1万分の1匹!?67cm 鮭児現る、 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


撤収後は当然 ♪ 前回から超~お気に入りになった道の駅・さっつるに行って
お風呂&ランチをしてマッタリ。戦場からだと結構距離はあるけど、どのみち
魚をクロネコセンターから発送しないといけないので全然苦になりません!

暗いうちのエサ取りもしかりですが、ウネリにも揉まれたりもして思った以上に
エサを消費してしまった昨日、、、そんなわけで「ウトロ」へ戻る途中にエサを
これでもかぁ~って程ごっそり買い出して参りましたっ。(爆)


夜になると仕事を終えた“よっしー”と合流していつもの焼き鳥居酒屋にて
乾杯~ ♪ ここで飲み過ぎてしまうと翌朝起きれないのでほどほどにして、
解散後は即おやすみなさ~い、、、

ワンシーズンに3回目となるとさすがに慣れたものでここで食料を買い出して、
道の駅のこの位置で仮眠~など自分流のパターンが出来上がってます!
あっ!でもこれは知らなかったんですけどシリエトクの道を挟んで斜め前にある
セイコーマートは冬は営業していないらしくすでに完全に閉店状態でした。


さてさて2日目の今日も午前2時15分にはアラームで目覚めてちゃちゃっと
出撃準備を済ませるとよっしーとの集合ポイントへ。





今朝もめちゃくちゃ冷え込んでおりますわ、、、


午後から更に荒れ模様となり夕方頃には横風として当たると車がグラっと揺れる
程の暴風レベルになってしまった北西風、、、当然ながらウネリも更に増幅し
今朝は釣り自体ができるか?ちょこっと心配になってたものの、なんとか日付が
変わったくらいから風も若干治まり根性でやるで~と乗り込んで参りましたっ!

戦場には一番乗りだった為、昨日と同じ位置に入るべく奥へ進むも断続的に
打ち寄せた大波の影響でゴロタ石で設営した竿立て陣地は流されてしまい、
おまけに一帯はえぐれて常に波が足元を洗っている状態、、、これじゃ荷物
ですら流されてしまうので早速2人して石を積み上げて、

完璧なる要塞!?を作ることに。(爆)











「知床半島」


結構時間を費やしましたが、なんとか完成!

微妙に雨がシトシト降ってる中、夜明け近くまでじっと凍えてるしかないなぁ~
と出撃前まではブルーになってましたけど、この要塞建設作業?のおかげで
身体はポカポカ温かくある意味いい時間潰しとなりました。

そして午前4時半となり、よっしーの合図で一斉放火となるものの、30分
経っても、1時間が経過しても全くアタリ無し!?もうそろそろ朝マズメも終了
って時間帯なのに誰1人魚を上げてる様子は無く、ただただ左右からたくさんの
ウキが飛んで行っては&回収されて、、、の繰り返し光景が続いているのみ。


コツコツ?


グイイイッ!





あっという間に時間だけが流れ、よっしーはそろそろ出勤しないといけない
午前6時半、、、このタイミングでやっとこさわたくしめの竿にアタリが出て
1匹ゲットするも、竿に変な違和感を感じ何だろう?とチェックしてみると、
なんとAGSの1つのフレームが剥がれかけているではないですかぁ!?

なんじゃこりゃ~、、、特にどこかにぶつけただの負荷の掛かるライントラブル
を起こしたっていう心当たりもありませんし、何よりもまだ買ったばかり!
このまま攻撃続投しようとするもキャストするとこの部分が干渉しだして上手く
ラインが放出されずトラブル発生、、、


周りでもちらほら魚が掛かり始めたこのタイミングでこんなトラブルが起きる
なんて、、、ほんとついてませんわ!しゃ~ないけど2日目の今日は作戦を断念
して対策を練るしか?と考えてると、よっしーが僕の竿を置いていきますから
使ってください!と。何から何までお世話になりっぱなしです ♪

早速リールだけ付け替えて戦線復帰となったJCA、さっきまでダイワ竿を
持ってた手にはシマノのコルトスナイパーBBがっ。





中投域から手前はブナの群れが多いのか?釣ってらっしゃる方々の魚を見てると
紅葉の季節にコラボしてか?見事なまでに紅葉したブナ個体ばかり、、、

秋が深まるにつれブナ比率が増えていくのはしゃ~ないんですけど、できる限り
紅葉成熟個体は避けたい?ので中~近投はせず常におもいっきり振って攻めて
みる事に そうすると読みが当たってくれたよ~でアタリもコンスタントに
出始め、また食いがイマイチ浅いのか?フッキングポイントが遠いので
リーリング最中に何度かバラシもあるものの、ブナは少なめです!





時合いを逃すと一気に釣れなくなるのでまさに今が勝負!撃沈した1匹、1匹の
写真を撮っている余裕は無く、撃沈 絞めてロープに繋いだら即打ち返し
を機械のよ~に繰り返し徐々に数を確保してゆきます。

欲しかったイクラのギッシリ詰まったメス個体を3匹確保した時点でミッション
コンプリート ♪ と少しリラックスモードに切り換えて攻撃続投していると、
これまでアタリが皆無だった距離帯をウキが通過した瞬間に、


前アタリの無い締め込み!?


グッグッ、グウ~~~ッ!


打ち寄せる波に乗せてランディングさせ、やたら暴れまくる個体だったので
アキアジ用バットでバシバシ叩いて気絶させてると何やら白っぽい?シルバー
に艶光した細かいウロコの塊がやたら飛び散るんです、、、

久しぶりに丸々太った美しい銀ピカを釣ったわ~と思いながら針を外してまた
打ち返していると、近くで釣っていた常連さんらがたくさん集まってきて、


うわっ、こ、これは鮭児やないかぁ!!!


お兄ちゃん、エライもん釣ったなぁ~!わしだってここらに15年通い続けて
今まで小さいの1匹しか釣った事ないんよ~、、、漁師でも今年は2匹しか
水揚げされてないし、1匹は市場で値が付かんかった、、、やら、お造りの
切り身は1切れで1000~3000円するし売ったら7万円近くで売れる上、
築地市場では22万円の値が付いてた、、、

など人がたくさん集まってきていろんなストーリーを教えてくれ、他には写真を
撮らせて下さいなど大騒ぎになる中、名前自体は前から知ってはいるものの、
正直あまり価値に対してピンときてないわたくしめはへ~~~、ほ~~~と
聞きながらも最初はあまり実感ありませんでした。(笑)







こちらが大騒ぎのネタ、67cm 鮭児(ケイジ)でございます ♪


即、常連さん経由で仕事中のよっしーの耳にも入ったよ~でビックリして電話を
もらい、鮭児とは?ってゆ~のを詳しく教えてもらうと、

毎年、11月上旬~中旬にかけて北海道のオホーツク海側でたま~に獲れる個体
で10000匹中、わずか1、2匹しか獲れないことから、幻の鮭とも呼ばれて
いるよう。鮭児はロシアのアムール川生まれのシロサケで、日本生まれの鮭の
回遊にまぎれて南下してしまい、北海道のオホーツク海でまれに漁獲されるもの
で生まれてから3~4年のものが多く、卵巣や精巣が未成熟の若い鮭。

更に調べてみると、普通の鮭は脂肪率が2~15%なのに対し、鮭児は通常の
2倍以上、20~30%もあります。ゆえに、身は脂が乗っていてとても美味。
マグロの大トロのような味で幻の鮭児のお値段はビックリ級で平均すると、
切り身は1切れ3000円、半身で4万円、1尾は7万円から!高いものだと
1尾13~20万円以上する個体もいるそ~な、、、(爆)


後になってようやく超~希少価値の高い魚を撃沈したんだぁ~という実感が
湧いてきました!みなさん、どの辺でアタった?など聞いて一生懸命キャストを
繰り返されてますが、聞けば相当回遊スピードの速い個体みたく1ヶ所に
溜まったりと留まる事が滅多に無い為、

ほんと偶然の出来事だったよ~です。


そんなこんなしてる内に本日分のエサが無くなり午前10時には撤収!


最後に釣果写真を撮り、魚を送る準備 いつものよ~にエラから内臓を
取り除く作業に取り掛かってると確かに説明にも卵巣や精巣が未成熟の若い鮭と
書いてあったよ~に一見メス?に見えたものの、

お腹の中には筋子も白子も入っておりませんでしたわ~。





内臓を出さずに地元の市場やスーパーに持ち込んだら6~7万円で買い取って
くれるよ~とみなさんから言われましたが、お金がど~こ~よりせっかく撃沈
した希少価値のある魚ですし自分で食べたいですから大切にクロネコセンター
から自宅へ発送致しましたよん ♪

FISH DINNERで頂くのが楽しみです~!




「鮭児!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

大ウネリの中、アキアジ7匹! 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)


午後13時45分に根室中標津空港に降り立ったJCA、お初利用の空港だった
のと時間的にも十分余裕があった為、少々館内を見て回ってからゆっくり出発?
と考えるも、実際に訪れてみると見て回る程の規模ではなくあっさり終了&
即レンタカーを借りて出発となりました。(笑)

空港近く、中標津町内にそこそこ品揃えがいい釣具量販店があると聞いていた
のでそこだけ立ち寄って物色してから「斜里町」を目指すことに、、、カーナビ
の予想所要時間では1時間50分と表示されていたものの、大自然に囲まれた
果てしなく一直線ばかりの道は1時間も掛からずにクリア&買い物し慣れた
斜里町中心部で雑品を調達してから道の駅・シリエトクへ。

いや~、空港および周辺はそこまで栄えてるとは言えないけどアクセスに関して
は女満別空港から来るよりこっちからの方が遥かに早くかつ楽ですわ~!

昨夜はウェーダーなど嵩張る荷物一式を預かってもらってたSurFreyja
“よっしー”と待ち合わせて荷物を受け取り、しばし雑談した後、車内で一杯
飲んで早めに仮眠タイムとなりました。


そして午前2時半には起床&30分後には再びよっしーと合流して戦場へGO!
たった1週間程度?しか経っていないのにおもいっきり寒くなってます、、、
ちなみに今朝の最低気温は4℃!まさにヤバいんでないかい!?(爆)





「知床半島」


戦場には一番乗りできてラッキ~と喜んだのも束の間、海はシケてて大きな
ウネリを伴った白波がゴオオオ~、ザバ~~~ン!と、、、真っ暗でも波打ち際
に向けて押し寄せて来る真っ白に盛り上がってる波が見えます。更に到着直後に
よっしーがまだ!と静止した先には2頭の親子クマ、、、再び、


ヤバいんでないかいっ!?


しばらく様子を見てるとこちらを察知したよ~で茂みの奥へ消えてゆき
安全の確認してからいざ突入&次々とやって来る常連さんらにもクマ出没
情報をよっしーは共有しております。

人が増えてくるとクマはあまり近寄って来なくなるとの事で釣り人が10人程度
揃ったところでよっしーはここ位置で戦いましょう!とそこら辺に落ちてる流木
を集めてきて即席三脚&陣地設営中!(爆)





前回もそ~でしたが、午前4時半頃によっしーの合図と共に一斉放火開始となり
、今朝も例外無くその時間まではエサをエサ箱に詰めたり雑談をしたりしながら
過ごして攻撃開始となりました。

もの凄い音を立てて真正面から次々と大波が襲ってくるので少し後ろの方から
おもいっきりファイヤ~&沖ではウネリが通り過ぎた瞬間から機敏にリトリーブ
を始めまたウネリが来るとステイを繰り返してると、


コツコツコツコツ?


グイイイッ!


エサ取りのアタリかと思ってるといきなりの重量感!?それも2連発!







1匹目はウロコが剥がれ落ちそ~なくらいギラギラの銀ピカ個体で、すぐ
打ち返したら即アタってきたのがまぁ~見事なまでのブナ様!(爆)

10月も半ばになってくると全体的にブナ率が多くなってきて、その中で
たま~に銀ピカの群れが入ってくるパターンが主流となるみたい。それでも
夜明け前から連発してくれるとは幸先良くて嬉しい限りでございます ♪


朝マズメに差し掛かった頃からパラパラ程度で降り続いてた雨がついに本降りに
なってしまいレインウェアのフードを被りながらの戦い、、、耳元で打ち付けて
くる雨の音がバチバチ聞こえてきて、あ~~~、そ~いや前回の初日も
こんな感じのお天気だったなぁ~と。

やはり朝マズメの短時間勝負なのか?お触りだけっぽいモゾモゾアタリ含め
一気に増えるも、仮にフッキングしても食いが非常に浅いよ~で何かの拍子で
バラシ多発、、、特にリーリング最中、こっちへ向かってくる魚がウネリを
伴った大波の中を通過した際にバラしてしまうケースが多いっす!

めげずに何度も打ち返していくうちに、


ガンガンガンッ!


グゥ~、バシャバシャ









無事ランディングできる個体も出てきて安堵、、、


遡上前の傾向的にどれも似たよ~な風になるんでしょ~けど、撃沈されてくる魚
はオスならワニ顔に近付いた立派なブナ、メスは銀ピカ or まだその名残を
残してる外見で今回ばかりはJCAでもあれっ、、、こやつはオス?それとも
メス?みたいに考え込まなくても即見分けが付きます。(笑)


雨に打たれながら黙々とキャストを続けてるうちに気付けば午前7時となり、
ここでよっしーは出勤の為撤収&常連さんらも1人、また1人と引き上げてゆく
中、、、なんでこ~もまぁ、毎回決まったタイミングで戦場コンディションが
変わるのでしょうか!?30分もしないうちに風が北西の強風に変わり
ウネリは更に増幅されて、おまけに濁りまで入り始めました、、、

朝マズメ以外は我ら人間を拒むかの如く襲い掛かる最悪な気象条件。


もうそうは長くやれない?いや、そろそろ心が折れそうになってきているのを
自分自身で察知したJCA、ラストスパートを掛けようと飛距離を稼ぐ為、
35gから遠投に特化したダイワのサーモンロケット50gにチェンジして
渾身のフルスイング 着水した途端に、


バシャン!!!


水面に魚が跳ねたと思えばズッシリとした締め込みっ。





おお~~~っ、こんな事がある起きるから止められませんねぇ!

もしかすると遠投すれば濁り気味でもアタリは出るのかも?な~んていい気に
なって気合いでファイヤ~しまくりますが、、、あはは、結局絵に描いたよ~な
ドラマが起きたのは1回きりで後は果てしなく沈黙、、、どれだけ粘っても全く
生体反応が感じられなくなったので午前8時過ぎ、撤収です。


雨は一向に止む気配すら無いものの、カシャっと釣果写真を撮ったら頑張って
エラから内臓まで取り除いてしまいましょう!





明日は今日以上に荒れそ~な予報、、、(泣)




「ハマってるねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

最終日は8匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (3日目)





早朝から戦場にてLINEのふるふる機能?でやりとりをする大人2人 ♪


はいっ、あっという間に最終日の3日目を迎えてしまいました。同じ3日間でも
滅多にアタリが出ない忍耐の作戦の場合、時間の経過がめちゃくちゃ長く感じる
ものの今回みたくアタリが多い遠征では気付けば数日過ぎ去っちゃってます。

“よっしー”と夕食を食べた後、道の駅ですぐ仮眠モードとなったJCAでしたが
午後22時には再び電話で起こしてもらってSurFreyjaに新たに加入された
“シロクマさん”と合流&車内で缶ビール片手に乾杯をし、少々雑談の後、
再び眠りについたのでした、、、

そして午前2時過ぎには起床&よっしーと合流後、3人揃って戦場まで真っ暗な
中、走って&歩いて突入となりました。





「知床半島」


今日は土曜日なので絶対どこもかしこも釣り人で埋め尽くされるだろうと覚悟
してたんですけど、予想に反して午前4時になっても入って来る人はまばら!?
結局、混雑するってよりガラガラ状態のまま朝マズメを迎える事に。

放射冷却もまだマシなよ~でそこまで寒くはないものの、やはりじっとしてれば
指先が冷たくなってくるので今朝も真っ暗なうちからとりあえずキャストを
繰り返しウォーミングアップです ♪ 昨日から導入したデンケミのおかげで
おもいっきり遠投しててもクッキリとウキの位置が確認できますねぇ。


ダメ元で投げ続けているとどこかでいきなりドスン!とアタってくるのがここ
2~3日のパターンですから今朝も同様な感じになるだろうとちょこっと期待
してたんですが、見事期待は裏切られてしまい夜明け時刻までアタリ無し、、、

エサ取りのガヤも相当湧いてるのか?仕掛けを回収する毎に素バリ or
ボロボロになって返ってきて挙句の果てには近くの方には針掛かりまで!
エサの消費が激しいなぁ~、、、まぁ、今日が最終日なんで持参したエサを
余してもポイするだけだし投げ釣りでよくするマシンガンキャストとまでは
いかないものの、積極的に手返しをして攻めの戦術を取っていると急に
エサ取りのアタリが遠退いた?と思えば、


ドスン!!!


ガンガンガン!


ガヤと入れ替わるかのよ~に本命のアタリが連発 ♪









今朝はアタリは昨日より多いけど食いが浅い?いわゆるお触りだけでフッキング
しないケース、または一度掛かるもやりとりし始めた途端スポっと外れてしまう
のが何度もあり戦場ではなぜ???みたいな悔しい悲鳴が飛び交ってます。

だけど投げ返せば高確率でアタリは出るので数打ちゃ当たる作戦で必死に
打ち返してると徐々に魚のキープ数が増えてきてます。正直、時合いが
おもいっきり短いのでいつもみたくのんびりブログ用の写真を撮っている
余裕がないJCA、魚をランディングしてからも1秒でも早く打ち返しができる
よ~無駄な動きを省く事に心掛けましたっ。


暗いうちは遠投した方に分があり太陽が昇ると共に中投域 近投域という
よ~に次第にアタリが岸寄りしてくる印象がある中、不思議にも今朝は遠投域
ばかりでアタってきます。日によって違いますね~、、、







お二方も、JCAと一緒にうわっ!またバレたぁ~~~と悲鳴を上げながらも
きっちり本命を撃沈中!遠投メインとなれば普段から投げ釣りに力を入れて
戦っている人の方が断然有利とよっしーも言いながらルアーじゃなく投げ釣りの
キャスティングフォームで遠投されてます ♪

銀ピカに近い個体とブナ掛かった個体の比率は半々くらいって感じでしょうか?
ただ、そこまで年季?の入ったブナちゃんは少なくよっしー以外は大喜び!
あはは、なんせ毎年ワンシーズンで釣りという域を超えた漁のよ~な釣果を
叩き出している彼にとってはたとえ激渋な時でもブナだけは、、、

となるみたい。贅沢な悩みで羨ましい限りっす!(爆)


彼が出勤準備の為、撤収する頃、、、午前6時半までは背後からの出し風で
下の写真のよ~にベタ凪とまではいきませんが、落ち着いた水面を保っていた
のが約1時間後の午前7時半になると風が真逆に変わり完全な向かい風に!?











そして風のレベルは分刻みでエスカレートしてゆき水面に大きなウネリを形成し
始めました、、、水深はどこも浅い事から海底の砂を巻き上げてみるみるうちに
黄土色の濁りが遠くの砂浜付近に発生&瞬く間にこちらへ押し寄せて来るでは
ありませんかぁ!嫌な予感、、、

シロクマさんと一応正午前後までは粘ろうと当初は話しておりましたのでルアー
のウェイトを重くしたりあれこれ一生懸命遠投努力はするも、真正面からの強風
はそれを妨げさすがに投げ釣りのシンカーとは異なる為、思うよ~な飛距離が
出せません。ここで再び作戦会議が行われ、、、わたくしめがどうします?と
問いかけた答えに いや、僕はもう朝マズメだけで十分楽しみましたから
撤収しましょう!となり今朝も午前9時までには終了となりました。


最終日なので少しくらいアタリが渋くなろうとも粘る覚悟はありましたが、
どう頑張ってもアタリが出る位置まで仕掛けを飛ばす事ができないとなると
万事休すですわ。ん~~~厳しいっ。(笑)





それでもオス、メスそれぞれ4匹ずつの合計8匹仕留めれましたっ。


何とか3日間ともこの戦場では竿頭になれたのでちょこっとは成長できたって事
でしょうかねぇ?あはは、ただ単に運が良かっただけのよ~な気も、、、(爆)

仕事の合間?プチ休憩時間に入ったよっしー加え3人でしばらく雑談した後、
帰り道にシロクマさんとラーメンを食べて帰路につくのでした。




「大漁やん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

82cm アキアジ頭に7匹! 北海道・斜里町 / 知床半島 (2日目)


昨日はほぼ朝マズメの短時間だけ戦って、それからは斜里町中心部にある
クロネコセンターに行って自宅含め他、注文をもらってた送り先へ撃沈してきた
魚を発送 以前から気になってた清里町にある道の駅の併設日帰り温泉に
浸かってリフレッシュし昼食まで取ってから来た道をUターンとなりました。

朝がおもいっきり早いので午後14時頃になると睡魔に襲われてきて途中の
パーキング帯で仮眠&起きてからはリールに新しいリーダーを結び、仕掛けも
作り直して2日目の準備。なんせ昨日は朝の1~2時間で2桁超えという想像も
絶する釣果に恵まれた為、リーダーも仕掛けもヘタってる可能性があります
からねぇ、、、1匹の個体がどれも70cm前後とデカい重量級の物ばかり
ですから新しい物に替えてて損は無いと思います。





午後18時半になると仕事を終えた“よっしー”と合流して前回行ってお気に入り
になった焼き鳥居酒屋へGO!美味しい串焼きをたくさん頬張り軽くアルコール
も入ると即睡魔が、、、あはは、午後21時には就寝~ ♪ (爆)


初日からいい思いをしちゃったので2日目以降が激渋だったらどうしよう!?
ちょこっと不安になりながらアラームで目覚めた午前2時15分、早速ウェーダー
を履いてReady よっしーの車1台で今朝もまた戦場入り。

世界遺産の観光拠点となる栄えた「ウトロ」から一歩でも出るとそこは大自然が
広がるフィールド、、、戦場に関しても有名所もあれば地元の方々でひっそり
楽しんでおられる小場所も幾つか存在しております。

ただ、1人で行けと言われてもどこも野生のクマが出る場所でもあり、また
入るのもすんなり入れない所が多く場所によっては流木をハシゴ代わりに入る
場所や、今回のよ~にみたく茂みの中にうっすらできた獣道?みたいなのを
抜けて辿り着ける戦場など正直、慣れた人間の同伴が絶対必須だわ~と
ヒシヒシ感じているJCAでごじゃいます。







「知床半島」


今朝も到着早々そこら辺に落ちてた流木を拾って即席三脚?兼、陣地を設営中
のよっしー、彼のバッグの傍らにはクマ撃退用のスプレーがっ。

しばらくするともう見慣れた顔の常連さんらがいらっしゃりみなさん攻撃準備に
入られる中、すでに全て完了してた我らはかなり早いけど投げようと、、、実は
今朝は超~極寒となり場所によっては氷点下!?わたくしめらの戦場も5℃まで
落ちてじっと夜明けを待っているのでは凍えそ~な温度だったんですわ~。
とにかくキャストを繰り返してれば少しは暖かくなってくるでしょ~からねぇ。

昨日の午後、斜里町中心部へ出た際にお店に寄って、早速デンケミ37の赤を
仕入れてきましたから2人共ウキの位置がはっきり見えてます!


ブルルルルッ?


微弱な謎のアタリはエサ取り、ガヤの仕業のよう、、、


外気温は極寒ですけど海水温はまだまだマイルドみたく気合い入ったガヤたちが
わんさかエサを突いてきます、、、なのでスローペースで巻き過ぎると仕掛けが
回収されてきた時にはすでに素バリ状態に!?針がとても大きいので滅多に
針掛かりはしてきませんが、、、いやはや、日本全国、エサ取りだけは種類は
異なれどどこも迷惑極まりませんわ~。(笑)

う~~~さぶっ!何度打ち返しても背後から断続的に風が当たってるので全然
暖かくなりません。こりゃ、まもなくちゃんとした防寒着が必要になるなぁ~と
話しながら早く太陽よ、出てくれ~と祈るばかり、、、

そんな寒さに凍える午前4時20分頃、


コンコンコン?


グイイイ~ッ!


またガヤに弄ばれてると思ってたら急に強い締め込み!





68cm アキアジ撃沈 ♪


やはりこれくらいの時間帯になると誰かの竿にアタリが出るよ~で、ラッキ~
にも今朝はわたくしめの竿に訪れてくれました。

ありがたくも初日に何度も魚とやりとりできる機会を持てたのでフッキングして
からランディングに至るまでスムーズにできるよ~になってきてちょこっとだけ
余裕が出てきたかな?よっしーにも、もうアシスト無しで十分取り込めますね~
と合格点を頂きました ♪ 個体によってはかなり暴れますからねぇ。


この1匹を皮切りに一気にアタリが増えてきてバラしちゃうものもあれば難なく
取り込めるものもあり~ので集中してるうちに気付けば明るくなってました。

今朝は遡上直前の色の変わりつつあるブナが圧倒的に多く、周囲のみなさんも
昨日のとはまた違った群れが接岸してるなぁ~と口々におっしゃってます。


コツッ、コツッ、、、


ズッシリ!?


典型的なアタリの出方です。







80、78cm アキアジが連発と明けてからの方がアベレージが大型化し
80cm前後の個体がメインに!


今ふと思い出したんですけど、たった数日間、、、1週間も経って無いのに
昨日今日と1匹もカラフトマスの姿は見ておりません。

よっしー曰く、この辺りをウロウロしてた群れはもう遡上してしまったはずと
、、、もしカラフトマスが釣りたいなら他にまだ釣れている場所があるから
そっちにでも行きますかぁ?と聞かれるもマスは十分堪能してきたので
今回はアキアジ一本でいく事にしましょう。

夕マズメは朝ほど良くないと言われてますし、実際にわたくしめ自身も前回
しつこく粘るもど~もイマイチ?早朝をピークにだんだんフェードアウトして
いってる印象があったのでおそらく今のこの短い時合いが勝負どころ!


できるだけ無駄の無い効率的な攻めができるよう1つ1つの動作を意識しながら
キャスト&リトリーブを繰り返してると再びドスッ!と強烈なアタリと共に
向こうアワセでフッキングしました ♪ なのに、


ここでトラブル発生!


リーリング開始した途端パチンと突如道糸が高切れしてしまいさよ~なら~
、、、切れた部分を見るとリーダーとの結び目付近ではなく相当上の方から
切れちゃってたのでおそらく知らない間に傷が付いてたのかもしれません。
PEは非常に擦れに弱いですのでねぇ、、、

昨日、リーダーを新しく巻き替えた時に道糸側も擦れを考え2mくらいを余分に
カットしてから結んだはずなんですが更に上で傷があったのかそれとも今朝の
やりとり中か、はたまた魚をフッキングした際に何かに擦れたか?


悔やんでもしゃ~ないので超特急でリーダーを結び直し!だからと言って適当に
しちゃうのは絶対ダメな部分ですから最後まで丁寧に編み込みを入れて
完成したら即、戦線復帰します。


グゥ~~~ッ!!!





82cm アキアジ撃沈 ♪


最長寸となったこやつは立派な銀ピカ個体!

ブナの群れに混じっていたのか?それともこのタイミングで他の群れが回収して
きたのか?とにかくブリの如く美しいオスでこりゃ値打ちもんだぁ~と ♪


しかし、後が続きません、、、


この頃になると早くも常連さんらは撤収し始めており、よっしーもまた仕事が
あるので片付けモード、、、あからさまにアタリが激減している中、ようやく
1匹追加。リーダーを結び直してた時間のロストがかなり影響しちゃいました。

大げさかもしれませんが、ここじゃ早朝の時合い1分、1秒のロストが釣果を
大きく左右してくると言っても過言じゃありませんので!


よっしーが帰った後、30分くらい?隣のおっちゃんと雑談しながら投げていた
JCA、何度も書いてますけど時合いは短時間に集中し遠退いてしまうと次いつ
訪れるかは読めません。当然このまま終了ってパターンのもあり得る状況下
、、、ど~しよ~かなぁ~?今朝はブナが多いしなぁ~、、、

そんな事考えながら仕掛けを外し バラしたロッドをバンドでまとめたら、





撤収!


明けるまでは放射冷却でヤバいくらい極寒でしたが、太陽が昇れば昨日とは
打って変わって快晴の気持ちいい朝 ♪ 釣り人も少なく最高の釣り日和?に
見えますがダラダラ粘るより見切りが肝心!と判断したわたくしめはこれより
魚を送りに行ってデイタイムをリラックスに費やしたいと思います。


あと、後ほど再びリーダーを新しいのに巻き替える際、入念に道糸のPE側を
チェックしてから結ばないといけません。

今朝みたいな意味不明な高切れだけは時間のロストに繋がるだけですし
効率の良い戦いを心掛けているからには絶対避けないといけないトラブル!
まだまだいろんな面において課題が山積みですわ~。





釣果は合計7匹に終わりましたがアベレージサイズは大きめだったかな?


明日が最終日かつ週末の土曜日、、、混雑するかもねっ。




「十分釣れてるで~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

乱舞するアキアジ14匹 ♪ 北海道・斜里町 / 知床半島 (1日目)


どこの戦場でもそ~ですが、群れが一気に押し寄せて釣れた!などという情報は
恐ろしいスピードで広がってゆくもの、、、聞けば先週戦った戦場も好釣果が
出た2日後には普段ならどれだけ多くても10人前後の小場所がなんと40人
近くの釣り人でビッシリとなったそ~な!?(驚)

そんな話を聞きながら再び向かった「北海道」はオホーツク海、今回はたまたま
群れが押し寄せたタイミングと重なっただけで元々翌週にもう1回来るわ~てな
予定でおりましたのでタックルからクーラー他、ほとんどの物をSurFreyja
“よっしー”宅に預かってもらってたんです。

なので、手ぶら、、、とまではいきませんが、リュックサック1つ担いでの
超~トラベルライトでここまでやって来れましたっ ♪


レンタカーを借りた後、網走市内にちょこっと寄り道して「ウトロ」へGO&
早速よっしーと合流して預かってもらってた荷物を受け取り 即出撃できる
よう荷物の整理をした後、道の駅にて早めの仮眠タイムに。

先週なら平日は午前3時半に待ち合わせて戦場に向かっても全然余裕だった
のに、たった数日しか経ってないものの、釣れてるという情報から更に
30分早く行かないと場所取りの人ですぐ埋まってしまう状況という、、、





そろそろ出発時刻だと分かってはいるけどこの雨、、、


午前2時過ぎに目覚めると車の天井をパチパチと音を立てて叩く雨、、、日付が
変わる頃から降り始めたよ~で翌朝午前9時までは延々と降り続く予報、、、
そのせいで幾分訪れる釣り人も少ないのでは?と最初は喜んでいたものの
実際にこ~やって目の当たりにすると外に出るのに相当な覚悟が要ります。

それでも遥々ここまで来たから気合いを入れて40分後には秘密基地前にGO
&手際良くウェーダーを履いたら即戦場へ!

本降りの中、キャップライトで照らしながら攻撃準備を整えてるうちに次々と
地元の方&常連さんが入って来られ午前4時までには満員御礼でございます。


おろしたての首掛けエサ箱に昨夜、こちらへ来る途中に仕入れてきた塩カツオ、
そんでもってよっしーに仕込んでてもらった特製塩サンマを入れていつでも
攻撃開始できる状態!片や、よっしーはわたくしめが持ってきたビニール傘を
木の枝三脚に固定して謎の陣地設営中!?(爆)







一段落つくとまだ若干早い?とは思いながらも、よっしー曰く、過去に真っ暗な
うちから数匹釣れたケースもありますよ~とのことで朝マズメが待ちきれずに
ファイヤ~ ♪ ケミホタル37の赤色を装着したウキが遠くの方でユラユラ
、、、ほどなくして隣で攻撃開始となったよっしーのウキには電子ケミホタル
ことデンケミなるアイテムがっ!?

おおっ、こっちの方が遥かに明るいやん!その明るさに圧倒されてしまうJCA
、、、なんせ普段の投げ釣りではデンケミなど?いや、ケミホタルでさえ
ほとんど使わないのでこんな素晴らしいなんて知りませんでしたわ~。

先週はたまたま周囲でこれを使っている人が居なく、かつよっしーも普通の折る
タイプのケミホタルだったのでこんなものんだろうと思ってましたけど、、、
こりゃ午後から買いに行かないとっ!(笑)


い~な~、い~な~を連呼しながらも回収しては打ち返しをしばらく繰り返して
ると突如何の前触れも無しに、


ドンッ!!!


まさかこの暗い中、本当にアタるなんて予想もしてなかったので、





銀ピカの68cm アキアジのアタックにビックリ!?


ほらっ、釣れたでしょ~とタバコをふかしながら慣れた手付きでキャストを
繰り返すよっしー、、、彼はわたくしめと同様に釣りとなると細部までこだわり
まくる性格でウキルアーによるアキアジ作戦はスペシャリストですわ~。
いや、ほんと何を聞いても的確な答えが返ってきますから。(笑)

まだ薄暗くてJCAには確認できませんでしたが、相当遠い所でアキアジが
たくさん跳ねてるのが見えるらしく35gのルアーから更にウェイトを上げて
おもいっきり遠投メインで攻めてみると着水した瞬間に、


グゥ~~~ッ!





70cm アキアジちゃん ♪


2匹目もラヴリーなメスでお腹が筋子でパンパンに膨れ上がってます。

これを機に遠投域のみならず中投からすぐそこ、波打ち際より少し向こうの所で
次々とアキアジがジャンプ!大きさ&重量もヘビー級な魚なのにポチャ~ンと
跳ねるスズキなどとは異なり、バシュッ!と水面から飛び出したかと思うと
パシャ~ンと潜ってゆく、、、その俊敏な動きは目を見張ります。

ちょ~ど時間にしてキャップライト無しでもなんとか手元が見えるよ~に
なってきた午前5時前くらいでしょうか?


基本、水面を跳ねる魚をあまりターゲットに据えないJCAですから
魚が目の前で跳ねた 居るけど釣れない、、、みたいな変な固定観念に
捕らわれがちですが、アキアジの場合は跳ねた その付近に仕掛けを
投入すれば即アタックしてくると言われてるよう。

となると、、、目の前のあちこちで跳ねまくってる今って!?


コツコツ、グイイイッ!


ドスッ!?


小突く前アタリが出るのもいれば、いきなりガツンというのも。







バシャバシャバシャ


ガンガンガンッ!!!


こ、これは一体何のスイッチ!?急に投げる度にアタリ出まくり。







やばいんでないかいっ!?


ゴロタ浜にランディングしてナイフでブスっと締めたら即、新しいエサを付けて
ファイヤ~ → 水面をスローペースで引いてくるとほぼ100%の確率でアタリ
が出ます!もの凄いのはさっきも書いてましたけど着水した瞬間にもうアタック
してきてるよ~な、、、きっと一気に群れが押し寄せてるんですねぇ ♪


竿にズッシリ重みを感じ、もう大丈夫だろうとアワセを入れるとスカ!?みたい
なのから特に遠くでフッキングさせたケースではリーリング最中に暴れて
外れてしまったりと何度かバラシも起きちゃいましたが、前回みたく波打ち際
まで寄せて来てバラすというのは皆無となりほんの少し成長したかな?(爆)

ぶっ込みの時は専らサーフから狙うがゆえフッキングさせすれば後はゴリ巻き
してても勝手に魚が座礁する感じで上がって来るので取り込みは比較的楽チン
なんですが、こ~いったゴロタ浜の場合、打ち返す波が足元のゴロタ石の隙間
ギリギリまで流れ込んで来てる為、急に魚が猛スピードで横走りしたりする
ケースがあったりし前回もここで1~2回バラしてるんですよね~、、、

寄せ波に乗せてランディングすると頭では分かってても慣れない釣りスタイル
がゆえ、ど~もぎこちなくなってしまい躊躇してたのをようやく要領を掴めた?
よ~に思えます。あはは、まだまだ修行が必要ですがっ。(笑)







「知床半島」


昨年と同じく今年もサケ漁の定置網にはブリがわんさか入るなど、道内全域で
不漁の年と言われているよ~ですから今朝は超ラッキ~な日かも。


あっ!?今思い出したんですが、戦場入りした時からず~~~っと、今もなお
雨は小降りになったり本降りになったりを繰り返してます。冷たい雨に打たれ
ながらの戦いにはなってるものの、ここまで爆釣してると被ってたはずの
レインウェアのフードもいつの間にか脱ぎ去って&降ってるのすら忘れて
夢中になってましたよぉ。(爆)


ただ、、、不思議な事に午前6時半を回ると周りの方々はそこまで釣れなく
なったみたく場所移動されたり帰って行かれる方も、、、わたくしめは何が
違っているのかまだじっくり検証できる程の経験もありませんものの、その日に
よって当たりルアーというのが存在するのとあと聞けば、リトリーブのやり方
でも変わってくる事もあるそ~な、、、まっ、JCAに関してはよっしーに
教えてもらった通りの戦術です ♪

潮が動きだして左斜め前には綺麗な潮目が形成されてきたのでそこへ向かって
フルスイングしてリトリーブを開始するとハンドルを数回転させただけで、


ゴンゴンゴン


グ~~~ッ!







狂ったよ~に飛び付いてきます ♪


この時点でもう10匹を超えて大満足な気分に浸っております。

午前7時になるとよっしーは仕事があり先に撤収されてゆかれ、わたくしめは
そのまま残って居残り勉強、、、魚を掛けてからランディングまでのやりとり
の経験をもっともっと積みたいのでねぇ。


こんな調子なら絶対まだまだアタるだろうと期待してたのに午前8時頃には見事
ピタリと止まってしまい沈黙、、、どこへ投げても反応も何も無くなれば魚が
跳ねているのも見えません!考えてみれば午前4時半から午前7時半までの
実質3時間のみが時合い?だったようです。

理由は単に群れがどこかへ行ってしまったって事なんでしょ~けど、あれだけ
あったアタリがここまで渋くなるなんて、、、

まさに時合いを逃せば最後って感じですわ。


次に潮が大きく動くのは正午あたりとなり、それまでしつこく粘り続ける
べきか?ど~するか?悩むも、さすがにこれだけの量の魚、、、送る前の
下処理も相当時間が掛かりそ~だったので午前8時過ぎには撤収としました。


一度でいいからこ~やってみたかったんです ♪







夢叶いましたぁ~ ♪


今朝はオス6匹にメス8匹の合計14匹!


再び時合いが訪れるとすればやはり潮が動き出す頃。魚をクロネコセンターから
発送&しばし休憩してからまた戦場へ舞い戻るのもアリ?かと思いましたが、
明後日までおりますし体力の温存も考え初日はこれで終了。




「爆釣やん ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR