久しぶりにリールを購入しようか検討中


それは今年の1月のこと、、、長年愛用してきた?いや、未だバリバリの現役
ですので愛用してきているとあるリールをシマノの通常オーバーホールではなく
、ちょこっとしたコネで紹介してもらったあるリールメンテの鉄人の手により
徹底的に分解&メンテして頂きました。

わたくしめ個人のフィーリングとしてはハンドルの巻き具合に少々違和感を
感じるかなぁ~?でも全然問題なく使えてるしこんなもんだろう、、、程度と
思ってたんですが、実際にバラしてみるとピニオンギア始めありとあらゆる
部位に至るまで相当な劣化が見られ全て新品の部品取りをして交換&更には
買った時以上にスムーズな巻き心地にまでチューンアップしてもらいました。

その方からは多少荒っぽく使っててもここまで劣化はしないはずだし一体どんな
釣りに使っているの?とまで聞かれたくらい、、、要するにこのリール自体が
受け止められる負荷の許容範囲を超えた結果もたらされた劣化だったよう!


これはあくまでリール内部の劣化についてで、当然ながら外部!ベールや他
損傷気味の部分も多々見受けられますし、それより何より物の扱いが雑なJCA
ですから至る所にキズが入りまくりなのは当然の事!(爆)


まっ、キズに関してはリールは消耗品と考えている為、しゃ~ないとあきらめて
いる所はあるものの、急に内部のギアなどが馬鹿になってしまったらその時点で
アウト!またこのリール自体が常に酷使されるよ~な過酷な環境下にあるなら
そんな事も想定しておかないといけないよ~とアドバイスを頂いたのもあり
予備?という意味合いも兼ねて久しぶりにリールを補充しようかと検討中で
ごじゃいます、、、どれにしよ~かなぁ~?とねっ。

スペック自体が最高峰に迫る強靭なモデルにするのもありだけど超~が付く程
荒っぽい使い方になるのは目に見えてるしさすがにもったいない!?それなら
現在愛用中のモデルと同じ物を?と考えても今はすでに廃盤になってて
全く同じのは入手不可能、、、はたまたシマノからちょびっと浮気しちゃって
他のメーカー製品を試してみるってのも新鮮かも?などなどいろんな事を
考えている今日この頃、、、悩みますわ~。


ちなみにその分解&メンテ、チューンアップまでしてもらったリールはこちら、







「XT?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

45L磯クールのマジックテープ部の修理


次、自宅に戻ってきた時に必ず修理しようと思っていた磯クール、、、

ちょこっとした理由から主に東北~北海道遠征専用にしている45Lモデル
なんですが、上フタを留めてある2ヶ所のマジックテープが完全にバカに
なってしまいどれだけ念入りに掃除しても、強く押し付けても即外れちゃう
よ~に、、、挙句の果てにはいつもの釣具量販店に頼んでシマノのアフター
サービスに問い合わせてもらうも修理不可能という返答、、、要するにダメに
なったのなら新しい物に買い替えて下さいって事ですわ~。(泣)

ここんとこ東北~北海道方面の遠征が続いていた為、この磯クールも常に
北日本のクロネコセンターを転々と旅しておりなかなかじっくりメンテできる
機会がなかったんですが、この度ようやくそのタイミングに恵まれました。


戻ってきたばかりのお姿、、、ある程度払ったはずなのに砂まみれ!







ご覧のよ~に先日の六ヶ所村で表面のみならず隙間とゆ~隙間までルナサンド
こと青森砂まみれになってのでまずは外で入念ではたいてからお風呂に入れて
じっくりお掃除~ ♪ 結構こびり付く性質があるみたいですからブラシで
ゴシゴシしながら綺麗キレイになって頂きましたっ。(笑)

そしてしっかり数日かけてしっかり陰干し後、一旦別の業者で修理できないか?
と何軒かマジックテープ部の修理をしているお店に見せて回るもやはり特殊な
作りとゆ~ことでどこも不可能との返答、、、だからと言って何とかしないと
最悪、上フタを開けただけでマジックテープ2ヶ所とも外れてフタが落ちて
しまうのでそこに爆風なんぞが吹いてたら吹っ飛んで行ってしまう恐れもあって
危険、、、なんせこの45Lは上にも書いてましたけどほぼ東北~北海道遠征
専用になっている為、それこそ瀬棚や六ヶ所村みたく爆風戦場ばかりですから
なおさら何とかしないといけません!


ど~しよ~か?ホームセンターで専門の店員さんに聞いたり、ネットなどで
あれこれ調べてくうちにマジックテープの付いたストラップを切らない限り
二度と取り外しができなくなるけど完全に固定できる方法が浮上し ど~せ
上フタを取り外すといったら丸洗いする時くらいで別に取り外せなくても
全然問題無しですから早速その固定案を採用することにしました。

早速ホームセンターで仕入れてきたのがコレ、







接着剤では最大手でもあるコニシ株式会社から発売されているボンドEセットで
、簡単に言えばエポキシ樹脂系・化学反応刑接着剤!これは2液混合型で
A剤とB剤の2種類を混ぜ合わせる事により硬貨するボンド。

瞬間接着剤では固まっても耐性が弱く力が掛かるとすぐまた壊れてしまったり、
固まった部分が白くなったりするのに対しこちらは絶対的固定効果が望めるよう
、、、これ以外にも同じ種類でたった5分で硬化します~みたいなエポキシ
クイック5など幾つかバージョンが出てましたが、このEセットが最も耐水性、
耐久性に優れているようなので迷わずこちらを~ ♪


90分で硬化開始し、固定時間は8時間以上&実用強度は10時間後と書かれて
ますが、硬化段階では低温に弱いみたく温度が5℃以下になると更に完全硬化
まで時間が掛かる模様、、、ちなみに最も早く固まってくれるのは夏と裏面に
書かれてありますが、まっ、とりあえず最低2日間は放置することに。

下にあるよ~に全くと言っても過言で無いくらい引っ付かなくなったマジック
テープ部に先程混ぜ合わせたボンドを塗ります。













凹凸面や隙間の多い個所の接着をする場合は両面に塗るとのことで写真のよ~に
両面にしっかり塗って貼り合わせ 変に動いたりしないように上からテープ
を貼っていざ2日間放置です!

両面に塗ってある事から当然ながら貼り合わせた途端にサイドからトロ~リ
はみ出してくるので、ヘラで適当に取りつつ&そこまで超~キレイに~みたく
こだわり過ぎずそこそこで終了~。

こだわり過ぎても基本使い方が粗いJCAですしねぇ、、、(爆)







後は目立つはみ出しを取り除けば完成で~っす ♪


あはは、微妙に塗る時に垂れた分が周りに付着してますが、相当頑丈に硬化
しちゃってるのがお分かりになるかと!また、硬化後の体積収縮が少ないとゆ~
のが売りなだけに結合部も一切痩せてもおらずカチンカチン状態ですわ。

これで当分安泰かな?まっ、これでもダメならその時は新しいモデルに
買い替えるとゆ~ことにしましょう!いや~、それにしても幾つかシマノの
磯クールを所有しておりますけど、こんなにすぐダメになったのはこれだけかも
!?他のは更に古いモデルでも今も全然問題無く現役続投してますしねぇ。




「ここまでやったか~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

'05スピンパワー生還?


JCAが経験した中では過去最強クラスの爆風と戦った先日の瀬棚東沖防波堤
、投げ釣り戦記にも書いてましたが、わたくしめが愛用している第一精工の
サーフ三脚ではどう頑張っても太刀打ちできず突発的に舞い上がる上昇気流に
乗って何度もなぎ倒されました、、、まっ、三脚に関しての対策は他にも何種類
か持っている為、それらを導入すればいい事なんですけど、、、それより何より
やはり爆風レベルによっては潔くあきらめるってのも今後はもっともっとシビア
に考え視野に入れていかないといけませんねぇ。

いや~、ほんとこ~ゆ~ケースが遠征における最大のデメリットで飛行機、
レンタカー、宿、そしてコラボの約束など様々な事情が絡み合ってて直前で急遽
予定を変更する事が非常に難しいのが挙げられます、、、さすがにこれだけは
自然相手ですからしゃ~ないんですけどねっ。


さて、その戦場において三脚もろ共なぎ倒された際に'05スピンパワーの
1本がケーソンのどこかに激突したのか?一体どんな力が掛かったのかは
よく分からないものの1番と2番の連結部が過剰に引っ張り出された形になって
固着、、、どうやっても収納できなくこれじゃロッドケースにも入らないので
仕方なしにそのまま渡船に乗せて帰還。

港に戻ってからも尻栓を外してゴンゴンとチャレンジするもこれ以上無理に
やっちゃうと竿自体を破損する恐れがあったので最寄りの釣具店に持ち込んで
シマノへ直送してもらう事にしました。

送り返し先をわたくしめの地元のいつもの釣具量販店でお願いしつつ、個人の
連絡先などお伝えし大阪へ帰ってきたわけですが、なんと翌日即電話があり
一晩特殊な専用液に浸して何とか固着を外す事ができましたと!





そして2日後にはわたくしめ宅へ戻って参りました ♪


何て言いますか、、、今まで何度か他の竿でもこのよ~な重度の固着を経験して
おり、いつもの釣具量販店のアフターサービスに持ち込むもど~にもならずに
結局メーカー送り、、、ってなパターンが多かったので正直驚いたのとすぐに
戻ってきて良かったぁ~、、、本当に助かりました旨伝えましたっ。


今もなお、最前線で戦ってくれている'05スピンパワーたち、

よ~く考えれば2005年リリースですからもう12年選手!使用頻度が非常に
高い上、使い方が粗いJCAですから当然塗装もあちこち剥げてボロボロ、、、
それでもなお現役とは凄いなぁ~と改めて実感するも実際のところこのモデル
以降リリースされたシマノの竿はど~も同じフィーリングを得れる物が無い
とゆ~か?違うんですよね~、、、個人的にはこの'05スピンパワーや同時期に
発売されているブルーのプロサーフなどが最もしっくりきております。







だけどさすがにそろそろこれに替わる竿が欲しいもの、、、いや、厳密に言えば
先にも書いてましたがやはり近いフィーリングが得れるよ~な竿ですよねっ。
それを毎年期待しつつフィッシングショーなどにも足を運ぶもののご存知の通り
近年シマノは投げ釣りに力を入れなくなっているのか?大物投げ釣りに限って
言えば目ぼしいタックルは出そうな気配すら無し、、、キスの引き釣りの方が
断然スマートかつ人気がありますからあきらめるしかないっ?

そんな中、ダイワの方が毎年なんやかんやで投げカテゴリーもモデルチェンジ
したりなど新製品をリリースしてて魅力的 ♪ 頑張ってるのがヒシヒシと
伝わってきます。ここまで何年も目ぼしい選択肢がリリースされない状況下、
ず~っとシマノフリークであり続けようと考えているJCAもダイワのタックルも
一度本格的に揃えてみるものいいかも?な~んて浮気心がたま~に出ちゃったり
、、、つくづく悩む今日この頃でごじゃいます。(笑)


あっ、そ~だっ!ちょこっと興味を引くかもしれない?ネタをど~ぞ ♪









「北!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

煮付けはしばらくお預け!?


三尾で撃沈してきたババガレイは言うまでもなく即行煮付けにして食べたかった
、、、のですが、帰り道にこちら方面に来る時はほぼ必ず立ち寄るラーメン屋
さんがありそこで夕食を済ませてから帰還、そして帰還後はまた別の約束で茶~
しに出掛けて遅くまで、、、更には翌朝から海外出張が入っていた関係で
しばしお預けになっちゃいました。

一応、戦場にて血抜き、エラから内臓まで全て処理してきてあったので真夜中の
作業になってしまったものの主にヌメリ&ウロコを落とすだけで完了 真空
パック冷凍にしてから就寝 出張に出て参りました。











仕事が一段落して滞在先のホテルでぼ~っとしながら、出張に出て来る前に
済ませておかないといけなかったリストを見直しながら抜けが無いか入念に
チェック、、、ちゃんとリストを作成しておかないと忘れますからねぇ。(笑)


① 嵩張る荷物をまとめて送る → OK

② 専用仕掛けの補充 → OK

③ 航空券&レンタカーの手配 → OK

④ エサの手配 → あっ!これだけはまだだった~と慌ててラインで注文。


他にも幾つかやる事リストがあったものの、投げ釣りに関しては以上かな?

のエサの手配に関してはギリギリでも何となりそ~な上、むしろ生き物
ですから直前に受け取って鮮度の高い物を持参した方がベターですが、残りの
3項目については事前にやってしまっておかないと直前になってだとバタバタ
かつ最悪手配できない物もあったりするので最優先事項ですね。

仕掛け補充は自宅のみならずこちら出張先にもちょくちょく持ってきて作業して
いるJCAだけど、今回だけは疲れが溜まっていたので睡眠を優先すべく持参
しておりません。どこかで疲れを取り除いておかないとねっ!





昨日は雨が降ってたけど朝になったら止んでたのでブラ~~~っと散歩にでも?
と一瞬思うもやっぱや~んぺとなりホテルで朝食を食べた後は再び部屋で
ゆっくり、、、時差もありますし無理は禁物ですわ。

そうそう、超~しょ~もないネタになるんですが、ホテルのフロント横にある
観賞用の水槽、、、不思議にも中の熱帯魚を眺めてると癒されます ♪
残念ながら今回は見つける事ができなかったんだけど、いっつも謎の白い?
ホウボウみたいなのが泳いでて気になってしゃ~ないんです。(爆)





今思い出せば先週末で結構吹き流し仕掛けを使ったのもあって上のに書いてた
専用仕掛けとは別にこちらも補充しておかないとすぐ出撃できませんから
帰ったらまたバタバタになりそ~な予感、、、




「暇よりマシ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2WAYベスト、トップガンTV、塩イソメ?


昨年、2016年に3年ぶりのデザインリニューアルとなったリミプロ・ライン
のフィッシングベスト、一新されてまだ1年ですからしばらくは何も変わらず
継続されるだろうと思っているとTFイエローなるビビッドカラーが追加
されましたねぇ!?ちなみにイエローはわたくしめの天敵でもある蚊といった
虫が寄ってくるカラーでもありますから真っ先に候補から除外されちゃいますが
、他の2色のうちどちらかはゲットしようと前から思ってました。

実は昨年注文するタイミングを間違えてしまい鮎シーズンが終わってから
探し始めたのでメーカー生産分は底を尽き次の生産までお待ち下さいと。

そんなのもあり今年は絶対初回生産分をゲットすべく昨年末より注文を入れて
本日!入荷したての物を受け取って参りましたぁ ♪







シマノ「VE-011P」


そう、品番記載には意味があります、、、


「Windstopper 2WAYベスト・リミテッドプロ」


どの製品取ってもとにかく長いっ!リミプロ・シリーズの典型的特徴とも言える
ネーミングの長さは単なるフィッシングベストにおいても健在でちょこっと
笑けてきちゃいます。まっ、ほ~んと単なるフィッシングベストですから
“壮麗×進化”と書いてあってもめちゃくちゃ目立って変わった所は無く
ポケットの構造が少々変わってたり、ファスナー部がより開けやすくなったり
くらいでしょうか?Boaクロージャーシステムはありがたいっす ♪

これからの暑い時期にとなるとシルバーゴールドの方が涼しげ?にも思えるも、
店頭で実際に2つを見比べてみると断然ブラックゴールドが際立っており
迷わずこちらをチョイス。(笑)


ついでなんで下の階も物色してみよ~っとウロウロしてるとたまたま目に
飛び込んできた?と言うか、

あっ!そうだった~と思い出して仕入れてきたのが、





タングステンシンカー!


できれば30号が数個欲しかったんですけど店頭にはこの27号が2個と
35号しかトップガンは無く、あとは同じタングステンシンカーでもフロート
シンカーばかり、、、しゃ~ないので30号を5個取り寄せしてもらった上で
一応27号は全てゲットして参りました。

先日作ってました先オモリ仕掛けにと思ってますので、天秤タイプではなく
シンカー単体でないとダメ!こちら本州では専らこれらはキスの引き釣りで
遠投したい時などに用いられているのもあって天秤タイプの品揃えの方がどこも
圧倒的に多いんですよね~、、、いざ必要となると物によってはなかなかすぐ
入手できなかったりするので必要かも?なら早め早めの仕入れがベスト。


あと、これも先日の記事で書いた事になりますが、早速アオイソメをまずは
1キロ購入してきて塩エビ粉&プラスαの配合でしっとりめの塩イソメを ♪





今のところ少なくてもあと2~3キロ分は作っておきたいと思ってますので
暇を見計らってはちまちまと準備していきましょ~かねぇ。

一度にまとめて作ろうとすると毎回すぐ億劫に感じちゃうJCAですから
1キロずつ日にちを分けて量産していく方がスムーズにできそ~だし、使用する
アオイソメの太さなどもその週によって若干異なってたりしますからあくまで
地道に~のペースが一番バランスが取れてそう。(笑)




「着実に、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR