FC2ブログ

掘り出し物発見 ♪ シマノ「ISO-XT 玉ノ柄 600」


近年、JCAが愛用しているシマノの投げ釣り製品においては一昔前のよ~に
めちゃくちゃ興味をそそられる新製品のリリースも滅多に無く、竿やリールと
いったタックル類を購入するとなれば投げではなくトラウトなどがメインに
なりつつあります、、、よく考えてみると、それってかなり寂しい事なんですが
、まぁ、いつも書いてますよ~にそ~ゆ~時代なのかもしれません。

その上、道糸やハリス、針といった消耗品なども大量購入してあるとなれば
自然と釣具店自体に行く機会が少なくなってきている今日この頃、、、いつもの
釣具量販店ですら行く頻度が以前より少なくなってるわけですからそれが
中古釣具などを扱うお店となれば1年に1度行くか行かないか程度。


昨日、たまたま2月に買い替えた釣り専用車の定期点検でディーラーへ行く
用事があり、帰りに超~久しぶりに中古釣具チェーン店に立ち寄ってみました!
もちろん何か探してる物があったわけでもなく、ディーラーからの帰り道にある
のと、おそらく3年以上訪れてないので久しぶりに覗いてみよ~かという
ちょっとした気持ちからでした。(笑)

店内を物色する中、


おおっ、コレは!?


ビックリしながら商品の状態をチェックしたら、次はすでにレジで即
お買い上げ~となっておりました ♪





シマノ「ISO-XT 玉ノ柄 600」


そのブツとは一見竿のよ~に見えるけどガイドは付いていない玉ノ柄でしたぁ!


ピカピカでございます ♪


実は発売当初からそのデザイン&仕様を見てちょこっと気になってたんです
けど、現時点で玉ノ柄だけでも長さが異なるモデル全て合わせて6本も
ありますしこの製品も値段がそこそこする事からすぐには要らないかなぁ、、、
となり、そのまま忘れちゃってました。(笑)


高弾性のカーボン素材を採用することで軽さと張りにおいて上位機種に迫る機能
を実現し、5mでアンダー400gという軽量モデル。わたくしめがめちゃくちゃ
軽い!と普段から愛用しているファイアブラッドの玉ノ柄とほぼ変わらない
軽さで、6mで自重が500gと驚きでございますわ~。









■全長: 6.00m
■継数: 6本
■仕舞寸法: 120.2cm
■自重: 500g

■先径 / 元径: 16.0 / 34.0mm


やはり竿も含め軽くで頑丈というのが最も理想的で、各メーカーも日々それを
追究した商品開発をしているのは言うまでもありません。

特徴としては、全節に固着防止、上位機種に搭載されている大口径荷掛けリング
を標準装備、玉口はGクロスプロテクターにより美観と強度を両立するなど
これまでの製品と比較するとかなりおいしいとこ取りをしたモデルなんです ♪


そして何よりわたくしめが惹かれていた部分はそのデザインで、上質感を備え、
どんなロッドともコーディネートがしやすく永く愛着を持って使って頂ける
デザインを目指しましたとメーカーの商品説明にもあるよ~に、BB-Xや
ファイアブラッドみたくインパクトの強いカラーリングではないものの、非常に
落ち着いたシックな印象を与えてくれる色合い、模様が絶妙!

艶のある美しいブラック地にややマットなゴールドが溶け込んでいるデザインは
上質かつ上品で、持ち手部から尻栓にかけては濡れた手でも滑りにくいしっとり
とした手触りのマットラバーコーディングが施されております。







タモって作戦によってはそこまで頻繁に出番が無かったりもしますが、それでも
いざとゆ~時に無いと困る大物投げ釣りにおいては必需品の1つ!

なんせ店員さん曰く、小傷すらほとんど見当たらない新品に近い状態で驚く
よ~な破格で売られてたわけですから迷わず即買いでしょう ♪ こんな
掘り出し物があるのならたまには覗くよ~にした方がいいかも!?(笑)

ほんといい買い物をしましたわ~ ♪




「大人なデザインやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「KISU SPECIAL 405BX+」


コレも一緒に注文&先に入荷したスペーザホエールリミテッド650同様、発売
当初から買うか?買うまいか?ず~~~っと悩み続けていた製品になるんですが
、この度、2度目の緊急事態宣言の発令に伴い自粛を決め込む中でのストレスの
はけ口!? 物欲に走ってしまい購入となりました。(爆)

まっ、ストリップ仕様がリリースされた時からもしガイド付きのモデルが出たら
買おうと考えてたのもありますから、どのみち遅かれ早かれこ~なってた?


竿が竿だけにメーカーも初期ロットからそんなにたくさんは作ってないはず
ですし、果たしてわたくしめが欲しい番手がすぐに見つかるのだろうか?
ちょこっと不安だったんですが、シマノのセールスマン経由で探してもらい
何とか市場に1本残っているのを発見!

即取り寄せてもらったって感じでございます ♪







シマノ「KISU SPECIAL 405BX+」


求められる性能を徹底追及したキススペシャルに本来のロッド性能を引き出す
Xガイドキャストチタンを搭載したこのロッド、


■全長: 4.05m
■継数: 3本
■仕舞寸法: 143.0cm
■自重: 475g

■先径 / 元径: 3.4 / 22.0mm
■錘負荷: 28~35号
■標準錘負荷: 34号
■カーボン繊維: 100.0%



405BX+ではこのよ~な仕様になっており、同じ番手を持っているキス
タイプRより先径は0.2mm細いのになぜか自重は15g重い!?何となく
キススぺと聞けば、わたくしめの中ではシマノの投げ竿最高峰で軽くて
超高感度なのが特徴ってイメージなんですけど、、、(笑)


シマノのHPには、キスの投げ釣りに求められる飛距離コントロール
性能感度という3要素を高次元で融合させたキススペシャルにガイド
付きモデルが登場。

元ガイドにはシマノオリジナルのXガイドキャストチタンを搭載し、高剛性の
チタンフレームと高靭性セラミックリングの組み合わせがロッド性能を最大限に
発揮しトップキャスターはもちろん、キスの投げ釣りを愛する全ての人を
新たなキス釣りの世界へ導きます。

ラインナップはAX~FX+までと幅広く、全てのアイテムにおいて“夢の感度”
と呼ばれた歴代モデルの感度を継承し、海底の状況、喰ってきた魚の種類など
まるで全ての物が見えているのではと思えるほどの圧倒的な情報を竿が
伝えてくれます。また、4.05mの竿では唯一のFX+は、喰い込みのよさを
備えながらも、しっかりしたリーリングもこなし、プライベートでの快適な釣り
はもちろん、競技においてもしっかりとかすかなアタリを捉えながら、
喰い渋るキスを乗せることも可能です。


へぇ~~~、、、喰ってきた魚の種類まで全てが見えてるかの如く把握
できちゃう程の高感度ってほんと夢の感度ですよね。(爆)









405では唯一のFX+になるって事も今回商品説明を読んでて初めて
知りましたわ~!いつも硬めの竿を好んで使っている為、柔らかい番手を
あまりチェックしてなかったけどこの+なる設定はほんとこだわってる方に
とっては痒い所に手が届くバランスなのかもしれません。

今回のモデルで最大のアピールポイントとして強調されている部分がXガイド
キャストチタンで、キャスティングにおいて最も重要である飛距離と
トラブルレス性能を徹底追求したと書いてありますねぇ。


■フレーム剛性の最適化:

4本脚がリングを支えるフレーム形状によりキャスト時のネジレや曲がりを
極力抑え、キャスターのパワーをロッドに効率良く伝えます。さらに縦方向
(竿の曲がる方向)の剛性を下げることにより突っ張りを軽減し、竿の曲がりを
スムーズにします。これらのフレーム剛性の最適化により、飛距離だけでなく
、コントロール性能も向上しました。


■大R形状の高靭性セラミックリング:

一般的なフランジ形状に対し、Xガイド キャストチタンはキャスト時にラインが
入る方向のR形状が大きいので、ライン通過抵抗が少なく飛距離が出ます。
また、大Rは外側まで続きキャストした瞬間のラインかぶりや力糸の継目の
通過がスムーズでライントラブルを軽減させます。


デザイン的な面においてはフラッシュサーフェイス設計なるものが導入され、
一見更にシンプル化したよ~にも思えますが、薄いピンク味と美しいまでの
きめ細かさを誇るメタリックが融合した塗装が全体を包み高級感を演出して
おります。光の当たり具合によってまばゆく、そして高貴に見えます ♪









それ以外はキャスコングリップ、ノンスリップグルー、チタン尻栓、4分割式の
可変式バランスウェイトなど他の並継竿と似たよ~な仕様となっており
特筆すべき点はあまり無いかな?

購入直後はまだしばらく飾っておくだけになっちゃうかも!?と思って
おりましたが、こ~やって手に取って触っていると早く戦場で投げて
みたくなってきましたわ~。(笑)




「デビュー戦はいつ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「SPAZA WHALE LIMITED 650」


さすが姉妹店同士のネットワーク!注文したら即行入荷しましたとの連絡が
入って参りましたっ。

例年通りなら魚の活性が最も低くなる厳寒期、2月と言えども時間ができれば
常にどこかへ出撃しているJCAなのに今年は緊急事態宣言のせいで自粛、、、
そのストレスのはけ口?じゃないですけど、この期間中に以前から気になってた
物をゲットしておこうと注文してた2つのうちの1つがコレ、







シマノ「SPAZA WHALE LIMITED 650」


65Lを誇る特大クーラー、ホエールでございます ♪

現在も主にハマフエフキ作戦やアキアジ作戦などにおいてホエール60Lを愛用
しているんですが、更に5L増えデザインもリニューアルされたニューモデルが
昨年発売になり、ず~~~っと心の片隅で気になっておりました。

ただ、正直なところ発売当初は単に容量が5L増えただけちゃうん?程度で、
じっくり機能などチェックしないままとりあえず60Lのがあるしいっか~!
みたく考えていました、、、それがたまたま緊急事態宣言が発令されて以降入手
&熟読してみたシマノの2021年総合カタログでコレって良さげちゃうんと。


特に魅力を感じた機能がラックトップレバーRなる両面開き構造で、天面と側面
から快適操作が可能でいろいろな姿勢において開閉しやすい設計。

ワンアクションで開けられ、閉めるときもワンプッシュでロックできる使い勝手
良い構造は、片面のみ&2つの金具でロックを掛ける設計だったこれまでの
ホエールとは大きく異なり超~便利になったと思います ♪













このレバーのワンアクションで両開きってまさに35Lまでのスペーザシリーズ
やフィクセルシリーズと同じでめちゃくちゃ使い易いです!クッションなどを
天面に載せた状態でも側面から開けることができ、ゴミやホコリも溜まりにくい
構造と説明にも書かれており、たかがフタとこれまで思ってましたが、されど
フタだ!って改めてホエールの進化に感動を覚えましたわ~。(爆)

意図しないとロックが掛からず不慮の閉じ込めを防ぐ閉じ込め防止構造、
セーフティーロック機能もワンプッシュでロックできるなどビックリ ♪


ボディ自体の売りとしては防水BODYと書かれており、ボディの合わせ目から
水が入りにくい構造でシャワーを直接かけて洗う事ができるよ~なんですが、
これに関してはイマイチよく分からない???と言いますか、、、あはは、
今までも気にせず直接シャワーをぶっ掛けて洗ってましたからあまり
ピンときませんねぇ。

万が一水没した際にも合わせ目から水が入りにくいとでも理解しておいたら
いいのかな?ちなみにフタは防水構造ではなく、合わせ目に水をかけないで
下さいと書かれてありますから謎と言えば謎?(爆)

ただ、排水口の段差をなくし、最後の滴りが底部にまわり込むのを防ぐドロップ
カット仕様にしたスッキリ排水構造は小さな改良だけど良さげ。









デザインも造形美をより意識した感じでどこか未来チックなイメージを与えて
くれますよねっ。HPにも新時代のオフショアスタンダードクーラーと
ありますし個人的に好きなデザインで非常にGOOD!まぁ、わたくしめの
場合は大物投げ釣りで使うのでオフショアにはなりませんがっ。(爆)

最後に、ハンドルがボディに収納できスペースが無い状態でも出し入れが
できるラックアップハンドルⅡもこの製品の目玉の1つ!

ダブルグリップ仕様によりハンドルの端を握ることが可能で引っ張る際に足に
クーラーが当たりにくく、また高い位置までハンドルを伸ばせる事によって
クーラーを安定した姿勢で引っ張れる設計となっており、これも今までの
ホエールシリーズと比較すると飛躍的な進化じゃないでしょうか。

密かにサイドロックも超~便利に進化しててビックリ ♪


他にも厚底設計やら堅牢ボディなどシマノのクーラーでは定番的な設計が
導入されていますが、このクーラーだけが持つ特徴&機能と言えば以上かな?
とにかく強い保冷力を兼ね備えた65Lクラスともなれば空でも重量12.1kgと
ヘビー級クーラーになりますから運搬時や使い勝手において少しでも楽に
進化してくれているならありがたいですよね。

戦場で活躍するのはまだもう少し先になりそ~ですが、あれこれいじって
みたりと自粛中のストレス解消にはなるかな?(笑)




「かなり進化したねぇ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

超~重たい段ボール箱が2個!?


欧米諸国ではお正月より遥かに盛大におこなわれるクリスマスもさすがに
今年だけはひっそり厳かに終わったようですね、、、なんせイギリスでは
コロナの変異種が確認されて再び猛威を振るってる状況ですし、世界中が
クリスマスどころではないってゆ~のが現状でしょう。

わたくしめも毎年、クリスマスはそんなに重要視はしてない為、ケーキを食べる
くらい?なんですけど、今年のイブはちょこっとばかし楽しみにしてたのが
ありました ♪ それは、





ビッグマイナーチェンジが入った新型N BOXの発売日でした。(笑)

細く狭い道など行ける上、海水や泥などで汚れても気にせず使える釣り専用車
として今までも軽を1台愛用してきているのはすでに書いてきておりますが、
今のも5年ちょ~ど乗りましたのでそろそろ買い替え時と最終的に2つの候補に
絞りこのモデルが出るのを待っている状態でした。

その2候補とは日産の新型ルークスとこのホンダの新型N BOXの事で、
どちらも最上級グレードで比較しようと考えており、ルークスはすでに
ディーラーで試乗を含め細部に至るまで自分の目で見て確認できてるものの、
N BOXに関しては実車がディーラーに納車されてくるのがまさに24日の
クリスマスイブとなってたんです。やっぱりカタログだけではなく実際に
目で見て触れて比較していかないと失敗しそ~な気がしますからねぇ。

一応、来年の初売り4日までにどちらにするか結論を出す旨、それぞれの
ディーラーには伝えてあるので年末年始でカタログなどを見ながらじっくり
決めたいと思います。


さてさて、本題の投げ釣りネタではこちら、







1ヵ月程前に注文を入れてあったブツが年内間に合って届きました!

2個口で送られてきたこれらの段ボール箱、、、配達員ですらめちゃくちゃ
重いですね!?と驚きながら車から出してき、渡されたわたくしめも想像より
遥かに重くてビックリ、、、さすがに100~200個程度なら1箱で納まる
ものの、その倍数以上となればこんな重さになってしまうんですねっ。(汗)


早速開封してみると、中からシルバーに輝くブツ。







そう、常に愛用中のニシオカ天秤こと西岡潮山釣具店のL型遊動式天秤で
ございます。こちらの天秤は号数バリエーションも豊富な上にアームの長さも
10cm、12cm、14cmと3種類から選べるので自分のスタイルに合った
物が手に入り長年メインとして使ってきております ♪

年末ですし、少なくなってきた物の補充をしないといけなく、まだおそらく
300個近く?は在庫が残っているとは思うんですけど、思い立ってるうちに
補充しておく方がいざ無くなってきた!って焦る事も無く安心して出撃できる
のでこの機会に仕入れておきました。


2020年もあと1週間を切っておりますね、、、







「重そ~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コロナの影響がこんな所まで!?


近年、寒くなってくるとエリアトラウトという投げ釣り以外のもう1つの楽しみが
増えるJCAではございますが、なんと10月末頃からオープン予定だった
ホームグラウンドが急激なコロナの増加の為に今シーズンの営業を中止
する事に決定と!?


ガ~~~ン、、、


関西圏にある他のエリアを調べてみるとほとんどが通常営業をしており、
ど~してもやりたければそっちへ行くのもありと言えばありなんですけど、、、
やっぱり最もお気に入りのホームグランドやりたかった、、、非常に残念ですが
、これだけは仕方がないので今シーズンはあきらめる方向で考え、その代わりと
言っちゃなんですけど、久しぶりに?

いや、今度こそ!しっかりできるよ~になるまで頑張ろうと思い始めている
ある釣りカテゴリーがあります。


実はずいぶん前からタックルだけは一式揃えてあるのに、やろう、やろうと
思いつつも結局やらず仕舞いで気持ちが冷めて忘れ去り また数年後に
ふと思い立ってやろう!といった感じで繰り返してきている釣りカテゴリー。

元々エリアトラウトもルアーフィッシングの基礎を学びたくて始めたよ~な
もので、今やどっぷりハマってしまってますが、同様の気持ちで取り組んで
釣れるよ~になれば今度こそちゃんと身に付くかなぁ~とねっ。(爆)







シマノ「エギストック ショルダーバッグ」


あはは、今回ゲットしたこのアイテムの名前を聞けば一体何の釣りカテゴリー
なのか?一目瞭然!エギと来ればターゲットは、、、


はいっ、イカしかありません。


防波堤などで投げ釣りをしてると身軽な恰好でやってきたエギンガーが
ピシュッ、ピシュッと風を切るかのよ~な音を立てながらエギをしゃくって
イカをゲットしている姿を頻繁に見かける中、釣れたら面白いだろうなぁ、、、
そして何より食べたいなぁ~と。(笑)

また、誰も居ない戦場でも足下には真っ黒な墨の跡があちこちに残っているなど
イカって結構どこでも居る!?そんな事を同じクラブでエギンガーでもある
クラックさんに聞いてみると、シーズンさえ外さなければ簡単に釣れますよ~
と返ってきたので来年はぜひエギを教えて~とお願いしちゃいました。

エギングは基本竿1本でできますし、慣れてくれば釣れる釣れないは別としても
投げ釣りで置き竿をしてる間のいい暇潰しにもなってくれます ♪







ベージュウィードカモなる迷彩柄のバッグを開けるとエギが28本も収納できる
インナーケースとなっており、当然ケースのみを取り外して丸洗いも可能。
フロントポケットにはアクセサリーループにサイドにはロッドレストとドリンク
ホルダーも装備されておりこれ1つに全てが収納できちゃう感じ。

あと、購入してから知ったんですけど、このベージュウィードカモは今はもう
廃番になっている超~人気カラーだそうでこれまたラッキー ♪ 確かに
現行発売中のモデルはブラックとスモークベージュの2色展開で
オーソドックスな感じ。


今まで幾つかエギも買い揃えてきてはいるものの、まとめて入れておくケース
などが無くそこら辺に転がってる状態ですからこれで綺麗に整理整頓できそう。









とまぁ、タックルや用品を買い揃えるだけなら誰でもできますから、肝心な
エギをしっかり操れるよう今からYouTubeなどで入門者向けの動画を
見ながら勉強していきたいと思います。(笑)




「難しいで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR