素晴らしい道の駅 ♪


ご当地グルメ情報!?そんな大それたものではありませんけどデイタイムが暇
なんで明日の3日目を前にちょこっと書いてみましたっ。

早朝とゆ~より深夜から戦場入りしてひたすらじ~~~っと陣地確保&夜明け
直前から超~短い時合いが始まりあっという間に終わりを告げてしまうここでの
アキアジ作戦、、、まっ、ある意味短期集中型なんで効率が非常に良いと言えば
そ~なるんですけど、遠征してきてる身からすればもうちょこっと時合いが長く
あって欲しいのが本音でしょうか。(笑)

さて、朝の漁を終えて撤収&片道40km近くあるクロネコセンターまで走ると
大体午前9時半前後と午前8時から営業しているセンターですからちょ~どいい
タイミング!ここで魚を発送し更に15km程走った斜里町のお隣の町、

「清里町」にある道の駅、





「パパスランドさっつる」


今年の春のカレイ作戦で訪れた時から、あっ、こんな所あるんだぁ~!と気に
なっていたものの、いかんせんカレイ作戦ではデイタイムでも戦い続けている為
、夕方撤収後わざわざここまで走る気力も無く行けず仕舞い、、、アキアジ作戦
で訪れた今回初めて行ってみましたよん ♪

宿を取っている時は全く気にならないものの今回みたく作戦上、出撃時間が
微妙な事から宿に泊まるより車内で仮眠した方がベターな時に必要になってくる
のが日帰り温泉!人によっては1~2日くらいならお風呂に入らなくても大丈夫
な方もいらっしゃるかもしれませんが、JCAは真冬でも絶対毎日お風呂だけは
入らないと気が済まない性格ですので遠征前から必ず日帰り温泉だけは
チェックするよ~にしております。

そしてこの道の駅には日帰り温泉が併設しており、かつここらの他の施設より
断然早い午前10時からオープンしているのもありがたいところ ♪ おまけに
中も清潔感溢れて綺麗ですし無料Wi-Fiの入る休憩室があるのも非常に嬉しい
ですよね。そんなのもあってか?車中泊で道内を観光されているキャッピング
カーも同じのが毎日駐車場に結構止まってました。


あはは、わたくしめ、清里町の観光局の者ではございませんが、ここでは
地場産の小麦、美味しい水、名産の長芋で作った七色(虹色)のわんこうどん、
“オホーツク清里虹色うどん”なる物が有名との事でメニューの写真も
美味しそうで早速昨日のお昼はコレを頼んでみました。





左の3つは熱いダシをかけて食べ、中央の1つはそのまま、そして右の3つは
冷たいダシで頂くと書いてありバラエティー豊かなわんこうどん!

うどんは非常にコシがあって美味しくビックリさせられましたが、実は
写真にある具材、、、全て長芋なんですわ~!?いや、てっきり写真じゃ肉類や
魚介類、他の野菜を使ったトッピングも混じっているものと考えて注文するも
どれを食べても長芋オンリー、、、付け合わせのパリパリスナックまで長芋で
美味しいけどさすがにちょこっと飽きてきたかも?(爆)


そんなわけで2日目の今日はいつも通り日帰り温泉で温まった後、違うメニュー
を頼んでみることに~。道の駅のレストランとは思えない程のメニュー数で
地元の鶏、野菜をふんだんに使った料理長お勧めのスープカレーが目に留まり
こちらを注文したところ大正解でしたぁ ♪





全ての具材が注文受けてから焼いてとなる為、少々時間は掛かるもののアツアツ
でお味も絶品!やっぱ北海道に来たなら普通のカレーじゃなく発祥でもある
スープカレーを頂いとかないとねっ。

地元で収穫された野菜はどれも噛めば噛むほど甘味が出てきて普段そこらで
食べているのと同じ野菜!?と思っちゃう程美味。これでお値段が1000円も
しないなんてまずわたくしめの地元関西とかじゃありえませんわ~。

嬉しそうにメニューも写真に撮ろうかと一瞬思うも、わたくしめのはグルメ
ブログでもありませんし空いてる時間だったのか?店員さんもじ~っとこちらを
見てたのもあり変に小っ恥ずかしくなりお腹もペコペコだったし、

即、いっただきま~す状態でした。(笑)


戦場からは結構距離があるものの、個人的には超~お気に入りの道の駅と
なりましたよぉ ♪ おそらくデイタイムがフリーな時限定の利用にはなる
ものの、また機会があった訪れてみたいなぁ~とねっ。

夜はウトロに戻ってよっしーと待ち合わせ&お勧めのお店へ。





どれを注文してもまず外れはない!と地元の彼が絶賛する程で、わたくしめは
オホーツクの海の幸がギッシリ詰まった海鮮塩ラーメン、よっしーはお刺身定食
を頼み明日も早い事からノンアルコールビールで乾杯となりました。

さてと、明日が最終日となりますのでラストスパートかけないとねっ!




「あっという間だな」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

子供の頃を思い出すプールバッグ


もしわたくしめが積極的にトーナメントなどに参戦してたりしたら、おそらく
みなさんやっておられるみたく背負子を改造したり限りなく小型軽量クーラー
にこだわったりしてるのかもしれませんが、ほんと年に数えれる程度!?
まっ、これはこれで超~楽しいのでシーズンによっては想像以上に多く行ってる
年もあるのかもしれないけど、とりあえず夏オンリーの作戦となる為、多少
嵩張ってもより快適な環境作りを優先してキスの引き釣り時には専用クーラー
以外にもう1つミニバッグを常に持っております。

今まではXEFOのウエストバッグがちょ~どいいサイズで愛用してきました
ものの、欲とゆ~のは尽きないものであれもあったらいいなぁ~、、、これも
暑い日には持って行きたい!などとどんどんニーズが出てきてしまい
ちょこっと前からこのミニバッグ自体を見直そうと考えてました。





えっ!?一体何をそんなにたくさん持って行ってるのか?と聞かれますと、
あはは、完全にわたくしめにとっての快適さを優先した物ばかりで不必要?と
言えば不必要な物が大半かもしれませんが、例えば日焼止めや汗拭きタオル、
キンキンに冷えたペットボトル飲料を入れた保冷ケース、キャップライトに
キンチョールにモスシールドのスパッタメッシュジャケットなどなど、、、
他にもあれこれ結構入ってます。(笑)

そしてこれを戦場に着いたらいつもクーラーの傍に置いて必要な時にだけ
ファスナーを開けて取り出すといった方法で使ってきてるんですが、場所移動と
なるとこれをまた腰に回してセットして~と結構面倒だったり、あはは、単に
JCAが横着過ぎるだけなんでしょ~けど外側に幾つか収納ポケットが付いてる
デザインがゆえ気付けば至る所?隙間などに砂が入り込んでたりして除去する
のが大変だったり、、、幾つか不満点も出てきてました。

要するにこ~いった砂浜がメインになる場合、複雑なデザインより超~シンプル
な方が使い易いってわけですわ~ ♪


そんな事を考えながらどんなバッグがいいかなぁ~?と探してると、たまたま
前に海水浴場でビキニのギャルが持ってたある物を思い出し早速近くのイオン
モールに行ってゲットして参りましたっ!









プールバッグ ♪


デザインに関してはJCAの趣味ってゆ~よりはサイズを重視してチョイスした
のでこんなんになっちゃいましたがマチも含め理想的なサイズの物が見つかり
ましたよん。プールバッグならオールビニール素材で水にも砂にも強くかつ、
お手入れもジャバジャバと水洗いできるのがメリット。

超~シンプルデザインで何でもかんでもほ~り込んでゆけます。(笑)


スマホや他電子機器類など不意の雨で濡れないよ~に、また中身をよりスッキリ
整理整頓する為に一部100均で売ってるビニールポーチを利用して分類分け。

これで完璧となりました。





夏限定でしか見かけないプールバッグではあるもののこんな用途で使ってみる
のもいいかも?少なくともわたくしめは今のところ大満足中でごじゃいます ♪




「どこか懐かしい」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

結局使えず仕舞いに、、、







先週末の出撃時に想像以上にアオイソメが余ってしまったので今週中にこれを
持って近場にでも?と考えてたんですがまさに寒の戻りの1週間で毎日極寒&
空いてる日に限って海のコンディションがイマイチだったりと結局計画倒れの
まま再び週末を迎えてしまったJCA、、、今時期適切な方法を取ればアオイソメ
を元気なままで保存するのは容易で昨夜チェックした時もピンピン状態でした
からど~しよ~か迷いました。

と言いますのも昨日からわたくしめ、海外出張が入っておりまして一旦出国して
しまうと3日は戻って来ない為、さすがにアオイソメをこれ以上保存してても
、、、となり、それなら近くの海にでも持って行って放流?と思いましたが、
それもそれで面倒だったのでちゃちゃっと塩で締めちゃいましたっ!


ここ最近残ったエサは近いうちに再び出撃して使ってしまうか、時間が取れない
場合はその場で放流しちゃうかのどちらかにしており、塩イソメを!となると
ちゃんとそれ専用にアオイソメを仕入れてきていつも大体1キロ単位 or 最低
でも500g以上からしか作らないんですけど今回は久しぶりに小口で。(笑)

締める前はボリュームあったよ~に見えたアオイソメたちも水分が抜けると
あれっ!?これだけ~、、、って感じになっちゃったので先日作った1キロ分の
ジップロックの中にほ~り込んで終了。適当っす!


さてと、本題のお勧め情報?といきましょ~か。


アトミックスライダーでお馴染みフィッシングショップ爆釣夢追人の店長さん
から数日前にお電話があり別件についてちょこっと打ち合わせをしている中、
そ~いえば随分前から間もなく発売開始!と発表されるもネットショップの
商品リストには依然掲載されていなかったあのハリスがついに生産完了となり
全号数発売中とのことなんですわ~。

んっ、どれのことやったっけ~?となられた方へコチラ、





あはは、ハリスは中央の2個で下に写っているモンベルの2017年度カタログ
とは全然関係ありませんよ~。

今年はガッツリ気合い入れテント多用で夏の夜戦をエンジョイしよ~と考えてる
JCA、こ~いったギア系のアイテムはアウトドア専門のモンベル製がお気に入り
でして何か新商品出てないかなぁ~とねっ。

もし出てれば買い替えようって思ってたテントに関しては目新しい製品は無く
わたくしめが持っているラインナップが未だメインラインのまま健在、、、
釣具メーカーと異なりサイクルがスローですね!ってゆ~か釣具メーカーが
早すぎなだけ!?毎年マイナーチェンジしたりしますからねぇ。(爆)





呼び名はリールアジャストシステムとなってますけど、このBoaクロージャー
システムは釣具ウェア関連でもお馴染み?いえいえ、今や定番になりつつある
便利システムですよね~。

過去にちょこっと聞いた話ではこのアジャスト機構に使われているコーティング
ワイヤーがたま~に錆びてきたり、切れてしまったりするらしいんですが、
今のところわたくしめが使っている製品では皆無で非常に快適に好みの
フィット感に設定できますので重宝しております ♪


今週は晴れの日が続くといいなっ。




「晴れるんちゃうの?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

タイムシ入れ、みぃ~つけた ♪


毎年夏に近付くにつれ店頭に姿を現すよ~になるタイムシ、その容姿&カラー
からして一見チロリの親玉?かのよ~に思えちゃいますが全くの別物!まっ、
原点を辿れば同種から派生しているかもしれないものの少なくとも様々な点に
おいて別物とJCAは考えているエサ。

その名前からしてもマダイを狙う際の特効エサとして瀬戸内を中心に昔から広く
愛用されてきており、実際にわたくしめ自身も過去にこのタイムシで数々の
大型マダイを仕留めてきております。


全くの別物としてみなす、、、その理由の1つにチロリと比較すると遥かに
希少価値が高いとも言え、当然ながらシーズンだからと言ってどこのエサ屋さん
でも扱ってはおらず主にエサ問屋など限られたお店で入手が可能な事、そして
国産、また中国などからの輸入物共に養殖ではなく基本、掘り師が海に出て
掘ってきているという点から悪天候が続けば入手不可能など常時供給があるとは
言えない所も希少価値が高い 常に高値で流通しているエサと言えます。

そんなタイムシですが、希少価値が高いとゆ~点より何よりも使った事がある
みなさんからすれば最もチロリと異なっている点はやはりあの忌まわしい体液
じゃないでしょうか?

よくタイムシの体液は毒があると言われるよ~に、切断した後にその切り口から
出てくる体液に触れてしまうと指など触れた部分の皮膚がしばらくすると
ドス黒い紫色に変色して約1週間程洗ってもなかなか取れなくなる、、、
経験された方も多いかと思います。

中性洗剤や石鹸を付けた目の細かいタワシ、軽石などでじっくり擦ってやれば
多少色が落ちるなど幾つか対処法も用いられておりますが、それでも数日間は
跡が残る、、、やはり最も効率の良い対策法はビニール手袋などを装着して
取り扱う!要するに最初から絶対に触れないよ~にする!

最終的にはこれしか無いよ~に思えます。





あくまでJCA個人の見解ですので決して正論とは言えませんが、過去の撃沈
データーおよび実釣における印象から見ると、食いの点においてはマムシと
あまり大差が無いよ~に思え、むしろマムシの方が食いが良いケースも多々
、、、しかしながら時と場合によっては絶対にタイムシが欲しいっ!無いと
おもいっきり困る、、、そんなコンディションもあったりするんです。


それはヌタウナギの存在!


水深が深く、また砂泥というよりは泥底に近い一部の戦場で外道として掛かって
くるヌタウナギ、、、白い極太ウナギのよ~な容姿でエサを捕食と同時に大量の
ヘドロを吐いてグルグル巻きになる、、、こやつが掛かってしまうとほとんどの
仕掛けがこやつを中心にヘドロ団子となって戻ってくると言っても過言で無い程
でマダイ作戦の外道の中でもトップを争う厄介者!

また、こやつの厄介はヘドロ団子のみならず時合いなるものがハッキリ存在し、
1匹掛かりだすと次々と掛かってくる、、、おまけに大好物がマダイ狙いの代表
エサともなるマムシ、ユムシ、アオイソメとなるともうお手上げ状態です。


そんな厄介ヌタウナギにも大嫌いな物ありまして、、、


まさにそれが今回ネタにしているタイムシの体液なんですわ~!

不思議な事にこの毒素と言われる体液ですが、嫌うのはヌタウナギだけでマダイ
、イトヨリダイ、アマダイといった鯛系の魚、他にはキスなど投げ釣りで本命に
据えられるよ~な魚たちは全然気にせず大好物のよ~に食ってくる、、、
ある意味夢のよ~な理想エサとも言えますよねぇ ♪

ですのでJCAの場合、ヌタウナギ対策としてのタイムシになっており、こやつが
生息している or していないというのを基準に持参するかど~かを決めて
おります!もちろん人によってはヌタウナギの観点からではなく、食いが違う!
タイムシがあるのと無いのとでマダイの釣果が左右されるとまでおっしゃる方も
多くいらっしゃいますから、

いろんな意味でマダイ作戦においては重要な位置にあるエサかもしれません。


これに関しては他の虫エサでも同様の事が言えるのですが、タイムシも自身の物
を含め体液が付いてしまうと一気に弱ってしまう傾向にあります。

1匹自体がマムシとは異なり非常に長く、身に弾力があるので専らカットした
タイムシは更に次の針に掛ける為にキープしておく事が多々、、、この際に
他の個体と一緒に入れてしまうと元気な物まで弱らせてしまいます。


ベストなのは隔離して保管する事!


そこで!少々前置きが少々長くなっちゃいましたが、今回ご紹介する便利グッズ
の登場となります ♪ あはは、決して大した物じゃありませんよぉ。







「ごはん冷凍保存容器」


ちなみにたまたまこの製品がそ~ゆ~名前を付けられているだけでもしかすると
メーカーが異なれば名前も異なっているかもしれません!

と言いますのも、この容器、、、今やあちこちに見かける100均ショップの
キッチン用品コーナーで売られている製品なんです。ダイソー、キャンドゥ、
セリアといった代表的なお店から聞いた事のないよ~なマイナーブランドまで
いろんなお店があれば、こういった容器もいろんな物が存在しております。

ただ、、、今回ご紹介しているタイムシを保管する用途では、上の写真にある
よ~な中段にメッシュの穴開きプレートが必要?付属してる事だけが重要なカギ
になってますので別にごはん用にこだわらなくても、似たよ~な構造
メッシュの穴開きプレートがあればどんな物でも流用可能とも言えます!

先にも書きましたが、わたくしめがゲットしてきたのがたまたまこの製品だった
ってだけなのでねぇ~。(笑)


使い方としては、切断した後からほ~り込むのでもOKですし1匹取り出して
この中に保管しつつ使ってゆく、、、って感じでもOK!まずはバケツに汲んだ
海水を容器にはって中断の穴開きプレートの上にタイムシをほ~り込みます。

下の写真ではまだどこも傷の無い元気な状態のタイムシを1匹入れてみました。





タイムシは非常に暑さに強い虫エサとして知られ、水温も30℃を超えるよ~な
温水の中でも全然余裕に生きてます!逆にマムシ、ユムシ、アオイソメといった
低温生物と異なり冷たさにはめっぽう弱くクーラー内で保管する際にも長く
元気に保つ為には氷から遠ざけるといった配慮も必要となってくるくらい、、、
ですのでクソ暑い真夏の釣りでも、海水に浸しておけるのならこんな感じで
クーラーから外に出した状態でも全然大丈夫だったりするんです。

戦場を持ち込んだタイムシを大量に、そして長期間元気に保存する為の方法は
また別にありますが、とりあえず直近で使う個体の管理で言えばこれで十分!


早速タイムシを針に掛けて必要な長さを取ったらそこで切断 余った物は
再びこの容器に戻すわけですが、当然一ヶ所でも切り口を作ってしまうと体液が
出てきます、、、他には元から傷が付いてて体液が出ている場合もあるものの、
小さな傷程度では虫自体にも治癒能力があるのでこれは稀で主に切断部からの
流出が問題となってきます。

再び容器に戻した切断後のタイムシはどんな感じになるか?など言うまでも無く
容易にご想像が付くかと思いますが、下のよ~に目に見えて海水を汚します。







あはは、絶対触れたくないですよね~。


流出直後の体液は写真のよ~に赤味掛かっておりますが、時間が経つにつれ
紫色に変色してくるので、目安としてはそうなる前に!この切断後のタイムシの
鮮度を少しでも長くかつ新鮮に保つ為にもできるだけ早く流出した体液を
取り除いてやる事が必要になってくるんです。

わざわざ他の容器にタイムシを移し替えて中の海水を替えてやるって方法も
ありますが、体液が目立ってくる度に交換作業、、、となると実際にやって
みると結構大変!それを一挙に解決?してくれるのがこの中段にある穴開き
プレートの存在なんですわ~ ♪

海水の取り替え方法は超~簡単!





体液を垂れ流し中のタイムシを載せた穴開きプレートのみを持ち上げて容器に
溜まった汚れた海水をポイ&新しい海水をバケツから汲めばOK!

後はこの穴開きプレートを戻すだけ、、、やってる事自体はおもいっきり単純で
、アホらし~~~&低レベルって思われちゃうかもしれませんけど、わたくしめ
的にはこの容器を発見した時は、お~~~っ!?これは使えるやん ♪ って
ちょこっと感動したくらい!まっ、だからと言って長々と紹介記事にしている
までは大げさ?いや~、最近ネタが無いもんでねぇ。(爆)


もしタイムシを使う機会があって、ハッと思い出して頂けたのならぜひ試して
もらえれば幸いかなぁ~。上蓋も付いてますからちょこっとした持ち運びにも
対応できますしサイズ的にもちょ~どいい感じ ♪

JCAの中ではヒット商品の1つとなっております。




「コレ、使えそう!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

真空パックで鮮度長持ち!「フードセーバー」


実は決してコレを購入する目的で訪れたわけじゃなかったんですよ~、、、
無くなりかけてたプリンターのインクをゲットしよ~と近くの大型家電量販店に
行ったところ、たまたま目に留まってコレ良さそうやん ♪ ってなってしまい
インクと一緒にお持ち帰りとなっちゃいました。(爆)


前々からたま~にではあったんですけど、また後日食べようとジップロックに
入れて冷凍庫内に保存してた魚がいわゆる冷凍焼けってのを起こしちゃったり
する事がありまして、、、まっ、何でもできる限り早めに消費しちゃえばOK
なんですけどあれやこれや保存していくうちに気付けば底の方のストックが
徐々に古~く、、、当初は鮮度抜群だったはずの食材が、、、いかんですねぇ。

そこで時々ネットなどでその対策法を調べてくうちにその存在を知り 一体
どんな商品が発売されてるのか?まで検索してきてた便利グッズがコレ、







家庭用真空パック機「フードセーバー V2244」


ネット上では幾つかのモデルが掲載されており、お値段もピンからキリまで
、、、JCA自身、詳しい知識はありませんのであくまで掲載されている説明から
しか分かりませんけど、やはり高価なモデルになればなる程高性能で魅力的!

今回訪れた大型家電量販店にはネットで掲載されてた人気モデルのうち3つしか
展示が無く、やはり群を抜いて際立っていた商品が最上位機種のコレでした。
この手の機器ってそんなしょっちゅう買い替えるよ~な物でもない為、高性能な
物をチョイスしておく方が後々あれが良かった~やらこれが良かった~って
ならなくて済みますしねぇ。(笑)


他の幾つかのモデルもそ~ですが、なんと言っても上位機種の魅力は好きな
長さでカットして使える専用真空パックロールが採用されている事!

わたくしめがゲットしたコレは20cm幅と28cm幅のロールが使用可能で
本体にすでにたくさんのパック類が付属してるよ~でしたが、今ちょ~ど
お買い得セールをしてたので28cm幅のロールをもう1本ゲット ♪ あっ、
当然ロールのみならずジップロックみたくすでに袋になっているバッグも
使えるよ~になってて何でも対応のありがた~い仕様。







スゲ~~~!?


キーボードで全て打つのが面倒なのでカシャっと写真でアップしちゃってますが
、ご覧の通りほ~んと何でもできちゃうみたい!


さぁ~て、早速ではごじゃいますが撃沈してきたキスちゃんを捌いてその一部を
真空パックにチャレンジしてみましたよん ♪





まずは専用真空パックロールを中に入れるキスちゃんの量に合わせて適当な位置
でチョッキン、チョッキンとハサミでカット&その切り口をフードセーバーに
セットし密封ボタンを押すだけ!赤色のランプが点灯したかと思えば10秒以内
に消灯。はいっ、これだけで切り口が高熱処理でシールされ袋状となりました。

そして中に1回で食べきれる程度に小分けしたキスちゃんを入れて、あとは
開封している側の切り口を再びフードセーバーにセット 空気の吸引&
自動密封ボタンを押すだけで、


ウィ~~~ン、バシュッ!





凄まじい勢いで一瞬に袋の中の空気が抜けて真空状態に!


スゲ~~~!?


真空パックがここまで簡単にできちゃうなんで想像してなかったのでただただ
スゲ~~~の連呼、、、切り口をセットしてボタンを押すだけ!それもたった
2回で後は全て機器側で密封&シール処理してくれますから小さな子供でも
余裕で作れちゃいます。(爆)

説明にも通常の約5倍の鮮度保存力と書かれてますからわたくしめの今の魚の
消耗ペースなら常に鮮度が高いまま頂けそう ♪

すぐに食べるなら冷蔵庫に、しばらく保存しておくなら冷凍庫に入れて、、、と
取り扱いはいつも通りでOK!この状態なら誰かにお裾分けしても喜んで
もらえますよねっ?あはは、果たしてここまでやるか不明ですけど!

スーパーなどで普通に売られている魚の真空パックみたいでしょ?







コレは今後かなり重宝しそ~ですよねっ ♪




「コレ、いいね~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR