FC2ブログ

スモークサーモンを作ろうとしたものの、、、


どんな物でも買うだけ買ってそのまま放置、、、という流れになってしまうと
買った意味がありませんから可能な限り早いうちに開封&使用するよ~に
心掛けているJCA、それでも多忙な日々が続いてる時や一部の季節物に
よっては放置 長い時では半年以上も経ってからようやく使ってみよう
、、、となるケースもあったりします。

今回ゲットしたオーブン燻製機も釣りのアイテムではない為、また時間のある時
にでも、、、となってしまいそ~でしたから、それを阻止すべく早速昨夜のうち
にスモークサーモン用に捌いて冷凍してあったカラフトマスの切り身を冷蔵庫に
移して解凍させておきましたっ。


実は昨日までスモークサーモンってこの燻製機さえあれば簡単にすぐ作れる
、、、そう考えてたんですが、確かに燻す作業に関しては超~簡単かつ短時間で
済むもののそこへ至るまでの下準備がそこそこ時間が掛かるのを説明書や
幾つかのスモークサーモンのレシピを熟読して初めて知りました!?

スモークの原理って煙で燻す事により独特の燻製フレーバーを食材に付ける事
とあるものの、スモークサーモンなどは先に脱水処理&味付けをおこなってから
燻すという工程を取る為、ハーブの風味など味付けの基礎は燻す前の段階で
ある程度作られるという事になります。







この脱水&味付け作業では塩をベースに、いわゆる塩漬け状態して浸透圧で
食材の余分な水分を取り除き、同時に生臭さを除去&基礎風味を整えます。

塩漬けも直接食材に塩をすり込む乾塩法と塩の入ったソミュール液と呼ばれる
浸透液を作って食材をここへ漬け込む湿塩法の2種類が存在し、どちらも
一長一短、メリットとデメリットがあるよう、、、と頭の中で理解しても実際に
両方共やってみないとピンときませんから今回は前者の塩を直接すり込む
乾塩法で試してみることに。

すり込む塩のブレンドは基本に倣って身の容量の4%の塩とその半分の三温糖、
更にサーモンと相性が良いと書かれていたローズマリーとオレガノをハーブ
として混ぜてすり込んでみました。写真では上の方の身にローズマリー、
下にオレガノを使いそれぞれ食べ比べてみよ~と!

冬場なら外で風乾燥でも大丈夫なんですけど、まだまだ暑い関西ですから
この状態のまま冷蔵庫で1日かけて塩漬け&脱水をしないといけないんです。


こんな感じで仕込みに時間を要する事が発覚し、せっかくやる気満々になってた
矢先なのに、、、少々ガッカリする中、そ~いえばオーブン燻製機の取扱説明書
に美味しそうなレシピがあったのを思い出し、





近くのコンビニへ行ってお馴染み6Pチーズを仕入れてきました!


説明書を読みながら燻製機の底、チップ皿にアルミホイルを敷いて、その上に
スモークチップを2握り&中火で5分間加熱、、、うん、1分も経たないうちに
チップから独特の木の香りがする煙が出てきて5分後にはモクモクと
十分過ぎるくらい煙が出て準備オッケ~。

この上へあらかじめ網にクッキングシートを敷いて並べておいたチーズを乗せて
、フタを被せると同時に火を止めて30分放置、、、


一度火がついたチップは余熱だけで最後まで燃えてくれるよ~なので、ほんと
燻す作業についてはめちゃくちゃ簡単ですわ ♪







30分間一切触らず放置のままでも美味しいスモークチーズができるよ~ですが
、10分後に一度フタを持ち上げチーズの表面に付いた水分をキッチンペーパー
で拭き取ってやることにより更に美しい見栄えになると書かれておりましたから
もちろん10分タイマーをセットして水分除去でございます。(笑)

フタをしてしまうとフタの上部3ヶ所に設けられた小さな穴からしか煙は
漏れない為、全く煙たく無くこれなら余裕で自宅のキッチンで作れちゃいます。


はいっ、10分セットのタイマーが鳴り響いたところでオープン!


お~~~、真っ白だったチーズにすでにほんのり茶色く燻しカラーがっ。





30分燻せば完成ではあるものの、もっともっとスモーキーなチーズに仕上げ
たければこの30分燻しをあと2~3回繰り返せばいいと書いてあり、さすがに
3回以上はちょこっと面倒だったのでもう1回だけ同じ作業工程で30分間
燻してやると、ジャジャ~~~ン ♪








燻製自体全く初心者!?ってゆ~より、今回が初めてチャレンジとなった
わたくしめでもご覧の通り説明書レシピに写ってたのとほぼ一緒の美しい
スモークチーズを作る事ができましたよぉ!

加熱によって少し柔らかくなってるので再び箱の中に仕舞って1時間程冷蔵庫で
冷やしてやれば元通りハードな状態となりいつでも召し上がれ~でございます。


パクリと頬張ると、、、うわぁ~ ♪ たった30分しか作業をしてないのに
燻製独特のスモーキーな香りと旨味が付いて長時間かけて熟成させたのか?
と思っちゃうくらいの熟成スモークチーズになっております。







いやいや、ほんと驚くべき機能を持ったスモーカーを入手しましたわ~!明日に
なれば冷蔵庫のカラフトマスもスモーク可能状態になりますから今から楽しみで
仕方ありません。上手くできるといいなぁ~、、、




「チーズ旨そうやん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

食材が確保できたので~


不漁年と言われていたのであくまで釣れたらの話として考えていたんですけど、
ラッキーにもキープしようと思ってた数のカラフトマスを確保する事ができた
今、かねてよりの計画を実行に移したいと思います。

そう、ここで基軸になっているのも、以前から何度も書いておりますJCAの
中にあるネイティブトラウトの美味しさ番付!


“サクラマス → カラフトマス → アキアジ”


ダントツ1位のサクラマスから始まって、次にカラフトマス、そしてアキアジ
、、、あとアメマスは今後は釣れたら全てリリースするつもりなので
番付からは除外、、、なので現在のところいずれも海で釣るこれら3魚種
とゆ~ことになるかな?

その2位に位置するカラフトマスが今回の主役でして、銀ピカの個体はルイベに
しても非常に美味しくサクラマス同様様々なディッシュで楽しむ事が可能では
あるものの、サクラマスのストックがたっぷりある今シーズン、、、ど~しても
ルイベなどお造りで食べたいとなると自然にサクラマスの方に手が伸びてしまう
んですよね~、、、ほんとそれだけ素材の旨さに差があり過ぎなんです!

それでもルイベ用と加熱調理用の2種類に分けてカラフトマスはサク取り&
真空パック冷凍していってるわたくしめ、、、実はこのルイベ用の切り身を
使ってある物を作ってみよ~と!?


早速、前々からいろんな製品をじっくり比較&吟味した結果、目を付けていた
メーカーの商品ページを開いてワンクリック ♪





1週間もかからず工場から直送されてきましたっ。


ステンレス鍋のよ~にも見えるけど温度計が付いてたりする、、、
コレ、一体何だと思います?

あはは、ってゆ~か、取扱説明書に“Oven smoking machine”って
デカデカと書いてありますから説明する必要もありませんね。(爆)


もうわたくしめがカラフトマスを使って何にチャレンジしよ~としてるのか?
さえお分かりになったところで、まずは取扱説明書を熟読~。これまでも
ネットを中心に基本の作り方からコツなど自分なりに少しずつ勉強してきた
つもりですが、やはり最後は実際にやってみないと始まりません!

へぇ~~~、ほぅ~~~と頷きながら読んでいくうちに取扱説明書の中にも
幾つか代表的なレシピが掲載されており、コレ1台でこんなに作れるんだぁ~
と感心しながら、ここでもへぇ~~~、ほぅ~~~と。

ページをペラペラめくっていくと、







ありました!ありました!




「えっ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

SurFreyja 親睦イベント ~BBQ編~





サーノルドくんとわたくしめが第2ラウンドを戦ってるうちに後ろではみるみる
BBQのセッティングが組まれてゆき、戻った頃にはいい具合に炭にも火が
行き渡りいつでも開始可能状態!

今年もまた食べきれないくらいの肉が用意され、どんどん焼いていくも食べても
食べても出てきます ♪ ず~っと肉ばかりも飽きてきますから途中、JCAが
持参した銀ピカ・カラフトマスの切り身やつくねも焼いたリしながらバランスを
取りながらいきましょう。(笑)









早朝、みんなで釣ってる時はほぼ無風状態だったのが太陽が昇って蒸し暑く
なってくるにつれ、風が出てきて超~快適!日差しはギラギラしてるものの、
パラソルもありますしじっとしてる限り汗もかかずワイワイ盛り上がります。

焼きたての肉や魚にAKBさんが用意して下さった家庭菜園で獲れたジャガイモ
から玉ねぎ他たくさんの野菜までバラエティー豊かな具材が並びます。


しばらくすると朝のうちに釣ったキスとクラックさんが昨夜釣ってきた
アオリイカの新鮮魚介類もちゃちゃっと捌いて、ぎっしーさんが天ぷらを ♪
普段の釣行から時々唐揚げや天ぷらなどを作ったりされてる超~グルメな
ぎっしーさん、慣れた手付きで調理されてますねぇ。









これまたAKBさん持参のそうめん~薬味と一緒に頂きま~っす ♪


釣りたての魚をその場で頂けるなんてめちゃくちゃ幸せ~。そうめんは夏の
雰囲気があっていいんちゃう?みたいな安易な提案から始まりましたが、
こんな感じで食べるとBBQのいいお口直しになって最高!これは来年以降
必須メニューとなりそ~です。(笑)

それぞれの釣行スタイルを最優先し、あくまで自由をモットーにしている
SurFreyja。クラブ内では他にもインターネットを通して様々なイベントを
全国のメンバーで楽しんでいるものの、今回みたくみんなで集まれるイベントは
現在のところ1年に1~2回のみ?久しぶりに会うメンバーも居たりとみなさん
いろんな話で盛り上がっておられます。

今年はあと2人参加予定だったのが急に仕事などが入ってしまい残念でしたが、
また来年集まれたらいいねぇ~と。


ご飯物も焼きおにぎりからますのすしまで登場して、みんなお腹いっぱいに
なったとこでカシャっと!この後はまだまだBBQを堪能される方、再びキス
釣りを始める方、同時に両方をこなす方!?までそれぞれ好きなよ~に
楽しみながら流れ解散となりましたぁ。









「また来年~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

鮭ぶし丸とラポラ


出張期間中、仕事が終わった後は毎晩アシストフック作製、、、持参した
針パック全てを終わらせようと気合い入れていたものの、延々と同じ作業の
繰り返しでちょこっと疲れてきたJCA、、、今夜は早めに作業を止めて
DVDを観ながらリラックス ♪

そ~いえばスーツケースにこんな物が入ってるのを忘れてましたっ!





北海道のお土産~ ♪


こっちへ来る日の前日は成田のホテルで前泊したんですが、その際に千葉に
住んでる友人と久しぶりに夕食。彼は元々北海道は帯広出身で数日前まで
有休を取って帰省してたらしく、お土産に~とくれたんです。

帯広と言えば豚丼の発祥の地としても有名ですけど、近郊の音更町には
和菓子&洋菓子の老舗・柳月があるのもスイーツ好きの間では超~有名!

その柳月からこんなせんべいが発売されてたんですね~。







北海道産の鮭ぶし仕込み!


って、、、鮭ぶしって何?

かつおぶしなら知ってますけど、、、と箱に書いてある説明を読んでみると、
今、料理業界からも注目されているのが北海道の新素材・鮭ぶしでかつおぶし
より旨味が強く、クセのない風味&甘味が特徴と言われているらしい。
へ~~~、こんなんがあるんですね~。(笑)

近年は釣りメインになってるけど、わたくしめも年間で何回かは北海道へは
行ってますが、こんなお土産が発売されてるなんて知らなかったかも?
それとも単に気付かなかっただけ!?

早速パリッと頬張ってみると、唐辛子がピリッときいてて美味しい~ ♪
ちゃ~んと鮭の香りからお味までしっかり堪能することができます。

ど~しても北海道のお土産として本州へ持ち帰る場合、定番の甘い物が
喜ばれるのでそれらが中心になりがち。


あと、もう1つお土産として?袋に入ってたのがコレ。





北海道の翼ことAIR DOの機内誌でございます。


この6月号にわたくしめの興味を惹く記事が掲載されてたからと数ヵ月前の
帰省時に利用した際に貰ってきてくれました。

様々な北海道の情報やお店が掲載されている中、半ページのみでしたが
そのわたくしめの興味を惹く記事ってのがありましたっ。う~~~ん、確かに
機内誌でこんなページが出てきたら興奮しちゃうかも!(笑)









わたくしめが海サクラ作戦で愛用しているルアー、サムライやカブキメタルを
作ってるコジマクラフトの記事です。

今思えばこれらのルアーも帯広市で作られてるんでした!


写真には初めて見るデザインのサムライが載ってて興味深々&記事を読んで
いると、パソコン上で型を出力し発砲ウレタン樹脂を流し込んで原型を作り、
エアブラシで色を付けて完成と書かれてますねぇ。カブキメタルはメタルジグ
なんですぐ分かるものの、お恥ずかしながら今までサムライカスタムって
何をメイン素材に作られているのか知りませんでした、、、発砲ウレタン
樹脂製だったんですね。

サクラマスも人間も引き寄せる宝石のようなルアーと書かれている通り、
今シーズンの海サクラ作戦ではコジマクラフトのルアーたちに本当にいい
思いをさせてもらいましたっ ♪ 来シーズンもメインルアー間違い無し。


さてと、一服しましたしまた作業に戻りましょうか~。(爆)




「鮭せんべい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

楽しい時間はあっという間


今シーズンのウトロは渋い日が多いと聞いていたものの、ラッキーな日に
当たったのか?午前中のみでほぼクーラー満タン状態まで釣れた昨日。
お昼からは日帰り温泉に浸かって休憩室でしばし仮眠を取ってからウトロに
最近オープンしたばかりのバーがあるとゆ~ことで再び夜からよっしーと
待ち合わせてそのお店へGO ♪

よっしーの知人が経営されておられ、バーでありながらもパスタが非常に
美味しいらしいので早速それも注文しながら気持ち良く飲んで参りました。





話が盛り上がって遅くまで飲み過ぎたせいか!?翌朝は午前2時には起床して
ちょこっとだけ海サクラを狙ってから帰還しようと考えていたんですが、見事
アラームが鳴ってた事すら気付かず爆睡し続け自然に目が覚めるとすでに
午前7時過ぎ、、、こりゃダメだ、、、とあきらめてゆっくり中標津町まで戻り
、次なる作戦に必要な物などを釣具店で仕入れた後、空港へ。


根室中標津空港ってこじんまりとした空港ながらも2階に入ってるレストランは
なかなかオシャレなメニューが多く、かつどれも美味しいっ ♪ 地元で人気の
お店がやってるみたくお勧めの石焼きオムレットカレーを始め多くのメニューが
あってここに来る時の楽しみの1つになってるかな。(笑)

午後14時35分キッカリに離陸した羽田ゆきの便から空港を見下ろしながら
今年はあと何回この空港へ訪れるのかなぁ~?と。





こちら方面へのアクセスって根室中標津空港のみならず女満別空港からでも
行けますし、わたくしめの場合結構直前になって予約する事が多いので最終的に
どちらの空港を使うかは空席状況次第になるんですわ~。

夏の北海道、そして知床半島は観光のベストシーズンですから日によっては
早い時期から満席の便もたくさんありチケットを取るのも困難な時も多々!
でも、ラッキーな事もありまして普段は羽田空港か新千歳空港を経由しないと
来れないのが毎年夏の期間限定でANAが関空から女満別空港直行便なんてのも
運航してますから選択肢は増えます ♪


今後の計画についていろいろ機内で考えながら羽田経由で伊丹へ帰還&自宅に
着いたら先にサクラマス、マダラを捌いてから大漁のマガレイの一部を仕込み
、、、数が釣れた 帰還してから全てを1から処理するとなると絶対嫌に
なるのが分かってたので、かなり面倒でしたがマガレイは全て戦場でウロコ、
頭、内臓まで処理して持ち帰ってきましたっ。

いや~、やっておいてほんと良かった!(笑)







肉厚な個体数匹は煮付け用にして真空パック冷凍、更に良型の数匹は塩分濃度を
5%くらいにして作った塩水に約1時間浸けてピチットシートでサンドイッチ。

外が涼しかったら干し網が使えるんですけど、なんせ今は夏!関西では毎日
30℃近くまで上がる上、湿度もおもいっきりありますからまず腐ってしまうか
、カビが生えるかが先になっちゃうんですよね~、、、なので、魚を包んで
冷蔵庫で一晩寝かすだけで一夜干しが作れちゃうピチットシートはめちゃくちゃ
重宝しておりますよん。

残りのマガレイはとりあえず冷蔵庫に入れておいて明日中に全部捌いた後、
それぞれのディッシュに合わせた保存をしたいと思います。




「捌くのが大変よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR