鮮度が命!ソウハチカレイのお造り ♪


みなさん、ソウハチカレイってご存知でしょうか?


あはは、そりゃもちろん東北~北海道の方々にとっては馴染み深いカレイ
ですから何言ってるんや~って感じですけど、本州から遠征するわたくしめに
とっては非常に面白い?謎のカレイなんですよね~、、、なんせカレイって普通
海底にへばり付いて生活しているってのが一般的な見解になりますが、この
ソウハチカレイに関してはそれこそイワシやサバの群れの如く中層や上層を
群れを成して泳いでいるってゆ~のですから超~驚き!?

船釣りなんかでは胴付きスタイルの仕掛けで中層に垂らして釣るので有名ですし
、投げ釣りでも先オモリ仕掛けの枝バリメインに掛かってくるらしくまさに
カレイという概念を覆す謎の種類、、、


そしてこれがまた非常に美味しいんですわ~ ♪


特に焼き魚にしたら右に出る者はいないって思えちゃう程の濃厚なお味で最高!
身自体に独特の旨味が凝縮されております。JCAも大好きでよく北海道に行った
際には食堂などでソウハチの焼き魚を注文しますし、釣れた時には必ず丁寧に
持ち帰って焼き魚決定~!


そんな焼き魚というイメージが強い魚も獲れてすぐ!鮮度が高いうちにお造りで
頂くとこれまた脂が乗ってて絶品でわたくしめも数年前に一度戦場で捌いて
食べさせてもらって感動 ♪ また食べたいなぁ~、、、と思いつつ機会に
恵まれず今日に至っておりました。

それがラッキ~にも先日の遠征で良型ソウハチがコラボしていた谷垣総裁と
わたくしめ、1匹ずつ合計2匹釣れましたので早速総裁がご自身の個体を
その場でお造りにしてくれたんです!







撃沈したての個体を即血抜きして、時間を空けずに手際良く下ろす作業まで。

なぜこんな急ピッチで処理してしまうか?と言いますと、こやつ、、、時間が
経って鮮度がほんの少しでも落ちだすと皮から滲み出て来るヌメリ含め全体が
おもいっきり臭くなってくるんですわ!?

臭ガッチョことヤリヌメリみたいな生ごみ臭とはまた異なる独特の野菜の腐った
よ~な?むむむ、どう言い表せばいいか分かりませんけど手に付くと石鹸で
念入りに洗ってもまだ残っているよ~なレベルの臭さ、、、当然他の魚と
ミックスしちゃうと臭いが移ってしまいます。


だからこそ鮮度が命!


獲れたてのうちは臭いもほぼ皆無ですから高速で捌いちゃってから沖堤より帰還
&その後余計な水分と臭みを取ってくれるピチットに挟んでから日帰り温泉
居酒屋という流れとなり最後、就寝前に車内でお造りを頬張る事に~。







ソウハチの身には稀にアニサキスが寄生してたりするよ~なので先に総裁が
明かりの下で透かしてしっかり居ない事を確認の上、100均でゲットしてきた
お皿に盛り付けてくれましたっ。

ピチットに挟む前から臭いも皆無でしたが、このシートを用いて約30~40分
寝かせる事で更にお造りの旨味を引き出してくれるとありますからやってて
損はない作業?見るからに美味しそうなお造りができありました。







チープだけでなぜか素朴で美味しい!?地元のコンビニ・セイコーマート
オリジナルのスパークリングワインと共にソウハチに醤油をぶっ掛けて
頂きましょう ♪ 総裁がこ~やってお皿を持ってるとワイルドだぜぇ~~~
って感じがしますよねっ。(爆)

いつぞやに食べた時と同じく、





脂がこってり乗っててモチモチな食感 ♪


身自体がこってり系のお味で本当に美味いっす!

総裁曰く、マツカワと比べると劣るけど新鮮なソウハチのお造りもかなり絶品と
呼べる域で、数が釣れる事が多い魚がゆえに普段は面倒臭いから一夜干しなどに
してしまいがちだけどたまに生で食べると最高ですね~と。

いやいや、車内ではあったけど最高の宴でしたっ。(爆)




「食べてみたいっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

抱卵マガレイ、クロガシラカレイの食べ比べ ♪





抱卵マガレイ&クロガシラカレイの食べ比べ~ ♪


2日目は正午の上がりとゆ~こともあって大阪ゆきの最終便に間に合って
その日中に帰還できたJCA、北海道から一緒に空輸して持ち帰ってきた魚たちを
鮮度の高い状態で頂く為に即行捌いて下処理しちゃいましたっ ♪

中でも40cm前後あったマガレイとクロガシラカレイについては身も超~筋肉質
であればお腹も抱卵してパンパン状態でぜひとも同じメニューにて食べ比べて
みようと思っており、忘れないうちに優先的で作業開始。













表面から指で押しただけでもその張りに驚かされておりましたが、実際に捌いて
いくとなんじゃこりゃあ~~~!?ってくらいにビッシリ詰まった卵!ちなみに
2枚あるうちの上がクロガシラカレイで下がマガレイとなります。

卵を破らないよ~に慎重に取り外していつもより若干ショウガを多めに入れて
作った甘辛い煮汁に浸けてじっくり煮込んでゆきましょう。


これだけたくさん詰まってのでいずれもお腹側の身は薄いものの、反対側は
超~肉厚かつ身が引き締まっててコラボした谷垣総裁からもクロガシラの方は
ぜひお造りで頂いてみて下さいねと伺ってたのでそのよ~に ♪

そしてこれら2匹からできあがったFISH DINNERで試すのが、





まずお造りからいきますと、手前の真っ白に近いのがマガレイで奥の半透明な身
がクロガシラカレイ。噛んだ時の食感はマガレイの方がふわっと柔らかく逆に
クロガシラは超~引き締まっててコリコリな感じでやはりマコガレイと同じ
遺伝子を引く種だからか?お味から全ての面において非常にマコガレイに酷似
しています。噛めば噛むほど甘味が滲み出てくって感じかな?







そ~いえば相当昔になりますけど、オホーツク海で撃沈したクロガシラのお造り
は本当に絶品の一言だったのを覚えてます、、、あの時は確か北見市に住んで
いる釣りとは全く関係無い友人宅にお裾分けで持ち込んでお造りにしてもらった
って感じで、同じ魚なはずなのにここまで味の差がクッキリ分かるかぁ!?
とまで衝撃を受けましたわ~、、、

やはり鮮度もありますし、何より水質や他住んでいる環境が異なってる
んでしょうねぇ、、、また食べたいなぁ~。(笑)


ホワイトが印象的なマガレイは釣る時の強い締め込みなどからするとこちらも
当然超~筋肉質な身?と想像しがちですが、

それほどでもなく何度頬張ってもふわっとしてます。







これまで何年も北海道へは遠征し、マガレイを撃沈してきているにも関わらず
毎回ご一緒させて頂いた現地の釣友らからのアドバイスではマガレイはお造り
より焼き魚や煮付けなど火を通したディッシュの方が美味しいよ~なんて聞いて
おり、ガッツリお造りにて堪能した事は無かったかも!?

今回も総裁から僕はマガレイはお造りでは食べませんけど人によっては美味しい
と言われてもいますから一度試されてみては?と聞き、マガレイは似たよ~な
サイズが複数匹おりましたからついでにコラボさせましたけど、、、


特徴の無い淡泊なお味?


一言で言えばこんな感じで、全然マズイってわけではなくお造りとしては
美味しんだけどパンチが弱い?特徴がど~もイマイチな印象、、、一夜干しを
始め火を通したら群を抜いて美味しいディッシュばかりなんだけどなぁ~、、、
カルパッチョとかなら合いそ~な気もしました。まっ、これらはあくまでJCAの
個人的印象なので好みによりけりですね。(笑)

次回から今まで通り、小ぶりな個体が多いのでそれらは一夜干しにして、若干
大きくなれば焼き魚や煮付けなど定番で頂きたいと思います。


最後に抱卵マガレイ&クロガシラカレイと書いてたからには、


忘れてならないのが“卵”の存在!







美味しそうでしょ~ ♪


あはは、芯までしっかり煮汁が染み込んでますからお味についてはどちらもほぼ
同じになっちゃってますが、よ~く吟味していくと細かい部分で異なってるのが
分かります。お造りと同様にまずはクロガシラカレイからで、





ご覧のよ~に卵自体がマガレイのより巨大だったのもありますけど、豪快に開花
しちゃいました!チックになっており食感は口の中に入れた瞬間にトロけちゃい
そ~なくらいフワフワ柔らかでお味はもの凄くマッタリとコクがあります。

冒頭の写真で見てもできあがった煮付けで見てもどちらがどちらかすぐ
お分かりになるのが、細長いの卵ことマガレイ!





お造りで食べ比べた時のふわっとした食感とはまさに真逆となり、卵は断然
こちらの方が硬め!お箸で挟んだだけでもその差は歴然でクロガシラは即行
バラけてしまうのに対しマガレイはしっかり形を留めております。

もちろんガチガチなわけではなく噛むとパラパラ~っと砕けていくよ~で、
よく焼いたたらこなんかのイメージに近いかな?こちらはややサッパリめな印象
がありクロガシラとはまた異なる美味しさでGODD ♪

両方共炊き立てのご飯と食べたらいくらでもいけちゃいそ~な美味しさっ!


こ~やって食べ比べをしていくと同じカレイでも種類によっていろいろ異なって
いるのが発見できますし自分自身の好みのお味?ってのもより深く理解できます
ので機会があればどんどん食べ比べをやっていけたらなぁ~と思いましたっ。


まずは、ごちそ~さま~ ♪




「もの凄い抱卵やね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

イシガレイ&マコガレイのお造り対決 ♪


こちら関西圏じゃ座布団サイズと呼べるイシガレイ&マコガレイを撃沈できた
鳥取出撃初日、せっかく同時に2種類のカレイがゲットできたことですし
ぜひとも食べ比べてみようと綺麗に下処理をしてクーラーに保管してました。

ど~せ食べ比べるなら生がいいなぁ~と思いつつも、正直2匹分の量を食べきる
にはちぃ~と多過ぎる上、自宅のフリーザー内にはまだ肉厚のマコガレイが数匹
真空パック保存されてますから戦場で捌いてしまって最後にそれぞれ半身ずつ
同行のO本先生にもらって頂くことに ♪

ただ半身を~と言ってもそのままの状態じゃすぐに分ける事もできないので
昨日のうちに鳥取市内にある適当な100均ショップで即席で使えそ~な
キッチンツールを仕入れて~、

超~激渋モードだった2日目の網代一文字の上で解体ショー!







魚を捌くってゆ~より他の臓器がどんな形をしているか?やらわたくしめらが
普段考えずにやってるよ~な部分に興味を持ちつついつも作業されてるという
O本先生、その器用な手さばきはさすが!の一言に尽きますわ~。(笑)

ラッキ~にも?いやいや、不運にもどれだけ粘ってもアタリが乏しかった1日
でしたから作業をする時間は十分以上あり、後は刺身包丁でスライスすれば
OKってなサク状態にまでしちゃいましたっ。ちゃんとキッチンペーパーから
それを入れるタッパーまで用意しておいたので完璧です。





解体ショーが終わった後、そこにはほんとの本当にペランペラン状態になった
2匹のカレイがおりましたよん。(爆)

これを持ち帰って、ちょこっと眠いもののイシガレイ、マコガレイそれぞれ半分
を利尻昆布でサンドイッチして久しぶりに昆布締めに~ ♪ いや~、いくら
半身ずつとはいえ全部をお造りしてしまうとこれまた結構な量になりそ~
でしたから同じ生食でもバリエーションを持たせた方がベターかなとねっ。











JCAは今日はオフでしたので軽~く一晩寝かせたくらいで食べちゃおうと、
FISH DINNERまで待ちきれずお昼には食卓に登場です!

昆布締めしてない方のはそのままスライスして盛り付けてゆきますが、鮮度が
いい証拠?とも言えるスベスベ&プリプリな手触りでごじゃいます。これらを
最近ゲットしてきた新しい薄造り用の丸皿に綺麗に並べてゆき、一緒に
グリーンの彩を添えれば完成~。





イシガレイ&マコガレイの食べ比べ ♪


写真では手前がマコガレイで奥がイシガレイ。


毎回思うんですけどカレイのお造りだけはなかなかスーパーでも入手できません
し、ある意味釣り人の特権的贅沢ディッシュですよね~。今回のは両方共
大きめな個体でしたからサクも肉厚&当然スライスも贅沢に若干厚めで~。

ここんとこイシガレイを釣ると迷わず全て生ハムにしてましたが、久しぶりに
こ~やってお造りしにてみると新鮮な感覚!?ちなみに見てすぐお分かりになる
かと思いますけど、少し茶色味掛かっているのが昆布締めで白っぽい方の
切り身がそのままのお造り ♪







鮮度が高いイシガレイの身は非常に弾力がありコリコリした歯応えで最高!


お味のインプレとしてはお造りは甘さ控えめな白身魚独特のフラットに近い
感じで昆布締めの方は利尻昆布の風味がしっかり浸透してて食べてるとご飯が
欲しくなってくるよ~なお味かな?

2つ並べて食べ比べてみるとそれぞれの持つ旨味の差は明白で、マコガレイの
方は弾力はあるもののややソフト目でフワフワ感のある甘~いお味が特徴の
お造り、、、そして昆布締めはイシガレイと同じ時間寝かせてたものの柔らかさ
はまだ健在かつ昆布の風味プラス粘りが身に溶け込んでいるよ~なマッタリ
系のお味に仕上がってますねぇ。







こちらはご飯とゆ~より日本酒なんかと共に肴として~といった食べ方が
よりマッチしそうな印象です。

今回の食べ比べ対決ではそのままお造りでならマコガレイに、昆布締めにすると
イシガレイに軍配が上がるかなぁ~?ってのが個人的なインプレでした。


極めつけのエンガワMIXはトロトロで超~甘くて最高 ♪





う~~~ん、至極のひととき ♪


まだまだこれから本格化する戻りカレイ・シーズン、積極的に戦場へ繰り出し
釣果を上げれたらと夢見ながら今も仕掛け補充をしているJCAでした、、、




「コリコリでしょ~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

群馬のうどんと落ちギスのコラボ ♪


わたくしめ、お恥ずかしながら最近まで存じ上げておりませんでしたが、
群馬県はうどんの名産地なんですね!

同じクラブ、SurFreyja“秀さん”から少し前に送って頂いた水沢うどんは
秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんとならんで日本三大うどんと呼ばれて
いるよ~でコシと弾力があり、つるんといけるような白い麺が特徴!主に冷たい
ざるうどんで食べられているよう。

その最後の残りを今夜頂こうとなり、早速ではございますが冷凍真空パック
ストックから開いたキス・セットを取り出してきてコラボです ♪

あいかわらず鮮度の良い状態で保たれておりますねぇ。







キスを天ぷらに、そしてうどんを湯がいてと同時作業で効率を上げながら
ささっと作っちゃいましょ ♪

寒い冬にうどんとなると熱々のダシと一緒にってイメージが強いかもしれません
けど、それこそクソ暑い真夏に熱々の激辛ラーメンを食べて汗だくになって~
みたいなのもよくありますし、冷たいざるうどんが向いてる麺なら絶対それに
従って頂くのが得策ですからねぇ。

ほらほらっ、そうこう言ってるうちにできあがりましたぁ!





水沢うどん&落ちギスで作る、

キスの天ざるうどん ♪


あはは、見た目は何の変哲もない単なる天ざるうどんですけど食べるとやはり
驚かされる食感!?ツルツル滑り良く口の中へ入ってきて噛めば程良い弾力と
共に広がる旨味はうどん素人なJCAでも確実に他と異なってると実感。

キスはあいからわずホクホクかつ落ちギスならでは脂の乗ったまろやかなお味で
今時期だから余計?なのか超~美味しく感じれますねぇ、、、いや~、飽きの
来ない魚の1つですわ~。

今、ふと思い返せば昨年はFISH DINNERとしてのディッシュでは圧倒的に
うどんが多かったよ~に思えますからぜひとも今年はそばも織り交ぜて楽しんで
ゆければいいなぁ~とねっ ♪ そばと言えば、、、どこかな?(笑)




「そばかぁ~、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

4日間熟成させたイシガレイの生ハム ♪


能登島からの帰りは真っ先に日帰りの湯へ直行しちゃってたのもあり絶対途中で
睡魔に襲われて、、、と覚悟した上で早めの撤収となったわけですが珍しく目は
パッチリモードで、のと里山海道~バイパス~北陸自動車道へも超~スムーズに
流れ、密かにハマってる女形谷PAにある食堂で夕食&ブラックコーヒーを
買い込んだら一気に残りを走り抜けましたっ!長距離運転が超~苦手なJCA
にしては上出来の午後20時過ぎ帰還。(笑)

そして翌日から海外出張に出て今朝日本に戻ってくるとあれまっ!?週末に
かけて仕事や~と思ってたはずが明けて火曜日になってました、、、なんか
不思議な感じですけどもう明日から3月なんですよね。


あっ、余談になっちゃいますが、


先日放送されてた日本テレビ系の番組「幸せ!ボンビーガール」の中でなんと
わたくしめの投げ釣り戦記で以前ご紹介してたハマフエフキの料理写真などを
使って頂いたんですわ~ ♪





ちょ~ど2月の頭に日本テレビ系の製作会社から突然連絡がありまして、ぜひ
これらの画像を使わせて欲しい&他にも幾つか教えて欲しい旨伺い対応させて
頂いてますと、、、やりとりする中で次回早速~みたくお電話があり、、、
いや~ほんとにオンエアーされちゃいましたわ~!ビックリしました。(笑)

あはは、ただそれだけの事なんですけどちょこっと嬉しかったりとまた、
いろんな方々がご覧になってるんだなぁ~と感心。


はいっ、ネタを本題に戻しまして、


能登島で撃沈したマコガレイはすぐに海外出張が入ってたのもありご近所さんに
お裾分けし、時間が経つと共に皮の臭いが気になってくる鮮度命のイシガレイ
については普段魚締め用に使ってる適当ナイフを用いて戦場にて即おろし
しちゃいましたよん。実は今回はこちらが楽しみだったりして、、、





刃先もボロボロになりつつあるシマノのフィッシングナイフでしたから当然
出刃包丁みたくスパッと綺麗には捌けない上にどのイシガレイも身が薄く
少々難儀でしたが、とりあえずやれる範囲でやって持参してた岩塩&黒胡椒
ミックスをフリフリしたらピチットシートで包んでお持ち帰り~。

まさにワイルドだぜぇ~~~ ♪


帰還後はすぐクーラーから冷蔵庫に移し替えて放置したまま4日、、、


1日寝かすだけでも十分美味しく頂けるものの、ネットで検索してると料理人の
中では10日前後余裕で寝かすってのまで書いてあったりしたので今回は
出張から帰って来る日まで熟成期間として設けてましたっ。





早速冷蔵庫から取り出してみると脱水シート内には吸収された水分が大量に
入っており中の身はいい感じに燻製状態に仕上がってます ♪

表面がうっすら乾燥気味になってるけど中身は柔らかさを留めててパンチの
きいたスパイスの香りがプ~~~ンと漂ってきて超~食欲をそそります!
あはは、そりゃもうここまで来ると待ちきれませんから時間的に少々早め
でしたが前菜とゆ~ことでFISH DINNERにしましょうか。





イシガレイの生ハム ♪


昨年の12月以来になります。

確かあの時もご一緒してたO本先生がその場で捌いてくれたのを3人分まとめて
作ったよ~な、、、うん!思い出しましたわ~、あの時はピチットなど専用の
脱水シートを持参してなかったので七尾市内のスーパーでクッキングペーパーと
サランラップを買って即席で対応したんです。

仕上がりはほぼ完璧に近い状態にはなったもののクッキングペーパーで作ると
なると半日おきに水分を含んだペーパーを交換しないといけないのが面倒な所
、、、そんな事を考えるとやっぱピチットなるシートは画期的ですよね~。

やるな、ブライト!ではなく、


やるな、オカモト!


ちなみにここでは決して彼の事ではなく、あの昔から計画的な家族作りには
欠かせないワールドワイドなゴムキャップを製造している代名詞のよ~な
メーカー!まさにゴムの事なら俺に任せろって感じですわ、、、むむむ、
このフレーズもどこぞで聞いたよ~な、、、ああっ、こちらは美容整形外科
でしたわ~!それも関西の。(爆)

話が再び?いや、今度はとことんマニアック路線に逸れていっちゃってました
ので無理矢理戻しまして、





たったこれだけでほんまに~!?なんて思わがちですが、ほんとにシンプルに
スライスした玉ねぎと一緒に頬張るだけが最もこの手の生ハムは美味しく頂ける
よ~な気がします。ドレッシングなども一切かけずにそのままですよ~。

焼き魚や煮付け、ムニエルなど他のカレイじゃ普通にいけちゃうんだけど、
ど~もイシガレイだけはコロンコロンになる?ってゆ~か火を通すディッシュ
よりお造りなど新鮮なうちに生で頂のがベストな魚と個人的には感じてますから
この生ハムはまさにピッタリ ♪ お酒の肴としてもよく合うのでお勧めです。




「次、やってみよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR