短時間新規開拓、、、 大阪府・岬町 / 深日


お天気が良ければ前々から気になっていた日本海方面の戦場へ行こうと考える
も案の定、10mを超える北西風に高波予報。ど~見ても釣りができるよ~な
コンディションではない為、最悪出撃自体を延期?とも考えるも、何としても
出撃したいと強く切望するSurFreyja“ナカッハ・ナカノ少佐”の意向を
組んでとにかくどこかで竿を出してみることに、、、

とはいえ日本海はどこもまずアウトですので、ナカノ少佐のカレイ作戦および
ブリーフィングにも書いておりましたが、JCAがこの晩秋からちょこちょこと
新規開拓をしてきたいと考えた日帰り圏内でのヒラメ作戦の両者が成立
しそうな場所?泉南方面でも行ってみるか~となりました。





「深日」


このエリアは過去にわたくしめ自身も大型ヒラメを撃沈した実績がありまして、
探せばまだまだヒラメが狙って釣れるよ~なあるんじゃないかなぁ~?とねっ。
当然、ヒラメのみで考えるのならもっとも南、南紀まで?いや更に向こうまで
視野に入れる事ができたものの同時にカレイもとなると南下も限度があります
のでこの辺りまでが妥当かなと。


午前4時半、戦場に到着すると駐車スペースには我らの車含め3台のみ、、、
いくら週末でもさすがにここまでザザ降りの大雨だと出撃する気も普通失せて
しまうかと。ガラ空きだった波止の先端部に陣を張り、しばし車内で休憩して
からレインウェア・フル装備でいざ攻撃開始!


コンコン、


ジ~~~ッ!





開始から30分もしないうちに1本の竿にアタリが出て本命のヒラメが水揚げ
されてくるも40cmまであと2cm足りない惜しい?サイズ、、、

ヒラメというよりソゲと呼ばれるサイズですねぇ。(笑)


ただ、ヒラメ自体がここでも釣れた事はいい発見ですわ~。今回は前回撃沈した
場所とはまた異なる少々奥まった所に入っており微妙かなぁ、、、と思ってた
だけにホッとしました。ここはカレイに関してはそこそこ実績があるポイントの
よ~で近くにもう1人投げ釣りの方もいらっしゃり早速本命を撃沈されてます。

わたくしめ自身、カレイ作戦では滅多にこちら方面には来る事が無い為、
そこまでデーターが無いものの釣友らから聞いてた通り、半端じゃない
エサ取りみたくいつの間にか素バリ~みたいな状況が続いているよう。





攻撃開始から2時間でもう心が折れ気味のナカノ少佐、、、


さすがに作戦イコール、エサ取りとの戦いとなる関西圏における乗っ込み
カレイから本格的に大物投げ釣りを始めるのは試練ですよね~。でも、避けては
通れない道ですし頑張ってや~と応援しつつ、わたくしめも負けずにアジを
ひたすらマシンガンキャスト!?

いや~、朝イチからチビちゃんながらも本命の顔が見れたのはラッキ~でしたが
、その後はエソの群れが回ってきたのか?けたたましいドラグ音の連発となり
エソのオンパレード、、、打ち返しても、打ち返しても、

水揚げされてくるのはエソのみで閉口させられます。







そんでもって一度だけドラグ音は鳴らずに謎の重量感と共に上がってきたのは
コウイカの新子、、、子供とはいえもの凄い量のスミをブ~~~ブ~~~と
言いながら吹きまくってましたわ~。(爆)

今まで気付かなかったんですが、足元をよく見ればあちこちに新しい黒いスミの
跡があり相当新子が釣れているのが窺えます。こやつを捕獲後からエソのみ
ならずイカの猛攻まで始まりアジを投げると即、エソに飲み込まれるかイカに
ザックリ後頭部を齧られて戻ってくるかのどちらか、、、


30匹持参したアジはあっという間に底を尽きてしまいました。


一方、カレイは好調みたいなのでエサもまだ結構残っているナカノ少佐ですし、
わたくしめはエサ切れになったけど全然気にせず1匹釣れるまでは頑張ってや~
となるも、一向に止む気配の無い叩き付ける大雨の中、完全に心が折れて
しまったよ~で、あきらめます、、、と正午を待たずに終了。





小さいから一瞬カレイと見間違ってしまいますねぇ。(爆)

う~ん、夜明けから数時間しかやってませんのでまだ何とも言えませんけど、
ここではデカいサイズが潜んでいるよ~な気配が無い?薄い印象を個人的には
受けましたねぇ、、、まっ、まだこの界隈含め他にもアジを投げてみたいと
思える小場所を幾つかリストアップしてますので、時間がある時に探って
いきたいと思います。いつか大当たりが出るといいのですが!




「地道に行くしか」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

明日は終日雨予報ですけど


今週末にかけて全国的に冬将軍が到来するよ~な予報が出てる中、以前から
どこか近場へ出撃しようと約束をしていたJCA、、、そしてその約束していた
お相手とは1から投げ釣りを始めているも日々、一生懸命勉強して1本針は
シンプル工程としても砂ズリから2本針吹き流し仕掛けまで一通り自作できる
ようにまでなってきた彼!





最初は市販仕掛けオンリーで戦場に臨むも仕掛けロストって根掛かりのみならず
フグやアナゴ他、エサ取りにトラブルを起こされてしまったりと多種多様で
仕掛けが底を尽きてしまったぁ~、、、とならないようまずは一通り自作できる
ようここ1~2週間は座学に力を入れてたんです。

だからといって仕掛け作りばかりしてたんじゃ全然面白くありませんし、
せっかく自作したのならそれを実戦投入して試してみたいもの!今回量産した
仕掛けはカレイ類を対象にした吹き流し仕掛けとゆ~ことでそれが活躍できる
戦場、、、う~む、どこの戦場がいいかなぁ?


実はわたくしめはカレイより他に狙いたい?いや、今年の晩秋からやっていこう
と考えてた新規開拓とまではいかないものの自身の戦場レパートリーを広げたい
ターゲットがおりまして、、、それをカレイと同時狙える?狙えそ~な戦場
という条件設定で選定&準備に取り掛かっておりました。

明後日の日曜日からわたくしめは仕事が入ってたので決行は土曜日にしよ~か~
となるも当日が迫ってくるにつれ、晴れマークの付いてた天気予報はみるみる
雨マークへと変わり最終的に終日大雨予報に、、、

今のところ毎回彼とコラボする際は大雨で、今回も雨みたいやけど大丈夫?と
伺うも、そんなの関係ね~ ♪ のノリで行きたいです!と返答があったので


決行する事に。





あと、話は全く別の物になりますが、


この夏に購入&即実戦投入させてたくさんのアキアジをねじ伏せてきてくれた
リール、ステラ4000HGを早過ぎるか?とは思いつつも念のためいつも
お世話になっているスペシャリストにお願いしてオーバーホールして頂くと
、、、なんと早速、ドライブギア、ピニオンギア共々摩耗が見られこのままじゃ
回転に少々のゴロが出てくるとの診断!?

理由としては当然ながらリールの酷使が挙げられるよ~で元々物の使い方が
粗っぽい上に短期間であれだけのアキアジをワッシワッシ水揚げしてると
期間が長い、短いは関係なくこ~なってもおかしくない?(笑)

とにかくシルキーな巻き心地が売りのステラにゴロつきが出るのは嫌なので
摩耗したギアは全て新品に交換して頂き、同時に他気になる部分の微調整&
チューンもして頂く事に。


年末が迫ってくると出撃のみならず他にもいろいろやっておきたい事がたくさん
頭の中に浮上してきて大変ですわ~。




「酷使しすぎ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

幻の鮭・鮭児のルイベ ♪


オホーツク海沿岸限定で秋から冬にかけてのサケ漁にて1万匹の中に1匹の割合
で入ると言われる“鮭児”、、、その価格は優に10万円を超えるなどとにかく
誰に聞いても、どこのソースで調べても超高級魚として扱われているがゆえ
撃沈したからにはちゃんと無駄無く頂かないと!

とゆ~事で鮮魚店に頼んで綺麗に捌いてもらいました。





鮭児と言えば生で頂くのがメインとあるだけに半身の一部焼魚用スライスに
してもらい、それ以外はお造り!ルイベ用にブロックカット 持ち帰って
来ると早速小分けにして真空パック&マイナス20℃以下の温度設定にした
冷凍庫にほ~り込んでありました。


ルイベって何ぞや?と聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に
説明致しますと、冷凍保存食として昔から北海道のアイヌ民族が冬場の魚を
食する方法としてたものでいわゆる冷凍刺身。

またその語源はアイヌ語のルイペが語源であると言われており、
溶ける、イペが食べ物という意味のよ~でルイペ 溶ける食べ物という
ことになります。元々は鮭ではなくタラ系の魚、コマイを食する方法として
行われていたようですが、その方法が鮭にも取り入れられたという。


2日以上冷凍したルイベを早速出してきましたよぉ ♪







作り方と言っても特に何も無く、マイナス20℃以下になる冷凍庫にて48時間
以上凍らせると出来上がり!ご存知のよ~に鮭にも寄生虫のアニサキスがおり、
こやつは低温に弱くマイナス20℃以下になると死んでしまうので生食には
非常に理にかなった方法なんです。

まっ、アニサキスは魚が生きてるうちは内臓に寄生しており死ぬと共に身に移動
してゆく、、、ってのはよく知れており撃沈後即絞めて内臓を取り除いてるので
まず大丈夫とも思いましたが、念のため?とゆ~よりは鮭児の場合脂分が多く、
溶けてしまうと水っぽくかつ脂でギトギトになってしまうので凍ってるうちに
頂く ルイベとして頂くのが最も適してると聞いてたからが最大の理由。


一切れ2000円以上もする場合があると言われているので、せっかくお初に
食べる鮭児のルイベ、、、おもいっきり贅沢に超~分厚くスライスしてもらい
ましたよん ♪ まだ冷凍庫には3ブロックはストックがありますからねぇ。







鮭児のルイベ ♪


食べ方に関しては普通のお造りと同じ醤油やワサビ醤油で頂くものの、大きく
異なってる点はルイベは半解凍状態とはいえ凍っていますから、独特の
しゃりしゃりとした食感が楽しめます。冷たさと魚の味と醤油などが口の中で
混ざり合い絶妙なハーモニーが楽しめる逸品 ♪

アラをメインに作った三平汁とコラボさせるともう最高!と言いますか、食材が
鮭児って考えると贅沢過ぎるわぁ~とつくづく実感、、、


パクリと一切れ頬張ると超~濃厚な甘さを伴い即行口の中で溶けていく、、、
まさに大トロとそっくりな食感&お味って印象ですねぇ。







上品過ぎるお味 ♪


身の成り立ちで言えば大トロや松坂牛といった超~霜降りになりますが、

ここまでレア&高級ディッシュとなってしまうと正直、何て表現したら最も
上手く伝えられるのか分かりません、、、美味しいという言葉は当然なんですが
、やはりこ~いった物は味自体に深みがあると言いますか?実際に食べた者に
とってはただただ、う~~~んとその美味しさに呻ってしまうだけ。

大トロの場合、ある程度の量を食べるとクドくなってきてもう十分!って感じに
なりがちなものの鮭児はそこまで濃厚過ぎずどこかにサッパリとした部分を
併せ持っててより食べやすいかも?それでもまぁ、こ~いった霜降りの物は
量を食べると価値が薄れる?よ~な気が個人的にはしております為、
ちょこちょこ小出しにしながら堪能していくのがベストと思います。

そのレアさ、半端じゃない程の高価さから、なかなか買っきてまで、、、とは
ならない幻の鮭こと鮭児のルイベ、美味過ぎでございます ♪


思う存分堪能させて頂きましたっ!




「贅沢やね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

鮭児のアラで作る、三平汁 ♪





幻の鮭・鮭児のアラ。


アラと言いましても相当身が残ってますしこの中骨に残った身をスプーンで
すくって食べるが最高の贅沢!と多くのみなさんから伺ってましたので
ちょこっと調理する前につまみ食いしてみましたがまさに大トロを食べている
よ~なとろける甘いお味でしたよぉ!

まぁ、それはまた後日に置いといて、







捨てる所が全く無いと言われる最高級食材ですから、このアラを使って
北海道の郷土料理を作ってみました。

今やネット社会と言われるだけあってどんなマニアックな郷土料理でもレシピが
たくさんアップされてるってのは本当に便利!一昔前なんて少しでも手の込んだ
ディッシュ、郷土料理となれば料理本が必須でしたからねぇ。


まず事前に準備しておくのは鍋に水と昆布を入れて約1時間ほど浸ける事から
始めます。その間?いや、1時間も掛かりませんので適当な頃合いを見計らって
アラを適当な大きさ、そして身は一口大に切り分けてお酒を少々振り、振り~。

他の具材は、じゃがいもを4等分、ニンジンは5mm幅の半月切り、大根は
7mm幅のいちょう切り、長ネギは1m幅の斜め切りにして、こんにゃくに
関しては一口大に切ったらサッと茹でておきます。


放置後、約1時間経過した鍋にアラ&切り身を入れて中火でしばらく、、、
煮立ってきたらアクを取りつつ昆布も取り出して、











そこへほんだし、じゃがいも、ニンジン、大根、こんにゃく、薄切りにした
ショウガを数切れ加えて15~20分程引き続き煮ます。

レシピでは最後の所で長ネギを入れるよ~になってましたけど、個人的に鍋物に
入れる長ネギはクタクタになってる方が好みですから早めに追って追加して、
野菜が柔らかくなってきたら醤油を加えて味を調えてひと煮たち、、、


ええっ!?これだけで完成?


はいっ、これだけで完成でございます。







鮭児のアラで作った、


三平汁 ♪


三平汁は北海道でよく獲れるサケ、タラ、ニシンなどの魚を使った郷土料理。

冷蔵庫がなかった時代は生の魚を保存する為に塩漬けにしており、塩漬けの魚
を大根やじゃがいもなどの野菜と煮込み、魚に付いた塩だけで味を付けると
ありますが、今回は素材が鮭児であるだけにガッチリ塩漬けはせずほんのり
塩味が乗る程度で下準備して、素材の持つ味を堪能したいなぁ~と ♪

普段なら食べずに捨てられる事の多い魚の頭や中骨といったアラも一緒に煮込む
と一層旨味が加わり、寒い日に食べるとお腹の中から身体を温めてくれる料理
とも言われ現地では昔から愛されてるよ~ですねぇ。





まさに浜のお味と言わんばかりの優しいテイストで、ほんのり香るショウガの
風味が更に身体を温めてくれます。

鮭児のお味は言うまでも無く、身自体が持つ独特の美味しい脂分が汁に
溶け込みシンプルなのに奥深い絶妙なお味 ♪


1匹分のアラを全て使って作ったので結構たくさんできましたから、
しばらくこの贅沢な汁を楽しめそ~です。




「身体温まるよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヒラメのカルパッチョ ♪







先日撃沈した2匹のヒラメちゃんは撤収間際までマダイ師匠が持参されてた
漁業用?のカゴスカリに入れてもらい海の中で活かしておりましたっ。

そして帰還後、半身だけ先日も書いてましたよ~に撃沈した日の夜にお造りに
して頂きましたが、残りの一部は後日用に冷凍庫、もう一部を1晩冷蔵庫内で
寝かせて昨夜のFISH DINNERとして出て参りました。


前々からやりたかったディッシュと言いましても過去に落ちギスなど他の魚では
時々やってきているのでそこまで新鮮味はありませんけど、ヒラメで作るのは
ほんと久しぶり?いつもお造りやお寿司、はたまたムニエルで~ってのが
我が家では定番になってますのでねぇ。(笑)

まずはお造り用に下準備して寝かせてあったサクを薄く削ぎ切りにして個々が
あまり重なり合わないよ~?要するにまんべんなくドレッシングが行き渡る
よ~に盛り付けてゆきます。ここまではお造りとほとんど変わりません!





あはは、調理って程大げさなものではなくこれで完成と言っても過言では
ございません。あとは飾り付けの野菜類、今回はパプリカの赤&黄、玉ねぎ、
カイワレ大根、レモンを先に冷蔵庫内で冷やしておいた物を用意し、それらを
お皿の中央に乗っけてドレッシングかければおしまい。

名前からしてもTHE洋風!ってイメージの溢れるディッシュになるのでいつも
洋皿に盛り付けてたんですが、今回はあえてお皿だけを和テイストの物にして
ちょこっと創作料理チック?に仕上げてみましたっ、、、以前友人らと飲みに
行った創作料理メインのお店で同じディッシュが出てたのを思い出して ♪







ヒラメのカルパッチョ ♪


冷えたシャキシャキお野菜と一緒に頬張れば最初はサッパリとしたドレッシング
から始まりヒラメを噛んでいくうちに身自体が持つヒラメ独特の濃厚な甘さが
出てきて非常に食べ応えがありますね~。キスやカレイなど他の白身魚で作った
のでは味わえない美味しさでございます。

もしこれらのカルパッチョで順位付けするとすれば、JCAの中ではヒラメが
堂々の1位でその次に落ちギス、カレイ類って感じかな?

もちろんカレイ類で作るディッシュも美味しいんですよ~。ただ、ドレッシング
もそれなりにインパクトのあるお味ですから舌で鮮明に区別できるしっかり
としたお味を身に持つ魚での方がドレッシングにかき消される事なくより風味
豊かに感じられるって事でしょうかねぇ。

カレイ類でならマコではなくイシガレイの方がこれにはいいかも?





メインディッシュとゆ~より前菜に似合いそうです。


たまにカルパッチョもいいものです!またヒラメが釣れた時にはやってみたい
なぁ~と思いつつ、そ~いえばイシガレイでも良さそう ♪ となるとこちらも
釣りに行きたくなってきました、、、

魚を撃沈する度にあのディッシュが食べたいやらこのディッシュも良さそう~
となり、1つのディッシュを食べるとこの魚でも美味しそう、あの魚でもやって
みたなぁ~と構想が広がる、、、うむむ、これは中毒連鎖ですわ。(笑)




「イシガレイかぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

朝のうちにマコガレイ ♪ 兵庫県・明石市 / 東二見人工島


昼間とは大違いのガラガラ阪神高速を走ればあっという間の到着で午前5時には
戦場入りしたJCA、、、そこにはすでに起床されて戦場の様子を見に行かれてた
SurFreyja“クラックさん”がいらっしゃいましたっ!

辺りを見回せばちらほらとキャップライトの光が動いてるのが見え、平日なのに
大盛況ってのが窺えます。さすが人気ポイントと言えますねぇ。

仕入れてきたエサを渡して2人して陣地へGO&超高速!?ではなく、超スロー
ペースでセッティングに取り掛かります。クラックさんは仕掛けセット完了と
共に早速ファイヤ~開始されてますが、わたくしめは東の空から太陽が
見え始めるまで一切投げずにしばし休憩、、、





ブラックコーヒーは運転中に飲んだのでここではお気に入りの北海道限定
とうきび茶で一服、、、あはは、大キスの群れが頻繁に回ってきているなら
当然即攻撃開始となってたものの、この一帯では今シーズンは未だ微妙と
伺っているのと、早くから投げると必ず鉛筆サイズのアナゴの猛攻に遭って
しまうので少なくともアナゴの活性が落ちる夜明けまでは待つ事に。


現在クラブ内でカレイ、マダイ釣りのイベントを開催してるのもあり何として
ゲットして帰りたいよね~などあれこれ雑談しながらクラックさんの回収されて
来る仕掛けを一緒に見てると、、、あれっ!?もしかしてエサ取り居ない?

数日前に訪れた時には夜明けと共にアナゴの活性は落ちるも今度はチャリコに
フグの猛攻が始まり、釣っては全て寿司屋をやってるとゆ~地元のおじいちゃん
にあげてたよ~な、、、(爆)


更に水温が下がったのかもしれませんねぇ。


エサ取りが少ないなら超ラッキ~ ♪ 早速JCAもエサを付けてここぞと思う
位置目掛けてファイヤ~ 攻撃開始となりました。

午前8時頃に干底を迎える中潮の今日は正午の満潮に向けてず~っとアゲアゲ
モードで魚の活性的には期待できそうです。わたくしめの中では朝マズメは
イマイチってな印象がある戦場にも関わらず、


ククッ、、、グゥ~ッ!







予想に反して早々に38cm マコガレイのお出まし~ ♪


おもいっきりお腹が空いてたのか?写真をご覧のよ~にティンクルスペシャル
仕様の後付け毛鉤ごと丸呑みされてますわ~。(爆)

この界隈じゃ赤色の毛バリ、エッグボール、そして赤と白の平玉ビーズを並べて
最後にオレンジのソフト発光玉をセットした装飾がわたくしめの過去のデーター
では最も釣果を上げており、一般的にエサ取りが多い乗っ込みシーズンに
おいても気合いで導入&マシンガンキャストしております。

たまに装飾一切無しのオールブラック仕様の仕掛けもミックスして投げるも
データー的には装飾アリの方に軍配が上がってるのでいつの間にか定番に
なっちゃってますねぇ。まっ、装飾なんぞ思い込みの域と言えばそ~なっちゃう
んですけどねっ。いろいろ考えてチモトを飾るのが好きな性格なもんで。


1匹来たし時合いイン?と思っちゃうものの、やはり印象はあながち間違っては
おらずその後何もドラマは起こらないまま2時間が経過しました、、、


その間に釣れたのはマハゼにネズミゴチ、それぞれ1匹のみでエサ取りも
位置によっては健在みたく時々素バリにされたりを繰り返し午前9時、


コツコツコツ、ゴンゴン!?


小刻みなノックの後にいきなり竿先が叩かれ、





28cmのお出まし~、、、アベレージサイズ自体が幅広いよ~で最初の個体より
10cmもサイズダウンしちゃいましたわ~。(泣)

ただ、今度は時合い突入の合図だったみたく、それから1時間もしないうちに
立て続けにさっきと似たよ~な小刻みアタリが出て24cm、そして針を外してる
最中にもう1本の竿先にもアタリがあり23cm撃沈と立て続けにマコガレイ
ちゃんが食ってきました。ちなみにこれらはいずれもオスの個体でした。


今日も昨日と一緒の予報で太陽が昇ると共に気温は20℃超えまで急上昇!
もうこの時点でジャージパンツに長袖Tシャツ1枚で余裕で過ごせるくらいの
陽気、、、昨日に比べてラッキ~だったのはここではヤブ蚊の姿はどこにも
無く超~快適でございます ♪







「東二見人工島」


風は涼しくても太陽光は日焼けしちゃう程強いのでクラックさんもサングラスを
かけながら一生懸命打ち返しをされてます。(笑)

JCAのこだわり?いや、カレイ作戦の戦術として常に意識しているのに
複数個所から狙い撃ちできない部分を探してキャストするってのがあります。
これって戦場によってはなかなか難しく、時に不可能なケースもあったりします
けど可能な所では必ず実践している必須事項、、、もちろん航路筋を狙うやら
カケアガリなど海底に変化がある所に仕掛けをセットするってな教科書通りの
戦術もしかりですが、それに加え複数個所から狙い撃ちできない部分!

まさに今自分自身が戦っている位置からしか届かない部分を観察しながら
探してそこへ目掛けてファイヤ~って戦術がメインとなっております。


今朝もエサ取りの猛攻に遭うだろうとエサは球数が稼げるアオイソメ・オンリー
でクラックさんと1kg買いしてそれを半分ずつ500gで戦っておりますが、
この調子なら余裕で余っちゃいそう、、、まっ、余ればまた塩締めしておけば
いいので無駄は無いんですけど。

潮が活発に動きだし少々奥まっていてもうっすら潮目ができ始めた午前11時半
頃、ちょ~どクラックさんの陣地前に気になる部分があり、ちょこっと三脚に
竿1本置かせてね~とお願いして早速仕掛けを投入してみると、

まさにビンゴだったみたく3分も経たないうちから、


ゴツン、ゴツン!


元気に竿先を弾くアタリが出ましたっ。







33cm マコガレイ撃沈 ♪


狙い定めた部分に本命が居てくれるとめっちゃ嬉しいですよねっ!

もし今回肉厚な個体が釣れたらぜひやりたいディッシュがあったので目標達成で
大満足でございます。あはは、一応初物?ってゆ~か乗っ込みカレイの第1弾は
お造り&お寿司で堪能しましたからお次はちょこっと違うアプローチで。


正午を回り午後13時が近付いてきた頃、JCAは一足お先に撤収。


できれば夕方までご一緒したかったんですが午後15時から散髪の予約をしてた
のもあり午前中限定でとなっておりました、、、クラックさんはエサが無くなる
までは引き続き頑張られるとの事でやる気満々でしたよぉ ♪





肉厚な3匹を考えてたディッシュにして、小ぶりな2匹は唐揚げかな?
これくらいのサイズは甘酢あんかけで食べると最高ですからねぇ。




「何で食べても美味い」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

午前中だけの予定で再び出撃


昨日は午後16時前、香住から帰還&お風呂に入る前にブクブクで活かして
持ち帰ってきた2匹のヒラメを先におろしちゃいましたっ。

特にお造りなどで食べるとなると鮮度が命ですし日帰り出撃ならこ~やって
活かしたままが可能なのでいいですよねっ。ちなみに前回もお造り&お寿司にて
頂いたのもあり今回は他のディッシュにしたく1匹の半身をお造りにして残りは
サクの状態まま冷蔵庫で1日寝かせる事に。


まぁ、和の印象しか無いヒラメのお造りとは全く逆!?の洋風テイスト満点と
なっちゃいましたが、昨夜のFISH DINNERはまたアキアジを使った
クリームシチューが出てきましたよん。







いやぁ~、ちょこっと前に食べた際にめっちゃ美味しかったのでまた近いうちに
食べたいなぁ~と話してると早速登場!(爆)

イクラの醤油漬けもそ~ですけど、アキアジの切り身ストックも相当フリーザー
にできた事から積極的に消費していかないと食べきれませんのでねぇ ♪
でも、JCAは毎朝焼鮭を出されてもいいってくらいアキアジが大好物
なんで嬉しい限りでございます。


クリームシチューにヒラメのお造り、そんでもって白ごはん他とゆ~異色の
コンビネーションを楽しんだ後、ささっと車内のロッドケースとバッグ一式を
自宅にスタンバイさせてたもう1つの物と入れ替えて早めの就寝、、、


エサは帰る途中にエサ屋さんに寄って相方に頼まれてた分含めゲットしてきて
ありますから問題無し!あとはちゃんと起きれるかですねぇ。(笑)

一応、わたくしめがエサをまとめて仕入れてきて、相方が先に行って場所確保を
しておいてくれる段取りとなってますから少しは睡眠取れるかなと、、、なんせ
近場圏とはいえほぼ3連チャンで今のところ出撃中なんで疲れが微妙に溜まり
つつありますから回復させていかないとね~っ。





あっという間に道のりの約半分地点まで到達。


午前3時半にセットしたアラームで飛び起きるとスマホには、予定通りの場所
確保&少し投げてみるもアナゴのラッシュなんで寝ます!おやすみなさ~い ♪
という相方からのメールが入っておりわたくしめも着替えていざ出発~!

ここんとこ毎日、1日のスタートが真夜中?まだ早朝で真っ暗な高速道路を
走っている事から始まっているよ~な、、、でもまぁ、個人的にはおもいっきり
渋滞しまくる日中の道より暗くて風景は楽しめないけどこ~やってガラ空きの
方が気持ち良く走れるので好き ♪

ほいっ!高速はここで終了となりまして、まもなく戦場到着っす。







「ここって!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヒラメを狙って秋の日本海、 兵庫県・香美町 / 香住


日本海のズワイガニ漁がまさに一昨日から解禁になったみたく、今朝も数隻の
大きな漁船が漁に出てゆきました、、、

午前5時半頃に戦場に到着するとすでに“マダイ師匠”は大量のアジを確保され
休憩中?早速攻撃準備に取り掛かり一斉放火となりましたが、最初は無駄に
たくさん投げず1~2本だけでイカやフグといったエサ取りの様子を窺います。







「香住」


あれっ!?とお気付きになられた方もいるかも?なんですが、、、あはは、
マダイ師匠ともあろう人がなんと三脚を入れ忘れちゃったらしく投げ竿を直置き
で攻撃されてます。数本持参されてるうち、さすがにNEWスピンパワーを
そのまま地ベタに、、、ってのは痛々しいので1台予備として持参してたJCAの
三脚を使って頂き、また他の三脚上にも気にせず置いて下さいよ~と。

だけどミックスってよりど~してもご自身の陣地で~ってスタイルを好まれる
マダイ師匠ですからバッカンやら他を三脚の代用としてやられてます。(笑)


今日はわたくしめの地元、兵庫県南部は終日雨の予報でここ北部に関しても
きっと似たよ~なもんだろうと雨覚悟でやって来ましたが、今のところ曇って
いるだけで雨は1滴も落ちて来てません ♪

何度か仕掛けを回収しエサのチェックを行うも、ど~やらエサ取りはほぼ皆無?
っぽく毎回アジが元気なまま返ってくる事から全ての仕掛けを投入しアタリを
待っていると今までアジが泳いでいるせいでコンコンと定期的に動いてた竿先が
超スローペースに押さえ込まれてゆき、


ジリジリジリジリッ


即止まってしまったのでもう1回鳴るまで?と思うも待てずにグイっと、







46cm ヒラメ撃沈。


ここでのアベレージサイズって感じでしょうか?

たま~に50cmオーバーも出たりしますが今時期は40cm台がメインといった
印象がありますねぇ。でもまぁ、日帰り圏の近場でお手軽にヒラメが釣れるのと
何より瀬戸内に比べて釣り人が少ないのがありがたいところ。


程なくしてマダイ師匠の竿にも大きなアタリが出るもサメ、、、そして再び
アタリが出て今度は水面に浮いてきた姿が黄土色でかつマゴチにそっくりだった
のでデカいマゴチ!?と一瞬思うもサカタザメ、、、期待させやがって~
バシバシ!という鈍い音が近くから聞こえてきておりました。(爆)

イカやフグといった大切なアジをガジガジ齧ってくるエサ取りはよりはサメ類の
方がまだマシ?とも思えるも、掛かってから上げるまでのやりとりが面倒に
なってきますよね~、、、馬力がありますから簡単には浮いてきませんし。


そうこうしてるとJCAの竿にももの凄い高速ドラグ音を鳴らす何かが掛かり、
青物?と期待して浮かすも、





チ~~~ン!


メーター近くあるサメ。

ど~やら近辺を結構な数がウロウロしているよ~ですねぇ、、、だから他の魚の
活性がイマイチなのかも?まっ、こやつらも回遊性のものですからしばらく
するとどこかへ行ってくれるでしょう!いや、行ってくれる事を祈りましょう。


サメのラッシュが落ち着いてやっとこさマンダムタイム?少し雑談などしながら
休憩できる時間が訪れた午前9時、地元のお天気はどんなものか?自宅に電話
して聞いてみると起きた時からず~っと激しく雨が降っているよう、、、

ついでに再度最新の天気予報をチェックするとこの一帯もお昼過ぎから崩れて
くる予報で、雨より先に正午を回ると急に南西の風が強くなってくるみたい。







でも今現在は?と言いますと、ご覧の通り、一面青空で背後の山はちらほら
紅葉し始めてオレンジ色になってる部分があったりと秋を感じさせるのどかな風
景が広がっております ♪ まもなくここらも真っ白になるんでしょうねぇ。


今朝はあまり寒くなく日が昇ると最高気温21℃まで上がる旨あったよ~に
確かに着込んでると蒸し暑い!ミドラー上下を脱いでちょ~どいいくらいの気温
なんですが、まだ居たのか!?って驚く事にヤブ蚊がプ~~~ンと、、、
気温上昇と共に出てきたのか知りませんけど超~不快ですわ。

わたくしめも釣り用のバッグには年中常にキンチョールを忍ばせてありますから
ここぞとばかりに取り出して徹底抗戦!その間に暇過ぎるからとマダイ師匠は
再びサビキ竿を片手にエサのアジ釣りを始めるも夜間はいいサイズがいたのに
明けてしまうとほらっ、





オキアミを入れなくても入れ食いなものの、どれも全て豆アジ以下!?の
マイクロサイズ、、、さすがにこれじゃエサとして使えませんわ~。

人によってはこやつらを2匹一度に掛けてほ~り込んでという裏技を使われてる
とも聞いた事がありますが、とりあえず昨夜のうちにキープして頂いてた
ストックが十分あるので大丈夫かな?それにマダイ師匠のご都合で今日は
午後13時には片付けて撤収しないといけないのであと数時間、、、エサ取りも
皆無な事ですから確実にエサは持ちます。


午前11時半を回り潮が徐々に動き出してたのか?目の前に幾筋もの潮目が形成
されそのぶつかり合ってる所目掛けてファイヤ~してみると、

着底後、糸フケを取り仕掛けを一直線にしてステイさせた直後に、


ジ~~~ッ!


いきなり飛び付いてきましたよぉ ♪





マダイ師匠にタモ入れして頂きフィニッシュ ♪

最初のよりドラグ音が鋭かったのでてっきりサイズアップ!と思えば少々
サイズダウンの41cm ヒラメ


最後に時合い到来か!?


アジも余しても放流して帰るだけですから全て元気な個体にチェンジして
マダイ師匠とラストの一斉放火をするも、後には続かずタイムアップ!

もっと個体数がたくさんいる海域ならこんなタイミングでは高確率で複数匹
出てくれるもんなんですけど、さすがにここらじゃそう簡単にはいきませんね。
初夏にかけてのマゴチの方は数も型も実績がある戦場なので毎年ヒラメも期待
して今時期にチャレンジするもいまだ弩級サイズは見た事ないかな?(笑)





でも美味しいお土産になりましたぁ~ ♪


帰りは北近畿豊岡自動車道も通行止めは無く豊岡市内を抜けたら八鹿ICより
乗ってス~イスイっと渋滞にも巻き込まれず帰還!




「明日はどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

日本海までカレイ、、、ではなく


もう戦場で出会ってからかれこれ10年以上もなるわたくしめのマダイ作戦の
師こと“マダイ師匠”、今だ変わらずコラボもすれば定期的に電話でお互いの
釣果情報も交換し合っております。

つい先日、最近は何か釣れてるか~?次のこの辺は暇やしどっか行かへんか~?
など電話がありまして、近場なら乗っ込みカレイが釣れ始めてるみたいですよ~
と提案するも、近場のカレイは俺はええわ、、、とバッサリ。(爆)

じゃあどうしましょう?最近JCAはアキアジ作戦にどっぷりハマってたので
近場でとなるとちょこっと前の運良く釣れてくれたヒラメくらい、、、そんな
話をしてると、おっ、ヒラメならええなぁ~!それにしよか~。


あはは、あっさりターゲットは決定するもヒラメとなると近場じゃそんな簡単に
狙って釣れるよ~な物では無いよ~な、、、





JCAが近場専用タックルとして愛用している竿に先日使ってたバトルサーフ
とブルーカラーがいつ見ても綺麗なプロサーフがあります。まっ、こちらに
関しては'05スピンパワー同様昔から愛用してきてるのもあり、身体の一部の
如く馴染んてる為、いまだ時々遠征にも持ち出したりしてますけどねぇ。

ルアーロッド1本で戦ったアキアジ作戦も一区切りついた今、またこれらの
投げ竿を並べ大物を狙っていかないといけません!


少し前にヒラメを釣った時に思ったんですが、活アジを投げるヒラメ作戦では
やはりバトルサーフよりプロサーフの方が戦い易く感じたので今回はこちらを
持って行きましょう ♪ あとカレイなら仮にノンドラグでもわたくしめとして
は全く気になりませんが、その他の大物となるとSDよりTDことツインドラグ
仕様のリールの方がしっくり来るなぁ~と、、、

あはは、これも単なる個人的フィーリングですけどねっ。(爆)


アジについては先に戦場入りされてるマダイ師匠がど~せ夜は暇になるし大量に
釣っておくわ~と言って下さってたので、お言葉に甘えてわたくしめは少し
睡眠を取ってから出撃して参りました。





おっ、ここは同じクラブのAKBさんの地元!?


ってゆ~か、ナビで見てみるとモロに彼の住んでいる住所になってますから、
きっとここから徒歩圏で今頃爆睡されているはず!?(爆)

コウノトリで有名な場所ですよね。実はいつもなら舞鶴自動車道の春日ICから
北近畿豊岡自動車道に入って走ってくるのが超最悪にも今夜は作業の為、
夜間通行止めに、、、ですので福知山ICまで直進してそこから下道で
やって来ております。夜間の福知山市内はガラガラでしたっ!

この調子ならあと20~30分くらいで到着かな?




「ところでどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイのお造りとお寿司 ♪


撃沈してきたマコガレイ4匹のうち3匹は後日煮付けなどで楽しもうと下処理を
して真空パック冷凍&最も肉厚かつ大きかった個体1匹を5枚おろしにして
生で頂いちゃう事に~ ♪

これはまぁ、個人の好みとなってしまうんですけど大キスなどをお造りにする
場合、撃沈した当日に頂いても格別!となるも、ど~もマコガレイに関しては
1日冷蔵庫で眠らせてから食べた方が断然甘味が倍増する?ってゆ~か明確に
分かるお味に仕上がり遥かに美味しく感じております為、今回もお造り用の
サクにまでしてから1晩眠らせる事に、、、





半身はそのままに、もう半身は利尻昆布でサンドイッチして昆布締めにして
風味を付けちゃいましたよぉ。

過去にキスなどで昆布締めを作った際には細くスライスして糸造りで頂く方が
ねっとり絡み合って非常に美味しく感じられるも、それ以外の魚種はそのまま
お造りの如くスライスするのが一番かな?糸造りにしてみるものいいかもとは
一瞬思いましたがやっぱりや~んぺと。(笑)

今夜のFISH DINNERの出来上がりでございます。





マコガレイのお造り&お寿司 ♪


美味しそうに仕上がったでしょ?

お皿に盛られたお造りの色から見ても分かりますよ~にメインは昆布締めにして
、そのままのお造りは右斜め上の数切れのみです。









余った身やサクの端を使って花が作られておりましたっ ♪

早速頬張って昆布締めとそのままのを比較してみますが、やはり昆布締めにした
方が昆布の風味はもちろんの事、身自体がより甘くまろやかに感じられます。

噛めば噛む程、甘味が増して最後はトロトロになって消えてゆくって表現が
ベストかな?料理評論家じゃありませんからそんな壮大なスケールを用いた表現
はできませんけどJCAはこのお味が大好き!今、マコガレイの話をしてて
思い出したんですが、青森の戻りのマコガレイは現地でそのままお造りにして
頂いた時も同レベル程の甘味がありましたから乗っ込みと戻りシーズン、また
獲れる場所によっては味が少し異なってるのかもしれません。


特に獲れる場所ってのは想像以上に魚自体の味に影響してますよね~、、、

例えば北海道のクロガシラにしても日本海側や太平洋側で獲れるのとオホーツク
海で獲れるのではお味は雲泥の差ですしね!オホーツク海産の魚介類は市場価格
で比較しても分かるよ~にどれも本当に高価に扱われてます。

確かに誰が食べてもそれを裏付けれるだけの違いがあります。


さて、最後はお寿司になります。







お寿司は昆布締めではなくそのままスライスした身を使ってますよ~。

酢飯に昆布締めした物を乗っけてしまうとちょこっとクドい?とゆ~か
濃厚テイストになる過ぎるのでここはサッパリと仕上げる為にもあえて
そのままのを。白身のほんのり甘さ香る淡泊なお味がベストマッチで最高です!

新鮮なカレイのお寿司が頂けるのはやはり釣り人ならではの特権じゃない
でしょうか?そしてこれはマコガレイとは全く関係ありませんけど、いくら
パラパラ網で自作した浜のお味 ♪ イクラの醤油漬けをたっぷり乗せて
軍艦巻きも一緒に~。贅沢極まりないディッシュです。(笑)


透明なお酒と良く合うFISH DINNERでしたっ ♪



フリーザーにほ~り込んである残りの3匹も楽しみです~。




「美味いよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR