~ Cast in North Field ~ 北の投げステッカー


先週の金曜日の記事にちょこっとだけ?いやいや、逆にどアップ画像で掲載して
ました“北”と書かれた謎の写真、、、覚えておりますでしょうか?中には
あれだけで一体何かピンと来られてた方もいるかもしれませんねぇ。(笑)

そう、実はこ~んな物だったんです ♪





JCAも所属します全国より投げ釣りを趣味とし、愛する者たちが集まるチーム、
SurFreyjaのオリジナルステッカーを何種類かデザインしてもらうのと一緒に
北日本こと“North Field”専用のもお願いしちゃいましたっ。

と言いますのも、みなさんご存知のよ~にわたくしめ自身過去に北海道に
住んでた経験もあれば、SurFreyjaのメンバーには北海道出身の者も数名
&更には北海道のみならず東北各県へも積極的に出撃しているメンバーもいると
なれば絶対作るべきでしょ!と、、、それに東北~北海道の北日本と言えば
非常に投げ釣りが盛んなメッカの1つでもありますし今後もっともっと仲間の輪
を広げていけたらいいね~というみんなの願いもあり完成致しました。


ピュアホワイトにゴールドとコバルトブルーが映える高貴デザインで、北という
漢字がデカデカと挿入されているにも関わらず自然かつ美しく見えちゃうのが
不思議 ♪ 口頭で伝えたイメージを非常にまとまり良く、かつオシャレな
雰囲気にクリエイトしちゃう所はやはりプロのみがなせる業ですよね~。

サイズは縦6.5cm × 横20cm。







北という文字のバックには海神・ポセイドンが持つ槍がクロスし、その矛先は
Northの略、Nを指しておりどこか北欧神話の世界に誘われてゆきそ~な
デザイン!また、SurFreyjaロゴの下には北日本での投げ釣りを語る
“Cast in North Field”のフレーズ入り ♪

ホワイトを基調にしたカラーリングからクーラーにはもちろん、逆にベースが
濃いめカラーの所に貼っても際立って浮かび上がります。


今回、この北の投げ釣りをモチーフにしたステッカーを抽選で北日本エリア在住
の方、20名様限定でプレゼントさせて頂きます!





※応募対象:

(北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県)


にお住まいの方限定とさせて頂きます。

ご希望の方は以下の項目を漏れなくご記入、またこの下にリンクされております
SurFreyjaのホームページのトップページより“秘密の合言葉”をお探しの上
、それと共に所定のメールアドレスへご応募下さい。


http://surfreyja.com/


締め切りは今週いっぱい、4/22の午後23時59分までとし当選は発送を
もってかえさせて頂きます。多くの方々のご応募お待ち申し上げております ♪


氏名
年齢
住所 (郵便番号もお忘れなくお願い致します!)
秘密の合言葉 (必須!)
何か一言あればどうぞ ♪


応募先メールアドレスは info@jca.secret.jp




「シブいっ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カワハギの肝


冬場から春先にかけて、、、でもなく、実際には年中結構見かける肥大した肝に
よってお腹がパンパンの肝パン・カワハギ、鮮度の高い物は非常に重宝されて
お味も格別ですよね~。特に秋から冬にかけて獲れる個体は肝パン率が高い上、
絶品で肝のみで楽しむのも良し、すりつぶして醤油と和えた肝醤油でお造りを
楽しむのも良し、あの濃厚テイストは一度食べたら忘れられません。

前回撃沈してきたカワハギも小ぶりな個体にも関わらず肝パンなのが多く、
ご覧のよ~にお造りにしようと捌くと腹部からは特大肝がっ!?







見るからに美味しそうなんですが、食べる前に、

複数匹捌いていくと個体によって白っぽい肝もあれば少々オレンジ?茶色?味
掛かったのもあったりと明らかに異なっている物があるのを見かけるはず、、、
そして大体白っぽい方はかなり大量で、もう一方のは少量しか取れないって
感じだと思います。あはは、もうお分かりですよね~。(笑)

ほらっ、世界三大珍味に挙げられるフォアグラもそ~ですが、白っぽく大きい
肝が肥大しているって証拠でしていわゆる食べ過ぎ!?人間で例えるなら
肝硬変状態の肝に近いって感じかな?





肝硬変って書いてしまうと痛々しい上、あまりいいイメージがありませんけど
もちろんこの白っぽく肥大した方が美味しく絶品とされます。

せっかくなんでこの時も両者生で食べ比べてみましたが、断然白っぽい方が
まろやかで深みのあるテイスト ♪ 決してもう一方は不味いってわけじゃ
ありませんよ~、、、でも比較してしまうとやっぱり差は歴然です。


おそらく誰でも知ってるよ~なしょ~もないネタになっちゃいましたが、今後
たくさん肝が取れた時にはどうやって頂くか?身のみならず肝に関しても
バリエーションを設けてみるものいいかなぁ~と思いましたっ。

こんな事書いてるとまたカワハギ作戦に行きたくなってきましたわ~ ♪




「俺は肝苦手~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

気が早いのは分かっているものの


少し?いいえ、かなり気が早いのはわたくしめ自身でも分かっちゃいるんです
けど、思い立ってるうちにやれるとこまでやっておかないとまたすぐ他の作戦に
夢中になって後回し or 忘れてしまう、、、そしてシーズンインしたと同時に
慌てて準備!?そうならない為にも今年からは将来的にやろうと思ってる
作戦があれば徐々に準備を整えていこ~とねっ。

昨年は何回かやろうと思いつつもたった1回きりしかできなかったサヨリ作戦、
ただその1回でもこれはもっと柔らかめの竿でやった方がやりやすいだろう
なぁ~と感じたので、まずは竿から考えてみました。





あの時は確かタチウオのウキ釣り用に使ってたサーフリーダーEV 360FX-T
、、、竿の長さ自体は360で十分と感じるも若干まだ竿が硬いよ~な、、、
投げ釣りでしたらまずそんなインプレには至ってない竿ですけどサヨリを
釣ってる時にはヒシヒシとそれを感じました。

食い気が立ってる時ならどんなんでもお構いなしにアタってくるんでしょ~けど
食い渋りが出だすと前アタリからフッキングに至らす為にはもう少し柔らかめの
方が個人的にはやりやすそうと!

だけどわざわざサヨリ用に竿を導入する気にまではならないし、、、やるなら
投げ竿で!とゆ~こだわりだけは譲りたくない、、、部屋であれこれ考える
うちにすぐ傍に置いてあったある竿に気付いて、おっ!コレ良さそうやん ♪


即行決定となりました。(爆)


リールについては以前からもしやるならこのリールでオッケーちゃうん!と
決めてた物があったので早速それだけゲットして参りました。





シマノ「エアノス C3000 / 4000」


シマノのリールじゃナンバー1クラス?のリーズナブルモデル。

これなら別にわたくしめが所有しているストラディックCI4+やセフィアCI4+
などでいいやん!ってなりますが、それも十分分かってる上での導入。

なぜかって言いますと、サヨリ作戦って対策は取ってても想像以上にタックル類
がオキアミまみれになっちゃうんですわ~、、、毎回超~くっさ~~~い
ジャミ汁まみれになってそれを丁寧に洗って、、、を繰り返すのなら最初から
複雑構造のリールはそれ専用で適当に使える物がベストかなと。

最初から4号ラインが巻いてあるのでこのままでOKでしょう ♪


最後に気になる竿ですが、相当前に1本だけゲットしてほとんど実釣では
使わないままライン巻き替え用の竿として部屋で過ごしてたピンク竿です!?





シマノ「スピンジョイ360HX-T」


錘負荷23号、FX仕様のサーフリーダーEVより更に2ランク柔らかい錘負荷
15号のHXですから良さげじゃないですぅ ♪ まさかこんなとこで出番が
回って来るとは思いもしませんでしたわ~。(笑)

現段階じゃ数値からしてそう思えてるだけでスピンジョイはわたくしめの中には
どんな竿だった?というインプレすら無いから後はシーズンインして実際に
使ってみてから、、、って感じでしょうかねぇ。仕掛けも市販仕掛けからメイン
で始め、いつかは自作もできたらとも考えてますよん。




「やりたい事だらけ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

フィッシングショーOSAKA 2017





トレードセンター前駅にあるカフェでモーニングを食べてから行こうとなってた
ので開園時間から逆算して午前8時ジャストの待ち合わせ、、、となると!?
想像以上に早起きしていかないと間に合わない事に気付いて昨夜は慌てて就寝
&アラームで飛び起きてやって参りました。(笑)

参勤交代?じゃないですけど毎年恒例行事になりつつある釣具の祭典へ
SurFreyja“O本先生”“サーノルドくん”“ジェリドくん”と一緒に
今年も繰り出し~ってわけですが、正直見る物が少ないっ、、、


“フィッシングショーOSAKA 2017”


車で来られるO本先生とは会場入口前で合流となっておりオープンと共になだれ
込もうと思いましたが、オープン直後は相当数の人が一気に集中しぶっとい列が
できちゃってたので近くにあったカフェで1杯コーヒーを飲んでから入場です。

今回はメイン?と言うかシマノ、ダイワ、がまかつの3大メーカーがそれぞれ
1つの会場に設置された3会場制になっててちょこっと困惑しました。







まずは投げ釣りに関してはめぼしい物があまり無いのは分かっているけど
“シマノ”ブースから覗いてみることします。

近年ルアー関連の勢いは半端じゃないですよね~!大々的に設置された
ステージではインストラクターの方々が集まった大衆を前に釣り談義をしている
中、投げセクションはどこかなぁ~?と探していくと一番端っこに発見。


やはり特に目新しい製品は無く、強いて言えばブランクスデザインのブラック地
が特徴「スピンパワーSC」と魚種、釣法、フィールドを選ばない竿を売り文句
にしている「ボーダレス」シリーズにキャスティング仕様が加わっただけかな。









リールは先日も書いてましたよ~に性能、デザイン共にフルモデルチェンジした
とゆ~「フリーゲン」でハイスピードドラグ仕様のSDに関して言えば見た目
は若干現行のパワーエアロ・スピンパワーに似てきたよ~な、、、今までが
ゴールドスプールが映えてただけにカラーリングのせいでそう見えるだけかも
しれませんが、とりあえず目に留まった特徴は上の写真みたくハンドルノブが
ミニ四駆の如く穴開きデザインで軽量化!?

あと、これまでのゴールドスプールをこちらの新モデルへ持ってくる互換性は
あるものの、いつかのフリーゲンTD同様同様、こちらから前モデルへスプール
を持っていくのは不可能と説明担当の方はおっしゃってましたねぇ、、、


そして他のメーカーのブースも物色しつつ、真向かいの“がまかつ”が入ってる
会場へ移動。一番奥に大きくどっしり構えてあってすぐ分かりました!







早速、投げ釣りセクションを訪ねてみるとバトルサーフの廉価版的?モデル
「がま投・デュエルドライバー」なる竿が並んでいましたよん。

コンセプトとしては2本揃えて買っても10万に到達しないモデルで~みたいな
設定のようで確かにバトルサーフと比較するとデザイン的には華やかさは劣る
ものの、竿そのもののクオリティー自体はバトルサーフに引けを取らない印象を
受けました。その他仕様など伺ってみると、ガイドセッティングからほぼ全て
バトルサーフと一緒のよ~で国産製品とのこと。


こちらの会場でも他、いろいろ気になる所を転々として最後に“ダイワ”が
入っている3つ目の会場へGO!









カーボンシートによってガイドとリールシートを固定する新技術、カーボン
スレッドが採用されている「トーナメント プロキャスター」が一番手に
飛び込んできましたっ!このブランンスデザインはいいですよね~。

様々新技術を開発してそれらを投げ釣りタックルに積極的に導入していってる
ダイワやがまかつに比べやはりシマノは元気が無いってゆ~か、正直投げに力を
入れるのは控える傾向にあるんでしょうねぇ、、、ヒシヒシと感じました。


シマノ・フリークなJCAにとって今年のフィッシングショーは竿やリールと
いったメインタックル類ではなくウェア関連、クーラーくらいがちょこっとだけ
興味を引いてくれた?よ~な気がしますが、、、あはは、今のところコレ!と
言ってすぐに欲しい物となると思い浮かびませんわ~。

クーラーではリーズナブルモデルのフリーガとフィクセルの間?的存在の
「インフィックス」なるシリーズが追加されていたのを会場で見て初めて
気が付いたわたくしめでした。(笑)


余談ですけど、、、





“SASAME”ブースでたまたま見つけたこんな商品!?

ヨーロッパスタイルのサーフキャスティングでは面白いネーミングがされて
売られてるんですねぇ~。なんせNARA、EDO、KAMAKURA、BAYBAY、
HOKORIとかですからいかにもジャパン!って感じ。(爆)


ってな風にサラッと午前中だけで見て回って後はランチして帰ってきた1日と
なりました。縮小傾向にある投げ釣りカテゴリー、、、悲しいっす。




「これも時代、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

67cm シロアマダイの魚拓 ♪


まずはオリジナルステッカーのプレゼント企画にご応募頂きました皆様、

この度は本当にありがとうございました。たった1日?24時間とちょこっとしか
無かったのに多くの方々に貴重なお時間を割いて長いコメントまで頂き本当に
感謝致しております ♪ おかげさまで3桁近くのご応募頂戴し午後23時59分
を持ちまして締め切らせて頂きました。

今後はこちらで厳正なる抽選の上、当選者様には発送を持ってかえさせて
頂きますのでもうしばらくお待ちくださいませ!また、頂いた応募メールの
中にはご住所の記載をお忘れの方が数名いらっしゃいました、、、こちらの
方々は大変申し訳ございませんが発送が不可能となりますので今回は抽選から
省かせて頂きます事をご了承下さい。


さてさて、帰宅しますといつ届いたのか?細長~い段ボール箱が1つ玄関に
置いてあり気になって早速中身をチェックしてみますと、







67cm シロアマダイの魚拓 ♪


文字入れなどの関係から遅れての発送になる旨、伺っておりそこからJCAも
海外出張に出たりとバタバタ過ごし長期間留守?っぽくなっておりようやく
今になって開封されたって感じでしょ~か?(笑)

立体感溢れる素晴らしい仕上がりで記念になるんですが、


ここである問題が浮上!?


あはは、そんな深刻な事じゃないんですけどこれを入れる額を探さないと
いけないんですわ~、、、魚拓を取って頂いたお店で問い合わせるとそこらの
ホームセンターの●●●などでも普通に置いてますよ~!と教えてもらい早速
問い合わせてみるも該当サイズが無いよう、、、もしかすると店舗によって
取り扱い商品が異なっているのかもしれませんねぇ。

なのでネットでサイズに合わせて特注できる専門店を見つけたのでそちらで注文
しちゃう事にしましたよぉ ♪

用紙サイズを測ってみると縦63cm×横94cmくらいかな?


まっ、余白の部分が結構ありますからそれらを上手く切って調整すれば規格内の
フレーム収まるんでしょ~けど綺麗にできる自信も無ければ、魚拓自体が何枚も
あるわけじゃないので絶対失敗もできない、、、やっぱり触らずそのまま
フレームに合わせてもらいましょう。(笑)




「生きてるみたいねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR