FC2ブログ

シマーグァーの味 ♪ まるこめ酢&コーレーグス







台風7号の影響が出始めるデッドライン前日に出撃したので何とか穏やかな
コンディションを保ってくれていた戦場、、、だけど続いて梅雨前線の活発化が
控えており終日どんよりとスッキリしないお天気でした。

帰る途中、あちこちに咲いてたアジサイが咲いてましたよぉ。


前回に引き続き今回も午前中のみで切り上げてきましたので午後14時までには
帰還&荷物の片付けから活かして持ち帰ってきた魚を捌くなど夕方までに全て
済ましてしまう事ができ1日を有意義に使えたなぁ~と満足 ♪

FISH DINNERの前にまずお風呂に入って汗を流し、クーラーでギンギン
に冷えた部屋でゆっくりしてるとピンポーンとインタホンが鳴りました。


何奴!?


ではなく、は~い ♪ 出てみると見慣れた顔のクロネコヤマトの配達員さんが
今日は釣り道具ではなく段ボール箱ですよ~!と立っておりました。

彼らもこのエリアはこの数人が担当~みたく割り当てているのか?毎回見た事
あるよ~な人が運んできてくれる上、JCAの場合、重く嵩張るロッドケース
からクーラーなどしょっちゅう日本各地へ送ったり、送り返したりしてるの
もう覚えてくれているよ~ですわ。(爆)


箱にはamazonと書いてあった為、あれっ!?最近何か注文したかな?と
思い出しながらも送り元の住所を見ると東京都とあり名前もamazonではなく
個人名、あはは、わたくしめの友人からでしたっ。(笑)

もうこの時点で何が届いたのか分かったものの、それにしてはちょこっと
箱がデカくない!?って気になり早速オープン ♪





おおっ、お願いしてたブツ以外に美しいお皿までっ!?


実はわたくしめ、前々から気になっている調味料がありまして近くの沖縄物産を
取り扱ってるお店で探したりもしたんですが見当たらず、、、最終的にネットで
買おうかと悩んでいた矢先にちょ~ど会社の同僚家族が有給休暇で沖縄へ
旅行に行くと聞き、お願いしてたんですわ。

その2つの調味料とは、沖縄では日常生活において定番とも言える、





まるこめ酢&コーレーグス


あっ、ちなみにまるこめと聞くとマルコメ味噌を思い浮かべてしまいますが、
それとは全く関係の無い物で沖縄県内の各家庭でほぼ普通に使われている
お酢であり、また食堂ではまずテーブルに置いてある無くてはならない
定番の琉球調味料とのこと。

ただ、写真をご覧のよ~に2倍に希釈した合成酢で化学調味料や色素、香料など
を加えてお酢に似せて作られた物で純粋なお酢ではありません。いろいろ調べて
みるとこの合成酢なる物が未だメジャーに流通してるのは現在沖縄だけのよう。


面白いオチとしては、これだけ沖縄で昔から愛用されてきているまるこめ酢
ですから当然沖縄県内で製造されているはずと誰しもが想像するものの、
製造者はお隣県の鹿児島県出水市にある株式会社マグマという会社みたい!
ちなみにマルコメ味噌は長野県、、、

マグマって会社名もどこか熱いっすよね!(爆)







まるこめ酢とコラボさせて使おうとしているのがコーレーグスと呼ばれる手作り
島とうがらしで、沖縄の島唐辛子を泡盛に漬け込んだ沖縄特産の香辛料。

そばやラーメン、その他の麺類にお好みの量をかけてお召し上がり下さいと
ラベルには書いてありますが、わたくしめは麺類にかけるのではなくまた異なる
使い方をしよ~と!まっ、沖縄では日常的な事ですから全く珍しくもないん
でしょ~けど関西人にとっては非常に新鮮で初めてその使い方を聞いた時、
ぜひ試してみたいっ!と興味津々になり 仕入れるまでに至りました。


あくまでこれら2つの調味料を混ぜて使います。


しょっちゅう仕事で東京に行ってるJCAなので、また会った時でいいので~と
言ってたんですが旅行から帰ってすぐに送ってくれました!





そして超~ありがたい事に、FISH DINNER用にでも使ってよ~と
100%ハンドメイドガラス琉球ガラスの涼しげなお皿までお土産に
頂いちゃいました ♪ お造りの盛り付けにもってこいですよね。




「何に使うん!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今週から全国的に真夏日に!


日本の南に位置する夏の高気圧こと太平洋高気圧が今週から急激にパワーアップ
するみたく、昨日までは結構涼しい日々が続いてたのに今日から蒸し蒸し猛暑日
となっちゃいました。普通は梅雨明け宣言が出された後に猛暑到来!ってな
パターンになるのに今年は梅雨明け待たずに真夏の暑さと、この先想像した
だけでもゾッとしますわ~。

わたくしめの住む西日本では、現在のところ日中は30℃を超える時間帯が
あっても夜間は25℃前後予報が続いておりまだ夜戦となってもやれる範囲に
あるものの、これ以上暑くなって夜間も30℃を下回らない熱帯夜になると
暑すぎて作戦に集中できなくなります。


できれば熱帯夜になるまでに1回は行っておきたいなぁ、、、


ほら、少し前にラインだけはリールに巻いてたんですけど、、、結局台風6号の
来襲や悪天候が重なり部屋にそのまま放置状態。(笑)





そんなこんな言ってるうちに来週からもう夏の本番、7月ですし熱帯夜は
避けれなさそう、、、ああっ、確実に今年は出遅れております。


まっ、トラウトルアーなど新たにチャレンジし始めてるカテゴリーも今年から
真剣に出撃としてスケジュールに組み込んでってますし1ヵ月が30日前後では
足りなくなってきてるかも!?例年ならすでに2~3回は出撃してても良さそう
なキスの引き釣りもまだ一度も出れてませんしちょこっと複雑な気分。

お昼は自家製手打ちそばが有名なお店で夏の訪れを感じる天ざるを頬張ったん
ですが、天ぷら盛り合わせの中にキスが混じってて、あ~~~獲れたての新鮮な
キスも食べたくなってきたぁ~!とやりたい事だらけ。(笑)





どの作戦から取り掛かるか?は各戦場コンディションと相談してからにはなる
ものの、ここんとこ結構仕事が忙しくて思うよ~に出れないのが難点、、、
ただそんな事ばかり言ってるとシーズンそのものを逃してしまうので
少々強行プランになってでも出撃していこ~と思います。




「もどかしいっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

快晴の日曜日 ♪





六甲山系から甲山まで美しく見渡せる快晴の日曜日 ♪

今朝、午前9時頃に沖縄に記録的な大雨をもたらしていた台風6号が温帯低気圧
に変わりました、、、とはいえ単に構造が変わっただけで巨大低気圧には変わり
なく今後西日本から東日本に接近する予報。(泣)


今週辺りにでも大物投げ釣りの夏の風物詩?とも言うべきターゲットを狙いに
いけたらと考えていたJCAではありますが、急に発生&2日後には日本列島に
接近するとゆ~コースを取った台風6号のせいで全てがおじゃん、、、また日を
改め仕切り直しになっちゃいました。

昨日まで仕事で東京だったのもあり事前にラインの巻き替えなど準備も万端に
してあっただけに本当に残念で仕方ないものの、さすがに台風は自然現象ですし
、それこそこれからのシーズン次々とやって来ますからあきらめてこちらが
合わせていくしかありません。





久しぶりにバーマックス石鯛VA-Gを巻いてみましたけど、この艶めかしい赤色
が何とも言えませんよね~。ミロの必殺技、真紅の衝撃!スカーレットニードル
~って叫びたくなりますわ、、、あはは、なんせわたくしめ蠍座でございます
ので、、、って全く関係無いかっ!アンタレスはしばしお預けですわ。(爆)


今日は朝から晴れてしますし先日の函館遠征を最後にようやく我が家へ帰還
してきた'05スピンパワーを庭で綺麗キレイに洗って、続いてすでに水洗い&
乾燥させてあったパワーエアロ・スピンパワーにオイル&グリスを注入。

前回の遠征は特殊環境対応とゆ~ことで普段あまり使わない5号スプールを導入
してましたが、そろそろメインの3号スプールにもラインを巻いておかないと
いけないので午後からその作業に取り掛かろうかと考えております。









「またすぐ台風では?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

最終日は大シケで釣りが成立せず


午前1時前までは南南西の風7mが、1時間後には北に変わって夜明け頃には
北西の風14mに!?来る前から3日目はお天気が崩れる予報が入っていた
のである程度覚悟しておりましたが、

正直ここまでひどくなるとは思いもしませんでしたっ。(汗)


一応、午前4時にわずかな望みを持って戦場を見に行ってみるも海は大シケ!


それでも何か打つ手があるだろうと山越えして若干風裏になってるはずの
オホーツク海側へ行くと確かに釣りは成立しそ~な雰囲気だったものの、
半端じゃない程の濁りが入っており一面カフェオレ色、、、これを見て完全に
戦意喪失してしまったJCAは稚内市内中心部へ戻って超~久しぶりに
朝マックを食べて駐車場で帰還準備 ♪


帰りの飛行機は稚内空港を午後13時半でしたが、今回は身軽な事もあり北海道
のお土産をあれこれと頼まれていたので早めに空港へ向かうと、

予想通り強風の為に新千歳空港へ向かうか羽田空港に引き返す可能性のある
条件付き運航に!?そりゃ午後15時頃まで風速15m前後のままな上、北寄りの
風はここの滑走路対しては横風になる為、横風制限に引っ掛かる恐れがある
だろうなぁ~と朝から思ってましたけど、、、まっ、1本先に入ってくる新千歳
空港からのボンバルディアが何とか着陸してましたし大丈夫でしょう!

地方空港ですし当然ラウンジも無ければ待合ロビーのベンチも結構たくさん
人が居たのもありレストランに入って昼食&お茶となりました。





メニューは海鮮系の塩ラーメンがメインとなってましたけど、ど~もラーメン
って気分でも無かったのでもう1つの名物メニューと書かれたオオナゴの
蒲焼丼なるものを注文!

オオナゴってこちらでは船釣りなどでソイやヒラメを狙う際に使われるエサ
として有名ですしそれを食材にしてるなんて珍しい~と興味本位のセレクト
だったものの、これが想像以上にめちゃくちゃ美味しくてビックリ!?
ソイもヒラメもグルメやなぁ~って思っちゃいましたよ~。(爆)


その後、コーヒーを飲みながらぼ~っとしてると無事羽田からのB737が着陸&
空港内でも次便の搭乗が開始しされ、定刻より3分早めのプッシュバック。





離陸する前からすぐそこの海岸線を見てると大きなウネリを伴った白波が
押し寄せて大シケ状態、、、道北エリアの地図を見ながらこの稚内を起点に
考えた戦場となると北風が入ってしまうとどこにも逃げ場が無くなってしまう
なぁ~って実感しました。

波だけで言えば幾分マシな所は見つけれるかもしれませんけど、基本水深が浅い
サーフばかりなのと至る所で川の流れ込みまであったりするので即行濁りが
入ってしまう、、、今後来る時は相当天気予報にはシビアにならないと!


グラグラ大きく横揺れしながらの離陸。







視界に飛び込んでくるまで完全に忘れちゃってましたが、すぐ近くには投げ釣り
天国とも言える利尻島と礼文島がっ。

投げ釣りで北海道へ通い始めた頃は毎年必ず1回は行ってましたよね~、、、
懐かしい。魚影の濃さの抜群ならどこで竿を出しても秘境感溢れる風光明媚な
景色を堪能できて最高。また機会があればぜひとも行きたい離島ですわ~ ♪


帰りの機内では即爆睡モードになってしまい約2時間もあるはずのフライトも
気付けば羽田!?そのままスムーズに大阪ゆきに乗り継いで夕方には帰還と
なりました。北海道屈指の玄関口とも言える新千歳空港からレンタカーで走って
きてたら果てしなく続く単調な景色で眠たくなっておそらくまだ留萌にも
辿り着いてないよ~な気がしますねぇ。(爆)


そして夕食まで少し時間があったのでいつもの釣具量販店までちゃちゃっと
行って予約してあったブツを受け取って参りました ♪





番手によっては2ヵ月程前から店頭に並び始めてましたけど、残念ながら
わたくしめが注文していたモデルはメーカーからの出荷そのものが遅れており
少し前にようやく入荷した旨連絡をもらってたんです。

とはいえ、まだすぐに使うわけでもないですからゆっくり準備しましょうか。




「これって!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

あっという間にゴールデンウィーク終了





以前にも掲載した事があるよ~な気がするんですが、これら3つの船ハリス
、、、いずれもピンクカラーを特徴&売りにしているハリスで左からサンライン
のトルネードSVI、赤船ハリス、そしてダイワの船ハリス真鯛。


個々に見えてるとどれもピンクで大差は無いよ~に思えますし、またラベル
デザインだけで言えばおそらく赤船ハリスが最も濃いカラーっぽく感じてしまう
んじゃないでしょうか?これって面白い事にラインが巻いてあるスプール自体の
カラーでも見え方が異なってくるもので、トルネードSVIと船ハリス真鯛は
ブラック or 限りなくブラックに近いスプールに巻かれているのに対し、
赤船ハリスは白っぽさが強調されたクリアースプールに巻かれております。

でも実は最もピンクが強いのは3つの中でダントツ高価なトルネードSVIでして
、商品説明にもピンクハリスは魚から見えにくい波長を科学的に解明して緻密な
研究データー&実釣での釣果データーを根拠に作り上げたカラーと書かれて
おります。当然ながら他の2つに関しても同様の効果を期待できるよ~な
ニュアンスでのピンクカラーだとJCAは思っておりますがよ~く見比べてみると
ここまで違うもんなんだなぁ~と思っちゃいました。





同じサンライン製品もあってかトルネードSVIと赤船ハリスはピンクのベース
はほぼ一緒でSVIの方が濃く、赤船ハリスは薄い、、、それに対しダイワの方
はご覧になってもお分かりのよ~に少々パープル味が掛かっております。


正直、海底に仕掛けを這わした状態で魚を狙い撃つ大物投げ釣りにおいては
これら3つがカラーの違いにおいて差が生じるというのはまずこれまで無かった
上、理論的にも無いと考えております。

と、言いますのもこれらを船釣りで使用されておられる方々のインプレなど拝見
しているとやはりピンクカラーがその威力を発揮するのは濁り潮の時で茶系色に
なった潮の時はダントツ釣果に差が出るみたいですが、逆に美しいまでにブルー
で透き通る澄み潮時にはマイナスとなり釣果が落ちる傾向にあるそ~な、、、
そんな時はやはりクリアーハリスがベストになるよう。

これらの事を参考に考えると投げ釣りにおいては仕掛けが底に這った状態にある
以上、そこまでカラーによる釣果の差は出ないのかなぁ~と。ただ、ブラック
やそれこそ先日アップしてました砂色なるブラウン系カラーのハリスは海底の
砂泥色と同化できるのも然りでピンク、クリアー系よりはカラーの点においては
効果が期待できるカラーなのかな?とも思ってます。





あはは、でもまぁ、毎回最終的に書いてますけど、結局のところチモトの装飾
なんかと一緒でこれら全ては人間側の思い込みの範疇に過ぎず実際は魚に
聞いてみないと分からないんですけどねっ。(笑)

常にハリスが中層に漂う形で差し込む光の反射などにも影響される船釣りや
上物釣りに比べると遥かにシビアにカラーセレクトしなくても大丈夫な投げ釣り
、、、ただ、こんな事を考えながら対象魚に応じてハリスを使い分けていく
のも面白味の1つですし、たま~にこ~やって自宅にある同系色のハリスを比較
してど~ゆ~風に仕掛けに盛り込んでいこうか?考えるのも楽しいなぁ~と。


しかし同じ号数設定でもコーティングの違いなどで直線強度は大差無くとも
摩耗強度という点においてはハリスによってかなり異なってきますから
とりあえずこれら3つのピンクハリスは自身が感じた強度別に使い分けて
みたいと。4~5号のピンク・フロロカーボンハリスは主にカレイ作戦に導入中
ですのでトルネードSVIは一発大物を視野に入れてる事が多い遠征メイン、
そしてコストパフォーマンスに優れた残りの2つは数釣り目的の遠征 or
近場用かな?これプラス、針もしっかりコンディションに応じた形状の物を
セレクトして組み合わせてゆく、、、

まっ、これまでもず~っと同じスタンスなんですけどねっ。





そんなわけで仕事の合間?でもないけど空いた時間を利用して今日は新考案の
近場用仕掛けを試作してみております ♪


気付けばもう5月5日!?明日いっぱいでGWも終わりですねぇ~。


そろそろ各地でUターンラッシュが始まっている頃かな?

日本全国の高速から空の便まで何もかも混雑してそうですね、、、わたくしめが
仕事から解放された時にはすでに全てが平常に戻っているでしょ~から
気にしなくていいんですけど、今年のGWもあっという間でした。(笑)




「渋滞凄いよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR