FC2ブログ

超~重たい段ボール箱が2個!?


欧米諸国ではお正月より遥かに盛大におこなわれるクリスマスもさすがに
今年だけはひっそり厳かに終わったようですね、、、なんせイギリスでは
コロナの変異種が確認されて再び猛威を振るってる状況ですし、世界中が
クリスマスどころではないってゆ~のが現状でしょう。

わたくしめも毎年、クリスマスはそんなに重要視はしてない為、ケーキを食べる
くらい?なんですけど、今年のイブはちょこっとばかし楽しみにしてたのが
ありました ♪ それは、





ビッグマイナーチェンジが入った新型N BOXの発売日でした。(笑)

細く狭い道など行ける上、海水や泥などで汚れても気にせず使える釣り専用車
として今までも軽を1台愛用してきているのはすでに書いてきておりますが、
今のも5年ちょ~ど乗りましたのでそろそろ買い替え時と最終的に2つの候補に
絞りこのモデルが出るのを待っている状態でした。

その2候補とは日産の新型ルークスとこのホンダの新型N BOXの事で、
どちらも最上級グレードで比較しようと考えており、ルークスはすでに
ディーラーで試乗を含め細部に至るまで自分の目で見て確認できてるものの、
N BOXに関しては実車がディーラーに納車されてくるのがまさに24日の
クリスマスイブとなってたんです。やっぱりカタログだけではなく実際に
目で見て触れて比較していかないと失敗しそ~な気がしますからねぇ。

一応、来年の初売り4日までにどちらにするか結論を出す旨、それぞれの
ディーラーには伝えてあるので年末年始でカタログなどを見ながらじっくり
決めたいと思います。


さてさて、本題の投げ釣りネタではこちら、







1ヵ月程前に注文を入れてあったブツが年内間に合って届きました!

2個口で送られてきたこれらの段ボール箱、、、配達員ですらめちゃくちゃ
重いですね!?と驚きながら車から出してき、渡されたわたくしめも想像より
遥かに重くてビックリ、、、さすがに100~200個程度なら1箱で納まる
ものの、その倍数以上となればこんな重さになってしまうんですねっ。(汗)


早速開封してみると、中からシルバーに輝くブツ。







そう、常に愛用中のニシオカ天秤こと西岡潮山釣具店のL型遊動式天秤で
ございます。こちらの天秤は号数バリエーションも豊富な上にアームの長さも
10cm、12cm、14cmと3種類から選べるので自分のスタイルに合った
物が手に入り長年メインとして使ってきております ♪

年末ですし、少なくなってきた物の補充をしないといけなく、まだおそらく
300個近く?は在庫が残っているとは思うんですけど、思い立ってるうちに
補充しておく方がいざ無くなってきた!って焦る事も無く安心して出撃できる
のでこの機会に仕入れておきました。


2020年もあと1週間を切っておりますね、、、







「重そ~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コロナの影響がこんな所まで!?


近年、寒くなってくるとエリアトラウトという投げ釣り以外のもう1つの楽しみが
増えるJCAではございますが、なんと10月末頃からオープン予定だった
ホームグラウンドが急激なコロナの増加の為に今シーズンの営業を中止
する事に決定と!?


ガ~~~ン、、、


関西圏にある他のエリアを調べてみるとほとんどが通常営業をしており、
ど~してもやりたければそっちへ行くのもありと言えばありなんですけど、、、
やっぱり最もお気に入りのホームグランドやりたかった、、、非常に残念ですが
、これだけは仕方がないので今シーズンはあきらめる方向で考え、その代わりと
言っちゃなんですけど、久しぶりに?

いや、今度こそ!しっかりできるよ~になるまで頑張ろうと思い始めている
ある釣りカテゴリーがあります。


実はずいぶん前からタックルだけは一式揃えてあるのに、やろう、やろうと
思いつつも結局やらず仕舞いで気持ちが冷めて忘れ去り また数年後に
ふと思い立ってやろう!といった感じで繰り返してきている釣りカテゴリー。

元々エリアトラウトもルアーフィッシングの基礎を学びたくて始めたよ~な
もので、今やどっぷりハマってしまってますが、同様の気持ちで取り組んで
釣れるよ~になれば今度こそちゃんと身に付くかなぁ~とねっ。(爆)







シマノ「エギストック ショルダーバッグ」


あはは、今回ゲットしたこのアイテムの名前を聞けば一体何の釣りカテゴリー
なのか?一目瞭然!エギと来ればターゲットは、、、


はいっ、イカしかありません。


防波堤などで投げ釣りをしてると身軽な恰好でやってきたエギンガーが
ピシュッ、ピシュッと風を切るかのよ~な音を立てながらエギをしゃくって
イカをゲットしている姿を頻繁に見かける中、釣れたら面白いだろうなぁ、、、
そして何より食べたいなぁ~と。(笑)

また、誰も居ない戦場でも足下には真っ黒な墨の跡があちこちに残っているなど
イカって結構どこでも居る!?そんな事を同じクラブでエギンガーでもある
クラックさんに聞いてみると、シーズンさえ外さなければ簡単に釣れますよ~
と返ってきたので来年はぜひエギを教えて~とお願いしちゃいました。

エギングは基本竿1本でできますし、慣れてくれば釣れる釣れないは別としても
投げ釣りで置き竿をしてる間のいい暇潰しにもなってくれます ♪







ベージュウィードカモなる迷彩柄のバッグを開けるとエギが28本も収納できる
インナーケースとなっており、当然ケースのみを取り外して丸洗いも可能。
フロントポケットにはアクセサリーループにサイドにはロッドレストとドリンク
ホルダーも装備されておりこれ1つに全てが収納できちゃう感じ。

あと、購入してから知ったんですけど、このベージュウィードカモは今はもう
廃番になっている超~人気カラーだそうでこれまたラッキー ♪ 確かに
現行発売中のモデルはブラックとスモークベージュの2色展開で
オーソドックスな感じ。


今まで幾つかエギも買い揃えてきてはいるものの、まとめて入れておくケース
などが無くそこら辺に転がってる状態ですからこれで綺麗に整理整頓できそう。









とまぁ、タックルや用品を買い揃えるだけなら誰でもできますから、肝心な
エギをしっかり操れるよう今からYouTubeなどで入門者向けの動画を
見ながら勉強していきたいと思います。(笑)




「難しいで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

羽根のない翼!


ただでさえ近年どこのメーカーにおいてもタックル類含め投げ釣りカテゴリーの
新製品が乏しく、再び盛り上がるよ~な気配すら一向に感じられない中、
ほぼあきらめながらも一応定期的にシマノ他、メイン釣具メーカーのHPは
チェックしているJCA、、、

とはいえ、それもほんとタックル関連のみで、仕掛け用いるよ~なアイテム
までは全くと言っていいくらいノーマークだったここ数年、、、たまたまネット
でガイドのカタログを見ていると、あれっ!?

目に留まったブツがありました。


何コレ?っと思いながら商品説明を読んでると結構面白そうで早速、そのまま
オンラインでポチッと注文&あっという間に発送されてきたのが、





FUJI「スピードデルナー天秤」


鮮やかなターコイズブルーのコンケーブデルタキャップにより浮き上がり機能と
キャスティング性能を兼ね備えた新しい固定L型天秤で、手前の根掛かりを回避
しつつ遠投して磯場の中の砂地を攻めたい、または手返し良く多くの魚を
釣り上げたいという攻めの姿勢を貫き通すキャスターにぜひ使用して頂きたい
天秤と書いてありますねぇ。

いつの間にこんな新製品がリリースされてたんだろうと思うと、出荷日と
書かれている欄に2020年11月から順次全国へ出荷とあり、まさに出た
ばっかりでした!(笑)


ボディは3ヶ所を凹ませた羽根のない翼で飛行時の空気抵抗を極力抑えつつ
、巻き上げ時には浮力を得て障害物を回避。ゴロタ石や海藻、急なカケアガリ
など根掛かりポイントが手目にある場合や砂地と根が混在する地形、そして
横風や向かい風にも強いとありますからめちゃくちゃ理想的やん ♪

オモリ形状は高速遊泳するマグロにインスパイアを受けた流線型を採用して
飛距離を追求し、先端が細くスマートな形状は着水音を極力小さくして魚を
驚かせず散らさない狙いもあるそ~な、、、

スゲ~~~!マグロときましたかぁ~。(爆)







固定式な上、商品説明の中にも波のタイミングに合わせて魚や仕掛けを
巻き上げる事が容易となり、仕掛け絡みも防止&多点針仕掛けへの挑戦や
波口での誘いも有効ともありますから、おそらくキスの引き釣りにおける使用を
メインに設計されているよ~ですけど、カレイ作戦など一部の大物投げ釣りでも
普段からデルナー天秤を積極的に導入しているわたくしめのスタイルでは
超~魅力的に思えちゃうアイテム。

号数設定も遠投性重視の25号、27号、30号の3ラインナップですし
キスの引き釣りのみならず大物作戦にも対応できる為、とりあえず
全ての号数を2個ずつ仕入れてみましたっ。


キスの引き釣りを専門にされている方は年中楽しまれるよ~ですが、わたくしめ
に関しては夏にかけての期間限定となり、おそらくこの天秤の活躍の場は
春先からの戻りカレイが一番手になるかな?まずはカレイ作戦の遠投仕掛けに
用いて自分なりのインプレを十分得てから引き釣りにも導入していくってな
流れになりそう。早く実際に使ってみたいなぁ~ ♪







遠投が可能でかつ、浮き上がり性能も優れているなんて、、、


ある意味投げ釣りにおいては最も理想的な天秤かも!?今後、海藻天秤みたく
アームの太さを少々太めにして遊動式も発売してくれたら嬉しいなぁ~って
密かに願っているのはわたくしめだけでしょうか?




「使うのが楽しみ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マイナス40℃超低温冷凍ストッカー





近くにスーパーに行きますと、超~~~珍しく!?ひょっとしたら時々並んで
いるのかもしれませんが、少なくともわたくしめはこのお店では初めて
見かけたアカアマダイ、、、しかも産地は秋田県になってます!

日本海側、それも秋田県となるとおそらくアマダイの産地としては最北端に
なるんでしょうか?普段見かけるのって長崎県や愛媛県、和歌山県に京都府
なんぞが多いよ~に思えるんですけど秋田県でも狙えちゃうターゲット?
な~んて思うと夢が広がりますよねぇ~。まぁ、確実に船で沖合いに出て
獲っている感じででしょ~し、陸っぱりから投げ釣りでとなるとちょこっと
難しいのかもしれません、、、


さて、そんなアマダイ作戦もそろそろシーズン開幕?そんな季節になる中、
わたくしめとしてはほんと釣り自体に出れてないっ!気候的にも暑さが若干マシ
になって出撃するにはベストシーズンとも言える9月以降、北海道でのアキアジ
作戦を最優先に考えていたがゆえにまだか、まだか?と知床半島界隈の釣果が
上向くのをひたすら待ちわび、、、そして時間だけが流れ 未だ上向いた
という情報を得れずに気付けば10月半ば、、、

自宅で悶々と過ごしているとど~してもネットなどを見てるうちに物欲に
駆られて買い物ばかりが増えてしまう!?


そんなわけで本日届いたのがこちらの超~特大のアイテム!





すでに自宅には数年前に魚ストック専用に購入した同じくマイナス40℃が出せる
業務用ストッカーがあるんですが、容量的にもっとデカイのがあったらなぁ~
って最近思うよ~になってきており、メーカーのHPを見てるとだんだん
欲しくなってきて注文しちゃいました。(爆)

ちょ~ど今現在、冷凍エサ用にしているストッカーを友人にあげる事になった
ので、それと入れ替えで現行の魚専用ストッカーをエサ用にしよ~と考え中。


配送業者の方が4人でいらっしゃったのでそんなにデカイの?と思って
いたら、実際に設置されると想像以上でデカくてビックリ!やっぱりネットなど
の商品カタログに記載されている寸法だけでイメージしてたのと実物とでは
大きく異なっておりましたっ。(笑)

なんせ容量に不満を感じて買い替えるわけですから、ど~せなら一番デカイ
のにしておかないと!と思い、シリーズの中で最も大容量の390Lモデルを
チョイス。ある意味これだけあれば何でも入っちゃいます。







全てがデジタル管理され高性能コンプレッサーが食品を急速冷凍 マイナス
40℃まで一気に下げてカチンコチンに。一般家庭用の冷凍庫ではマイナス
18~20℃が限界になっており、まず業務用のモデルしかマイナス40℃帯
まで出せる物ありません。

ほんとこの温度まで下げると驚くくらい冷凍焼けは皆無で、凍ってる食材で
普通に釘が打てそ~なくらいの硬さ。また当然ながら解凍するとみずみずしさを
保っており、一度使ってしまうと止められない、、、と言いますか、今までも
魚のストックを長期保存するのに重宝してきております ♪


早速、大量にあるクエやカラフトマスの切り身などを入れてみましたが、
まだまだ余裕がある感じでこれなら今後ストックが増えても安心ですわ。





上段にセパレート形式でストックできる専用のバスケットも2個付属して
おりますし、390Lという容量ですから無駄なスペースができないよ~に
今後オーガナイズしながらストックしていかないといけませんねぇ。

美味しい魚をいつまでも美味しい状態のまま保存&一年中好きな時に食べたい
魚が食べれる環境を作る為にわたくしめにとっては必要なアイテムといったとこ
でしょうか?あはは、こんな大容量のモデルを導入しながら肝心の中身が
すっからかんだと超~悲しいのでアキアジ作戦の見切り?ど~するか判断が
付き次第即次なる作戦にシフトしてガンガン出撃していきたいと思います。

知床のアキアジ、、、今年はあかんかなぁ~。




「デカっ!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コールマン「アウトドアワゴン」


以前からホームセンターのアウトドアコーナーに立ち寄る度に、あっ、コレは
使えそう ♪ そんな事を考えてる間に一気に人気が出たのか?日常生活の
中でも荷物のみならず子供まで乗せて引っ張ってるよ~な光景も目撃する
よ~になり、いつか買おう!次行ったら買おうなどと思いつつ、、、

結局、忘れてしまったりと買うタイミングを逃し、最終的にはホームセンター
にあった赤と紺色以外にもカラーラインナップが存在する事を知り
ネットでポチッとしてやっとこさ入手致しました。(笑)





コールマン「アウトドアワゴン」


街中で見かけた事のある方、またはすでに持っていらっしゃる方も多いかと
思いますねぇ。

キャップ用品を始めアウトドアグッズでは超~有名なコールマンから発売されて
いるこのアウトドアワゴンは、なんと耐荷重が100kgもあり重たい荷物を
運ぶ際にめちゃくちゃ重宝する事間違い無し!わたくしめも今更ながらでは
ございますが、コレを釣り用途に活用してみよ~と考え中なんです。


さすがに100kgまで対応できるので自重も決して軽量とは言えない約11kg
ではあるものの、折り畳んでコンパクトにもなり良さげ ♪









■使用時サイズ: 約1060×530×1000(h)mm
■収納時サイズ: 約180×400×770(h)mm
■荷台サイズ: 約880×420×310(h)mm
■重量: 約11kg
■耐荷重: 約100kg
■付属品: フック付きラバーバンド、収納ケース



箱を開けてみると折り畳んだ状態で入っており、早速収納ケース?カバーを
取ってちょ~どアウトドア用の簡易チェアを開くよ~な感じで左右に引っ張って
広げてみるとあっという間に巨大なワゴンに変身。

タイヤも大口径&分厚い強靭仕様になっていて、重い荷物を積んでも軽やかに
走行してくれそ~な印象。また、レバー式のストッパーが付いているので坂に
なっている所や不意の揺れで勝手に動いてしまうのを防止できます。


カラーはナチュラルカモという迷彩チックな柄でオシャレ感も満載 ♪







凸凹道や大きな段差が連続するよ~な場所では少々使い辛いかもしれませんが
、フラット帯が延々と続いているよ~な長い波止やひたすら真っすぐ移動距離
が長い場所においては重宝しそうじゃないです?

クーラーに磯クール、他様々な嵩張るアイテムを全部まとめて積み込んで
移動できるのが魅力ですし、JCAが考えているのはこのワゴンに水を入れると
ヘビー級の重さとなるアジバケツを複数個乗せて引っ張って行く、、、ってのも
アリかなぁ~?と。(笑)


まずはアジバケツとかこだわらず、とりあえず重い物を幾つか積んで実際に
動かしてみる事が最優先ですね。どこまでの足場なら対応可能か?や右左折時に
おける安定性など重要事項を確認してからでないと本格的に作戦へ導入するには
ちょこっと不安がありますし、、、




「使えそうやん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR