fc2ブログ

今朝も秘境でアキアジを ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


なんせ午前9時までに終漁しちゃったもんですから、そこから1日ど~しよう?
昨日は撤収後、クロネコセンターに直行して魚を送ってから温泉に浸かりたく
なっていつもの道の駅にある温泉へGO ♪ ゆっくり暖まって綺麗サッパリ
になってから網走市内のホテルへ。

連泊中なのでいつでも好きな時間に部屋に戻れるのが助かりますねっ。
ちょこっとひと眠り、、、と思いつつもお昼になってお腹が空いてきたので、





市内にある名物のどろラーメンを頬張りに~ ♪

そ~いえば朝食は食べてなかったのでめちゃくちゃお腹が空いてて唐揚げ
セットを注文するももの凄いボリュームなのを忘れてました!?でも、
揚げたてで美味しくてペロリと平らげてしまいましたけどねっ。(笑)

その後は中心部に行ってダイソーと釣具店に寄ってからホテルに戻ってお昼寝
、、、こんな贅沢&幸せな1日って無いわ~。


おかげで日が暮れた頃から急に目が冴えてしまい寝るのが大変でしたが、
十分睡眠も取れて2日目に臨みます!

先週があんな釣果だった為、正直そこまで期待はせずにもう1回だけ行って
今シーズンは終わりにしようと思ってたので今回も移動日丸1日含めた3日間
プランで今日が最終日となってしまいます、、、


今朝も午前5時に昨日と同じセブンイレブンで待ち合わせ。





まだキャップライトが無いと周囲が見辛い中、森へ突入。

今朝は“よっしー”は朝イチの仕事が急遽入ってしまったらしく午前6時45分
までには切り上げないといけないとの事!?

ってゆ~か、実釣1時間もできないかも、、、


まぁ、わたくしめも今日のお昼の便で根室中標津空港から帰らないといけない
為、長くはできないものの、それでも1時間かぁ、、、昨夜聞かされた時点で
そう思ってたんですが、なんと昨日に引き続き河口前の帝王こと“Y本さん”
来て下さる事となり最悪1時間で満足のいく釣果が出なかったら2人でなら
居残りも可能かと ♪

落ち葉が敷き詰められた道なき道?いや、急斜面を下り、最後に最も急勾配な
崖を木に結び付けたロープを伝いながら下りるとやっと海岸線に辿り着けます。
今朝の戦場は昨日とは異なる場所でココも今シーズンはまだ地元のよっしー
ですら一度も来てなかったとゆ~未知数な海域。


釣り座に到着すると目の前少し沖で1匹がポチャ~~~ン!

おるや~んと喜びながら早速攻撃開始となりますが、数投してるとアタっては
来るもリーリング中にフッとバレてしまいます、、、こんなのが立て続けに
3回も続いて何が原因なんだろうと思ってると、お隣でフカセで釣られていた
Y本さんも手前近くまで魚を寄せてきたバラシ、、、よっしーもフッキング
するのにバラシとど~やら相当食いが渋い?浅い感じです。


グッ、グッ、、、グウウウッ!


深く締め込んだ際におもいっきり鬼アワセを入れてようやく、





74cm アキアジ撃沈 ♪


4回目のアタリでやっとこさ1匹目をランディングできました。鬼アワセや追い
アワセをすればグサッと針が唇に刺さっていけるのか、、、な~んてわけでも
なく、打ち返してすぐ再びヒットするもまた暴れてる最中にバラシ、、、

このバラシの後、ピタっと止まってしまい戦場は静まり返ります。


さすがに昨日の戦場みたいに常に見える範囲のどこかでポチャ~ン、ポチャ~ン
してるよ~な状態ではなく、たま~に跳ねが見えても相当沖でまず岸から投げて
届く距離で無かったり、、、あっという間に1時間が経ってしまいよっしーは
早めに片付けてしばし雑談されてます。(笑)





「知床半島」





今朝は魚が遠いね、、、3人でそんな話しをしてるといきなり!


コツコツ、、、


グイイイッ!





不意打ちの如くおもいっきり手前!?まさにまもなく回収という波打ち際で
アタってきましたわ、、、一応魚は見えてないけど居るのは確か!足下が結構
大きなゴロタ石な為にランディングがちょこっと面倒な中、すぐ傍にいた
よっしーが仕掛けを持ってアシストしてくれましたぁ ♪

そして午前6時45分になり、彼は一足お先に撤収&Y本さんとわたくしめは
居残りです、、、とはいえ帰りにまた崖を登らないといけないのも考え
タイムリミットは午前8時半までに設定して攻撃続投。


アタリがありません。


到着した直後は何匹か跳ねてたのに地形上魚が溜まるとゆ~のではなく、
目の前の海域を行ったり来たりしながらグルグル回ってる感じでしょうか?

しばし休憩を取りながら雑談したら写真を撮ったり、、、


それにしても知床半島はどこで写真を撮っても何もかもが美しくてさすが
世界遺産に登録されてる場所だなぁ~といつ来ても実感させられます。





午前8時になりました。

時間だけが過ぎ去ってゆき、鏡のよ~に静まり返る水面を見ながらこりゃ
今朝はもうダメっぽいですね、、、Y本さんと話していると、何とな~く少し
右沖の方でモジリっぽい?水面に波紋が出たよ~な気がして早速そこへ
仕掛けを投入すると、


グイ~~~ッ!


着水と同時にアタってきましたよぉ。





73cm アキアジ撃沈 ♪


アタった位置を教えてそこへ仕掛けを投入されたY本さんにも即1匹ヒット!
更に跳ねまで見られるよ~になってきて群れが回ってきた!?

ランディングした魚を超特急で締めてすぐさま打ち返すとまたヒット ♪


グィ~~~イイッ!


ゴンゴン、バチャバシャ!









アタる、アタる ♪


さっきまでの魚っ気の無さがウソだったかのよ~に投げればフッキングにまで
至らなくても必ずコツコツと前アタリが出る高活性モードとなり途中2回
、バラシもあれど立て続けに4匹撃沈。

これがラストチャンス!1匹でも多く撃沈したいと思い必死で打ち返しますが、
4匹目撃沈の後に仕掛けを投入するとあれだけ出てた前アタリは止まって
しまい終わり!?それと同じタイミングで午前8時半にセットしてあった
スマホのアラームが鳴り響いてタイムアップです。


かなり後ろ髪を引かれる思いでしたが、これで撤収しないと飛行機に
間に合わなくなる可能性がある為、終了。

だけど考えてもみれば最終的に撃沈数は6匹になりましたしこれ以上キープ
してても帰りが重た過ぎてアウト。魚を背負ってまた崖を登らないといけない
のを忘れておりました。(汗)





これにて2023年のアキアジ作戦は終了です。




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'20ステラSW 5000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8+ 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: がまかつ・くわせアキアジ 20号
■ ルアー: リセント・ぐるぐるサーモン 45g


「最後に群れが寄ったね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

アキアジ爆釣、再び ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)





再び昨日、大シケになってたらしくまだまだ波は高い状態ではあるものの、先週
来道した時も初日よりはまだかなりマシじゃないです!?(笑)

これからシケる日が一気に増えて釣りをしたくてもなかなか気象コンディション
が許してくれないよ~になるオホーツク海、、、おそらく今回が今シーズン
最後のアキアジ作戦になりそうです。


って、、、もう終わってしまってるかも!?


先週貧果で帰ってから土日を挟んでおりまして、釣り人だけは相変わらず
たくさん訪れていたらしいけど一級ポイントで全員ボウズってのもザラみたく
日に日に魚影は途絶えていってるよう、、、

なんせピーク時のウトロ界隈の定置網では1つの漁船で1日20~30トンの
水揚げがあったのが昨日でたった1~2週間でどこも1~2トンになっている
そ~な、、、あと、枝幸界隈の漁師さんは終わったのですでに定置網を
上げていると聞きましたし今年はどこも終わるのが早そう、、、


そんな時期に性懲りも無くまた来道してしまったJCA、、、とにかく1日最低
1匹は魚の顔が見たいなぁ~と相方、SurFreyja“よっしー”に話して
いると、もうどこも魚が居なくなってしまってて釣れるとすれば、


崖しかないと!


ひょえええ~~~っと言いつつも先週の雰囲気からしても崖とゆ~選択肢が
出てくるのでは?ある程度は予想はしており、昨シーズンに険しい岩山を登る
為に購入した専用のソール、トレールグリッパーを装着したシューズも
持参して参りましたっ。





午前5時にウトロのセブンイレブン駐車場で待ち合わせ。


ココのセブンは24時間営業じゃないんですよね~。連泊中の網走市の
ホテルから夜間だと1時間かからず来れるので途中で食料などは買い出して
きましたが、いざとゆ~時にやってるお店が無いがちょこっと不便、、、








今朝はよっしーと常連さんの1人でもある河口前の帝王こと“Y本さん”も来て
下さり早速出発&結構長い距離を走ってようやくエントリー地点に到着。

最低限の物だけをリュックサックに詰めて超~身軽なスタイルで突入!崖は
急勾配でかつ足下が滑るので最低でも片手、可能ならば両手をフリーに
しておかないとかなり怖い、、、なので森を抜けた後はタックルもリュックに
突き刺して行きます。


1年ぶりにまたやって来た、、、まずは見える範囲にクマが居ないか?入念に
チェックしてから崖を下り始めます。当然普段から人間が踏み入れてる
場所ではないので道なんて物は無く、獣道っぽいのが所々あるのでそれを
利用しながらゆっくり斜め、斜めへとジグザグに下へ。

そして海岸線に到着するや否や時間が無いので超特急で攻撃準備を整え
ファイヤ~!今朝はまだラッキーにもよっしーの出勤時刻が午前9時とゆ~
のもあり帰りの時間を考えても午前8時まで釣りができます、、、

って、今がすでに午前6時を回ってるので実質2時間あるか無いか!?(爆)


コツン、、、コツ


グウウウッ!


1投目から即微弱な前アタリが出始めて一気に締め込み!





77cm アキアジ撃沈 ♪


波打ち際まで寄せてきた瞬間に黒っぽいシルエットが見えてうわぁ~!?
立派だけどおもいっきりブナ化したオス、、、

1匹目からリリースでございます。


全く同じタイミングで少し離れた所から、うわぁ~!!!というよっしーの声も
聞こえてきて即ポイされてます。

昨年来た時もそ~でしたが、時期的にど~しても接岸後真水を吸ってしばらく
経ったブナ個体が多い場所なんですよね~、、、でも、シーズンの早いうちは
ココに群れが溜まらないらしくなかなか難しい。別に河川が近くにあるわけでも
ないのに不思議、、、って思うけどあはは、しっかり溜まる理由がは幾つか
あるよ~でよっしーから詳しく教えてもらいました。


グイイイ~~~ッ!


ガン、ガン!グゥ~


1投1.5ペースでアタってきます!?







75、72cm アキアジ撃沈 ♪


1投1.5匹とは何ぞや!?

なんですが、よっしーがよくそんな表現をしており、まさに釣り堀&入れ食い
状態で1投してフッキングするも、回収中に暴れまくってバラしてしまっても
そのままそこからリトリーブをしてくるとまた他の個体がすぐアタってくるん
です!魚影が濃過ぎでしょ。


オスの大半は深緑からかなり黒っぽくなってるので釣り上げては即リリースを
繰り返し、たま~に混じってくるメスだけをメインにキープ。攻撃開始から
1時間もしないうちにあっという間に撃沈数だけは2桁台に、、、そのほとんど
がオスなのでリリースとなってますが、ちゃんと数だけは数えておこうと。


コツコツコツコツ


グッ、グウッ、グイイイッ!


どこへ投げても着水してリトリーブを開始した直後にアタってきます。









もうスケールでサイズを測るのすら嫌になってきました。(爆)


うわっ、またオスや! 即リリース、、、あ~~~、この強い引きからして
オスやぁ 即リリースを繰り返しながらひたすら打ち返し。

ほんと冗談抜きでランディングできる or フッキングが甘くてバラシなど
撃沈できるかは別として1投1匹ペースでアタってきます。

フッキングしたらすぐしっかりアワセを入れてはいるものの、それでもバレる
のは針掛かりしてる位置が唇の皮1枚だったり咥えただけなどいろいろある
みたく結論としてはバラす時はど~慎重にやってもバラしちゃいますね。


この頃になるとY本さんも一旦休憩、よっしーも飽きてきたと一休み中。


わたくしめもちょ~どさっき掛けたおそらく巨大なオスと思われる個体に突進&
岩の向こうに回り込まれてしまいPEラインが擦ってラインブレイクしたので
みなさん居る所に戻ってリーダーを結び直し、、、

同時に飲み物を飲みながら休憩です ♪







「知床半島」


突入時はまだ薄暗かったのに気付けば雲1つ無い青空が広がってとても気持ち
いいお天気 ♪ 気温もあまり冷え込んでおらずせっせと魚を撃沈してると汗を
かくまでに。たま~に背後から吹くその風が最高ですわ。


崖を下りてくる途中で水面を観察してるとその時点であちこちでポチャ~ン、
ポチャ~ンと跳ねまくっており、完全に夜が明けて時間もそこそこ経った今でも
ポチャ~ン、ポチャ~ン!目の前のどこかで必ず魚が跳ねてる状態で
まさに秘境のパラダイス ♪

こんなにアタりっぱなしなのに、一部のルアーにチェンジしてみると急に
アタらなくなったりもして、むむむ、、、奥が深いなぁ~と。あと、今朝は
どちらもアタりはするけど市販の塩カツオより自作していった塩サンマの方が
遥かに食いがいい感じがしましたねぇ。

再び1投1.5匹ペースでアタるルアーに戻してファイヤ~!


コツコツ、コツコツ


グゥ~~~ッ!


バシャバシャバシャッ!









メスだけをキープしようと思うもほんとにオスばかりなので、さすがに残り時間
も考えてとば用にオスも数匹キープしておこうと黒っぽくなってない肉厚な
個体を選ってキープします。

全体的に黒っぽい、特に腹部まで黒くなってたり痩せ気味な個体は引き続き
リリースしながら厳選、、、

頭をアキアジバットで叩いてしまったらグロッキーになっちゃうのでリリース
決定個体は無理矢理押さえつけて針を外すんですが、これがまた大暴れして
大変!たま~に波打ち際でオートリリースしてくれる時があり、オスと分かった
瞬間常にそれを期待するも、あはは、なかなかそう上手くはいってくれません。


撤収時刻が近付いてきて、ラストスパートで超ラッキーな事にメスが連発 ♪
もちろんオスもエンドレスですがっ。(笑)


グッ、グッ、グイイイッ!


バチャバチャ!グウウウ~ッ







よっしーが彼自身の持ち帰れる限界数が4匹と言ってたのを思い出し、ハッと
足下に目をやるとキープ数が7匹に!?昨シーズンも4匹以上気合いで持って
上がったのを覚えてますが、さすがにこれ以上欲を出してしまうと帰りが
本当にキツくなると判断し終了。

偶然にもお二人も終了されたとこでゆっくり時間に余裕を持って片付けて崖を
登り始めます、、、がっ!やっぱり重た過ぎるわ、、、特大リュックに魚を
背負うと重量がかなりあるので後ろに引っ張られるよ~な感じになります!


それでも何度も休みながら根性で帰還。(爆)


今夜あたり脚が筋肉痛になるかな?って思いながらも専用のシューズのおかげで
おもいっきり強力にグリップが利いて一切滑ったりもせず登れたのが助かり
ました ♪ 今のところ身体は平気なので良かったぁ。

時計を見るとまだ午前8時45分!?早朝の短時間でしたがめちゃくち楽しい
ひと時を過ごす事ができました。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'20ステラSW 5000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8+ 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: がまかつ・くわせアキアジ 20号
■ ルアー: リセント・ぐるぐるサーモン 35g


「パ、パラダイスや」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

朝からどしゃ降り、、、 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


午前5時に待ち合わせ。





集合時刻が夜明け直前とアキアジ作戦とは思えないほど遅めなのもあり、
昨夜はグッスリ寝て午前4時にチェックアウトして出発。


外に出た瞬間どしゃ降りの雨でうわっ!と驚かされ、若干心が萎えた状態で
最終日が始まりました、、、ってもう最終日!?なんですわ、、、やっぱり
3日間のプランだと実釣が丸1日と数時間しかできませんから即行終了
となってしまいます。

だけど、行ける時に行っておかないとまた来年になっちゃいますから行動ある
のみ!毎度の如く自分自身にそう言い聞かせながら今朝もまた真っ暗な
道を半島へと向かいますが、正直初日からあの激渋コンディションですので
あまり期待できないかも、、、


先へ進めば進むほど雨は激しくなって待ち合わせ場所に到着する頃はゲリラ豪雨
並みの降り方に!車の天井をバチバチ痛い音を立てながら降りしきる雨、、、
外に出るのも億劫になりますが、気合いを入れてGO 準備と整えていると
颯爽と“よっしー”がバイクで登場。

ど~やらこちらへ来る前に予定していた戦場を見てきたらしいのですが、
昨日に引き続きウネリを伴った大波が岩場を洗ってる状態らしく急遽
変更する事となりました。


予報では一昨日の夜のうちに波は落ちるはずが昨日も終日高い状態が続き、
更に今日もまだシケが残ってる、、、天気予報でチェックしてもすでに昨日から
波高は1m以下にずっとなってるのに実際は大違い!







「知床半島」


とはいえ、最終日の今日は帰りの飛行機もありますし午前8時までに終了
しないといけません、、、なのであれこれ戦場を回ってる余裕も無く、とにかく
1秒でも早く竿を出そうと立地的に外海からの波が当たりにくい小場所へ。


むむむ、魚っ気がありません。


跳ねも無ければモジリも無い、、、静まり返る水面を眺めながらひたすら
打ち返し、、、たま~にブルブルと小突くアタリが出たと思えばガヤ、、、
こりゃハズしたな。よっしーと話していると、

着水点からリトリーブしてきてまもなく大きな瀬がある為に回収って時に、


グッ、グゥ~~~ッ!


突如引き込まれましたぁ!?





72cm アキアジ撃沈。


あわわ、色の付いたブナやぁ、、、

足下近くまで寄せてきて水中で姿を確認した瞬間、ちょこっとため息が出るも
ランディングしてみるとお腹がパンパンなメス ♪

皮がやや厚めなバラ子かもしれないけどギッシリ詰まってそ~なので良しと
しましょう!わたくしめが撃沈した直後に少し沖で魚が1匹跳ねてそこを狙い撃ち
したよっしーの竿にもヒット 回収中に同じく、うわっ!ブナオスだ、、、
って落胆の声が聞こえたかと思えば途中でオートリリースされて帰って
ゆきました。ど~しても今時期になるとブナが多くなりますよね。


まさにこの一瞬のみが食い気が立った時となり、それ以降は無の世界。


攻撃開始から1時間、午前6時半によっしーの撤収時刻となり、そこから1時間
単独で粘るも全くアタリは無いまま午前7時半に終了、、、たった2時間ばかり
の戦いとなりましたが、昨日に引き続き1匹でも釣れただけマシと思った方が
いいのかもしれません。

今回の遠征は超~激渋だったので非常の内容の薄い記事になっちゃいましたが
、釣りは自然が相手なのでこんなものですね。(笑)





実は来週もまた来る予定を組んでいたんですが、このままシーズン終了って
感じになるならキャンセルした方がいいのか?それとも、もう1回新しい群れが
岸寄りしてくれるのを祈って賭けで行ってみるか?

今、めちゃくちゃ悩んでおります。


とりあえず最低限の荷物だけは引き続きよっしー宅の倉庫に置かせてもらって
根室中標津空港へ、、、雨も一向に止む気配すらなく土砂降りのまま。

斜里町から中標津町まではどのルートを使っても標高の高い峠を抜けて
行かないといけないので、まずは清里町にある道の駅で温泉に浸かって暖まって
から安全運転で帰路へ。それでもカーナビの予想到着時刻より遥かに早く着いた
ので釣具店に立ち寄ってちょこっと物色してからレンタカーを返却して空港に。







チェックイン手続きを済ませたら2階にあるレストランで名物のカレーメニュー
を頬張ってから出発ロビーへとほぼルーティーン化された動線で東京ゆきの
飛行機に乗り込み北海道を後に。










また来週、、、


はあるかな?(爆)




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'20ステラSW 5000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8+ 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: がまかつ・くわせアキアジ 20号
■ ルアー: リセント・ぐるぐるサーモン 45g


「もう終わりちゃう?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

魚が居ない!? 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)





写真じゃちょこっと分かり辛いかもしれませんけど、海は結構、、、いや、
もの凄い荒れてます!大きなウネリを伴った真っ白な波が次から次へと
海岸線へ打ち付けて国道にまで水しぶきが上ってる状況、、、誰が見ても
今日は危険過ぎて釣りが成立するに至っておりません。


元々の予定では一昨日から入って昨日、今日、そして明日の朝戦って帰る
つもりでしたがお天気が急変&かなりのシケ予報になってしまった為、
1日ズラして昨日北海道入り。


今朝はシケ後に魚が溜まるとゆ~戦場に行こうとなり、相方SurFreyja
“よっしー”から折り畳み自転車を借りていざ!

と、張り切って午前5時に突入し攻撃準備が整い次第即ファイヤ~していくも、


サッパリ!?


どれだけ打ち返してもアタリは皆無で早々に見切りを付けて次なる戦場へ、、、
が、しかし、こちらも昨日までのウネリがおもいっきり残っておりギリギリ
釣りが成立するレベル、、、とりあえずファイヤ~してみるも、


ココもアタリは皆無で撤収。


シケは昨夜のうちに完全に治まる予報だったものの、実際には全くで外海に
面した戦場は全て大きな波がバシャ~ン、バシャ~ン洗ってます、、、

ど~しよ~!?悩みながらよっしーのバイクに付いてゆく中、ココでダメ
だったらまず他は無理でしょうという戦場へ。こんな場所というのは事前に
聞いていたものの、わたくしめは今回が初めてでエントリーから恐ろしい
高さがある所を下りる事から始まり足場の悪い道なき道を進んでようやく到着。







「知床半島」


凪の時なら更に2つ前の瀬まで乗る事が可能みたいですが、今朝は常に波が
洗ってる状態でまず不可能!手前から魚の通り道になっているとゆ~潮目
目掛けてフルスイングを繰り返します。

潮がやや速く着水と同時に左へ流されてゆき、場所によっては所々仕掛けが
岩礁に当たってる感があったりとちょこっと攻略が難しい戦場、、、だけど、
全体的に水深がタップリあるので根掛かりを恐れてタナを浅くしてしまうと
まずアタリが出ないらしく、キャストする位置を考えながら打ち返し続けます。


一向にアタリは無いまま時間は流れて、あっという間によっしーが出勤しないと
いけない時間に!?さすがに単独で戻るには自信が無いわたくしめ、、、
よっしーと一緒に撤収しようかと考えてると、ちょ~ど入れ替わりで前回も
お世話になった“大ちゃん”が来てくれるみたくラッキー ♪


しばらくすると入って来られ、波も若干ウネリが取れてきた感じなので手分け
して広範囲を探っていると、いきなり大ちゃんの竿が曲がってメスを撃沈!
こっちにまだ群れが居る旨、教えて下さり早速移動してファイヤ~!


クッ、クッ、


グウウウ~ッ!


アタったぁ~ ♪





73cm アキアジ撃沈。


めちゃくちゃよく引くなぁ~と思えば、案の定オスでございました。(爆)

ただ、体高&厚さ共にある立派な個体だったのでとば作りにはもってこい!
やっとこさ釣れてくれた貴重な1匹ですから大事に持ち帰りましょう。


まだ近くに群れが居るかもしれませんから、超特急で打ち返すも目の前は
大きな瀬など魚が溜まる要素が全く無いオープンプレイスなのでおそらく
さっきは群れがたまたま通っただけ?アタリは途絶えてしまいました、、、

遥か彼方、沖の方に目をやると時々跳ねているのが窺えるも、ココから投げて
届くよ~な距離では無くフルスイングしてあと3倍くらい距離が出せたら届くん
だけどなぁ、、、そんな話しをしながら再び群れが通ってくれるのを待ちます。


午前10時を回ると潮位がだんだん高くなってきて足場が水没。


大ちゃんの提案でこれ以上粘ると帰り道が大変になるとゆ~ことで終了する
事に。気付けばアタリも1時間以上出てませんし、見切りを付けるにはいい
タイミングだったのかもしれません。





先週が好調だったのでめちゃくちゃ期待してたんですが、初日の釣果はこやつ
1匹のみ、、、よっしーからの情報で他の実績場でもほとんど釣れてなかった
よ~なのでまだボウズ逃れできただけでもマシなのかも。

撤収時は途中、腰近くまで完全に水没してしまってる部分もあり、かつ所々
滑るゴロタ石もありヒヤヒヤしながら帰って参りました。(爆)


よっしーがお昼休憩になるまで時間を潰していつものラーメン屋さんで3人で
ランチ ♪ 今月限定のつけ麺が前回食べてめちゃウマだったので再び注文。

明日の作戦会議をしてからホテルへ向かうのでした、、、









使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'20ステラSW 5000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8+ 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: がまかつ・くわせアキアジ 20号
■ ルアー: リセント・ぐるぐるサーモン 45g


「数日で激渋に、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

最終日は一気に激渋、、、 北海道・斜里町 / 知床半島 (3日目)


もう最終日を迎えてしまいました、、、


今回の遠征は絶対フライングできないし、時期が時期だけにフライングとゆ~
よりはハズしてしまったら後が無い、、、まさに背水の陣とゆ~気持ちでやって
来たんですが、ラッキーにも初日から2桁超え、2日目の昨日も時合いは
短かったけど何とか6匹キープできて好調なまま今朝を迎えました。


予報では昨日に引き続き今日もほぼ無風&ベタ凪みたいなので凪の時しか
入れないという別の戦場に行ってみます?

“よっしー”からそんな提案があったものの、魚が常に溜まる場所ではなく
溜まっていたら爆釣だけど居なければ朝マズメに1~2匹釣れるかど~かかな
、、、ちょっとした賭けになる旨聞きしばらく悩むも、最終日は中標津町まで
戻らないといけないの早朝の数時間しか釣りはできません。

そんなのもあり賭けに出るより安定を取りたいとなり再び同じ戦場へ連れて
行ってもらう事に。今朝も“大ちゃん”が来てくれました ♪

キャップライトが不要になってきた午前5時過ぎ戦場入り。


おおっ、めちゃくちゃ跳ねまくってるやん ♪


エサを付けて1投目をする前からあちこちでポチャ~~~ン、ポチャ~~~ン
と魚が跳ねており今朝は再び入れ食い状態かも!?

ワクワクしながら攻撃開始となりましたが、えっ、確実に水面下にはたくさんの
魚が居るはずの部分に仕掛けを投入しても全くアタって来ないんです、、、
タナは合ってるはずだけど一応変えてみて、、、などルアーもこまめにチェンジ
しながら何度も打ち返すも完全に無視状態!


ゴン?


グゥ~~~ッ!


30分程してからようやく1匹目がヒット。





70cm アキアジ撃沈 ♪


ランディングした直後、大きく膨らんだお腹が見えてメスや~!(爆)

もしかすると今が魚が口を使ってくれる短いチャンスなのかもしれませんから、
ロープに連結したら即打ち返し、、、が、しかし後に続きません。


そこから更に30分経過した頃に大ちゃんの竿が曲がってヒット! しかし
ながら色付きのオスだったみたく要らないからと近くで竿を出しておられる
友人に贈呈しに、、、みなさんほぼ毎日出勤前に竿を出されてるので欲しい
魚だけを選ってお持ち帰りできるのが超~羨ましい!

明るくなると跳ねてる魚もやや少なくなってくるも、まだ近くに群れが絶対
居ると分かるくらいモジったりしてますし仕掛けが着水した瞬間にバシャ
っと魚が散るよ~な光景も多々、、、


それなのに釣れないんです。(泣)


ただ、遠くまでしっかり見える明るさになって分かったのが跳ねてる魚の
ほとんどが遠目に真っ黒、、、要するにかなりブナ化が進んだ魚ばかり!?

おそらく岸寄りしてかなり時間が経ってる魚のみで新しい群れが入ってない
のかも、、、ブナ化するとなかなか口を使ってこないのはご存知の通りで
それが今朝の釣れない要因なのかも?そんな話しをしてると、


コツコツコツコツ、、、


ず~~~っと微弱なノックが続いて回収間際、瀬の前で、


グゥ~~~イイイッ!





72cm アキアジ撃沈 ♪


数少ない貴重なアタリで仕留めたのはまたメス~!(笑)

ありがたや、ありがたや ♪ 改めて魚を見てみるとやはりどちらもブナ化して
きてる個体、、、基本メスはオスに比べてまだ黒っぽくなりにくい傾向があるん
ですが、それでもこんな感じですからあの勢いよく跳ねてる真っ黒な個体は
確実にワニ顔のブナオス!


釣れた魚はわたくしめの2匹と大ちゃんの1匹のみであっという間に2時間
近く経ってしまいお二人共仕事なので撤収しないといけなくなりました。

ってゆ~かわたくしめもお昼過ぎの便で大阪へ帰らないといけないので
そろそろ切り上げないと!?





「知床半島」


戦場を後にする頃は昨日以上に快晴となり、雲一つない青空に。

こんな日にのんびり1日中釣りができたら最高だなぁ~と思いつつも、アキアジ
作戦だけは気象コンディションがいいから釣れるってわけでもなく結構波が
高くてシケてる時でも爆釣したりするし難しい、、、

今朝なんて誰が見ても今日は入れ食いやって思っちゃうくらい跳ねまくって
ましたし、それでいて貧果なので何とも言えません。


初日に12匹、2日目に6匹、そして最終日の今朝は2匹と日を追うごとに
釣果が半減していきましたが、トータル20匹確保できたので上出来ですねっ。





今シーズンは釣りが成立しない程の大シケにならない限りまた行こうと
考えてますので、よっしー宅の倉庫に再び荷物を置かせてもらい
超~身軽に帰路に、、、(笑)












今の北海道は猛暑も終わって非常に気候が良いからか?帰りの便もほぼ満席で
経由地の東京へ。根室中標津空港を飛び立つとすぐに摩周湖が見えてきてとても
綺麗 ♪ 布施明の霧の摩周湖を口ずさんでしまいますねぇ、、、えっ、その
世代じゃないでしょって!?(爆)

あはは、密かにわたくしめ、あのもの凄い歌唱力の布施明は昔から好きなので
、、、特にカルチェラタンの雪とかめちゃくちゃいい!

毎晩ホテルでゆっくりくつろぎ&寝たのでそこまで疲れておりませんが、
とりあえず東京までの約2時間は寝てゆきましょう。




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'20ステラSW 5000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8+ 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: がまかつ・くわせアキアジ 20号
■ ルアー: シュガークラフト・ハイライト 45g


「メスやしいいやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア