにならない程度?いわゆるしっとりめな
焼き上がりになるように調整しながら焼きます。


皮と骨を取り除いた身を細かくほぐしたら、調味料を作っていきましょう。

鍋に練りゴマ、米麹のみで作った甘酒、お酒、薄口醤油を火にかけながら
混ぜ合わせゆきます。ここで練りゴマもそ~ですが、甘酒が出てくるのが何とも
オシャレ ♪ 想像しただけでもコクのあるお味に仕上がりそうですよねっ。















最初は強火でアルコールを飛ばし、その後弱火に落としてほぐした身を入れて
全体にタレがよ~く絡むよう混ぜ合わせてから最後に発酵バターを加えて
馴染ませたらできあがり。バターは余熱で十分溶けるので加えると同時に
火を止めるといった感じでしょうか。


あとはバットなどに移して粗熱を取ったらいつでも食べ頃~ ♪


普段食べている鮭フレークはパサパサな乾いた食感があるのに対し、この
レシピで作った物は超~しっとりしてて発酵バターまで入ってることから
芳醇な香りが漂ってきます。

できたてのをちょこっとつまみ食いしてみましたが、書かれてある通り練りゴマ
の油分とバターが身をしっとり保ち、甘酒がお味をまろやかに仕上げてます。





至高の鮭フレーク ♪


あはは、結局は同じなんですけどサクラマスで作ったので鱒フレークとなります
かね?炊き立てのご飯に乗せて食べるのが最も素晴らしく合うということで
まずは少し白ご飯と一緒に頂いた後、掲載写真を見てて一番食べて
みたかったお茶漬けに~。

こちらも超~簡単でご飯の上にフレークを乗せて、梅、わさび、もみ海苔、ゴマ
などをトッピングしたらアツアツのお茶をかけるだけ~。ほうじ茶が香り豊かに
なるとあり、早速ほうじ茶で頂いてみましょう。

ってゆ~か、しっかり味付けがされてるフレークがゆえこれだけであれば何と
コラボさせても美味しいディッシュができちゃうかも!?他に調味料を加える
必要は一切無しで贅沢な味わいが堪能できるのですからまさに至高!


何杯でもおかわりしたくなる美味しさ ♪


同じコラム内にこのフレークを使って作る酒の肴、惣菜的なディッシュも幾つか
紹介されておりましたからこれらもまた試してみたいですねぇ!









「至高かぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR