FC2ブログ

22年前の名機!? シマノ「'98スピンパワー405BX-T」


もう10年以上もかけて密かに集めてきてた名機があります。

ネットの各サイトなどでも傷や汚れありといった中古ならちらほら見かけるも
、揃えるからにはど~しても新品が欲しくめちゃくちゃ時間を要してしまい
ましたが、まもなく6本揃う事からそろそろ実釣導入しよ~かと ♪





シマノ「'98スピンパワー405BX-T」


以前追加で揃えた'05スピンパワーも本当は425AX-Tまたは425BX-T
が希望だったものの、残念ながら複数本揃えるのは難しく最終的に405BX-T
で6本揃えたのと一緒でこちらも405BX-Tで揃えることとなりました。

BXクラスがやっぱり最も需要が高く多く市場に流通したからかな?


'98スピンパワーというより初代スピンパワーと書いた方が分かり易いかも
しれませんが、わたくしめが大物投げ釣りにおいてず~~~っとメインロッド
として愛用しているシマノの名機の初代バージョンでございます。

1998年に発売されて2005年にモデルチェンジ、そして2012年に再び
モデルチェンジ、更に今年2020年に並継からにはなってるものの3回目の
モデルチェンジがおこなわれ今回アップしてます竿は20年以上も前の
モデルになっちゃいます!?

何でまたそんな古いモデルを?となるんですけど、実は過去に何度も書いてます
よ~に個人的に'05スピンパワーこと2005年に発売されたモデルがバット
から竿先にかけての硬さバランスが最もシックリきており、後継機も購入し
並行して使ってきてはいるものの、やっぱりどちらを選ぶか?と言われると
2005年モデルになってしまうのが現状、、、







年月をかけてでもコレを揃えたいなぁ~と思った一番の決め手はやはり
ブランクスの調子がほとんど'05モデルと変わらない感じでガッシリ骨太な所!
ガイドは7点ではなく5点になっている為、キャスト時に'05モデルの同じ番手
より若干竿が柔らかく思えてしまうよ~な気もしますが素直に曲がってくれる
なら全然問題無し。竿先にかけてだけ急激に細くなってて違和感を覚えるよりは
使用感はまだマシかなぁ~とねっ。

元ガイドも振出竿ならではのメリットでもある携行性に優れた折り畳み式ですし
、リールシートもこの頃からちゃんとチタン製。ジャンル問わず古き良き時代の
産物?って感じがしますよね~。(笑)


キャスコングリップ部にかけてまだ出荷された時のままを物語る保護ビニールも
付いたままで20年以上経ってても卸したての感覚 ♪





より軽量かつ遠投からコントロール、高感度に至るまで総合面でキャスターの
理想に近付いているモデルとなると当然ながらモデルチェンジを繰り返し進化
した最近のモデルが圧勝になるんでしょ~けど、大物投げ釣りメインのJCAの
スタイルでは自分自身にとってよりシックリくる竿ってのを優先したいと思って
ますのでコレが満足のいく竿の1つかな。

今現時点では写真にある通り4本が手元にある状態ですが、まもなく新品のまま
保管されてた友人より譲って頂いた2本が送られてきます!慣れるまでは当面
近場出撃専用竿として活躍してもらおうかなと考えておりますよぉ ♪

あはは、ますますプロサーフ、バトルサーフ、サーフサイドの出番が少なく
なってきそ~な予感がしますねっ。(爆)




「俺も愛用中やで~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

NEWステラSWにもリールスタンドを ♪


覚えてるうちにゲットしておかないと、またすぐに忘れてしまう、、、

そんなわけで先日、購入したNEWステラSWを開封した際にネットでポチっと
しておきました。コロナウイルス騒動もあり発送が通常より大幅に遅れる
可能性がある旨、注意書きが出てたものの、即行届きました!(笑)





シマノ「夢屋・アルミリールスタンド」


高級感?とゆ~よりより深い自己満足を得れる為にチタン製を?とも一瞬考える
も、正直ここをチタンにしたからといって元々自重のあるステラSWですし
まさに単なる自己満足になっちゃうだけ、、、また、シェイプ面から見ても
チタン製に比べるとこちらの方が接地面が広く安定感に優れているので
実用性を優先してアルミ製の物にしました。

カラーもゴールド、シルバー、グレー、レッド、ブルーと5色展開で、ブラック
&ゴールドが基調のステラSWにはゴールド、シルバー、グレーのいずれかが
マッチしそうな中、NEWモデルはXGはハンドルノブにゴールドがあしらって
あるのに対し、わたくしめが購入したHGの方はブラックが大半を占めている為
、リールスタンドだけでもビビッドなゴールドを持ってきたらどうかな?と。


ネジ方式なので早速取り付けてみましょう ♪







SWならではのスプールに施された流線形シェイプエッジを始め、要所要所に
ゴールドアクセントが入るデザインがゆえマッチしないはずがない!?

前モデルの方がハンドルが全てゴールドだったりで印象的にはゴールドの
占有率が若干多いよ~に思えたものの、実際見比べてみてるとそこまで
変わらないのかな?前モデルの方が明るめのゴールドで新作はやや琥珀味
かかった落ち着いた印象を受けますねぇ。


ん?でも、それ以外って前モデルとほとんど変わってないよ~な、、、
そう思って2台並べて比較してみるとやっぱりその通りかも!?(爆)

ドラグノブのカラーが前モデルはシルバー基調なのがNEWモデルではブラック
基調、それ以外、、、と言いますとなんとなくNEWモデルの方がハンドル部が
ごつくなった?イメージで持ち重りを少々感じるくらいかな。







ついでだったんでオーバーホールも終えた前モデルの方にラインの下巻きを
施しておきました。アキアジ作戦ではPE2号を200m巻いており5000番
スプールのラインキャパはPE2号だと350mなので下巻きが必要なんです。
やっぱり投げ釣りでは特にですけど、ラインの巻き量調整は飛距離にも
大きく影響してきますからマストで調整しとかないとね~っ。

この後、NEWモデルも同様に下巻きしておきましょう!これで今シーズン
からはサブを含めて2台のSW体制になりますので何かトラブルがあった時も
安心。まっ、SWって全てが強靭に作られてますしアキアジごときでは
まずトラブルは皆無に等しいんですけどっ。(笑)

ステラはどの番手も持った瞬間、軽っ!?って印象が真っ先にあり、SWの方は
ズッシリ重みを感じるも巻き心地の軽やかさだけはどちらも超シルキーで
感動ものですよね。あ~~~、早く使いたいなぁ~ ♪


写真を撮ってるうちに1点気付いた?気になった事があるんですが、このアルミ
リールスタンドはSW専用としてリリースされてたチタン製のモデルに比べて
長さが短いんです。ちょ~ど前モデルにはこのSW専用モデルが取り付けて
あったので比較してみるとほらっ、







結構長さが異なっております。


でもSW専用リールスタンドはもう廃盤になったのか?シマノのHPを見ても
掲載されてませんわ~。とりあえず1回アルミで使ってみて使い勝手がイマイチ
だったらSW専用に付け替えよ~かと検討中。




「まだ先になるね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「NEW STELLA SW 5000HG」


2019年に一部の番手をメインにモデルチェンジを果たしたシマノ・
ソルトウォーター用スピニングリールの最高峰「ステラSW」に今年新たに
10機種加わり、わたくしめも欲しい番手があった為発表された時点で即
いつもの釣具量販店に注文を入れておりましたっ。

ちょ~ど3月10日前後だったかな?入荷の電話がありすぐに受け取りに行ってた
ものの、仕事に宇和海遠征、エリアトラウトやらで忙しく、ど~せ使うのは秋に
かけてだししばらく放置しておこう、、、な~んて思ってる間に新型コロナ
ウイルス騒動が世界に飛び火して誰しもが混乱&自粛の日々に。


4月7日に緊急事態宣言が出されて以来、不要不急の外出を控えて命を守る為の
自粛に徹さないといけないと心掛ける中、そ~いえばほったらかしにしてあった
リールでもじっくり見てみよう!と思いようやく箱を開封。(笑)







シマノ「NEW STELLA SW 5000HG」


外観デザインは前モデルとそこまで大きく変わらないイメージではあるものの、
機能面では進化している部分が多く、ピニオンギア両端をベアリングで支持する
ことで軽い巻き上げを実現した従来のX-SHIP構造をより進化させた
インフィニティドライブ構造というものを搭載。

これまでピニオンギアで支持していたメインシャフトを非接触化し、特殊低摩擦
ブッシュで支持することでメインシャフトの摺動抵抗を大幅に軽減。加えて、
メインシャフト自体に特殊表面処理を施し、さらなる低摩擦化に成功し回転
トルクを従来比約30%低減&高負荷時でも積極的に巻き上げられるパワフル
なリールへと進化してるよう。


わたくしめがステラSWを必要とする作戦は秋口にかけての北海道でのアキアジ
作戦となり、今現在も前モデルの5000PGを愛用しております。

基本、デッドスローリトリーブがメインとなる作戦がゆえ理論上だけで言えば
巻き上げがスローでパワーはトルクがあって強靭という特徴のPG、パワーギア
が最も適してはいるんですが、いかんせん普段からトラウトルアーではハイギア
を使っているせいもあってか?回収時にめちゃくちゃ遅く感じてしまい遠投して
ればしてる程腕が疲れてくる、、、こ~いった毎回の巻き上げ時にストレスを
感じる場面が目立ち始め今回はハイギアモデルをチョイス。







■ギア比: 5.7
■自重: 420g
■最大巻上長: 97cm(ハンドル1回転)
■最大ドラグ: 13kg



前モデルのストッパーベアリング部に搭載し、高い防水性能の実現に大きく貢献
したXプロテクト構造も今回のNEWステラSWにはストッパーベアリング部に
加え、ラインローラー部にも搭載して更に防水性能が向上。

ストッパーベアリング部と同様に海水の侵入経路をシール部材で物理的に遮断
して高い水圧にも耐えられる構造へと進化!ラインローラー内部のベアリングを
過酷な環境下から守り抜き、従来品に比べてベアリングの耐久性は従来比
10倍以上になってるとありますねぇ。

推奨ライン号数もPE2~3号ですから、ちょ~どPE2号を使っているアキアジ
作戦にはもってこいの仕様。4000番でも全然大丈夫とは言えば大丈夫なん
ですけど、5000番の方が余裕を持ってファイトできるのでわたくしめは
5000番が好きかな ♪


握り易くパワーファイトに適したラウンドタイプのハンドルノブも標準仕様で、
ハンドルカバーがXGはゴールド、HGはブラックとなっております。







あとはラインさえ巻けばいつでも出撃準備オッケーなんですが、あはは、
先にも書いてましたよ~にアキアジ作戦は秋口にかけて最盛期を迎えるので
もう少し眠っててもらわないといけませんねぇ、、、


あっ、そ~だ!こ~やって手に取って見てるうちにリールスタンドの存在を
思い出しましたわ~。常に釣具は消耗品と考える傾向があり、気付かない間に
雑な使い方をしちゃってるJCA、、、、ついついタックルも戦場のそこら辺に
ポンと置いてしまいがちですからリールスタンドがあるのと無いのとでは
傷の付き方に大きな差が出てくるんです!(爆)

消耗品なら傷付いてもいいやん!っとなるのが普通だけど、なぜか気持ち的には
ステラなんかは可能な限り傷を付けたくない、、、

はいっ、めちゃくちゃ矛盾しております。(爆)




「早速ポチッと ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「フィクセル・ウルトラプレミアム 300」


朝からいつもの釣具量販店に行って発光玉など幾つかの小物を買い出してくる
、、、それだけのつもりだったのがお店から出ると手には大きなクーラー!?

あはは、実は予定通り小物を買い物カゴに入れてレジに持っていくと顔見知りの
店員さんからポイントが10万超えてますよ~と言われて、有効期限は無いに
等しいよ~なものだけどとりあえず何か物色してみよ~ともう一度店内を
ウロウロ、、、ちょ~ど3階に行った時に目に留まったがコレでした。





シマノ「フィクセル・ウルトラプレミアム 300」


ウル~ト~ラの父がいる、ウル~ト~ラの母がいる、そ~してタロウがこ~こ~
に~いる~ ♪ 懐かしのアニメソングを思い出してしまいました。(爆)

何て言いますか、、、ライトから始まってベイシスにリミテッド、プレミアムと
シマノのクーラーもグレードがかなりたくさんリリースされてくる中、ウルトラ
プレミアムとまでいってしまうとちょこっと行き過ぎ!?な~んて印象を受けて
しまったのはわたくしめだけでしょうか?

この30Lのフィクセルに関しては、わたくしめの出撃スタイルにおいて最も
使用頻度の高いクーラーとも言えるので、以前からもう1台追加してもいい
かなぁ~と考えてはいたのでいい機会ではあったんですが、

ウルトラプレミアムなるグレード、、、


一体何がどう違うの?(笑)


シマノのHPで現在愛用中のプレミアムと仕様を比較してみると、当然ながら
外寸法および内寸法は全て同じでプレミアムの重量が6.5kgに対してこの
ウルトラプレミアムは7.7kg!まっ、こ~ゆ~商品ってグレードが上がると
確実に価格もそ~ですが、重量も上がる傾向にありますよねっ。

じゃあその1.2kgの違いは何か?と言いますと、断熱構造がプレミアムは
6面真空パネル採用に対してウルトラプレミアムでは6面極厚真空パネル
となっ!?極厚なる文字が追加されて1kg以上も増えてるとゆ~感じ?









説明には上面、側面、底面の6面に機能構造上差し障りないところまで厚みを
上げた極厚真空パネルを採用してシマノ史上最強の保冷力を誇ると書かれており
、プレミアムの氷保持能力90時間からなんと110時間にまで格段にアップ!?

ほんとかなぁ~、、、ってここでもそんな印象を受けてしまったJCAでは
ありますが、それはまた実際に使い比べていくうちに実感できるはず?なんせ
20時間も保冷時間が伸びてる事になるわけですしねぇ。


遠目ではプレミアムとほとんど変わらないよ~に感じるも、よ~く細部まで
観察してみるとゴールドとシルバーに輝く月桂樹模様があしらってあり
少し高級感溢れるデザインになってのかな?

ただ、こ~やってプレミアムと並べてみるとやっぱり大差無し!(爆)





最終的にはクーラーはデザインより機能重視な為、1kg増えた分の保冷力の
差ってものを実感できたら万々歳ですねっ ♪ まず先にサーフイチローの
ホルダーをサイドに取り付けてから戦場へ持ち出しましょう。




「ウルトラの父がいる」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

Now Field「オーブン燻製機」


ネイティブトラウト作戦にハマって3年目に突入した今、これらを使った
FISH DINNERもルイベからお寿司、定番の焼き物他、和洋様々な
ディッシュをこれまで堪能し、更にこれからももっとレパートリーを
増やしていきたいと考えているJCAでございます。

そんな中、前々からいつか挑戦してみたいと思っていたスモークサーモンを
実現すべくこんなアイテムを導入してみました。





Now Field「オーブン燻製機」


見た目は大きな鍋!?のよ~ですが、これはれっきとしたスモーカー!いわゆる
燻製を作る物で世界初となるヘラ絞り加工による大型オーブン燻製機。

スモークサーモン作りには必須となる30℃以下で燻す冷燻、120℃のBBQ
燻製、高出力の瞬間燻製、サーモ制御による長時間燻製、熱乾燥可能オーブン
機能搭載でこれで“燻せぬものは無し!”と謳う最強スモーカー。


スモーカーって段ボールでできた安価な物から鉄製の筒状の物まで近くの
ホームセンターなどでも時々見かけたりしますが、どれも30℃以下の温度を
キープしたまま燻す冷燻が難しい、、、いや、寒い地方や冬場限定では可能
となるモデルもあったりしますけど1年中好きな時に冷燻となるとかなり厳しい
んです。まっ、やり方によってはある程度工夫のしようはあるんですけどっ。

わたくしめも勉強するまで全く知識が無かった燻製、、、どれも一緒の燻し方
に見えて実は大きく分けて冷燻、温燻、熱燻と3種類も方法があるんです!
名前の通り違いは燻す温度で肉類の燻製からハム、ベーコンを始め、ナッツ、
チーズ、サーモン他素材によって燻製方法を変えないといけません。

これら全てを1台で網羅できるこのオーブン燻製機は当然ながら他のスモーカー
に比べて少なくともゼロが1つ多いくらいの値段差はあるものの、やりたい事が
全てできるなら買っておいて損は無いかなぁ~と。(笑)







原材料はステンレスSUS304-t1.5で、ヘラ絞り技術を用いて一つ一つを
加工されており外寸Φ330×H220、バイメタル温度計取付穴Φ10-1、
煙抜け&サーモスタット用センサー穴Φ6-3、溶接、リベット加工は一切無し。
あらゆる燻製に対応するべく、剛性、耐久性、保守性を極限迄追求した燻製機
で製造に時間は要するも精度の高い高品質に仕上がっております。

熱源はガス、電熱器、IH対応とオールマイティーかつ、お手入れに関しても
つけおき洗いが可能で市販のどんな洗剤でも使える上、鉄製のタワシから
他なんでも気にせずゴシゴシ使用できちゃう程の強靭ボディ。


サーモ制御ができる温度計も付属しており業務用としても広く流通している
まさにプロ仕様!なんと高出力の煙で最速5分以下で燻香を付ける事が
できるんですから驚異的ですよねっ。





燻製作り愛好家たちの間では非常に人気のあるモデルみたく、わたくしめ
のよ~にスモークサーモンを作りたい!だけではなく幅広い料理において
用いられ家庭ユースでも重宝する1台のよう。

そんな満足の声を読んでいると、JCAも早く使ってみたくなってきましたわ!




「何か作ってみたら?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR