モスシールド・スパッタメッシュジャケット


こんにちわ、Zancudo(サンクード) J です。


もう大自然に囲まれた戦場のみならず、街中関係無く夕暮れ時から夜間を通して
翌、夜明け時刻過ぎまであちこちでサンクードを目撃する季節に突入してます
ねぇ、、、その姿を見てるだけで身体が痒くなってくるZancudo Jですので
今年も対策は完璧にしてシーズンを乗り越えないといけません!

今回はそんな対策についてですが、すでにお気付きの方もいらっしゃるかも
しれませんけどシマノから毎年発売されてたモスシールド・スパッタメッシュ
パーカージャケットが今年のカタログから消えてしまい、モスシールド仕様の
上着に至っては下の長袖フルジップアップシャツのみとなっちゃいました。





これも確かに蚊を寄せ付けないモスシールド加工の素材を採用しているので
大いにサンクード対策にはなってくれるんでしょ~けど、いかんせんシャツ
タイプとなる為、より肌にフィットしてきますし個人的にはちょこっと不安を
覚えてしまいます、、、その点、ジャケットだと更に中にシャツを着用している
上、特に袖部など半袖でジャケットの下がすぐ地肌になる場合でも間に
余白となる空間ができるのででまだ安心!

またわたくしめの釣友でこのシャツタイプを着用した状態でも数箇所刺された!
って事なども聞いてますし、自分自身で実際に店頭で触って&羽織ってみたり
までしましたがやはりちょこっと不安が残っちゃいます、、、

もちろんサンクードがおもいっきり多い場所ではウェアのみならず蚊取り線香
やらキンチョールといった同じく寄せ付けない or 駆除できる装備まで整えた
上で臨まないと、いくら上下モスシールで固めてたとしても油断すると刺されて
しまう事もあるかと思いますがねぇ。





今のところZancudo Jに関してはこのスパッタメッシュジャケットを着用
するよ~になって以来、おそらく一度も?ジャケットで覆われている部分に
ついては刺された事がありませんので、絶大な信頼を置いているサンクード
対策アイテムなんです!

ただ、一応説明書きには20回洗濯しても忌避率はあまり低下せず、効果が無く
なっても普通のジャケットとして使える、、、とありますが、やはり洗濯など
使い込んでいくうちにその効果は薄れていくのは確かですから発売されて以来、
毎年1着ずつ追加してきてました。


それが今年からできなくなってしまった!?となると


似たよ~な?いや、丸っきり一緒でデザインだけ異なるウェアがハヤブサの
“BOWBUWN”シリーズからも出ており、こちらはまだ現行でメッシュの
ジャケットタイプもラインナップされていますが、あはは、シマノ・フリークな
わたくしめはやはり可能ならこれまで愛用してきてるのと同じ物が使いたいっ!

昨年いっぱいまでの販売ですから絶対もう市場には残ってないだろうなぁ~
、、、と一応ネットで検索し、在庫あり!と書かれているショップを発見&
問い合わせてみるも、やはり在庫数の更新されていなかっただけとかで実際には
在庫ゼロ、、、しゃ~ないなぁ~ってあきらめかけてた時に普段あまり行かない
地元圏の釣具屋さんでなんともあっさり見つけちゃいましたっ!?(爆)

サイズもわたくしめが欲しい物が残ってた上、在庫処分?のよ~でお値段も
半額!超~ラッキ~ですわ~。





自宅に帰って久しぶりにストックしてある在庫を確認してみると、


あはは、結構ありましたわ~!(爆)

現在作戦に導入中のが2着、そしてこれら3着の新品ストックとなりましたので
2~3年は大丈夫かな?でも、、、Zancudo Jにとっては夏の必須アイテム
でもありますから、このまま廃盤になるのではなくまた来季にでもパワーアップ
して復活してくれる事を祈るまでです。




「コレ、いいのにね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

燃料を使い捨てライターに炎温度1300℃


おはようございます、Zancudo(サンクード) J です。


わたくしめが出て参りますとサンクード 蚊のシーズンでごじゃいます!

ここんとこ夏になってもそこまで必死に夜戦は行っておらず、サンクードの恐怖
から解放されている、、、と思いたいところなんですが、実は!サンクードは
真っ暗になった真夜中より魚と一緒?で朝夕マズメ時期の方が遥かに吸血行動を
活発化するんです、、、ご存じでした?

そりゃ、真っ暗な中で煌々とキャップライトを点灯し続けてると当然わんさか
寄って来るものの、消せば再びどこかへ散っていく個体もいてそこまで酷くは
無かったりします。もちろん人間の体臭や体温が奴らを引き寄せる要因となって
いるのは確かですが、それに加え明かりが微妙に入り混じった薄暗いマズメに
おいては目まで利くのか?向こうから積極的に近寄って来て襲われる確率は
夜間に比べても遥かに高くなります。

要するに夜戦をする、しないにしろ朝夕マズメ時期を含めて釣りをする場合は
万全なサンクード対策が必要不可欠となってくるのです!





Zancudo Jが絶大な信頼を置く通称、“蚊取り線香包囲陣”

はっきり言って人間側も非常に煙たく時に涙が出てきたりするものの、その効果
は絶大で包囲陣が機能している間はほとんどサンクードは近付いてきません。

これプラス、キンチョールを手元にセットし&蚊を寄せ付けないウェア、
モスシールドで上から下まで固めればある意味最強防御壁となりアプローチ数も
少なくなれば寄って来ても即撃退可能!

こんな感じこれからの季節、わたくしめは戦っております。(爆)


さて、この蚊取り線香包囲陣、、、蚊取り線香というだけに火を付けなくては
何も始まりません!無風の時には全く問題ありませんけど風の強い日、また
蚊取り線香自体が少々湿気てる時には火を付けるのだけでも一苦労だったり
します。この用途に限って言えば普通の100円ライターやチャッカマンの火より
ターボライターのよ~な集中された強力な火力があった方が便利!

そこでちょこっと前に今や誰もが愛用する、amazonで取り寄せたブツ。





箱だけやたら大きかったんですけど、中身はスカスカ&超~軽量、、、結構
amzonの梱包ってそんなの多くありません?だけど、しっかりしたダンボール
箱なので取っておけば何かとっさに物を送る際などで活用できるので便利と
言えば便利ですが数が溜まってくるとあはは、嵩張ります。


話しは逸れちゃいましたね~、、、もうここまでの文面を読んで頂いてれば一体
何が箱から出て来るのか?な~んてご想像付きますよね~、、、ターボライター
、、、に似たよ~な物 or ほぼ同じ役目を果たしてくれるブツ!ちょこっと前に
クラブのO本先生とマゴチ作戦に出た時に火を貸して~とお願いしたら貸して
くれたのがまさにコレでした。

あの日は無風&ベタ凪な1日だったんですが、たまたま風が通過しているよ~な
タイミングでコレを使って超~いいや~ん ♪ と一目惚れしちゃいました。


いつもは逆で、わたくしめの使ってる何かを発見しては即amazonでポチっと
されるO本先生ですが、今回は真似させて頂きま~っすとねっ。









SOTO「ポケトーチ」


電子着火式強力耐風バーナーというネーミングの通り、ターボライターと同じ
よ~な強力な炎を出し、その炎温度は1300℃に達するとまで書かれてます!?

ですので、ハンダ付け、時代焼き、工芸細工、接着剤&塗装の剥離など多用途に
活用できる旨説明書にありますし、わたくしめが使おうとしている蚊取り線香の
点火なんぞ朝飯前ですわ~。

ケースの表面には何やら“EDITOR'S CHOICE2010”と書かれてますが、
この製品がシールにも書いてありますよ~に全米のアウトドア業界で最も
権威のあるバックパッカー誌・エディターズチョイス2010を受賞したってこと
みたい。あはは、わたくしめは初めて耳にした名前でしたがよく全米が泣いた
、、、とまで言われるくらいですから全米事で凄い偉業なんでしょう。(爆)


何によりこのポケトーチのありがたい所は、その使用燃料に市販の使い捨て
ライターを使っている事!一応、説明書にはメーカー指定の使い捨てライター
とは書いてはあるもののO本先生曰く、普通にそこらのたばこ屋さんや100均で
売ってるライターで十分いけますよ~と ♪





ついでなんで今回は指定ライターまで一緒に取り寄せましたが、ご覧のよ~に
見るからにそこら辺に出回っているごくごく普通のライターですわ。


使用方法も超~簡単で、ポケトーチのホルダーからヘッド部を抜き取って
ライターをホルダー内に入れて戻すだけ!ちょ~ど写真にもありますけど、
ライターに差し込む為の突起がベッドに付いてますから向きだけ間違えない
よ~に差し込めばREADY~。

あとは着火ボタンをカチッという音がするまで押せば着火してくれます、、、
あっ、もちろん消火する時は着火ボタンから指を離すだけ!

注意点としては、火口付近が高温になりやけど、また本体の変形、破損の恐れが
あるので1分間以上連続使用しないで下さいとあります。実際に使ってみたら
一目瞭然ですが、これだけの威力があれば蚊取り線香の点火など絶対1分以上
費やすことはないかと。(笑)







上側の写真がいわゆる普通の100円ライターで、下の方がそれをポケトーチ
にセットして変換された炎。

火口径Φ14mm(外径)、炎サイズΦ3×12mmの極細集中炎は1300℃に
達しており、燃焼時間はライター1個で約20分と書かれてあります。


このSOTOなるブランドは新富士バーナー株式会社という愛知県にあるメーカー
からリリースされてるよ~で今になって思い出しましたが、よくホームセンター
のアウトドアコーナーなどでバーナー系を中心に製品展開してる所ですわ~。
その中にこのポケトーチまであったかど~か?はさすがに覚えてないものの、
まぁ、ネットでポチっとワンクリックするだけの方が超~楽チンですわね~ ♪

これはお勧めですよん!ぜひぜひみなさんも戦場で蚊取り線香をお使いの際には
事前にポチっといっちゃって下さい。(爆)




「こちらもポチっと!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マズメに映えるカラーで飛来を察知!


こんばんわ、Zancudo(サンクード) J です。


まだまだ残暑厳しい日がある中、大物投げ釣り師のみなさんにおいてはやはり
夜戦メインで戦われていることではないでしょうか?良い子はおねんね中の
丑三つ時も汗ダクになりながらひたすら竿先ライトを凝視する、、、

好きじゃなければ、熱帯夜にわざわざ海辺にテントを張って野宿なんぞ
できたもんじゃありませんよね?

そして夜戦には必ずと言っていい程毎回付き纏ってくる方程式、


“夏 = 夜戦 = サンクード”


夜戦って言うからにはターゲットである魚と戦わなければならないはずなのに、
Zancudo Jの場合、ある意味魚よりプ~~~ンと不快音を鳴り響かせて
我らが人間様の血を吸いに来るサンクードとの戦いの比重の方が大きかったり
します。いや、確実にサンクードとの戦いです!

徹底的に対策を取り出した近年は、たとえサンクードと遭遇しても刺されるまで
には至らず未然に回避 or 撃退できており戦場でギャア~~~!?っと悲鳴
をただただ上げているだけで済んでおります、、、(爆)





そんな徹底的な対策において必須アイテムとなるのがシマノ・ウェアで言う
“モスシールド”、ハヤブサ・ウェアでは“BOWBUWN - ボウブン”
ラインナップでいずれも蚊を寄せ付けない特殊忌避カプセルをウェアに用いた
アイテムで蚊が嫌がる、また止まっても刺さないといった特徴が売りとなって
おり、みなさんも夏場は愛用されていらっしゃるかと思います。

リミプロ・ブランドをこよなく愛用するZancudo Jでごじゃいますので、
夏もビシッとリミテッドブラック、ブラッドレッド、BB-Xホワイトといった
カラーリングでいきたくて仕方ないものの、サンクード対策の方が最優先に
なりますので特に夏の夜戦ウェアは妥協中、、、


カラーをどうこうこだわれないのであれば、全ては機能重視!


上のスパッタメッシュジャケットは先に挙げた両メーカー共に現時点ではグレー
が基調になっており、チョイスが無いのでしゃ~ないとして下のパンツに関して
はシマノからはブラックとベージュ、ハヤブサからはベージュ、チャコール、
カーキ、オレンジといったカラー展開がされております。

せっかくならスマートに見えるブラックやチャコールなどのダーク調カラーで
いきたいのは山々なんですが、、、


一度、ブラックをゲット&着用し個人的にこれじゃちょこっと不安、、、という
結論に達してしまった為、以後ベージュ、どれだけ濃くしてもカーキくらいまで
の明るめなカラーチョイスをメインにしてます。


その理由は、





特にサンクードは魚と一緒で朝夕マズメ時期において非常に動きが活発になり、
腰から下、いわゆるパンツ部分の高さに纏わり付いてくる事が多々!

止まっても刺されないという売り文句なモスシールドを身に纏ってるから大丈夫
、、、なのかもしれませんが、もしかしたら刺されるかも?という不安やら
見てるだけで痒くなってくるZancudo Jは発見 即、先制攻撃で叩く
or キンチョールなどで応戦するのをモットーにしており、

ブラックやチャコールといった濃い目のカラーでは黒く見えるサンクードが
纏わり付いてきてるのか?どこかに止まってるのか?など発見しにくいんです!


俺は大丈夫!とおっしゃる方はそれでOKですので、あくまで個人的こだわり?
になっちゃってますが、もし気になられる方にとってはささいな事ですがお勧め
ですよん ♪ 結構マズメ時期って目が利きにくくベージュなどの明るいカラー
の方が断然視認性が良いのでねぇ。


購入時はぜひカラーもご検討あれ~ ♪




「百害あって一利なし」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

暑さ対策と平行して今年も奴をっ!


お久しぶりの、Zancudo(サンクード) J です。


ついにまた今年もこのカテゴリーの記事が出てくる季節到来です。

今のところ2015年はあまり夜戦をやっていないのもあり、そこまでわんさか
遭遇する機会はまだ経験しておりませんが、確実に朝夕マズメ時期にはプ~ンと
耳障りな音を立てて我らが人間様の血を吸ってやろうと近付いてきてます。

あっ、もちろんまだわたくしめ、日本にはおりませんがこちらのホテルで仕掛け
作りに疲れたらパラパラとこ~んな物を見ながらへ~~~&ほ~~~っと。







ハヤブサが展開するウェアライン“FREE KNOT”の春夏カタログ2015。


用途別に幾つかに分類されてる中でZancudo Jが注目するのは当然!

虫が止まっても、くっ付いて来ても、刺されにくく、逃げていく画期的な防虫
素材をメインで作られているウェア類“BOWBUWN - ボウブン”で、愛用
するシマノのモスシールドと全く同じコンセプトの素材が用いられております。

ハヤブサはシマノより防虫ウェアに対して更に力を注いでいるみたく、デザイン
もウェアの種類もたくさんリリースされておりいい感じ。印象的にはカジュアル
路線なデザインが多いって感じかな?


これからのシーズンは格好より何よりまず虫に刺されないウェア!ってのが
わたくしめの中では最優先となってきますので良さげなアイテムがあれば
どんどん導入していこ~と考え中。

シマノのモスシールド・ラインでLIMITED PRO仕様なんぞ発売してくれたら
最高なんですけどね~。(爆)

鮎釣りなんぞでも愛用されてるリミプロウェアですし、過去に一度だけ鮎釣りを
体験した事あるZancudo Jですが、川のほとりを歩けばおもいっきり茂み
からサンクードが飛来してきたのを覚えてますし、

絶対ニーズはあると思うんですが、、、


何はともあれ、天敵でもあるサンクードから身を守るため、今年もあの手、
この手を講じていかないとですねぇ、、、まずは帰国後すぐ、超~バタバタな
スケジュールになりそ~ですので、1秒でも無駄にしないよ~今から頭の中で
シュミレーションしていきましょう。




「バタバタって?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ハヤブサ「FREE KNOT・BOWBUWN フルフェイスマスク」


こんばんわ、Zancudo(サンクード) J です。



最近は日本国内におけるデング熱の感染拡大がトップニュースになるなど、
ますます身近に居るサンクードの恐怖が脚光を浴びる状態になりZancudo J
もこれまで以上に神経質になりつつあります、、、これを機にもっともっと
最新鋭の対策アイテム、ウェアが開発されたら超~ありがたいんですがねぇ。


さて、本題に入りましょう!

またモスシールド関連?また世界忍者戦ジライヤ?な~んて思われちゃうかも
しれませんが、今回は少し違います!ただ、違うと言ってもほんの少し、、、
根本的には同じ系列のネタになってしまうんですが、まっ、このカテゴリー限定
と思ってお許し下さいまし。(笑)


先日の事です。

前回の記事にも書いたよ~に今年のシマノのカタログからなぜか?モスシールド
のパンツが消えてしまっているので代替品を探すべくいつもの釣具量販店に
行くと、パンツより先に目に飛び込んできた超~魅力的なアイテムがっ!?





おっ、これって、、、と思った時にはすでに購入済でした。(爆)











ハヤブサ「FREE KNOT・BOWBUWN フルフェイスマスク」


この“BOWBUWN - ボウブン”ってのはハヤブサからリリースされている
シマノで言うモスシールド!

蚊を対象とした忌避剤を特殊なマイクロカプセル化技術で生地全体に同密度で
凝着させ、長期にわたりその薬剤を少量ずつ発散させることによって


● 蚊が嫌がって止まらない(嗅覚忌避)
● 蚊が着地しても刺さずに飛び去って行く(接触忌避)



といった効果を実現し、それと同時に従来の継続性、洗濯耐久性を向上!


と、まさにシマノが歌っているのと全く同じ文言!


要するに全く同じ技術が取り入られたウェアラインってことですわ~。


こちらの説明書きにも、洗濯により、少しずつ効果は低下していきますが、
従来品に比べると効果の持続性、耐久性を大きくアップさせることを実現。
試験では洗濯約20回後でも効果を持続させる結果を得ております。最終的には
効果は無くなりますが、その際は吸汗速乾、UVカット、高強度素材の機能
ウェアとしてご使用下さい。


と、これまたシマノのモスシールドと全く同じ文言!


ご覧の通り、頭からスッポリ被れるフルフェイスマスクになので脱着が容易かつ
、フロント部には世界最小のファスナーが用いられているよ~で、最も細く、
薄いファスナーで、あたりが少なく、視界を妨げない工夫を施してあるよう。


う~~~ん、“BOWBUWN”、使えそ~だ!




「いろいろあるなぁ」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR