無の釣り、、、 北海道・函館市 / 函館沖堤防 (2日目)


明日は出船が午前3時半なので午前2時50分にはホテルまでお迎えに
行きますね~と約束し、そのままチェックイン&即就寝、、、結構早めに
寝たのもあり目覚めた頃にはスッキリ爽快なJCAでございます。(笑)

まだ真っ暗なうちから函館爆釣会“クロちゃん”と合流し、車で先導して
もらいながら昨年の春にも訪れた覚えのある渡船乗り場へ。





お天気は昨日に引き続きやや微妙?な感じですけど週末ですしそれなりに人も
、、、と思っているとめちゃくちゃたくさんいらっしゃるではあ~りません
かぁ~!?聞けば今日は何かの大会が催されるみたくわたくしめら2人除いて
他は全員そのメンバーとのこと。続々といらっしゃいます!

ありがたい事に大会主催者の方からお好きな場所を言って頂ければそこには
うちらは入りませんからと打診がありわたくしめはどこがどんな感じかサッパリ
ですのでクロちゃんが悩んだ挙句、白灯台にしましょうと決めて下さいました。


そして午前3時半キッカリに出船!


まずは定員の問題から赤灯台へ渡られるグループを先に渡し、その後2番船で
残り3ヶ所の沖堤へ振り分け。ここは道南屈指の巨大港ですから沖堤も4ヶ所も
存在し、それぞれ潮通しや海底ストラクチャーなど様々な面で異なっている
そ~な、、、ちなみに昨年連れて行ってもらった所は赤灯台でした。







「函館沖堤防」


今朝は目の前をフェリーやタンカーといった大型船が出入りする航路筋に面した
白灯台先端部からファイヤー!

なんせ先端部周りは一段低くなっている上、至近距離を1万トンクラスの大型船
ばかり通過する為、満潮時や少しでも荒れている時は引き波が足元を時折
洗うスリリングな戦場、、、今日は風も非常に強く少々ウネリも入っている
ものの満潮を迎えるお昼頃までは波が被ってもまだマシでしたよぉ。


航路筋にあたるがゆえ軽く投げてもタップリ水深があり雰囲気的には大物が
潜んでそ~な感じがしますが、立地上潮流の速く動き出すとシンカーごと
ゴロゴロ流される場合もあれば上潮と底潮の動きが異なる二枚潮にもなったり
してて大潮回りだと大変だろうなぁ~と、、、


すぐ近くで大きな渦が無数に形成されてラインが斜め右へ次々と流されていく中
、少しサビこうと仕掛けを動かしてみるとこれがまた即行根掛かりしちゃって
るんです!?そう、ターゲットがババガレイだけに海底は岩や他シモリが多く
点在しているよ~で一時根掛かり地獄と呼んでも過言では無いレベルまでに!





ラインブレイクしちゃったり、たまにおもいっきり重くなって回収されてきたと
思えばホヤや小さなホタテが付いた石の塊、、、2人して海底の掃除をしている
よ~ですねぇ~と苦笑いしながら攻撃は続きます。

朝マズメも一切アタリは無く終わり、午前10時になってもノーフィッシュ
、、、それこそアイナメなんかが居れば必ずアタックしてくるはずなのに
何の反応もありません。ってゆ~か魚っ気が自体が全く無く、エサ取りの
小魚のアタリですら皆無に等しい状態、、、


そんな中、ようやくクロちゃんが手のひらサイズのミズクサガレイを撃沈&ポイ
されたと思っているとわたくしめの竿に超~微弱なコンコンと共に、







ミニチュアサイズのマコガレイとアイナメ。


ちなみに水揚げした魚はこの2匹のみ、、、(泣)

いや~、昨日の時点では良型のマコガレイにアイナメばかりでどれだけ
頑張っても本命が現れない!って文句を言ってたのに、今になって思えば
本命とは違えど魚が釣れててくれただけまだマシでした。


ほんとどれだけ積極的に攻めの釣りをしてても根掛かりだけで生体反応が
見られない無の釣り、、、分かってはいてもここまで渋いと辛いですねぇ。

クロちゃんと打ち返しをしては灯台の基礎の上に腰掛けて雑談会 入港して
くるフェリーを眺めながら仕掛けのチェックしてみたりの繰り返しであっという
間に時間が過ぎて午後13時、、、撤収のお時間となってしまいました。





大会のみなさんの釣果では他の沖堤にはなりますが、投げではなくブラーで
探ってババガレイを撃沈されてらっしゃる方も居たそ~で魚自体はどこかに
潜んでる!ただ、それが自分たちが投げている範囲に居るかど~か、、、と
あとはそれが食ってきてくれるか、、、ああっ、ババガレイ作戦は修行の釣り
だぁ~と改めて実感し2日目は終了となりました。


帰り道は嵩張る荷物など全部クロネコセンターから配送&空港でチェックイン
まで済ませた後、レンタカーの返却時間まで少々時間があったので近くの
ご当地グルメレストランに行って人気のB級グルメ?チーズがたっぷり入った
カレーを食べてから大阪へ帰ってきましたぁ ♪

あはは、もう他のメニューはほぼこれまでに網羅してきますので試した事が無い
メニューとなるとこのカレーくらいだけ?だったので。(笑)









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「ほんと無の釣りやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

44、42cm マコガレイは本命ではなく、 北海道・函館市 / 太平洋 (1日目)


レンタカーを借り、まだ道内を長旅中の'05スピンパワー他、荷物をクロネコ
センターで受け取ったら辺りはもう真っ暗!まずは近くのコンビニで買い出し&
駐車場で荷物の入れ替え作業をするもキャップライトが無いと全く見えない状態
で超~面倒、、、おまけに夜間の気温も17℃もある為、光に虫が寄ってきて
「北海道」上陸早々試練が待ち受けておりました。(爆)


荷物の整理が一段落ついた時点でもう午後21時前、さすがに時間的にホテルに
入ってもまたすぐ出て来ないといけないので昨夜はそのまま戦場へ直行し陣地
を確保してから車内でしばし仮眠でも~と。

当初考えていた計画では、今日は椴法華港でやろうと思ってたんですが、
戦場に行ってみるとすでに先端部&手前の実績場には三脚がビッシリ並んで
いてアウト!急遽、来た道を戻って以前戦った事のあるここでやっと
落ち着けたって感じでございます。


ジジジッ!


夜明け直後の午前4時10分、比較的近投してた竿からドラグ音。





早速本命のお出まし!?とドキドキしてると、

38cm マコガレイでした。


心地良い締め込みと共に横へゆっくり泳ぎながら足下まで来ましたので確実に
カレイというのはすぐ分かったものの、そ~いえばここは本命のみならず
マコガレイやイシガレイ、マガレイなども居る事を忘れておりました。


今、アタリが出た位置は昨年初めて来た時には高確率で根掛かりが発生したのを
覚えておりますが、底が変わったよ~で今回は特に問題無くサビいて来れます。

すぐさま同じピンポイントへ仕掛けを投入しドラグをやや緩めると今度はお隣の
そこそこ投げてた竿からドラグ音が鳴り、竿を持ってアワセを入れた途端、
今投げたばかりの竿もガンガン叩かれ始め同時多発テロの如く、







同サイズ、39cm マコガレイを立て続けに2匹撃沈!


どれも良型揃いで外道としては非常に嬉しいものの、やはり本命の気配が
ありません、、、基本、ターゲットはシモリ際に潜んでる事が多いので砂地の
部分を狙っていても微妙か?と思い、アタリが一段落したら根掛かり覚悟で
テトラ際や他広範囲に投げ分けて探ってみよ~と。


決してフラット帯が多い海底ではない為、わざとシモリ際を意識して投げて
いると早速根掛かりが多発し回収できる時もあれば仕掛け部でプッツンしちゃう
時もたま~にありますが、数日前の記事にもアップしてましたよ~に今回の
ラインシステムはナイロン7号の通しな上、シンカーも自作のL型ジェット天秤
および砂オモリを多用し仕掛け部との強度調整もしっかり計算&対策を取って
きてるので回収率も高くそこまで根掛かりしても苦になりません。

カレイ作戦においては、どこの戦場でも常に崩したくない基本スタイルが
ありますからそれを主軸に前回の経験&データーを基にして仕掛けから全て
専用で新規作製して参りました!今のところ非常にいい感じです ♪


おっ、根掛かりしたけど竿を大きく数回煽ると抜けてきた!?と思い仕掛けを
回収してると途中から竿を通じて伝わってくる強い締め込み!


グゥ~~~、ゴンゴンゴン



こやつは重量感もありますしもしかして!?と期待するも、





42cm マコガレイでしたわ~、、、


結構プッツンが頻繁に起きてた部分から、それも最初根掛かっていたのが
抜けてきたって状況でしたから絶対今度こそ本命と思ったんですけどねっ。
でもまぁ、超~肉厚な個体で煮付けにしたらめちゃくちゃ美味しそう ♪
ありがたくキープさせて頂きましょう。(爆)

午前11時まではアタリが出るとほぼ100%マコガレイというパターンで主に
40cmまであと1~2cmという良型ばかり!あっ、数匹30cmあるか無いかの
マコガレイとイシガレイが釣れましたがこれらは全てリリースしましたよぉ。


天気予報では夜明けからず~っと雨がパラついているはずなんですが、ラッキ~
にもどんより曇っているだけで今現在まだ水滴は1滴も落ちてきておりません。





「太平洋」


実際には沖から風が強めに吹き付け、外海はやや波も高めかつウネリも入って
いるみたいですけど、防波堤の高い胸壁&沖堤に囲まれた立地ですので
ご覧のよ~にとても穏やか ♪ こんなコンディション下、朝イチで見に行った
椴法華港はどんな感じになっているのか?よく分かりませんが、函館市内は
降ってるみたいですし今日はここで良かったかも?


この感じなら先程満潮を迎え潮止まり、再び下げに切り替わるタイミングでも
何かしら反応があるだろうと予想していると潮が顕著に動き出した途端、
根掛かり地獄、、、厳密に言えば根掛かりではなくコンブを主体にワカメなど
切れた海藻が固まりになって水揚げされてくるんです。

しばらくして分かった事なんですが、ど~やら沖から帰ってきた漁船が一旦
漁協前で積み下ろし作業をした後、不要?なコンブや海藻類をちょ~どJCAの
戦っている真正面やや沖に再び持って行って海に捨てているよ~なんですわ~。


ズッシリ重~くスローペースで水揚げされてくる海藻類を取っては打ち返し、
時々ガッチリ根掛かりの中、かなり乱暴なドラグ音がっ!


ジ~~~ッ、ジイッ、ジイイイッ


底へ潜るよ~な締め込みはなく首をやたら振ってる、、、もしや、





48cm アイナメ撃沈。


やっぱりあんさんかぁ~と言いつつも味噌漬けにして食べるとすごく
美味しかったのを思い出してこやつもスカリにキープ。

時間は正午を回ってすぐ辺りで、時合い?あまりこの魚に関しては関係無さそ~
ですが面白い事に35cm前後の個体含め4匹もアイナメが連続!?こやつは
そんなたくさんお持ち帰りする気は無いので40cm未満の個体はリリースです。


潮の動きに呼応するかの如くアイナメの食いが立ったとなれば、カレイ類もまた
食い始める可能性も大!集中しながら積極的に仕掛けを動かしたりとアピールを
繰り返していると、またまたけたたましいドラグ音がテトラ際の竿からっ。


ジイイイッ!?


が、しかし、、、また首を一生懸命振ってらっしゃるんですよね~。(泣)







超~メタボな、49cm アイナメ水揚げ~。


ど~せならあと1cm大きく、50cmをクリアーしてればちょこっと満足できた
ものの、朝のマコガレイといい満足のいくガイドラインまであと1~2cm
足りない、、、みたいな惜しい思いをさせてくる個体が多い?あはは、まっ、
退屈しないペースで何かしら釣れてるので贅沢は言えませんね。(笑)

同じ北海道でもマガレイ、クロガシラ、ホッケがたくさん釣れた~って感じでは
なく、苫小牧港、室蘭港などによく似た特殊な釣り?常に貧果と隣り合わせの
博打的要素を含んだ作戦と今回は覚悟してやってきておりますので今日みたいに
美味しい外道が釣れてくれるのは想定外でビックリ ♪


だけど、そろそろ本命も顔を見せてくれてもいいんじゃないかなぁ~と思いつつ
今後の空模様&潮の動きを確認してるとど~やらここもあと2時間少々、
午後15時頃から大雨になる予報!雨雲レーダーで詳細を確認してみてもやはり
確実に雨雲通過ルートに入っているので夕方までやるつもりだったのを急遽、
変更して午後14時に終了&片付け開始に、、、


2時間程前に漁師たちが次々と捨てたコンブや海藻が潮流に乗ってこちらへ
流れてきてるみたく投げる方向問わずちょくちょく針掛かりしてくるよ~になり
、酷く仕掛けに絡んだ物はそこで終了として片付け、

大丈夫な物だけを再びファイヤ~。


ジ~~~~~~ッ


1回のみだけど地ベタを這うよ~な重たいドラグ音が鳴りました!


何度も底へ向けて突進するよ~な強い締め込みを見せていたのでこれはアイナメ
ではない!これは間違いなくカレイだと確信&期待しつつ慎重にリーリング、





44cm マコガレイ撃沈!


水面にお腹の白い部分が見えてきた時、一瞬楕円形の個体!?と思ったんですが
、単なる目の錯覚だったみたく肉厚マコちゃんでございました。


他のカレイに比べ圧倒的に個体数が少なく、修行の釣りが強いられる事が多い
本遠征の本命ターゲット、ババガレイは今日はお留守だったようです。(笑)

その後も片付けを同時進行しながら粘るも、完全に針を飲み込んでしまい
グロッキーになった42cmのアイナメを追加しただけで午後14時半までには
終了 雨が降り始める前に撤収となりました。





戦場から車を発進させた直後くらいからポツポツと大粒の雨が降り始め、
10分もしないうちにワイパーを最速で稼働させててもまだ前が見えない
くらいの集中豪雨に、、、こりゃ、相当降りそう!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「明日は大丈夫!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50、43cm クロガシラカレイ撃沈 ♪ 北海道・室蘭市 / 室蘭港 (2日目)





昨夜はライトアップされた美しい白鳥大橋を眺めながら就寝 ♪


初日の作戦終了後、これまた超~久しぶりに白鳥大橋の袂近くにある日帰り温泉
に行ってリフレッシュして夕食を食べながら“赤のエロ男爵さん”と作戦会議。

わたくしめの記憶ではこの港の特徴としてシーズン初期は湾奥部から釣れ始め、
次第に湾口近くへと移ってゆく、、、もし昨日戦った戦場がまだ水温が不安定
で釣れてないとなるともしかすると、

この辺だったら魚に巡り合える可能性があるのでは?


そうひらめき、早速その位置へ移動し場所を確保してから車中泊とゆ~流れに
、、、って、実は2日目の今日は夕方の便で帰還しないといけなく釣りができる
のは午前中いっぱい!時間がもったいないので夜のうちからダメ元で仕掛けを
投げておきましょうか~と到着早々投げてはみたんですが、

あはは、投げた仕掛けに百発百中でエサ取りのガヤが掛かってくる為、一気に
萎えてしまい中断!また、1時間もしないうちにまとまった雨が降り出したので
全てそのまま放置して車内に逃げ込み 爆睡。(笑)


さすがに車中泊2晩目となると2人共疲れていたみたく午前3時半にアラームが
鳴り響くまで一度も目覚めずファラオ状態!そして起きた頃にはもうキャップ
ライトが無くても手元が見える明るさになってました。


グッグッ


グイグイ、グゥ~~~!


夜明け直後の午前4時過ぎ、1投目から生体反応があり強い締め込み!







50cm クロガシラカレイ撃沈 ♪


朝イチからいきなり本命、それもゴーマルサイズが飛び出したのでちょこっと
拍子抜けしちゃいましたわ~!

いくら久しぶりとはいえ、この港に来たからには何としてもゴーマルを1匹は
仕留めないと格好付かないなぁ~と密かに思ってましたからホッとしました ♪
これでとりあえず目標達成でございます。(笑)

ご覧のよ~にめちゃくちゃ体高のある肉厚個体でランディングした瞬間はもっと
大きいのでは?とかなり期待しちゃいましたが、実際に測ってみるとジャスト。
わたくしめが必死に通ってた頃も大型は微妙にずんぐりむっくり?体系が
多かったイメージがありますねぇ。


こやつも昨日の魚同様、贔屓にされてる居酒屋さんに食材として持ち込まれる
エロ男爵さんに貰って頂くことに~。お造りなんかにしたら相当量取れる
でしょ~し煮付けにしても立派な感じになりますよね。


午前7時には青空が広がって気温は急上昇。


早朝は防寒着を着てないとちょこっと寒く感じたものの、太陽が昇り始めると
同時に蒸し暑くなってきて今は半袖で気持ちいいくらいに ♪







「室蘭港」


車横付けで超~楽チン ♪ エサチェックをした後車内で待機しようものなら
ポカポカ気持ち良~くなって何度も夢の中へ引きずり込まれそ~になります。


満潮を迎え藻が絡むのが少しマシになったかな?ひじきみたいなフサフサな
藻からコンブまで投点によって or サビいて誘いを掛けてくるうちに針に
絡んで結構厄介!コンブは別として細かい藻に関してはおそらく水温上昇と共に
切れて無くなるはずなのでおそらくまだ水温は低めなんでしょうねぇ。

次に食いが立つとすれば下げに切り替わり潮が再び動き始めるタイミングか?
と予想しつつ、それに合わせて全ての仕掛けを新しいエサに交換してファイヤ~
してみると、まさにそれに応えてくれたかの如く、


グッグッグッグッ!


小刻みにブルルッと頭を振った後左へラインが走ります。







43cm クロガシラカレイ撃沈!


水面でタモに入れた時は朝イチのゴーマルとは逆にもしかすると40cmも
無いかも!?って思うも超えててくれました。1匹目からデカいサイズを見てる
とどこか感覚がマヒしてしまいよく分からなくなる事ってありません?(笑)

お腹の白い部分に細かく黒の色素が点々と散らばる個体、、、まだ年季の入って
いない居付きなのか?クロガシラって室蘭に限らず時々こんなのいます。


巨大港のちょ~ど中間点に位置するここでも気持ち悪いくらいヒトデは皆無で
ほんとに死滅しちゃったんだなぁ、、、と改めて実感。昨夜暇だったので
ネットで調べているとウイルスの感染によるヒトデの大量死って世界の至る所で
発生事例が残っており、どれもウイルスによるものとはまでは解明されている
ものの、その発生源なの何がトリガーになっているのか謎が多いそ~な、、、
何やら感染すると溶けるみたいですねぇ。

ただ工業港といった工場からの排水に混じる化学薬品がウイルスの原因になって
いる所もあったりしてたので、室蘭の場合このケースに当てはまるのかな?
実際は分からないけど非常に気になったのでのであれこれ調べてました。(笑)


夜間は無機質な場所って印象を受けますが、







すぐ近くには自然の残る山が連なっているせいか?デイタイムはとても
工業地帯とは思えない景色で好き。

あれっ!?確か背後には倉庫っぽい建物があったよ~な、、、


午前11時を回ってあと1時間半もすれば片付けていかないと間に合わない
なぁ~とポカポカ陽気の下、打ち返し。タイミング的には今もまだ時合い
真っ只中のはずなんでしょ~けど、クロガシラ自体がマガレイみたく大きな
群れを成しているわけでもないのでなかなかアタリが出てくれません。

でもまぁ、午前中だけで本命を2匹も撃沈できたので良しとするべきですし
そろそろ仕掛けを回収した竿から片付けていこうと準備に取り掛かっていると、


ジイイイッ、ジイイイ~~~ッ!


鋭いドラグ音っ。





47cm アイナメでした。


ドラグ音から引きに至るまでここまで乱暴だとまずカレイ類では無いな~とは
すぐ想像が付きますし、この戦場で他のトルクがある魚って言うとやはりこやつ
しかいませんよね!昔もここでは結構な数のアイナメが外道として釣れてたの
思い出しましたわ~。どれも真っ黒な個体だったよ~な、、、

黒味が掛かった紫の藻やコンブがうっそうと茂っているエリアになりますから
保護色でこんな感じになるんでしょう。食味についてはここのアイナメは
一度しか食べた事が無いのでもう覚えておりません、、、ただ、捌いた魚全てに
寄生虫が入っていたのだけは鮮明に思えてます。(爆)

エロ男爵さんの居酒屋食材用スカリにほ~り込ませてもらうことに ♪


その後、約1時間片付けと同時進行で作戦も頑張るも釣れたのは巨大なコンブの
塊だけで2日目は終了となりました。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー船ハリス 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: がまかつ・A1 トーナメントカレイ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「何とかやね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

6年ぶり? 北海道・室蘭市 / 室蘭港 (1日目)


3月からず~っと長旅に出ているわたくしめの'05スピンパワー、、、実はまだ
自宅には一度も戻らず北日本を旅しておりました。(爆)

覚えておられる方もいるかもしれませんが、ちょ~ど4月に島牧村へ海サクラを
狙いに行った時のブリーフィングで札幌市内のびっくりドンキーで待ち合わせて
茶~をしてたお相手、、、そう!超~お久しぶりとなる“赤のエロ男爵さん”
タックル類を預かって頂き、そして今回コラボとなりました ♪


彼とは以前何度かご一緒した事があり、その後しばらくご無沙汰になっていたん
ですけど、聞けばプライベートが非常に忙しくなり一度投げ釣り自体をやめ
タックルから全て売却してしまわれてたよう、、、最近になってようやく復活
されたみたくおニューのタックルはやはり赤好きな方だけあって赤スピン!

昨夜の伊丹からの最終便で新千歳空港に入り、到着ゲートで合流後そのまま
一路戦場へ、、、シーズンになると場所取りが大変になる戦場がゆえどれだけ
遅くても日付が変わるまでには戦場入りしておきたいとゆ~計画からの動線。


戦場に到着すると一級ポイントとされる角の部分には三脚がビッシリ置かれ、
更にランタンを何個も吊るして夜間オープンの露店街みたくなってたので手前の
釣り座で陣地を張り夜明けと共に攻撃開始となりました。(笑)


ジジジッ?


朝イチに40cmのケムシカジカが釣れたと思ってると再び、







45cm ギスカジカ出現!?


ここってシーズン終盤になるとたま~に沖から良型のカジカが入ってくるとは
過去に聞いた覚えがありますけどこんなにカジカの魚影濃かったっけ~?

まっ、もう何年も来てませんから海底のコンディションが少しずつ変わって
きててもおかしくない?一応、エロ男爵さんがいいね~とおっしゃってたので
スカリにほ~り込んでキープです。


昔戦ってた頃の戦術を思い出してキャスト 積極的にサビいたりしながら
アプローチしてゆきますが良型のカジカを3匹撃沈した以来、一向に反応が
ありません。ここってこんな感じだったかなぁ~?と再びいろいろ思い返し
ながら打ち返しをしているうちに気付いた事がっ!


そ~いえばヒトデが全く居ないんです!?


それこそ当時は全ての仕掛けを投げ終えるとすでに最初に投げた仕掛けには
巨大ヒトデがパーフェクトで付いてズッシリ重~~~く、、、回収して外して
またキャストの繰り返しで丸1日気合い入れて戦ってると足元にヒトデの山が
必ずできてました。なのに1匹も掛からないんです!?

一体どうしたんだろう?と考えてると、地元の方でほぼ毎日のよ~に通って
らっしゃる方がわたくしめを覚えて下さったみたく声を掛けてきて下さり
いろいろ教えて下さいました。







「室蘭港」


エロ男爵さんの復活戦とゆ~ことでどこの戦場へ行きましょうか?と話し合うも
、彼のリクエストでぜひとも室蘭でデカいクロガシラを釣りたいとなりここへ。
一時期はわたくしめも毎年大型クロガシラを求めて通っておりましたけど、
目標が達成しちゃった後はめっきり足が遠のいてしまってました、、、

もうあれから6~7年になるんでしょうか?確かに魚自体のサイズはどれも
デカイのが特徴なものの、食べるという観点から見ると、、、寄生虫が頻繁に
入ってたりとど~しても他の戦場と比較してしまうと劣るんですよね、、、


今回はもし何か釣れたら全てエロ男爵さんが引き取って下さるとゆ~ので
とにかく型狙いで頑張ってみよ~と攻めの攻撃スタイルでいくも正午を迎えても
30cm前後の小さなクロガシラが数枚のみ。







相変わらず奇形の個体も多いですねぇ、、、


地元の方曰く、今年はまだ水温がかなり不安定みたく室蘭サイズと呼べるよ~な
個体は未だ釣れてないらしく熾烈な場所取りが繰り広げられる週末でさえ人も
まばらなそ~な、、、ちなみに現在角で戦ってらっしゃる方は今日で3日目
らしいのですがアイナメだらけでカレイはサッパリなよう。

通ってた頃は事前にしっかり情報収集してから巨大港のどの位置に入るか?
決めてましたが、今回は全て相方にお任せで何も調べてませんでしたわ。(爆)


あっ、そうそう!さっき話していたヒトデですけど、

どうやら数年前にヒトデが感染病な何かにかかりそれが伝染&拡散してほとんど
死滅してしまったみたく、近年は滅多に掛かる事はないよ~と。港のどこで
投げても気持ち悪い程大量に釣れたヒトデがこうも跡形なく消え去るなんて
、、、ちょこっと怖いですよね。おかげでのんびり釣りができるものの、
今度はマンダム過ぎて大変かも?(笑)


午後14時過ぎ、あまりにも暇なのでエロ男爵さんの陣地で雑談をしてると
彼の赤スピンの竿先がク~クッと押さえ込まれ、





お~~~、41cmをゲットされましたよぉ!

まだまだ渋いと言われている中、こ~やって1匹でも大型の姿見る事ができると
やっぱやる気が出ますよね~。

こやつのおかげで少々萎え気味だった2人はまた攻撃開始直後みたく積極的な
攻めのスタイルに戻り、遠近くまなく探り本命からのアタリを待ちます。


ジイイイッ!?


ドキッとするドラグ音が突如鳴り響いたと期待すれば、





あ~~~あ、47cm アイナメでしたわ~。


音からしてまともな感じがしたので超~慎重に対応してたんですが、途中くらい
から微妙に首を振ってるよ~な感覚が伝わってきたのでもしかして違う!?
って不安になり始めてると的中でした。

外道として釣れてくるアイナメに関しても最盛期ではもっと数も出てたよ~に
覚えてるけどそれも昔の話なんでしょうか?地元の方も近年は全然今時期
釣れなかったカジカがやたら増えておかしくなってきていると話されてましたし
、、、むむむ、地球が持たん時が来ているのだろうか?(爆)


だからと言って今から場所移動するのも億劫なのでとりあえず今日はここで
夕マズメまで粘って作戦会議をしようとなり、果てしなく続くマンダムタイムを
手抜きせずしっかり打ち返しました。

元々、朝から太陽の見えない曇り空でしたのであまり分からないものの、
間もなく日が暮れる~ってタイミングで、


ジイイイッ!


最後の最後に本命か!?







チ~~~ン、、、

また45cm ギスカジカ再来。


この1匹で心が折れてしまい初日はこれにて終了。

ゆっくり片付けをして駐車場まで戻ってくるとちょ~どいい具合に暗くなり、
我らと入れ替わりに夜戦のロックフィッシングのみなさんがわんさか入って
行かれました、、、確かにアイナメ、カジカなどを専門に狙うのなら今がベスト
なのかもしれませんねぇ。(笑)





ちなみにヒトデは1匹も掛かりませんでした。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー船ハリス 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: がまかつ・A1 トーナメントカレイ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「ヒトデが居ない!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

62、46cm サクラマス撃沈 ♪ 北海道・稚内市 / 日本海 (2日目)


ノシャップ岬から海岸線を少し南へ行った所にある日帰り温泉施設は非常に綺麗
で周辺のイメージからは想像できない程遅くまで多くのお客さんで賑わって
ました。なんせ道中いきなり人間よりデカい野生のシカが悠々と道路を横切って
いくのが3回も!?正直驚きましたわ~。(爆)

今時期の北海道は日暮れも本州と同じくらいまで日が長いのに夜明けは午前4時
前とめちゃくちゃ早く、夜明け30分前までには戦場に入っておきたいと思うと
起床は午前2時過ぎになってきますから初日の夜は久しぶりに車中泊。





念の為に昨夜のうちにコンビニで朝からお昼までの食料を調達しておき、
起床と同時に戦場へ!そ~いえば稚内市ってコンビニはセイコーマートしか
無いんでしょうかねぇ?他のコンビニは一切見なかったよ~な、、、

日付が変わった頃から小雨が降り始めて攻撃開始後しばらくパラパラ降って
ましたが、夜明けと共に止んだので特に海のコンディションに影響は無さそう
かな?昨日下見した時に数人のルアーマンが固まってた一級ポイントらしき
位置に入って数回キャストしてるうちに一気に周りに人が増えてきました。


ここでみなさんの戦い方を勉強しとかないとと思いリトリーブ中に周囲を観察
していると、やはり昨日地元の釣具店で教えてもらった通りちょうどサンドバー
になってる少し沖へルアーを投入して足元ギリギリまで探っているよ~な感じ。
人によっては近投に徹しておられる方もいます。

そうこうしてるうちに近くの方がアベレージサイズを1匹ゲット!おそらく
サンドバーより手前の近投範囲でアタってたようなので、お~~~、やっぱ
こんな手前におるんや~と驚きながらわたくしめもジグミノーを投げて同じ
よ~な距離帯を探るも反応無し、、、結局午前8時になってほとんど方が
帰られるまで何もドラマは起きませんでした。

ちなみに今朝周囲で上がったのはあの1匹のみ。







「日本海」


午前9時になるとわたくしめ含めて3人のみとなり、お隣さんと話をしながら
いろいろこのエリアの特徴や攻め方を教えて頂きながらひたすらキャスト&
リトリーブを続けますが、状況変わらず、、、それでもみなさんこの位置に
こだわられるのはやはり一級ポイントだからだそうです。

最近ではピンク系を基調にしたフラッシュ系がいいとの事でそれを意識しながら
ルアーのカラーローテーションしランガンでサーフを丹念に探るも1時間、
そして2時間経っても反応無し。


気付けば残りのお二人も帰られてわたくしめのみ。(笑)


もう午前10時を回っちゃってるしこのままやってても何となく釣れそ~な
感じがしないので、一旦車に戻って朝食を頬張った後、気分転換兼ねて
話をしてた方々から教えてもらった他の戦場も見に行ってみることに。

オホーツク海側を3ヶ所程見て回るもどこもウネリと濁りが酷くて魚が居るって
イメージが全く無く、結局見て回るだけにして朝の戦場に戻ってきました。


正午過ぎ、戻って来たと同時に水滴が落ち始めて、





土砂降りに、、、


北海道全域にかけて低気圧が次々と通過していってる状態ですので大気の状態が
常に不安定でこんな急変も仕方ないんですけど、、、よりによって今降るか!?
と突っ込みたくなります。まず今は外に出たくありませんから車内でシートを
倒してしばし休憩 いつの間に深い眠りに落ちてしまってました。


午後15時前、ようやく雨が上がり外に出る事ができました ♪


今日は暗くなるまで頑張って投げまくるぞ~と睡眠を取った事でテンションが
回復傾向にあるJCA、ウェーダーを履いて再び浜に降りてみると今度は斜め前
からの爆風!?雨が上がると次にやって来るのは風、、、と容易に想像できる
もののこんなすぐになるかなぁ~ってまたまた突っ込みながら作戦再開。

こちらへ来る前に地図だけ見ながらだとこの風が吹いたらこっち側に逃げれるし
、逆にこ~ゆ~風向きならこちらが凪になる、、、などエリア的に全天候側と
楽観視してましたが、実際には地形から風が舞ったり、また凪でも濁りが
おもいっきり入ったりとなかなか簡単じゃありませんでした。


やや濁り気味でかつ空は薄暗く斜め前からの爆風というコンディションに対応
すべく、今回持参しているルアーの中でアピール力が強く飛距離が稼げる
昨日と同じこのアカキンがベストかな?と、、、ってゆ~よりこれしか選択肢が
無かったんですけどねっ。もっと揃えないと!(爆)







写真で見てる限り無風&ベタ凪っぽいのですけど、これが顔が痛くなるくらい
断続的に風が吹いており、またそれによって砂塵が舞ってバチバチバチ~と
うっとおしいのなんの!青森県の六ヶ所村を思い出しましたわ~。

駐車スペース前で数投した後、また今朝の一級ポイント付近までランガンして
行こうか?悩むも昨日1匹撃沈できたのは真逆方向でしたし、ど~せなら昨日と
同じ位置でやってみようとキャスト繰り返しながら時間をかけて移動。


ワンキャストでできるだけ広範囲を探りたいので、投げ方もまさに普段やってる
投げ釣りと一緒になって力の限りおもいっきり遠投&水面直下を意識して常に
ファストリトリーブで戦っていると昨日とほぼ同じ位置にやって来た頃に、


ガツン!?


いきなりひったくるよ~にアタって続いて白っぽい物体が跳ねたんです!







46cm サクラマス撃沈!


跳ねた瞬間に間違いなく本命と確信したのでそこからはドキドキ。

なんせ元気いっぱいな個体でリーリング最中にテンションが強くかかると
一気に横へ突進したり跳ねたりと大変!管理釣り場で大型のニジマスを掛けた時
と雰囲気がそっくりです。とにかく落ち着いて今回はバーブレスフックじゃない
し~と自分自身に言い聞かせつつ慎重にランディング。

サクラマスは唇がとても柔らかく強引なやりとりをしてるとバラしてしまう事が
多いと事前に聞いてたのでホッとしました。


これで2日間ボウズ逃れ!あきらめずにやって来た甲斐がありました。


超特急で魚を締めて再びアタった付近目掛けてフルキャスト!

サクラマスのみならず基本、マス類は群れで行動する魚なので1匹居たら必ず
近くに数匹居ると信じて1投ごとにわずかに投点をズラしながら一帯を掃除
するかの如く探っていると、30分も経たないうちに今度は着水&リトリーブを
開始した途端にもの凄い勢いで、


ドスン!!!


締め込むトルクが半端じゃなかったのでこやつはデカイのでは!?


手前まではパワー勝負感が強くロッドの反発力を活かしていい感じで寄せて
来れたのに波打ち際寸前のあと10m前後という所で急に暴れだして左へ突進&
キツめに設定してたドラグがいとも簡単に出されてゆきます、、、

テンションを保ったまま弱らせてから最後に波のタイミングを見計らって
何とか無事にランディング成功!







丸々肥えた立派な個体!


62m サクラマス撃沈 ♪


暴れる度に銀ピカの細かいウロコがボロボロ剥がれて昨年撃沈した鮭児みたいで
非常に美しくかなり感動モンでございます。

いつの日か60mオーバーを撃沈する事ができたらなぁ~って夢見ていたので
早々に叶ったのは感無量です、、、改めて道北エリアのポテンシャルの高さを
実感しつつ、しばらく貫禄ある姿に見とれてしまいましたっ。


戦場によっては魚が回ってくると頻繁に跳ねたり、水面に背びれが見えたり
モジリによって波紋ができたりと何かしら変化をキャッチできるものですが、
今回はそ~いったのは一度も見られずひたすら同じ風景の大海原へキャストを
繰り返してたって感じ、、、でも釣れてくれました ♪


夕マズメに突入するとまた雨が降り出して即本降りに。


真上から降ってくるのに関してはレインウェアのフードがありますから
気にならないのに、斜め前から爆風に乗って叩き付けてこられると最悪!

それでも負けずにしばらく粘るも完全に反応が無くなってしまい終了。





上出来過ぎる釣果でございます ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: ダイワ・モアザンAGS 121XH カムイトゥクシー
■ リール: シマノ・'14ステラ 4000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: 岡クラフト・岡ジグ LT-35 サケ稚魚アカキン


「ビギナーズラック!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR