FC2ブログ

ラスト30分のドラマ!? 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


夜明けと干底を迎える時刻が一緒になり、更に無風&ベタ凪で水面は鏡の
よ~になっているとなれば、、、この界隈でのアキアジ釣りにおいては
最悪のコンディション!ただでさえここ最近激渋な状況が続いているのに、
それに追い打ちを掛けるかの如く初日から最悪なコンディションで案の定、
釣果も予想した通り不完全燃焼で終わりました。


そして迎えた2日目、今日も昨日に引き続き降水確率0%の快晴予報なんですが
、風向きが南から北西に変わるとの事で明け方にかけて若干ではあるものの、
波がザワついてくれる事を期待しておりました。

昨日と同じく午前3時半に“よっしー”と合流して戦場へGO&あいかわらず
釣り人だけは次々とやって来ますが平日なのでほんの少しはマシ!?
キャップライトの数を数えているとそんな気がします。(笑)





2人共、ロッドはカーディフ・サーモンプレミアム!と思えば、よっしーが
河口前のエースとあだ名を付けるウキフカセがめちゃくちゃ上手な常連さんも
いらっしゃり、その方も同じサーモンプレミアムでワインレッドの竿が3本
並んで攻撃開始となりました。

予報通り強い北西風が吹いており沖はそこまでではないものの、岸から50m
くらいまでは風によって断続的に白波が立って超~いい感じ ♪ よっしーと
常連さんも今朝はほんとアキアジ釣りでは理想的なコンディションなので
絶対釣れるよ~とはりきりモード。


が、しかし!


午前5時数分前から一斉放火し始めて、どれだけ渋い日でも誰かは必ず1匹
くらいは魚を掛けるはずの朝マズメに突入 誰一人竿を曲げる事無く
午前6時半を迎え、仕事があるよっしーはここで撤収 常連さんと2人並んで
引き続き打ち返すも針に掛かってくるのは波によって海底から舞い上げられた
もみじなどの落ち葉のみ、、、本命の気配すら無ければエサ取りのガヤのアタリ
さえず~っと皆無なままですから完全に我らの予想は外れちゃいました。(泣)

魚が釣れないとなると粘る人は少なくみるみる釣り人は減ってゆき午前7時半に
はわたくしめ含めてたった4人だけに、、、


結局今朝は釣り人だけはたくさん居たのに上がった魚はゼロ。







「知床半島」


常連さんによればシーズンの終わりを告げるピン子と呼ばれる小型アキアジも
すでに先日釣れ始めたみたいですし、例年より1~2週間早く終わるのかも?
そんな意見もあれば、今年はシケが少なく海水温自体が例年よりまだ高めなので
冷たくなってきたらもう一派岸寄りしてくるのでは?な~んて意見もあります。

どちらにしてもJCAとしてはおそらく本遠征が今シーズン最後となりそ~です。


それと明日、非常に強い大型台風21号が西日本に最接近する予報もあり、
今日中に関西へ戻ってしまおうと考えている為、今朝のタイムリミットは
午前9時まで!でも正直ここまでアタリが無いとおそらくボウズ、、、

どれだけ打ち返してもエサもそんまんま&生体反応もゼロなので見切りを付けた
常連さんは他を探ってみるとここから少し離れた位置へ移動してゆかれました。
わたくしめも移動しようか?と思いましたが、時間もあと1時間くらいしか
ありませんしここで撃沈されよ~と覚悟、、、

午前8時を回ると心も折れてしまい、早めに上がって荷物の整理&片付けを
しよ~と仕掛けを外して撤収準備。何も入ってない軽い魚用リュックを担いで
戦場から出ようとしていると、転々としながらかなり向こうまで行かれた
常連さんが手ぶらで足早にこちらへ戻って来られ、向こうで決して大きくは
ないけど群れを発見したからすぐおいで~と!?


気持ちはもう撤収モードでしたが、時計を見ればあと30分は戦えそ~ですし
せっかくのご厚意に甘えて急いで群れが確認された位置へGO。


グッ、、、グイイイッ!


超特急でタックルを組んでファイヤ~した2投目でアタリがっ、





71cm アキアジ撃沈 ♪


今日初めて生体反応を手に感じた瞬間でした。(笑)

ウネリはまだ取れておらず岸際は次々と打ち付けてくる波が弾けて常に白~く
なっている、まさにその中でアタってきました。ほぼ足下と言っても過言で無い
程の激浅&真っ白な至近距離ですから驚きですわ~。

ただここだけを重点的に探るのは至難の業なので、とりあえずおもいっきり
フルスイングして大きくウネる波を数個超えた地点からゆっくり足下ギリギリ
までリトリーブしてくる戦術が最も適切かな?広範囲を探れますし現時点で
盛り上がる波の中に魚の群れは見えてませんから一点に絞って集中砲火
するのはちと危険、、、


手返し良く打ち返してると、やや沖で盛り上がった波の下に左から右へ移動する
魚の群れを発見!向かい風であってもあそこなら何とか届く範囲ですし小さめな
エサをセレクトして空気抵抗を減らしながらファイヤ~。

着水と同時に前アタリが出て、


バシャバシャバシャ!?


寄せ波のタイミングに合わせてランディング → 即打ち返し、


グゥ~~~ッ!







2匹連発でございます ♪


まだ群れが見えてるので再びファイヤ~するも、右斜め前からの突風が時折
混じり始めコントロールもさながら飛距離も思ったよ~に出せなくなり、ここで
今まで使ってたサモメタから自分の中ではもう少し飛距離が稼げるサーモン
ゴブリンにチェンジ。

群れの居る位置より向こうに着水させれるも全く反応がありません!


それならばと今度は同じく遠投が求められる時に登場させるサーモンロケットに
チェンジ&丁寧に群れの上をトレースしますが、こちらも反応無し、、、ルアー
でないならタナ?と深くしてみたり、極端に浅めに取ってみたり試すもアウト
、、、間違いなく魚の目の前をルアーは通過してるはずなのに、、、


そうこうするうちにあっという間に30分が流れ撤収時刻の午前9時に。


これをラスト1投にしよ~と最後はまたサモメタに戻してキャストしてみると、
一瞬ゴゴンと何かが触った感触がっ!?気になってもう1投だけと風が治まった
瞬間にフルスイング ゆ~っくりリトリーブを開始したら、


ゴゴン、ゴン、ゴン


バシャバシャッ!


アタってきましたぁ~ ♪





76cm アキアジ撃沈。


むむむ、アキアジ作戦の場合は食い気さえ立てばルアーはそこまで関係無い
のかも?と思ったりする時も多々ありましたが、今朝みたいな激渋状況下では
シェイプによって少しずつ泳ぎ方が異なるルアーで差が出る?魚が口を使う、
使わないがあるとゆ~事をまたまた実感させられました。


はいっ、めちゃくちゃ後ろ髪を引かれる思いではございますが、これ以上続けて
しまうと帰りの飛行機に間に合わなくなっちゃうので急いで終了!

常連さんにお礼と挨拶をして車に戻ったら、これまた超特急で片付けて
クロネコセンター経由で根室中標津空港へ。いや~、それにしてもラスト
1時間でまさかの大どんでん返し!こんな事もあるんですね~、、、

これで気持ち良くシーズンを終える事ができます ♪







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ サーモンプレミアム 120H
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ハヤブサ・フカセ 18号
■ ルアー: エンドウクラフト・サモメタ 45g


「不漁年っぽいね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

密林を抜けて崖を下り、、、 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)


魚はかなり少なくなってきてるのに釣り人だけは日に日に増加中、、、

そう伺って再び上陸した「北海道」、カレンダーを見ると作戦初日となる今日は
なんと祝日じゃあ~りませんかぁ!?夜明け時刻は午前5時40分、少なくとも
2時間以上早く戦場入りしておかないと場所が無い可能性があるとゆ~ことで
午前3時半にSurFreyja“よっしー”と待ち合わせになっておりました。

しかしながら午前3時過ぎ、待ち合わせ場所に向かう道中からすでに10人
以上の釣り人が戦場に入って行くのが見え、わたくしめらが到着した頃には
キャップライトが所狭しと並んで異様なムードに包まれてる戦場でした。





前回の遠征で好釣果を叩き出してくれたブルピンシェルのサーモンゴブリン、
たった数日間で傷らだけになっちゃったものの、まだ使えるはずなので
今朝の1投目はこのルアーから始めてみましょう。

とゆ~より、今回は自作してみた段差針のインプレをできるだけたくさん収集
したいので、ブナでも何でも構いませんから1匹でも多く魚を掛けたいところ。

よっしーが昨日仕入れてきてくれた最新情報ではここ数日は全く魚が釣れて
いないらしくおそらく今朝も同じ感じじゃないかと、、、基本、シケた後は爆釣
する傾向がある戦場なんですが、前回以来シケ自体は2回はなっている
のにその後もサッパリとのこと。巷ではサケの豊漁年と言われていた2019年
は他のエリアは分からないもののオホーツク海に関してはイマイチだったみたく
カラフトマス同様定置網の漁獲量も例年より少ないという、、、


そんな話を聞きながら夜明け時刻をひたすら待つ中、午前4時前になるとすでに
数人が攻撃開始され、誰かに1匹でも掛かったら即我らも始めようと飛んで
いってはゆっくり回収されてくるデンケミの光を目で追いながらぼ~~~っと。

結局、明るくなってきた午前5時半まで誰一人魚を掛ける事すらなく激渋な状況
とゆ~のがヒシヒシと伝わって参ります、、、


グウッ、グウウウッ


鈍い引き込みが突如訪れ根掛かりか?と思えば生体反応アリ!?





69cm アキアジ撃沈。


アキアジも見事に紅葉しております!(爆)

よっしーが戦場で初めて1匹目のアキアジを掛けた!と思っていると、続いて
わたくしめにもこやつがヒット!ただ、前アタリも無ければ重たくなっただけの
アタリでしたからほんと最初は魚ではないと。

一瞬でしたが、この時に群れが回ったみたくお隣の2人組のおに~ちゃんらにも
立て続けにアタるも、いずれも途中でバラシ、、、あいかわらず食い自体も
相当渋いみたいです。


午前7時になると全くアタリも途絶えてしまい、40人近くいる釣り人の半分は
竿を置いてみなさん朝食を食べたりと雑談中、、、ず~っと周囲の状況を観察
していたよっしー曰く、朝の時合いではおそらく全体で6~7回程度しかヒット
しておらず、そのうちランディングできたのは我らの含めて4匹くらいだと。





「知床半島」


えっ、まさかこれでおしまい!?

いや~、そのまさかに近く、ここから更に約1時間粘るも、魚の居る気配
すら一切感じられないまま静寂を保つ海、、、そしてその海を眺める
釣り人たち、、、これこそまさに魚より釣り人の数の方が多いんじゃないかな
とゆ~状況ですわ。(笑)

これ以上粘っても魚が回ってくるよ~にも思えなかった為、これにてこの戦場は
見切りを付けてよっしーが最近新規開拓したというかなりハードな戦場へ
場所移動しようとなりました。


まずは一旦休憩を挟んでお昼過ぎ目掛けて行くことに。


今シーズンから急に釣り人が増加したのもあり、当然トラブルも頻発してる
よ~で、もっと誰にも邪魔されずにのんびり釣りを楽しみたいと少し前から
目を付けていたという場所、、、ちなみにそこは道無き樹海を歩いて更には
100m以上ある急峻な崖を下るという!?

もちろん手付かずの大自然に入る 野生のクマもしょっちゅう出没する上、
歩くコースを間違えるとマダニの巣窟もあちこちにあるらしくかなり危険!
まさに地元かつここ知床半島の自然を相手に仕事をしているよっしーと
だからこそ入れる場所!?今回は彼の友人でもあるクマの調査&ハンターも
されているという方もご一緒して下さるとゆ~ことで非常に心強いです!


秘境に行ける ♪ と心躍らせれたのは最初の密林の段階のみ、、、















無事に林を抜けたと安堵すれば、


そこに待っていたのは断崖絶壁に囲まれた急峻過ぎる崖!


かなりキツイですよ~って聞いてはいたものの、ここまで急とは思いません
でしたし、人はまず来ない場所がゆえ獣道くらいしか無く一見芝生っぽい草に
覆われて歩きやすそうと思えばその下には粒の小さいゴロタ石になってて滑るし
、足を置いた所が悪ければ次の瞬間に軟弱な地盤が崩れてゴロゴロゴロ~っと
石が下へ落ちていく筋金入りの絶壁でございます。

まだ新しいクマの蹄の跡やフンなども点在する中、何とか崖を下りて戦場に到着
&すぐさまタックルを組んでファイヤ~です!







足下からドン深になっているらしくタナは深めに設定してデッドスローで
リトリーブしてると、ポチャ~ン、ポチャーンと次々と沖で魚が跳ね始めて
魚自体は確実に居る事が窺えます。

幸いにも投げて届く範囲でしたから即、跳ねが確認できた位置より少し向こう
にキャストして探ってくるもこれがサッパリ反応を示さないんです!?

よっしーが初めて来た時には比較的銀ピカな個体が多く、アタリも頻繁に
出てたよ~なんですが、今日はどう見ても跳ねてる個体は黒っぽいブナ化した
魚ばかり、、、トラウト系の魚って真水を吸ってブナ化が始まると次第に口を
使わないよ~になるのでもし今ここに居る群れがブナの群れなら厳しい
戦いになるかも?と、、、


それでもせっかくここまで来たんだし丸ボウズじゃ寂しすぎるので、必死に
あちこち波紋や跳ねが出る付近をトレースしてると、やっとこさ!


コツコツ、


グイイイッ!





66cm アキアジ撃沈。


攻撃開始は派手系カラーのルアーをメインにローテーションさせてたんですけど
、一向にアタリが出ないので地味系のブラックシェルに交換したら数投のうちに
アタックしてきました。

ランディングした魚の口元を見てみるとガッチリ2本の段差針が刺さって
ましたし今のところ問題無しかな?段差の長さを微妙に変えた2パターンを
今回試しており、朝イチで釣れた魚と今釣れたのは異なる長さ設定でした。
あと針もサーモン針、フカセ針と形状が全く異なる針を使い比べていますが、
こちらも今のところ両方問題無し。


でも、やっぱりここも渋い、、、


魚自体は居るものの、潮回りの問題なのか?何が原因か分からないけど
ほとんど見向きもしてくれません!よっしーは戦術を変えてウキフカセで狙うも
ダメ、、、魚の波紋や背ビレが見えてそこへしっかり仕掛けを通すも反応無し
、、、スイッチが入ってくれません。(泣)

ルアーを替えて、タナを変えてとこまめにアプローチ法をチェンジしても
アタって来ないともうなす術がありません。

次第にあきらめモードになり、ダラダラやってると気まぐれにも突如アタリが
出たりするんですわ~。





70cm アキアジ撃沈。


偶然にも何度かカラーローテーションを繰り返した後、またブラックカラーの
時にヒットしてきました。

二度あることは三度あるとゆ~ことでブラックに賭けてこの後はひたすら
投げ続けましたが、三度目のアタリを見る事は無くタイムアップ。帰りも
あの崖を登らないといけないので早めに撤収しないといけないんです!


魚は背中のリュックに入れて根性で登るも、急勾配の崖は正直めちゃくちゃ
疲れました、、、最後によっしーと友人からまた行きませんか?と聞かれるも
、、、あはは、しばらくはいいです!と即答でした。(爆)







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ サーモンプレミアム 120H
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ステキ針・サーモン針
■ ルアー: エンドウクラフト・サモメタ 45g


「魚も紅葉中やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

短時間で爆釣! 北海道・斜里町 / 知床半島 (3日目)


デジカメとスマホを車内に置きっぱのまま財布だけ持って店内に入っちゃった為
、写真は撮ってませんが、昨夜は“よっしー”と夜から待ち合わせて焼き鳥
居酒屋に行ってちょい飲み。雨はひと時たりとも止む事は無く時間が経つに
つれ激化の一途を辿っております、、、

起床した午前2時15分の時点では小雨になっており、ラッキーと着替えて
よっしーを合流した途端、再び土砂降りに!?まっ、天気予報では最終日の
今日も昨日に引き続き終日雨マークなってましたし期待しただけ無駄だった
のかもしれません。(泣)

作戦終了後は魚を送ってから根室中標津空港まで走らないといけないので、
今朝は朝マズメメインの短時間勝負となります。でも、この降り方じゃたった
数時間だけでもしっかり対策を講じておかないと何から何までドボドボになる
勢いですから傘まで持参して戦場入りしたら荷物を即ビニール袋に!


さすが日曜日なだけあって相当早く行ったにも関わらずすでに30人以上の
釣り人ずら~~~っと!?暗闇に動いてるキャップライトの数だけでも物凄い数
で一級ポイントと言われる位置を起点にほとんど間隔など開かず詰め詰めで
並んでおります、、、





そして海は断続的な雨と強い北西風に誘発された高波により大シケ状態、、、
ウネリが酷く盛り上がる波は軽く3mを超えており人間を優に飲み込んでしまう
程の高さ!それが次々と岸に押し寄せてきて海岸線は真っ白になっております。

さすがにここまでではないものの、先週もシケがまだ残って波が高い中、
爆釣したのを覚えてますから釣りさえ成立すれば魚は釣れるのでは?そう
思いながらも戦場を見渡しますが、正直、どこもかなり厳しそうな感じ、、、

特に一級ポイント付近は水深が浅くなってる部分が多く、キャストして届く範囲
は全て高波の渦中となりリトリーブするどころか仕掛けそのものが着水後すぐ
波に飲まれてグチャグチャになるのが目に見えてます。


どうする~?とよっしーに尋ねてみると、こ~ゆ~大シケの日だけ群れが時々
寄る?いや、避難してくるピンポイントがあるみたく、果たして今朝はど~か
分からないけどまだ辛うじて釣りが成立すると思うので一か八かそこに
賭けてみましょうと。


釣り人が密集している一帯から少し離れた一見何の変哲もない位置、、、


目の前に大きな沈み根があるとかでもなく、もし今回が初めてなら絶対ここには
入らないだろうと断言できるよ~な特徴の無いゴロタ浜、、、だけど、しばらく
すると常連さんらも全員こちらへ来られ今日はここしかダメかもなぁ~と。

午前5時前、周りより遅れて1投目となるも完全な向かい風の中で思うよ~に
飛距離が出せずに常に大波に直撃、、、これじゃ意味が無いと早々にルアーを
チェンジしておもいっきりフルスイングして波が盛り上がる地点までの
短い距離をゆ~っくりリトリーブします。


グウウウッ!?


シケの度合いが酷すぎてさすがにこれじゃ、、、と思ってた矢先、





72cm アキアジがヒット!


マジっすかぁ!?

これはわたくしめにとってはミラクルのよ~な出来事だったんですが、
よっしーはほら居たでしょ~とニコニコ顔、、、さすが地元!戦場の全てを
知り尽くしておりますわ~。


群れは岸からだいたい60m前後のラインでしょうか?ちょ~ど波が最も大きく
盛り上がる部分のすぐ向こう、沖にかたまって左右に移動してるみたくその帯を
トレースする事ができれば必ずと言っていいくらいアタリが出ます!

強い向かい風が一瞬緩み、盛り上がった波が頂点に達して崩れ始めた直後の
タイミングを見計らって力の限り遠投&波に飲まれないようコントロール
しながらリトリーブしてるとコンスタントに、









アキアジがヒット ♪


キャストしたら即竿が曲がっているのを見てたのか?ふと周囲を見回すと
遠くから大勢のルアーマンが目の色変えてこちらへ走って押し寄せてくる
じゃありませんかぁ!?

そして5分も経たないうちに完全に背後はどこか入れるスペースが無いか?と
探す人でごった返し、そのうちの悪質な数人はまず誰が見ても入れそ~にない
場所へ何も言わず無理矢理入ってキャスト 毎回仕掛けが隣の人に
クロスしてオマツリ、、、

よっしーの所は特に酷く、完全包囲されてしまい両サイドから仕掛けがランダム
に飛び交い常にオマツリ状態 釣りがまともにできない状況に陥って
しまいました!?見かねた常連さんらから指導が入るも全く聞く耳持たずで
最終的によっしーは今日はもう止めた!と帰ってしまいました、、、その後、
我らと同じで最初からここに入って釣ってた他の人らからも大ひんしゅくを
買い 更に厳重な注意が入って渋々他へ、、、


毎年、アキアジシーズンになるとこ~ゆ~光景が道内全域の戦場で必ず発生
してるよ~ですから困ったもんですよねぇ。







「知床半島」


JCAの戦ってる場所は微妙にハニーポイントの外れに位置してた上、お隣は
顔見知りの常連さんらだったので助かりましたが、少し離れた所では今もなお
釣り人らが言い争ってるのが見えており決して爽やかな朝とは言えませんねぇ。

シケたコンディションコンディション 大きな潮回りのせいか?いつもの
戦場とは思えない程、潮の流れはキツくなってて着水するとすぐに左へ仕掛けが
流れてゆきます。そんな環境下もあり、目の前には右隣3人分のフロートが
浮いてる状態となっており、そのサイクルに自分の仕掛けを投入するより
もっと沖を狙った方が単独で広範囲を流せるので効率的!気持ちは完全に
投げ釣りをしてるつもりでとにかく遠投を意識しておもいっきりファイヤ~。


いくら計算しながら投げてても相手は自然!いきなり大きな波が短い周期で
連続する場合もあり、その時は着水直後でもあきらめて即回収&再度打ち返して
とにかく波が一番盛り上がる部分より向こう側を重点的に攻めます。

探れる距離が短すぎるのでゆ~っくり、ゆ~っくり丁寧にハンドルを回して
いくと、フロートに当たってくる波の影響で前アタリは取れない時はあるけど
次に襲ってくる、


グイイイッ!


グッ、グッ、グウゥ~ッ!


強烈な締め込みだけは絶対分かります ♪







今朝はバラシ率も低く超~いい感じでランディング中。

初日のバラシ連発劇の後、何かいい対策はないものかと考え、初歩的な事では
ありますが、仕掛けの一部の仕様を変更してみると当然皆無にはならないけど
バラシが激減!ルアーをより海中でナチュラルな動きで見せたい考えから
あまりこれまで好まなかったものの、これでバラシが減るなら今後積極的に
導入したいと思い始めております。


昨日同様スカリが満タンになってきたとこで時計を見ると午前8時前。


半までには撤収しないとその後の時間配分がタイトになってくるので適当な
ところでラスト1投 アタリも無く回収して片付けているとよっしーが再び
手ぶらで戦場に来てくれて魚を運ぶのを手伝ってくれました ♪ 助かったぁ~
、、、アキアジって1匹が結構重量があるからたくさん釣れるとめちゃくちゃ
嬉しい反面、撤収時が大変なんですわ~。

あはは、贅沢な悩みなんですけどねっ!







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ハヤブサ・デラックスサーモン
■ ルアー: シーゴブリン・サーモンゴブリン 45g


「シケは諸刃の剣!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

雨の中、アキアジ11匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)





当初の予定では9月いっぱいで今季の営業は終了と伺っていたパスタとピザが
美味しいバー、なんと超~人気みたく店長さん自身は今月7日までだそ~ですが
、従業員の方が引き続き営業をされるとのこと。

初日の作戦終了後、SurFreyja“シロクマさん”と一旦クロネコセンターまで
行って魚を送った後、いつも行ってるお気に入りの日帰り温泉に行ってユッタリ
、、、毎回一切変わらない動線ではあるものの、2人で行くとワイワイと
盛り上がって即行暗くなってしまいました。(笑)

また早起きしないといけないので絶対飲み過ぎないよ~にしようと決めて
バーで食事をメインに乾杯&起床時刻になってもまだ寝てたらお互い起こし
合いましょうと就寝、、、あはは、それでも2人共釣りとなれば寝過ごす
どころか起床時刻より前から目が覚めてしまい時間に余裕を持って
“よっしー”と合流となりました。


今朝も昨日と同じ時刻に出発してるのできっと一番乗りできるだろうと思って
いると、戦場に着くとすでに数人の先客がおりチ~~~ン、、、挨拶がてらに
少し話をしていると昨日は午前3時半に来るともう入れるスペースが残って
なかった今日は日付が変わった頃から来て陣取っておられるとのこと!?





彼らの隣に並んで入らせてもらう事になり、まずタックルを組んでいつでも
攻撃開始できる状態にしてからしばし3人で雑談タイム。

夜も少し仕事があって今朝は一番寝不足かつ疲れているはずのよっしーがなぜか
最も元気!?若いって羨ましいよなぁ~と言いながらも、いや、我らが若かった
頃でもここまでタフじゃなかったかも?と、、、本人は釣りキチを通り越えて
病気の域と豪語されてます。(爆)


午前4時15分を回ると数個のデンケミの光が海の中へ投入され始めた為、この
タイミングでみな一斉放火開始!程なくして近くの人から、うわっ!バレたぁ~
、、、という声が聞こえてきて、その直後にヒットさせたよっしーもリーリング
中に外れた、、、とガックリ。今朝もかなり食いが浅いよ~です。

そしてお隣のシロクマさんにもヒット&無事ランディング、続いてJCAにも
アタリが出て重量感が伝わってくるも、硬い唇がゆえフッキングが甘かったら
バラシに繋がるので数回追いアワセを入れてリーリング ランディング!





75cm アキアジ撃沈 ♪


もし昨日と同じパターンならこの時合いは超~短いものと思われるので急いで
全員打ち返し&2匹目のアタリを待ちますが、どこへ投げてもアタリが出なく
なってしまいました、、、

魚の群れを見つけるのが上手なよっしーは魚自体はまだ居るけどおそらく
今朝の群れはブナ化し始めた個体が多くなかなか口を使わすのが難しい
かも?と、、、確かに言われてみれば周りで上がった魚は銀ピカではなく
全て色付き始めた感じの個体ばかり。

それでも絶対口を使い出すタイミングもあれば、何か引き金になるアプローチ法
もあるだろうとタナを大幅に変えてみたり探る距離、またエサをカツオから
サンマの切り身に替えてみたりしますが反応無し、、、


それでダメならお次はルアーそのものを異なるアクションの物に交換!


ぐるぐるサーモンから昨日からデビューさせたサモメタに替えてファイヤ~
、、、10投近く打ち返すものの状況変わらず、、、他のみなさんもルアーを
チェンジしたりウエイトを軽くしてみたりとあの手この手と試されています。


ゴツ、ゴツ、ゴゴンッ


ググッ、グイイイッ!


サーモンゴブリンに付け替えて1投目でした。





73cm アキアジ


やっとこさ2匹目を撃沈、、、長い道のりだった、、、そう思いながら時計を
見るともう午前6時半を回っており、ここでよっしーは出勤の為戦線離脱。


また、この頃から予報通り雨が降り始め午前7時半には本降りに。


パラパラ程度の時はみなさんレインウェアも着用されてますし気にせず攻撃を
続投しておられましたが、頭に被ってるフードに当たる音がバチバチ言い出すと
足早に撤収されていかれ今朝も最終的に我らを含め5人だけに、、、

2匹目撃沈後も休むこと無くず~っと打ち返し続けてはいるものの、群れの
存在は確認できるのにやっぱり口を使ってくれないんです。


深い層へ潜っている時を除き、基本アキアジってご存知のよ~に表層近くを
回遊する習性があるので水面に波紋ができたり、サメのよ~に背ビレを出して
泳いでたり、もっと分かり易いのはポチャ~ン、ポチャ~ンと跳ねたりする時
もあるんですが、さっきからたま~に跳ねたりしつつ幾つもの背ビレが
かたまって一定エリアをグルグル円を描くかのよ~に移動してるのまで
見えてるんです!?

その動きを目で追いながら進行方向の先へキャストしてルアーがちょ~ど魚の
目の前を通るよ~に何度も何度もキャストを繰り返してるのに一瞬、ゴトン?
みたく当たった衝撃はあれどアタックはしてこない、、、





「知床半島」


闇雲に同じ事をやり続けていても埒が明かないよ~に思えたので、しばし大きな
岩に腰掛けてコーヒーを飲みながら突破口を模索、、、

5人居たはずの釣り人はいつの間にか我ら以外にもう1人のみになっており、
おそらくこの大雨&渋い状況下であきらめた模様。そこへ1人のフライの方が
入って来られ、アキアジ作戦においてはどちらかと言うと少数派の方々ですから
どんな釣り方をするんだろう?と興味津々で見ていると即、尾っぽではあるけど
魚をスレ掛かり!長時間の格闘の末、ランディングされたと思えば、打ち返すと
またすぐスレ掛かり!?

超軽量な毛バリを投げる釣法のフライがゆえウキルアーやウキフカセみたいに
遠投はできず、ちょい投げ程度の距離帯を狙われています、、、確かにその辺
にもさっきから魚の背ビレやモジリが出ている、、、ただ、わたくしめらが
追い掛けてきた群れの位置とは全く異なりますし、今もなおその距離帯には
魚の動きが確認できますからこの2つは別の群れ、、、


ひょっとして!?


ここでちょこっとひらめいた事があり、早速仕掛けをその設定にチェンジして
再びキャストをしてみると、


ゴゴン、ゴン、ゴン、ゴン


これまでより遥かに前アタリらしい小突きが手に伝わってきました!

すぐに打ち返してリトリーブスピードも止まっているのか?止まってないのか?
分からないくらいまで低速に落としてアプローチをしてるといきなり、


ドスン!?


物凄い重量感が圧し掛かってきましたっ!





78cm アキアジ撃沈。


午前9時過ぎ、ついに突破口を発見したかも!?

その後は打ち返す度に何かしら反応を得る事ができるよ~になり、決して
入れ食いではありませんけど、数投に1回は前アタリが出てヒット ♪ 更に
面白い事に魚を掛けても、繰り返し同じ位置に投げ返しても魚の群れは散らず
ひたすら似たよ~な回遊ルートを辿りながらグルグル回ってるんですわ!


グゥ~、グググッ!


ジリリリ~ッ、バシャバシャ









バラシも2、3回ありましたが、1時間もしないうちに魚を入れてるスカリは
満タンに ♪ 通常の戦い方ではまずしないよ~な極端な発想にはなってるけど
、これでしっかりアタリが出るよ~になり魚を取れてるって事を考えれば型に
とらわれるって事が時にマイナスになると改めて実感させられましたぁ。

もちろんスレ掛かりも皆無で全てガッチリと口にフッキング!今まで口を
使わなかった魚たちにこちらから働きかけて口を使わせたと思うと
すごく嬉しくなりますよね~ ♪


いつの間にか雨も小康状態になり、ここから少しは快適な環境になるのかなぁ~
と期待しながら一応雨雲レーダーをチェックしてみると、あちゃ~、、、
あと30分以内に再び激しく降る予報!?

それと時間的にもシロクマさんのタイムリミットが近付いてきてるのもあり、
お互いすでにずぶ濡れ状態だけど撤収時までまた大雨の中だと1つ1つの作業が
億劫になるので今のうちに片付けようとなり、午前10時45分終了。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ハヤブサ・デラックスサーモン
■ ルアー: シーゴブリン・サーモンゴブリン 45g


「雨が降ると萎える」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

食いが浅いのか? 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)


先週同様、夜になるとかなり冷え込むだろうと思い念の為にセーターからダウン
ジャケットまで持参したのに全然寒くない!?ど~やらわたくしめが滞在中は
気温は高めのようですわ~。

昨夜は仕事が終わってからこちらへ来られたSurFreyja“シロクマさん”
と車内で雑談しながら軽くビールを2本飲んでさっさと就寝 午前3時には
“よっしー”と待ち合わせ予定でしたから起床は午前2時過ぎ、、、あはは、
今回も初日から数時間しか寝れてません!(笑)





眠い目をこすりながらウェーダーを履いて準備が整ったら戦場へGO&到着
するとラッキーにも我らが一番乗りでしたっ。

よっしーによれば先週わたくしめが帰った後くらいから急に釣り人が増えた
らしく平日でも日付が変わった頃からすでに場所取りに入っておられる人も
チラホラいらっしゃるよう!?今の夜明け時刻が大体午前5時20分前後ですから
さすがに5時間もじ~っと場所取りしてるのは無理とゆ~ことで午前3時の
待ち合わせにしたんですが、無事思う場所が取れて良かった~ ♪

連日早朝の数時間だけ状況調査に出てくれてたよっしー曰く、釣り人の数は
増えるも釣果自体は全体的にパッとしておらず丸ボウズだった日もあったそ~な
、、、そんなわけでここ数日のデーターからまだ一番アタリが出る可能性がある
ピンポイントをセレクトしてもらいそこへ3人でイン!


きっと暗いうちはエサ取りのガヤがうるさくて閉口させられるはずなので、少し
明るくなってから攻撃開始するのがベターなんですけど、ステラSWのライン
の巻き量が少し気になってたので今のうちに数投してライン放出時にトラブル
が起きないか?をチェックしておこうと。


ブルルッ


ブルルッ、ブルルルルルッ


1投目から着水後すぐ超~小刻みにエサをついばむガヤのアタリ、、、


リトリーブをデッドスローにし過ぎると針掛かりしてきますから、ササ~ッ
と巻いて再びおもいっきりキャスト。

先週の遠征終了後、自宅でラインの逆巻きをし、ついでにより遠投をしやすく
する為に下糸を若干増やして巻き量調整を行ったんですが、投げ釣りのリール
みたく大口径スプールではないステラSWですから果たしてこのラインの高さで
大丈夫なのかちょこっと心配だったんですよね~、、、


ブルルルッ、ブルルルルルッ


グイイイッ!?


3投目、トラブルも無く気持ちよく遠投できるわ~と実感できた頃、





70cm アキアジがいきなり!


最初のブルブルは確実にガヤの仕業だったはずが突如何の前触れも無く
物凄い重量感に変わってドキッとさせられましたわ~。アキアジは夜間でも
アタってくると言われてはいるものの、まさかこんなすぐに本命が掛かる
なんて思いもしませんでした。


こやつは単発?それとも群れが回遊してる?アタってきた位置がフルスイング
したかなり沖だったので再び同じ付近に仕掛けを落とせるかど~か?真っ暗
ですから分からないものの、とりあえず即打ち返し!このタイミングでJCAが
1匹ランディングしたのを見てた周りのみなさんも一斉放火開始。

今日は終日南寄りの風予報で戦場からは常に出し風!上手い具合に風に乗せて
やれば45g前後のルアーなら結構な距離が出せます。


ポチャ~~~ン


グウ~ッ!





おおっ、着水してウキが水面に浮いた途端アタってきましたぁ ♪


まだ暗い時間からこれですし、もしかして今朝は超~食い気が立ってる!?
よっしーもシロクマさんも遠投メインで攻められおそらく同じ群れから魚を
2人同時に撃沈!

ただ、食い気があるものの前回の時も頻発したよ~に、食い自体は非常に浅く
、唇の皮一枚に掛かってたりでバラシも連発、、、バラす度に、うわぁ~~~
最悪、、、と嘆きながら周りを見るとみなさんもバラしておられます。


まさに教科書通り、微弱な前アタリが出て グッと重たく圧し掛かるよ~な
重量感が伝わってきたタイミングで大きくアワセを入れる、、、その後、
テンションを保ちながらリーリングしてくるも途中で頭を振った瞬間にフッと
軽くなったり、あともう少しでランディングというところで打ち寄せる波の中に
魚が入ってバレる、、、決して今朝はウネったりもしてませんしむしろ
凪に近い方なのに、、、

今までの経験上、食い気がとても立ってる日はガッチリとフッキングしてる
ケースがほとんどでバラシは少なかったよ~に思えるんですが、なぜか
今朝はアタックしてくるのにすぐバレる、、、


この時合いは長続きはせず、、、ってゆ~よりほんの30分程度でキャップ
ライトが不要になる頃にはピタリとアタリは止まってしまい、魚の気配が
目の前の海から一切無くなってしまいました。わたくしめに関しては
5回アタって3バラシ、2ゲット、、、でもこれでもまだ戦場全体で見れば
いい方だったんです!?なんせ全てバラシの方も多々みたいでしたから、、、





「知床半島」


とりあえず何とか2匹撃沈できたので良しとして、短時間であれだけアタリが
連発してたので引き続き粘っていればまた群れが回ってくるだろう、、、

そう思って3人であ~だこ~だ盛り上がりながら打ち返していたんですが
サッパリ。結局、よっしーの出勤時刻でもある午前6時半になってしまい
ここからはシロクマさんとJCA2人に、、、あっという間の朝マズメ終了。

午前7時になると常連さんを始め20人近くいた釣り人はアタリが無くなった
、、、アタってもバラしてばかりとみなさん厳しそうな顔をしながら次々と
撤収してゆかれ、午前8時までには我ら含めて4人のみに。


先週の台風17号通過後、吹き返しで大シケとなり治まり始めたの翌日の
爆釣劇を覚えている為、シロクマさんと爆釣できなくてもとりあえず最盛期
ですし朝のうちに2桁超えができたらそこで撤収しましょう!と昨夜話してた
のに、、、ど~やらこの状況じゃ確実に夢物語になりそ~です。(泣)

午前9時になり、すでに干底から上げに切り替わってるはずだし何か変化が
起きてもおかしくないと思い、マンダムモードの中ちょこっとやる気を出して
しつこく遠投を繰り返していると、


コココン!?


グッ、グッ、グゥ~ッ!


再び群れが回ってきたっ ♪







77cm アキアジ~。


今回がお初投入となったサモメタで撃沈です。

商品説明で書かれてたよ~に45gあるのに非常に薄い印象のあるこのルアーは
プレート状でシェイプもさっきまで使っていたぐるぐるサーモンより遥かに
空気抵抗が少なくシュパ~ンと気持ち良く遠投が繰り出せます。

だけどリトリーブ中の手に伝わってくる水圧抵抗は比較的スムーズに感じるので
アクションはそこまで複雑ではないのかも?まっ、実際の見てないので何とも
言えませんし正直、アキアジ用のウキルアー仕掛けは付属する物がいろいろ
ある為、そこまで大きくアクションに差が出るのかど~かは不明ですがっ。


バシャッ!?バチャ、バチャッ





続いて82cm アキアジ撃沈!


このサイズのオスは、最盛期を迎える頃には大半の個体がブナ化が始まってる
よ~な気がしますねぇ。

同じ距離帯へ打ち返してるうちにだんだん群れが手前に寄ってきたみたく、
シロクマさんが至近距離でゲット&わたくしめも足下ギリギリまで丁寧に
リトリーブしてアタリを待ちますが反応無し、、、ここでシロクマさんが
使ってたぐるぐるサーモンに再びチェンジしてファイヤーしてみると即、







やや小ぶりだけど2連チャンで銀ピカ個体を撃沈 ♪


むむむ、カツオやサンマの切り身を針に掛けていたとしてもやっぱりルアー
それぞれの持つ個性やアクションによって時に状況が一変する、、、
この変わりようは偶然ではないと思いますのでもっと引き出しをたくさん
持てるよういろんなシェイプのルアーを試していこ~と思います。

こやつらを追加したところで群れはどこかへ行ってしまったのか?どこへ
投げても何を投げても誰一人竿は曲がらないよ~に、、、


でも面白いことに今回の時合いは朝イチとは異なりヒットすれば1匹もバラす
事無く必ずランディングできましたよぉ。そして毎回全ての個体の口元を
チェックしたんですが、針掛かりもしっかり口の内側からアゴにかけて
ガッチリ奥深く刺さってるって感じ!

食いが浅い時はとことん浅いのに、深い時はそこまで慎重にならなくても
あっさり取れちゃう、、、おそらくこの違いは魚のみぞ知るとこなんでしょ~
けど、何とかしてこちら人間側でも対処法を考え少しでもバラスを少なくする
事ができないものか?早速考えてみようと思います。


さて、午前11時が近付いて参りましたし、そろそろよっしーがお昼休憩に入る
頃ですから我らも見切りを付けて撤収しましょうか~。





毎年アキアジだけは地元関西のみならず全国の友人からもし余れば送って欲しい
と必ず注文が入りますので頑張って1匹でも多く釣りたいなぁ~。(笑)


シロクマさんは有休休暇を取られており明日のお昼までご一緒できるとゆ~こと
で、せっかく3人集まれてるし今夜あたり飲みに?と話してたんですが、残念
ながらよっしーが夜は仕事が入っててアウト、、、

そんなわけでお昼を食べようと ♪ ここのラーメン、旭川の山頭火を思い出す
豚骨ベースのホワイトスープが特徴で超~美味しいんですわ~。そして
聞けばそれもそのはず!店主は山頭火で修行を積んで独立されたとの事。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド 110P
■ リール: シマノ・'13ステラSW 5000PG
■ ライン: シマノ・ミッションコンプリート 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ フック: ハヤブサ・デラックスサーモン
■ ルアー: エンドウクラフト・サモメタ 45g


「ラーメン食べたいっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR