fc2ブログ

シーガーオルガー


青森県で撃沈してきたマコガレイで作った煮凝り、、、自宅で作ってもらうのは
お初のディッシュで果たしてこんなゼリー状の物は保存ができるのか?

ネットで調べてみると冷凍保存も可能と書かれてありましたので今回は数個のみ
と興味本位で冷凍保存してみたんですが、いざ食べようと解凍してみると全然
普通にプルンプルンのまま解凍されました。(笑)







早速、解凍した煮凝りを適当に崩してから炊き立てご飯の上に乗せて頂いて
みましたが、これがまたビックリするほど美味しくてあっという間に平らげて
しまいました ♪ 煮汁の濃さからしてもアツアツのお湯やお茶などをかけて
お茶漬けにしても良さそうですし煮凝りって結構使えるかも!?


そんな事を考えてるとまたカレイが釣りたくなってきて、、、

とりあえず青森で使ったカレイ仕掛けの補充でもしよ~と釣具ドロワーを
ゴソゴソしてると、あれれっ!?こんなハリス、まだ残ってたんだぁ、、、







クレハ「シーガーオルガー」


ってゆ~かコレって何年も前に北海道の釣具店で見つけて買ってきたラインで
、元々ナイロン道糸として発売された製品のよう。

わたくしめはマガレイ作戦でオールイエロー仕掛けが作りたくてモトスやハリス
用に導入しておりましたが、いつの間にか使わなくなり、、、存在すら忘れて
しまっておりました。でも、購入した当時は4号と8号の2種類をそれぞれ
何個かまとめ買いしたものの、今ではこの4号が1個のみ残ってる状態、、、
何だかんだ言いながら使ってたんですね。(笑)


でもそんなに黄色い仕掛けって頻繁には使ってこなかったよ~にも思えるし
、、、なんて思ってるとありました、ありました!





8号は全てカレイ仕掛け用のモトスとなりストックBOXに収まってました。


ご覧の通り、まだこんなにも残ってますしやっぱりそんな頻繁には使って
なかった感じです。まぁ、タイミング的に他の新たな魚種もたくさん追い求め
ないといけなくなった頃でしたし、もしあのまま何も変わらず好きな作戦だけを
年間通してやっていれば完全に使い果たしてたはずですわ。

今、改めてモトスを手に取ってみると普通に良さげちゃうん?と思えてきて
、早速残ってる4号に針を結ぶ作業開始!


まずは仕掛け20セット分の針を結んでモトスに取り付け、個人的なこだわり
からエダスだけはピンっとした張りが欲しい為、オルガーではなく蛍光イエロー
のホンテロンで仕上げました。





オールイエローの吹き流し仕掛け ♪


当時はマガレイ作戦専用としてハリスを短めかつ段差バリにしたりしてましたが
、今回はスベスベな手触り&ナイロンとは思えないくらい直線性に優れた
オルガーの特徴を生かしてハリスも長めに取りましたから、今後は北日本に
おけるカレイ作戦をメインに幅広く使っていこうと考えております。

でも、オルガーはとっくの昔に廃番になってますので無くなったら終わりです!




「昔を思い出す、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

イエローリーフ


秋になるとあちこちでイエローリーフが見られるよ~になり、それを見て紅葉を
堪能したり、あ~~~、あっという間に今年も終わりに近付いてきたなぁ~
なんて実感するかと思います。





ってゆ~か、今は3月だしこれから暖かくなって春を迎えるって時になんで
秋なん!?あはは、完全に季節外れなネタになっておりますが、昨年の
11月頃に公園で見つけたこのイエローリーフ、おそらく真っ赤に紅葉する前に
落ちてしまった葉っぱになるんでしょ~けど、わたくしめにはビビッと!

インスピレーションを与えてきました。


んっ、単なる半分赤く染まったイエローリーフが一体のインスピレーションを?





逆に言えば、この落ち葉を見てインスピレーションを受ける人なんてあまり
居ないよ~な、、、でも、このイエローリーフのカラーリングがわたくしめの
ホームグランドも然り、食い渋ってきた時に絶大な威力を発揮する事が多く
必ずワレットの中には忍ばせてある定番カラー。

そんなホームグラウンドもコロナ禍の陥り2020年春までの営業を最後に
ず~~~っと閉まっていたんですが、ようやく昨年の12月1日より営業
再開となりました。めちゃくちゃ嬉しいですねぇ ♪


あくまで大物投げ釣りがメインなので12月はまだまだやりたい作戦だらけで
オープンと同時に行く事は無いだろうけど、水温が一年で最も低くなる2月以降
の厳寒期になると即行行ってみようと楽しみにしていたJCA、、、

事前に立ててたプラン的にはそのはずだったのが、2月になってもまだ宇和海へ
行ってみたり、福井県で尺アジが釣れると聞いて行ってみたりとよそ見ばかり
してるうちに気付けばもう3月の半ば!?

まぁ、どちらかと言うと釣り物が極端に少なくなる厳寒期にお茶を濁す感覚で
近年はやってるのでマストの作戦ではないものの、、、ハマるとこれまた奥が
深くて楽しい ♪ 更に美味しいFISH DINNERネタも確保できるし、、、

う~~~ん、


やっぱり行きたい!(爆)





はいっ、金属でできた小さなイエローリーフを持って久しぶりにホーム
グラウンドに行ってみますかぁ~!




「それってスプーン!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ブルーマーレ?


みなさんはブルーマーレというメーカーはご存知でしょうか?


わたくしめは今さっきまで知りませんでした。(爆)


いや、先日久しぶりに海の近くへ行く用事がありまして、ついでに新しく
なったフィッシングマックス武庫川店に寄ってみると良さげ、、、と言いますか
、コレで十分ちゃうん!?と思えるリーズナブルな磯竿を発見。

早速興味本位で購入してきて自宅でケースから出そうとする際に、それより
この竿ってどこのメーカーが出してるんだろう?ふと気になったわけです。









ブルーマーレ「Bay Max磯 遠投3-530」


何とな~くそうじゃないかなぁ~と思ってたんですが、調べてみると想像通り
フィッシングマックスのオリジナルブランドのよう。

実は少し前に福井県まで尺アジを狙って出撃した時に1本は遠投カゴ釣り専用の
ブルズアイ遠投3-520PK、もう1本は投げ竿のサーフランダー365DXを
持参するも、ど~してもあの釣りにおいては投げ竿では少々やり辛く感じて
しまい強い胴の反発力を生かして投げれるブルズアイみたいな竿の方が
シックリくるよ~に思い今回この竿を仕入れてみました。

最初は同じブルズアイをもう1本?とも考えるも、待てよ、、、今所有している
1本ですら滅多に出番が無いのに2本揃えても単なる宝の持ち腐れになっちゃう
のでは!?それに尺とはいえアジ釣りにブルズアイってゆ~のも、、、などなど
考えてるうちに竿の硬さと調子、長さがある程度似てるのならブランドには
こだわらず安価なモデルで十分ちゃうの?

そんな結論に至り、今手元にこのオリジナルロッドが。(爆)


あっ、もちろんまた出撃を企てているからこそ仕入れてきたわけで竿が揃えば
リールも準備しないと、、、いや、こちらは心配要りません!







わたくしめ、リールのブルズアイ5050は以前から2台所有しておりますので
ウキ止めを取り付けるだけで準備完了。


最後はエサとなるオキアミの準備で、

オキアミレンガに海水を混ぜてポンとどんぶりカゴを投入&持ち上げれば中に
エサが入ってるとゆ~便利グッズの吸い込みバケツが使えるなら楽チン
だったものの、この作戦ではそれなりにキャストするのもありエサがすぐ
飛び散らないよう、また海中で少しずつ散ってゆくよ~にする為に粘りっ気を
持たすのがたくさん釣るコツだそう。

その粘りっ気を出す為に用いるのが集魚剤でこれらを溶かしたオキアミに
混ぜて作ってゆきます。グレやチヌなど上物を狙われる方々にとっては定番の
流れだと思いますが、あはは、わたくしめにとってはどこか新鮮!?





そう感じてたのは袋を開封する前までで実際に作業を始めると、


くっさ~~~い!


嘆きながらの時間に、、、オキアミはエビですからすぐに慣れるのかも
しれませんけど、まだまだわたくしめは免疫不足!?ある程度粘りっ気が
出てきたら即終了でございます!(爆)




「また食材確保に?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの身質


戦場から出発した直後から暴風雪となり日帰り温泉に到着する頃には黒い
アスファルトが出ていた路面も真っ白に、、、短時間でもこんなになるんです
からそりゃ1日も降り続けばあっという間に除雪が必要なレベルの雪景色に
なっちゃうのは当たり前の事ですよねっ。





冷えた身体を温泉で温めてから中にあるレストランで地元の食材を使った
ランチを ♪ メニューに人気ナンバー1と書かれてあったディッシュは
メンチカツとステーキがコラボした丼で気になって注文。

小川原湖牛なんてブランドがあったんですねぇ。(笑)


お味の方は、、、うん、非常にボリューム満点、そしてとてもジューシーで
美味しかったけどタレがかかってなく調味料はテーブルに置いてある普通の醤油
or ソースってのがちょこっと物足りなかったかな?せっかく贅沢な豪華な
ディッシュですからタレもオリジナルで作り込んであったらもっと最高かも。


その後はクロネコセンター経由で青森空港に戻るも、北海道エリアの雪の影響で
わたくしめらが乗る予定だった機材が大幅に遅れてラウンジで長時間時間潰し
する羽目に、、、ひたすら青森のリンゴジュースを飲みながらボ~~~っと
、、、結局、40分近く遅れ機材が到着したものの、全便のお客さんは10人以下
だったみたく即行清掃など準備が終わって出発は定刻の20分遅れまで短縮。











強い追い風が功を奏したのか淀川上空に到達する頃にはほぼ定刻通りとなり
、大幅な遅れも生じず伊丹空港に着陸。


さてさて、以上で青森遠征は終了となりますが、撃沈したマコガレイたちは
ど~やって食べようか?今から考えておかないといけません。

毎年この時期に撃沈してくる個体は産卵を終えてた後で身が薄く水っぽい印象
があるんですが、今回に関しては撃沈直後に白い液をドピュッと出すオスが
多く見られ、それらの身は厚くまだ筋肉質!もしかすると今年は産卵が少し
遅れてるのかも?とO本先生と話しておりました。

わたくしめの方は昨年にお裾分けした友人らからまた今年も行くならぜひ
欲しいと言われていたのもあり、必要分だけ取って残りは現地のクロネコ
センターから2ヶ所へ発送。


持ち帰ってきた魚たちは早速捌かれて只今冷蔵庫内で待機中 ♪

実は遠征2日目の朝、戦場でO本先生が数匹分を捌かれ、それらを使って
キノコとホイル焼きや煮付けを作って食べたんですが、煮汁がしっかり浸み込む
よ~にと夜に作ってから外で冷やしておいたら煮付けがご覧の通り
煮凝り状態になってたんです!?





煮凝りができるまでの脂が乗ってる個体ならどんなディッシュにでもできそう
じゃないです?とりあえず生食するなら地元明石界隈で獲れる個体がいいので
加熱ディッシュをメインに考えており、フライや天ぷら、その他にこの煮凝りを
また作ってもらうのもいいかも~ ♪

薄っぺらく水っぽい身質ならフライや天ぷらくらいしかベストと思えるよ~な
ディッシュはないけど、今回の身質ならもう少し選択肢も広がりそうです。




「小川原湖牛?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アポロ12号!?





本題に入る前におもむろに竿を2本セレクト。

でも、1本は投げ竿ちゃいますやん!?そして投げ竿の方も所有しながらも
滅多に使う事がないライトな並継竿ですし、一体何の作戦に使う?

実は選んだわたくしめ自身も果たしてこのラインナップでいいのか?正直
分からないところだらけなんですが、まぁ、そこそこの距離を投げれたら
オッケーらしいので何とかなるでしょう。(爆)


続いてリールはどれにしよう?


これらにパワーエアロみたいな大型投げ用リールをセットしちゃうといくら
三脚に置いての作戦とはいえアンバランスな組み合わせ、、、一応、サーフ
ランダーはそこまでの遠投を求めずお手軽にキスの引き釣りをしたい時用に
購入した趣旨もあり、セットで一回り小型のスーパーエアロ・サーフリーダー
CI4+30があります。

となると、もう一方のブルズアイには何をセットしましょう?悩み始めた矢先に
、そ~いえば同シリーズのリールも持ってたのを思い出し早速出してきました。







ハマフエフキ作戦用にも愛用しているブルズアイ。

だけどあっちは12号スプールの9120モデルで今回出してきたのは
5号スプール仕様の5050。

ふと思ったんですが、このモデルって投げ釣りに使った事あったっけ~、、、
覚えてる限り近場でタチウオのウキ釣りで使ったくらいしか、、、あっ、
相当昔に愛媛県の九島で足下直下でキュウセンを狙ったりしてた時に
使った覚えがありますわ~。(爆)

巻いてあったラインも外して保管してありました。


リールのみならずブルズアイシリーズは竿も一緒ですが、再び使う日がやって
来たのはちょこっとした釣果情報に興味を持ったから。その情報に惹かれて
いなければ、おそらくまだず~っと釣り道具部屋の片隅で眠り続けていたはず。


これで竿とリールの組み合わせは決定しました!


前置きがかなり長くなっちゃいましたけど、ここからが本題で、近くの
釣具量販店を何店舗かハシゴするもどこにも取り扱いが無く急いでネットで
ポチッとしたアイテムが何とか間に合って届いてくれましたっ。

そのアイテムこそタイトルにあった通り、







サニー商事「アポロ12号」


月面着陸がど~こ~のアポロ12号ではなく、ご覧の通りウキでございます。

コレが飛距離も出て使い易いと釣果情報を教えてくれた相方から伺いまして、
探してみるもど~やら地元エリアではあまり使われる事が無いのか?見当たり
ませんでした。こちらの商品は夜用と昼用の2種類がラインナップされており
、わたくしめがゲットした方は竿先ライトなどでも使うリチウム電池
BR425で4枚に翼の中央部にあるライト部が点灯する仕様。

商品説明には絡みにくい埋込式、視認性の良い後退翼、飛距離とアタリが
よく出るスリムボディとあり、パッケージのラベルにもいかにも我ら投げ釣り師
が惹かれそ~なフレーズ、長弾道遠投用電気ウキと書いてありますねぇ。


スゲ~~~!(爆)







「長弾道遠投用!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア