FC2ブログ

秋も終わりですね、、、





今朝は伊丹空港からの始発便に乗って日帰り東京出張でした。

機内の座席に座って目を閉じると、いつの間に離陸してたのか?さえ分からない
まま爆睡モードに入り、只今左手に富士山がご覧になれますというアナウンスが
流れたタイミングでハッと目覚め 案内通り窓の外を見てみるとすでに
雪化粧をした美しい富士山がっ。

日本一の高さを誇り海外でもその名を広く知られている富士山、、、仕事の
関係上、1年通してこの風景を見る機会がありますが、やっぱり山頂付近が
こ~やって真っ白な雪に覆われている状態が最も美しいですよね。

富士山をモチーフに描かれているイラストなどもほとんどがこの風景!


朝から美しい景色に癒されて!?東京オフィスに出勤し、みっちり詰まった
1日のスケジュールをこなしてようやく解放されたら即、羽田空港へ舞い戻って
帰還、、、オフィスから東京メトロの駅まで歩いていると、







足下には秋色に染まった葉っぱがたくさん落ちてて、どこか寂しい気分に
なっちゃいましたわ~、、、

ほら、あの童謡のちいさい秋みつけたの歌詞なんかもそ~で、お部屋は
北向き、曇りのガラス、、、虚ろな目の色、溶かしたミルク、、、僅かな隙から
秋の風~ですからねぇ。ほんとこれでもかぁ~ってゆ~ほど寂しさを語りかけて
くるあの歌、思い出す度に寂しくなります、、、でも密かに好きだったかも?

完全に冬になってしまえば釣りはもちろんのこと、他にもスキーや温泉、カニ
など楽しみがたくさん待っているはずなんですが、特に秋から冬への季節の
変わり目はなぜか寂しく感じません?あはは、何となくそ~思っただけで
わたくしめ、、、決してそんなロマンチックな人間でもありませんので。(爆)


大阪に戻ってからはちょこっと欲しい物があったので、デパートに寄り道して
こんな物をゲット。ちなみにデパートなどで取り扱いがある物ですから
当然、釣具ではございませんよぉ~。





コレもカラーだけは落ち葉色!?




「だ~れかさんが~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの姿造り&鯛蛸めし ♪


サイズこそ密かに狙っていた大型は出なかったものの、数釣りが楽しめた
今回の近場出撃!持ち帰ってきた13匹は一番大きい個体をお造り、似たよ~な
サイズのもう3匹は煮付けやムニエル用の切り身にし、残りの小ぶりちゃんらは
そのまま唐揚げや焼き魚にでもしよ~とすぐに食べれるよ~に下処理までして
小分け&真空パック冷凍しました。

何だかこの作業、どこか懐かしい?久しぶりのよ~な気がするなぁ、、、と
思っていると、そういえば北海道でマガレイなどの数釣りができた際に
同じ風にいろいろ仕分けしながら下処理してたのを思い出しましたわ~。(笑)





調理時間からしてもまずは時間のかかる方を優先して、外道で釣れてきた
チャリコをまた数匹持ち帰ってきましたのでザックリ骨が皆無になるよ~に
捌いて少し前に捕獲&冷凍庫に半分残っていたマダコを出してきてコレを~ ♪

具材は前回と丸っきり一緒のチャリコ&マダコの切り身と油揚げのみ。


さてさて、お次は今夜のメインディッシュともなるマコガレイ!


獲れたての個体となるとやはり我が家ではお造りやお寿司になるわけなんですが
、ラッキーにも今シーズンも出撃時は毎回最低1匹は確保 → 新鮮な魚を頂く
事ができている為、ちょこっとだけ飽きてきちゃったJCA、、、あっ、でも
あくまで同じ物を大量に出されるのがむむむ、、、とゆ~だけでほんの少しでも
風味が異なれば全然オッケーな気分でしたから、

まず五枚おろしにした半身分を昆布締めに~。





コレも以前に1匹丸々、そんでもって同じよ~に締めた身を使ってお寿司に
までしてもらい堪能してきておりますので、また1匹丸々とゆ~よりは半分だけ
にしてもらおうと。ちなみにお寿司の時は切り身の片面だけを1~2時間だけ
昆布風味を付ける方法を取りましたが、今回は昨夜のうちにサンドイッチ
してしっかり締めてもらいましたよん。


盛り付けてもらってるうちにチ~~~ン!?な~んて音ではありませんけど、
ご飯が炊き上がり早速お茶碗によそってみましょう。





タコだけではどこか物足りなく感じてしまうわたくしめもホクホクのチャリコの
身が加わると超~美味しくて病みつきになってしまいましたっ。素材の質自体
もいい物ばかりを使っているので当然なのかもしれませんけど、前回初めて
作ってもらいまたすぐ食べたい!となっておりました。

醤油ベースの定番出汁に油揚げの旨味もほんのり乗ってパクパクパク~っと
食べて、おかわり~ ♪ って何度でもできちゃう食欲駆り立てるテイスト。


そしてお造りもできあがったので一緒に食卓へ。





マコガレイの姿造り&鯛蛸めし ♪


姿造りが出てくる度に思うんですが、薄っぺらいカレイは特に姿造りにした方
が迫力がある?ってゆ~かとても豪華に仕上がりますよね。まぁ、カレイ
のみならず他の魚で一緒の事が言えますけど~。

見栄えが変わるだけで魚そのもののお味は変わらないとしても、やっぱり
食べ物って視覚的アプローチもある程度は大切で見栄えに比例して美味しく
感じる度合いもアップするよ~にも感じてます。

その分、少し手間が掛かってしまう為、時間的にいつも作ってもらうのは
厳しいとこもありますけどねっ。(笑)







カレイの身に当たる部分に盛り付けられているのがそのままスライスしたお造り
で、お皿の上下エッジ部に並べて盛り付けられているのが昆布締め。

見た目で昆布締めの方がやや水分が少なく昆布色?に染まっております
からすぐ分かりますね。残念ながら写真では香りはお伝えできないものの、
一晩熟成させれば昆布の香りが移って非常に風味豊かな身になっております。


マコガレイはもちろんどちらもポン酢&もみじおろしで頂きますよぉ ♪


1匹を半分半分にする事によって一度で2種類のお造りを味わう事ができ、量的
にもちょ~どよく最後まで飽きが来ず美味しく頂く事ができましたぁ。







「鯛蛸めしもうまそ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイ13匹 ♪ 兵庫県・姫路市 / 播磨灘


今朝はいつもより遠い戦場、、、

できれば第二神明からそのまま加古川バイパスに接続していった方が早く着けた
んでしょ~けど、事故渋滞?まっ、夜間なのでどこまでの渋滞になってるかは
不明でしたが、回避して下見を走って戦場へ向かいました。

すでに相方、SurFreyja“クラックさん”が戦場入りしてくれているので
安心しながら走って、到着するや否や車内でしばし暖を取っておられた
彼と合流 即突入となりました。







午前6時過ぎ、だんだん薄明るくなってきた頃、一斉放火となり、遠投域を探る
仕掛けにはいつも愛用しているシンカー、中投域までには今朝もテストを依頼
されているシンカーを組み込んでファイヤ~!1投目からアタリが出て小ぶり
ではあるものの本命が顔を見せてくれました。

このお腹の白い部分に付着?いや、薄い黄土色に汚れたよ~に染まった個体って
一般的に居付きの個体と言われてますよね~。戻りの時は時々見かけるも
乗っ込みシーズンではお腹は真っ白なのが多いイメージなんだけど、ここら
じゃ居付きも混じったりしてるんでしょうかねぇ。


朝の時合いにビンゴだったのか?近投域を除いてどの距離帯でもポツリ、ポツリ
とさっきと似たよ~なサイズが退屈しない程度で釣れてきて早々から数釣りが
楽しめております ♪









タイワンガザミのダブルまで、、、(爆)

気付いた事なんですが、今朝は積極的にサビきを入れて頻繁に仕掛けを動かして
やった方が反応がいいみたい!?決してリールのハンドルを何回も回転させる
のではなく、ほんの少しずつでいいのでとにかくこまめに動かすと、静止した
直後にアタリが出るといったパターンが結構あったよ~に思えます。

海底ストラクチャーもほぼ何も障害物の見受けられないフラット底で、特に
目立ったカケアガリも無く投げて届く範囲内は水深は一定、、、ただ沖向きの
面は潮の当たりがいい方なので戦場の構造上、魚の寄りは良さそうな感じ。

もう何年も前になりますが、クラックさんと一度来た事がありその時は大きめの
キスは数匹釣れたものの、本命のカレイはペランペランなのが1匹釣れただけ
、、、その1~3年後に再び単独で入って数匹釣った覚えのある戦場なんですが
、いかんせん少々遠めなのでど~しても手前にある戦場に入りがちでした。


こまめにサビくのがいいですよ~とクラックさんに話していると、しばらく
すると急にググッと重くなってタコか?と思ったらこんなん釣れましたわ~!
と見てみるとなんと黒のブラジャー!?





一体何でこんな所の海底に?近くでもしや、、、などと大爆笑しながらリリース
される前に手でしっかりカップを計測しておられるクラックさん。(爆)


朝イチから忙しなく動きながら戦っていると身体は常にポカポカ&太陽も昇って
日差しがいつもより強いのか?半袖でもいけそ~なくらいの陽気に。これから
冬まっしぐらって時にこんな暖かさ、、、どこか嬉しくなっちゃいます ♪

午前8時半を回ると完全に本命からのアタリは消えてしまい、不思議と
エサ取りすら皆無のマンダムタイム。







「播磨灘」


コーヒー中毒!?のクラックさんが本格派のコーヒーを入れて下さり、
2人してアツアツのブラックをすすりながら雑談。

今時期だとこまめに仕掛けを動かしてると何かしらエサ取りが反応を示すのに
ここまでエサが残ってくるなんて珍しいよね~、、、なんて話してる矢先に
仕掛けを回収すると、あ、あれっ!?針が無いっ。

一定方向へ投げてた仕掛けのみに集中して同じよ~な現象が起き、針は付いて
てもチモトが齧られてボロボロになってたりと間違いなく犯人はフグと思われ
ます。そんな中、早速クラックさんが丸々肥えた特大ヒガンフグを水揚げされた
のを皮切りに猛攻が始まってしまいました、、、


二見界隈よりはチビちゃんも少なく数自体もそこまでとはいかないものの、
とにかくデカイ!竿を持った途端にズッシリとした重量感が伝わってきて底へ
潜るのでもなく、グルグルゆっくりローリングしながら寄ってきて少し向こう
から白くて丸いシルエットが浮かんでくる、、、

はいっ、最もガックリくるパターンですわ。





アップで顔を見てみると、目がクロガシラカレイっぽい!?あはは、そんな風に
思えてしまったのはきっとわたくしめだけですねっ。(爆)


でも、クロガシラと比べると雲泥の差ですわ!


ラッキーな事にフグの猛攻が始まったとはいえその一定方向以外に投げて
いれば、そこまで頻繁にはアタっては来ずエサも残る状態。それならばずっと
他へ投げてたらいいやん!となるんですが、これまた朝イチからアタリが連発
してた方向がまさにその今、ヒガンフグが蔓延ってる方向になるんですよね~。

現時点ではまだ実績の少ない方向でフグをかわしながら粘るか?それともエサが
尽きるまで根性でフグに真っ向勝負をかけるか?悩む術も無く基本、近場出撃
ではエサが無くなるまで全力投球しておしまい~的スタンスでこれまでも
戦ってきているわたくしめはヒガンフグ退治をチョイス!

これでもか~ってくらい手返しのスピードを上げ、ハリスからプッツンされた
仕掛けは即交換しつつ時間を無駄にしないよ~に戦っていると、

午前10時前、ついに!?


ククッ、バタンバタンッ!





34cm マコガレイ撃沈 ♪


ゆっくりと大きな弧を描くよ~に潮が動き出したタイミングでフグのちょっかい
の中、口を使ってくれて、それに続くかの如く次々とアタリがっ!


グイグイグイッ


グウウゥ~


群れだったのか?どれも30cmオーバーの個体が連発。









ずっと何で釣れないんだろう~?と嘆いておられたクラックさんの竿にもついに
アタリが出て1匹撃沈!おめでとう~ ♪ と言いながら時合いを逃さないよう
打ち返しを続けていくうちにわたくしめのエサが無くなってしまいました。

よりによってアタリが出だした今無くなるなんて、、、ついてませんわ~。


今日は遥々遠い戦場まで出向いて来てるのもあり、午後も粘れるとこまで
粘りますわ~というクラックさんは、1時間程前にエサの売ってるお店を探しに
出られアオイソメを追加されてますのでまだ十分!そんなわけで毎回の如く
わたくしめだけお先においとまさせて頂く感じに~。

だけど、クーラーから撃沈した魚を取り出して並べてみるといつの間にか2桁
超えしてましたし、午前中だけでしたが熱い時間を過ごす事ができましたっ!







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「近場では大漁やん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

まだもう少しいけるかな?





19トーナメントサーフ45!?


あはは、わたくしめ自身、こんな箱が届いたものですから、なんで!?と一瞬
驚きを隠せなかったなんですが、送り状に書かれてあった発送元の住所を
見て、あっ!アレだ~。(笑)

随分前に注文してそのまま半分忘れ去ってしまってましたぁ。


仕事から帰宅したのが結構遅かったのでまずは超特急でエサの仕入れに向かい
、夕食~お風呂と全部終えてから箱を開封。ウレタンコートの臭いでしょうか?
少しシンナーっぽい臭いと共に中から出てきたのは、、、







おおっ、これが、、、素晴らしい、まるでジオンの精神が形となったようだ!

と、またすぐアナベル・ガトーになってしまっておりますが、いや~素晴らしい
物がギッシリ詰まっておりました ♪ 今回はブリーフィングのつもりで書いて
ますのでここまでにして、詳細はまた近いうちにかな。


そんなワクワクさせられるブツを見た後は即、就寝。


なんせすでに相方は戦場入りしておりますし、エサの仕入れ担当のわたくしめが
行かないと作戦自体が始めれませんから重要任務!

今回も東京から戻ってきて超特急で準備とバタバタ続きであまり睡眠も取れず
疲れが溜まっておりますので道中また睡魔に襲われてどこかのPAで爆睡、、、
とならないよ~に!できるだけ自宅で睡眠を取ってから向かうことに。


夜間の高速道路は睡魔さえやって来なければ超~ストレスフリーで走れるので
好き。でも、、、これがまた、だいたいが寝不足気味なわたしめですから途中で
眠くなっちゃう確率の方が多いんですよね~。(泣)





今朝は少し睡眠を取ってたのもありスムーズに走って第二神明を通過&実は
今日はいつもと違う戦場で待ち合わせをしている為、この先の加古川バイパスへ
直進しないといけなかったのがなんと事前にあった電光掲示板には加古川
バイパス、事故により1車線規制 渋滞の文字がっ!?

どれほどの渋滞か分かりませんけど、今の時間帯なら一般道を走っても
全然空いてますから急遽下道に下りて向かうことに。


そ~いえば前回相方とコラボした時は夜明けから半端じゃないくらいの土砂降り
の雨で心が即折れそうになったのを覚えておりますが、きっと今日は大丈夫
だろう、、、そう願いながらまもなく明姫幹線って所で、な、なんと、





雨がパラついてきちゃいましたわ~!?




「嫌な予感、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

やみつき~ ♪ ヒラメの昆布締め寿司


今回はあまりにもブリがクーラーのスペース的にも大半を占めてしまい
本命だった魚の存在が薄れつつありましたが、小さいながらも何とか1匹
撃沈できたヒラメを今夜は頂きたいと思います。





43cmと大型のマコガレイと見間違えてしまそ~なヒラメにしては小ぶりな
個体でしたので、いろんなディッシュを作れる程の量も無く、切れっ端を
除いてスライスした全てを1時間半身昆布締め~。

その間に炊き上がったご飯で酢飯を作り、粗熱の取れたタイミングでちゃちゃ
っと握って完成!今、ヒラメがあるなら何で食べたい?と聞かれると迷わず
お寿司~と答えてしまう程、軽く昆布締めにしたお味にハマっている
今日この頃なので、





ヒラメの昆布締め寿司 ♪


1匹丸々お寿司にすると思ってた以上にたくさんできましたぁ!

ほんのり昆布風味が香ってくるくらいがベストで、天然ヒラメの旨味と絶妙に
絡み合って最高。先日、これまた美味な明石のマコガレイで同じよ~に
昆布締め寿司を作ってもらい比較してみましたが、記事にも書いてました
よ~にこれはヒラメで作るからこそ美味しいディッシュですわ。

魚自体の見た目も切り身にしてもそっくりな両者ではありますけど、違いが
ここまでハッキリ分かるとは、、、やっぱり違う魚!?あはは、そりゃ言
うまでも無く当然の事ですねっ。(爆)


昆布締めにする事により余計な水分が抜けて極限まで抑えられたしっとり感と
共に程良い弾力のある歯応え、、、そして何と言ってもヒラメ独特の深い味わい
がたまりません!冗談抜きで幾らでも食べれちゃうくらいです。









身の切れっ端とエンガワは白だしベースのお吸い物に入れて~ ♪

汁そのものがシンプルなあっさり味なので、これまたヒラメの旨味が際立って
いい具合に仕上がっております。フラットフィッシュ系はエンガワが一番
旨味成分が凝縮されている部位になりますからとても美味しい。


そうそう!1日早く頂いたブリですが、まだまだ切り身が残っていて
もったいないから、よくするパターンで漬けにしておくことに。

濃口醤油、みりん、お酒で漬けダレを作って漬け込むわけですが、今回はお酒の
代わりに料理用白ワインを使ってみました。基本、白ワインは魚全般と合います
からねぇ。ひと煮立ちさせてからよ~く冷まして漬け込み~。







ジップロックなどに小分けにして冷凍しておけばいつでも漬け丼が楽しめます。




「高級食材ばっか」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

天然ブリのお造り&お寿司 ♪


ブリなど青物系は足が早く一気に鮮度が落ちてしまう為、撃沈後は即血抜き&
しっかり下処理をした上でキンキンに冷えたクーラーに入れて新鮮な状態を
保ったまま持ち帰り生食ならできるだけ早く頂いてしまうのがベスト!

もちろん他の魚種でも同様の事が言えますが、特に青物系に対してはJCAの
中ではこんな感じの印象がございます。





いつも以上に細心の注意を払いながら持ち帰り、即捌いてみるとご覧の通り
非常に鮮度は抜群な状態でホッと、、、さすがにそんなたくさんのお造りを
一気に食べる事はできませんので、一部お裾分け&残りは後日加熱調理で
頂けるよう適当な大きさにカットして小分け 真空パック冷凍にしました。


昨夜、サク取りした身の端の部分を使ってなめろうにしてもらいましたが、
めちゃくちゃ美味しく今夜のFISH DINNERをとても楽しみにしてた
んです ♪ お造りなんぞは基本スライスして盛り付けてしまえばオッケー
なんで手間は掛からないものの、今日はお寿司も一緒に作ってもらう事に
なってたので少しだけ我慢してようやくディナータイム。

投げ釣りでは普段狙って釣るよ~な魚でもないのでかなり新鮮!





天然ブリのお造り&お寿司 ♪


まもなく寒ブリの季節とゆ~こともあり、今回撃沈してきた個体にもすでに
脂が乗り始めており、食べるにはベストタイミングではないでしょうか!


ブリのお造りとなると、、、わたくしめ的にはやっぱりわさび醤油に決定です!
紅たでがあれば更に良かったんですが、残念ながら最寄りのスーパーに今日は
在庫が無く自宅に余っていたレッドキャベツスプラウトで代用。あはは、紅たで
とレッドキャベツスプラウトでは見た目は似たよ~な色合いをしててもお味は
全然異なるんですけどねっ。(笑)

辛味に関してはわさびに頑張ってもらいましょう。









いや~~~、ほんと新鮮な魚は何でも美味しいの一言に尽きるのですが、
ブリ特有の血合いの程良い酸味と脂のまろやかさがわさび醤油に上手く
まとめられて最高~!

天然のブリというだけで更に美味しく思えちゃうますよねっ。(笑)


天然物には時々寄生虫が居たりするとも言われますから、サク取りした状態
からスライスしていく過程で入念に数回チェックしてみるも全くそれらが居る
よ~な気配すら無く非常に美しい身 ♪

ブリって赤身魚と思われがちですが、赤身魚でも白身魚でない両方の性質を持つ
中間魚と呼ばれてるそ~なんですねぇ。JCAも最近まで知りませんでした。







お寿司もお造りとはまた違った美味しさを堪能できるディッシュ ♪

醤油も濃口醤油とみりん、日本酒を使って甘ダレ風な少々トロみのある寿司用
醤油を作って塗っており、これがまたブリのお味ととても相性がいい!薄く
塗っただけでもちゃんと醤油のアクセントと甘味が感じられてGOOD。

普段のFISH DINNERでは白身魚が大半になっているので、今回みたいな
ブリ尽くしは凄く新鮮な感じがしましたよぉ。

またヒラメ狙いなどの外道で釣れてくれないかなぁ~ ♪




「ブリは定番の旨さ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

帰還後すぐに ♪ ブリのなめろう





車載クーラーとしてスペーザ35Lを積んでおいて良かったですわ~。

日によっては嵩張るし30Lのフィクセル1つで遠征に出る事が多い宇和海方面
、まさかいつも通りに投げ釣りをしててブリなど青物が4匹も釣れるなんて
夢にも思いませんからねぇ、、、何はともあれ撃沈した魚は全て新鮮な状態の
まま持ち帰ってくる事ができましたっ。


一通り捌いた後にちょこっとつまみ食い!?がしたくなってきて、ちゃちゃっと
ブリの切り身、味噌、醤油、お酒、すりおろしショウガ、すりおろしニンニク、
大葉、長ネギなどを混ぜ合わせてなめろうを作ってもらいました。











ブリのなめろう ♪


時間的にもう夕食は食べ終わってましたから、お酒のお供に~って感じ
でしょうか?チビチビつまみながら、チビチビ日本酒を飲む、、、今日は
早朝から作戦 その後、長距離運転を経て帰還してますので食べ
終わる頃には気持ち良~くなってポテリ!(笑)


過去にいろんな魚を使ってなめろうを堪能してきておりますが、やはりこの
ディッシュだけは青物系を使って作るのが一番美味しいですねぇ。

味噌や醤油といったアクセントの強い調味料にも負けずしっかり魚自体の味が
生きている!たまにしか食べれないから余計そう感じたのかもしれませんけど、
これが元祖に近いなめろうの味ってものかぁ~と。

鮮度が命とも言えるなめろう、、、明日出てくる予定のお造りなどが
もし余ったらまた作ってもらおうかな?







「お酒に合うよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

67、65、64cm メジロ撃沈 ♪ 愛媛県・伊方町 / 宇和海 (2日目)


前回の感じだとわざわざ別の場所でエサのアジを釣ってから移動しなくても
同じ戦場でサビキで釣れそ~だったので、きっと大丈夫だろう!と信じて
起床時刻もそれに合わせてセット&ホテルをチェックアウトして夜明け時刻
より約1時間前に戦場入りとなりました。


素早くタックルを組んで攻撃準備を整えると即、アジ釣りを開始~!


最初のうちに無反応だったものの、タナをやや深めに設定して撒き餌をしてると
すぐに釣れだしてくれましたっ ♪ まもなく夜明けを迎えますから釣った
アジはすぐ針に掛けてファイヤ~ 糸フケを取って仕掛けを落ち着かせたら
再びアジ釣りと忙しなく動いてると、極太のワニエソのラッシュに!?

ここってそこまでエソの魚影は濃く無かったはずなのに、、、そう思いながらも
打ち返しは続けますが、ワニエソ、、、結局完全に明るくなる午前8時頃まで
アタリは頻発してようやく沈黙&それと入れ替わるかの如く、


ジャアアア~~~!


突如、スピード感溢れるドラグ音にドキッとさせられましたっ!?







65cm メジロ撃沈。


ブリ!と言いたいとこですが、この魚は出世魚ですしやはり80cmくらいに
なってようやくブリと呼ばれるのが一般的みたいですからこのサイズだと
関西で言えばメジロになりますねぇ。

それでも引きは凄まじく最後の最後まで抵抗してエキサイティングなやりとりを
楽しませてくれましたよぉ。


昨日に続いて今朝も青物の登場で今シーズンは魚影が濃いのかも?とクラブの
グループラインに写メをアップしてメンバーらと盛り上がってると、

また疾走音がっ!


ジイイイ~~~ッ!?







64cm メジロ撃沈!


途中、一瞬底にへばり付く?よ~な感じがしたので、もしかするとエイちゃうん
!?とドキドキしましたが、すぐに右へ左へランダム突進をし始めエイではない
と確信 水面に白い流線形の魚体が浮いてきました。

地形的に見てそこまで外洋に近いってわけでもなく潮通しもイマイチ?な場所
なのに青物の群れが入ってきてるとはベイトとなる小魚が例年より多いん
でしょうかねぇ?いや~、毎回ドラグを駆使しながら弱らせて浮かせてくるのは
非常に楽しいんですが、昨日のと合わせるとすでに相当量の切り身になりそ~な
、、、こりゃ1匹は丸々お裾分けコースかな?(笑)

血抜きをしながらエラから内臓まで取り除く処理をしてると、なんと喉の奥に
切れた短いハリス付きの釣り針が2本も!?わたくしめが使っている物とは
違う形状の針ですし誰かの仕掛けを2本ブチ切ってきたんでしょうねぇ。


今朝も所々雲もあるものの基本は晴れ。日差しもそこそこの強さがあるよ~に
思えるんですが、もう冬も間近とゆ~のもありず~っと肌寒い状態、、、
ミドラーを着用したまま動き回ってても全然暑くなってきません。これ以上
気温が低下したらいよいよ本格的な防寒着の出番となりそう。







「宇和海」


海の中を覗くと一面に小魚の群れが見え、ベイトが豊富なのが窺えます。

でもまぁ、今時期だとここら界隈では毎年こ~ゆ~よ~な光景を見られますし
、そしてこやつらがわんさか泳いでる時期が最も様々な魚が顔を見せてくれる
よ~にも感じております。現在の海水温は22℃、これが2ヵ月もすれば15℃を
下回るよ~になってきて厳寒期突入といった感じでしょうか。


2匹目のメジロを撃沈後、ピタリとアタリは途絶えてしまいエソさえアタって
来なくなりました。まっ、エソだけはせっかく釣ったアジを片っ端から横取り
していく厄介者ですから居ないに越したことありませんけどね~っ。


手が空けばすぐサビキ竿を持ってしゃくって~ ♪ をやってますから
いい暇潰しになってアタリが無くてもそこまで退屈しません。アジも明け方に
比べると食いが落ちてきてたま~にしかアタってきませんが、一応それなりの
数は確保済ですからオッケー。





これは間違いなくわたくしめが撒いたオキアミだけじゃありませんよね!?


アジバケツの内側にはアジが吐き出したかと思われるジャミがわんさかこびり
付いておりますわ~。ちゃんと釣った直後はまず水汲みバケツの中にしばらく
入れてある程度ジャミを吐かせてからアジバケツに移動させているものの
気付けばこんな感じに、、、これらはアジの弱る原因にもなりますから定期的に
取り除きながら水も交換と結構この釣りは手が掛かります。(笑)


午前10時を回ると北風が吹き始め更に体感温度は寒く、、、いつの間にか
アジも釣れなくなっちゃったのでしばらく竿も放置したままダラ~~~っと
、、、そ~いえば今日の本命って青物じゃなったよなぁ~と思いつつ、前回は
まぐれでここは実績場と呼ぶにはちょこっと厳しい場所なのかな?そう考えてた
矢先に、1本のスピンパワーの竿先が数回激しく叩かれて、


ジ~~~~~~ッ!


おっ、止まった!?エイなら走り続けるはずだし、、、







43cm ヒラメのご登場~ ♪


ようやくヒラメと呼べるサイズになりましたといった感じの小ぶりな個体に
なるものの、今朝もこ~やって本命が顔を見せてくれてホッと、、、もっと
デカイのは潜んでないのか?それが一番気になるところですが、これだけは
データーが乏しい以上今後も調査を続けていくしかありませんねぇ。


当然時合いに入ってる可能性も視野に入れて集中的に新鮮なアジを打ち返すも、
再び沈黙の海となり1時間が経過しても音沙汰無いまま。

単発だったんでしょうか?この魚ってカレイよりシビアな所があってカレイ
なんかは時合いに突入すると結構次々と口を使ってくるんですが、ヒラメだけは
そ~ゆ~時もあればたくさん居ても全く興味を示してこない時も多々、、、
どこかすこぶる魚影が濃い場所は無いものかなぁ~。

あまりにもはりきって積極的に打ち返し&サビいて仕掛けの位置を少し手前に
ズラす作業なのも頻繁におこなったせいか?アジのストックが一気に減って
しまいあと数匹に、、、サビキ仕掛けを垂らしてもあれからず~っと釣れない
状態に陥ってますし、エサが無くなったら終了ですわ。


ウイイイ~~~ン!?


何の前触れも無くドラグが急回転してアワセを入れてみるもスカ!


上手くアジだけを持っていったのか?針掛かりまで至らなかったのか?魚の
重量感すら感じる事もできずエサだけ無くなって戻って参りました。エソだと
あそこまでのスピードは無いはずだし一体、、、

と思ってると真隣の竿から再び、


ウイイイ~~~ン!!!


キタ~~~ッ ♪







67cm メジロ撃沈!


また青物が回ってきたようです。

このタイミングで沖の方でバシャバシャとナブラが立ち始め、小魚が跳ねて
逃げ回ってます。他の竿もさっき投げ返したばかりだし近くに魚が居ればまた
アタックしてくる可能性もあるんですが、水深がタップリある宇和海ですから
ど~しても表層近くで群れが固まって泳いでしまうと海底付近のエサには
気付かないままスルー、、、あはは、後が続きません。

そもそもこやつらを専門に狙うならウキで泳がせをするかメタルジグなんぞを
投げた方が早そうですよねっ。(笑)


そうこうするうちにナブラも消え、エサのアジも底を尽きました。


片付けモードに入りつつ、クーラーの中を整理してるとああっ!?まだマムシに
アオイソメと虫エサが少々残っているのを完全に忘れておりましたっ。

エサを余してもすぐに使う予定が無いなら塩でもして保存しておくしかない
ですし、塩をするには量が微妙なんでこれらが無くなるまでもうちょこっと
粘ってみることに。活アジと違っておもいっきりフルスイングができますから
目一杯投げてスルスルスル~っとラインを送り込めば水深は30m近くまで
落ち込んでおります。

30分くらい経った頃でしょうか?ゆっくり竿先が押さえ込まれて、


ジッ、ジイイイ~ッ!


何奴!?





37cm マダイでした。


ど~せならでっかいのが来いよ~、、、とボヤきながらも、美味しそうな食べ頃
個体でしたからクーラーへキープ。(爆)

しばらくして定番のイトヨリダイが釣れたとこで虫エサもほぼ無くなって終了。
なんか終わってみると今回も前回に引き続き五目釣りな釣果になりましたけど、
FISH DINNERネタも豊富になって2日間十分楽しませてもらいました
からこれで気持ち良く帰還できますわ~ ♪









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「青物が回ったんやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

80cm ブリ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


冬型の気圧配置になり寒さが厳しくなってくるとこの界隈は北西風に悩まされる
日が多くなってきます。地形的にリアス式海岸なのもあり急峻な山脈から
吹きおろす風は時に爆風になって戦場によっては釣り自体が成立しない
所も出てくるくらい。

まぁ、そんな事はみなさんご存知かと思いますが、今日は特に北西風が吹くと
モロに当たる戦場へSurFreyja“しゅうさん”と行ってみよ~となりました。

わたくしめはここへは過去に数回訪れてはいるものの、しゅうさんは渡りは
するも北西風にやられて竿が出せず荒れる日が少ない今のうちにぜひ一度
やってみたいとゆ~ことで決定!アカアマダイも時々顔を見せるそ~ですが、
わたくしめは今のところマダイとカワハギ、あとマトウダイしか釣ったことない
かな?あっ、あとアジで泳がせをしてるとヒラメも上がる事があるよ~なんで、
とりあえず活アジも少々持参して参りました。


ウイイイ~~~ン!


まだ薄暗いうちからアジを付けた仕掛けにハイスピードの何かがっ!?


アワセを入れた瞬間もの凄い重量感と共にすぐには止めれない力で締め込み
を見せ、ここらじゃしょっちゅう掛かってくる巨大エイの仕業か!?と思うも
急にスピードを上げて沖へ走りだしたので違うと判断し、徐々に弱らせながら
寄せてみると白い流線形のボディがっ。





正体は80cm ブリでしたっ!


この界隈で活アジを積極的に投げるよ~になったのはお恥ずかしながらここ数年
からのことですから、久しぶりの青物登場でビックリ&ラッキー ♪

虫エサやキビナゴを投げてても場所によっては頻繁にアカエイが掛かってきたり
する為、ど~しても活アジ 外道のエイという方程式がわたくしめの頭の中で
いつの間にかできあがっておりました。(爆)

最近になってようやくヒラメポイントが少しずつですけど開拓できてきてる
よ~な気がしてる?ので、怪しいと思える戦場ではエイも恐れず入手できた時は
必ずアジも投入するよ~にしているJCAでございます。


ブリは特に血抜きなどしっかりしておかないと鮮度が落ちるのが早いので
超特急で締めて処理をしていると、またアジを投げてる竿からけたたましい
ドラグ音が鳴り響いて 時間をかけて必死にやりとりをするも急にふっと
軽くなってバラシ!?仕掛けを回収してみるとスイベルのスナップ部が伸びて
広がり、ハリスごと持ってかれておりました。

さっきのより更に馬鹿力を出してましたしおそらくメーター近い個体かな?
いずれにせよちょこっと強引にやりとりしてたのと、スイベルの号数自体が
この手のクラスの魚を想定してない小型の物だったのも災いしたって感じです。


その後しばらくして45cm程のハマチと呼べる大きさかな?が1匹釣れて時合い
終了&太陽が昇って明るくなってきました。







「宇和海」


ここは宇和海じゃ超~有名ポイントですよね。(笑)

水深は軽く投げるだけでも30m近くまで落ち込んでいるものの、敷石の構造が
シンプルなのか?足下直下ギリギリまでサビいてもフラットな部分が多く
根掛かりの少ない海底ストラクチャーですので特に飛距離がそこまで出せない
活アジの泳がせなんかには非常にありがたいですねぇ。

攻撃開始直後からブリのアタリが連発してた為、今日は魚全体の活性が高い日
かも?な~んてしゅうさんと超~はりきっていたんですが、ブリの回遊が
止まって以降、まともなアタリは一切出ずに沈黙、、、おまけに午前10時頃に
なると虫エサは瞬殺されちゃうわ、アジには頻繁に乱暴なアタリが出て全て
巨大なエイ、、、アカエイをメインにトビエイまで混じってオンパレード状態。


赤い鯛系の魚からのシグナルをひたすら待つも時間が経つにつれ、虫エサが
素バリになるまでのスパンが短く、、、チモトにはヌメ~ッとした白い繊維が
付着して返ってくるので何の仕業か?は想像が付きます。そしてたまたま
適当に大アワセを入れてみた時に予想通りカワハギが水揚げ~。









思ってたより良型だったのでたくさん居るなら何匹かお土産にしましょ~か?
となり小針仕掛けにチェンジしてポツリ、ポツリと拾ってゆきます。


専門に狙うとそれなりに針掛かりしてくるも、やはり良型は少なくほとんどが
チビちゃんばかり、、、さすがにこれらはリリースしてゆきますが、次第に
良型はほとんど掛からなくなりや~んぺ!

下手に虫エサを無駄使いしても明日もありますから、残り時間は弱りが早い
アジをメインに投げてゆくことに、、、

しかしアタってくるのはやっぱりエイのみで、今回お初にお目にかかった
ツバクロエイなるちょこっと変わった形の個体まで登場し、それら全てを
水面まで浮かせてきた腕はもうパンパンでございます。(泣)





エイだけでも10匹以上は掛けたでしょうか?


午後14時前にはアジも無くなり、少し休憩しているうちに渡船のお迎え時刻が
近付いて参りました。今日は朝イチのみアドレナリン大放出となり、その後は
ゆ~っくりフェードアウトしていったって感じかな?はいっ、仕掛けを回収した
竿から片付けてゆきましょう。

少し時間が余ったので、ちゃちゃっと釣果写真を撮ってしまおうとクーラーから
魚を出してきて並べていると、んっ?

ってゆ~か、今日の釣果って外道で釣れたブリが無かったら相当寂しいものに
なってたんちゃうん!?まぁ、どれだけ頑張っても釣れない時もあるのが釣り
ってもんなんですが、遠征初日から貧果だとどこか焦ってしまいますよねっ。







明日はもっと頑張らないと~!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ フリーゲンSD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ブリ美味しいやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夜間も交通量多し、、、





昨日は朝から東京オフィスでミーティングが入っていたJCA、当初の予定では
長くても2時間程度と聞いていたのが予想以上に長引いてしまいこのままじゃ
間に合わないかも!?と不安になりながらもようやく正午過ぎに終了 昼食は
キャンセルさせてもらって羽田空港へダッシュ そして午後15時20分、
何とか大阪に帰って来れましたっ。

空港リムジンバスを待ちながらふと空を見上げてみると、毎日焼け焦げるよ~な
強い日差しが降り注いでいた夏の面影は無く、秋、、、いや、もう冬空に変わり
つつありますねぇ。みなさん長袖ジャケットを羽織って寒そうにしてます、、、


帰宅したら即、タックルなど荷物一式を車に積み込んでいつものエサ屋さんで
エサの仕入れ その後は夕食も食べずにとにかくギリギリまで仮眠に時間を
費やすことに。今回は先日みたく途中のSAなどで何時間も爆睡してしまうと
完全にアウトになってしまうのでねぇ。


それでも時間にはある程度余裕を持っていかないと長距離運転になる為、
何が起きるか分かりません!午後22時には自宅を出発して夜間の
山陽自動車道を西へ走りますが、前回とは異なりトラックだらけ!?





抜いてもまたすぐその先にトラックが現れる、、、で、スピードも加速できた
と思えばスローダウンの繰り返し、、、そんなわけで今回は倉敷JCTまで
2時間は掛かってしまいました。


橋さえ渡ってしまえば常にガラ空きの高速道となり、逆に走ってる車がたまに
しかいなくて気持ち良~く走れますねぇ。でも、ず~~~っと真っすぐな道が
続いてるのでリラックスし過ぎると特に夜間は次第に眠くなってもきます!?

そ~いえば出発してからトイレ休憩ですら一度も取っておりませんし、そろそろ
この辺で一旦休憩でも挟んで、、、あはは、いつもそう思い始める頃にベスト
タイミングで登場するのがお馴染みのSAでございます。(笑)

いや、むしろこのSAを毎回目標休憩ポイントとして設定してるのもあり
、あそこまで走り切ったら美味しいアレが食べれる!と自分に言い聞かせ
ながら気合いで運転。そりゃど~してもトイレに行きたくなったり、睡魔に
襲われ始めるともちろん途中のどこかに立ち寄るものの、そ~でない
限りはここが最初の休憩ポイントになってるかな。


ふぅ~、やっと到着しましたぁ ♪









「ご褒美肉うどん!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR