リアクションバイトが3回のみ、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


最近はトラウトルアーもやり始めてるみたいね~ならいいんですが、トラウト
ルアーに転向してしまったのでは!な~んて思われちゃったら困りますから
厳寒期、寒くても出撃ペースだけはあまり落とさないよ~にコンスタントに
海へ出て行こ~と考えております。(笑)

さて、近況情報ではあの悪食なイトヨリダイですらほとんど姿を現さなかった
、、、やら現在の宇和海の海水温は9℃を下回ってるよう、、、など正直、
状況を聞いてるだけでもアウトっぽい印象は受けるものの、やってみないと
分からない!そして今のうちに新規開拓しておきたい戦場候補が幾つかあります
ので当分の間、釣果をど~こ~よりそれらの調査を最優先に考えしつこく
通い続ける予定を組んでいるJCAでございます。







「宇和海」


お天気だけはめちゃくちゃいいです ♪

初日は超~久しぶりとなる“ぱらのいあさん”とのコラボでして、午前6時に
待ち合わせをして戦場へGO。

海図と照らし合わせてみる限り、釣り座から投げて一帯では最深部となる水深
40mラインに届く位置をセレクト。この冬は宇和海エリアも大寒波&大雪に
見舞われ、その影響がモロに出て例年よりダントツ水温低下が著しい中、最深部
を狙うのはある種の賭け?もしそこまで完全に水温が下がりきってしまって
たらもう他に手はありませんけど、少しでも遅れていてくれればもしかすると
魚の活性が望めるかも?そ~いった考えを持っての作戦。


が、しかし、、、


仕掛けを投げてしばらく放置した後、一旦回収してみるとシンカーからエサ
まで氷を触ってるかの如くめちゃくちゃ冷たいんです!?エサ箱の中で元気に
動いてたはずのアオイソメは完全に伸び切ってダラ~ンと動かなくなっちゃって
ますし過去にここまで水温低下が目に見えて起きた事って無い?初めてかも。

こりゃ、いかんですねぇ、、、と話しながらも打ち返し、こまめにサビいて
みたりいろいろ誘いをかけながら様子を見ますが生体反応自体がありません。


何も釣れないマンダムタイムが果てしなく流れ、午後14時になってようやく
仕掛けをサビいた瞬間にまさにリアクションバイトの如くアタリが出て
可愛らしいチビちゃんのイトヨリダイ、、、





宇和海でイトヨリを釣るのがこんなに難しかったなんて!?と水温変化の影響の
凄さを改めて実感しましたわ~。(笑)


どうやらこの一瞬?短時間だけ魚の活性が上がったみたく同じよ~に仕掛けが
着底したと同時にぱらのいあさんの竿にもアタリが出て自己記録となられる
極太のワニエソがヒット!続いてわたくしめの竿にもこれまたサビいた直後に
ノック、ノックが起きてさっきよりもう少しだけ大きめ?なイトヨリダイ。







あはは、イトヨリもチビちゃんならアカアマダイも似たよ~なサイズの個体が
食い付いてきましたわ~。もっと大きくなってまた帰って来いよ~と即リリース
するもすでに水圧で昇天しちゃってて完全にアウトだったので再びタモで
掬ってお持ち帰りする事に、、、

ほんとこの午後14時から午後15時までの約1時間だけが唯一海に変化を
感じられた時間で、その間にパタパタっとこれらの魚が水揚げされて
あっという間にまた沈黙の海へ、、、それでも1日全く何も釣れなかったよりは
こ~やって魚っ気を短時間でも感じられてラッキ~だったのかも?


当初は持参したエサが全然減らないので夕マズメ頃まで粘ってもいいかも~と
話しておりましたが、午後15時を過ぎると急に北西風が強くなりだし少々戦い
辛くなってきたので適当な頃合いを見計らって終了となりました。





ぱらのいあさんはリベンジ?じゃないですけど明後日もグレ釣りに出られるよ~
ですのでまずは爆釣祈願をしながら解散&わたくしめはもう1日戦う予定では
いるものの、ここまで渋いとは思いもしませんでしたのでちょこっと、、、
いや、今からかなり不安でございます。(爆)




「やっぱ渋いねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

激渋と分かってても、それでも!


どんなに渋くても1匹は食ってくるはずのイトヨリすらアタらなかった、、、

先日出撃されたメンバーからのそんな激渋な事前情報をもらう中、以前より
計画していた出撃日が近付いて参りました。


正直、水温が相当下がる今時期にこちら方面へ、、、ってのはどんなものか?
と迷う気持ちもありましたが、せっかくまとまったオフがあるのと約束は約束!
それに水深がタップリある海域の中でも更に深い所を選んで行けばもしかして
まだ若干活性がある可能性もあったりします。あはは、それに出撃しないと
何も釣れさえしませんからねぇ。

最近はご存知のよ~に自宅に居る時や仕事の休憩時間などは以下のよ~な
大物投げ釣りとはまた異なるカテゴリーの雑誌などを愛読したりしてる
JCAではございますが、





エリアトラウト、いわゆる管理釣り場通いはあくまで本番に向けての特訓で
投げ釣り遠征の合間の1日オフなどを見計らってというスタンスでこなして
きているつもり。雑誌には厳寒期でもチャンス!な~んて書かれたりしてて
ちょこっと興味をそそられたりするものの、とりあえず今は雑誌を読みながら
イマジネーションだけ膨らませておきましょう。(笑)

そう、トラウトはイマジネーションだけで我慢できてますが、大物投げ釣りと
なると我慢のできない部分が結構あったりしまして水温低下が著しく激渋!って
分かってても準備を整え出撃してきちゃうわたくしめがここにおります。


もうかれこれ1ヵ月近く周辺エリアのライブカメラを毎日のよ~にチェック
してきてるJCA、前回マダイ師匠と出撃してきて帰還した直後くらいから
最も酷い豪雪状態となり、、、その後少し解けてはまた積もっての繰り返し
、、、そしてようやく先週末頃から安定し始め、今週は晴れマークが並んで
雪の心配はゼロ!アクセスのコンディション的にはベストと言えます。

待ち合わせ時間も夜明け直前に合わせて~と決まり午前6時ですからいつもより
若干余裕がある?自宅で少し長くダラダラくつろいでから出て来れましたっ。


珍しく風速1m以下の大橋最高地点。







今回も2日間の予定のうち、初日は超~久しぶりの方とコラボとなりますので
楽しみ~ ♪ 大橋を渡って途中必勝肉うどんを食べ 再び長距離運転後、
ようやく信号のある下道に下りた頃にはうっすら霧が立ち込めてました。

さすがに今回に関しては釣果はあまり期待できなさそ~ですけど、渋いと
分かってても行かないと何も始まりませんから常に行動あるのみです!




「好きやなぁ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「カーディフ エリアリミテッド S62SUL-F」


ステラC2000番のハイギア&ノーマルギアの2種類を購入したついでにそれを
セットする竿も仕入れてこよ~と考えていたものの、残念ながら店頭に在庫が
無くお取り寄せに、、、2種類のリールを比較するわけですから自ずと竿も
2本取り寄せてもらったんですが、1本は少し時間が掛かってしまうみたく
もう1本の方だけ先に入荷&受け取って参りました。







シマノ「カーディフ エリアリミテッド S62SUL-F」


エリア専用ロッドのフラッグシップモデルとして伝統を継承し、さらなる進化を
遂げて誕生した4代目でブランクスは、スパイラルX ハイパワーXのダブル
X構造に加え、マッスルカーボンで贅肉を減らすことで、軽いのに強い、
しなやかなのにシャープなロッドを実現。

またガイドにはチタンフレームトルザイトリングを採用することでキャスト時の
振り抜け感が軽くなっており、ティップ部にしなやかなソフチューブトップを
採用することで従来のエリアリミテッドよりも喰い込みやすく弾きにくくなって
いるよう。それでいて魚を掛けてからは伝統的なアクションへとシフトし、
バラしにくくなっているとありますから美味しいとこだらけモデル?(爆)







更にバットパワーを今まで以上に強化することでフッキング時のレスポンス、
大物への適応力も向上。エアフェクトシートCI4+とカーボンモノコック
グリップの中空構造同士の相乗効果により、例えばファイト中のトラウトの
微妙な動きの変化を感じることや、クランクベイトをリトリーブしている際の
アタリを増幅してくれる高感度を実現しているよう。

デザインはダイヤカットリングとイエロー系ブラウン&ブラックグラデーション
が美しいリールシートに加え、シャープでコンパクトな新形状のカーボン
モノコックグリップにより、トラウトの世界観を崩さずにデザインと機能美に
更なる磨きをかけましたとありますねぇ ♪


今回ゲットした“S62SUL-F”というモデルは、







1g前後の軽量スプーン~4.5g程のスプーンやプラグに特に適したバーサタイル
モデルでティップにはしなやかなソフチューブトップを採用することで軽量
スプーンへの適応力を向上させ、ベリー~バットのパワーを大幅にアップする
ことで、重めのスプーンを使ったファストリトリーブやディープ攻略にも適応。

また、中~大型のクランクベイトにも適しており、スローリトリーブ時に多い
ショートバイトを弾かず掛け、ファストリトリーブ時に多い強烈なアタリには
しなやかにブランクスが追従。

シリーズ中では最も汎用性の高いロッドとなります。





もう1本入荷してくるまで使わずに待っておくってのも変なんで、早速こちら
にはノーマルギアのステラをセットして次回から使っていこ~と思います。




「もう1本は何を?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

懐石料理の定番 ♪ シロアマダイの西京焼き











ちょ~ど3日前にハッと思い出して真空パック冷凍してあったシロアマダイ
の切り身を取り出し ちゃちゃっと仕込みをして再び冷蔵庫へ。今度は
冷蔵の方で冷凍庫じゃありませんよぉ~!(笑)

いや、もういつだったか忘れましたけど、野暮用で京都に行く機会があった時に
トラウトルアーのラインナップが豊富な釣具店に寄り道したのと同時に西京味噌
の老舗も近かったので寄って1パック味見がてらに購入&それを使って西京焼き
を作ろうと ♪ アマダイのレシピでは王道中の王道ですからねぇ。


漬け込んでから早くて3日、長ければ1週間程熟成させてもいいみたいですが、
あまりしっかり漬け込み過ぎて西京味噌の味が勝ってしまってもシロアマダイ
を素材に使ってる意味が無いので3日目の今夜に頂きましょう ♪

味噌自体が焦げやすいので余分な味噌をキッチンペーパーで取り除いてから
クシャクシャにしておいたアルミホイルの上に皮目側を下にするよ~にして
弱火でじっくり焼き上げます。





シロアマダイの西京焼き ♪


うんっ、イメージしてたのに近い出来かな?(笑)

懐石料理の定番とも言われる西京焼き、実際にお店でもこんな感じでアマダイの
切り身が出てくるみたいですが多くがアカアマダイとなりシロアマダイとなると
かなりの高級料亭でかつシーズン限定が多いよ~ですねぇ。

あっ、もちろんこんな贅沢にカットされた身で食べるのは釣り人のみの特権!


毎回感想で書いてますけど皮と身の間の脂分が口の中で広がって トロけて
ゆく、、、これだけは他の魚ではなかなか味わえないアマダイ特有の食感。









味噌で漬け込んでる上、魚自体も脂をタップリ蓄えたジューシーなので焼き上げ
工程でよく真っ黒に焦げちゃったり、身が崩れてしまう事がある旨料亭のレシピ
にも注意店として書かれてましたが、この出来なら合格点でしょう ♪

一緒に焼いて甘~くなったネギと共に食べるとまさに料亭で懐石料理を頂いてる
、、、自宅に居てもそんな気分に浸れます。(笑)


お上品なお味でございましたっ。




「美味いのは当然!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今度はナイロンラインを使ってみましょう


一昔前までは投げ釣りでも完全PE派だったJCAも気付けばいつの間にか
ナイロン派でございます。当然PEにもナイロンには無いメリットが存在します
から決してPEを否定するわけでもなく、最終的にはご自身で使い慣れてる
ラインが一番!というのが答えになりますよね。

まっ、たまたま一緒の流れにはなりますが、大物投げ釣りもPEからナイロン
ラインにシフトしたよ~に、この度エリアトラウト用のラインもナイロンを
試してみよ~と考えております。





一番上のは下巻き用のボビンで、下の3つが商品説明を読んでてとりあえず
興味を惹かれた物となりまとめて全て3lb仕様でゲット。


トラウトルアー講習中にレンタルしてたリールにはフロロカーボンラインが
巻いてあり、先生から全く釣りが初心者の方だとお勧めしないけど他の釣りも
やられてきてるよ~だしもし自分自身のタックルを揃えるならラインはスプーン
などの自分が操作しているルアーの動きをしっかり把握する、また厳寒期の
トラウトの小さなアタリを感じる為にもPEを巻いてみるのもいいかも?と提案
されて今愛用中のアルテグラにはPE0.3号が巻かれております。

実際に使っていると確かに伸びが全く無いPEですから小さな振動など何か変化
があればダイレクトに伝わってきますしラインも超~極細で軽く投げても
飛距離も出ます、、、しかし、メリットばかりではなく特有のデメリットもあり
、これは投げ釣りでも一緒ですけどとにかく風に弱い!

横風が入ったりすると軽量ルアーを投げているのもありもの凄い勢いで糸フケが
出まくり&取っても取ってもなかなか落ち着きません。まっ、投げ同様に竿先を
水中に付けて送り込むなど対策はあるものの、リトリーブ中でも風に押されて
弛みの入った曲線を描いてしまい特に風の強い日はストレスに、、、


ただ、風の無い日、弱い日や深場における繊細&機敏なアクションを容易に
付けようと思うとやはりPEだなぁ~とも思う為、ナイロンに完全移行とゆ~
わけではなくスタイルに応じて使い分けていこ~と。







カラーチョイスもナイロンラインならではと言いますか、、、かなり豊富!かつ
ラインを見ながらアタリと取るとも言われる釣りがゆえ視認性を第一に開発
されているラインが多いですねぇ。


メーター数も何種類か定番的に存在し、エリアトラウトの場合どれだけ投げて&
使っても75mあれば十分足りるとされており150m巻きで途中75m地点で
切って使えるようマーキングされているラインも多くこの場合に下巻きを入れて
巻いていくって感じになります。

さすがバスのみならずエリアトラウトの先駆者とも言われているお馴染み、
村田基氏プロデュース関連がたくさん!











早速ではございますが、まず最初はスカイラインGT-Rを思い浮かべてしまう
熱いネーミングのアプロードGT-R・トラウトエディション150mを2分割で
75mずつそれぞれのステラに巻いてみました。

ギア比が異なるこれら2つをじっくり比較&知っていこ~と思うとラインも
同じ物にして可能な限りギア比以外は共通コンディションにしてた方が
絶対分かり易いですしねっ。


実はこの先にリーダーを付ける or 付けないとゆ~事でもそれぞれ派で
分かれており、クリアカラーの道糸直結で~という方もおれば視認性の高い
ラインは魚にも見切られてしまうからクリアのリーダーを付けるってのも
あれば、そんなの気にせず直結しても全然釣れますよ~ってな話も、、、

どの釣りものめり込むとやはり奥が深いですよね~。(笑)




「ほんと奥が深い」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今週一杯は自宅でゆっくり


仕事で海外に出てる時から少し熱っぽいかも?と思いつつもそこまでしんどくも
無かった為、そのまま仕事を済ませて日本に帰国&もう大丈夫やろ~と調子に
乗って翌日の朝イチからトラウトルアー特訓に出ちゃったのが失敗だったのか?
帰還後の午後から咳が少々、、、身体が熱くなってきてチ~~ン、、、

一応、予防接種は毎年受けてるものの、インフルエンザだったら大変なので
即行病院に行って検査してもらうと陰性!疲れが溜まっている状態から
引き起こされた単なる風邪との事でした。何はともあれ良かった~と喜びつつ
処方された薬を飲んで1晩寝ると熱も下がって咳も完全にストップ、幸い
鼻水、鼻詰まり、頭痛などの他の症状は全くでしたのでこれならすぐにでも
活動開始できるなぁ ♪ そう思いながら早速ではございますが、今日は
会社の定期健康診断を受けて参りました。


えっ、でも風邪引いてるのでは!?


なんですけど、先生にその旨相談すると健康診断は基本血液をメインに検査を
進めるのでこれくらいの症状なら全然問題ありません&受けて来て下さいと
、、、ちなみに今朝、センターの受付でその旨説明しても二つ返事で全然
大丈夫ですよ~と、、、そんなもんなんですね。(爆)





さて、帰宅すると出張先のホテルからポチっとクリックしてたアイテムたちが
届いており、スプーンワレットにセット。ど~せ念のため今週一杯は自宅で
ゆっくりしておこうと考えていたので前々から時間がある時に試しに1つだけ
やってみよ~と思ってた作業に取り掛かってみましたっ。


飛行機で遠征する際には事前に荷物を戦場近くのクロネコセンターに送っておく
事が多いJCA、その荷物を入れる箱?代わりに愛用しているのがリーズナブル
プライスの大型クーラーでしてキャスターも付いていれば特大魚が釣れても
入れれますし頑丈なので輸送中も安心と非常に重宝しております。

丸っきり同じモデルを現在4つ所有し、ローテーションさせながら使っている
感じなんですが、とりあえずその中の1つ、、、失敗したら悲しいので最も
ボロくなってきてるのを出してきてサイド面1ヶ所に穴を空けて、







専用金具も取り付け、ブクブクがセットできるよ~にしました ♪

結構前になりますけど真冬に重宝するアジ活かしクーラーを製作した際に
余分に仕入れていたパーツ類があったので特にこれと言って追加部品も
必要無くあっという間でした。

あの時はアジ輸送中にブクブクがズレたりしないよ~にとホルダーにマジック
ベルトも付けてかなり強力に補強しましたが、このクーラーに関してはそこまで
してません!あはは、なんせ輸送ってのは考えてないので。(爆)





こんな感じでオッケ~でしょ。


思ってたより早く作業が終了し、そのままにしてても邪魔になるだけですから
さっさと片付けて部屋に戻ってダラダラくつろいでいるとピンポ~ンと
チャイムがっ。他に何か注文してたっけ?

受け取った段ボール箱にはゆうパックの送り状が貼ってあり、中には石の塊でも
入ってるのでは!?と思ってしまうくらいズッシリ重たい何か、、、





石川県珠洲市?


一瞬何だか分かりませんでしたが、よ~く考えると以前注文したものの
その後北陸地方大雪の影響ですぐに発送ができない旨連絡をもらっていた
とあるブツでございましたぁ ♪

そもそも即納ではなく品によっては受注生産になる可能性もあり納期は未定と
なってたので気長に待ってるつもりが、思ってたより早く届きましたわ~。




「すずし?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ハイギア仕様、 シマノ「STELLA C2000HGS」







シマノ「STELLA C2000HGS」


昨日アップしてました方はC2000S、コンパクトの2000番・シャロー
スプールとなりこちらも同じコンパクト2000番・シャロースプールには
なるもののギア比が高い“HG”、ハイギア仕様となります。


いつもの釣具量販店で実際にこれら2つを手に取ってハンドルを巻きながら
そのフィーリングの違いに少々驚きつつも今後ノーマルギアでもハイギアでも
どちらを使っても同じリトリーブスピードで演出できるよ~慣れていく為には
→ そりゃ当然ながら同じリールでギア比の異なる仕様を使い比べて慣れていく
のが得策!特に微妙な違いになってくるギア比となると余計でございます。

最初は1つをステラ、そしてもう1つをヴァンキッシュにでも?と考えて
おりましたが、機種を変えてしまうと設計コンセプトも違ってたりして
あまりいい勉強にはならないと思ったので同じステラ同士にしました。
なんせステラのコンセプトはコアソリッドに対し、ヴァンキッシュは
クイックレスポンスと実際に少々異なっているよ~ですしねぇ。


■ギア比: 6.1
■自重: 180g
■最大巻上長: 82cm(ハンドル1回転)
■ハンドル長: 45mm



ノーマルギア仕様のと比較すると自重は一緒だけどギア比が6.1と高くそれに
伴いハンドル1回転での巻き取り量がノーマル69cmに対しこちらは82cm。





なぜ管理釣り場で釣るのに2種類も異なるタックルが必要なの?


と思われるかもしれませんが、JCA的にもちゃんとこ~ゆ~風にオーガナイズ
していきたいなぁ~という明確なビジョンがありまして、、、おそらくこれらの
2つのリールだけ見てては不明?ですけどまもなく届くブツをご覧になれば
なるほど~となるかと思います。


あと、人によってノーマルギア派とハイギア派が存在するのも確かで個人的に
管理釣り場だけでの使用を考えると巻き始めがソフトかつトルクがあるノーマル
ギアの方が現時点では良さげに感じているものの例えばシマノTVにあるよ~に
最近の傾向はハイギア推奨みたいですしねぇ、、、まっ、確かに渓流など流れの
ある所ではいち早くキャスト後の糸フケを回収しリトリーブに入れるのは
ハイギアのメリットでもありますし、、、一長一短ですわ。

いろいろ検索したり、エキスパートらにお話を伺っていく中では一部ハイギアの
方がいきなりギア比の高い物同士で動かす事になる為、ギアの消耗もノーマルに
比べると若干早くなるみたく定期的に新製品に買い替えてもらうよ~なメーカー
側の策略?と言われたりもしているよ~ですが正直、まだまだ未熟なJCAは
自分なりの答えに辿り着いていないのでまずは両方使い比べながら~から
始めて学んでいかないといけません。


それより店頭で触ってる時にはボディ内のギア比が異なってるだけで見た目は
丸っきり一緒だから使用する際にどちらがノーマルでどちらがハイギアか
分からなくなってしまうのでは!?と不安になってましたが、







リールフット部にちゃんとハイギアはそう表示されているのと、もっともっと
簡単だったのはハンドル長がノーマルより5mm長めの45mm仕様でかつ、
ハンドルのカラー自体がゴールドだったんです ♪ ちなみにノーマルの方は
シルバー。これならどっちがどっちか?一目瞭然でございます。(爆)

写真では分かり易いよ~にスプールに貼ってあった宣伝ラベルを外してある方が
昨日アップしてたノーマルギア仕様!ほらっ、ハンドルを見れば即行ですわ。


さて、お次はこれらにラインを巻かなくてはいけませんねぇ。




「俺はハイギア派!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

リニューアルしましたが、 シマノ「STELLA C2000S」


しばらくするとど~なるか分かりませんけど、現時点ではシマノのHPにも
前モデルの'14ステラもNEWモデルと共に掲載されております。とはいえ
今後もずっとこのステラは2種類のままいくはずもなくカタログ落ちして廃盤に
、、、おそらく'14モデルについては再生産はしておらず現在庫が無くなると
終了って感じのよ~な感じでしょうねぇ。

デザインを見るだけでは今年リニューアルしたプチプチ穴だけのNEWモデル
より'14モデルの方がゴールドを散りばめた曲線美がシマノ・スピニングリール
の最高峰という威厳を出しており個人的には好き。ただNEWモデルも光の
当たり方により七色に光るとも聞いてましたし、そ~ゆ~意味では結局仕事で
アウトでしたが、投げ釣りカテゴリーでは見る物が無くてもNEWステラだけは
実際に手に取って見てみたかったなぁ~と。


ご存知のよ~に野生のトラウトたちと渡り合う為、昨年末頃から投げ釣りの
合間に近くの管理釣り場へ通い特訓中のJCA、、、特に夏にかけてアホみたいに
暑くなる関西圏では一部を除き大体の管理釣り場は10月~5月前後までの
涼しい~寒い時期限定オープンとなっており特訓したければこの期間内に集中
して行っておかないとクローズしちゃうと行きたくても行けません。

それにちょ~どクローズした頃から本番の野生トラウト狙いに出ないといけなく
なりますしねぇ。そんなわけで思い立ったら即行動!と、





シマノ「STELLA C2000S」


管理釣り場をメインにネイティブの渓流なら持ち出せるかなぁ~と思い早速、
新品'14モデルが市場に並んでいるうちに仕入れて参りました。


現在使用中のリール、アルテグラも軽量でいい感じなんですけどやはり巻き心地
がハイギアとかじゃないのに少々重い?レスポンスが少し鈍く感じるんですよね
~、、、その事をトラウトルアーの先生に相談してみると、メインでやってる
投げ釣りやウキルアーでのアキアジ作戦など愛用しているリール自体が上位機種
ばかりだから気付かないうちにそれらのフィーリングに完全に慣れてしまってて
そう感じると思いますよ~と、、、

釣りカテゴリーやフィールドは違えどタックル、特にリールの基本概念は共通
ですからそ~ゆ~フィーリングを覚えて当然だと!







■ギア比: 5.1
■自重: 180g
■最大巻上長: 69cm(ハンドル1回転)
■ハンドル長: 40mm



仕様データーのうちよ~く注目&吟味したのが上の項目です。

それはなぜか?はすぐ分かりますからここでは置いといて、管理釣り場では
1000~2000番が定番となり渓流に出ると2000~2500番となりどちらか
と言うと2500番辺りが最もバランスが取れた番手と言えそうなんですが
、、、おそらく蚊を代表とする大の虫嫌いなわたくしめですから湖や河口まで
なら行けど渓流には、、、ってのが現時点での展望かな?(爆)


ラインキャパもナイロンだと3-125、4-100、5-75(lb-m)、フロロなら
3-110、4-85、5-65(lb-m)、PEだと0.6-150、0.8-110、1-80
(号数-m)とまさに管理釣り場での使用にピッタリ。

お恥ずかしながら、、、PE0.8号を110m巻けるのにナイロンになると
4号で100mって変ちゃう!?と一瞬思うもよ~く見るとナイロンとフロロ
カーボンラインだけはポンド表示で掲載されてたんですね、、、一瞬戸惑って
しまいした。いや~、投げ釣りのリールばかり扱ってきてるものですから
ついついどちらも号数表示と思い込んでて気付いてビックリですわ。

なんせ投げリールに関してはカタログでも常にナイロン、PE共に号数~m
表示ですからねぇ。(笑)





ハンドルも短ければシルバーカラーなんですねっ。


スペックなど詳細については以前4000HGモデルをゲットした時に詳しく
載せてますし、シマノのHPやカタログを見れば一目瞭然ですから割愛して、
'14ステラの最大の特徴でもあるコアソリッド、適度な慣性を持つ高剛性
ローターが生み出す“しっとりとした質感のある回転フィーリング”
いわゆるシルキーな巻き心地がここにあります ♪


さてさて、さっき記事の途中でそれはなぜか?と書いてた件ですが、

ギア比が異なってるわけですから当然なものの、同じ番手でもノーマルギアと
ハイギア仕様では巻き始めの感覚が結構異なってきます。釣具店で実際に
触り比べてみたり即お分かりになりますが、一般的にはノーマルギアは
ハンドルの巻き始めも軽く違和感無いのに対し、特にそれを触った後に
ハイギアモデルを回してみると巻き始めの段階だけですが少し重い、そして
同じリーリングスピードでもラインの巻き上げ量も異なります。

やろうと思えば対応できるけど、ルアーフィッシングでは対象魚、シーンに
応じてノーマルギアが良かったり、ハイギア以上が良かったりと使い分けした
方が楽だったりするのもありまずは同じ番手でどちらのギアモデルを使っても
同じ釣りができるよ~同時進行で練習していこ~と、





こんな感じに。(笑)


明日はハイギアモデルについて触れてみましょうかねぇ、、、それにしても
毎年同じ事ばっかり言ってますけど厳寒期は釣り物が少ない上、戦場も限られて
きますからアイテムネタばかりになっちゃいますわ。




「両方あれば完璧!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

早起きして朝連に ♪


過去の記事をご覧になってもお分かりのよ~に1月半ば辺りから2月にかけての
厳寒期はカワハギなどの一部の魚種を除いて釣り物がめっきり少なくなり大物
投げ釣りにおいては非常に厳しい&そんでもってネタ的にも少なくなる季節
なんですが、今シーズンに限っては実践に備えての特訓として始めたエリア
トラウトのおかげで書くネタも満載で助かっております。

あはは、そんな事言いながらすでに遠征計画も幾つかあるんですけどね。(笑)


簡易チェアー?ではなく椅子代わりにもなるクーラー、GAMESPECIAL
仕様のフィクセルに早く座ってみたくなって早速午前中限定で行ってきました
よん ♪ 早朝のうちは車もほとんど走っておらず下手すると30分程度で
行けちゃう距離!?ぜひともここをホームグラウンドにしたいなぁ~と。





オープンより40分近く早く着いたにも関わらずすでに結構な台数が止まってて
ビックリ!?エサ釣りとフライの人がほとんどを占めてたかな?

夜明け時刻を迎えてもまだ薄暗い感じで、いつもの投げ釣り感覚で
朝マズメの時合いを狙い撃ち~みたくここぞとばかりに集中しアピール力の
強いスプーンでねちっこくリトリーブしてみるも反応はイマイチ、、、魚が
溜まっていそ~な深みや他水の流れに変化がある部分など教科書通りの攻め方
をするもフッキングしたのは小ぶりな1匹のみであとはお触りばかり、、、


それより防寒着を着込んでいるのもあり体感温度はそこまで冷え込んでいる
よ~には思えないんですが、投げ返しをしてるとキャスト時に鈍い音を立てて
水しぶき?のよ~な物がたくさん飛び散らせて飛んでいったり、スプーンを
チェンジしてさあ投げてみよう!とリールを少し巻くとロックされて巻けなく
なったり、、、んんんっ?と竿先にかけて見てみると、





おおっ!?ガイドリング内で凍り付いちゃってます。(爆)


いつも塩水、いわゆるソルトでの釣りをしている為、ガイドリングが凍り付く
事はほとんど無く変に新鮮 ♪ 竿先にかけてを足元の水にささっと浸けて
溶かしてから攻撃続投でございます。

午前8時になると魚もスイッチが入ったのか?浅く底が丸見えの水面を見ながら
スプーンを引いてくると数匹が後から付いて来てるのが見えます。なんとかして
パクっとさせないと!とリトリーブ中に微弱ながらも変則的な動きを加えて
やると、急にグググッと重くなってヒット ♪









同じよ~なアクションを交えながら途中で止めてみたりと更に動きを大きくして
いくとそれに連動するかのよ~に次々とアタックしてきます。

ただ、カエシの付いてないバーブレスフックなのと掛けてからのロッドワークが
まだまだなよ~で結構な数を足元近くでバラしてしまったりもしました、、、
アベレージサイズのニジマスは大型よりガンガン走って、跳ねてとめちゃくちゃ
よく暴れるんですね~。まっ、それが練習になるんですけどっ!


完全に日が昇って釣っててもガイドが凍る心配が無くなってきました。







さっきまでたくさん釣り人が居たエサ釣り専用エリアが気付けばガラガラ!?
ど~したんだろうと思いながらトイレ休憩兼ねて見に行ってみるとどうやら
もう少し下流部で魚を放流してみたく全員そちらへ移動してたみたい。(笑)

JCAが戦っているルアー、フライ専用エリアは上流部の一部分が熱いのか?
いつもそ~ですけどフライの方々はそこに並んで投げておられますねぇ。非常に
食いが立ってた時間帯も終了しペース的にはポツリポツリといった感じですが
退屈する事無く釣れてくれるので楽しいっ。


毎回書いてますけど魚の食いに変化が現れた時には探るレンジを変えてみたり
カラーを変えてみると良くなったりするのでレンジを、、、と思うもほとんど
が激浅エリアであるがゆえ変えれる部分はほんの数メーター区間のみ、、、
なのでカラーローテーションをしてみようとガラッと違うカラーをキャスト。

ボトムまで落としてゆ~っくりデッドスローリトリーブを開始した途端、







ガツン!と勢い良くヒットですわ~。


カラーローテーションもある程度決まったパターンがあるものの、釣り場に
よっても少しずつパターンが異なってきているのでまずは基本に沿って
ちょこちょこ斬新なカラーを入れて様子見。何度か試して良い反応が出ると
確信できた物はここでのパターンに組み込んでいってます。

ただやみくもにカラーを変えて~ではなく特訓がメインですから魚の気持ちに
なったつもりでよ~く考えながら戦うよ~に心掛けておりますよぉ。


アベレージサイズが順調に釣れ続けそろそろお昼前だし終わりにしようかな?と
考えてる中、そ~いえば今朝はスプーンばかり使ってたので先日ゲットして
きてたシャドウアタッカーやクロボールといったボトムを攻略する為の
バイブレーションプラグの練習を~と早速キャスト&ボトムを叩くよ~な
アクションを付けながら手前までピョンピョン跳ねさせてくると、

近くには魚は1匹も居なかったはずの所に左奥の方から一気にちょこっと
大きめの個体が急接近してきたかと思うと一瞬にしてガツン!ほぼ直下で
アタってきたのでダイレクトな重量感が伝わってきてドキッと。







最後に45cm ニジマスを撃沈して終了 ♪

ちょ~ど右側のクロボールでこやつを撃沈したんですが、針を外して見てみると
フックが完全にアウトに!?トラウト系の魚はいかにパワーがあるかよく分かり
ますよね。今朝は写真の2つがフックを広げられてしまった負傷ルアーで
ございます。帰って覚えてるうちに交換しておかないとね~っ。(笑)


今日は前回より短時間だったもののスカリをまあまあ重くする事ができたので
ちょこっとは上達してきたって証かな?いや、前回は初めてとゆ~ことで
勝手も何も分からなかったけど2回目となればそれなりに知識があっての釣り
になりますからコンディションがよほど悪くない限り前回より多く釣れて当然?

最近はニジマスに関してもFISH DINNERでやってみたいレシピを
いろいろリストアップしてきてますので今後は徐々にそちらの方も
記事にしていけたらと考えてます。









「ガイドが凍るって」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サーフ三脚のアーム先端部





上の写真、、、2つとも同じ三脚なんですが1ヶ所異なっている所があります。


あはは、記事のタイトルがタイトルだけに見た瞬間、即行お分かりになられた方
も多いかもしれませんが、え~~~っ!どこが違うん?ってなっちゃった方に
更に分かり易いヒントでございます。

これで分からなければもうアウト、、、これ以上ヒントの出しよ~がありません
ので記事を読んで頂いて気付いてって頂ければと。








そ~なんです!これらの三脚、、、片方のアームの先には黒色のゴムキャップ
が付いており、もう一方のはゴムキャップが無くなりアルミが剥き出し状態に
なっているんです。見りゃ分かるって?(爆)

このJCAが愛用している第一精工のサーフ三脚シリーズではほとんどのアームが
こんな感じになっておりシリーズをお使いの方なら一度は同じよ~なトラブルを
経験されてるのではないでしょうか?まっ、俺は全くそんなとこまで気にしない
で~って方も多々いらっしゃるでしょ~し、


正直、わたくしめもそんなに気にしない方でございます。


ただ、自分では気にしないと思ってはいても向こうからアプローチ?気にせざる
を得なくなる場合もあったりします、、、それは実際に触られると納得できるん
ですけど、このゴムキャップを外した先端部って結構鋭くカットされており
不意に当たったりすると痛いんですわ~!







わたくしめの釣友には瞬間で引っ掻いてしまい切れて血が出たやら、他には
たまたま擦ってしまったと思えばレインウェアにギザギザの細かい穴が開いて
しまったとゆ~よ~なケースも聞いてますから、大丈夫やろ~と思ってても
どこに落とし穴が待ち構えてるか分かりません。

ちょ~どJCAは出撃後、自宅で三脚をまとめて水洗いしてるとその部分が
目に留まり、気になって他の三脚もチェックしてみるといつの間にか
ゴムキャップが無くなってる物が多数あったんです!


普段からこ~ゆ~部分をおもいっきり気にされる釣友らはホームセンターの
電気用品コーナーなどで売ってる絶縁パイプを流用したり、初めは液体で硬化
するとシリコンラバーになる超~マニアックな素材を使われていたりと
いろいろ工夫されているのも見かけます。

JCAもど~しよ~かな~?と思いつつ、まずは近くのホームセンターに行って
あれこれコーナーを物色してると、おっ ♪ これっておもいっきり理想的な
パーツちゃうん!?と見つけたのがコレ、





「ねじ先端キャップ」


その名の通りねじの先端を保護する為のゴムキャップでサイズは“M6”用。

写真を見てもらえば一目瞭然!まるっきり一緒の物ちゃうん?と思えるくらい
大きさも何から何までそっくり ♪ だけど、よ~く観察してみると異なってる
点があり、まずねじ先端キャップの方がゴムが若干分厚く触った感じ
ハードな仕上がりになっております。


そして最も注目すべき特徴はキャップの内側がねじ切構造で抜けにくくなって
いる事!元々、ネジに対するキャップ製品ですから当然ながらこ~いった
構造の方がよりしっかり固定できますが、これが今回の流用にもまぁ~見事に
ベストマッチしてくれたんですわ~ ♪







取り付けてみるとこんな感じになります ♪


下の方がねじ先端キャップで、ほんの少しだけ分厚いのが写真からも分かります
よね?大きく見えても内径はジャストフィットか少々窮屈な仕様になっており、
はめ込み時に力を要しますが、元から付属しているキャップとは比べ物に
ならない程カッチリ固定されて驚いちゃいました!?

実際に取り付けるまでは中に瞬間接着剤を垂らしてからはめ込んで固定とも
考えていたのに試しにはめ込んでみたらなかなか抜けなくなってしまい困った
くらい!ここまで完璧な流用品が見つかるのってなかなかありませんし、非常に
安価な物ですので在庫があるうちに買い溜めしておこうかな?


気になってらっしゃる方には超~お勧めでございます。




「こりゃいいわ~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR