FC2ブログ

カレイ段差バリ仕掛けにバージョン追加


昨日までの海外出張では珍しくいつもより長めの滞在期間があった為、夜の暇な
時間を利用して久しぶりにカレイ仕掛けの改良?をおこなっておりました。
まっ、実際は改良と言う程大げさなものでもなくベースとなる段差バリ仕掛けの
モトスの号数と段差ハリスの長さ配分を微妙に変更しただけなんですけどねっ。


まず普段はフロロカーボンの7号を用いてるモトス部を更に軽量化すべく
ナイロン6号に変更し、戦場によっては遠投が求められるので長さも砂ズリ
40cm(3本撚り)+30cmの70cmとややショート仕様に。

あっ、ちなみにベースとなっている仕掛けはわたくしめのHPの方に詳しく
掲載してますのでそちらをご覧くださいまし。(笑)





どのラインをセレクトしようか?悩むも、やはりやや硬めで程良い張りが
ある定番の銀鱗6号がベストマッチかなと。

あとHPではモトスとハリスとの連結部となるローリングサルカンは4号、そして
その結び目を保護するゴムパイプは中サイズを用いているのも、ここでは共に
2サイズ小さくして軽量化を図っております。

まっ、HPに掲載している方があくまでメインで愛用する仕掛け形態でして、
主に40~50cm以上の大型サイズを狙う仕様!逆に今書いている改良
バージョンは同じカレイ作戦でも中型までの数釣りを視野に入れた仕様と
狙いの根本から異なっているんですわ~。


そして段差ハリスの長さ配分が最も異なっている所でして、


ハリスの号数は下手に落とさず長い方をフロロカーボン、短い方をエステルの
いずれも4号を使用しているものの、長い方を22cm、短い方を11cmと
通常なら5cm前後しか作っていないのを10cmと大きめなギャップ設定に。







チモト部の装飾類もできるだけコンパクトかつ軽量&空気抵抗の少ない
スマートシェイプを意識して仕上げてみましたっ。

正直なところ軽量化やら空気抵抗をどうこう言うなら当然、装飾を一切付けない
のがベストになるんですが、カレイ作戦においては装飾の重要性を重んじる
わたくしめとしてはそれが特に数釣り仕様の仕掛けとなれば入れずには
いられませんのでねぇ。(笑)

お気に入りのルミックスダンサーもティンセル類の付いたティンクルスペシャル
ではなくノーマルバージョンの方が軽量ですのでこちらをチョイス。


ちょ~ど昨年の乗っ込み時に段差バリ仕掛けを数セット消費したのもあり、
その補充のついでに以前から考えてたこのバージョンを作ってみたわけですが、
あくまでベースとなってる仕掛け形態は一緒なので写真を見てるだけでは
HPのとそこまで変わった?よ~には見えませんねぇ、、、トヨタ車で言えば
ヴェルファイアとアルファードの違いって感じでしょうか?(爆)





コンセプト的には、HPの大物狙い仕様は2本の段差ハリスを用いてとにかく
エサを大きく、塊状に見せて2つまとめて食わせよ~とするのに対し、今回の方
群れで固まっているカレイを2本それぞれの針に1匹ずつ掛けたいという
狙いかな?その段差ギャップ数値がこれまでの実釣データーを基に算出
すると最低でも10cm以上となったわけです。

相手も生き物ですから絶対という値は無いものの、JCAの持つデーターの中
では段差ギャップを8cm以下に設定した場合は大小サイズ問わず2本丸飲み
or どちらかの針のみに掛かっており、9cm以上になった途端同時に2匹
釣れてる回数がグーンとアップしているんです。なので9cmという数値に更に
1cmプラスして最低10cmのギャップなら完璧かなぁ~と。

あはは、傍から見てるとなんとまぁ~しょ~もないこわだり?に思われちゃう
かもしれませんが、こ~やって自分の持つ実績データーと照らし合わせて
新しい仕掛けを創造したりいろいろ改良していくのがまた仕掛け作りの醍醐味
だったりするので面白いですわ~ ♪


今回で20セット作りましたから今シーズンは十分持つかな。




「微妙な違いやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

遠投を意識した?カレイ仕掛け


もう時期的に産卵に入って食わなくなった?イコール、乗っ込みシーズンも
そろそろ終了では?という不安要素を抱えながら臨んだ先日のコラボ出撃
、、、貧果覚悟で臨んだつもりが予想に反して42cmのマコガレイを頭に
合計6枚と非常に嬉しい釣果に恵まれました ♪

その42mの個体はカルパッチョの素材として使いましたが、やっぱり和風な
お造りも食べたくなって2番目に大きかった?肉厚だった個体を使って
お決まりの姿造りに~!









今夜も贅沢なFISH DINNERとなりましたよぉ。


結果だけ見てると戦場一帯は高活性にあったよ~に思えますが、

実は遠近どこでもアタリが出たわけではなくかなり頑張って遠投してた距離帯
のみアタリが集中し、同時にその付近に1本大きく掘れた溝らしき物が存在する
事が判明!あの時はたまたまだったのかもしれませんけど、

確実にこの溝に群れが溜まってたよう。


今思えばこれこそカレイ作戦の基本セオリーにはなるんですが、一見渋いと
思われても丹念によ~く探っていけば群れが溜まっている所を発見できる or
今回のよ~にまだ食い気のある個体に出会えるなど可能性が広がる事を
改めてリマインドさせられた気がします。


そこで!





久しぶりに遠投を意識した仕掛けをさっきから作っているJCA。

日本全国どこの戦場においてもカレイ作戦では遊動式L型天秤に吹き流し仕掛け
をセットして~という戦い方がわたくしめの定番スタイルで、超~遠投が必要な
時には力糸 仕掛け シンカーという順に直結された北日本などで愛用
している先オモリ遠投仕掛け&塩イソメのコンビネーションが登場します。

じゃあ遠投が必要ならこの先オモリ遠投仕掛けを使えばいいやん!ってなります
けど、ど~しても魚影がそこまで濃くないエリアにおいては吹き流しスタイル
の方が圧倒的に食いが良いと感じているわたくしめですので、こ~いった場合に
都度、専用の仕掛けを作るって感じにしております。


特に今回みたく地元関西圏で使うとなればエサ取りの状況によっても大きく左右
されるものの、塩エサのみならず活きのいい生エサも遠投できる仕掛けが理想的
になってきます。その部分を考えると直結スタイルの先オモリ仕掛けは生エサ
にはちと不向きで、先にシンカーが来て、その続きに仕掛けが延びるL型天秤
仕様の方がベター、、、そしてL型天秤も遊動式と固定式を比べると遥かに
固定式の方が距離が出せる事からこ~ゆ~状況下ではキスの引き釣りなどで
定番のデルナー天秤をJCAは愛用する傾向にあります。


遠投に特化した仕掛けに求められる3大要素はシンプル構造短い
軽いでこれらの要素を追求すればする程遠投性能は上がります。

極論を言ってしまうと1本針のショート仕掛けがベストなんでしょ~けど、
ど~してもわたくしめ、、、よほど届かないっ!って戦場以外ではカレイ作戦
となると2本針スタイルを好む上、特に地元関西圏じゃ2本針でも段差ではなく
エダス&ハリスの関係みたくそれぞれがある程度離れた位置に設けられている
構造にこだわってしまう為、3大要素を念頭に置いて設計してもなかなか
妥協点が見出せなくて毎回悩んでおります。(爆)







まさにここまでくると単なるアホ?しょ~もないこだわりの塊になっちゃって
ますが、一応今回は普段愛用しているオーソドックスな吹き流し仕掛けの
それぞれの区間(砂ズリ、砂ズリからエダス基部まで、エダス基部からハリスの
連結点まで、ハリスの連結点から先バリまで)の長さ配分からマイナス10cm
にした設定にし、さすがにエダスだけは最低8cm以上は欲しい事から
8cmにして作ってみましたっ。

モトスも通常より1号下げたフロロカーボン7号でハリス&エダスに関しては
ヒガンフグなどが多い事からナイロンやエステル素材より擦れに耐久性のある
フロロカーボンをチョイスし、ここも1号下げた4号設定。やろうと思えば
モトス含めまだ号数を下げる事も可能でしたが飛行時の絡み、糸撚れ、そして
ヒトデなどが掛かった際に付く撚りなどを想定するとこれ以上は下げないで
おこ~と、、、また、エダス基部と結び目の保護に使うパイプも最小限の長さ
にした上で軽量な物を用いております。

最後に針もマムシが有効な戦場となればアオイソメの房掛けより遥かに
飛距離が出せるメリットでもあるので、それに特化した軸が長いシェイプ
の物をセレクト ♪ 代表的な物にがまかつのキングサーフやささめの
改良カレイイレグなどがありますよねっ。

装飾は、、、入れるつもりは無かったのに気付けば極小のパール玉を1つだけ
入れちゃてました。う~ん、いつも完成してみると作ろうとしてたコンセプトに
反してる点が幾つか、、、あはは、いかんですねぇ~。(爆)




「デルナー使うの!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

残り少なくなったパラゴン砂ズリを補充


一昨日の夜に食べたマゴチの唐揚げが超~美味しく、また食べたい!ってゆ~か
、昨年の夏はハマフエフキ作戦にのめり込んでてマゴチ作戦に出る機会が
無かったし、今年はもう少しバランス良く四季折々の魚を狙っていきたいと
思ってるのでもう1回くらいはマゴチ作戦に出ようかなぁ~と考えております。


基本、日帰り出撃になりますので思い立ったら即出れるよう今から準備を
しておこうと、まずは仕掛け類のチェック!

専用仕掛けBOXにはまだギッシリ仕掛けが詰まってるのでオッケー&あと
この作戦特有?とも言うべき砂ズリ部は、、、うわっ!あと10本程しか残って
ないじゃないですかぁ~、、、いつの間に!?(汗)





主に船釣り用のエステル100%で作られたパラゴンを流用して作ったパラゴン
砂ズリ、今や大物投げ釣りでも定番化しつつありわたくしめの周りでも愛用
されておられる方がたくさんいらっしゃいます。

パラゴンは元から編み糸になっておりかなり張りがある為、作りたい砂ズリの
長さでカット&両サイドにリングを作る or サルカンなどを取り付けるなど
連結部を作るだけで完成と非常に簡単に作れちゃうのがメリット ♪ モトスの
上から40~50cmを2本、または3本撚りにして、、、みたくわざわざ手で
撚り糸を作る必要もありませんし、他のラインに比べて格段に強く、くびれ
たり腐食したりしないのもあり繰り返し使えるのも魅力の1つと言えます。


そんな便利アイテムではあるものの、なぜかJCAは普段からあまり使わない
んですよね~、、、それには幾つか自身の強いこだわりがあったりするからなん
ですが、まっ、それはまたいつか書くとして、、、現在、このパラゴン砂ズリを
導入しているのは根掛かりが酷く頻繁に仕掛けロストが多い戦場以外では唯一、
このマゴチ作戦のみなんです!

また面白い事に、マゴチ作戦においては逆にパラゴン砂ズリが無いと絶対ダメ!
って程マストアイテムになっておりこれを忘れてしまうとガ~~~ンとなって
しまうくらい。それには当然必須と言える意味があるんですけどねっ。


ただ、先にも書いてましたよ~に普段は滅多に使わないので必要な釣友らに
ど~ぞ~といった感じであげたりしてるうちにいつの間にか在庫が少なくなって
、さっき気付けば残り10本!?ですからいかに日頃から数チェックなど
してない 全く気にしてない存在ってのが窺えますよね。(爆)

だけどさすがにあと10本だけじゃ困りますので早速、







大量補充しましょう ♪


コロダイ、マダイなど幅広い大型ターゲットに対応させてる方は全ての個所に
おいて強度の高い仕様にされていると思いますが、JCAの場合、ほぼマゴチ
作戦専用みたいなもんですからパラゴンの号数も18~20号、またそれに
取り付ける金具類も上の写真みたいなサイズ設定で可能な限り細めに
仕上げるよ~に心掛けております。

他にもちょこっと工夫を加えたバージョンもあったりしますけど、それは数年前
、真剣にこの作戦に取り組んでた頃の物でとりあえずオーソドックスな仕様で
十分だろうと今回は基本バージョンを大量生産。


一目で区別が付くよ~に20号はブラウン、そしてやや細めの18号はブルーと
パラゴンのカラーを分けて管理。でも両サイドに取り付ける金具類などは
どちらも共通でございます。と言いますのも、特にサルカンは5号までが
わたくしめがパラゴン砂ズリに求める特性を十分に発揮できる限界ラインで
サイズを大きくするのには問題無いものの、これ以上小さくすると
パラゴン砂ズリを導入している意味が無くなってくるので5号で!





これだけ作れば当分の間は大丈夫ですよね。(笑)




「マゴチ専用なんや~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コマセカゴを補強


これまではババガレイ作戦といっても普段使っているカレイ仕掛けに加え、
根掛かり対策として捨てオモリタイプや1本針タイプを導入するなど特にこれと
いった専門仕掛けは用いずに戦って参りました。

しかしながら春と秋の2シーズンをやってみてただでさえ他のカレイとは異なり
個体数も少なく修行の釣りになりがちなババガレイ、、、短期間の遠征で確実に
仕留めたいと思うならもっともっとそれに特化した仕掛けや対策を取って
いかないとダメだなぁ~と痛感したのもあり、来シーズンに向けてまずは
仕掛けから試行錯誤していこ~と考えております。

関西じゃ馴染みの無いコマセカゴやコマセネットも北日本?特に北海道において
は積極的に使われておりババガレイのみならず他のカレイ狙いでも結構みなさん
愛用されているのを見かけます。それでも使い慣れないがゆえあまり積極的には
導入してこなかったわたくしめも他に比べて個体数が圧倒的に少ないババガレイ
作戦にだけは今後導入してみるのもアリだと思い始め早速、前回の遠征でゲット
してきたコマセカゴを出してきました。


が!?





さすが市販品と言いますか、、、結びが甘過ぎですわ。(爆)


これじゃ安心して戦えませんし、個人的には使われているラインの太さに
関しても少々不安を感じましたのでまずは作り変えから。





この手のコマセカゴを用いるのは主に北海道で定番スタイルの先オモリ仕掛け
へとなる事から使用しているモトスの太さと同じ強度の物をチョイス。

まぁ、この辺は当然の選択法ですよね!もし根掛かりした際にこのコマセカゴ部
で切れて欲しいと意図的に考えるならまだしも、下手にここだけラインを細く
しちゃったら仕掛け全体の引っ張り強度がアンバランスになりますからねぇ。


買ってきた状態のままでは上下とも同じスイベル単体が取り付けられてましたが
、わたくしめの考える仕様用途に合わせてカゴ下側の方をスナップ付きに変更。
またラインの長さもカゴの開閉に全く支障が無かったので25cmあったのから
20cmと少し短くしました。







他には写真にあるよ~に結び目を剥き出しにするよりゴムパイプを被せた方が
ベターと思いセットして、こちらもまたカゴ下側のみクッション役を果たす
ビーズをかまして完成 ♪

とまぁ、現時点でベターかな?と思ったよ~にしてみましたけど、実釣で試して
みないと何とも言えませんし早春のマガレイ、クロガシラ作戦などから導入して
改良していきたいと思います。(笑)


それより何より今後じっくり考えていかないといけないのは仕掛けですわ!




「シンプルに、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

タコベイト付きアキアジ針を自作


今日は午後からまとまった時間が取れたので前からやろう、やろうと思ってた
ウキルアーによるアキアジ作戦のタコベイト付き針を作っていました。

ウキルアーに関してはご存知のよ~に始めたばかりですから、まだ自分なりの
こだわり?工夫、改良ってのもほとんど思い浮かびませんし、もっと実戦経験
を積み、自作も1から順序を経て勉強していきたいのでまずは市販仕掛けと
一緒の仕様で作ってみる事から始めてみようと。(笑)


使い古したダイワのアキアジクルセイダー替えフックSSを見ながら作業開始!


以前書いてましたよ~にダブルフック仕様は当面市販の物に頼るとして、まずは
シングルフックを作ってみることに。ただ単に全てを完全コピーしているだけ
では市販品を買ってくる方が楽なんで、一応こだわれる所 or 現時点で
JCA自身がこ~してみたい!と思うよ~な工夫は少し取り入れてみました。

ローリングサルカン5号に強度200lb、16本編みのアシストPEラインを
ハーフヒッチ4回で結び、その上から約1cm程度カットしたゴムパイプ中を
被せて結び目保護&これによってできるゴムパイプのフラット面を利用して
後のティンセルを貼り付けに使おうとねっ。







作業中にこのパターンもどうだろう?と思い付きご覧の2パターンを試作。


違いは、元々考えてた上の写真の方はゴムパイプ中を用いて結び目および
サルカンの片リングのみに被せてあるのに対し、途中でひらめいた下のは
ゴムパイプ特大をサルカンの基部まで覆い被せてあります。

ちなみになぜこれを作ってみたか?と言いますとゴムパイプの太さ&5mm長い
1.5cmの長さにより更にフラット面が多く取れるのと、後でも説明しますが
タコベイトを被せた際の固定具合が結構変わってくるんです。


そしてこれらを針に根付け固定していくわけですが、ここでもより結束強度を
高める為、JCAはまず1回ハーフヒッチでアシストラインを針に巻き付け固定
してから余白1~1.5cm程度残してカット、

その部分をセキ糸で頑丈に根付けしてみましたっ。







この辺は過去にマダイやコロダイ用にやってたケプラーノットの根付けと
同じ要領ですのでちょちょいのちょい ♪ でございます。(笑)

巻き終わったら瞬間接着剤を塗って完全固定。


見てるだけではゴムパイプ極太を使ってる方は少々前重心?と言いますか、
重そうにも感じられるも重量を計測してみるとゴム素材がゆえそこまで差は
ありませんでした。しかしながらこれまでやってきた海底をユラユラ這わす
ぶっ込みとは異なり、中層を引いたリするウキルアーでは少しでも軽い方が
いいのか?な~んて思っちゃったりもするのでその辺は実際に戦場にて
使い比べてデーターを取っていきたいと考えてます。

まぁ、エサ自体が塩カツオや塩サンマと重量級のエサになりますからあまり
気にする必要もなさそうですけどねぇ、、、


ここまで来ればまもなく完成!


2パターン作ったそれぞれゴムパイプ部にティンセルを貼り付けてみましょう。





ティンセルは1種類だけでもオッケ~ですが、ぶっ込み仕掛けを作ってる時から
いつも複数のティンセルをミックスして貼り付けていたので今回もそのよ~に
アレンジ!あくまで“too much”とならない程度にですけど。(笑)

ローリングサルカンとアシストラインの結び目コブがまあまあの大きさとなる為
、ゴムパイプ中だと被せた後の表面が凸凹になりがちでティンセルがしっかり
密着させれないかも?と心配になってましたが、全然大丈夫な範囲でしたっ。


最後に2号のタコベイトを被せて頭の部分からローリングサルカンのリングを
出せば完成です ♪ ぶっ込みの時はもう1サイズ大きいタコベイトを使ってた
よ~な気がしますがウキルアーではおそらく1.5号か2号がベストですね。







ちぃ~と分かりにくいかもしれませんけど、中のゴムパイプの太さの違いに
よって装着したタコベイトの頭部付近の固定具合がかなり異なっております。

中の針が完全にタコベイトに密着固定されているか?されておらず遊びが
あるか?の違いになるのですが、ぶっ込み仕掛けの時はこの密着固定される
方法の方が使用中に中のティンセルが一切ズレてきたりせずストレスフリー
なんですよね~、、、これはあくまでJCA自身の好みの問題なんですがっ。


一度作り方の要領を覚えてしまうとスピードアップできますので気付けば
手元にあった在庫を綺麗に使い果たしちゃってました。(笑)





最近、こだわられている現地の方からも作り方のアドバイスなど教えて頂き
ましたから、材料を仕入れて次回作る時にはぜひ参考に?応用編にもチャレンジ
してみたいなぁ~と思っておりますよん ♪




「夢が広がる」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR