最大瞬間風速19.6m!? 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤


週末で激混みになるだろうけど、別件とは言えせっかく「北海道」まで行く
用事があるならどうにか時間に都合をつけて竿も出してこようと密かに企んで
いたJCA、、、海外出張から帰ってきてすぐの移動になる事から1週間以上も
前から渡船の予約を入れ、荷物も送って準備だけは万全にしておりました。


そして迎えた出発日当日、


お昼頃に急に渡船の船頭さんから電話が掛かってきて明日はかなり荒れる予報が
入ってるけどそれでもいらっしゃいますか?と、、、この予報じゃ南東の風が
半端じゃないレベルで吹いておそらく三脚もまともに立てれなければ立ってる
のも大変な感じがするよ~と予約されてた10人以上のお客さん全員に掛けて
上陸の意思を再確認されている模様。

絶対無理なレベルで船自体が出せないのならもちろん安全第一ですから
それに従ってあきらめるものの、もし出船は可能ならその日はその為に予定を
空けてあるので渡してもらいたいなぁ~と伝えどちらにしても別件のアポがある
ので大阪を出発。なんせ相方とも約束してる上、釣りができなくなると丸1日
な~んもする事無くなってしまいますからねぇ、、、それに観光?と言っても
過去に数年住んでいたのもあり今更これと言って見たい所もないし、、、


了解しましたぁ~、では明日の出船時刻は午前3時で~!と船頭さんから
言われ、その時間にまでならど~考えても余裕で着けるなと思ってたら、
な、なんと予想以上に夜に開催されたアポが長引いてしまい終わった頃には
午後23時を回ってました!?


これはヤバい!と急いで札幌市内中心部を出発&途中、谷垣総裁を小樽の自宅で
下ろしてそこから余市~岩内と抜けて寿都回りの海岸線を走るルートで一路
「せたな町」へ、、、ラッキ~にも買い出しで立ち寄った岩内のコンビニから
わたくしめ同様釣具をギッシリ積んだ札幌ナンバーの車が前を走るよ~になり
、めちゃくちゃ飛ばして先導してくれたので午前2時には何とか到着!

が、しかし出船時刻までもう1時間を切っているのにも関わらず渡船乗り場の前
にはコラボ予定だった函館サーフ“クロちゃん”の車以外1台も姿は無く、
船頭さんがいらって聞いてみると今日はわたくめら2人だけと!?悩んだ方も
いらっしゃったみたいですが、ど~やら最終的に全員延期にされたとの事、、、





「瀬棚東沖防波堤」


数日前の記事で専用仕掛けを補充して、、、と書いていたのは今回可能なら
時に激流になって根掛かりが頻発する難所、北沖防波堤に上がれたらと考えて
おり準備だけは整えておきましたが、残念ながら今回は無理そうですねっ。

ってゆ~より地元で近場出撃感覚ならギリギリまで天気予報を見て日にちを
ズラす事も容易にできるものの、遠征となってしまうとなかなか直前で変更は
厳しいというデメリットがあります。


ゴオオオ~~~、ボワッ、バシュッ!


正直ここまで荒れまくってる瀬棚は初めての経験かも?冬の宇和海と
同等レベルかと思いきやそれ以上に達してるみたく目の前で三脚がバケツ
共々一瞬の吹き上げ突風によって何度も宙に舞う光景は初めて見ましたわ~
、、、中にエサや食料などギッシリ入った30Lのフィクセルが数回風によって
倒されるレベルと書けばどれくらいの強烈さかご想像が付くかと!

ほんと冗談抜きでそんな事が起きる中、やれるまでと攻撃開始。


暗いうちは小型のサメ、サメ、サメ!のオンパレードで遠近問わず海に仕掛けを
入れたら即食い付いてくる感じで閉口させられます、、、それこそこれも回想に
なっちゃいますけどわたくしめがこの沖堤に来だした頃は暗いうちでもこちらで
言う黄色いギスカジカにマガレイがポロポロ混じってサメなんぞあんまり
見なかったよ~な、、、近年はあれだけいらん程釣れたホッケも激減してます
から確実に海が変わってきてるのが分かります。

ず~っとサメのちょっかいに悩まされつつ迎えた夜明け過ぎがちょ~ど上の戦場
風景写真となり、明るくなってきたしサメの猛攻も治まるだろうと期待するも
全く治まる気配すらなくコンスタントに掛かってきます、、、特にある程度遠方
へ投げてしまうと即餌食となる為、近~中投に徹しているとようやくクロちゃん
がお名前の如く良型クロガシラを撃沈されましたぁ ♪







ちなみにJCAにもやっとカレイらしきアタリが出たと喜べば、まさに手のひら
サイズとはこ~ゆ~のを言うんだといった可愛らしいマガレイ、、、それなりに
数が出てくれるならまだしも単発となればリリースですわ。(笑)


爆風は治まるばかりか時間の経過と共に更に強烈になってきてわたくしめが
メインで使っている第一精工のサーフ三脚では脚の広がりレンジに限りがあり、
どのよ~に低く、また重石を重くなど工夫をしても一瞬にしてなぎ倒られる始末
でクロちゃんのダイワ製三脚を使わせて頂くことに、、、


過去に様々な爆風戦場で戦ってきましたが、どれだけ工夫をしても三脚が
立たないってレベルはやはり初めてかも!?徐々にケーソンの上を歩くだけでも
困難になる風力になり2人してひょえ~~って言う中、

クロちゃんだけは渋い状況下でもポツリポツリとマガレイを中心に上げられて
おり、わたくしめもアタリが出た付近を教えて頂いて攻めてみるんですが、、、
海底には相当数のカニが湧いてるよ~で本命が食い付くまでにチョッキン、
チョッキン、、、挙句の果てにはカニそのものが何度も針掛かりして水揚げ
されてくるまでに!?サメの次はカニかよ~とうんざりしてると忘れた頃に
必ずサメ!結局最後の最後までサメのアタリは出続けました。


ほらっ、手前にはサメの山がっ、、、











午前10時には三脚というアイテムがもう意味を為さない爆風レベルに到達
しちゃったので面倒臭がりのJCAはご覧のよ~にケーソンの継ぎ目を利用して
直置きスタイルで攻撃続投。(笑)

おっ!と気付くとマガレイを撃沈されていらっしゃるクロちゃんを見てスゲ~と
言いつつ、よ~く観察してると確かに常に強烈な追い風の中、飛距離を出された
竿にはサメがアタってはいるものの、カニのちょっかいに至ってはわたくしめの
半分程度、、、もちろん皆無ではなく頻繁にチョッキン、チョッキンされては
おりますけどJCAほど酷くはありません。なんでだろ~~~?

そして1つ参考にと頂いた仕掛けにヒント?いや、個人的には答えが発見
できたよ~に思えましたよん。そう、サメはさておきカニがアホみたいに湧いて
いる状況下ではJCAがメインにしていたいわゆる本州スタイルの攻め方は全
てがマイナス要因に働いていたよう、、、


これは再度こ~いったコンディションも想定して専用仕掛け作りからエサへの
こだわりまで見直さないといけないなぁ~と強く感じいい課題ができました ♪
またご当地仕掛けレパートリーが増えてくれそ~な予感で次の出撃が楽しみに
なる中、撤収時刻の正午となりました。

即リリースした手のひらサイズのマガレイが2匹、そんでもって最後に連続
して掛かってきたマガレイと36cmの残念賞イシガレイ、、、


ド貧果でしたっ。(爆)







なぜカレイ2匹のすぐそばにクーラーが置いてあるのか?と言いますと、
クーラーのよ~な物で風除けしておかないとまだ元気な個体らはバタバタする
度に風に押されて吹き飛ばされていっちゃうのでねぇ、、、ヤバイっすわ!

さすがにイシガレイ混じりの2匹だけを持ち帰る気にはなれず写真を撮った後
即リリース&当初はお天気が大丈夫そ~なら翌日ももう1日と考えていたものの
、爆風でなぎ倒され海の藻屑になった三脚もあれば、衝撃で1本の竿が固着して
しまったり、、、また予報では今夜半から雨が降って止んだら今度は強い北西の
風、、、今日よりは遥かにマシになりそ~だけど今持っている仕掛け形態では
カニに太刀打ちできないのもあり熟考した末、改めて出直す事に決め荷物を
発送したら翌日はゆっくりして帰還しましたっ。

あとでクロちゃんのブログを拝見して知ったのですが、この時の最大瞬間風速は
19.6mを記録してたそ~な、、、ほんまよ~やったもんですわ。




「よ~やるわ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

灯台下暗し、 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤 (2日目)





沖堤から上がってきたらまず真っ先に冷え切った身体を温めるべく近くの
日帰り温泉へGO&ポカポカになったら積もる話もあるので数年前に見つけた
お気に入りの居酒屋に行って盛り上がって参りましたよん♪

昨日は午前5時出船だったのに対し、夜明けが若干早くなってきた感じだから
今日から30分早く出船してもらえるみたく睡眠を取っておかないと!と
ほろ酔い程度でお開きにしてコンビニで買い出しを済ませば即車内で
爆睡夢追人となった2人でした。


居酒屋で作戦会議をしてる時点では2日目の今日は位置を変えて先端部にでも?
と話してたものの、船頭さんから撤収時刻は全員正午でお願いしますと言われた
ので奥まで歩くのも面倒だし昨日とほぼ同じ高いケーソンに上ってすぐ、テトラ
帯が切れた辺りから三脚を並べて陣を張ることに。

午前中しかできないので1秒でも無駄にしないようセッティングが完了した竿
から順にファイヤ~していきますが、暗いうちは小型のサメのラッシュでどこへ
投げてもサメ、サメ、サメ、、、空が白んできてからも止まずヤバイんで
ないかいっ!?と話してるとようやく、


コンコンコン









朝マズメの時合いが到来したみたく41cm マガレイを頭に2人で良型カレイを
数匹立て続けにゲット!また“谷垣総裁”は馬鹿デカいツマグロカジカこと、
こちらで言うギスカジカや再びヌマガレイに好かれてしまい苦笑中、、、

また、上陸した時からすで非常に強い北西風が断続的に吹いてる状態で
全力でフルスイングしても押し戻される形となりなかなか思うよ~に距離が
稼げません、、、それでも頑張って投げて沖から接岸してくる新しい群れを
獲らないと!そう思い2人して一生懸命打ち返します。


しかし午前8時前後がやはりデッドラインなのか?このラインを越えるとピタリ
とアタリが途絶えてしまいました、、、


レスラー総裁の剛腕から繰り出されるハイパワーキャストでかなり遠方を探るも
魚っ気なし、、、わたくしめも持参した例のタングステンシンカーをフル活用
して遠投し、風の影響をモロに受けないよ~に小刻みペースでサビいたりと
アピールするも朝マズメの連発がウソと思えるかのよ~な沈黙度、、、

そして午前10時過ぎ、一瞬だけ北西風が弱まる時間帯が訪れここぞとばかりに
フルスイングして広範囲を探ってみるとなんとか、







38cm クロガシラカレイが姿を見せてくれ、しばらくすると今度はホッケ
ポロンと単発で掛かってきました。

他の先端部に入っておられる方や下のケーソンで投げておられる方を見るも、
みなさん午前8時頃から我ら同様座りっぱなしの時が多くイマイチっぽい!?
遠目からではそんな風に見えてました、、、


あかんなぁ~、、、全然っすね~、、、のやりとりが何度も繰り返され、
それでも頑張って遠投 しばし座り込んでホットコーヒー片手に雑談したり
散歩をしてみたりして再び投げ返し、、、





「瀬棚東沖防波堤」


今ふと思い返してみるとこの沖堤に上がるのは久しぶりかも!?近年は西や北側
ばかりで長い間ご無沙汰中でした。いや~それにしてもお天気だけは2日間
とも快晴でいかにも釣れそ~な雰囲気をプンプン醸し出しているにも関わらず
サッパリってちょこっと辛いですわ~、、、


そうこうするうちにあっという間に時間は流れ、午前11時15分。


そろそろ片付けていかないといけない時間になって参りました。

ほんとは今日も夕方くらいまで粘るつもりでしたので事前に千歳市内のホテルを
予約したんですが、正午撤収となると余裕で今夜の大阪ゆき最終便に間に合い
ます!それなら今朝撃沈した超~筋肉質な抱卵クロガシラとマガレイのお造り
味比べなんぞもできますからちょこっと早めに片付けてを終わらせて釣果写真を
撮ったら残りの時間を下処理に、、、特にカレイのウロコだけはおもいっきり
細かく、かつネバネバ粘液とコラボしてシンクに詰まったりしますからねぇ。


こんな感じで最終日はあっけなく終了。





それより何より驚いたのが先端部で竿を出されてた方は良型のマガレイを結構
数釣ってらっしゃってどこの辺でアタりましたか?と伺うと全てちょい投げ範囲
のケーソンの敷石すぐ向こうと!?

わたくしめら、、、ここではカレイは少しでも遠くへ飛ばした方がいい!ってな
先入観を頭の中で持ってしまっており必死に向かい風に投げていたのが
実はすぐそこに、、、まさに灯台下暗しとはこの事ですね。(笑)

広範囲を探る 超~近投も絶対忘れず探るという基本中の基本セオリーを
リマインドさせられましたっ。




「そんな所に!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

日によってムラがある? 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤 (1日目)





わっ!?ビックリしたぁ~。


いつもこの道を通って渡船乗り場へ抜けているのに除雪後の雪でしょうか?
おもいっきり道を塞ぐよ~に積み上げられてて通行不可能、、、まっ、すぐ
お隣に並行して走ってる道があるので全然問題なんですけど過去に見た事が
無かった光景ですのでビックリしましたわ~。

だけど考えてみれば毎年どれだけ早くても4月中旬頃になってから来てるので
それより約1ヵ月も早いとこんな感じなのかもしれません。(笑)


「北海道」への玄関口となる新千歳空港には定刻より若干早い午後17時35分に
到着し、そこからレンタカーを借りてまっすぐ戦場へ、、、とはいかず千歳市内
でこちらに住んでいる友人らと夕食の約束をしており居酒屋でJCAだけ
ノンアルコールで盛り上がってからのんびりペースで向かう事に。


千歳市内、そして千歳ICから道央自動車道に乗って下りるICとなる国縫
までは全く雪なんぞ無かったのにここから日本海側へ抜ける山道に入った途端
ドッサリ積もった雪!?道も真っ白でかつ時間が遅くになってしまったのもあり
所々アイスバーンになって黒く艶光してて超~ハラハラでした、、、とりあえず
エンジンブレーキを活用しながらゆっくり峠を越えて戦場には午前3時前に。

ここですでに到着し仮眠されていたSurFreyja“谷垣総裁”とそのお連れ様
のお医者さんご夫婦とご挨拶をし、外は極寒なので出船時刻までしばし暖房の
きいたそれぞれの車内でくつろいでいると1台の車がいらっしゃり中から出て
来られた方がわたくしめの車内をジロジロ覗き込んでこられます!?真っ暗な中
、ちょ~ど着替えをしている最中だったので急いで済ませて外に出てみると
なんと函館サーフ“ひろしさん”でした。(笑)

おお~~~っ!お久しぶりです~とお互いハイテンションになってせっかく
なので一緒にやりましょうとJCA含め総勢6人で戦場へ上陸となりました ♪


ククッ、クックッ


グゥ~~~ッ!


夜明け時刻を迎えた直後から典型的なアタリが出始めて、









心地良い重量感と共にマガレイソウハチガレイが釣れてきます ♪

事前に総裁から聞いていたよ~にまだ走り段階の群れですから数は期待できなく
ても確かにサイズはデカくいずれも40cm近いよ~な良型揃い!ちなみに
わたくしめ、ソウハチガレイに関しては数ももちろんの事、サイズもそこまで
大きいのを釣った事が無かったのでちょこっと嬉し~ ♪


最近余市でデカいヌマガレイをたくさんやっつけていた総裁はいつの間にか
ヌマ専門になったか?ここでも40cmオーバーの個体を釣り上げて泣いてますし
、反対隣にいらっしゃるひろしさんは同じく良型のスナガレイをポンポンと連発
されてます。この状況からしても確実に朝の時合い到来中なので必死に向かい風
に向かってフルスイングを繰り返しますが、午前8時になると時計でも持って
いるのか!?って思えちゃう程ピタッとアタリが止まってしまい沈黙、、、
どれだけ広範囲を入念に探っても生体反応がありません。

おっかしいなぁ~、、、とみんなでマンダムタイムを過ごし、たま~にエサを
チェック 触られた形跡すらないのでそのまま打ち返し、、、そんな
繰り返しをしてるうちにだんだん時間が過ぎ去ってゆきます。







「瀬棚東沖防波堤」


お天気は快晴で空気も透き通ってる印象&遠くには真っ白に雪化粧した山脈が
見えてまさに大自然に包まれてるよ~な環境、、、唯一写真じゃ分からないけど
やめてくれ~と思うのが北西風が超~強いんですわ。

わたくしめら戦っている位置から外向きへまっすぐキャストした場合、風は斜め
右前から吹いてくる感じで暴風に近いレベルまで達してきてる為、キャストと
同時に左手前へ仕掛が押し戻されて着水後も風によって引き起こされている
大きなウネリを伴った波に流れていく、、、まっ、ここでは定番コンディション
ですから気持ち的にはまた今回もかぁ~、、、程度ですけどちょこっと冬の
宇和島に似てて投げ釣りでは戦い辛いところはあります。


午前11時を回ってやっとこさ何か掛かった!と喜ぶもギンポ?に似たワラズカ
なる謎の魚、、、すり身にして食べたら美味しいよ~とひろしさんから伺うも
背びれの棘に毒があるやら聞いてると恐ろしくなって針を引っこ抜いたらポイ!
なんとこやつ、ハリスを持って引っ張ると数匹のイカナゴを吐き出したんですわ
、、、それも死んではいるもののさっき丸呑みしたばかりのよ~なまだ表面が
ギラギラ光ってる新鮮な個体ばかり。

これだけベイトがたくさんいるからカレイも同様に捕食する事から食い気が
立たないのかも?など話しながらあまりにも暇だったのでわたくしめ、この
イカナゴを枝針にちょん掛けしてファイヤ~ ♪

まさか何かが食ってくるなんて思いもしませんでしたが、


ガンガンガン!?


見てない間にAXの竿先が激しく叩かれていたらしく教えてもらって上げると、





48cm アメマスが食ってきました。(爆)


初めて撃沈した魚にマジで!?と驚くも確かにイカナゴを付けた針に食ってきて
まして、もしかしたらイカナゴさえあれば他の魚も狙えるんちゃうん?な~んて
ねっ。アメマスとはイワナの降海型らしくここ北海道では普通に知られている
ターゲットの1つですが、あはは、わたくめにとっては珍しい魚が釣れたって
感じですからとりあえずラッキ~ ♪


その後もアタリは皆無に近く正午の船でひろしさんとお医者さんご夫婦は撤収
され、戦場には総裁とJCAの2人のみになりました。

最も時間を目一杯使える初日だからこそ夕マズメまでしっかり粘っておこ~や~
と気合い入れるもここまで音信不通だと心が折れてきます、、、打ち返しても
打ち返してもエサは取られず、北西風は午後から更に激化!一時立ってる
だけでも困難になるよ~な強さまでなってヤバいんでないかいっ!?(爆)


暇を持て余して仕方ないので総裁と何か面白い事をしようとなりあらかじめ
持参していた出刃包丁やらまな板を取り出してクッキングタイム。さすがに風の
勢いが凄まじいのでここで食べるのは物が吹き飛んでいきそ~だから断念して
後のお楽しみ、、、それにしてもアタリが出ないっ!(泣)


グイグイグイッ


予想通り?かど~か分からないものの、次に時合いが訪れるとしたら夕マズメ
ちゃう?と話していた時間帯になってやっと、







36cm クロガシラカレイホッケがバタバタっと2匹連発して終了。

そ~いえば船頭さんもひろしさんもまだホッケがほとんど釣れてない、、、と
言ってたのを思い出して貴重な魚なんやねと、、、

わたくしめが投げ釣りを目的で北海道に遠征しだした頃はカレイ類は渋くても
ホッケだけは毎回大漁だったよ~な超~簡単外道的イメージのあるこやつも
ここ近年は獲れないよ~で高級品みたいですよね。うむむ、やはり年々環境が
変わってきてるのか?地球が持たん時が来ているのか?


まず日帰り温泉に浸かってから居酒屋にでも行って作戦会議します。







「厳しいねぇ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

75cm アキアジ撃沈 ♪ 北海道・道内 / 太平洋 (2日目)





どこか居酒屋にでも?となるも戦場から長時間離れるのは微妙ですし、
眠くなったら即寝れるよ~にと最寄りのスーパーに買い出しに行った際に夕食も
買って再び車内でプチ宴会 ♪ 写真にはアバターのよ~な“九州男さん”
写っておりますがこれは室内ライトのせい、、、って誰でも分かるかっ。(爆)

お寿司や惣菜などをつつきながらワイワイ飲んでると寝不足気味の疲れも
あったりで想像より早くお酒が回っちゃい少々早めにお開きにしてそれぞれの
車内で仮眠タイムに。日付が変わる前には爆睡夢追人になってたはず!


昨夜はそこまで冷え込みもせず午前4時半にセットしたアラームが鳴るまで
一度も起きないまま爆睡、、、また今日は週明けの月曜日になりますので
夜間に覗きに来る人も皆無でゆっくり休めましたわ~。





今朝は午前5時ジャストに戦場入りです。


写真をご覧になってもうお気付きかもしれませんが、昨日は悩みに悩んだ末、

やはり1匹でも本命の顔を見ているので引き続きここで粘ってみようとなったん
です!それに“総裁”の釣友らからの情報でも昨日は一級ポイントですら
トータルでゼロの所もあったらしく相手も回遊してくるわけですから下手に
動いても一緒?あはは、それに今日は午後の便で帰らないといけないのもあり
やれても午前中いっぱいと短時間な上、あれからタックルを片付けて再び
移動ってのも少々億劫でしたのでねぇ。(笑)


風は無風だけど空はどんより曇っててじっとしてると肌寒い今朝、、、一応
天気予報では夕方頃から通り雨的なのがありそ~だけど戦ってる間は大丈夫
そうかな?無風となるとJCA、、、1つ気になってた事がありました。


それは雪が本格的に降る前にあちこちで飛来し始める白い雪虫の存在!


今のところ数匹目的してるもののまだマシですが、時々風も吹いたりしてた
昨日ですら結構飛んでたので今日は多いかも!

雪虫を探して?キョロキョロしてるとちょ~ど潮の切り替わるタイミングだった
のか?一時的にバシャ~ン、バシャ~ンとウネリを伴った波が打ち寄せて来る
よ~になってるのに気付きました、、、あ~~~、今から下げになるんや~と
ざわつく波打ち際を眺めてると、そこには何やら1つの動く物体がっ!?

最初はゴミかと思ってたんですが、よ~く見ると打ち寄せる波とコラボしながら
バシャバシャしてるではありませんかぁ!近くに九州男さんが念の為にと準備
されてたタモを掴んでダッシュ&バシっとタモ入れ。





波の勢いで一瞬打ち上げられたみたい!?(爆)


お二人に聞いてみると波打ち際スレスレを回遊してきた個体の中ではたま~に
こんな事もありますよ~と!わたくしめにとっては初めて目の当たりにする光景
でしたから正直、マジでビビりました!?

でもね~、、、タモですくったってよりやっぱ釣りたいっ!


万が一何もアタらなかった時の為にこやつもキープしながらアタリを待ちますが
午前9時になっても音沙汰無し、、、九州男さんの隣にはいつの間にか地元の
常連さん?のおじいちゃんも竿を並べており近況を伺うもここんとこサッパリ
なよう、、、ムラがあるならまだしもムラと言える頻度での回遊すら無い模様
ですねぇ、、、まっ、元々一級~二級ポイントがダメな時の地元の方が知ってる
逃げ場的場所みたいですから魚影が薄くても仕方ないんですけどねっ。







「太平洋」


あの向こうには、、、う~ん、おそらく果てしなく海なんでしょ~けど、時間が
経つに連れほんとなら明るくなってくるものが更に雲の層が厚くなって薄暗~い
イメージの午前10時過ぎです。

この頃になるとどこからやって来たのか!?雪虫の大群が飛来し始め360度
どこに目をやっても雪虫、雪虫で顔や髪の毛にくっ付いたら超~イヤなんで、
さっきから防寒着のフードを深く被ってその隙間から竿をチェック中。(爆)


コツコツコツコツコツ、、、


右から2番目の竿が少し前から小刻みに叩かれてるよ~な?





リーリング開始と共にグッと締め込みを見せたのでちょこっと期待するも、
それっきりで後はあっさり水揚げ、、、30cmジャストのマツカワちゃん
でした。残念ながらリリースサイズになりますのでそのまま針から外して
海にお戻りなさい~とねっ。

こやつはこやつでまた専門に狙ってみたくもなりますわ~。


今朝は生態反応があったのはこの1回のみで基本、昨日同様エサ取りも居ない
沈黙の海、、、それでも雪虫を掃いながら定期的に仕掛けを上げては新鮮なエサ
に付け替えてファイヤ~、、、ロボットのよ~に繰り返しながら時々、合間を
見計らっては撤収後すぐ移動開始できるよ~に不要な物を車まで、、、

そんな作業を並行しておこなっていると、全て静止してたはずのサーフサイドの
うち1本が何やら怪しい動きをしてます!


ユッサユッサ、ユッサ


これはアタリなのか?単に打ち寄せる波のせいか?







75cm アキアジ撃沈 ♪

しばらく様子を見てても謎な動きのまま変化が無いのでおもいきってアワセを
入れてみるとグイイイっと重く締め込み右へ走りだしましたっ!


昨日のはメスで今日はオスと両方揃ってくれましたし満足かな?ほんとは
爆釣モードにハマって2桁釣り~なんてのも夢見たりしてましたけどここまで
魚影が薄い?渋い年回り&戦場では2日共ボウズ逃れできただけでも上出来と
しましょう。これで美味しいイクラと切り身両方堪能できます ♪

九州男さんにも1匹来てくれたら3人共最低1匹は撃沈したってことになるし
更に満足な気分に浸れるんだけどねぇ~って話してる矢先に願いが通じたのか?
一番向こう、、、かなり遠くにあった竿が揺れ始めてダッシュ~&ギンピカな
個体を撃沈されましたよぉ!おめでとうございます。





そして正午を過ぎた辺りでタイムアウトとなりました。


超特急でタックルを片付けて車に詰め込んだらいざ新千歳空港へGO!いやね
、、、実は明日は朝から東京で仕事が入っておりまして、、、当初組んでた予定
じゃメインイベントが終わったら真っ直ぐ大阪に戻って改めて、、、と考えて
たんですわ~。でも、アキアジ作戦の誘惑に負けちゃったのでここから直接
羽田へ飛んで1泊してそのまま、、、と変更。(笑)

釣りウェアなんか着たまま出勤できませんからスーツや革靴、バッグなどは
今夜のホテルへ送ってもらい何とか乗り切れそうかな?あはは、好きな事を
してるんだから文句は言えませんよね~。


あっ、そうそう!空港への道中にあるクロネコセンターに立ち寄ってアキアジ
ちゃんを発送するのも忘れないよ~にしないとっ。







「釣れて良かったね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

74cm アキアジが夜明け前に、、、 北海道・道内 / 太平洋 (1日目)


夜中となればもうかなり冷え込む「北海道」、暖房のきいた車内でウトウト
してるうちにいつの間にか夢の中に落ちて、、、気付けば朝!?な~んて幸せな
夜は過ごせず、日付が変わった頃から約1時間おきのペースで釣り場を求めて
やって来る人に毎回起こされまともに仮眠もできませんでした、、、

数人の方と少しお話をしましたが、やはり週末とゆ~ことでここんとこず~っと
不調と言われていても一級ポイントのみならず二級ポイント含め実績場と
呼ばれる場所は片っ端から超満員で入るスペースなど無くみなさんとにかく
竿を出せる場所を探して徘徊しているよう、、、ただ、ここに関しては見に来た
ほとんどの方が、ところでここって釣れるんですかぁ?と。(爆)

実は今回ご一緒させて頂き、この戦場へ案内してくれた“九州男さん”自身も
過去に竿は数回出した事はあっても一度もターゲットの撃沈実績は無い模様!?
平日ならともかく今回は週末にかかるのでまずは竿が出せるスペース確保って
のを最優先されたようです。


まっ、元々JCAも今回に関しては別件での来道となっており、その傍らもし
時間が調整できれば釣りもしたいなぁ~程度でしたから釣れてくれたら
当然超~嬉しいものの、それよりまずは3人で久しぶりにワイワイ盛り上がり
たいねぇ~とねっ ♪ う~~~ん、でもやっぱ釣れて欲しいっ。


そうこうしているうちに午前4時となり再びウトウトしてたら夜勤明けそのまま
飛んで来てくれたマッスルな“総裁”到着!簡単に挨拶を済ませたら防寒着を
身に纏い3人で戦場へ突入です ♪

まずは市販のカットされてる塩サンマを付けて適当にファイヤ~&放置したまま
昨日の夕方から塩締めにしていたカツオの切り身をナイフで小さく切っていると
、横で竿を出している総裁からJCAさんのこの竿、さっきから引いてますよ~!


えっ?でも今さっき投げたばっかやん。


そう言いながら顔を上げてその竿に目をやると、


ユッサユッサ、、、ゴンゴンゴン


あれまっ!?一脚上でサーフサイドが揺れながら典型的な本命のアタリがっ、







ギンピカの74cm アキアジ撃沈 ♪


1投目、それも投げて10分もしないうちに本命の登場でもしかして当たり場所
ちゃうん!?と3人共一気にテンション上がりまくり~!目立ったエサ取りも
居ないよ~ですし引き続き放置したまま次のアタリ到来を待ちます。

スケジュール上、どれだけ頑張っても今日1日と明日の午前中いっぱいまでが
限度だったJCAですから攻撃開始早々に1匹ゲットできて超~嬉しいっす ♪


あれから1時間くらい経ったでしょうか?キャップライトも完全に不要となり
無風&ベタ凪の気持ちいい朝を満喫しながら3人で雑談しながら朝食を取って
いると、いきなり総裁の竿が揺れ始めて、





わたくしめのと同じくお腹がイクラでパンパンのメスをゲット!何の変哲も無い
砂浜ですが、少し離れた所に小さな流れ込みもある為か?ちゃんとアキアジの
群れは回収しているよう。どこも渋い中、この勢いに乗って九州男さんにも1匹
来たらほんと最高の1日になるね~と話しながら再び竿を眺める3人、、、

やはり近くに大きな河川のある場所では渋いと言っても全体的にはそれなりの
数が出ているのかもしれませんが、ここみたいに週末でもだいたいガラガラ
というノーマークポイントで出てくれた事が更に嬉しく感じちゃいますよね。


ず~っと雰囲気的にはいいものの、2匹出た後は沈黙となってしまいエサも全然
取られないのでただただぼ~~~っと過ごす退屈な時間、、、午前11時過ぎに
1本だけ仕掛けを変えておもいっきり遠投されてた総裁の竿に30cmに満たない
マツカワが付いたもののリリース、、、


マンダムタイムを引きずったまま正午を迎えました。







「太平洋」


この作戦は距離を投げなくていい為、初めてやった時にはタマミみたくゴリ巻き
してやろうと16号を巻いて臨んだのを覚えてますけど、まぁ、使い勝手の面
からすれば8号前後の通しがベストかな?5号でも大丈夫だけどいちいち力糸を
連結したりするのも面倒なんでねっ。(笑)

午後からは気温も上昇して太陽が覗けば防寒着だと少々蒸し暑い、そして太陽が
雲に隠れてしまうと今度は少々肌寒い、、、微妙な気温差を行ったり来たりして
ますが晴れてるのでのんびりできます。


ず~っとマンダムですからちょこちょこつまみ食い?はみなしてましたが、
そ~いえばまだお昼食べてなかったね~と総裁が車からバーベキューセットを
出してきて調理し始めましたよん ♪ またちょ~ど少し前から空が雲に覆われ
風が冷たく感じるよ~になってきてたので火があるのは非常にありがたいっす。









手羽先から始まって先日総裁がゲットしたアキアジのブロックでちゃんちゃん
焼き~ ♪ そして北海道じゃ定番のジンギスカンまで出てきてビール片手に
ワイワイとお腹いっぱいになりましたわ~。


その後も海は異常無し!のマンダム、、、


もし日暮れ近くまで粘ってサッパリだったら他へ移動する手も?という案が浮上
してみたり、いや、渋いとはいえ魚自体2匹見ているのでこのまま粘った方が
、、、となってみたり3人で熟考してるうちにだんだん日が傾いてゆき、、、

長いはずの1日は瞬く間に終了&再びキャップライトがいる時間を迎えました。





さて、最終決断をどう下しましょうかねぇ?




「悩むよねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR