FC2ブログ

スーパーで見つけたマイワシ醸造干


あれからわたくしめ、釣具量販店やエサ屋、またスーパーなどに出掛けた際には
必ず意識して見るよ~にしてきてますが、なかなか理想のサイズのイワシを発見
できずにおります、、、厳密に言えばサイズ、長寸的には全然オッケーな物は
あれどやはり時期的に腹部がパンパンに膨れたずんぐりむっくり体型の個体
ばかり!これは使いたくないんですよね~。

いつもお世話になっているエサ屋さんにメーカーの浜市に問い合わせてもらうと
、やはり時期的な問題で8月頃まで水揚げされるイワシは毎年ほとんどがこんな
感じだという。ちなみに腹ボテでないスレンダーになるのは9月以降との事。

また、スーパーや鮮魚店に並ぶマイワシはもうデカくなり過ぎてそれこそ
スケールに置いてクラブ記録申請しま~す!って言えちゃうくらいの巨大サイズ
ばかり、、、以前トロ箱でGOODサイズを入手したお店も在庫無し。


ど~しよ~かなぁ~、これじゃエサ調達の時点でアウトですし浜市の腹ボテ
個体をおもいっきりガチガチに塩で締めてみるしか、、、と落胆してる最中、
そ~いえば同じクラブのクラックさんが少し前にスーパーで売ってる一夜干しで
マゴチを撃沈してたのを思い出し、早速探して行ってみる事に~ ♪





あはは、近くのスーパーの鮮魚コーナーにありましたわ~!


シシャモやサンマ、ウルメイワシ、他には干乾びるくらいまでカラッカラに乾燥
させてある干物が大部分を占める一夜干し棚の片隅に唯一、使えそ~な外見
&ソフトに締めてあるマイワシちゃんを発見!ただ、よ~く見てみるとやはり
少々腹ボテっぽい?イメージがあるんですが、ラップ越しに指で押してみると
腹部辺りも程度に締まってたのでとりあえず試してみようとゲット。

写真では3パックのみを並べて写してますけど実際には陳列棚にあった7パック
全て購入&1パックあたり7匹入っているよ~なのでトータル49匹確保。


パック裏面の商品説明を見てみると、ど~やら塩のみではなく食塩と醸造酢で
作った醸造干と書かれております。







まだ未開封の状態ですのでどれだけお酢がきいているのか?何も分かりません
けど、まっ、食ってくる時はどんな物でも気にせずアタックしてくるターゲッ
トですからそれに期待ですねっ!(爆)


さすがにこの一夜干しのみじゃ心細いので、パンパンに膨れ上がった腹部が
気になるもののエサ用冷凍イワシも3パック程仕入れてきて昨日から数回
キッチンペーパーを取り換えながら只今ガッチガチに塩締めしてるところで
ございます。ほんと腹部がいつまで経ってもプニプニ&ブヨブヨのままで
いかにもエサ取りに即行狙われ瞬殺されてしまいそ~な感じなんですよね~。

あともう1日時間をかけて、それでもダメならあきらめてそのまま使おうかな。


食用の醸造干とはいえ想像してたより遥かにいい感じに仕上がってますから
ひょっとすると魚も気にせず食ってくるかも!?一応、7パックあるこちらの
一夜干しをメインに次回は戦ってみよ~と考えております。




「食用の一夜干し!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

フロートを4個から8個に!?


60cm枠の大型スカリでも手で簡単に折り畳んで超~コンパクトに収納可能な
クレモナワイヤースカリ、一度使って以来、わたくしめはもうこれ以外の
スカリは使いません!って断言してもいいくらい一筋で愛用しております。

クレモナとはクラレの登録商標素材である合成繊維でビニロン(PVA繊維)と
ポリエステルを組み合わせた高機能繊維。特徴としては非常に強度があり
摩擦にも強い、そして適度な柔軟性を持っており扱いやすいという事から農具
から漁具まで幅広い分野で活用されております。またこの柔らかさはスカリの
中の魚を傷めないというメリットもあります。


JCAの場合、主にカレイ、マゴチ、ヒラメといったフラットフィッシュ系の
ターゲットを狙いに行く際に持参しており、撃沈後このスカリに入れて海に
ポチャ~ン 魚を元気な状態のままキープする事ができます。





とまぁ、スカリ自体は申し分のない仕様となっているものの、浮力バランスで
見ると市販品はやや浮力不足?ほとんどが多くてフロート4個までなんです
よね~、、、だいたい35cm枠くらいまでのスカリにはフロートは2個でそれ
以上のサイズには4個って感じがどのメーカー製品も主流じゃないでしょうか?

先日もそ~でしたが、それなりのサイズ&重量がある魚を数匹入れちゃうと
フロート4個では簡単に沈んでしまうんですわ~。厳密に言えば、沈みは
するけど完全に底までではなく上の写真のよ~に水面から少し下付近で
頑張ってステイしてるって感じ、、、もちろん更に魚を入れてゆくと重量に
比例してスカリも更に沈んでゆきます。(笑)


そんなわけで、家にちょ~ど破れたりして使えなくなったスカリから外して
置いてあったフロートが幾つかありましたので、







フロート間の空きスペースに更に4個取り付けてみましたっ!


取り付けはフロートの両サイドの穴にインシュロックタイを通して留めるだけ
なので超~簡単で軽量かつ錆びなども皆無!これで元の倍の8個仕様に
なりましたから浮力も単純計算ですと倍になるはず。

おそらくマゴチ4匹入れた程度では沈まないでしょう。(爆)


今年は久しぶりに行ってみたマゴチ作戦でいい思いをさせてもらいましたから、
日中常に30℃超えの灼熱地獄になる前にもう1回くらい?行きたないなぁ~
って密かにスケジュール調整をし始めているJCAでございます ♪







「8個なら浮くで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

プラスチック製のスプールケース


替スプールといったスプール単体で持ち運ぶ際に傷が付かないよ~にと
大物投げ釣りではリールに付属しているスプールバンドやスプールが2個入る
専用ハードケースを愛用しているJCA、ルアーフィッシングにおいても先日
NEWステラ用の替スプールから'14ステラ、'13ステラSWそれぞれの夢屋
シャロースプールもゲットし、同様の保護アイテムが必要になってきました。


早速、いつもの釣具量販店から他のお店も回ってみるも3000~4000番用
みたく書かれた専用スプールケースは発売されてはいるものの、衝撃を吸収
するナイロンとポリエステルからできているリール本体のケースのよ~な
小型ポーチがほとんど。これでも全然オッケーなんですが唯一素材からして
水に濡れるとドボドボになってしまうんですよね~、、、

個人的にどんなケースでも釣り用の物は防水性能が備わっているタイプを
好みますので、他に何か良さそうな製品ないかなぁ~?と引き続き探していると
ある意味超~理想的な物を発見!







ヘッジホッグスタジオ「スプールケース 55S」


リールメンテナンスやチューニングを手掛ける専門店オリジナルのプラスチック
スプールケースでご覧のよ~にケースはただ被せるだけではなく、スクリュー
構造になっており回転させて締め込むと上フタを持っただけでは絶対開かない
仕組みになっております。

また、プラスチック製ですので当然水はシャットアウトする上、軽量かつ安価と
3点いいとこ揃い ♪ スプールサイズに応じて3種類リリースされているよ~
ですが、3000、4000、5000番のスプールを持ち運ぶJCAにはちょ~ど
真ん中の55S、シマノ3000~5000番対応モデルをチョイス。

3つ同じ物を仕入れて参りましたっ。


ただ漠然と3000~5000番対応と書いてはありますが、サイズとしては
5000番まで入れれる余裕が必要なわけでして写真のよ~に3000番
スプールを入れてみるとかなり遊びができちゃうんですよね~、、、







このままじゃ持ち運び時にケース内でスプールが動き回って気になります。

さすがにプラスチックにガタガタ当たっても傷にはならないでしょ~けど
こ~ゆ~中途半端な遊びがあるのも個人的にあまり好きではないので、
何かいい方法は無いか?と考え、近くの100均ショップに行って物色&
こんな良さそうな物を見つけてきましたよぉ。





「多目的EVAクッションシート」


すでに隣に写っているスプールケースには加工済の物がセットしてありますが、
このクッションシートを若干小さめにカットしてスプールケースにキツキツで
ジャストフィットさせてあるんです。

スポンジみたく柔らかすぎもせず程良い硬さ&弾力を持っているシートですので
、ケースの径よりほんの少しだけ大きめにカットして強く押し込んでやると
両面テープや接着剤など不要でしっかり固定 ♪


先の尖った千枚通しやマイナスドライバーなどを使えばクッションシートは
取り外しせますから万が一汚れてもお掃除も楽チン&劣化してきたら
即新しい物に交換すればオッケー!

超~簡単な作業ではありますけど、納得いく物になりました。





ちなみにシマノの3000番スプールだとケースの上下に1枚ずつ、また4000番
なら片方に1枚のみクッションシートを入れ、5000番は何もそのままで
ジャストフィットといった感じですねっ。


余談にはなりますが、55Sより1つ小さいタイプの50Sというケースも発売
されており、こちらは2000~C3000番用となるので確かに3000番
スプールを入れるとジャストフィットしてくれるんですが、巻いた糸をライン
クリップに留めているなら問題無いものの、もしスプールバンドで留めて
しまうと入らなくなっちゃう可能性があるんですよね~、、、

なのでわたくしめはこの50Sを2000番がメインのエリアトラウト用スプール
のケースに現在使っております。







「超~コンパクトよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

磯クールのサイドポケット


磯クールのサイドポケット、、、とだけ書いちゃうと人によってはどこの
サイドポケットの事?ってこんがらがっちゃうかもしれませんねぇ。(笑)

そう、磯クールをお持ちの方ならすぐお分かりになるかと思いますが、モデルに
よっては面積が広い前面に付いてる大きめな収納ポケットをサイドポケットと
表示している物もあれば、そうではなく右ないし左のサイド、狭い面に付いてる
物を指すモデルもあります。そして、このサイドポケットが両方装備されている
のもあれば1つのみの物、また全く外側には何も付いてないモデルもあったりと
用途、他には発売された年によってもデザインの流行りってゆ~んでしょうか?
過去もモデルを見返してみると様々存在しております。

JCAも投げ釣りにハマった頃には磯クールと聞いても、上物や底物釣り師の
みなさんが愛用されてるアイテム!といったイメージがあってどちらかというと
収納バッグは各メーカーが出してる投げ釣りに特化したリュック型のシステム
バッグやカゴパック類を愛用する傾向にありましたが、近年は磯クールの魅力
にも惹かれ愛用するよ~になりました。





まっ、簡単に言っちゃえば“Simple is the best!”とゆ~事で、ごくごく
普通の箱型形状がゆえ大量の物をごっそり収納可能なのは言うまでも無く、
更にモデルによっては中に小物ケースが付属してたり、今回のタイトルにも
なってるサイドポケットがあったりと一見シンプルなのにしっかり機能性の点に
おいても考えて作られてて個人的にはお気に入り ♪

ただ、持ち運びに関して言うと持ち手を持ってぶら下げ状態で移動するか
ショルダーベルトで肩掛けの2方式くらいしか無く、リュック型のよ~に
背負ったり、またキャスターが付いててゴロゴロ引っ張れるってのも不可能で
これらをデメリットと感じ好まれない方もいらっしゃるのも確か。また、移動の
少ない渡船利用時のみ使われたり、わたくしめみたく歩いてある程度の距離を
移動しないといけない場所では台車に乗せて押して~って方法を取る人も!?


はいっ、ここらで本題に戻りたいと思いますが、

わたくしめが好きなシマノのリミプロ・シリーズでの一昔前までは外側に2個所
大きさの異なるサイドポケットが付いているモデルがメジャーでした。







それが最近のモデルでは前面の大きなポケットのみとなり、Tough&Wash
シリーズでは外側には全く何も付属しないモデルまで出てきてサイドポケットを
重宝していたJCAにとってはちょこっと残念な傾向、、、まぁ、頑丈さと完全
ゴシゴシ水洗い性をとことん追求したTough &Washシリーズについては
しゃ~ないだろうなぁと納得はできるものの、その他のモデルはリミプロでは
ないモデルではまだサイドポケットが健在なのもありますけど変な所で差別化を
図りたいんでしょうか?(爆)

もしかしたらサイドポケットを無くしたのには他に理由があってなのかも
しれませんが投げ釣りをメインでするわたくしめにとってはあってくれた方が
断然重宝する収納エリアでございます。


だからと言っちゃなんですが今もなおこの写真にある全てが装備されたゴールド
仕様の磯クールを大事に使っており、特に磯投げの際には必ずと言っていい程
登場しています。なんせ波がバシャバシャ被る中走る渡船の甲板に置いてても
シンプルな形状と完全防水素材の外側前面のおかげで中身の水濡れの心配も
限りなく少ない上、当然ながら急なゲリラ豪雨にも対応&おまけにある程度
荒っぽく扱っても耐えれるハード設計ですから岩場には持ってこい!

これは今から約10年くらい前?2007年~2008年頃にリリースされたモデル
で予備にもう1つ欲しくてもなかなか入手困難なのが現状、、、一応25Lと
36L仕様に2つは所有しているものの、使用頻度が非常に高い36Lの方は
結構傷付いたり他持ち手やショルダーベルトの付け根も若干解けてきたりと
年季が入ってきております、、、

過去に一度現行モデルの磯クールの縫い目の解れをシマノに送って修理して
もらった事があるので、同様にこれも送ってショルダーベルトの解れなど修理
できないか?相談してみましたが、現行モデル以外は対応できないとの返答
、、、まっ、どこのメーカーも売る為には同じ対応になりがち?ですから
これだけはしゃ~ない?要するに壊れてきたら買い替えて下さいって事ですわ。
また、近くのバッグ修理店に一応見せても特殊加工部が多く厳しいと、、、


でもまだ当分は問題無く使えそ~なので、引き続き大事に愛用するとして、、、
ちょ~どそんな時にラッキ~にもこのゴールド仕様と同時期に発売された全く
作りが同じタイプの磯クールを持っておられる方からもう必要無いからと譲って
頂けたんです!それも最も愛用している36Lモデル~ ♪







今で言う“FIRE BLOOD”仕様に近い感じのカラーリングですよね。

この頃はまだ最近のモデルみたくFIRE BLOODやらBB-Xという文字が
デカデカと入ってアピールしまくり~ってゆ~よりどちらかと言うと
さりげな~く文字が入ってる感じが多かったよ~に思えます。

これらは主に夏のハマフエフキ作戦専用に近い形で愛用してますので1個スペア
が増えたおかげで汚れたら即交換&そして汚れた物はしっかり洗ってしばらくの
間乾燥~という余裕を持ったローテーションが組めるので今後助かりますわ~。


現行のモデルとあれこれ比較してくうちにもう1つ大きく異なっている部分に
気付いたのですが、中に付属している小物入れことインナーケース!





今のはマチに余裕を持たせてはいるものの上フタは単に透明な1枚モノとなって
いるのに対し、以前のモデルは上の写真のよ~に更にメッシュのファスナー付き
小分けスペースまで用意されておりより小分け整頓性が高かったんです。

外観デザインはより斬新かつ美しく進化を遂げてはいるけど機能性の面において
は一昔前のモデルの方が良かったよ~に思えるのはJCAだけでしょうかねぇ?




「昔のは良かった」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

三脚に漬物石?


元々、漬物石を三脚に吊るすバケツ代わりに導入してみたのはもう5~6年前
の事で、その時は満潮時に足元が水没する磯で三脚を維持する為の対策でした。


普段のよ~に水を汲んだバケツを吊るしていると押し寄せた波がバケツに
当たった途端、素材からも微妙な浮力?みたいなのが生じてしまい一気に容易く
流されてしまうケースが多発した為、岩同様の漬物石を吊るしてみたらどうか?
と思い立ったわけですが結局最終的にはハマフエフキ作戦みたく磯にハーケンを
打ってロープラチェットで固定しちゃう方が手っ取り早かったですね~。(爆)

また、このハーケンにロープラチェットという方法をとる場合、今は廃盤と
なったゴールデンミーンの最強三脚のよ~に相当強度のある三脚を用いないと
時に三脚自体を痛めてしまう可能性もあったりするんです、、、

じゃあハマフエフキ作戦時みたく最強三脚を持っていけばいいやん!となるん
ですけど、いかんせん自重が重いんですわ~。それと磯だからできるハーケン
打ちもコンクリートがメインの波止などとなると勝手にハンマードリルで穴を
開けるわけにもいきませんし、思った位置にケーソンの継ぎ目などがあって
くれればいいんですが、そう上手くはいかないもの、、、


そこでハッと思い出したのがこの漬物石の存在!


今回の宇和海のよ~にとにかく突風混じりの爆風コンディションに耐えれる
となると三脚の高さや風の吹いてくる方角への脚の長さ調節も含め、とにかく
できるだけ重い物を吊るしておく事によりある程度対応できます。

それにそれでもなぎ倒されるよ~な風のレベルとなるとまず釣り自体が
成立しない場合がほとんどですからねぇ。(笑)





現在、漬物石で作った重石は2個あったんですが、これからのシーズンに備え
近くのホームセンターに行ったついでにもう1個仕入れてきました。


5.5kg仕様をチョイスしてますから水を汲んだバケツよりは遥かに重く、
またご覧の通り複雑な形をしていないのもあってお手入れも簡単&錆びてくる
個所もございません。唯一デメリットを挙げればとにかく超~重い事!(爆)

あはは、まぁ~それを求めているわけですから文句は言えませんけどね~
、、、これを3個持ち運ぶとなると車での出撃時のみとなる上、渡船利用か
駐車スペースから釣り座までそんなに遠くない戦場限定になるかな?

一応、車には折り畳み式の台車を常備してあるので台車が出せる所なら
多少遠くてもオッケーですが。


今までは単に登山用のロープを括り付けただけのシンプル仕様で漬物石の高さは
常に一定だったんですが、1個増やした今回を機に残りの2個もプラスチック
チェーンを連結させて高さ調整をできるよ~にしました ♪










この仕組みならプラチェーンに重みが掛かれば掛かる程ロープは締まります。


ってゆ~か、ど~しよ~か?考えながら作業をしてるうちに重石にそこまで
こだわりを持つ必要も無いかぁ~という結論に至ってしまいこれでオッケー ♪

とにかく金属部がどこにもありませんので錆びないのが嬉しいところ!ほら、
市販の水汲みバケツもフレーム部の金属が少々出てたりロープの付け根周辺の
穴には金属リングがあり使っていくうちに即錆びちゃいますからねぇ。


繰り返しますが、これらはあくまで一部の特殊エリア限定仕様になるのは間違い
ありませんし、今まさにそのエリアへ行く機会が多い時期とゆ~なら早速
次回からでも導入していかないといけませんねっ。(笑)

あっという間に出番が無くなっちゃいますから!




「爆風&突風対策!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR